2016年9月3日に東スポが報じた人気アイドルグループによる17歳少女妊娠騒動は、後追い報道はネットメディアのみでこのまま終わりそうな気配ですが、業界ではこのアイドルグループはジャニーズ事務所だと広く知れわたっているとのこと。

そんな中、ジャニーズ事務所は東スポに対して“異例の対応”をしたんだとか。

※始まりそうなところで終わりそう[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料!! DM便 Hey! Say! JUMP 公式生写真 (集合)HAL00030
価格:600円(税込、送料無料) (2016/9/28時点)






東スポが報じたのは、人気アイドルグループのメンバーA,B,Cの3人が、芸能界の友人Dとフリーターの友人E合計5人で参加した合コンで17歳の少女を泥酔させ、A,B2人とDの3人の誰かが少女を妊娠させたという内容でした。

 すでにスポンサーやテレビ局が少女妊娠騒動の犯人確定!

ネットではすぐに犯人探しが始まり、東スポの本気の証であるシルエットが完全に一致するとして、Hey!Say!JUMPの山田涼介さん、岡本圭人さん、薮宏太さんの3人の名前が浮上。

記事が出た頃からCMが流れていないなどと噂になり、いよいよ確定かとなりました。

 山田涼介のCMが打ち切りか!

 東スポ発の少女妊娠スキャンダルについて電話で聞いてみた

◆疑惑の真偽はともかくシルエットはこの3人なんだろうな

としか思えない画像→ ranking reading

としか思えない画像→ reading ranking

[以下引用]

「この件に関しては、各社とも後追いすべく、取材に動いていたのですが、どこも確かな証拠がつかめない状態でした。ただ、グループやメンバーの特定には至っており、問題の少女になんとか接触できないものかと四苦八苦していたんです」(同)

そんな中、第一報をスクープした東スポに対して、ジャニーズサイドは異例の働きかけを行っていたという。

担当記者に対して、直々に『これ以上記事を出すのは勘弁してほしい』と、泣きを入れてきたそうです。ジャニーズと東スポが犬猿の仲なのは有名で、記者会見の出禁や取材無視など、関係はほぼ断絶状態。それなのに泣きを入れるということは、少なくとも3人のメンバーと少女が、よからぬ関係を持っていたということを半ば認めたも同然。これまでのジャニーズでは、絶対にあり得ない対応です」(テレビ局プロデューサー)

SMAP分裂騒動を機に、ジャニーズの“弱体化”が、そこかしこで指摘されるようになっているが、今回の1件にもその兆候が見られるようだ。

「ジャニーズが、週刊誌やスポーツ紙のみならず、テレビ局にまで情報操作を強いることは、業界内で当然のことと受け入れられてきました。誰もジャニーズに逆らえない状況が、長く続いていたわけです。にもかかわらず、今回はスキャンダルを半ば認める形で、しかも敵対する東スポに対して泣き落としを仕掛けた。これは、事務所の体制が大きく変わりつつあるということにほかなりません」(同)

[サイゾーウーマン]



これがホントなら、こんな疑惑を認めるようなことをするなんて、ジャニーズは判断を誤ったとしか…

確かにシルエットは山田さん岡本さん藪さんにそっくりですが、実名報道ではなかったのに。

ジャニーズはカレンダー利権やテレビの出演を餌にマスコミを操作してきたと言われています。

 ジャニーズが経営難!今後はカレンダーを自社販売する方針に

カレンダー利権とは、貢献度の高い出版社に人気グループのカレンダーの出版権を与えるというもので、出版社からすれば出せば高い利益が得られることが約束されているため、手放したくない権利なんだとか。

※2016年のHey!Say!JUMPカレンダーは女性自身、Flashの出版社

Hey! Say! JUMP 2016.4→2017.3 CALENDAR (ジャニーズ事務所公認) -
Hey! Say! JUMP 2016.4→2017.3 CALENDAR (ジャニーズ事務所公認) –

[Amazon]

東スポや週刊女性、週刊文春、週刊新潮はそんな操作が及ぶ対象外ということで、独自のスキャンダルを報じて来ました。

東スポなどは会見場にも入れてもらえないくらい嫌われているということですが、そんな東スポに泣きを入れるなんて。

しかし、マスコミ操作ができていたのも人気タレントを多く抱えているからこそ。

売上的にはジャニーズ随一を誇る嵐を始めとして、関ジャニ∞もキスマイも視聴率では苦戦しています。

嵐はすっかり地位を確立し、視聴率が悪くともCMした商品は売れ行きがいいため特に問題ないと言われ、SMAPとともに2つの柱になっていましたが、比較的安定していたSMAPもこのところ低迷していた上に解散が決定し、ウリは嵐だけ、という状態になりました。

 嵐の番組が低視聴率でも問題ない理由

そんな中、事務所がグイグイ推してるHey!Say!JUMPだったのに、中島裕翔さん、伊野尾慧さん、山田さん、岡本さん、藪さんと、今年だけで9人中5人にスキャンダル報道があったわけです。

 伊野尾慧が人気セクシー女優の明日花キララとシンガポールで密会

いろいろわがままきいてテレビに出しても特に視聴率が取れない、ということになれば、テレビ局もジャニーズの言いなりじゃなくなりますよね。

週刊誌の方もそろそろ厳しいです。

ジャニーズでカレンダーを出すのはデビュー10年までというルールに則り、現在カレンダーが出ているのはHey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、ジャニーズJr.の6種類です。

Hey!Say!JUMPは来年デビュー10周年を迎えるため、またひとつ出版社への「餌」がなくなりますね。

ちなみに今年はHey!Say!JUMPが女性自身・Flashを出版する光文社、Kis-My-Ft2が女性セブン、週刊ポストを出版する小学館が出しており、それ以外は週刊誌を持たない出版社でした。

Hey!Say!JUMPがカレンダーを引退するまでに、光文社と小学館がジャニーズを見切らないだけの売上を出せるグループが育つのでしょうか。

このところ、ジャニーズの影響力低下を報じる記事が多いですが、本当にヤバイのでは。

 SMAP解散でフジを贔屓し民放各局がジャニーズ離れ!今後もパワー低下が続きジャニタレの熱愛報道がワイドショーネタになる時代へ

キスマイは飯島さんが育てたグループだから、みたいな感じで冷遇していては、どんどんジャニーズが苦しくなるばかりでしょうね。

 キスマイ解散で中心メンバーバラ売りへ!玉森裕太と飯島三智の密会で粛清の嵐

安泰と思われたジャニーズ事務所が転覆する日は近いのかもしれません。



※データで読めます

週刊文春が報じた ジャニーズ女帝メリー喜多川 怒りの独白5時間【文春e-Books】 -
週刊文春が報じた ジャニーズ女帝メリー喜多川 怒りの独白5時間【文春e-Books】 –

[Amazon]

※元ジャンプ森本龍太郎さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら