狩野英孝さんの何股だかわからないだらしない女性関係で有名になった加藤紗里さんが「慰謝料90万円欲しい」と慰謝料請求も検討していることを口にしていたことが明らかになりました。

銭ゲバ(上) [ ジョージ秋山 ]

銭ゲバ(上) [ ジョージ秋山 ]
価格:740円(税込、送料込)

[楽天市場]



[以下引用]

この日、朝日放送(ABC)で放送された情報ニュース番組「正義のミカタ」(土曜、前9・30」に生出演した芸能リポーター・駒井千佳子氏が、テレビ番組でインタビューした際のエピソードとして、暴露した。衝撃のコメントが飛び出したのは、カメラを止めた後の雑談(オフレコ)部分だったという。

加藤は自ら「今別れたら、いくら取れますかね?」と駒井氏に質問。「いくら欲しいの?」と聞くと、「90万」と即答。「なんでそんな中途半端な金額なの?」と驚くと、「だって英孝、お金ないから、3ケタ言うとビビるじゃないですか」とあっけらかんと話していたという。

[デイリースポーツ]



慰謝料って、こんな場合もらえるんですかね?

と思い、調べたところ、浮気が理由で慰謝料が発生するのは(1)結婚しているとき(2)婚約しているとき(3)内縁状態にあるとき、ということでした。

婚約しているとき、というのは口約束でもいいそうですが、裁判で認められるのは、結納や両親への挨拶、同居の準備など客観的な事実が必要とのこと。

内縁状態は婚姻届を出していないだけで実質的には夫婦と認められる状態のことで、同居や同一生計、住民票の記載や冠婚葬祭に夫婦として出席していた、といった事実から判断されます。

ちなみに法律事務所のサイトによると、そんな認められるケースで浮気・不倫があった場合の慰謝料の目安は次の通りです。

離婚も別居せず,夫婦関係を継続する場合 :50万円~100万円

浮気が原因で別居に至った場合 :100万円~200万円

浮気が原因で離婚に至った場合 :200万円~300万円

これは裁判になった場合に当てはまる金額で、婚姻期間や年齢、子供の有無、経済状態など条件により金額は変わるとのことでした。

これを考えると、結婚はもちろん、口約束はわかりませんが裁判で認められるような婚約はしてなさそうで、内縁の妻とも言えなそうな加藤さんが、90万円もの慰謝料をもらうことは難しそうですね。

慰謝料、川本真琴さんのほうがまだわかるかも

慰謝料の話がどこまで本気だったのかわかりませんけど、加藤さんはこれを機に売名に成功し、サンジャポ出演など仕事を増やしています。

それは外見を含めた加藤さんのキャラがあってのことだとは思いますが、いつまでも狩野さんネタでは続きませんし、もらえる可能性の少ない慰謝料について考えるより、今後のため芸を磨いたほうが良さそうですね。

恥も外聞もなく売名す -
恥も外聞もなく売名す –

[Amazon]

※狩野英孝さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら