11月22日、自身のラジオ番組「上沼恵美子のこころ晴天」で、

 

「12月3日にYouTubeの撮影を初めてやります!自宅で1発目やろうかと思って・・」

 

と、堂々とYoutuber業界への参戦を表明した西の女帝・上沼恵美子さん。
 
このままだと年内に配信されることは間違いない状況ですが、この事態に業界が戦慄しているといいます。
 
 
◆若い!

[以下引用]
上沼といえば昨年7月、司会を務めた名物番組「快傑えみちゃんねる」が、打ち切られるような形で25年間の歴史に幕を下ろした。8月に発売された「文藝春秋」のインタビューでは、こう心境を吐露している。
 

〈実は去年すべての番組を降板し、芸能界を引退しようと考えました。きちんとお話しするのは初めてですが、本気でした。コロナで鬱々した気分が抜けないし、人生を賭けた冠番組が突然なくなったからです〉

 

”引退”の2文字が頭をよぎるほど追い込まれていたようで、大阪では隠居生活に入ると囁かれていた。ところが・・

 

「上沼のギャラは1本あたり120万円と言われ、東京から来たゲストには毎回お菓子や総菜のお土産が配られるので、経費はバカにならなかった。大名行列のように出迎えるなど、上沼に相当気を遣っていたこともあり、新番組のオファーはないというのが共通認識でした」(放送作家)

 

リタイア目前とみられていただけに、YouTubeチャンネル開設のニュースは、関西のテレビ業界に戦慄をもたらした。

 

当の本人は、11月19日に更新されたシャンプーハット・てつじのYouTubeチャンネルに出演した際に、「テレビでは言えないこととか、ちょっと言いたい」と爆弾予告。前出の「こころ晴天」では、YouTubeで話したいトークテーマにも触れた。

 

「12月といったら紅白ですよ。自分が紅白の司会をした時、あれは1994年やったかな。大阪から司会者で私が行くというのでバッシングものすごい受けたんです。『誰やねん上沼恵美子』って。『どういうこっちゃ紅白も(格が)落ちたな』とボロクソに言われて」

 

と、恨み節を交えて憤激したのだ。

 

「屈辱を受けた紅白のバッシング騒動の真相をブチまけるだけではありません。墓場まで持っていくはずだった『えみちゃんねる』突然終了の暴露話など、どんな話が飛び出すのやら、今から戦々恐々としている業界関係者は多い」(芸能記者)


[アサ芸プラス]

 

上沼さんはユーチューブに向いていると思います。

 

恐らく、カメラさえ向ければ1人で延々とマシンガントークを炸裂させるのでは?

 

しかも、テレビという公共の電波ですら忖度なで毒舌全開だったことを考えると、Youtubeという自由過ぎる場所を与えてしまえば、もはや歯止めが効かなくなる恐れがあるんじゃないかと。。

 

NGなしでどんどん業界のウラを暴露し始めたら、チャンネル登録者数が怒涛のごとく増加していくのは確実。

 

そうなれば、上沼さんのヤル気に火がついてエンジン全開となり、それがさらに評判を呼んで視聴者が増えていくと。

 

業界人にとってはまさに”悪夢”のような展開になっちゃうかもしれません。

 

いったいどんな展開になるのか、楽しみですね!

 

 

◆上沼恵美子の紅白司会はこんなだった!

 貴重動画→ geinou ranking geinou reading

 貴重動画→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆お喋りおばさんじゃないです、歌手ですよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

上沼恵美子 コンサート愛唱歌撰 [ 上沼恵美子 ]

価格:2852円(税込、送料無料) (2021/12/4時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※上沼恵美子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!