カテゴリー:ジャニーズの記事一覧

カテゴリー:ジャニーズ
少年隊の紅白出場決定か。東山紀之「紅白出たい」はNHKへの公然の圧力だった

[スポンサーリンク]

 

 

夏の紅白歌合戦とも言われるNHK『思い出のメロディー』は、その年の紅白歌合戦司会者や出演者を予測する材料のひとつもなっています。

 

今年は8月17日に少年隊の東山紀之さん司会で放送されますが、関連した会見で紅白出場へ意欲を見せたことが「公然の圧力」と報じられています。

 

 

※妻・木村佳乃さんに続いての司会です

 

 

 

東山さんが紅白出場に触れたのは、記者に「紅白には出たいか?」と質問されたとき。

 

この質問に対して「それはやりたい!」「ジャニーさんの思いを引き継いで、心に残っている曲を表現できたら」と即答しています。

 

今年7月、ジャニーズ事務所の社長ジャニー喜多川さんが亡くなったときから、紅白でジャニーさんの追悼企画が設けられるのは決定的だと言われています。

 

それ自体は、これまでも音楽業界の偉人が亡くなった年にはあったことなので予想の範囲です。

 

問題は、公取委がジャニーズが元SMAP3人に対し圧力をかけていたことに対する注意を速報で報じたのがNHKという点です。

 

公取委がジャニーズに対し「注意」したのはジャニーさんが亡くなるより前で、マスコミ各社も把握はしていたものの「注意」は報じるレベルではないと沈黙していたのに、10日以上たった7月17日にNHKがよりにもよって「速報」で報じたため大きなニュースになったことについて、メリーさんは激怒し紅白撤退も辞さない構えだと言われています。

 

 

公取委からの圧力注意を報道されジャニーズ激怒!NHK紅白歌合戦から撤退の意向

 

そんな中での東山さんの「紅白出たい」発言は結構な意味があるようで。

 

[以下引用]

「全盛期の少年隊ならまだしも、いまは開店休業状態。メンバーの錦織一清さんと植草克秀さんが、東山さんほど俊敏に動けるとは思えない(笑)。何より、NHKが近年意識している若年層の視聴者は少年隊の存在自体知らないでしょう。北島三郎さんや和田アキ子さんという“紅白常連”の歌手を切って、新陳代謝を加速させたのに、このタイミングで少年隊を起用すれば、逆戻りになりかねない」(スポーツ紙記者)

 

裏を返せば、それをわかった上であえて東山はNHKにボールを投げた可能性がある。そこには公正取引委員会が元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人に仕事上の“圧力”をかけた疑いがあるとして、ジャニーズ事務所を注意した一件の影響も見え隠れする。前出の音楽関係者は、

「公取委のニュースを真っ先に報じたのはNHK。ジャニーズの“女帝”であるメリー喜多川副社長は大激怒し、紅白への報復も辞さない構えだったと聞きます。今回の東山さんの逆オファーはNHKに『“ジャニーズ紅白”にするのか、しないのか』と踏み絵を迫るようなものですよ」と話す。

[フライデー]

 

確かに、錦織さんと植草さんがどんな現在になっているのか…

 

錦織さんは演出家として成功しジャニーズを出ても大丈夫と言われていますが、ネットで検索して出てくる近影を見る限り、ずっと表にいた東山さんとは違います。

 

※こういうギラギラ感もない

[amazon]

 

そんな二人を引き連れて、東山さんはどんなふうに紅白に絡むつもりかと言うと、

 

[以下引用]

「そりゃあ、少年隊として白組から堂々と出るつもりでしょう。東山クラスが紅白出場歌手とは別枠の、企画内ゲストで出演するとは考えづらいですからね」(音楽関係者)

(中略)

昨年の紅白はジャニーズから「嵐」「関ジャニ∞」「Sexy Zone」「Hey!Say!JUMP」「King&Prince」の5組が出場。今年も同規模を維持したいところだが、

 

ジャニーズ側は公取委の件でNHKに“貸し”を作ったと考えているので、強気の交渉をしてくる。極めつけが少年隊の単独出場ですよ」(同)

[フライデー]

 

これまでも、例えば近藤真彦さん35周年やKinKi Kidsの20周年、関ジャニ∞の8周年、Hey! Say! JUMPの10周年など、デビュー何周年という記念行事の前のタイミングで、え、今出るの?というジャニーズのグループが紅白に出ることはあり、関ジャニ∞やHey! Say! JUMPはそのまま連続出場を続けているということはありました。

 

少年隊は1985年のデビューです。

 

ジャニーズの長男・近藤さんが35周年のタイミングで出たなら、次男・東山さんも同じく35周年を迎える記念的な感じで、ほんとに出そうですよね…。

 

交渉と圧力は違うものではありますが、ジャニーズとNHKの交渉が決裂すれば、紅白の第二部あたりにジャニーズ総出演のカウコンの生放送を民放で流す、なんて荒業もあるかもしれません。

 

そんなことをしたら来年以降どうするの、というのも、「ジャニーさんが亡くなった年だから」と言えば、多少のイレギュラーの言い訳にもなりますしね。

 

今年の紅白に関する予想合戦は例年以上に激しくなりそうです。

 

 

 

◆過去、紅白のウラにぶつけて高視聴率を取ったのは

ジャニタレ絡みのこの会見→ geinou ranking geinou reading

ジャニタレ絡みのこの会見→ geinou reading geinou ranking

 

※ジャニー喜多川さんゴリ押しで連続出場していたNYC

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ジワジワ陰険…ジャニーズのイジメが酷い!元SMAP3人に対する圧力実例

[スポンサーリンク]

 

8月1日発売の「週刊文春」がマツコ・デラックスさんによる元SMAP3人への圧力について報じたことが話題になっていますが、実は同誌ではジャニーズによる圧力の実態についても実例を挙げて詳しく報じています。

 

それによると、もはやそれは”イジメ”とも取れるもので、公正取引委員会が”注意処分”にとどめたことが甘すぎると感じるほど壮絶なもののようです。

 

 

 

 

[以下引用]
ジャニーズによる元SMAP“イジメ”の対象はテレビ局だけではなかった。
 
「今年八月から公演が予定されている稲垣の舞台から、長年、彼の主演舞台で企画と製作を担当してきたパルコが外れました。稲垣サイドには同社の担当者から『今後一緒にやることが難しくなった』という連絡があったそうです。その理由は、ジャニーズ事務所からパルコに対し、ジャニーズタレントの舞台名をちらつかせ、『うちとカレンのどちらを取るのか、はっきりしてください』と通告されたことだといいます」(舞台関係者
 
一二年から昨年にかけて、パルコは複数回に渡って稲垣の主演舞台「恋と音楽」シリーズの企画と製作を請け負ってきた。ところが、一八年八月に稲垣が独立後初となる舞台「FREE TIME,SHOW TIME」を上演したところ、ジャニーズ事務所の幹部B氏が、パルコの担当者に「これ(稲垣の舞台)を続けるなら、うちは全部外します」と告げたという。
 
ジャニーズの舞台やイベントを数多く手がけるパルコは、稲垣の舞台から手を引くこととなった。
 
「B氏はジャニーズの関連会社で、舞台などの企画、運営を行なう『東京・新・グローブ座』の取締役です。藤島ジュリー景子副社長の覚えもめでたく、今年五月に同社の社長に就任したばかり。取り引き先に無理難題を告げる際にはB氏は必ず『ジュリーさんの考えではありませんが』と付け加える。その一言がかえって相手を萎縮させるのです」(同前)
 
稲垣は長年仕事を共にしたプロデューサーが離れることにショックを受け、舞台の企画自体が潰れかけたこともあったという。
 
「それでも、昨年まで音楽を担当していた作曲家が亡くなったことを受け、自分たちで何としても追悼公演をやろうと立ち上がったといいます」(同前)
[週刊文春]

 
 
トカナというネットメディアには、「たとえば編成権を持っている編成部長や編成局長などがジャニーズのチーフマネージャーなどとどこかでバッタリ会ったときに『香取さんの番組は春以降も継続ですか?』などと聞かれるんです。素直に『続くと思います』などと答えると、『そうですか…なるほど…』という返事がくるんです。ただの質問と答えのような会話ですが、この言葉の間が怖いんです」というテレビ局プロデューサーのコメントもありました。
 
元SMAP3人はテレビの世界から追放されたものの、舞台の世界では順風満帆な活動を続けていると思っていましたが…
 
裏ではここまで酷いことになっているとは、驚きました。
 
「新しい地図」の所属事務所であるカレンは、この件について次のようにコメントしています。
 
「経緯はしかとは判りませんが、稲垣吾郎主演の舞台『FREE TIME,SHOW TIME』の令和元年八月公演の企画・制作について、株式会社パルコ担当者より辞退させて頂きたい旨のお話をいただいたことは事実であります」
 
一方、パルコは「企画の経緯につきましてはお答えしておりません」、ジャニーズ事務所は「弊社従業員がご指摘のような行為を行なった事実は一切ございません」と回答したといいますが…
 
ここまであからさまな圧力を掛けている以上、調査をしっかり行えば確たる証拠が出てくるのは時間の問題でしょう。
 
公取委の調査は、テレビだけではなく舞台を含めたすべての芸能活動が対象になりますし、排除効果・妨害効果が大きかったという有力な証拠があれば、行政指導でも一段大きい警告に至る可能性もあります。
 
※それでも、しっかり頑張ってます。 

 [AMAZON]
 
さて、ジャニーズによる元SMAP排除の動きはこれだけではありません。
 
6月28日に公開された香取慎吾さん主演映画「凪待ち」も、民放キー局では番宣が全く出来なかったといいます。
 

[以下引用]

「メガホンを取ったのは2017年に『彼女がその名を知らない鳥たち』、翌年には『孤狼の血』などでブルーリボン賞監督賞に2年連続輝いた白石和彌監督。本来ならもっと話題になってもいいはずですが、民放キー局はジャニーズに忖度して、完全にスルー。情報番組などでも一切取り上げられることがなかった」(映画ライター)

 

スクリーン数は85館と小規模とあって、興行成績的には大きな数字は見込めなさそうだが、映画そのものや、香取の演技に対する評価は、関係者の間でうなぎのぼり。白石作品のファンからも絶賛されている。

 

「SMAP時代も、香取はけっして演技がうまいわけではなかった。しかし、この作品に限っては『見直した』『いい意味で期待を裏切られた』という声が圧倒的。関係スタッフからは、『映画賞を狙える』との声も出ています」(前同)

[日刊サイゾー]

 

ということですが、映画賞という話が出てもジャニーズに潰されてしまうことは必至ですし、もしも受賞したところでワイドショーではカットされる未来もほぼ確定ですね。

 

東京オリンピック・パラリンピックを支援する日本財団の笹川陽平会長はブログでこう喝破しています。
 
〈「ジャニーズ事務所からの圧力はなかった」などとするテレビ局側の白々しいコメントを信じる視聴者など、どこにもいないだろう。独禁法違反につながりかねない状況を公取委が確認したのであれば、各テレビ局も謙虚に事実を認めるべきである〉
 
今となっては、世論のほとんどが笹川会長の意見に賛同していると思います。
 
ジャニーズとテレビ局に自浄作用は期待できない以上、世論の後押しを受けた公取委の”英断”に期待したいところです。
 
 



◆マツコ・デラックスは自らピンチへ向かった…

今後の身の振り方の難しさ → geinou ranking geinou reading

今後の身の振り方の難しさ → geinou reading geinou ranking

 

 

※稲垣吾郎さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

浜崎あゆみ、自爆!今更不倫暴露で長瀬智也に絡む二度の二股疑惑浮上。

[スポンサーリンク]

 

浜崎あゆみさんが音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長との出会いから別れまでを暴露した小説「M 愛すべき人がいて」が発売されました。

 

なぜいまさら、誰も興味ないというコメントも見受けられる一方で、ワイドショーでも取り上げられ話題になっていますが、その内容をよく見ると、浜崎さんが長瀬智也さんと松浦さんに二股かけていたのではないかという疑惑が…

 

 

※1998年の歌手デビューからトップスターにのぼりつめるまでの2年間

 

 

浜崎あゆみは松浦勝人と長瀬智也を二股してた?

 

[以下引用]

さらに、色々と辻褄が合わないことを疑問視する声もあがっているという。

 

「松浦さんとの恋愛を歌ったシングル曲『M』をリリースした2000年12月といえば、浜崎さんはTOKIOの長瀬智也さんと熱愛中だったはず。そう思うと、時代考証や設定に首をひねってしまう人が出てきてもおかしくはない。ファンからも『どうせなら、長瀬との交際秘話を教えて欲しかった』という声が続出しています」(芸能事務所関係者)

[エンタメガ]

 

 

長瀬智也さんとの交際は、2001年8月のCM発表会で浜崎さんが左薬指に指輪について「彼にいただきました」と恋人の存在を明かし、スポーツ紙がふたりのペアリングをスクープして発覚。同年9月にふたり揃って直筆ファックスで交際宣言をし公認カップルとなっています。

 

出会い自体は1993年、二人が14歳の頃に共演したドラマ『ツインズ教師』だったというので、確かに2000年には付き合っていた可能性もありますが、実際がどうだったのかははっきりしませんね。

 

しかし本の表紙に「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」とまで書いておきながら二股だったんだとしたらちょっと…。

 

まあその後の奔放な男性関係を思うに驚きはしませんが。

 

◆出会ったころ、14歳のふたり

え、浜崎さん?→ geinou ranking geinou reading

え、浜崎さん?→ geinou reading geinou ranking

 

 

長瀬智也は別れ際も二股かけられていた!

 

浜崎さんは長瀬さんとの別れ際にも二股疑惑があります。

 

2001年に交際宣言した二人は2006年9月にFLASHにより同棲発覚、同年10月にはロスでレコーディングしていた浜崎さんを長瀬さんがわざわざ1泊3日の強行日程で迎えに行き、手つなぎ帰国したところを複数のスポーツ紙が報じて「結婚間近」と噂されました。

 

しかし2007年7月に浜崎さんがブログで「恋人とお別れしましたっ」と報告し、あんなに仲良しだったのになぜと、その後の浜崎さんの没落ぶりが話題になると今でも一部では長瀬さんと交際してればよかったのに、結婚すればよかったのにという声も見られます。

 

しかし実際には、そんな結婚できるような関係ではなかったよう。

 

2005年12月、週刊文春は浜崎さんの婚約を報じました。

 

お相手は長年の交際相手である長瀬さんではなく、アメリカ人デザイナーのティム・マックガー氏。

 

※スノボブランドBURTONのデザイナーです

[amazon]

 

浜崎さんは年下の外国人が大好きで、ニューヨークで400万円もの婚約指輪を購入したと、かなり具体的な内容でした。

 

しかし報道をきっかけに浜崎さんはティムさんをポイ捨てし、長瀬さんとの順調な交際を続けていた風でしたが、実は成田のラブラブ手つなぎ帰国の前週、週刊文春は浜崎さんが未だティムさんとハワイやロスで密会していると報じています。

 

時系列をざっくり整理すると、

2001年9月:交際宣言

2005年12月:ティム氏と婚約報道→すぐにポイ捨て報道

2006年9月:長瀬と同棲報道

2006年10月:ティム氏と密会報道→翌週長瀬とラブラブ帰国

 

そのため、ラブラブ帰国はティム氏との二股疑惑を打ち消すためのことだったと、当時故・梨元勝さんが指摘しています。

 

その客観的根拠として、極秘帰国なはずなのに空港には芸能マスコミが多く待ち受けていた、つまり浜崎さんサイドからリークがあったこと。また、「ラブラブ帰国」「結婚間近」という割に、関係者は口を揃えて二人の結婚の可能性を否定したことをあげていました。

 

なんでわざわざ長瀬さんがそんな茶番に付き合うのかとも思いますが、ジャニーズからしても、長瀬さんに「二股された男」というイメージがついても得はなく、エイベックスに貸しを作るつもりで協力したと、そういうことのようでした。

 

 

[スポンサーリンク]

 

浜崎あゆみ、実は二股どころじゃなく結婚していた

 

浜崎さんはその後2度外国人男性と結婚していますが、2016年に二度目の離婚を匂わせたときに、元文春記者の中村竜太郎さんが「実は2005年にもですねえ、僕が取材をした時に、年下の白人男性のティム・マックガーっていう人と、結婚してたんですよ」と明かしています。

 

[以下引用]

浜崎といえば、05年にスノボブランドBURTONのデザイナーである当時22歳のティムと、米・NYで婚約指輪と結婚指輪を購入したと「文春」がスクープ。当時、ティムはアメリカの公的書類である「結婚許可書」を周囲に見せびらかしており、ティムの父親も結婚について「もちろん知っていますよ」と即答していたという。

 

この頃、世間的には、01年に交際宣言したTOKIO・長瀬智也と同棲していると思われていたため、浜崎に2股交際疑惑が浮上。さらに、この報道が長瀬との破局原因ともウワサされた。

[日刊サイゾー]

 

 

これは「結婚手続きはしてたんですけど、戸籍上は未婚」というオーストラリア人男性との結婚・離婚のときと同じだったそう。

 

未だに長瀬さんと浜崎さんの復縁を望む声も聞こえることはありますが、まあ長瀬さんも、もしも交際開始時も交際終了時も二股だったんだとしたら、そりゃ復縁はナシ、でしょうね。

 

 

どこまでも海外セレブのマネをしたい浜崎あゆみ

 

今回の松浦さんとの「恋愛」暴露は第一弾で、そのうち長瀬さんや歴代の結婚相手・交際相手に及ぶんじゃないかとも言われています。

 

が、内山麿我さんは内山さんを悪役に仕立てやすいですけど、長瀬さんとのことは、ちょっと暴露するにはドロドロ過ぎるしジャニーズも怖いし美談にするのも難しいかも。

 

ダメ男決定!浜崎あゆみの熱愛相手・内山麿我は現在離婚裁判中かつ愛人との間に子どもあり…

 

加えて、この本の相手が松浦氏との恋愛小説でなければならなかった理由があるそう。

 

[以下引用]

ある関係者は断言する。

 

「業界内では、この本を映画化するというプロジェクトが水面下で進んでいるのでは、という噂でもっぱらです。なぜかというと、この浜崎さんの本は、昨年ヒットしたレディーガガの映画『アリー/スター誕生』にそっくり。浜崎さんが曲やライブで稼げなくなってきているので、その分の穴埋めのために映画化して二番煎じを狙おうとしているのでは、と言われているのです。エイベックスは主題歌をエイベックス所属にすることで映画に出資したことがありますからね」(音楽事務所勤務)

[エンタメガ]

 

 

『M 愛すべき人がいて』の出版元は幻冬舎。松浦氏と仲の良い見城徹氏のいるところです。

 

暴露本といえば幻冬舎、という気もするので松浦さん関係ない気もしますが、まあ怪しいですよね。

 

なんせ浜崎さんは海外の歌姫大好きで、真似できるところは真似しよう精神はこれまでも各所で発揮されています。

 

だいたいそういう狙いもなく一応「すべてが事実ではない」と言いながら、松浦さんは当時結婚しており、基本は不倫ですからね。いくら公然の秘密状態だったとはいえ、こんなことを本にする意味がわかりません。

 

要するに、日本の歌姫誕生秘話、ワタシはその主人公、みたいな。

 

携帯小説のような内容と不倫暴露で、ファン離れが加速しないといいですね。

 

◆浜崎あゆみの華麗なるパクリの歴史

外見編→ geinou ranking geinou reading

外見編→ geinou reading geinou ranking

 

※浜崎あゆみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ジャニタレTの闇人脈には触れるな!ジャニーズ事務所がまた圧力とか

[スポンサーリンク]

 

最近の芸能界の大きな話題と言えば、吉本興業の芸人、特に宮迫博之さんの反社会的勢力との関係と、ジャニーズ事務所の元SMAP3人のテレビ出演に対する圧力問題について、公正取引委員会が行った注意です。

 

それぞれ扱いの差はありますがテレビで流れるニュースやワイドショーで取り上げられたのに、この2つがダブルで関わるアノ事件が完全スルーされている現状に「これぞジャニーズの圧力」と指摘されています。

 

 

 

 

指摘されているのは、2016年に起きた金塊強奪事件の犯人グループ一員として逮捕された当時の容疑者のSNSからNEWSの手越祐也さんのえらく寛いだ写真が発掘されたこと。

 

宮迫さんは同じ金塊強奪事件の主犯格との写真がフライデーに掲載されてギャラ飲みが疑われていますが、ギャラ飲みについては写真があるわけではなく、宮迫さんは否定しています。

 

一方で手越さんは悪そうな二人の間に挟まれ舌を出し裏ピースと、かなりリラックスした様子。

 

 

宮迫博之がダメなら手越祐也もね。金塊強奪犯との疑惑再燃も、懲りない日常

 

反社会的勢力の人物と一緒に仲良く飲んでたと言われれば飲んでたようにも見えるその写真はがまるでスルーされていることについて、ジャニーズ事務所からお達しが出てるんだとか。

 

 

[以下引用]

「はっきり言って、宮迫さんよりやばい案件なんですよ。グレーゾーンどころでは済まない真っ黒。なのに今回、全く手越の過去の件についてどこの局も触れてません。なぜかといえば、〝蒸し返さないで〟とジャニーズ事務所からお達しがあったからなんです。おかしいと思いませんか、宮迫さんからのこの流れで手越の名前が上がってこないのは!」(芸能ライター)

 

宮迫の嘘から全てが始まった、闇営業問題からの吉本興業お家騒動。ワイドショーでは連日長めの尺を取って疑惑の追及に余念がありません。やや不謹慎ではありますが、ネタの振り幅としては手越の一件も引き合いに出す方が、より番組が盛り上がるような気がするのですが、どの局も足並みを揃えているのか手越の手の字も報道していません。

 

「まったくおかしな話ですよ。宮迫さんより、あの金塊強盗犯と深い付き合いをしてた手越を取り上げないなんて。それで私の上司に聞いてみたんですよ、何かジャニーズから圧力でもかかってるんですか、と。そしたら言葉を濁しながら〝各局に通達があったんじゃないのかな、よく知らないけど〟ですって。テレビ局の知り合いにもどうなの? と聞いたら、下っ端は何が起こっているのか知る由もなく、仮に圧力の事実があってもプロデューサーのとこで止まってるんじゃないかなぁと」(同上)

[TABLO]

 

それは確かにそのとおりですよね。

 

こういったことは基本スルーのジャニーズ事務所ですが、さすがにこの件については「お店でたまたま一緒になり、『一緒に撮って』と求められ、応じてしまった。軽率だった」「写真の人とは面識もないし、名前も知らない。その後の付き合いもない」と関係を否定しています。

 

◆手越と容疑者はその場限りの付き合いではない!

週刊現代が暴露!→ geinou ranking geinou reading

週刊現代が暴露!→ geinou reading geinou ranking

 

が、まったく触れないというのも不自然といえば不自然。

 

ただ、この容疑者は他に、宮迫さんの闇営業を仲介したカラテカ入江慎也さんやフルポン村上さん、はんにゃの川島さんも写真が流出していますが、この人たちについても特に触れていませんよね。

 

この容疑者については、SNSでデヴィ夫人やどこかの県議など幅広く繋がっていて、付き合いはなくても申請して承認してくれればそれで良し、という感じで自分の「人脈」を広げていたこと、証拠不十分で不起訴で終わってること、など、宮迫さんの件とは違う要素があるので、そのためかとも思っていました。

 

が、この引用記事によると、しっかりジャニーズが「圧力」をかけていたとのこと。

 

まあ、この件では証拠不十分でも、半グレは半グレでしょうからイメージは良くないですから、報じてほしくはないでしょうね。

 

わかりますけど、今、元SMAPに対する圧力が話題になってるときによくやるなあという感じはします。

 

元KAT-TUNの赤西仁さんも言っていますが、「でも“圧力をかけている”という風に見えないように忖度を自主的にさせるように仕向けてたとしても、ちゃんと独禁法にひっかかるのだろうか?」ということに尽きるようなきもしますが。

 

◆ジャニーズが手越関係でもみ消した

もう一つの事件→ geinou ranking geinou reading

もう一つの事件→ geinou reading geinou ranking

 

※ジャニーズが配ってるというバウムクーヘンも「忖度」マーク入り?

[Amazon]

※元NEWS山下智久さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

マツコに失望…「稲垣吾郎起用するなら降りる」と共演拒否!SMAP排除に加担

[スポンサーリンク]

 

「それはさぁ、公正取引委員会が調べりゃ色々出てきますよ。だってテレビ局は使いたくないんだもん。SMAPだから使われていたわけで、SMAPじゃなくなった三人に魅力を感じますか。公取も暇よねぇって話ですよ」

 

これが、元SMAP3人がジャニーズ事務所から圧力を受けていたということに対するマツコ・デラックスさんの回答です。

 

なんともはっきりしていますが、このウラには何かあるのでしょうか。

 

 

 

マツコ・デラックスが稲垣吾郎との共演を拒否

 

週刊文春がジャニーズ事務所による圧力問題を取材するなかで掴んだのが、TOKYO MXの『5時に夢中!』のキャスティングで稲垣吾郎さんの準レギュラーへの抜擢が拒否されていたこと。

 

稲垣さんにとって『5時に夢中!』は2016年12月にSMAP解散した後初めて生放送となった番組でした。

 

その反響は大きく、当然のように稲垣さんの月1レギュラー化が決まりかけていたそうですが、番組関係者いわく、マツコさんの事務所が「稲垣を出すならマツコは降板する」と申し入れたために流れたとのこと。

 

マツコさんは『5時に夢中!』の顔であり番組の人気と知名度を上げた功労者ですから、稲垣さんと天秤にかければそりゃマツコさん、ということで、稲垣さんの起用は見送られたそう。

 

この件についてマツコさんの言い分がこちら。

 

[以下引用]

「一方的に私が妨害したみたいに書かないでよ。だって、稲垣吾郎が『5時に夢中!』に入って楽しいと思う? いち視聴者として冷静に見れば、旬かどうかわかるでしょう。あの三人は木村拓哉や中居正広とはマンパワーが違うのよ。

あの騒動直後の稲垣が出ることによって、あの番組が築き上げたカラーがどうなるか考えてよ。一つの色に染まっちゃうじゃない。当時なら中居正広や木村拓哉でも断ってたわよ。そういうところを見ないで、公取が(出演)時間だけ調べれば、あの三人が使われてないですねってなるわけ。データ上で見たら違反かもしれないけどさぁ、結局は番組の判断なわけ」

[週刊文春]

 

なんというか、答えが微妙…。なにより、稲垣を出すならマツコは辞めるという拒絶の仕方が汚くて嫌です。

 

木村さんや中居さんとはマンパワーが違うというのはよくわかります。

 

でも「あの騒動直後の稲垣が出ることによって、あの番組が築き上げたカラーがどうなるか考えてよ」という部分は、ちょっとよくわからないのですが。稲垣さんを起用することで「ジャニーズに忖度しない」という色がつくのはわかりますけど、それってダメでしたかね。

 

MXテレビは「わけありタレント再生工場」「非ジャニーズの王国」とも言われており、稲垣さんはピッタリだったような。

 

あえてライバル的存在のボイメンやらなにやらの冠番組も放送していましたしね。

 

◆MXテレビにもジャニーズが着手

その人選がビミョー → geinou ranking geinou reading

その人選がビミョー → geinou reading geinou ranking

 

また、「旬かどうかわかるでしょう」は、当時かなりの旬だったと思うんですけどね。

 

SMAPの解散は2016年年末。

 

で、3人は2017年9月にジャニーズ事務所を退所し、当然の流れとして今後この3人は露出がなくなり「あの人は今」的存在になっていくんだろうと思われていました。

 

しかし、稲垣さんが退所1ヶ月ほどの同年10月24日に『5時に夢中!』に緊急生出演し、やっぱり元SMAPはこれまでの辞めジャニとは違うと相当盛り上がっていました。

 

確かに木村さん、中居さんと比べればマンパワーはなかったでしょうけど、まったくないなら今も続けて仕事があるわけもなし。

 

当時もしも月1レギュラー出演が実現していたらまた今とは違う立ち位置にいたと思うんですけどね。

 

※マツコさん、デラックスじゃない

[amazon]

 

マツコとジャニーズ幹部の親密な関係

 

[スポンサーリンク]

 

もともとマツコさんは舌鋒鋭いコラムニストとして活躍しており、その矛先はジャニーズも例外ではなく、木村拓哉さんの出演ドラマにもケチをつけ、ジャニーズ系を出しておけばいいでしょ的なテレビ局のあり方にもケチをつける人でした。

 

それが変わったのは2012年に関ジャニ∞の村上さんと共演するようになったころからだそう。

 

[以下引用]

「関ジャニ∞の村上信五と『月曜から夜ふかし』(日テレ系)をはじめた頃から、ジャニーズ事務所と急接近。村上の紹介で事務所の幹部とも頻繁に食事をする間柄になった。SMAP解散後、それまで距離を置いていた高校時代の同級生でもある木村との共演も果たし、今では彼の自宅に招かれるほど親密にしています」(プロダクション関係者)

[週刊文春]

 

マツコさんはジャニーズ幹部との関係について答えたがらず、「あの3人を使うならキンプリを使いたい」と答えていました。

 

そりゃそうでしょうけど、どこもかしこも全部にキンプリというわけもないでしょうに。

 

とにかく自分は忖度したわけじゃない、番組としての判断だと言いたいのはよくわかりました。

 

が、そこにジャニーズとマツコさんの関係が影響していないとはちょっと思えませんでした。

 

実際、マツコさんの言う「3人はSMAPだから使われてきた」にはこういう反論もあります。

 

[以下引用]

「『新しい地図』はジャニーズ御用メディアから干されているだけで、むしろそうでないメディアでの活動はSMAP時代より盛ん。特に『新しい地図』を起用している『ドラゴンクエスト』(スクウェア・エニックス)関連のCMやパラサポ(日本財団パラリンピックサポートセンター)の活動なんかはSMAP時代から続いているもので、起用側がジャニーズ残留組よりも退所組を選んだ形。マツコの言う『SMAPだから使われていた』という発言は的外れに思えます」(記者)

[エンタメガ]

 

確かに、ドラクエもパラサポも5人でやっていた仕事ですから、ジャニーズや木村さんや中居さんのマンパワーだけで取っていた仕事ならそちらを起用していたはずですね。

 

正直、3人を選んだのは、3人だけの魅力というかマネジメントする側であるジャニーズと飯島さんの魅力と、木村さんと中居さんが組んでの仕事というのがあり得なかったというのもあるような気もしますが。

 

マツコさんの毒舌はとにかく公平だったから多少きつくても納得できたのですが…残念です。

 

テレビ局からジャニーズへの何らかの気遣いがあるのは明らかです。

 

3人が出たイベントがテレビで放送されても3人の映像がカットされたこともありますし、先日も五輪スタッフのユニフォームの発表会を取り上げたコーナーで、選考に関わった香取慎吾さんについてまるっと言及しない、なんてこともありましたが、有名人が関わっているのに一言も触れないほどに「マンパワー」ないですかね?

 

また、同じ週刊文春には、稲垣さんが出演する舞台で長年企画と製作を担当してきたパルコが外れたのは、ジャニーズから「うちとカレンのどちらを取るのか、はっきりしてください」と言われた結果だと報じています。

 

結局、3人がジャニーズを離れた後に地上波レギュラーがなくなり、映画や舞台、個展、五輪関係などで活躍しても一切テレビで報じないからテレビしか観ない人にとっては3人は過去の人になり、どんどん旬から外れていくわけです。

 

取り上げてもらえるかどうかが事務所の力、これまではその事務所の力に守られていたというならそうなんでしょうし、タレント本人の人気とどうもそのへんってもともと分かりづらいところです。

 

が、それを言い出したら、より一層テレビが胡散臭すぎて観てられなくなりそう。

 

◆もう始まってるんじゃない?

中居正広へのプレッシャー→ geinou ranking geinou reading

中居正広へのプレッシャー→ geinou reading geinou ranking

 

※稲垣吾郎さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

公取委からの圧力注意を報道されジャニーズ激怒!NHK紅白歌合戦から撤退の意向

[スポンサーリンク]

 

ジャニーズがNHK紅白歌合戦から撤退する可能性を報じられています。

理由は元SMAP3人がテレビに出演できないよう圧力をかけていたことに対し、公正取引委員会に「注意」を受けたことを報じたため、ということで…

 

 

 

 

[以下引用]

「各社とも、公取委がジャニーズ事務所を調査していて、“新しい地図”の3人とジャニーズの最高権力者であるメリー喜多川副社長を聴取していたことは把握していました。その結果、公取委が注意処分に留めたことも。『注意』は公取の処分の中では軽度で、ニュース価値としてはさほどでないと各社判断していたようです。公取委が処分を伝えたのもずいぶん前ですしね。それがこのタイミング、しかもNHKが真っ先に報じるとは思いもしませんでした

 

付け加えると、公取委は民放キー局の社員などから圧力と認定するに足る情報を入手しており、当初は注意ではなく、ジャニーズにワンランク上の「警告」処分を課したかった。ところが、ジャニーズの副社長でジャニー喜多川氏の姉であるメリー喜多川氏が頑としてそれを認めなかったため、注意処分に留めたという。

 

「公取委が堂々とオープンにできるのは警告から。まさか注意レベルで表に出るとは夢にも思わず、メリー氏は『なんでこんなことになるのよ!』と大荒れだったそうです」(スポーツ紙記者)

[フライデー]

 

 

確かに公取委がジャニーズに対して聞き取り調査をしているというのは以前から報じられていたので、その結果が「注意」だったというのもメディアは把握していたのでしょう。

 

 

ジャニーズが生贄に!公正取引委員会が聞き取り調査!実質的な経営トップとなった藤島ジュリー景子副社長の人望の無さが全ての混乱の原因か

 

公取委がジャニーズに対して「注意」したのはジャニーさんが亡くなった7月9日よりも前のことだったそう。

 

それが、7月17日の夜突然NHKで「速報」という形で報じ一気に話題になりました。

 

ジャニーズからすれば、そりゃ頑張って「注意」で済ませたのになんでこのタイミングで、しかもなんで速報で報じるのよという感じかも。

 

SMAPの解散騒動のときに『スマスマ』で公開謝罪が放送され、ジャニーズはブラック企業と言われましたが、メリーさんはそれをいたく気にしており、今回の元SMAPに関しての圧力問題を公に報じられたことも相当ダメージを受けるとともに怒ってるそう。

 

ということで考えられるのが『紅白歌合戦』への影響ということで…

 

[以下引用]

「NHKは民放と違って、報道が花形。紅白への影響など、さして考えなかったのでしょう。対照的に頭を抱えているのは、制作サイド。いまなお、メリー氏は怒り心頭状態と言いますから、スクープされた腹いせに紅白から撤退なんてこともないとは言い切れません」(芸能プロ幹部)

 

ジャニーズ事務所は大晦日に恒例のカウントダウンコンサートを行っている。

 

「今年はジャニー喜多川さんが亡くなったので、例年よりも盛大にやるそうだ。『原点回帰』をテーマに、所属タレントはカウントダウンコンサートに集中させ、紅白は二の次になるかもしれない」(テレビ局関係者)

[フライデー]

 

 

嵐は来年までメンバーが司会を務めると言われてますが、それすらも、となると、それはそれで嵐の花道に影がさすような…。

 

NHKにとっても、演歌勢だけでは視聴率が心もとなく、ジャニーズに頼りたいところもあるということ。活動休止を控えた嵐が出ない、というのはダメージ大きいでしょうね。代わりに秋元康さん系のグループや韓国系のグループを大量投入するのかもしれませんが、そちらも反発はあるでしょうし。

 

とはいえ、たとえ1週間以上前の「注意」だとしても、皆様のNHKは速報で報じたのはそれが公益だと判断したということですよね。

 

実際、その後民放もこの件について各局触れています。

 

それが各局のこれまでの抑制に対する反発なのか、ここで報道を控えたら圧力を認めることになるというジャニーズへの気遣いなのかわかりませんが。

 

また、事務所を辞めたタレントがしばらくテレビに出られない、というのは、元SMAPだけでないでしょうしジャニーズだけの話でもないのが本当のところだと思いますが、この公取委の注意が明らかになったことで、今後理不尽に苦しむタレントが減るのかもしれません。

 

◆とても豪華だと言われた1985年の紅白歌合戦出場者

へえ…→ geinou ranking geinou reading

へえ…→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

芋づる式逮捕か…大麻で逮捕されたKenKen(金子賢輔)と現役ジャニーズの関係

[スポンサーリンク]

 

昨日、RIZEのボーカルジェシー容疑者と、RIZEとDragon Ashのベース担当KenKenこと金子賢輔容疑者が大麻取締法違反で逮捕されましたが、これがいわゆる芋づる式逮捕では、と報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

「絶妙なタイミングでの2人の逮捕だけに、かなりカタい情報筋からのタレコミだったのだろう。田口淳之介被告・小嶺麗奈被告の入手先である“六本木ルート”から入手していたという情報もある」(週刊誌記者)

 

2人の逮捕により、今後、さらに逮捕者が増えそうだというのだ。「Dragon Ashのボーカル・降谷建志にも疑惑の目が向けられることになりそう。これまではなかなか芋づる式の逮捕というのはなかったが、いよいよ捜査同局が芸能界の薬物汚染ルートの一掃に本腰を入れ始めたようだ」(同)

[週刊実話]

 

 

芸能人なんて六本木界隈で遊んでる人は少なくないでしょうから、手繰ればどうとでも、という気もします。

 

あのキミスイ俳優も、熱愛が噂された女性がピエール瀧さんと接点がありましたし。

 

 

逮捕秒読み!あの人気若手俳優がピエール瀧つながりで操作当局が徹底マーク

 

ただ金子容疑者とジャニーズは、実際に繋がりがあったよう。

 

[以下引用]

「KenKenは関ジャニ∞の音楽番組によく出演しており、ジャニーズファンの間では馴染みのある人物。それだけに今回の逮捕に関して『悲しい』との声が多く上がっています。また、関ジャニ∞のメンバーとプライベートでも交流があるようで、メンバーのメンタル面を心配する声なども上がっていました」(ジャニーズライター)

 

ジャニーズファンまでもが悲しむ声を上げている今回の逮捕。だが、その一方で、ある人物との関係を疑うジャニーズファンも中にはいるようだ。

 

「ある人物というのは、元KAT-TUNの田口淳之介です。というのも、KAT-TUNは2014年4月〜16年3月まで『少クラプレミアム』(NHK BS)というジャニーズ番組のMCを務めており田口も出演していたんですが、実はその間、KenKenもバンドメンバーとして同番組によく出演していたんです。

今回の逮捕を受け、一部のジャニーズファンが田口との接点があるとネットでこの件を指摘したところ、他のジャニーズファンは驚愕。『田口と同じルートで買ったのかな?』『もしかして田口がバラしたんじゃない?』『田口の件での芋づる式逮捕なのかも』という風潮が広がっている状態です」(芸能ライター)

[エンタメガ]

 

 

金子容疑者と田口被告の共演は5年前ということですが、田口容疑者は10年前には大麻を始めていたといいますからね。

 

それこそ遊ぶ場所が同じなら、共演して知らない仲というわけでもないですし、距離は近づくでしょう。

 

ただ、同じルートは警戒され証拠隠滅されている可能性が高いから、あえて一旦離れるのが捜査の定石という話もあります。

 

それよりなにより、田口被告が逮捕されたのはマトリこと厚生省の麻薬取締部で、金子容疑者が逮捕されたのは警視庁の組対5課です。

 

田口被告の取り調べは当然マトリが行っているはずで、情報もマトリが握っているはず。ライバル関係にある2つの機関で情報を共有し手柄を譲る理由もないのでは。

 

少なくとも、田口被告からの芋づる式で金子容疑者たちが逮捕された、ということはないのではないでしょうか。

 

また、関ジャニ∞のファンの人たちは、メンバーのメンタルよりも、もっと心配することがあるような…

 

 

◆関ジャニ∞でも大麻疑惑の人…

ほら、いたよね→ geinou ranking geinou reading

ほら、いたよね→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山下智久さんのインスタはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

宮迫博之がダメなら手越祐也もね。金塊強奪犯との疑惑再燃も、懲りない日常

[スポンサーリンク]

 

昨日から騒がしくなっている雨上がり決死隊・宮迫博之さんの進退問題ですが、その原因となっているフライデーの記事内容が、ジャニーズタレントの手越祐也さんにも飛び火しそうだと話題になっています。

 

 

 

 

金塊強奪犯とのギャラ飲み疑惑

 

本日発売のフライデーが、宮迫博之さんと金塊強奪犯・野口和樹被告の親密写真を公開しました。

 

野口被告は3年前福岡で起きた金塊強奪犯の主犯として2017年5月に逮捕されており、一審では懲役9年の判決が出ているものの、事件は盗まれたと見せかけるためのヤラセで金塊のオーナーとは合意があったとして控訴中です。

 

そのためこの金塊強奪事件については刑は確定していませんが、この事件の実行犯の一人である実兄・直樹被告とともに指定暴力団六代目山口組弘道会を後ろ盾にした自動車窃盗団のリーダー格で前科3犯、地元名古屋では有名な半グレとのこと。

 

フライデーによると、そんな人物と宮迫さんは、金塊強奪事件から3週間ほど後の2016年7月27日、大阪北新地のキャバクラでそれぞれが飲んでいたところ、知人がいたようで合流、シャンパンで乾杯し談笑したあとに記念写真を撮影していたとのこと。

 

問題は、野口被告は上半身に和柄の入れ墨があり、半袖着用だったため隠せておらず、さらにもうひとり、同様の人物がいたこと。

 

さらに、宮迫さんが帰るときには同席者の一人が謝礼を渡しており、その際札を数えていた様子から金額は5~10万円ほどだったのではないかという目撃談があります。

 

お金を受け取っていたのが本当なら、偶然会ってちょっと飲んだというのではなく、いわゆる「ギャラ飲み」だった疑惑が浮上します。

 

そもそもお互いの同席者に知り合いがいたようだ、というのがまた大丈夫なのかなあという感じが。

 

 

 

NEWS手越祐也にも浮上する「ギャラ飲み」疑惑

 

フライデーは野口被告、吉本興業双方に事実確認をしていますが、野口被告の弁護士は写真が本人であることは認めつつも取材には応えられないと回答、吉本興業は無回答だったとのこと。

 

 

そのため証言が一方的な印象はありますが、それでも宮迫さんは黒に近いグレーです。

 

そしてこの金塊強奪犯というと、実行犯の一人とみなされた人のフェイスブックに手越祐也さんとの同席写真があったことが思い出されます。

 

 

ジャニーズ解雇&NEWS脱退の可能性も!手越祐也が福岡金塊強奪犯・小松崎太郎容疑者と親しく交際していた証拠写真がフェイスブックで発見されるも、事務所はノーコメント

 

実行犯の一人として逮捕され、その後嫌疑不十分で釈放されたものの、人脈黒いですからね。

 

さすがに手越さんは交友関係を否定していますが、もし今後、当時のことを証言する人が出てきたら、それが客観的なものでなくてもダメージはあります。

 

そんな手越さんは、同じフライデーに赤坂で夜遊びする姿が報じられています。

 

ジャニー喜多川さんが亡くなる前日だったということですが、問題はそれではなく、そこでも記念写真をバチバチ撮っていたとのこと。

 

ジャニーズは基本、プライベートでの写真撮影はNGのはず。

 

それを適当にしていたために金塊強奪犯との写真も残り疑惑のもとになっているのに、さらに、芸人の闇営業問題が浮上してから手越さんの金塊強奪犯との写真もちょいちょい話題になっていたのに、まるで警戒のない感じがダメですね。

 

さらに、フライデーによると、手越さんは飲んでる途中に張り込まれていることに気づいていたにも関わらず、「メディアに顔が利くから大丈夫、俺は撮られない」と豪語していたよう。

 

いや、撮られてますし、世に出てますけど。

 

そんな甘さを後悔する日が来ないといいのですが。

 

◆毎度ですが、ジャニーズ事務所のもみ消し疑惑

手越祐也はあの事件の…→ geinou ranking geinou reading

手越祐也はあの事件の…→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

芸人と反社会的勢力の距離の近さ、宮迫博之の引退

 

同じフライデーには千葉の海岸で撮影されたという入江慎也さんとザ・パンチのパンチ佐藤さんが入れ墨を見せびらかすようにポーズをとった人物たちとの記念写真も掲載されています。

 

どうやら二人は海の家で入れ墨の人たちと会い、ふつうに2時間ほど飲み食いしてから写真を撮ったよう。

 

芸能人は目立ちます。

 

どこかに遊びに行って、そこに反社会的勢力っぽい人がいて気安く声をかけられたときに、断ることでキレられて起きるかもしれないトラブルと、とりあえず軽く受け入れてしまえば今すぐなにか起きることはない、という甘い選択肢があった場合、どちらを選ぶのか、というのはあるだろうなとは思います。

 

そんな感じでラクな方を選び続けた結果が今回の反社会的勢力への闇営業問題にも繋がっているのかなと。

 

そんな宮迫さんについて昨日から引退が噂されています。

 

フライデーによる金塊強奪犯との親密写真流出が原因の強制引退かと思いきや、今朝スポニチが報じたところによると、「後輩たちをどうにか復帰させてほしい。僕は責任を取って引退します」という申し出なんだそう。

 

田村亮さんも現在引退を含めた進退について話し合いを進めているそうです。

 

フライデーには次々と闇社会と芸人の関わりについてタレコミがあるようですし、もともとフライデーの出版元である講談社と吉本は関係が良くないそうで、一切手を緩める感じもありません。

 

実際ここまで来ると、今後宮迫さんにスポンサーがつくとは思えませんし、それなら少しでも救える芸人を、という方向なのかも。

 

結局のところ、宮迫さんを含めた芸人たちはラクな方に流され続けた結果の後始末を今しなきゃいけなくなってるのかもしれませんね。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

嵐の活動休止延期も!「独立なんて絶対に許さない」カリスマ・ジャニー社長の死去でメリー&ジュリーの恐怖政治が始まる!?

7月9日、数々のアイドルスターを育て上げ、一代でジャニーズ帝国を築き上げたジャニー喜多川社長が、その波乱の人生に幕を閉じました。

 

ジャニーズ所属のタレントにとっては、ジャニー社長は“芸能界の父”とも言うべき存在だったことは間違いなく、大きな精神的支柱を失ったことで次々と有名ジャニタレが退所していくとも見られています。

 

しかし、そんなカリスマの後継者となる藤島ジュリー景子副社長は、母である女帝・メリー副社長とともに強権を発動し、これまで以上の恐怖政治を開始する可能性も指摘されているようです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャニーズの憂鬱 アイドル帝国の危機 [ 鹿砦社 ]

価格:1080円(税込、送料無料) (2019/7/11時点)


楽天で購入


 

[以下引用]

「ジャニーさんはタレントの発掘や育成、そしてプロデュースを担当。事務所の運営やマネジメントなどは、姉であるメリー喜多川副社長が行っていました。そして、彼女の娘であるジュリー氏が、社長に就任するのは規定路線です。なので、グループ企業全体をメリー&ジュリー氏親子が統治していくスタイルは、今後ますます強化されていくでしょう」(テレビ局関係者)

 

滝沢秀明氏が“跡継ぎ”のように報じるマスコミもありますが、あくまで彼は“jr”と呼ばれるデビュー前の若手を育成・プロデュースする部門を任されたに過ぎない。

 

「ジャニーさんは、去る者は追わないというスタンスでした。彼らにも、必ず温かいメッセージを送っています。だが、経営面を任されていたメリー氏は、立場的にちょっと違う。それを許していたら、事務所が成り立たないという思いがあるのでしょう。ジャニーさんが亡くなったことで、くすぶっていた独立問題が再燃することは必至。でも、今までと違いかなりシビアな対応になると思います」(芸能プロ関係者)

 

カリスマを失ったジャニーズ事務所。今後はさらなる激震に襲われるかもしれない――

 

「独立や活動休止などの問題では、ジャニーさんの手前、これまでメリー氏が遠慮していた部分があるでしょう。ですが、事務所が危機となれば、SMAPの時と同様、なりふり構わず手を打ってくるはず。もしかしたら、ジュリー氏の“子飼い”である嵐の活動休止だって、延期になる可能性は十分にあるのでは」(ワイドショー関係者)

[フライデーデジタル]

メリーさんとジュリーさんの母娘がジャニーズ帝国を統括して運営していくのは確実だと思いますが、独立問題についてシビアな対応になるというのは見当違いなのでは?

 

昨年4月には、ジュリーさん子飼いのグループである関ジャニ∞から、かなりワガママな理由で渋谷すばるさんが脱退・退所し、半年も経たないうちに芸能活動を再開しています。

 

もし、ジュリーさんが「絶対に独立は許さない!」という強硬な考え方を持っているのなら、渋谷さんは芸能界から抹殺されているはずですから。

 

[スポンサーリンク]

 

もちろん、嵐の活動休止が延期になるなんてこともあり得ないかと。

 

すでに「2020年末で活動休止」という前提で様々なプロジェクトが走っていますし、それを覆したら各方面への影響が大き過ぎて、とんでもない混乱を引き起こすのは必至。

 

まあ、フライデーのような週刊誌からすれば、ジャニーズが混乱すればするほどネタになるのでしょうけど、ジャニーさんが亡くなったことで、逆に事務所内が一致団結して危機を乗り越えようとする可能性のほうが高いと思います。

 

◆まさかのアノ人物がジャニーズ関西支社長に就任か!

 芸能界は引退するの?→ geinou ranking geinou reading

 芸能界は引退するの?→ geinou reading geinou ranking

 

ちなみに、現在、ジャニーズグループ全体の売り上げは1,000億円を超えているとも言われています。

 

また、近年は渋谷や赤坂などの都内の一等地に不動産を取得し、それら資産の総額は500億円以上にもなるそうで、金銭面で見た経営基盤は盤石。

 

加えてジャニーズ事務所には他の芸能事務所とは決定的に異なる収入源があります。

 

それは、ファンクラブの年会費。

 

例えば嵐は公称250万人超の会員数を誇りますが、年4,000円の会費なので、黙っていても毎年100億円超の収入が得られることになります。

 

これがデビュー組グループの全てが規模の差はあれど同じような仕組みを持っているわけですから、恐ろしい話ですよね。

 

さらに、コンサートやイベントのチケットはファンクラブを通しての直接販売で、チケット販売会社という中間マージンをカットした分、ファンではなく事務所サイドがその儲けを丸々持っていくという、オイシすぎるシステムもあります。

 

ジャニーズアイドルというネームバリューだけで、極端な話、何もしなくても巨額の利益が定期的に転がり込んでくるわけですから、ジャニーさんが亡くなったからと言って、ジャニーズ帝国の屋台骨がすぐに揺らぐことはないわけですが…

 

SMAP、嵐という2つの大黒柱を失い、それに続く人気グループが育たなければ、中長期的にヤバイことになるでしょう。

 

中居正広さんや長瀬智也さん、Kinki Kidsの堂本光一さん、堂本剛さんといった大物ジャニタレを筆頭に、岡田准一さん、関ジャニ∞の錦戸亮さんや大倉忠義さん、そして最大の問題児・手越祐也さんなど、数多くの退所予備軍を抱えるジャニーズ事務所。

 

誰か一人が動いたら、それがジャニーズ帝国崩壊の引き金になるかも知れません。

 

◆こちらもどうぞ。

中居正広と堂本剛が退所!TOKIOと関ジャニは解散!空中分解必至のジャニーズ事務所

 

◆光ばかり取り上げられていますが、ジャニーさんには大きな闇もありました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャニーズ50年史 モンスター芸能事務所の光と影[本/雑誌] / ジャニーズ研究会/編著

価格:1512円(税込、送料別) (2019/7/11時点)


楽天で購入

 

◆世間の意見は…

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

滝沢秀明がジャニーズJr.を引き連れて独立へ!ジュリー体制への不満が充満し退所者続出の恐れ

[スポンサーリンク]

 

先月18日に救急搬送されたジャニー喜多川社長の容態について、7月1日に「嵐を旅する展覧会」の会見の”ついで”に嵐メンバーが「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」と正式発表したことについて、業界では様々な憶測が流れています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャニーズで今、何が起きているのか? [ 常田裕 ]

価格:1296円(税込、送料無料) (2019/7/5時点)


楽天で購入


 

[以下引用]

長年ジャニーズを取材してきたベテラン記者は、こうした見方を一蹴する。

 

「これはジャニーさんに“もしも”のことがあった後の、事務所分裂危機の予兆といえるでしょう。ジャニーさんは自宅をJr.たちに自由に使わせて、メンバーの話を親身になって聞き、個々人の才能や能力を信じて育ててきた。彼の存在があるからこそ、多くのタレントたちがここまで事務所を信頼してやってきたのです。それはマッチやヒガシ、タッキーも同じです。

 

一方、2020年いっぱいでの活動休止が決まっている嵐は、ヒガシやタッキーと“冷戦”状態のジュリーさんの申し子です。ジャニーさんの病状について嵐に事務所を代表して報告させることで、ジュリーさんは経営トップとしての威厳を示そうとしたのでしょう

 

また、別の記者も語る。

 

「今回、事務所が嵐に発表させたという対応について、反ジュリー派の人たちがどう思うのか。事務所退所説がくすぶり続けている中居正広や堂本剛などは、ジャニーさんにもしものことがあれば、いつ退所してもおかしくはないし、いくつかのグループの解散もあるでしょう。

 ジャニー喜多川社長がいなくなればジャニーズ事務所は空中分解必至!

 

さらに滝沢とジュリーさんの確執が表面化するなかで、ジャニーさん自身も若手育成軽視のジュリーさんの経営方針に不満を募らせていたこともあり、もしこれ以上ジュリーさんがジャニーさんの意思にそぐわない経営を続けるのであれば、Jr.を率いて独立する可能性もあるという見方も広まっています

 

滝沢とJr.の“独立説”について、テレビ局関係者もこう語る。

 

「これまでジャニーズは、メリーさんが経営全般とタレントのマネジメント、ジャニーさんが若手の発掘と育成、現場統括といった具合に棲み分けができて、それが両輪となって事務所を回してきました。その分担がジュリーさんと滝沢にも引き継がれていくと思われていましたが、最近、ジュリーさんが“私は現場もできる”といわんばかりに、ジャニーさんの管轄だった現場のことにも足を踏み入れる様子を見せていると聞きます。

 

今でさえ滝沢がジュリーさんの言うことを聞かない没交渉状態のなかで、さらに2人の分業体制が崩れることになれば、事態はかなり深刻です。そういうこともあり、将来的に滝沢がJr.を引き連れて事務所を出ていくのではないかという見方が浮上しているんです」

[ビジネスジャーナル]

 

ジャニーズを巡っては様々な憶測がいつも乱れ飛びますよね。

 

まあ、あそこまで世間の注目を集めたというのに、二週間近くもダンマリを決め込んだんですから、自業自得ではありますが。

 

また、事務所社長の病状を所属タレントに報告させるというのは、かなり異例のこと。

 

しかも、事務所の公式見解を任されたのがジャニタレの長男・近藤真彦さんでもなければ、現役タレントのトップである次男・東山紀之さんでもなく、ジャニー喜多川社長自らが後継者と認めた滝沢秀明さんでもなく、嵐のリーダー・大野智さんでもなく、いちタレントに過ぎない松本潤さんだったというのは、なんとも意味深。

 

「ジャニーズ事務所内の序列が明らかになった」と言われるのも仕方ないでしょう。

 松本潤がジャニーズ内タレント序列トップに浮上!

 

実際にジャニーズが分裂するのかどうかは分かりませんが、退所者が出てくる可能性は高いと思います。

 

そこで浮上してくるのが、元SMAPマネージャーで現在はジャニーズを退所した稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんが所属するCULEN代表の飯島三智さんの名前。

 

もともと彼女はジャニーさんから次期事務所社長を切望されるほどの関係で、滝沢さんともかなり親密だと言われています。

 

また、ジャニーズ時代はJr.の育成・プロデュースを担当していたこともあります。

 

そのため、飯島さんが独立した滝沢さんとJr.の受け皿になるというウルトラCを予想する向きもあるそう。

 

豪腕で知られた飯島さんであれば、そんな離れ業も実現してしまうかもしれないと思ってしまうのが、なんとも怖いところ。。

 

果たしてどうなるんでしょうか、ジャニーズ事務所は。

 

◆ジャニーズ演技がうまいランキング

ちょっと意外なんですけど!→ geinou ranking geinou reading

ちょっと意外なんですけど!→ geinou reading geinou ranking

 



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※蚊帳の外にいる木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

それでもジャニーズを辞められない中居正広。一方、意外な“独立予備軍”6名の名前とは…?

芸能界に君臨するジャニーズ事務所を一代で築き上げたジャニー喜多川社長が倒れてから、2週間が過ぎた今日、事務所は嵐を通じて、ジャニーさんがくも膜下出血で倒れ、治療のため入院中であることを発表しました。

 →ジャニー喜多川社長はくも膜下出血で入院中

 

ジャニーさんが入院している病院には、ジャニーズの長男・近藤真彦さんや次男・東山紀之さんを筆頭に、デビュー組のタレントはほぼ全員がお見舞いに訪れたと言われていますが、その中でも真っ先に駆けつけたのが中居正広さんと”ジャニーの後継者”である滝沢秀明さん。

 

とりわけ、最愛の父・正志さんを2015年2月に亡くした中居さんにとって、ジャニーさんは“もう1人の父親”とも呼べる特別な存在だったといいます。

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

「中居さんは正志さんの死期を悟ると、親交のあるタモリさんや笑福亭鶴瓶さん、松本人志さんに頼んで、サプライズでお見舞いに来てもらい、父親を喜ばせました。その後、父と2人でドライブに出かけ、子供の頃の思い出の場所を巡ったそうです。中居さんの最愛の人に対する“献身力”は凄まじいものがあります。ジャニーさんの病室にも時間の許す限り、何度も訪問しているみたいです」(芸能プロ関係者)

 

そんななか、「週刊文春」や「週刊新潮」では、ジャニー氏に不測の事態が起きた場合の、中居の“ジャニーズ退所説”を報じている。同社の契約更改は毎年9月で、3ヶ月前の6月には意思表示する必要がある。今年は契約を更新したという中居だが、来年はどうなるかわからない。巷では稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾のいる「新しい地図」に合流するのでは?という憶測も流れているが…

 

「たしかに中居さんがジャニーズ事務所に留まるのは、ジャニーさんに対する恩義しかない。だから、ジャニーさんがいなくなれば、中居さんは事務所を去るように言われていますが、ことはそう単純ではありません。むしろ、今は辞めたくても辞められないでしょう」(テレビ局関係者)

 

中居の現在のレギュラー番組はTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』や『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ)など、テレビラジオ合わせて計6本。テレビ朝日系『中居正広のニュースな会』は4月にスタートしたばかりだ。仮に中居がジャニーズを離れるとなると、全てのレギュラー番組を打ち切らなければならない。

 

「番組が打ち切られれば、そこで働くスタッフに影響を及ぼすことになります。なかには食いっぱぐれる人も出てくるかもしれない。中居さんはスタッフとの信頼関係を大事にする人で、スタッフもまた“中居組”と呼ばれるほど心酔しています。“中居組”を動揺させることを彼が進んでやるとはとても思えません」(前同)

[フライデー]

 

まあ、いろいろと憶測が飛び交っていますが、結局のところ中居さんはテレビバラエティの世界でしか生きられないタレントですから、ジャニーズから独立することは限りなく芸能界引退に近いということなんでしょう。

 

その辺り、「自分が好きな音楽を追求したい」として辞めていった赤西仁さんや渋谷すばるさんとも違いますし、「俳優一本でやっていきたい」との希望を掲げて退所しようとしている錦戸亮さんなどとも状況は異なります。

 

ちなみに、フライデーでは錦戸さんの他に退所の可能性が高い人物として堂本剛さん、大倉忠義さん、そして手越祐也さんの名前を挙げていました。

 

堂本さんはジャニーさんのスペオキ(スペシャルなお気に入りタレント)として有名で、以前から「ジャニーさんがいなくなったら辞める」と公言していました。

 

アイドルではなくアーティストとしての自負もあり、実際に音楽一本で食べていくだけの実力・人気を兼ね備えていると思います。

 

また、大倉さんといえば、長年のストーカー化したファンによる嫌がらせ行為に対し、「もう、アイドルを辞めて一般人に戻れたらどんなにラクなことか…」とコメントしたことが大きな話題になりました。

 

お父さんは大手居酒屋チェーン「鳥貴族」のオーナー社長で、自身も大株主になっていることもあり、昔から「芸能界には未練がない」とも言われているので、退所する可能性は十分あるでしょう。

 

最後の手越さんですが、こちらはオンラインゲーム「荒野行動」で退所を匂わせる発言をしたり、芸能界よりも実業界で人脈を広げていることを公言したり、そういったところが怪しいといえば怪しいかも。

 

その他にもTOKIOとして音楽活動ができないことに不満を持っていると言われる長瀬智也さんや、「ジャニーズの看板がなければ、オレは俳優としてまったく評価されないのでは?」と悩んでいると伝えられる岡田准一さんなど、主にベテランジャニーズ勢に”退所予備軍”が多く潜んでいるとも。

 

さらに、新社長に就任するであろうジュリー氏は、デビュー前のジャニーズJr.たちに「ほとんど興味がない」とも言われるだけに、若い子たちが連鎖反応的に辞めていく恐れもあります。

 

遅かれ早かれ訪れるジャニーズ経営陣の世代交代を前に、ジャニーズ帝国の内部で大きな地殻変動が起きていることは間違いないでしょう。

 

◆中居正広の今後を握るのはTBS

その根拠→ geinou ranking geinou reading

その根拠→ geinou reading geinou ranking

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャニーズで今、何が起きているのか? [ 常田裕 ]

価格:1296円(税込、送料無料) (2019/7/1時点)


楽天で購入

 

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ジャニーズに居続けるであろう木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

中居正広は別会社、堂本剛も退所…次々タレントが離脱でジャニーズ帝国は崩壊の一途

[スポンサーリンク]

 

ジャニーズ事務所社長ジャニー喜多川さんが救急搬送されたと報じられて約10日。

マスコミ向けにはどうやら「心臓は動いている」と説明があったようですが、その病状について未だに正式な発表はありません。

 

情報は錯綜しているものの、ここまで来るとおそらく存命であるのは間違いないと思われますが、87歳という年齢を考えると何が起きても不思議はありません。

 

そんな中、ジャニーさんから藤島ジュリー景子さんに社長が変わったら、ジャニーズ帝国は崩壊するという話が週刊文春や週刊新潮で報じられています。

 

 

※賛否両論あれど、すべてを否定するわけにはいかない人です。

 

 

ジャニーさん離脱で起きる崩壊

 

以前から報じられていることですが、ジャニーズ事務所には独立や解散のチャンスをうかがっているタレントは複数いて、その最後の防波堤となっているのがジャニー氏です。

 

その点でずっと注目されているのが元SMAP中居正広さんで、2016年末のSMAP解散騒動で真っ先に独立を決めたはずの中居さんがジャニーズ残留を決めた最大の理由がジャニー氏への仁義であったと文春は報じています。当時ジャニーさんは「僕に残された時間は少ない。2年後に必ず後悔するよ」と話したといいますが、すでにジャニーさんが80代半ばだったことを考えれば、そこで思いとどまったというのもわからなくはありません。

 

中居さん以外にも事務所退所やグループ解散などの動きが活発化すると見られているのがこの方々です。

 

[以下引用]

「ジャニー氏の寵愛をうける堂本剛は、事務所の実質トップをつとめるジュリー氏と距離がある。以前から『ジャニーさんがいなくなったら事務所を出る』とまで周囲に漏らしています。またTOKIOは、昨年、山口達也がわいせつ事件で退所して以来、音楽活動を再開できないでいます。そのためボーカルの長瀬智也が不満を爆発させ、自然消滅寸前です。錦戸亮が脱退の意向を示す関ジャニですが、他のメンバーも脱退の意思を漏らしているといわれている。このようにジャニー氏の求心力でつなぎとめられていたグループの結束が崩壊する可能性が高い」(音楽関係者)

[週刊文春]

 

他にも、少年隊のうち東山紀之さん以外の二人である錦織一清さん、植草克秀さんも怪しく、特に植草さんは厳しいのでは、と。

 

堂本剛さんがちょっと意外でしたが、確かに音楽活動がメインであり、テレビで露出しなくてもすでに十分知名度があり、堂本さんの独特な世界観を受け入れた人がファンだと思えば、堂本さんがジャニーズに固執する理由はないのかも。そして堂本さんがジャニーズを離れれば当然KinKi Kidsも解散です。

 

嵐は2020年に活動休止を迎えることが決定していますし、加えてKinKi Kidsに少年隊、TOKIO、関ジャニ∞が怪しいとなると…そりゃジャニーズ帝国も崩壊ですね。

 

 

ジャニーズJr.も…

 

[スポンサーリンク]

 

こういったデビュー組にはジャニーさんに対し「原石だった自分たちを発掘し磨き上げてくれた恩義」があるから義理を立てていると言われていますが、ジャニーさんとの「濃い関係」はデビュー組のみならず、ジャニーズJr.とも確実に続いています。

 

ジャニーさんが倒れたマンションには日常的にジャニーズJr.が出入りしており、中には合鍵を持つ人もいるとか。

 

その豪華な室内にはルームシアターやカラオケがあり、Jr.たちはジャニーさんと一緒にテレビを見たり、本音で語り合ったり。ジャニーさん自身が偉ぶったところのない人で、自分でできることはするし、上からものをいうこともないため、少年たちは非常にリラックスして過ごしていたようです。

 

こういう話でジャニーさんの少年趣味を連想する人もいるでしょうが、個人的にはジャニーズに寮がなくなった後は、こうやってJr.たちをある意味教育していたんだろうと感じました。

 

そうやってJr.に親身になるジャニーさんに対し、メリーさんとジュリーさんはJr.を冷遇していたといいます。

 

最近はジャニーさんがタレントの売出しについて口を出してもメリーさんが「ジャニーはあっちへ行って」とのけものにしたり、Jr.のデビューも難しくなっていたりで、ジャニーさんは「もう僕の会社じゃない」「ここにいたらやりたいことはできない。こんな事務所は辞めたらいいよ」と話すこともあったとか。

 

今でこそ、滝沢秀明さんがJr.の売出しに専念し明らかにスポットがあたり始めていますが、次期社長ジュリーさんと滝沢さんはJr.の扱いを巡り折り合いが悪かったといいますし、ジャニーさんがいなくなっても今と同じように滝沢さんが動けるかは微妙でしょうね。

 

簡単に切り捨てられないよう、滝沢さんはものすごい勢いでJr.を売り出し結果を出そうとしているんでしょうし、ジャニーさんも先を見越してなんらかの手は打っていると思いますけど、歯車が狂えば滝沢さんとJr.がまるごと独立、というのもあり得るのかも。

 

◆チケットの売上から見るジャニーズ人気ランキング

Jr.はすごかった→ geinou ranking geinou reading

Jr.はすごかった→ geinou reading geinou ranking

 

 

中居正広の新しい道

 

[スポンサーリンク]

 

ジャニーさんへの恩義で踏みとどまっていると言われる中居さんですが、SMAP解散騒動後、基本的に新規のドラマやCMのオファーは断っているそうです。

 

確かにCMは何本かありましたが単発でしたし、演技の仕事はもともと頻繁ではありませんでしたが、ドラマも映画もまるでないというのも不思議といえば不思議です。

 

その他、MCの仕事も新しいものは受けないようにしていると言われていましたが、この春の改編で2つ終わり2つ始まっており、ここが微妙ではあるものの、とにかく身軽にして後腐れなく退所するための布石かも、というのは以前から言われてきました。

 

そして退所後は当然元SMAPの3人もいる飯島氏へ行くと思われていましたが、そんな単純なことではないよう。

 

[以下引用]

「最近になって大手事務所を辞めた元幹部が、新事務所を設立して中居の受け皿になるのではないかと囁かれている」(芸能プロ関係者)

 

このほか、“飯島派”だったKis-My-Ft2のメンバーも、新体制を機に中居に続くとの見立ても。

[週刊新潮]

 

中居さん自身、どこまで芸能界の仕事にこだわってるかわからないですよね。

 

先日も出演番組で「もし明日から仕事がバッタリなくなったら」と聞かれ、「どうにでもなるかな~」と答えていました。

 

実際貯金は使い切れないくらい持っているはずですから、生活に困ることはないのでしょう。

 

あとは自分の中の区切りの問題で、中居さんは以前から東京五輪のキャスターをやりたいからジャニーズに残ったという話もありますし、その辺りが一段落したら表舞台からは身を引いて、キスマイをプロデュースするなど裏方で活躍できればいい、と思っていても不思議はありません。

 

 

 

いずれにせよ、芸能界は変わっていきそうですね。

 

◆若かりし頃、中居正広がKinKi Kidsの二人に送ったメッセージが

深い → geinou ranking geinou reading

深い → geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山下智久さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

元ジャニーズとお笑い芸人が薬物捜査の対象に浮上しテレビ局関係者真っ青

[スポンサーリンク]

 

先月大麻取締法違反で逮捕された田口淳之介さんと小嶺麗奈さんのルートから二人の芸能人が薬物疑惑の捜査線上に浮かんだと報じられています。

 

一人は大物お笑い芸人、もう一人は元ジャニーズということで…

 

 

※小嶺麗奈さんと交流があるということで、菅野美穂さんまで浮上

 

 

浮上した薬物疑惑の超大物お笑い芸人って誰

 

[以下引用]

「実は…小嶺にはある美人の親友がいたといいます。その女性は、芸能界では有名なアラフォー美女で、数多くのジャニーズタレントとも交友があったことで知られているんですよ」

 

ところが、その親友の女性は「誰もが知る人気者で、現在もバラエティー番組などで活躍する超大物お笑いタレントと以前、男女の関係だったというのです」(同関係者)。

[東スポ]

 

この親友女性と大物お笑いタレントが捜査線上に浮上しているとのこと。

 

逮捕当初は部屋にあった大麻は全部自分のモノだと田口さんをかばう供述をしていたと言われるほど男気のある小嶺さんですが、取り調べは厳しくポロってしまったとか。

 

東スポには、実際に小嶺さんと元カレであるサパークラブのオーナー、そしてこの大物お笑いタレント、その彼女だった小嶺の親友女性がよく4人で会っていたこと、この4人が挙動不審で言動不明瞭な様子で都内カフェで密会していたこと、などが書かれています。

 

こんな記事が出れば当然「誰だ誰だ」となり、ネットでは親友女性は元SMAPの稲垣吾郎さんと交際していた菅野美穂さん、KAT-TUNの中丸雄一さんと熱愛が報じられた片瀬那奈さんなどの名前が浮上しましたが、有力視されているのがグラビアアイドル出身女優のこの方だとか。

 

[以下引用]

「男性トップアイドルと熱愛が報じられたこともある女優の名前が上がっています。件のアイドルに関しては週刊誌報道で違法薬物使用が取り沙汰されましたが、(前出の)大物タレントとも交友が話題になったことも。このあたり、東スポの記事と見事に符合してしまう。記事を見てテレビ関係者も皆、青ざめていたようです」(前出・週刊誌記者)

[サイゾー]

 

つまり、親友は吉野公佳さん、大物お笑い芸人は名倉潤さんでは、ということのよう。

 

※エキゾチックな美人です

[Amazon]

 

確かに大麻報道のあったジャニーズの大野智さんとのツーショットが報じられたことがありますし、名倉潤さんとも交際していました。

 

ただ、「数多くのジャニーズタレントとも交友があった」という条件に合わないような?

 

また、時期も合わないような。

 

名倉潤さんと吉野さんの同棲が発覚し名倉さんが交際を認めたのが1999年。

 

もはや今から20年も前のことです。

 

現在38歳の小嶺さんは当時未成年だった、という常識は忘れるにしても、20年も前のことを今さらリークしたとして有力情報になるのか疑問です。まあ、ピエール瀧さんも20年以上薬物を嗜んできたわけですが。

 

吉野さんと名倉さん以外にも当てはまる人がいるような気もするのですが…誰でしょうね。

 

参考までに、吉野さんと大野さんは2003年の舞台共演を機に交際が始まり、頬寄せ合ったツーショット写真が報じられたのは2008年。熱愛を報じたフライデーによると、ツーショット写真は2007年秋に撮られたもので、報じられた時には破局していたとか。

 

ちなみに大野さんの大麻報道も2008年。この年の大野さんは大変でしたね。

 

※名倉潤さんは2005年に渡辺満里奈さんと結婚

[Amazon]

 

元ジャニーズもヤバイ

 

[スポンサーリンク]

 

大物お笑い芸人のほかに、もうひとり小嶺さんのルートから浮上しているのが元ジャニーズだとか。

 

[以下引用]

「田口と同じ、元ジャニーズのタレントです。彼は遊び人として知られ、最近は以前にも増して、コカインなど強いクスリにどっぷりとハマっているとの噂です。マトリが徹底マークしていますよ」(音楽関係者)

[東スポ]

 

 

田口さんが元KAT-TUNであり、元KAT-TUNである赤西仁さんは薬物逮捕情報が錯綜したことがあり、田中聖さんは大麻で逮捕され証拠不十分のため不起訴になったことがありますので、疑惑は生じてしまいます。

 

しかし、真面目に見えた田口さんもジャニーズ時代から大麻を使用していたとなると、現役、元問わず、誰がやっていてもおかしくないといえばおかしくないというか…。

 

田口さんは全面降伏状態で、小嶺さんから聞いていたいろいろな話を取り調べで素直に喋ってしまったという話もあります。

 

芸能人の逮捕は犯罪の抑止効果になるといい、若者がふわふわする夏前にあえて芸能人の逮捕をぶつける傾向があるといいますから、またそろそろ誰か捕まるかも?

 

◆そういえば現役ジャニーズでもうひとり、大麻疑惑の人いましたね

手巻きタバコはヤバイ→ geinou ranking geinou reading

手巻きタバコはヤバイ→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※年内活動再開が噂されるピエール瀧さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ジャニー喜多川の入院した病院が会見準備中!?錯綜する死亡説、噂される後継者争いに揺れるジャニーズ帝国

[スポンサーリンク]

 

2019年6月18日に駆け巡ったジャニー喜多川氏の救急搬送のニュースは、3日経っても一部メディアしか報じず、事務所は「ひとまずは大丈夫」と言いながら大手マスコミに情報統制を敷いているらしい、週末または来週頭に公式発表があるようだ、という不確かな情報が錯綜しています。

 

そんな中、もしものことがあった場合のジャニーズ事務所では後継者争いが勃発すると噂されています。

 

※タイミングよくこういう本が出版される意味は…

 

 

ジャニー喜多川氏の救急搬送について

 

まず、ジャニー喜多川氏が救急搬送されたのが事実かどうかについて。

 

これは文春オンラインがジャニーさんが救急搬送されたとされる病院に、当日夜には中居正広さんの送迎車がかなり遅い時間まであったとか、面会待ちの車が列になって待機しており、ジャニーズJr.も含めたほとんどのジャニーズ所属タレントが病院を訪れたとあるので、事実だと思われます。

 

記事には病室の様子まで明かされています。

 

[以下引用]

あるタレントは病床のジャニー氏に声をかけたという。

 

「病院にはジュリーさん(藤島ジュリー景子副社長)がいて、続々とタレントが挨拶に駆けつけていた。19日の夕方に訪れたあるタレントが、ジャニーさんに話しかけると、意識があったのか、少し口元が動いたように見えたそうです」(別の芸能プロ関係者)

[文春オンライン]

 

中居さんが訪れたときは、救急搬送当日ということもあるのか面会謝絶だったそうですから、19日夕方には意識があるかどうかという状態とはいえ、面会謝絶が外れていたなら少し状態がよくなっているということでしょうか。

 

6月初旬には元気な姿を目撃されていたということで、その急激な変化はショックではありますが、87歳という年齢を考えればいつ何が起きても仕方がないのも本当です。

 

救急搬送後なんの正式発表もないというだけですでに亡くなっているという噂もまことしやかに流れていますし、昨日はこんなツイートも話題になりました。

 

ジャニー喜多川さん関連について、今日は各社から引っ切り無しに連絡が来ました。情報が錯綜しております。相変わらずスポーツ新聞及びテレビ局に対して厳しい情報統制が敷かれ、大手マスコミはまったく報じず。今週末、来週頭に公式発表すると。テレビで伝える芸能記者の服装指示もされてるとの話も… 

[中森明夫さんのツイッターより]

 

公式発表を伝える芸能記者の服装指示をしてるのが本当なら、せっかく情報統制しても、それでは憶測が広がるばかりでなにか矛盾していますよね。

 

 

その他、ツイッターでは入院先と言われる病院が会見準備をしているとか、ジャニーズ本社に黒いスーツの人が出入りしているとか、テレビに出ているジャニタレが地味な服装しているとか、訃報の方向での情報が多く流れています

 

どうやらお見舞いに来るタレント見たさに入院先に押しかけるファンもいるようで、もっともらしい情報も流れているよう。

 

人の生死を不謹慎だと思いますが、こうやって注目されるのもそれだけ「ジャニー喜多川」という存在が大きいということなんだと思います。

 

 

ジャニー喜多川の後継者は…

 

[スポンサーリンク]

 

ジャニーさんの病状に関係なく早急にまとめるべきだといわれているのがジャニーさんの後継者問題です。

 

ジャニーさんが指名した後継者・滝沢秀明さんが育ちきっていない今、業界内では後継者争いが噂されているんだとか。

 

[以下引用]

スポーツ紙記者はいう。

 

「今年1月、昨年いっぱいで芸能活動を引退した滝沢秀明が、ジャニーズJr.約300人の育成を担う関連会社、ジャニーズアイランド社長に就任。現在、経営の実権はメリー喜多川副社長の実娘、藤島ジュリー景子副社長が握っていますが、力不足という声も多く、ジャニーさんからの信任があつい滝沢を次期後継者に推す声も多いのは事実です。

 

ただ、滝沢はまだ子会社を任せられただけで、ジュリーさんを近くで支えることはあっても、現時点ではジャニーズ全体を率いていくには、まだ力不足でしょう。もしジャニーさんの後継者というポジションに就く人間がいるのだとすれば、滝沢が率いるジャニーズJr.たちを全力でサポートしている東山紀之ですよ。なによりも、メリーさんとジャニーさんから絶大な信頼を得ていますから」

 

また、テレビ局関係者は語る。

 

「ジャニーさんの具体的な容態が事務所から発表されることは、当面はないと思います。そんなことをしても、事務所にとってなんのメリットもないですから。ジャニーさん本人が滝沢を事務所の後継者にしたいと望んでいるのは事実でしょうが、まだ子会社の社長になったばかりで、事務所全体の経営を引っ張っていくのは荷が重い。とはいっても、現在実質的な経営トップのジュリーさんへの不満が事務所内で多いだけに、もしジャニーさんが病に伏すことになれば、悠長なことは言っていられなくなる。ジュリーさんと“ジャニタレのトップ”東山の距離が最近、広まっているともいわれるなかで、事務所内の後継者争いが沸き起こる可能性もささやかれています

[ビジネスジャーナル]

 

昔から東山紀之さんは有力候補だと言われてきましたよね。

 

ただ、「ジャニー喜多川の後継者」って、この記事では何を指しているんでしょうか。

 

ジャニーさんはジャニーズ事務所の社長であり、やっていたのは舞台演出、タレント育成、一部タレントのマネジメント、そして「ジャニーズ事務所」のブランドイメージでもあったと思います。

 

一方、経営の実権は副社長であるメリーさんが握ってきました。

 

そして次期社長については、メリーさんが週刊文春の直撃を受けたときに「私の娘が(会社を)継いで何がおかしいの? “次期社長候補”って失礼な。“次期社長”ですよ」と、はっきりと「娘・藤島ジュリー景子が社長になる」と宣言しています。

 

◆もう一度読みたいメリー喜多川直撃インタビュー

今読むとまたわかることも…→ geinou ranking geinou reading

今読むとまたわかることも…→ geinou reading geinou ranking

 

で、昨年ジャニー喜多川さん本人が滝沢秀明さんを後継者に指名しています。

 

この「後継者」がなんともぼんやりしていますが、ジャニーさんが指名した以上、これ以上後継者争いが起きる余地はなく、今さら東山さんを含め他の人が土俵に上がることはないのでは?

 

現時点で滝沢さんは子会社の社長でしかなくJr.の育成を担当していますが、成長していくにつれタレントのマネジメントもやっていくでしょうし、いずれは社長になることもあるかもしれません。

 

なにしろ、ジャニーさんの後継者ですから。

 

その流れが無事に進むかは、メリーさんとジャニーさんどちらが長生きするか、またジャニーさんを会社から追い出し独占しようとしていたと言われるメリーさんとジュリーさんが、ジャニーさん亡き後の滝沢さんを重用できるかによるのでは。

 

もし滝沢さんを追い出すことがあったとしたら、ジャニーズ事務所は終わると思います。

 

事務所経営とタレントのプロデュースだけなら、ジュリーさんと社員でもできるかもしれませんが、そうなったら普通の芸能事務所と変わりありません。

 

ジャニーズ事務所のタレントの魅力は、ジャニーさんならではの人を見る目と、ときに笑っちゃうようなエピソードやネーミングセンス、「YOU○○しちゃいなよ」的な面白さも一因だと思います。

 

滝沢さんがどこまでそういう「ジャニーさん」を継承できるかはわかりませんが、いろんな意味で力不足と言われ、どんなときも表に出ようとしないジュリーさんよりは希望が持てるような気もします。

 

いずれにせよ、今後、ジャニーズ事務所が変わっていくのは確実でしょう。

 

◆嫌な噂もありますが、面白い人であるのもまた事実

ジャニー喜多川エピソードいろいろ→ geinou ranking geinou reading

ジャニー喜多川エピソードいろいろ→ geinou reading geinou ranking

 

※中居正広さんの去就の話題も増えそう

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ジャニーズで初公式SNSのある山下智久さんのインスタはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

嵐になれなかったSexy Zoneが行き着く先

[スポンサーリンク]

 

「ポスト嵐」として正統派キラキラ路線を進んできたSexy Zoneの不協和音が語られることが多くなってきました。

 

すでに昨年デビューしたばかりの後輩King & Prince(キンプリ)にファンクラブ会員数も売上も抜かれ、目指していた「ポスト嵐」の可能性が薄くなってきた今、Sexy Zoneにささやかれる「ゴール」とは。

 

 

 

 

Sexy Zone限界説

 

紅白歌合戦に毎年出場し、音楽系の特番にはまず顔を出し、メンバーの中島健人さんがドラマやバラエティで活躍しているものの、曲には馴染みがなく、どの層に人気なんだろうと思っていたら小学生向けの雑誌の表紙を飾っていて、ああ小学生に人気なのか、と納得していたら、このところ急激に「落ち目」「解散危機」が報じられるようになってきたSexy Zone。

 

先週はついに週刊文春がメンバー自身が不満をため込んでいると報じました。

 

泣いて「ジャニーズ辞めたい」…Sexy Zoneメンバーが限界を訴える

これも昨年デビューしたキンプリが好調だからなんだと思われます。

 

実際、2011年11月にデビューしたSexy Zoneのファンクラブ会員数は29万人、昨年デビューしたしたキンプリは37万人、CDの売上も、Sexy Zoneが1週間で売り上げる数字をキンプリは初日で超えるんだとか。

 

ジャニーズWESTももちろんキンプリに抜かされていますが、この差を自虐に持って行けるキャラがあります。

 

しかしSexy Zoneはそういう路線ではないですし、ジャニーズWESTと違い十分機会を与えられての今ですから、なかなか厳しいものが。

 

 

 

SMAP解散後もSexy Zoneが推された理由

 

Sexy Zoneは主流であるジュリーさん管轄ではなく、SMAP独立騒動でジャニーズを退社した飯島女史管轄でした。

 

そのため、Sexy Zoneがずっと機会を与えられ続けていたのは実は不思議なことだったのですが、それにはワケがあったよう。

 

[以下引用]

「『SMAP』を担当していたIマネジャーのイメージが強い『セクゾ』ですが、実はデビュー時だけは『嵐』を担当していた藤島ジュリー景子氏が売り出しを担っていました。その証拠に、デビュー曲を引っ提げて初登場した『ミュージックステーション』には『嵐』も出演しており、VTRコーナーやトークの絡みで弟分であることを強調しています。5人組であること、ワールドカップバレーでのデビュー、デビュー曲とグループ名が同一、レコード会社がポニーキャニオンなどの共通点を挙げ、一部メディアに〝ネクスト嵐〟と無理やり呼ばせていたのも、『嵐』の存在を強烈に意識していたためでしょう」(同・ライター)

[まいじつ]

 

SMAP独立騒動後のドタバタ中、同じ飯島さん管轄のキスマイがイベント中止になったりファンクラブ関係の手続きが滞ったりと明らかな異変があったのに、Sexy Zoneは通常運転でした。

 

そこが不思議で、貴重な正統派ジャニーズとして捨てられなかったのかと思っていたのですが、デビュー当時はジュリーさんだったから、というのもあるのかもしれませんね。

 

同情すべきは、正統派であるために出演番組も「正統派」が多くキャラを出す間がなかったこと、そしてその結果、品行方正で面白みのない感じが定着した点でしょうか。

 

その分、スキャンダルらしいスキャンダルもないというのはアイドルとして評価されていいと思うのですが。

 

NEWSにしてもHey!Say!JUMPにしても、若くしてデビューしたグループは変なスキャンダルが多かったりするんですけどね。

 

そのあたりゆるゆるのほうが話題になるというのもおかしなものです。

 

 

Sexy Zoneの行き着く先

 

[以下引用]

だが、国民的人気を誇る「嵐」には到底なれそうもなく…。

 

「しかし、実際に『セクゾ』が落ち着きそうなのは『NEWS』のポジションです。『NEWS』は人気が拡大することも楽曲がヒットすることもなく、上昇気流に乗らず固定ファンだけを相手にしているグループ。ファン以外の一般層には人気も需要も低く、『セクゾ』の将来像としては最も近い存在と言えます。中島健人が『ぐるぐるナインティナイン』等のバラエティー出演でグループ唯一の勝ち組になっている状況も、手越祐也が『世界の果てまでイッテQ!』等のバラエティー出演で1人だけ知名度が高い状況に似ていますしね。上昇志向を捨てて割り切りさえすれば、固定ファンを相手に細々ながら息の長い活動ができるでしょう」(同)

[まいじつ]

 

キャラを出す機会がない中、中島健人さんは「セクシーなんたら」とかラブホリ先輩とかデビュー当初から一人邁進していました。

 

菊池風磨さんはちょっと悪っぽく、佐藤勝利さんが超キラキラ系と、まあ頑張ってはいましたが、それだけじゃ人気は出ないんですよね。

 

まあ誰もが嵐にはなれないかなーとは思います。

 

ジャニーズの諸先輩がたも、SMAPや嵐のような「国民的アイドル」を目指して頑張り、その結果がそれぞれああいう感じなわけで。

 

今後Sexy ZoneはSexy Zoneの居場所を作っていくわけですね。

 

最近は深夜ですが昔だったらやらなかったであろう過酷なバラエティに挑戦し、キャラを出すチャンスにも恵まれてきました。

 

これが5年早かったら、今とは違う結果だったかも。

 

◆吹き出し注意

ジャニーズおもしろ画像→ geinou ranking geinou reading

ジャニーズおもしろ画像→ geinou reading geinou ranking

 

※幼い…

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※コメントが怖め?山下智久さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング