パンくずリスト
  • ホーム
  • お笑い芸人
カテゴリー:お笑い芸人

関口メンディーさんが所属していたグループを卒業するのみならず、LDHを退社して「エンターテイメント王に、俺はなる!」と宣言し、もうすぐ一週間。

 

 

「LDHは実家」「安全な場所に居続けていいのだろうか」という疑問からの独立、という論理もわかりますし、言葉はストレートだけど和やかでもあった会見の様子を見るに、大きな問題があっての卒業&退社じゃなかったんだと想像できます。

 

 

しかし、関口メンディーさんが「そこ」に至るまでの決意の過程に「洗脳」があったのではという説が根強く残っています。

 

 

[スポンサーリンク]

関口メンディーの卒業&退社発表の会見は「大成功」

 

5月1日、関口メンディーさんのグループ卒業および株式会社 LDH JAPAN退社に関する記者会見が都内で行われました。

 

 

この会見には関口メンディーさんのほか、GENERATIONSの白濱亜嵐さん、片寄涼太さん、数原龍友さん、小森隼さん、佐野玲於さん、中務裕太さんらメンバー全員が出席。

 

 

メンバーが口にしたコメントは次のようにストレートなものでした。

 

 

 白濱亜嵐さん 

 

「この決断に至るまで何度も話し合った。メンディー君のこれからを聞けば聞くほど、LDHに、このグループにいた方がいいのではと思った。今もそう思う。でも1人でやると決めた以上は、グループに戻ってくることはないと思っている。その意気込みで旅立ってほしい。ケンカ別れではないからこそ、モヤっとするものもある」

 

 

 

 

 片寄涼太さん 

 

「寂しさが大きいです。でも、これほど強い意志があるのなら引き留められない。挑戦して見ることができる景色もある。メンディーさんを阻むことはできない」

 

 

 

 

 中務裕太さん 

 

「最初はさみしいなって思いました。納得できないという感情も生まれたし、今も怒っているし、納得していない。このような感情が湧くのはメンディー君が大好きで、離れてほしくないから。メンディー君には、これからの活動で納得させてほしい」

 

 

 

他のメンバーも思いの丈を自分の言葉で表しており、決して上っ面ではない素の感情を見せてくれたと思います。

 

 

文字にすると言葉は多少厳しくあるものの、会場自体は卒業を祝うような金屏風があり、参加した記者によると、終始明るいムードで進んだとのこと。

 

 

ファンにとっては消化するまで時間がかかることは間違いないものの、会見自体は「大成功」と言われる類のものであったようです。

 

 

 

会見の裏に鈴木おさむ。

 

ちなみにこの会見会場には、3月いっぱいで放送作家を「卒業」した鈴木おさむさんがいました。

 

 

スポニチアネックスの取材に対し、

 

 

 

「ちょっとお手伝いをしていました。急きょこういうことになると聞いたので、メンバーが言うこととか、そういうことも含めて。メンバーみんなも不安だと言うので、メンディーの気持ちも聞いていたり、メンバーに言葉を聞いたりして、少しだけアドバイスをさせて頂いていました。心配で見に来ました」

 

 

 

とコメントしています。

 

 

他にも、

 

 

「メンバーが辞めるのにあれを見たら、本当に不仲じゃないんだなって分かる」

 

 

ともコメントしており、SMAP関係の番組の放送作家として長く活動し、SMAPの全盛期からあの解散に至るまでを間近で見てきた人として、また、脚本家として、鈴木さん的にもなにかやり遂げた感があるのかなと思います。

 

 

が、この「鈴木おさむ」という人も、ちょっと胡散臭くもあります。

 

 

 

鈴木おさむが関口メンディーに西野亮廣を引き合わせた説

 

関口メンディーさんはプペル=西野亮廣さんに洗脳されている、というのは、ファンの間で割と本気で心配されたことでした。

 

 

2021年3月、関口メンディーさんは西野亮廣さんと「鈴木おさむ」さんの講演会に参加して以来西野さんの考えに心酔。

 

 

以降、それまでは料理やほのぼのした内容だった関口メンディーさんの有料ブログがビジネスやマルチ商法のような長文を書くようになり、ファンが「西野亮廣さんに洗脳されている」と言い出しました。

 

 

それに対し関口メンディーさんは、「人は知らないものを嫌う」と、西野亮廣さんの持論で反論する長文ブログを更新。まとめれば「西野亮廣さんは素晴らしい」というのを繰り返していました。

 

 

会見によると、関口メンディーさんがグループの卒業、LDHの退社を言い出したのは2022年とのこと。

 

 

あっという間に「そっち側」に行ってしまったのかなと思います。

 

 

その「そっち側」に関口メンディーさんを紹介したのが鈴木おさむさんだと言われています。

 

 

そもそも関口メンディーさんが西野亮廣さんに興味を持った、というのが始まりのようですが、それをつなげたのが鈴木おさむさんだったよう。

 

 

関口メンディーさんはコムドットの本にも強く感銘を受けていたといい、かなり影響されやすいタイプのようですね。

 

 

ちなみに鈴木おさむさんはコムドットの番組の放送作家も務めていました。

 

 

関口メンディーさんの洗脳には、鈴木おさむさんが大きな役割を果たしていそう。

 

 

 

関口メンディーは鴨頭嘉人とも関係

 

ネットで「プペルよりやばい」と言われたのが、鴨頭嘉人さんとの関係です。

 

 

 

 

 

西野亮廣さんと鴨頭嘉人さんも当然のように親交がありますが、関口メンディーさんは西野亮廣さん関係なく交流しているようですね。

 

 

 

 

 

 

鴨頭嘉人さんは、高校卒業後にマクドナルドでバイトし、23歳のときに正社員として勤務。20年働き「伝説の店長」という異名があります。

 

 

その後独立し、現在の肩書は「実業家」「経営者」「講演家」「YouTuber」。

 

 

年に300以上の講演会をこなしていると言いますが、まとめれば自己啓発系の人です。

 

 

 

 

自己啓発自体は否定しません。

 

 

成長しようという上昇思考があってこその人間だとも思いますし。

 

 

ただそれが妙にお金を稼ぐ方向に振っていたり、常識的にどうなんだろうという方向に洗脳するのは嫌だなと思います。

 

 

鴨頭嘉人さんのYou Tubeを少し見ましたが、話していることは昔から自己啓発界隈で言われてきたことを言っているだけなのですが、プレゼンが上手だなと感じました。

 

 

批判されたらそれをエネルギーに変えるような話術も持ってますよね。

 

 

で、批判されたらそれが信者の結束につながると。

 

 

こういう感じが宗教っぽさにつながるのでしょう。

 

 

そしてお金を稼ぎにきてるなと思いました。

 

 

なんせ1回の講演料が300万円です。

 

 

ちなみに通常の講演料は講師により20万円~200万円程とありましたから、かなり高めです。

 

 

それが年間300回、つまりそれだけで9億。

 

 

まあ有名な人ですし、それを提示するのは鴨頭嘉人さんの自由ですし、支払うほうが納得しているなら、それはそれで成立してるし好きにしたらいいと思います。

 

 

が、今後関口メンディーさんが、鴨頭嘉人さん側になって集客することになるんだとしたら、なんだか残念な気がします。

 

 

 

西野亮廣がすごいけど胡散臭い理由

 

西野亮廣さんも、基本的に突き詰めればそれが正論だよね、ということをよく言ってると思います。

 

 

特に最近のXでのポストはおとなしいというか、鴨頭嘉人さん同様、どこかで見たような、反論しようがないことを言ってる感じがあります。

 

 

 

 

西野亮廣さんが原案・脚本・製作総指揮を努めたコマ割りアニメ「ボトルジョージ」も面白そうですしね。

 

 

でも忘れられないのが、「えんとつ町のプペル」の頃のおかしな集金です。

 

 

「西野のイベント会場の片付けをする権利5万円」「西野を1日休ませる権利10万円」「西野の活動を1日辞めさせる権利(アンチ限定)10万円」などを販売したり、クラウドファンディングで電車代を集めたり、プペル美術館のお金を集めて目標達成したのに作ってないとか、「それ本当に正しいの?」と言いたくなるようなことをしていましたよね。

 

 

 

 

 

 

そして有力な支援者との、こういうまるでホストか、というような画像。

 

 

 

 

こういう胡散臭さが思い出され、いくらきれいなことを言ってもどうにも共感できません。

 

 

 

関口メンディーはエンタメ王になれるか

 

関口メンディーさんは

 

 

「どんな困難なことや試練があろうとも、これまで培ってきたものがあれば、乗り越えてゆけると、自分の可能性を信じています。

 

 

とコメントしています。

 

 

そしてエンタメ王になりたいと。

 

 

LDHやアイドルなどのファンビジネスもある意味信者ビジネスと共通するものがあるとは思います。

 

 

が、あくまでまっすぐエンタメ王を目指してほしいです。

 

 

そのためにも、西野亮廣さんと出会った直後、有料ブログで書いてドン引きされたようなプペった文章を、今後インスタなどで公開した場合、どういう反応がかえってくるのか、試してみてほしいと思います。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※関口メンディーさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

 

 

◆こちらもどうぞ◆

 

関口メンディーに宗教・洗脳問題か。LDH卒業&退社後にプペル西野亮廣と合流の噂

 

 

西野亮廣プペルで1850文字19円のやりがい搾取、弁当屋はオウム?反論するもヤバい

 

 

 

関口メンディーに宗教・洗脳問題か。LDH卒業&退社後にプペル西野亮廣と合流の噂

 

 

スピードワゴン小沢さんは松本人志さんの性加害問題で女衒の役割を果たしていたと報じられ、当初は「何ら恥じることはしていない」と活動継続予定でした。

 

 

しかし後に体調を崩し休止しています。

 

 

それから3か月が過ぎ、近々復帰するのではないかと報じられています。

 

 

 

[スポンサーリンク]

 

週刊女性が報じたスピードワゴン小沢現在の姿

 

4月22日発売の週刊女性が報じた小沢さんの近影がこちら。

 

 

 

 

 

 

この写真は、4月中旬の午後3時ごろ、都内の自宅付近で週刊女性の記者が目撃したときのものだとのこと。

 

 

レジ袋の中には炭酸水やスナック菓子のようなものが入っており、3月末に会ったという相方・井戸田さんの言うとおり、ほとんどひきこもり状態の様子だったそうです。

 

 

 

スピードワゴン小沢の写真への違和感2つ

 

違和感一つ目は、

 

 

「痩せてないじゃん!!」

 

 

ということです。

 

 

騒動直後のころから「飯も食えないし眠れない……」と言っていたと報じられた上に、4月上旬にはとろサーモンの久保田さんが「いい例えか分からないですけど、木の枝くらい細くなってる」と話していたんですよね。

 

 

マスクなのでよくわかりませんけど、この写真で見る限りあご周りは「枯れ木」ではないです。

 

 

ただ、そこまで痩せてなくてよかったと思いますし、マスクを取ったらまた様子が違うのかもしれませんし、なんとも言えませんが。

 

 

もう一つの違和感は、週刊女性さん、よくこの写真を撮れたなぁということ。

 

 

井戸田さんが引きこもってると話していたことを思うと、まず外に出てこない可能性が高いわけです。

 

 

実際、この買い物の量を見ても、ひとりで食べるとしたら少なくとも4,5日は外に出ないつもりなのでは。

 

 

いつ出てくるかわからない小沢さんを張るほどの価値があると。週刊女性は判断したんですかね?

 

 

正直なところ、小沢さんのこの近影はそこまで話題になっていないので、お疲れ様、と思っていたのですが。

 

 

 

スピードワゴン小沢復帰への観測気球説

 

実はこの写真は復帰を見据えて撮らせたものではないか、という見方の記事がありました。

 

 

[以下引用]

さて一部の芸能関係者からは、“この記事は観測気球じゃないのか”という声が上がっています。

近影を撮らせた裏に小沢の所属事務所である「ホリプロ」のサポートがあったか否かは私には知る由もありませんが、“3ヶ月しっかりと謹慎したのだからそろそろ…”という慈悲ある報道ではないのか…というわけです。

この記事で、一般大衆の反応を見ようという意味も込めて。

[まぐまぐ]

 

 

これは当たりでしょう。

 

 

というのも、言われてみたら最近小沢さんに言及する人が増えてるんですよね。

 

 

まずは3月終わりの井戸田さん、4月初めのとろサーモン久保田さんなど芸人仲間です。

 

 

そして4月24日に「バラいろダンディ」に出演した渡辺正行さんも、報道直後から何度か連絡を取ってること、先日も食事に行ったことを明かし、次のようにコメントしています。

 

 

 渡辺正行 

 

「小沢は自粛しなくていいんじゃないかと思う」

 

「アイツ、今、音楽やっているって。『音楽、勉強してるんですよ』って。あと料理しているって。『リーダー、僕、料理ができるようになりました』って話してた」

 

 

 

なんでいきなり渡辺さん、と思ったのですが、渡辺さんはホリプロと業務提携をしています。

 

 

これはもう、ホリプロのサポートありで、復帰の流れを作ってるのではないでしょうか。

 

 

 

スピードワゴン小沢の復帰はありえるか

 

復帰があるかないかで言えば、表舞台に出てくることはあり得るでしょう。

 

 

松本さんの裁判が結審するまでには2年、3年かかってもおかしくないと言われていますから、それは待てないでしょう。

 

 

いずれ気づいたらテレビに出てる気がしますし、YouTubeもあるのでは。

 

 

ただ、ずーーーっと言われるでしょうね。

 

 

文春の記事の真偽は現時点ではわかりませんし、裁判の過程でどの程度明らかになるのかもわかりません。

 

 

だからこそ、グレーのままいつまでもそのイメージが残るのでは。

 

 

ネットでは文春報道前から松本さんと小沢さんらしき人の行いが確認できています。

 

 

 

 

 

これを書き込んだのがA子さんやB子さんなのかもしれませんし、ほかの被害者関係の方なのかもしれません。

 

 

が、妙に信ぴょう性があるというか。。

 

 

裁判の結果がどうであれ、松本さんや小沢さんのイメージがクリーンに戻るのは難しいんじゃないかと思います。



 

というのも、小沢さんはわざわざ携帯を回収していたという点で、「使用しないでね」というお願いだけだったというほかのアテンダーよりもあくどいイメージがついています。

 

 

相方・井戸田さんが「繊細中の繊細」という小沢さんにとって、それでもテレビに出続けることはつらいんじゃないでしょうか。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます。こちらもどうぞ◆

 

出禁多数の松本人志、常習犯疑惑も浮上!被害内容は完全に犯罪で遂に警察沙汰[文春砲]

 

[スポンサーリンク]

吉本興業を解雇されフリーで活動している元プラスマイナス岩橋さんが、久々に暴露を再開しました。

 

 

以前も明かしていたフジテレビの番組収録中のケガについて、再度言及しているのです。

 

 

 

[スポンサーリンク]

 

プラスマイナス岩橋は2012年に左ひざ靭帯を損傷

 

岩橋さんは2012年2月に当時フジテレビで放送されていた「めちゃ×2イケてるッ!」収録中に左ひざの靭帯を損傷するケガを負いました。

 

 

当時の記事によると、岩橋さんは番組の人気コーナー「やべっち寿司」に出演。

 

 

カメラに映り込もうとした際にバランスを崩して転倒し左足をひねった結果、

 

 

「左ひざ前十字靭帯損傷 および 左ひざ内側副靭帯損傷」

 

 

と診断されたといいます。

 

 

この際、岩橋さんのコメントとして発表されたのがこちら。

 

 

[以下引用]

岩橋は「少し転んだだけでこのようなことになってしまい、本当に情けないです。もっとダイエットしておけばよかったと反省しています。できるだけ仕事は休まず、全力でがんばりますので、よろしくお願いいたします」とコメントした。

[スポニチ]

 

 

しかしこれは事実とは違った、というのが岩橋さんの主張です。

 

 

 

岩橋良昌が主張する真実

 

 

フジテレビさん めちゃイケで江頭さんと絡んで僕大怪我したのに なんで岩橋が1人で怪我した事にして揉み消したんですか? その後治ってもその番組全く呼ばれなかった かがり食堂の人がプロデューサーの時ですよ プロデューサー変わったら岩橋くん呼びたかったってすぐ呼んでくれはった

[岩橋さんのXより]

 

※正しくは「かがり食堂」ではなく「ガリタ食堂」

 

 

これ、岩橋さんが吉本辞める前にも訴えていましたが、今また訴えることにしたようです。

 

 

 岩橋さんが主張する真実 

 

・ケガの原因は江頭さんとのバトル。はしゃいだ結果ではない

 

・靭帯損傷ではなく靭帯断裂。再建手術をした

 

・「少し転んだだけで云々」のコメントは言っていない

 

・吉本とフジテレビが勝手に決めて勝手に発表した。

 

 

 

岩橋さんのポストによると、本番中に起きたケガであるため映像はあったとのこと。

 

 

今も残っていれば証拠ですが、12年前となると難しいかも。

 

 

しかし、診断書等があるということなので、靭帯損傷ではなく断裂、再建手術の信ぴょう性は明らかになるでしょうから、それだけでも発表の嘘が証明できます。

 

 

 

フジテレビはなぜ隠匿したのか?

 

このケガが正しく報じられなかったのは、岩橋さんからすると、売れてる芸人を守り売れてない芸人をはじいた結果だということでした。

 

 

だから人権問題!と。

 

 

ただ、フジテレビからすると江頭さんを守るという意識、だけではなかったのでは。

 

 

撮影中のケガは、ままあります。

 

 

2019年には「笑ってはいけない」撮影中に佐野史郎さんが液体窒素を入れたペットボトルが破裂する力で空中に数センチ浮く、という企画に挑戦した際、腰の骨を折る大ケガをしています。

 

松本伊代さんやMISIAさんも、それぞれ落とし穴で腰椎の圧迫骨折、落馬で胸椎棘(きょうついきょく)突起部を骨折するケガをしています。

 

 

こうやって局にとってマイナスでもきちんと原因と結果が発表されるケースもありますが、必ずしもそうでもありませんでした。

 

 

奇しくも同じ2012年、いとうあさこさんは「Qさま」で10メートルの高さから飛び込んだ際ケガをしていますが、それ自体が隠されたこともありました。

 

 

落とし穴だの液体窒素だの、なんでそんな危ないとわかってることやるんだと世間に怒られたら番組存続の危機にもなるからなんでしょうね。

 

 

岩橋さんの場合、自分で転んだことにすれば誰も責められない!それでいいじゃん!だけだったのかも。

 

 

 

まとめプラス。岩橋良昌は江頭にも怒ってるのか?

 

岩橋さんが今暴露していることをまとめると次の通り。

 

 

・ケガの原因は江頭さんとのバトル。はしゃいだ結果ではない

 

・靭帯損傷ではなく靭帯断裂。再建手術をした

 

・「少し転んだだけで云々」のコメントは言っていない

 

・吉本とフジテレビが勝手に決めて勝手に発表した。

 

 

 

 

気になるケガさせた相手・江頭さんへの怒りは、ない、とのこと。

 

 

ご本人が、江頭さんはなーーーーーにも悪くない」とポストしているので。

 

 

撮影中、本気で取り組んでいれば仕方のないこともあるんでしょう。

 

 

その原因をごまかされ、ケガの内容も軽くされ、してないコメント、しかも自分を貶めるような内容を勝手に発表されたら、そりゃイヤでしょう。

 

 

きっとスルーされてしまうのでしょうが、、

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます。こちらもどうぞ◆

 

 

テレビ朝日の隠蔽体質が酷い!いとうあさこもスギちゃんの事故と同じ番組で負傷していた!

[スポンサーリンク]

 

元吉本芸人の藤森慎吾さんがヒカルさんのYouTubeに出演、アテンド飲み会の存在を認め、自らもアテンドしていた時期があること、それは吉本だけの文化であることなどを明かしました。

 

 

また、吉本のフィクサー中田カフスさんがその文化を認めてるのか認めてないのか不明ですが言及しています。

 

 

 

 

藤森慎吾が認めた自らのアテンド歴

 

 

[以下引用]

藤森は「ダウンタウン」の松本人志に触れ「サンジャポに出た時も松本さんの件も振られて、話さなきゃいけない機会もあったんで単純に思ったことを言いました」と話した。自身も「女性に対して認識が甘かったところもあったという前提の上で話しますけど。ありましたよ、僕もそういう経験は」といわゆるアテンド飲み会を認めた。


その時の心境について「この人と飲みたいし、気に入られたいかなって思いが(ある)。そこって特殊なんですよ」と説明。しかしアテンド飲み会に抵抗を感じるようになり「いつの日か気付きましたね。何やってんだろ虚しいなって。まやかしだと思って。そんなもんは幻想。そんなことしたからって、売れた芸人見たことないし、先輩に寵愛を受けた人見たことないから。そこはないんですよ」と熱弁した。

 

カジサックが「吉本?」と質問すると藤森は「ん?俺、元吉本ですから、そらそうでしょ。逆に聞いたことないもん。吉本以外でそういうの」と認めていた。

[東スポ]

 

 

吉本だけ、というのは、最初に「女衒」と報じられたスピードワゴン小沢さんはホリプロなのでなんとも言えません。

 

 

カジサックさんは現在も吉本ですからこんな感じなんですかねえ。

 

 

女性に対して認識が甘かった、と敢えて言っているのはつまり、飲みだけじゃない目的で女性を集めたことがある、ということですよね。

 

 

相手が松本さんだったなら、オリエンタルラジオはもう少し吉本で居心地よかったのかもしれませんし、相方の中田敦彦さんがたびたびかみつくようなことはなかったかも。

 

 

となると、吉本以外で聞いたことがないというアテンド文化は、吉本内では松本さん限定ではなかった可能性が高いです。

 

 

実際、プラスマイナス岩橋さんは今田耕司さんに女性を紹介したと明かしていました。

 

 

やり方はいろいろでも、後輩が先輩に女性を紹介するというのはアリアリだったのでしょう。

 

 

藤森慎吾が松本人志問題後サンジャポで語ったこと

 

 

ちなみに藤森さんはサンジャポではこう発言していました。

 

 

 1/28サンジャポでの藤森慎吾 

 


「普段から何か常習化してたこういう遊び方だったりが、不誠実で少し格好悪い部分があったなという風にはすごく思いました」
「(自らのチャラさが原因で週刊誌に報じられたりする中で気づいたのは)やっぱり当時、僕も仕事が調子良くて、人気者だって勘違いして、どこか女性に対しておごりがあったりとか、認識の甘さみたいのが実際あったなって思うところもあるし、そういうところが、だんだんだんだん気付かずに麻痺して大きくなって、こういう形で露見してしまったのかなっていう風には思う」

 

 

 

当時、今田さんやたむけんさん始めとする後輩芸人が、飲み会はあったけどただ楽しいだけのもので、下心ある飲み会は聞いたことないと口をそろえて言っていた中で、藤森さんはあっさり認めていました。

 

 

藤森さんにあったおごりはほかの人にもあって、全体的に女性は雑に扱っても大丈夫、という認識になっていたということなのかなと思います。

 

 

どうも、世の中にはとにかく芸人ならだれでもいい、どうなってもいい、というタイプの女性もいるようですし。

 

 

そういう人ばかりと遊んでいたならまだよかったのかもしれません。

 

 

「松本さんは変わってる」(byスピードワゴン小沢、文春より)

 

 

文春報道が正しいなら、松本さんはそうではなかったようです。

 

 

スピードワゴン小沢さん曰く、

 

 

「松本さんの性癖って本当に凄く変わっているの。AV女優とかプロの女性はダメで、ファンの子もダメなのよ。そこに価値を感じないわけ」

 

 

ですからね。

 

 

そして、求めていたのは派手な女性ではなく、関西的なノリのいい女性でもなく、黒髪で司書や教師のようなマジメそうな女性だったと。

 

 

ここは強要があった、なかったの話とは関係なく、松本さんの筆跡で綴られた好みの女性について書かれたメモの話なので事実だと思われます。

 

 

芸人であるだけでキャーキャー寄ってくる女性に飽きてしまい、求めたのがそういう堅そうな女性だったのかもしれません。

 

 

中田カフスの苦言

 

 

藤森さんが体感した女性に対する認識の甘さは気のせいではなかったことを示したのが、吉本の重鎮中田カフスさんです。

 

 

中田さんは裁判が始まったばかりのタイミングで

 

 

「松本はアウトやて。本当に客、素人に手をつけたのであれば」

 

 

とはっきり言っています。

 

 

 中田カフスさんの発言 

 

・芸人は確かに人気があり、自分も次から次へと女性が寄ってきた過去がある

 

・でも自身のファン=客である、客に育っててもらってるという認識があれば手を出す気になるはずがない

 

・しかし芸人たちの「ファン食い」は当たり前の出来事に。

 

・師匠制じゃないのが原因だと、14、5年前からNSCで講師をし、ファンを大事にするよう教えるようになった

 

 

 

ここまで言いながら、最後の最後で松本さんの件については「知らない」「聞いたこともない」「本当にあったのか?」と言っていました。

 

 

要するに若手がファンを喰ってるのは知ってる、同じことを松本がやってたならアウトだよ、でも自分は知らないよと。

 

 

まあ立場的に中田さんが知っていたなら会社全体の問題になりますから、それはそうなのでしょう。

 

 

ちなみにフライデーの中田さん紹介文がこちら。

 

 

[以下引用]

性加害疑惑騒動で渦中の松本人志(60)にそう苦言を呈する男。かつて吉本興業の特別顧問を務め、“吉本のフィクサー”とも呼ばれた中田カウス(74)である。’67年に相方の中田ボタン(75)とコンビを組んでデビューし、これまで57年間にわたって吉本で漫才に関わり続け、’14年には上方漫才協会の会長に就任。時には「カラダを張って吉本を守った」という人物が、騒動続きの事務所と松本の問題について、本誌に口を開いた。

[フライデー]

 

 

「時にはカラダを張って吉本を守った」

 

 

闇社会とのつながりが散々噂されたことを思うと意味深です。

 

 

今回の裁判が「吉本興業」ではなく松本さん個人名義で行われ、吉本の弁護士がつかなかったのは、もしも吉本が松本さんと対立することになった場合、利益相反になるからだと言われています。

 

 

中田さんはフライデー本誌で元社長の大崎さんや闇営業問題の裏側も触れています。

 

 

吉本のフィクサー中田さんがこうやってコメントを出したのは意味があることなんだと思います。

 

 

◆関連情報◆

 

中田敦彦が松本人志の存在感に苦言を呈するも、「中田の笑い」を解説し台無し

 

 

スピードワゴン小沢干され決定!松本人志は逃げ切りか。しかしスポンサーは文春続報次第か

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

 

自身の性加害問題を巡り文藝春秋を訴えた松本人志さんが裁判を前にXでコメントを発表し賛否両論飛び交いましたが、その結果、Xで指原莉乃さんのフォローを外していたことが話題になっています。

 

 

※指原莉乃さん、ですか?

 

 

指原莉乃のフォローを外した松本人志

 

 

[以下引用]

「松本は自身についての記事だけでなく、Xの投稿も逐一チェックしているようです。松本は76人をフォローしていますが、久保田などの後輩芸人をはじめ、ミュージシャンのASKAやセクシー女優の霜月るな、村西とおる氏、高須克弥氏などの松本を応援している著名人たちをフォローする一方で、指原莉乃をフォローから外していることが話題になっています」(芸能ライター)

[ゲンダイネット]

 

 

松本さんは指原さんを気に入っていたと思うんですけどね。

 

 

指原さんの卒業コンサートに内田裕也さんに扮して駆けつけています。

 

 

 

 

 

内田さんが亡くなったのは3月でこの卒コンは5月だったので、ネタにするにも早すぎるという声もありましたけど、話題にはなりました。

 

 

なんせ、松本さんはそういうキャラではありませんでしたからね。

 

 

それだけ指原さんが特別だったんだろうに今回フォローを外したウラには、当然「ワイドナショー」での指原さんの発言があったからだと思われます。

 

 

 

指原莉乃は「松本人志を擁護」で終わらせなかった理由

 

 

松本さんに性加害問題が報じられた直後、「ワイドナショー」では避けずにこの話題を取り上げました。

 

 

そこでコメンテーターとして参加した人たちの発言内容がこちら。

 

 

ロンブー淳さん

 

「今の段階で何か僕たちがコメントすることは実はなにもない」

 

「どうなのか分からないじゃないですか、真実が」

 

「ネットを見るとすごいひどい言葉も飛び交っている」

 

「今の段階では耳を傾けることしか僕たちにはできないんじゃないかな」

 

 

今田耕司さん

 

「僕が知ってる松本さん、小沢(一敬)くんがとても言うとは思えないですし、僕は聞いたことがないです、松本さんから、記事に書かれているようなコメントを。合コンとかしたこと、何度もありますから。そこで何度もそういう発言をしているのを、生で見て、聞いたことがないです」

 

 

ヒロミさん

 

「今の段階で何を言うのは違うのかな」

 

 

指原さん

 

「じゃあ女性がついていったのが悪いんじゃないかっていう話をネットが今してるじゃないですか。それがそもそも一種のセカンドレイプなんじゃないかって私は思うので。そういうのが早くなくなればいいなというか、裁判するかもしれないってことなのでその辺は、やったやってないはそこでお話しするべき」

 

 

「8年前のことっていうニュアンスも私はすごくよくない風に感じていますね。時間が経っても同じように扱うように思うので。被害者とされる方に常に寄り添ってもらえるような雰囲気になったらいいのになって思います」

 

 

 

前半だけで終わってれば虹色でしたが、後半が松本さんにとっては厳しいですよね。

 

 

ただこれは、ジャニー喜多川氏の性加害問題で被害者たちが被害を口に出せるようになるまで非常に時間がかかった、ということを明かし、周知されていたことです。

 

 

これをスルーしては、それはそれでダメだったと思います。

 

 

なにより、指原さん自身がやっと口に出せたんじゃないかという指摘もあります。

 

 

 

指原莉乃自身へ向けられていた松本人志の「蔑視」「名誉毀損」

 

 

指原さんが松本さんへ寄り添い切らなかったのには理由があるのでは、というのがこちらです。

 

 

[以下引用]

2019年1月13日の『ワイドナショー』。この日番組ではNGT48山口真帆暴行事件について取り上げていました。

 

この事件の背後には運営の脆弱さがあると力説していた指原に、社会学者の古市憲寿が「(運営を)指原さんがやればいいのでは」と提案。

 

それに対し「トップに立つのは……現状おじさんたちっていうかそのえらい人たちが仕切っても何もできない状況じゃないですか。ただ私が(トップに)立っても何もできないとは思うんです。あんだけの大人数で少ない運営なので」と返した指原に当時番組に出演中だった松本人志が言ったあの一言。

 

 

「それはそのお得意のカラダを使ってなんかするとかさ」

 

 

一瞬自分が何を言われたのかよくわからないといった、戸惑いの表情を見せた指原。ようやく見つけた「何……何言ってるんですか? やば」という言葉に、ただただ笑う松本人志。

[文春オンライン]

 

 

当時大炎上しましたよね。

 

 

指原さんは番組で無難にまとめましたが、後に当時のツイッターでこのようにツイート。

 

 

 

 

 

松本さんは「指原様~」とリツイートしていました。

 

 

指原さんは、最後までうまくまとめたなという感じです。

 

 

しかしこれが、指原さんにあとからじわじわときていたのではないかと。

 

 

 

[以下引用]

あの時の指原はどんなことを思っていたのでしょうか。番組中にダイレクトにぶつけられた、自分を毀損するような発言。そしてエンタメとして笑いとしてどう終わらせるか、試されなくてもいいテストを世間が自分に仕掛けているような圧。バラエティに特化すること、世間の空気を読み当てることに尋常ならざる才能を見せつけ、大人数アイドルグループから独自のスタンスを築き上げてきた指原莉乃。5年前につきつけられた刃に動揺し、しっかりと受け止める前に「大人な対応」をしてしまったこと。5年経った今も、きっとあの時の感情は今しがた起きた出来事のように己を苛むのではないかと思います。その後悔のようなものを、29日の放送の指原発言に感じるのです。

 

性被害だけでない、あらゆるハラスメントの被害者たちは、すぐにそれを受け止めることはできない。なんなら加害者におもねったり、自責の念に取りつかれたり、「自分は被害者ではない」と思い込もうとしたり、自らの心を守るために一見矛盾があるような行動をとることは既に広く知られています。「自分は悪くなかった」ことに気づくまで、信じられない時間を費やすことがあることも。彼女がMCの声を遮ってまで「8年前とか関係ない」と私見を述べたことの意味は重いと思うのです。

[週刊文春オンライン]

 

 

悔しくて後から思い出しても悔しくて、ということ、ありますよね。

 

 

自分は対応を間違えたんじゃないか、次に何かあったらちゃんとする、と心に決めるような、そんなことです。

 

 

そんな指原さんは指原さんで、この「8年前~」の発言を機に、10年前のHKT総監督時代にメンバーにしていた過剰なスキンシップである「サシハラスメント」が再注目され、厳しい立場にいます。

 

 

松本さんの怒りを買ったことが明らかになった今、松本さんが復活したら、と思うと、また引退が現実味を帯びてきたように思います。

 

 

 

◆関連情報

 

[サシハラスメント]指原莉乃にセクハラ・児童虐待疑惑!松本人志批判がきっかけか

 

 

松本人志のA子が文春手記で語る内容でスピードワゴン小沢が震撼か。裁判への影響は

 

 

「とうとう出たね。。」と矛盾!松本人志が裁判でA子B子の特定を求めたのは脅迫か

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※指原莉乃さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

松本人志さんが自身の性加害問題を報じた文藝春秋を訴えた裁判の第1回口頭弁論が3月28日東京地裁で開かれました。

 

 

傍聴席19席に691人が集まり、倍率は36倍と注目の高さを物語る中、松本さん本人は出廷せず。

 

 

代理人がA子さん、B子さんの素性を求めた異例さが話題になっています。

 

 

 

 

松本人志がA子B子の特定を求める

 

 

3月28日14時半から開廷した松本さんの裁判は、初回という事もありほんの5分ほどで閉廷。

 

 

松本さんの出廷はありませんでした。

 

 

そこで松本さんサイドが求めたのが、訴訟対象記事にあるA子さん、B子さんを特定する情報ということで…

 

 

[以下引用]

松本側は、性被害を受けたとされる「A子」と「B子」の名前、住所、生年月日、携帯電話番号、LINEアカウントの提出を文春側に要求。この理由を、松本側の代理人弁護士は「相手が誰だか分からないと、いつ、どの酒席のことを言っているのか分からない」「誰なのかはっきりしてもらわないと答えようがない」と説明した。  

 

松本による性的行為の強要については「相手が誰だろうと、ない」ときっぱりと否定。その上で、問題の酒席が存在したか、2人で寝室に入ったかどうかなど、文春記事のどの部分が間違いかどうかについて「そこは争点じゃないのでは」と指摘。裁判の争点を「文春記事が松本さんの社会的評価を下げたかどうか。その上で、下げたことについて公共性、公益性、真実性があるかどうか」と主張した。

[中日スポーツ]

 

 

これは松本さんの代理人の主張です。

 

 

名前、住所、生年月日、携帯電話番号、LINEアカウントの他に、容姿のわかる写真も提出を要求した上で、実際に何が起きたのかは争点ではない、記事の公共性、公益性、真実性を問うと。

 

 

何が起きたのか、それが大事で告発したA子さんB子さんに対し、それは争点にせず本人の特定を求める。。

 

 

これに対し文春側の代理人である喜田村弁護士は、

 

 

「(A子やB子を)分からないなら分からないでいいけども、(提出要求は)名前だけじゃなくて5つですよ。これだけのものがないと、記事の内容が事実かどうかを認否できないと言っているわけです」

 

「そんなアホなことあるかいなという感じ」

 

「週刊誌に書かれているような行動は1回もやったことがないと言うんだったら、全部否認で、AさんもBさんも関係ない」

 

「『まるっきりのウソです』と言えばいいだけ」

 

 

 

と驚きの声をあげています。

 

 

ちなみに喜田村弁護士は47年のキャリアがあり数々の有名事件、例えばジャニー喜多川氏の性加害問題時の訴訟にも携わっているベテランです。

 

 

そんな弁護士さんがここまで驚くとは。

 

 

確かに、名前や携帯電話番号、LINEアカウント、写真はまだわからなくもありません。

 

 

でも、住所、生年月日って。

 

 

個人の特定に必要なのはわかります。

 

 

でも松本さんが女性を特定するために必要なんでしょうか?

 

 

つまり、松本さんは飲み会で会ったくらいの相手の住所と生年月日をすべて把握しているのでしょうか

 

 

むかーしテレビで松本さんは、女性と飲んで番号を交換しても誰が誰だかわからないから、「ヒョウ柄」「ちち」とか特徴を入力してると言っていましたが、それはネタで、本当は住所生年月日を含めすべて登録していたのでしょうか。

 

 

「とうとう出たね」との整合性。目的は…脅迫?

 

 

松本さんにまったくもって覚えがないなら確かに「誰がそんなことを言ってるの?」というのが正直なところでしょう。

 

 

当初「事実無根なので戦いまーす」と言っていた、そのままならこうやってA子B子の素性を問うのもわかります。

 

 

でも、松本さんは報道後流出したA子さんのお礼LINE画像に「とうとう出たね。。。」とコメントしてます。

 

 

つまり、少なくともスピードワゴン小沢さんはA子さんが誰か把握しているわけです。

 

 

把握していたとしても、間違いがないか確認したいというのはわかります。

 

 

でもA子さん本人も、そのLINEはA子さん本人が送ったことを認めています。

 

 

そもそも、なぜ小沢さんが最初の記事一つでA子さんが誰か特定でき、A子さんからのお礼がコレだとわかったのか、もしかして適当に出した?と思ったのに、A子さんは認めたんですよね。。

 

 

松本さんは証言者を特定できないなら信憑性がないという展開にしたいのかもしれませんね。

 

 

または、匿名で告発することへの警告なのかも。

 

 

A子さんは出廷する覚悟はあると何度も言っています。

 

 

しかし、これまでの事例から、証言といってもそれはあくまで衝立の向こうや別部屋からの証言を想定していたのでは。

 

 

さすがに名前、住所、生年月日、携帯電話番号、LINEアカウント、写真を証拠として提出を求められるのは情報流出の恐れもありプレッシャーなのでは。

 

 

A子さんは第一弾が発売された後から、誹謗中傷の声や個人を特定しようとする声に震え、自宅が特定されたんじゃないか、外でいきなり襲われたりするんじゃないか、とおびえていたようですし。

 

 

ということで、ネットにはこれは証言者に対する脅迫なのでは、という声もあります。

 

 

今後新しく証言者が出たとしても、裁判で証言することに対し壁ができますし。

 

 

狡猾ではありますが、それが裁判なのでしょう。

 

 

しかし、裁判所自体がA子B子の特定は求めないようなので、このまま進むのではないでしょうか。

 

 

◆関連情報◆

 

 

松本人志のA子が文春手記で語る内容でスピードワゴン小沢が震撼か。裁判への影響は

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

 

本日3月28日14時30分、松本人志さんが文藝春秋ほか1名を被告として起こした約5.5億円の損害賠償請求等訴訟の第1回口頭弁論が東京地裁にて行われます。つい先ほどその抽選結果が発表されましたが、その関心の高さから歴史的な倍率になると見られています。

 

 

この裁判の重要人物であるA子さんが本日発売の文春に手記を寄せており、その中に、スピードワゴン小沢さんに対し底知れない恐怖を与える一文がありました。

 

 

 

 

第1回口頭弁論を前にXでコメントした松本人志に賛否両論

 

 

本日の裁判を迎えるにあたり、松本人志さんはSNSで次のようなコメントを発表しました。

 

 

を笑わせることをしてきました

 

たくさんの人が自分の事で笑えなくなり、何ひとつ罪の無い後輩達が巻き込まれ、自分の主張はかき消され、受け入れられない不条理にただただ困惑し、悔しく悲しいです。

 

世間に真実が伝わり、一日も早く、お笑いがしたいです。」

[松本人志さんのXより]

 

 

これに賛同し同情の声を寄せる人もいます。

 

 

松本さんを擁護し一躍有名になった霜月るなさんを始めとして、吉本の一部後輩芸人や、これまでも一貫して松本さんを支持してきた人たちです。

 

 

しかし疑問の声を投げかける人もいます。

 

 

たとえばロバートキャンベルさんは以下のように述べています。

 

 

 

「芸人としての志として、みんなを笑わせたいのに、それができない。すごく悲しいというのは思いとしてはあるかも知れないんだけど、民事裁判として問われていて、このことと今まで松本人志さんがお笑いの中で成功を収めた、たくさんの人たちに幸せを運んだということは、まるっきり違うことだと思う」

 

「むしろ、お笑いの志ができなくて悲しいということを抑えておかないと、今までの彼のすごくいい仕事だったものがすごく残念なものになってしまう気がするんですね」

 

もう一つ、自分の言い分がかき消されたことが悲しいと言っているけど、言ってないですね、自分の言い分を。どこでかき消されてるかってことは我々の目にも耳にも全然触れてないので、それはちょっと違うんだよねとは思います」

 

 

一応松本さんも言い分は言ってると思うんです。

 

 

松本さんは文春の直撃時に「ちょっと待ってよ!」「証拠見せてよ!」と言っており、さらにXで

 

 

 

「いつ辞めても良いと思ってたんやけど…やる気が出てきたなぁ~。」

 

「事実無根なので闘いまーす。 それも含めワイドナショー出まーす」

 

「とうとう出たね。。。」

 

 

とポストしています。

 

 

要するに「事実じゃない」「やってない」ということですよね。

 

 

でも具体的な主張はしていないので「何も言ってない」感が強いのは確かで、それは当初から裁判で争う姿勢を見せていたことも関係するのでしょうけど、かき消されたというほど何かを言ってたか?という疑問は当然かも。

 

 

また、ふかわりょうさんははっきりと失望の意を表しています。

 

 

 

「このツイートに関して言うと、私は見たくなかったです」

 

「場所にこだわらなければ、松本さんのお笑いをたくさんの人が待っていると思います、はい。今はこのくらいしか言えないですね」

 

 

 

 

たしかに人を笑わせるのは何もテレビでなくてもできて、今はYouTubeでもインスタでも自分で発信する方法はあるんですよね。

 

 

 

A子さんの文春手記でスピードワゴン小沢が震える

 

 

一方で、裁判で被告サイドの立場になるA子さんは文春に手記を寄せています。

 

 

ざっくりした内容はこちら。

 

 

 

 

・「金目当て」というが、文春からは一円ももらったことがない。今後もそのつもり

 

・被害に遭った2015年当時は芸能活動を始めたばかりで、とにかく人脈作りに勤しんでいた

 

・スピードワゴン小沢さんとはそのころ出会い、VIPとの飲み会に誘ってもらえて、大きな仕事につながるかもしれないと嬉しく思っていた

 

・飲み会当日に場所がホテルの部屋と聞いたが写真を撮られないために大物はそうするのだろうと思い、携帯を没収されたのも、そういうものなのかと学んた気分だった

 

・松本さんが部屋に現れた瞬間、ドッキリなんじゃ、リアクションを見られてるのかも、と、気丈にふるまってしまった

 

・「君らは俺の子ども産めるの?」とあまりに唐突で意味不明なことを言われ、なおさらドッキリであると確信した

 

・それが間違いだと実感したのは部屋に二人にされ松本さんが服を着ないで迫ってきたとき

 

・解散後お礼のLINEを送ったのは、三人中二人が性行為に応じず、松本さんが激怒し男性陣が謝罪していたため、自分に非があるように感じてしまったから。小沢さんや松本さんに嫌われてはいけないと思ってしまった

 

・この時のLINEが同意があった証拠かのように流出して驚いた。あれが同意の証拠になりえるなら、私が友人に送ったLINEは不同意の証拠になるのでは

 

〈ここだけの話だけど昨日の会はマジ○○ちゃん(友人の名前)は来なくて良かったよ!危なかったよ〉

〈強制的にそういう流れになって私はやんわり対応して最後のところはギリギリ守れたけど、断れなくて最後までって人もいたから〉

 

 

・被害を忘れることができず人に相談するうちに、自分が沈黙することで被害者が増える恐れに気が付いた

 

・警察は痴漢被害を訴えても頼りにならなかったため最初から頭になかった

 

・文春は当初信用してなかった。記者がダウンタウンのファンだったらどうしよう、吉本と繋がってたらどうしよう…

 

・そんな中、文春が映画界の性被害、ジャニーズ問題を繰り返し報じていく様子を見、世の中の声が変わっていくのを実感し、腹をくくることができた

 

 

 

ドッキリとはまた唐突なと思いましたが、そのくらいあり得ない展開で、慣れない業界に背伸びしてでも慣れようとした、そんな感じのことだったのかもしれません。

 

 

この手記の中で恐ろしいなと思ったのが以下の部分です。

 

 

[以下引用]

ちなみに、私はこの飲み会があった後も、小沢さんとは連絡を取り合い、別の飲み会に呼ばれて顔を出したこともあります。でも、それは松本さんから受けた性的被害を許していたからではありません。人脈の広い小沢さんに嫌われたら芸能界で仕事が出来なくなってしまう。そんな思いに加え、いつか告発するときのために、情報収集を続けようと思っていたからです。

小沢さんは一体なにを考えているのか。どうやって女性を集めているのか。私以外の“被害者”に会うことは出来ないだろうか――。

[週刊文春]

 

 

小沢さんがA子さんからのお礼LINEを出してきたとき、なぜそんな前のものを、と思いましたが、A子さんとはその後も交流があったならまだわかります。

 

 

A子さんがこの情報収集に成功したんだとしたら…。

 

 

松本さんサイドにとってはかなり脅威なのでは。

 

 

 

松本人志が裁判に全力でテレビから消えた今

 

 

松本さんがテレビから姿を消し2か月以上が経ちました。

 

 

数々の冠番組を持ちプロデューサーとしても忙しかったあの島田紳助さんが突然引退しても問題なくテレビは回っていったのと同じく、松本さんがいなくなってもやはりテレビは回っています。

 

 

つい先日も、「クレイジージャーニー」についてTBSは松本さんがいなくても視聴率に問題ないと明言していますし、「まつもtoなかい」は「だれかtoなかい」になってからの方が好調です。

 

 

「水曜日のダウンタウン」だけは、予算がなくなったとかで何度も同じ放送をするという不思議な動きを見せていますが。

 

 

これから裁判が結審するまでには2年、3年かかると言われています。

 

 

終わったとき、松本さんが戻る場所はあるのでしょうか。

 

 

…やはり、初動を間違えたように思います。

 

 

いきなり「事実無根なので戦いまーす!」でしたからね。

 

 

報道後、ひとまず被害を訴える女性に対して不快な思いをさせたことを謝罪した上で、強要したつもりはなかった、記事の内容には悪意がある、という流れで進めたら、まだ風向きが違ったかも。

 

 

 

◆関連情報

 

 

松本人志白旗か!ワイドナショー出演報告もキャラ変しトーンダウン

 

 

出禁多数の松本人志、常習犯疑惑も浮上!被害内容は完全に犯罪で遂に警察沙汰[文春砲]

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

 

霜月るなさんが文春記事に掲載されたリッツカールトン大阪の飲み会に関する描写が事実と異なると訴えている件について、たむらけんじさんも本格的に参戦しました。

 

 

その結果、信憑性に疑問が浮かぶことに。。

 

 

 

霜月るなが主張する文春記事の矛盾…本当に矛盾?

 

霜月さんが最初にSNS上で文春の記事に異議を申し立てたのは3月4日。

 

 

長いのでまとめると、

 

・霜月さんはたむけんに誘われた

・グラビアアイドルと霜月さんは友だちで飲み会に誘ったのは霜月さん

・事前に松本さんが参加することは知っていた

・携帯は没収されていないし使用禁止も言われていない

・たむけんタイムはなかった

 

 

さらに昨日追加したのがこちら。

 

 

[以下引用]

私が参加したリッツカールトンの飲み会の時に居た元グラビアアイドルのJ子さん。

 

私が誘ったのはこの子だけです。

J子さんの名前、今でも覚えています。

 

記事には、

 

部屋飲みと知っていたら絶対に付いていかなかった。と書いてありましたが。それも嘘です。なぜなら、

私は事前にJ子さんに リッツカールトンで飲み会やけど大丈夫かな?っと事前に聞いてます。それもJ子さんからOKもらってましたし。

 

私はJ子さんに話を聞きたくてLINEをしましたが。未読。SNSを見つけましたが私はブロックされていました。

[霜月るなさんのポスト]

 

 

まとめると、

 

・誘ったのはJ子さんだけ

・J子さんの名前は今でも覚えてる

・J子さんは部屋飲みなら行かなかったと言ってるが嘘。なぜならリッツカールトンで飲むことを知っていた

・今はもう連絡が取れない

 

 

色々書いて、全部違う、嘘だらけ!!みたいな感じになっています。

 

 

がしかし、実際に文春記事と比較すると明らかに違うのは以下の3点だけです。

 

 

・J子さんと霜月さんが友だちだった

・J子さんを誘ったのはたむけんではなく霜月さんだった

・事前に松本さんと飲むことを知っていた

 

 

他は、文春には書いてないことだったり、解釈違いレベルのことだったりします。

 

 

例えばJ子さんはたむけんタイムに言及してないし、携帯は「自撮りもあかんで」と言われて出しづらくなったと言ってるだけであり、リッツカールトンで飲むことは知っていたけどレストランだと思ってた、など。

 

 

それでもなんで友だちだったなら他の女性3人とは面識がなかったなんて言ったのか、J子さんの件は裁判とは関係ないとはいえ、少しでも嘘があるなら全体に響くと思うので、非常に大事な証言です。

 

 

そのため、この件については明らかにしてほしいところなのですが…

 

 

※↓こちらには元の文春記事をまるっと貼ってあります。

 

 

 

決定的矛盾あり!霜月るなの新証言と松本人志文春報道記事との相違点

 

たむらけんじが参戦することでビミョーになる理由

 

霜月さんの数々の指摘にたむらさんも反応し、ポストしています。

 

 

 

長いので途中ですが、J子さんと連絡が取れなくなってることが書かれています。

 

 

でも、でもですよ。

 

 

たむらさんはなぜ今これを公表してるんでしょうか。

 

 

いくら海外にいるとはいえ、たむらさんは自分が女衒と言われた記事を、出たときに全部読んでいなかったんですかね?

 

 

たむらさんによると、大人向け女優の友人は霜月さんだけで、霜月さんが参加した飲み会はこの1回だけだとのこと。

 

 

ならば、たむらさんはすぐにあ、あの時の飲み会だ、と分かったのでは?

 

 

8年も前のことですが、本当に細かくよく覚えているようですから。

 

 

対象の記事が2月8日に発売されていますが、霜月さんが買ってまでは読んでいない、無料公開された記事を見て言わなきゃと思った、というのはわかります。

 

 

でもたむらさんまでそうだったとしたら、記事の全貌を知らずに「たむけんタイムなんて言ったことない」とか言ってたんでしょうか。

 

 

さらに、霜月さんも嘘をついていることが発覚しています。

 

 

 

 

 

霜月さん、「私はお酒が全然飲めない」とわざわざ書いてるのに…自ら「お酒のみたーい!」と言うくらいにはお酒が好きだと。

 

 

J子さんが参加した飲み会は2016年なので、2013年には飲めていたんですね。

 

 

その後飲めなくなったのかと思いきや、Xの投稿を見ると霜月さんのお酒ネタはその後も最近まで続いており、決して飲めないということはなさそうです。

 

 

霜月さんとJ子さんが友だちだったということで文春記事の信憑性に疑問が生じるのと同じで、霜月さんのちょっとした嘘で、霜月さんの主張にも疑問が生じます。

 

 

霜月さんについては、飲み会で被害に遭ったという女性に1月の時点で噛みついている投稿もあります。

 

 

 

 

本当に飲み会に参加したことがあるならば、ここで「私も飲み会に参加したことがあるけどまったくもって健全でした!」と言っていてもおかしくないのにそうではない、それもちょっと疑問です。

 

 

この真偽がはっきりすることはあるのでしょうか。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

 

元お笑い芸人のおかもとまりさんがHSPであることを公表しました。

 

 

※HSP

 

おかもとまりがHSPであることを告白

 

[以下引用]

おかもとは「今朝こちらのブログを書きながら、なんで今こんなに疲れているんだろうって考えたら、気付いたことがありました…!!(中略)気を遣いすぎてた場面が多かったのかなと。で、気を遣いすぎ  疲れる で検索したらHSPじゃん!わたし!と気づいた」と記した。

 

HSPは「Highly Sensitive Person」の頭文字を取ったもの。おかもとは「HSPは病気ではありません。とても繊細な人を意味するらしい。そして5人に1人は当てはまるらしい」「自分がHSPだと知れてラクになった」と納得がいったようで、HSPについて詳しく調べていきたいとした。

[東スポ]

 

気を遣いすぎたら疲れますよね。

 

 

とおっしゃっています。

 

 

疲れたら休む。それが大事です。

 

 

あと、なるべく「たまにはいいじゃないか」と思うこと、ですかね。

 

 

ちょうど最近も、お子さんを実家に預けたときに両親が用意してくれた食事やおやつなどにイライラした、というおかもとさんの投稿が話題になっていました。

 

 

きっとおかもとさんくらいきっちりしてるなら、「たまにはいいじゃないか」となったくらいでちょうどいいんじゃないでしょうかね。

 

 

一番大事なのSNSから離れることかもしれません。



 

繊細な方にSNSは刺激が強いのでは。

 

 

HSPと芸能人は両立するのか?

 

ところで芸能人の中にはほかにもHSPを公言している人がいます。

 

 

てんちむさんはADHD・躁鬱・HSS型HSP。

 

ロンブー淳さん

 

ベッキーさん

 

最上もがさん

 

要潤さん

 

 

などなど。

 

 

…一応、HSPとは、「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」です。

 

 

うーん?それで芸能人ができるの?と思いきや、どうやらてんちむさんのようなHSS型HSPというのもあって、それは、「周りの環境に敏感な反面、刺激を求めずにはいられない」という厄介、と言っては失礼ですがそんなタイプもあるそうで。

 

 

正直なところ、これを言われたらもう何も言えないかも。

 

 

ただまあ、人ってそんなものじゃないですかね?

 

 

全方面に繊細でもなく、豪胆でもなく、人それぞれの機微があって当然な気がします。

 

 

ちなみに私もネットのHSP診断をしたらHSPだと診断されました。

 

 

でもレベルは「中」だったので、HSP気味かも?くらいかと思ったら、しっかり「HSPです」と断言されていて驚きました。

 

 

もしかして診断テストをやったらほとんどの人がHSPだったりして。

 

 

HSPは病気ではないわけですが、専門医の方が

 

 

「HSPは精神医学の診断名ではないが、HSPという概念でその人が楽になり、自己対処の幅が広がるのならば、それはそれでありだとは思う」

 

 

まあこういうのも人によるのでしょう。

 

 

でもきっと、芸能界やSNSを離れたら、ずいぶん楽になると思いますよ。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

 

今月末に裁判が始まる松本人志さんの性加害問題について、文芸春秋の総局長であり、元週刊文春の編集長だった新谷学さんが「刑事事件として立件するのは不可能」と明言しました。

 

その結果、文春への逆風が大きくなっています。

 

 

 

 

文芸春秋総局長新谷学氏が刑事事件は無理と言った理由

 

[以下引用]

新谷氏は番組内で、松本からの被害を訴えた女性・A子さんに警察への相談を促したかを問われ「『何で被害を受けたのなら、警察に行かないで週刊誌に行ったんだ』という方がいますけど、これを刑事事件として立件するのははっきり言って不可能だと思うんですよ」と回答。その理由を「彼女の証言だけで、客観的なそれを裏付ける証拠もないわけですよね。それで被害届を出して警察で事件にできるかと言うと、不可能」と話した。  

 

さらに、警察の幹部クラスと話したことも明かし、「『うちのこの記事に書いてるこれ、事件化できますか?』って聞いてみましたが、『100%無理ですよ。絶対ならないよ』って、やっぱり言われてしまうんですよ」とも明らかに。「刑事事件として立件しようと思うと、本当に強制したと、合意じゃないのに無理やりやったということを裏付けるような客観的な証拠、音声なのか、写真なのか、しかも性行為をされてしまったということを裏付けるような証拠が必要なわけで、それをそろえるというのは基本的には非常に難しい」と主張した。  

 

一方で、週刊文春で報じた事情については「事件にはなかなかしづらいけれど、われわれからしてみると、警察に事件にすることができないならば、彼女は泣き寝入りしなければいけないのか?と言えば、そのことはないよなと思っていて」とコメント。「われわれは捜査機関でもなんでもありませんから、警察と同じような、条件が全て整わなければ記事にならないわけではないので」と、掲載に踏み切った経緯も口にした。

[デイリースポーツ]

 

文芸春秋総局長の新谷さんというと、以前は文春の編集長もやっていた方ですね。

 

 

客観的証拠がない、刑事告訴は無理。

 

 

それはそうですよね。だって、客観的な証拠というと、記事にあるように、音声や写真などだったり、医師の診断書などでしょうが、まず事前に携帯は取り上げられていたわけですからね。

 

 

また、直後に医師の診断書はかなりハードルが高いのは周知のことです。

 

 

A子さんは弁護士に相談して文春に話したわけですから、弁護士も警察ではムリだと判断したわけです。

 

 

ただこれを言い切ったことで、一部ネットでは

 

 

「文春とA子を切り捨ててる」

「私刑目的か」

「それらしい奴がそれらしいこと言うてきたので記事にしましたってこと?」

「名誉棄損の裁判に負けたとしても数百万円とたかをくくっているからできること」

「客観的証拠がなくても報じていいっていう判断が怖い」

「誤報だったらその人の人生狂わせるって考えないのかな?」

「敗訴に向けて言い訳始めてる」

 

 

等々、非難の声があがっています。

 

 

このところ、文春やりすぎ、思いあがってるといった声も上がっていましたし、ちょうど報じられた飲み会に参加した女性が実名(霜月るなさん)を明かして記事には嘘がたくさんあると告発したタイミングです。

 

 

そのため、新谷さんの「客観的証拠はない」という発言は、さらにそれに燃料を投下した形になっています。

 

 

文芸春秋は本当に文春とA子さんを切り捨てたのでしょうか。

 

 

第一告発者文春のA子さんの事情

 

結論としては、動画を見ればまったくそういうことではありません。

 

 

以下は松本さんが5億5千万円を求めて訴訟を起こしたとき、文春が公開したのが3年半前から取材を始めたというA子さんへのインタビュー記事ですが、動画でもこの女性の覚悟があったから、と明かしていました。

 

 

[以下引用]

前述した通り、小誌がA子さんと初めて接触したのは三年半程前。当時、なぜ小誌の取材に応じたのか。その理由を改めて聞いた。

 

「松本さんから一五年の冬に性被害を受けて以来、私は自分を責め、何度も忘れようと努力してきました。でも、未だ毎晩のように思い出してしまうんです」

 

そんなときA子さんの目に飛び込んできたのが、二〇年六月に小誌が報じた「アンジャッシュ」渡部建の“テイクアウト不倫”のニュースだったという。

 

「これで世間から糾弾されるなら、私が松本さんから受けた行為はもっと問題じゃないか……」

 

A子さんの心の中で、今まで以上の怒りが湧き上がった。

 

「様々な人に相談するうちに『私が被害を公にしなければ、さらなる被害者が増え続けてしまう』と思うようになりました。それで、知人の弁護士先生から文春の記者さんを紹介してもらったのです」

 

つまり、A子さんの告発は、長い年月を経た上で醸成された覚悟のもとに行われていたのである

[週刊文春]

 

加えて、ジャニーズの性加害問題が大々的に報じられ、何年前のことでも一人で抱えなくていいんだとわかったということも、A子さんの覚悟を固めたといいます。

 

 

こういう気持ちを汲むために、客観的証拠はないけれど、それを補えたと言えるだけの取材を行い、文春は報じた、ということでした。

 

 

該当の動画で、新谷さんはメディアは弱者の立場に立つべきであるという前提でいるという話をしているときに、今、弱者と強者が入れ替わってるんじゃないか、という指摘がありました。

 

 

例えばジャニーズの性加害問題を考えても、強者はジャニーズであり、文春が裁判で勝ったところで世間には届かない、というものがありました。

 

 

しかし今はSNSの発達で文春が報じれば報じられた芸能人は社会的に葬られてしまうというようにバランスが変わっています。

 

 

文春もそれは理解しており、それを踏まえた取材の仕方を模索中で、まずは全ての取材経緯を世間に公開できるということを指針にしているとも話していました。

 

 

もちろん相手方にも同じくらい長時間をかけて取材したいが、看板タレントの大ピンチに吉本がまともに対応していないことも明かしています。

 

 

文春の質問状の回答期限は27時間と正直短いですが、否定どころか「確認するから時間をくれ」すらも言っておらず、毎回「期限までに回答がなかった」を回答にしてと連絡があったそう。

 

 

つまり、吉本は少なくとも誌面で闘う気はゼロだったんですね。

 

 

相手の土俵に上がっても勝てないという判断もあったのかもしれませんが…

 

 

ネットでは、霜月るなさんのポストに続き、松本さんの飲み会に参加したことがある人の知人が飲み会の様子は健全だったと話す動画が拡散されています。

 

 

確かに一般人にも拡散力ができて、いろいろと変化がありますよね。

 

 

霜月さんの話した内容はしっかり検証して文春が間違っていたならそう公表してほしいです。

 

 

 

決定的矛盾あり!霜月るなの新証言と松本人志文春報道記事との相違点

 

動画は長いですが興味深いものでした。

 

 

 

 

ただ、結局のところ、A子さんのような状況の人が、時効など関係なく頼ることができる公的機関がない、というのが問題なのかなと思いました。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

 

3月3日、霜月るなさんという女性が松本人志さんとの飲み会に参加したが、「たむけんタイム」や携帯利用禁止などはなかったと、新証言をしています。

 

 

 

霜月るなの主張

 

[以下引用]

松本人志さんの件について私はあんな嘘だらけの記事の内容に対して許せないから書きます。

私は大阪のリッツカールトンでの飲み会に参加していました。記事に書いてあったギャルっぽいAV女優は私の事です。

私は以前から、たむけんさんと仲が良くて飲み会に誘っていただきました。

当時私には彼氏がいたのでその話も事前にしていたし彼氏居ても全然大丈夫やし、彼氏には飲み会の事も伝えといて欲しいと言ってくれてました。

まず記事に、たむけんさんがグラビアアイドルを飲み会に誘ったと書いてありますがあれは違います。

私の友達なので私が誘いました。 事前に松本さんとの飲み会とも聞いていました。

そして携帯を没収なんて言われてもないし携帯の利用を禁止。という発言なんてなかったです。私は飲み会中に当時の彼氏にだいたいの帰宅時間なども連絡していたし普通に携帯を触っていたので。

あと、たむけんタイムなんてありませんでした。笑笑 私はお酒が全然飲めないですがお酒を勧められる事もなくソフトドリンクでも充分楽しめた普通にむっちゃ楽しい飲み会でした。

あんなデタラメな記事を見たら私も黙ってられないし私は松本人志さんが大好きやし、これからも活躍してほしいし救いたいしこんな私の発言が少しでも意味があるなら良いなぁって思って今これを書きました。

[霜月るなさんのポストより]

 

 

まとめると、

 

・霜月さんはたむけんに誘われた

・グラビアアイドルと霜月さんは友だち

・事前に松本さんが参加することは知っていた

・携帯は没収されていないし使用禁止も言われていない

・たむけんタイムはなかった

 

 

なぜ今?という声もありますが、記事全文を読んでいなくて気づいたのが今だったのかもしれませんし、そこは何とも。

 

 

ちなみにこの霜月るなさんは、過去田中聖さんと交際が報じられたことがある女性です。

 

 

 

霜月るなが参加したらしい飲み会の記事

 

次に、文春の該当記事と思われるものを、長いですが引用します。

 

 

文春の記事によるとたむけんさん主催の飲み会は複数回あります。

 

 

しかしギャルっぽい大人向け女優と元グラビアアイドルが参加したリッツカールトン大阪の飲み会についての記事は一つだけ。

 

 

2月8日発売(電子版は前日)の

 

 

《11人目の新証言》松本人志「大阪で銀行員と…」 女性たちが猛反論!「SEX上納システムはある」

 

 

という記事です。

 

 

[以下引用]

実は、D子さんらの証言を裏付ける新たな人物がいる。十一人目の告発者となるのは、大阪府在住のグラビアアイドル・J子さん。たむらと仕事を通じて面識を持った彼女は、一六年夏、「VIPと飲もう」と誘いを受けた。その手口はA子さん、B子さんのケースとも酷似している。

 

「相手が松本さんとは知らされず、飲み会の場所も教えてくれない。ザ・リッツ・カールトン大阪で飲むことは、当日LINEで送られてきましたが、私はホテル内のレストランで会食するものと思っていた。ところが、夜八時頃、エントランスでたむらさんに迎えられ、向かった先はスイートルーム。その場では『なぜ部屋なんですか』とは聞けない雰囲気だった」(J子さん)

 

J子さんは「最初から部屋飲みと知っていたら絶対に付いていかなかった」と語り、手口の狡猾さに唖然とする。戸惑いながら入室した彼女を部屋で待っていたのが松本である。部屋には彼女の他、面識のない三人の女性がいた。

 

「彼らは一人一人に『自分ら、何の仕事してんの?』と質問してきた。ギャルっぽい子はAV女優。清楚系の二人は誰もが知っているメガバンクで働いていると話していました」(同前)

 

部屋に足を踏み入れたJ子さんがスマホを手に取ったところ、たむらが間髪入れずに制止する。


「彼は『自撮りもあかんで!』と忠告してきました。その理由は『記者っていうのは、写真に写ったソファの柄一つで場所を特定するから』だと。それ以降、スマホを触ってはいけない雰囲気になった」(同前)

 

J子さんは松本の機嫌を取ろうと「ホンマに金髪なんですね」と問いかけると、松本は辟易した様子でこう話した。

 

「もう、君はホンマに関西のタレントっぽいわ」

 

飲み会の開始から約二時間が経過し、場の雰囲気が次第に妖しくなっていく。

 

「男性たちは『銀行員ってエロそうやな』と口々に言い合っており、松本さんは銀行員の一人を気に入った様子でした。そこでたむらさんが『お開きにしましょうか』と言ったので、私たちは彼女を置いて部屋から退散したのです」(J子さん)

 

J子さんは「システムが確立している」と感じたという。

[週刊文春]

 

霜月るなの証言と文春記事の相違点

 

本当に霜月さんと元グラビアアイドルJ子さんが参加した飲み会が一致するんだとしたら、二つを読み比べるといくつか相違点があります。

 

 

霜月さんの証言によると、

 

 

・霜月さんはたむけんに誘われた

・グラビアアイドルと霜月さんは友だち

・事前に松本さんが参加することは知っていた

・携帯は没収されていないし使用禁止も言われていない

・たむけんタイムはなかった

 

 

ということですが、元グラビアアイドルJ子さんの話との決定的な違いは、J子さんと霜月さんが友だち、という点です。

 

 

J子さんはたむけんさんに連れられ後から部屋に入ると面識のない女性が3人いたと話しているので。

 

 

グラビアアイドルだったJ子さんと大人向け女優である霜月さんは確かに業界的には知り合いでもおかしくはないとは思います。

 

 

その一方で、同席したメガバンクの銀行員女性2人はどういう繋がりだったんでしょうか。この二人も霜月さんの友だちなんだとしたら、意外な人脈です。

 

 

その他のことは目くじらを立てるほどのことでもありません。

 

 

例えばたむけんタイムについては、J子さんは特に話していないんですよね。

 

 

文春のこの週の記事全体で大阪のリッツカールトンでの飲み会は、J子さんが参加した2016年以外に2015年、2019年のことについて記載があり、ともにたむけんタイムという名の「松本さんとどうか」と聞かれる聞き取りタイムがあったとあります。

 

 

時系列的にはJ子さんの時にもあっておかしくありませんが、記事には特に書いてありません。

 

 

この理由は、勝手な推測ですが、J子さんと霜月さんが明らかに松本さんの好みではなかったから、では。

 

 

松本さんは黒髪の図書館の司書みたいな外見の人が好みだと、松本さんの直筆メモにありましたよね。

 

 

J子さんは松本さんに辟易した様子で「もう、君はホンマに関西のタレントっぽいわ」と言われたとありますし、霜月さんは「ギャルっぽい」という描写からも好みではなさそう。

 

 

そもそものターゲットはメガバンク2人だったのかなと思います。

 

 

だからたむけんタイムもなかったのかなと。

 

 

携帯没収はそもそも小沢さんは行っていましたけど、他のアテンド芸人はやんわり禁止していただけです。

 

 

J子さんは空気を読み、霜月さんは我が道を行っただけ、なのかも?

 

 

とはいえ、J子さんと霜月さんが友人だったというなら記事の信ぴょう性には疑いが生じます。

 

 

もう裁判になっている件なので、ぜひ霜月さんは松本さんサイドの証人として法廷で証言してほしいものです。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

 

大沢あかねさんの顔が激変したと話題になっています。

 

 

 

顔が変わった大沢あかね

 

[以下引用]

「かつての大沢さんといえば、涼しげな目元が印象的でしたが、現在は目がクリっとしているんです。『顔が変わった』といわれるのは、この目元の変化ゆえかもしれません。大沢さんのインスタグラムのアイコンに使用されている写真は特に、以前と顔がまったく違って見えますね。大沢さんだと言われなければ、誰かわからないという人がほとんどなのではないでしょうか」(前・同)

 

大沢の変化に気づいたXユーザーからは、

 

≪歳重ねるごとに綺麗になっていくな≫

≪38歳なの!?綺麗過ぎない??≫

≪垢抜けエグい!!めっちゃ可愛くなってる!!≫

≪このかわいい人誰だろって思ったら大沢あかねだった!!≫

≪別人になってる…≫

≪しゃべり始めるまで大沢あかねちゃんて気づかなかったよ≫

 

という驚きの声が続出している状況だ。

[週刊女性プライム]

 

 

大沢さんの近影はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつて有吉弘行さんに「ブス界一の美女」と言われた面影はありません。

 

 

 

 

 

少しずつ変えていて、本人的には違和感がないのかもしれませんが、目がつぶらなのが魅力だったのに。

 

 

本人は違うんでしょうかね。

 

 

劇団ひとりに浮気疑惑浮上

 

大沢さんの顔はもちろん世間にも知られていますが、一番近い家族はなにも言わないのでしょうか。

 

 

 

 

ネットでは、劇団ひとりさんが浮気しそう、もしくはしてるからこうなったんじゃ、という声がチラホラ。

 

 

というのも、過去顔の違和感を感じた芸能人を思い浮かべると、長谷川京子さんしかり、小川菜摘さんしかり、夫の浮気報道後のことなんですよね。

 

 

大沢さん、ひとりさんともにそれぞれテレビで相手のことを話すこともありますが、特別何かが匂うこともないんですけどね。

 

 

とはいえ浮気をきっかけに顔を変える女性がいるのも事実。

 

 

果たして大沢さんも同じなのでしょうか。

 

 

◆劇団ひとり原作映画で不倫!

そういえばあったなぁ…→ geinou ranking geinou reading

そういえばあったなぁ…→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]

 

[スポンサーリンク]

 

先日元プラス・マイナス岩橋さんが、自身がXでタレントや芸能関係者とのトラブルを実名告発してきたことを謝罪しました。

 

その裏に、岩橋さんが若手時代からかわいがられてきたダウンタウン・浜田雅功さんが岩橋さんに激怒した、ということがあったと新潮が報じています。

 

 

 

プラスマイナス岩橋が騒動を謝罪

 

「どうも、岩橋でございます。このたびはですね、私の知識のなさ、そして、短絡的な行動。そして、なんて言うんですかね、あの……うーん、子どもです。なんかすごい情けないです」

 

2月28日、YouTubeチャンネルを開設した岩橋さんが、謝罪を始めました。

 

 

「いちばんに考えないといけないはずのファンの方々のことをですね、自分のことを優先してしまった軽率な行動に、非常に今反省をしております。申し訳ございません」

 

「コンビだったのに、急にピンになって、仕事がなくなり、そして、ピン芸人になることを強いられた相方の、長年、一緒にやってきてくれた相方の兼光くんにも、本当に申し訳ないと思っております」

 

「いままで僕のことをですね、本当にお世話してくれた吉本興業、そして、関係、お取引先の方々。急遽、仕事をなくすような作業、代打に出てくれた芸人さん。そして、がっかりさせてしまったお客様。いろんな方に本当にご迷惑をおかけしております。誠に申し訳ございません」

 

 

などなど、スーツを着て神妙に謝罪する目は腫れぼったく、泣いていたのではという指摘がありました。

 

 

ダウンタウン浜田が岩橋に激怒

 

[以下引用]

「岩橋さんがパワハラ被害を主張した社長の番組制作会社は、ダウンタウンの浜田さんのレギュラー番組を何本も制作しています。浜田さんにとっては大事なビジネスパートナーです。浜田さん本人もかなり怒っていて、危険な言葉まで口にしていました。この制作会社にお世話になっている他の芸人たちも、岩橋さんに対して不信感を抱いているようです」  

 

パワハラに関する投稿は、すでに削除されているが、もし、その投稿の中身が事実だったとすれば、岩橋は壮絶なイジメに遭っていたことになる。一方で、岩橋の投稿によって、この番組制作会社社長も“被害”に遭ったという。「社長はSNSに子どもたちの写真を投稿していたのですが、岩橋さんの暴露がきっかけとなり、岩橋さんの主張を信じる一部のネット民の暴走で、その写真がネット上で晒されてしまったのです」(前出の吉本興業関係者)

[デイリー新潮]

 

 

岩橋さんがプレバト制作会社社長のパワハラを訴えたとき、浜田さんへの恩はあるけど、と、浜田さんを大事にしている感がありました。

 

 

 

闇多数…プラスマイナス岩橋が浜田雅功MCプレバト制作会社社長林のパワハラ暴露!

 

その浜田さんが岩橋さんに激怒したなら、そりゃしょんぼり泣いちゃって、目も腫れたまま謝罪しますよね。。

 

 

圧力といえば圧力なのかも。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

元お笑いコンビ「プラス・マイナス」の岩橋良昌さんがSNSで大阪府交野市の「北河内新人お笑いコンクール」についてやらせ疑惑を告発。

 

 

昨年の第3回大会決勝で審査委員を務めた同市の山本景市長が疑惑を認める投稿を行ったことで波紋が広がっていますが、主催の同市商業連合会と審査委員長を務めた構成作家・前田政二さんは全面否定。「某メディア」で反論しました。

 

 

 

岩橋良昌が告発した北河内お笑いコンクールのやらせ

 

岩橋さんによるお笑いコンクールのやらせ詳細はこちら。

 

 

 

 

「その作家は長い間M-1の審査員もしてました」とも触れていたために、当時から前田政二さんというNSC1期生の方であることが判明していました。

 

 

NSC1期生ということは、ダウンタウンの二人と同期ということです。

 

 

つまり結構な大御所でしょうね。

 

 

岩橋さんは動画でもこの件を告発しており、そこで、「それを言うことをきく自分もいややし」と話していましたが…

 

 

前田さん自身、同じ地元出身で岩橋さんには目をかけてきた、みたいなことも言っていましたし、そういう存在に異を唱えることはできなかったんでしょうね。

 

 

 

前田政二は某メディアで反論の意思表示←しずる村上が毒

 

岩橋さんに名指しされた前田さんは昨日になってXで反論しました。

 

 

 

 

これに対して吉本所属の芸人であるしずるの村上さんが異を唱えました。

 

 

 

「本当に凄くて、舌を巻くしかありません」

 

 

のあたり、闇を感じます。

 

 

前田さんが誠実な良い人キャラならこんな言葉出てこないんじゃないかと思うのですが。

 

 

前田政二の反論に重大な嘘判明

 

前田さんはXで岩橋さんと交野市市長は同一大会で会っていないみたいなことを言っていますが、それは間違いです。

 

 

 

 

令和5年(2023年)が第三回大会で、現在の山本市長の任期は2022年から。

 

 

2人は昨年同じ会場で審査員をしていたんですよね。

 

 

集合写真にもしっかり写っています。

 

 

 

 

後列左から2人目が岩橋さんで、4人目が市長さん、その隣が前田さんです。

 

 

前田さんは「記憶の整理をする事もなく、ある方までもが」なんて言ってますが、記憶の整理が必要だったのは前田さんだったのでは。。

 

 

これまで3回しかやっていないお笑いコンクールで、元々吉本興業所属の芸人が多く出場していて、それで3回とも吉本芸人が優勝していても、正直それがどれだけ不自然なことなのかわかりません。

 

 

公式ページの選考結果一覧を見ても、圧倒的に吉本芸人が多いですしね。

 

 

岩橋さんだって、純粋に面白いと思った人に投票した結果が吉本芸人だったのかもしれませんし。

 

 

そうだとしても、あらかじめ別事務所は選ぶなと言われていたんだとしたら、また意味が違いますけども。

 

 

これでもしも今年別の事務所の芸人が優勝したら逆に怪しいですが、実際に漫才を見たら納得なのかもしれませんし。

 

 

結局お笑いで順位を決めるなんて難しい話なのかも。

 

 

とはいえ参加者・観覧者からお金を取っていますし、吉本主催で交野市も助成してるコンクールでこういうのは中途半端にできないのでは。

 

 

吉本は大阪万博にも大きく絡んでおり、岩橋さんも「吉本?維新?万博? 楽しみやなー ボロが出ないといいですね〜」なんてポストをしています。

 

 

まあ何かありそうですが、おそらく今後岩橋さんは沈静化していくと思います。

 

 

というか、沈静化してほしいです。

 

 

本人も「たぶん名誉毀損で訴えられる」と言っているように、こういう暴露の仕方は岩橋さんにとってかなり危険です。

 

 

今はちょっと落ち着いているようなので、このままでいけたらいいですね。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

 

SNSでの告発を繰り返した結果、吉本興業との契約を解除することになった元プラス・マイナス岩橋さんを擁護する存在が現れました。

 

岩橋さんが告発したお笑いコンクールのやらせが行われた舞台である交野市長です。

 

 

 

お笑いコンクールのやらせを告発していた岩橋

 

岩橋さんは先月末、このような暴露をしていました。

 

 

 

 

「ちなみにその作家は長い間M-1の審査員もしてました」

 

 

というヒントから、前田政二さんというNSC1期生の方であることが判明していました。

 

 

この告発は夜中だったのですが、「誰かが玄関をガチャガチャしてる!」というポストで終わり、後に岩橋さん本人から吉本と話し合った結果、削除することになったと報告があり、ポストは削除されました。

 

 

しかしこの度の騒動で、岩橋さんは

 

 

《ところで俺の地元交野の北河内お笑いコンクール今年もやるんか?ヤラセやのに あんな自然の素晴らしい地元交野汚さんとってな 交野の役人さーん! 交野のイメージ悪なりますよ~》

 

 

とポストしてました。

 

 

これに反応したのが交野市長です。

 

 

交野市長がお笑いコンクールのやらせを告発

 

 

 

 

これはいろいろまずいですね。

 

 

このお笑いコンクールは参加者からは500円徴収し、観覧チケットは前売り2500円、当日3000円で販売されていたとのこと。

 

 

そんなお笑いコンクールでやらせがあったのが事実なら、優勝経験者もがっかりです。

 

 

また、この山本市長はやらせと判断した理由をもう少し話してほしいです。

 

 

例えば、自分の審査結果がまるで反映されていなかった、おかしい、ということなのか、岩橋さん同様、前田さんから指示を受けていたのか。

 

 

こうやって市長が口を出したことには賛否両論あります。

 

 

でも賢明だったのでは?

 

 

要するに、やらせは本当なのでしょう。

 

 

だからもしも後日週刊誌などがこれを報じることがあった場合、黙っていたら完全にやらせ側に分類されてしまいますから、それを避けたかったのでは。

 

 

エアガンの方は、同席した宮川大輔さん、荒川良々さん、有岡大貴さん、高木雄也さんが証言をするとも思えません。

 

 

真偽はわからなくても、「重度の精神疾患の方」という言葉を使った真木よう子さんのダメージが大きいまま終わるのでは。

 

 

現在の岩橋さんは浮き沈み激しいですが、中でもこんなポストを。

 

 

 

 

吉本、大丈夫でしょうか。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

[スポンサーリンク]