NHK大河ドラマ「平清盛」の初回視聴率が、大河ドラマ歴代ワースト3の17.3%だったそうで、これは評判が芳しくなかった「江」の初回よりも4.4%下回ったといいます。

ネットでは「低視聴率は始めから分かっていた」という意見が多く出ているようですが、そこには公共放送たるNHKがやってはいけない行為に対する批判が大きく影響しているようです。

 → ranking

※「江」に引き続きNHKの歴史考証に対する信頼が大きく揺らいでいます…[関連商品]

NHK大河ドラマ大全 50作品徹底ガイド 完全保存版

NHK大河ドラマ大全 50作品徹底ガイド 完全保存版




<以下引用>

初回(2012年1月8日放送)が放送されると、ネット上には「やっぱり『王家』が連呼されている!」などと騒ぎになった。

実は11年8月にNHKホームページに掲載されたドラマ「平清盛」の紹介が間違っている、などと騒ぎになり、NHKに抗議が殺到した。

ドラマに登場する鳥羽天皇、上皇、後白河天皇などの「天皇家」を「王家」と表示し、「この国最強の王になった」などと解説していたからだ。皇室は王家ではないし、皇帝は王よりも位が上。日本の天皇を「王」と呼ぶ韓国などの国も存在するが、それは権威を貶めたいためであり、NHKがやってはいけないことだ、という批判だった。

NHKはこうした批判を受け、「王家」の表示を「朝廷」に変更したが、実際のドラマではそのまま「王家」が使われていた。ネットでは、「日本の皇室を王家と辱めた番組なんて誰が見るんだよwww」などと批判が続いた。

しかしながらNHKは、「平清盛」の番組宣伝でも再び「王家」の表現を使っており、番組開始前から、そのことに対してネットで批判の声が再燃していた。

初回視聴率が歴代ワースト3だったことがわかると、「王家」使用が大きな失点となり、日本の歴史ドラマファンを敵に回していたのだから当然、といった意見が多く出た。

また、「江」が独自の歴史観や、登場人物の奔放な振る舞いが仇となって人気が低迷したことを反省せず、「平清盛」でも「王家」騒動によって似たような展開になると感じた視聴者が観るのを避けたし、大河ドラマ離れをした人が増えたはず、と発言している人もいる。

さらには、戦国時代に比べてキャラクターのイメージが湧きづらいという意見も。

「源平時代でも義経なら弁慶との五条の橋の対決や奥州・藤原氏を頼った逃避行などエピソードが思い浮かびますが、平清盛は暴君というイメージが強い。今回の大河はそんな清盛のイメージをひっくり返すドラマということですが、視聴者が面白く感じるまでには時間がかかるでしょうね」(民放キー局プロデューサー)

とはいっても、初回放送では平清盛の誕生と子供時代の「平太」の生活が描かれただけで、主役の松山ケンイチさんの出演はほとんどなかった。2話以降に松山さんが演じる平清盛が登場し、ドラマの本格展開が行われるため、視聴率は上昇するだろう、と見ている人もいる。

※従来の大河も初回はほぼ子役のみ(江を除く)ですが20%は超えていますね…[amazon]

NHK大河ドラマ「平清盛」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 267号) [ムック] / 東京ニュース通信社 (刊)

NHK大河ドラマ「平清盛」完全ガイドブック

<J-CASTニュース>



NHKの大河ドラマでこれまで初回視聴率が最も低かったのは、1989年の「春日局」14・3%でした。次いで1977年の「花神」16・5%、1972年の「新・平家物語」17・3%で、皮肉にも同じ「平家」で3番目タイで並んでしまったことになります。

最近では2007年の「風林火山」が21・0%、2008年の「篤姫」が20・3%、2009年の「天地人」が24・7%、2010年の「龍馬伝」23・2%、2011年の「江」が21・7%と、軒並み20%を超えていたこともあって、NHKにとってはかなり「想定外」の事態だったようです。

ただ、過去最低だった「春日局」は最終的には平均視聴率33・1%を叩き出していることもありますし、松山ケンイチさんの登場で盛り返していく可能性もありますが、ネットでは「世相が暗い時に平家没落みたいな悲劇は見たくもないよ。太閤記みたいな華々しい話じゃないと」「日本人は基本的に平清盛が嫌いだと思う」などという意見もあり、そもそも平清盛というキャラクター自体が受け入れられるかにもポイントがありそうです。

※悪役のイメージがあるんですが…[amazon]

実は平家が好き。―目からウロコの「源平」、その真実 (ダ・ヴィンチ特別編集 (8)) [単行本] / 三猿舎 (編集); メディアファクトリー (刊)

実は平家が好き。―目からウロコの「源平」、その真実 (ダ・ヴィンチ特別編集 (8)) [単行本...

それにしても…

今年はフジに続いてNHKまでも“反日”路線で行くんでしょうか… --;

天皇家を王家などと敢えて呼称する“反日的な偽史視点”をわざわざ取り入れる必要はないですし、このような姿勢では「国民の支持」=「高視聴率」を達成することはできないのでは?

NHKの平清盛のサイトには王家という呼び方について、お得意の「専門家の時代考証に基づいている」とありますが、敢えて反感を買ってまで時代考証を優先するなら、『江』はなんだったんでしょう^^;

※そのうちおもしろくなるって言われていた江のストラップです[関連商品]

大河ドラマ「江-姫たちの戦国-」 お江クリーナーストラップ・初

大河ドラマ「江-姫たちの戦国-」 お江クリーナーストラップ・初


ネットでも色々な意見が交わされていますが、その一部を紹介します。

・「花の生涯」から欠かさず見ている『大河ファン』を自認するこの私が、最近の大河ドラマに対しては本当に頭に来る事が多い。 先ずその内の一つに、第46・49・51作の登場人物の衣装が余りにも汚く、一種の思想工作の臭いを感じる。これは明らかに某国の擬似歴史風ドラマの衣装に比較し、日本の歴史が如何に醜いものかを比較させた思想工作である。イザベラバードは、その著書で日本国民は貧しいが美しく清潔な人々であると敬意を持って記述していた。また、特に今回の第51作の「平清盛」では、天皇家の事を「オウケ(王家?)」と表現しているがこれは誠にもって不埒千万な事である。正しくは「帝(ミカド)」と表現すべきものである。宮内庁は直ちにNHKに対して重大なる警告を発すべきである。

・平清盛なんだから、もっと小奇麗なカッコさせろ。あの家は豊かだったはず。どうみても、貧乏漁師の出みたいな乞食みたいな風体はおかしいだろ。竜馬伝でも岩崎弥太郎の家を乞食みたいに事実以上に汚い格好をさせていた。歴史的事実と明らかに異なる、異常に汚い格好をさせておきながら、いつもNHKは時代考証に基づいて演出しているとか屁理屈ほざくんだよ。それなら、夜のシーンではもっと暗くて、煙っぽい映像にしろよ。時代考証を基にしてな。ただの創作ウソ話なんだから、権威づけするのは止めるべき。

・いわゆる「天皇家」を「王家」と呼ぶのは当時の資料にも例があり、特段特別ではない。Wikipediaの項目にも普通に「王家」を使っているものもあるのが現実。ネットメディアクオリティーだとしても、二言目には反日だの挑戦が潜入しているだの言い出す特定ウヨクの火病をそのまま鵜呑みにしてメディアを標榜するのはさすがにレベルが低すぎないだろうか?

・そういう事ではないんだよ・・・こういった内容はすぐに炎上するだろ?そんなこの時代に、こんな事をごり押ししなきゃいけない理由ってなんなの?NHKに確認取ったが、王家から朝廷への変更はあくまでも相関図のリニューアルによる物で、「王家の表記は正しい」というスタンスだと、はっきりと言っていた。王でも全くの間違いではないが、皇室や帝と記入しておけば何の問題も起きなかった。右からも左からもクレームは出ない。歴史的考証から見ても何の問題もおきない。それ位の事NHKもわかっていたはず。でも強引に王家と書き、なんの問題も無いと今でも言い張る。王家としたのは、思惑があるんだよ。皇室の価値を落とし、日本を腐したいんだよ、NHKは。岩崎弥太郎の件といい、台湾旧日本軍人集団起訴といい、NHKらしい薄汚さだよ。


※人名整理に役立ちます[関連商品]

【送料無料選択可】平清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)/藤本有紀/作 NHKドラマ制作班(単行本・ムック)

【送料無料選択可】平清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)/藤本有紀/作 NHKドラマ制作班(単行本・ムック)


さて、「平清盛」の“小汚らしい”演出についてはこんなトラブルも。

<以下引用>

1月8日(2012年)に始まったNHK大河ドラマ「平清盛」に、地元の井戸敏三・兵庫県知事が「画面が汚い」と文句を付けた。10日の記者会見で井戸知事は「私も見たが、まず画面が汚い。鮮やかさのない画面ではチャンネルを回す気にならないのではないか。ドラマの人気が出るかでないかで観光の影響を受ける。タイアップしながら観光客誘致を進めたいと考えていた」と述べ、NHKに改善を申し入れるという。

平清盛は現在の兵庫県神戸市兵庫区あたりの大輪田泊(おおわだのとまり)付近に福原京を造営し、政治や通商の拠点とした。兵庫県と神戸市は大河ドラマのスタートに合わせて観光キャンペーンを計画し、21日にはドラマをテーマにした展示施設もオープンの予定だ。兵庫県知事としては、ドラマできらびやかな福原京が描かれ、一気に観光客誘致に弾みを付けようと目論んでいたところ、登場した都はあばら家が並ぶ汚らしい町で、行き交う人々もぼろをまとい、画面も薄暗い。これじゃあ、かえって神戸のイメージダウンだというわけなのである。

これに対してNHKは、「清盛の成長に合わせて映像表現も変わっていくので、楽しみにしていてください」とコメントしている。地方の町ならともかく、大都市神戸が大河ドラマに便乗して観光客誘致というのも工夫がなさ過ぎないか。しかも、ドラマの内容が気に入らないと文句を付けるのは、ちょっと勘違いが過ぎる

<テレビウォッチ編集部>



ということで、いろいろと物議を醸している「平清盛」ですが、国民の受信料で成り立っている“公共放送”の今後の対応と合わせて、注目してみたいと思います。

※松山ケンイチの創価学会秘話

 まさかキャスティングまで曰くあり?→ geinou reading

 まさかキャスティングまで曰くあり?→ geinou ranking

 まさかキャスティングまで曰くあり?→ geinou reading

 まさかキャスティングまで曰くあり?→ geinou ranking

【関連情報】

大河「篤姫」「江」の脚本家・田渕久美子に替え玉疑惑!兄がゴーストライターだった・・

※松山ケンイチさんのブログを探すなら

芸能人ブログ全集

※最新の芸能情報チェックはこちら

楽々アンテナV2

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら



◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

AKB48・板野友美の口がヤバイ!「なんだこれは」【画像】

AKB48・前田敦子の姿に批判殺到!「ぶさすぎ」「笑うしか無いレベル」

言われちゃいますね。

「めざましテレビ」リポーター・新井恵理那が可愛いと話題に(画像)

よかったらシェアしてください!