関西地方の台風被害に続いて北海道の大地震について藤原紀香さんがコメントし、また炎上しています。

 

※陣内智則さんの浮気相手についても触れてます

 

 

紀香さんは9月5日に更新した「台風のあと、、、」という記事で台風21号と北海道の地震について触れています。

 

台風21号については兵庫県にある実家が停電と断水の被害を受けたこと、関空の被害について触れたのちに、阪神淡路大震災当日に関空にいた自分の経験にふれ、「藤原主義にも記しているので、1.17のことは、ここに詳しくは書きませんが、災害の恐ろしさ、あらためて感じました」としているのが「結局、自分語りがしたいだけか」と。

 

北海道の地震については、今日になって追記したんでしょうね。「そして、一夜明け、ニュースを見たら北海道が…(絵文字)台風が勢力を保ったまま通過した直後に震度6強なんて、、、どうか一人でも多くの方が助かりますよう、、、」と、多くは触れていません。

 

文章の破壊力という意味では今回はこれまでと比べれば大したことはありません。

 

紀香さんは2016年、熊本地震のときの長々と書かれた文章全体が上からだった上に「火の国の神様、どうかどうか もうやめてください」と言ったり、同年11月に福島県沖地震でお見舞いを述べると同時に片岡愛之助さんの仙台公演告知ともとれる文章を加えたことがありますから、それと比べれば…

 →藤原紀香「火の国の神様」もう削除

 

今回は文章とそれ以上に批判を集めたのが仕事で小田原にいるとして公開した画像です。

 

[以下引用]

「紀香が公開した写真は相模湾を見下ろす高台から撮ったものです。高級ホテル『ヒルトン小田原リゾート&スパ』の客室から撮影したものでしょう。なぜ、この写真をわざわざお見舞いのメッセージに添える必要があったのか。ネットには『結局、自慢か。こんな所にいる人に心配されてもね』などと厳しい声があがっています」(前出・芸能ライター)

[アサジョ]

 

こちらがその画像です。

 

 

仕事なので単に贅沢しているわけではないですが、台風被害や最大震度7という大きな被害を受けた人へのお見舞いで、自分がかなり穏やかな日常にいることを示すようなこういう画像をつけなくても…。

 

本当に心配だったら、こういう画像はつけないかなと思います。

 

特に北海道は大部分で停電しネット環境も不安定だといいますから、限られる電気と通信を紀香さんのブログに使う人がどのくらいいるかはわかりませんし、この画像で嫌な思いをするかもわかりませんが、被災地の方へ宛てている以上、お見舞いした相手の気持ちが少しでも波立つことなく穏やかになるよう気遣うべきではないでしょうか。

 

紀香さんは以前関西の情報番組に出演したときに、「情報発信すればするほど、批判とか…」という質問を受け、「あるある!全然ありますよ。そんなん。でもそんなんいちいち見いひんくなったし。昔は見てた見てた見てた。たぶんみんなに好かれたいと思ってたからだと思う」と話していました。

 

全員に好かれるのはムリなのも、気にしすぎて潰れるのもおかしいのもわかりますが、せっかくお見舞いするんですし、人の意見を参考にするのもいいのでは。

 

◆芸能人カップルの黒歴史!

紀香もいるよ→ geinou reading geinou ranking

紀香もいるよ→ geinou ranking geinou reading

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※藤原紀香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング