テレビ朝日の超人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」が、ついにシリーズ打ち切り内定になったといいます。

 

しかも、主演の米倉涼子さん自身が申し出たそうで、その裏にはある理由があるとか・・

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【先着特典】ドクターX ~外科医・大門未知子~ 7 Blu-ray-BOX【Bl...

価格:26235円(税込、送料無料) (2022/7/12時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

「テレビ朝日サイドの再三にわたる出演オファーを足蹴にし、ミュージカル『CHICAGO』に専念するというのです」(事情通)

 

ひたすら我が道を行く――そう言えば聞こえもいいが、ワガママを貫いている状態にしか見えないと陰口されているのが女優の米倉涼子だ。

 

「テレ朝のドラマ担当幹部らは、胃痛と不眠症に悩まされているそうです。米倉は一度、言い出したら後には絶対引かないガンコな性格なんです。交際中の彼氏と破局するとか、それくらいの大きな出来事がないと『ドクターX』最新版の話は前に進まないでしょう」(テレビ朝日関係者)

 

さらに、周囲を驚かせたのが、『ドクターX』の打ち切りを申し出たのは米倉本人だったといわれる点だ。

 

「恋人で結婚間近にあるアルゼンチン人タンゴダンサーのゴンサロ・クエッショ氏の影響です。コロナ第7波が来るのは時間の問題で、再びさまざまな制限がかかる前に彼はアルゼンチンに帰って親の世話をしたいそうです。米倉も付いて行くべきか迷っている。即決できないのは独立して新事務所を立ち上げた責任があるから。最終的にはアメリカに移住するという話も出ている。ミュージカルに軸足を置きたいんです」(芸能プロ関係者)

 

毎回『ドクターX』で披露していたお色気シーンにも限界を感じているという。

 

「米倉も8月1日で47歳ですからね。立派なアラフィフ。いつまでもミニスカや入浴シーンはきつい。そもそも、ドラマは演技力ではなく、このお色気シーンで数字を取っているのでは…というジレンマもあります。また、最新の第7シリーズで過去最低となる世帯視聴率14%台を出してしまった。明らかに、視聴者が飽き始めていることを肌でヒシヒシ感じている」(夕刊紙記者)

[週刊実話]

 

 

まあ、すでに第7シーズンまできましたからね、「ドクターX」も。

 

さすがにマンネリ化は否定できませんし、視聴率も下がり気味ですから、米倉さんとしても簡単にクビを縦に振るわけにはいかないのでは?

 

もちろん、たとえ視聴率が落ちてもしがみついていたい人もいるでしょうけど、米倉さんほどの大物ともなればプライドもあるでしょうし、

 

「落ち目になってから終わるのはイヤ!限りなく全盛期のうちに終えたい」

 

と考えているように思います。

 

しかし、テレ朝側はいまもしつこく米倉さんを口説いているようで、同ドラマを期末期首の特番ドラマとして編成する方向で勝手に調整しているんだとか。

 

テレ朝の看板ドラマ「相棒」は、新相棒に初代相棒寺脇康文さんが復活ということでシリーズ終了へ向かっていると言われています。

 

なので、ここで「ドクターX」もあっさり終わってしまっては、喪失感があるのは事実。

 

米倉さんも、特番なら仕方ない、という譲歩もありかもしれませんが・・

 

和田アキ子さんに怒られてるところにエイベックスの松浦さんから助け舟を出されたら、

 

「アンタは黙ってて!」

 

とピシャリと言っちゃうくらいの人ですから、ないと決めたらないような気もしますが。

 

「北川景子は整形ブス」「菜々緒うすらでっかい女」「石原さとみは…」avex松浦勝人の暴言が呆れる

◆女性芸能人の学生時代画像いろいろ

トップバッターから美しい→ geinou ranking geinou reading

トップバッターから美しい→ geinou reading geinou ranking

 

※さみしい。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※米倉涼子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング