先日モデルデビューが発表された木村拓哉・工藤静香夫妻の長女Cocomiさんが週刊文春の洗礼を受け反撃しましたが、それが「母静香似だ」と報じられています。

 

 

※すっかり海外で活躍しています。

 

 週刊文春の洗礼に反応したCocomi

 

[以下引用]

父の木村はインスタを開設していないが、母で歌手の工藤静香とKoki,からフォローされ、仲の良さがうかがえる。

 

プロフィル欄では「笛吹き」と自己紹介している。

 

順風満帆の船出を切ったかに思われたCocomiだが、早くも「週刊文春デジタル」の“洗礼”を浴びたようだ。20日、インスタの24時間で投稿が消えるストーリーズ機能を使って、にじみ出る怒りを隠せない文面をアップした。

 

文春デジタルがCocomiの高校の同級生に送ったとみられる取材依頼を取り寄せ、掲載した上で「この様なメッセージが不特定多数の学生の方に届いているようです。この事は同級生の友人に教えて貰いました。きっと困惑なさっている生徒の方々もいると思います。大変申し訳ございません。ごめんなさい。この場をお借りしてご迷惑をおかけした皆様にお詫び申し上げます」とさらし上げ、謝罪した。

 

許せないことにはひと言言わないと気が済まない性格は、やはり母親の工藤譲り!?

[東スポ]

 

Cocomiさんとしては週刊文春のそういう姿勢に驚いて、誰に連絡が行ってるかわからないけど申し訳ないという気持ちを表すために今回SNSでコメントしたんでしょうね。

 

木村拓哉の長女Cocomiが暴露!週刊文春の非常識な取材をインスタで謝罪

 

今回の謝罪は丁寧で個人的には好感が持てたのですが、疑問なのは、なぜ24時間で消えてしまうストーリーでコメントしたんでしょう。

 

マスコミが取り上げる前提だったのかもしれませんが、それはどうなんだろうと思ったり。

 

もう一つ、「この場をお借りして」って、自分のインスタなのにと思ったり。

 

まあでも悪いのは週刊文春です。

 

Cocomiさんは桐朋学園に通っていることが公に明らかにされましたから、SNSで手軽に取材したんでしょうけど、週刊文春も気持ち悪いと言うか…。

 

応える人がいたとして、それは信用できるものなんでしょうかね。

 

 

 性格は工藤静香そっくり?

 

[スポンサーリンク]

 

しかし、今回東スポが言いたかったのは、プロフィールが「笛吹き」になっていることと「許せないことにはひと言言わないと気が済まない性格は、やはり母親の工藤譲り!?」というところなのかな、なんて思ったり。

 

見た目はどちらにも似ていないものの、優しそうな感じがありますよね。

 

 

 

 

それでも言うべきことは言うスタイルなのかも。

 

Koki,んも性格が工藤さんに似てるのではと言われていたのを思い出しました。

 

早速Koki,の勘違い行動が報じられた!性格は工藤静香似なのか

 

顔が世間に明らかになったことで、Cocomiさんが希望するフルート奏者としての評価にも疑問が出るという話もあります。

 

つまり、「キムタク・静香の娘」という部分が前に出すぎて、たとえなにかコンクールに入賞しても、それが実力なのか忖度なのかわかりにくいことになるのでは、と。

 

Koki,さんくらい木村さんにそっくりだと黙っていてもバレるというがありますが、Cocomiさんくらいだとフルート奏者として芽を出してから「実は…」ができたと思うんですけどね。

 

そういえばKoki,さんにも歌が激ウマでポスト安室が狙えるレベルとありましたが、自信があるなら顔を出さずに歌でデビューして実力があると知らしめていれば、今みたいにゴリ押し代表格みたいに言われなかったでしょうに。

 

衝撃!Koki,が秋元康プロデュースで歌手デビュー!狙うはポスト安室奈美恵

 

5年後、10年後、どんな活躍をしているのかによっては工藤さんもさすがのプロデュース力と言われることもあるのでしょうが…さて。

 

◆Koki,が想像以上にキムタクな画像

まんまキムタク!→ geinou ranking geinou reading

まんまキムタク!→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング