パンくずリスト
  • ホーム
  • 藤森慎吾
タグ:藤森慎吾
[スポンサーリンク]

 

元吉本芸人の藤森慎吾さんがヒカルさんのYouTubeに出演、アテンド飲み会の存在を認め、自らもアテンドしていた時期があること、それは吉本だけの文化であることなどを明かしました。

 

 

また、吉本のフィクサー中田カフスさんがその文化を認めてるのか認めてないのか不明ですが言及しています。

 

 

 

 

藤森慎吾が認めた自らのアテンド歴

 

 

[以下引用]

藤森は「ダウンタウン」の松本人志に触れ「サンジャポに出た時も松本さんの件も振られて、話さなきゃいけない機会もあったんで単純に思ったことを言いました」と話した。自身も「女性に対して認識が甘かったところもあったという前提の上で話しますけど。ありましたよ、僕もそういう経験は」といわゆるアテンド飲み会を認めた。



その時の心境について「この人と飲みたいし、気に入られたいかなって思いが(ある)。そこって特殊なんですよ」と説明。しかしアテンド飲み会に抵抗を感じるようになり「いつの日か気付きましたね。何やってんだろ虚しいなって。まやかしだと思って。そんなもんは幻想。そんなことしたからって、売れた芸人見たことないし、先輩に寵愛を受けた人見たことないから。そこはないんですよ」と熱弁した。

 

カジサックが「吉本?」と質問すると藤森は「ん?俺、元吉本ですから、そらそうでしょ。逆に聞いたことないもん。吉本以外でそういうの」と認めていた。

[東スポ]

 

 

吉本だけ、というのは、最初に「女衒」と報じられたスピードワゴン小沢さんはホリプロなのでなんとも言えません。

 

 

カジサックさんは現在も吉本ですからこんな感じなんですかねえ。

 

 

女性に対して認識が甘かった、と敢えて言っているのはつまり、飲みだけじゃない目的で女性を集めたことがある、ということですよね。

 

 

相手が松本さんだったなら、オリエンタルラジオはもう少し吉本で居心地よかったのかもしれませんし、相方の中田敦彦さんがたびたびかみつくようなことはなかったかも。

 

 

となると、吉本以外で聞いたことがないというアテンド文化は、吉本内では松本さん限定ではなかった可能性が高いです。

 

 

実際、プラスマイナス岩橋さんは今田耕司さんに女性を紹介したと明かしていました。

 

 

やり方はいろいろでも、後輩が先輩に女性を紹介するというのはアリアリだったのでしょう。

 

 

藤森慎吾が松本人志問題後サンジャポで語ったこと

 

 

ちなみに藤森さんはサンジャポではこう発言していました。

 

 

 1/28サンジャポでの藤森慎吾 

 

「普段から何か常習化してたこういう遊び方だったりが、不誠実で少し格好悪い部分があったなという風にはすごく思いました」
「(自らのチャラさが原因で週刊誌に報じられたりする中で気づいたのは)やっぱり当時、僕も仕事が調子良くて、人気者だって勘違いして、どこか女性に対しておごりがあったりとか、認識の甘さみたいのが実際あったなって思うところもあるし、そういうところが、だんだんだんだん気付かずに麻痺して大きくなって、こういう形で露見してしまったのかなっていう風には思う」

 

 

 

当時、今田さんやたむけんさん始めとする後輩芸人が、飲み会はあったけどただ楽しいだけのもので、下心ある飲み会は聞いたことないと口をそろえて言っていた中で、藤森さんはあっさり認めていました。

 

 

藤森さんにあったおごりはほかの人にもあって、全体的に女性は雑に扱っても大丈夫、という認識になっていたということなのかなと思います。

 

 

どうも、世の中にはとにかく芸人ならだれでもいい、どうなってもいい、というタイプの女性もいるようですし。

 

 

そういう人ばかりと遊んでいたならまだよかったのかもしれません。

 

 

「松本さんは変わってる」(byスピードワゴン小沢、文春より)

 

 

文春報道が正しいなら、松本さんはそうではなかったようです。

 

 

スピードワゴン小沢さん曰く、

 

 

「松本さんの性癖って本当に凄く変わっているの。AV女優とかプロの女性はダメで、ファンの子もダメなのよ。そこに価値を感じないわけ」

 

 

ですからね。

 

 

そして、求めていたのは派手な女性ではなく、関西的なノリのいい女性でもなく、黒髪で司書や教師のようなマジメそうな女性だったと。

 

 

ここは強要があった、なかったの話とは関係なく、松本さんの筆跡で綴られた好みの女性について書かれたメモの話なので事実だと思われます。

 

 

芸人であるだけでキャーキャー寄ってくる女性に飽きてしまい、求めたのがそういう堅そうな女性だったのかもしれません。

 

 


中田カフスの苦言

 

 

藤森さんが体感した女性に対する認識の甘さは気のせいではなかったことを示したのが、吉本の重鎮中田カフスさんです。

 

 

中田さんは裁判が始まったばかりのタイミングで

 

 

「松本はアウトやて。本当に客、素人に手をつけたのであれば」

 

 

とはっきり言っています。

 

 

 中田カフスさんの発言 

 

・芸人は確かに人気があり、自分も次から次へと女性が寄ってきた過去がある

 

・でも自身のファン=客である、客に育っててもらってるという認識があれば手を出す気になるはずがない

 

・しかし芸人たちの「ファン食い」は当たり前の出来事に。

 

・師匠制じゃないのが原因だと、14、5年前からNSCで講師をし、ファンを大事にするよう教えるようになった

 

 

 

ここまで言いながら、最後の最後で松本さんの件については「知らない」「聞いたこともない」「本当にあったのか?」と言っていました。

 

 

要するに若手がファンを喰ってるのは知ってる、同じことを松本がやってたならアウトだよ、でも自分は知らないよと。

 

 

まあ立場的に中田さんが知っていたなら会社全体の問題になりますから、それはそうなのでしょう。

 

 

ちなみにフライデーの中田さん紹介文がこちら。

 

 

[以下引用]

性加害疑惑騒動で渦中の松本人志(60)にそう苦言を呈する男。かつて吉本興業の特別顧問を務め、“吉本のフィクサー”とも呼ばれた中田カウス(74)である。’67年に相方の中田ボタン(75)とコンビを組んでデビューし、これまで57年間にわたって吉本で漫才に関わり続け、’14年には上方漫才協会の会長に就任。時には「カラダを張って吉本を守った」という人物が、騒動続きの事務所と松本の問題について、本誌に口を開いた。

[フライデー]

 

 

「時にはカラダを張って吉本を守った」

 

 

闇社会とのつながりが散々噂されたことを思うと意味深です。

 

 

今回の裁判が「吉本興業」ではなく松本さん個人名義で行われ、吉本の弁護士がつかなかったのは、もしも吉本が松本さんと対立することになった場合、利益相反になるからだと言われています。

 

 

中田さんはフライデー本誌で元社長の大崎さんや闇営業問題の裏側も触れています。

 

 

吉本のフィクサー中田さんがこうやってコメントを出したのは意味があることなんだと思います。

 

 

◆関連情報◆

中田敦彦が松本人志の存在感に苦言を呈するも、「中田の笑い」を解説し台無し

 

スピードワゴン小沢干され決定!松本人志は逃げ切りか。しかしスポンサーは文春続報次第か

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]

 

3月9日放送の「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系)に出演した藤森慎吾さんが、霊長類最強女子・吉田沙保里さんと”婚約”していることを明らかにし、ネットが騒然となっています。

 

 

◆迷わない、それが正解です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

迷わない力 霊長類最強女子の考え方 [ 吉田沙保里 ]

価格:1430円(税込、送料無料) (2022/3/10時点)


楽天で購入


 

 

 

藤森慎吾さんを占った占い師のシウマ氏は、まず藤森慎吾さんは真面目な人だと指摘。

 

 

藤森慎吾さんは、「止めましょうよチャラ男に真面目とか」と営業妨害を訴えました。

 

 

その後、2人は10年前、藤森慎吾さんがが田中みな実と交際していた時期を振り返りつつ、シウマ氏は藤森慎吾さんが29、34歳の時期と去年に婚期があったが逃したとしながら、来年は婚期が来ると断言。

 

 

来年40歳を迎える藤森に、シウマ氏は相性の良い相手を挙げようとしました。

 

 

「誰か出せるんですか?」とけげんな表情を浮かべた藤森だったが、シウマ氏は構わず誕生日が5、15日の相手がいいとアドバイス。すると藤森は「ちょっと待ってください」と話を止め、「余談ですけど…」とみずから話を切り出した。

 

藤森は「お互いの付き合った相手も紹介できるような仲」として同い年の吉田の名を挙げ、「40歳までにお互い、もし結婚していなかったら結婚しようね、みたいな」と約束をしているという。

 

シウマ氏は「可能性はゼロじゃない」とした。吉田が10月5日生まれとスタッフから知らされると、藤森は「めちゃめちゃ相性いいじゃないですか」と笑った。視聴者は、案外2人はお似合いなのではないかと藤森の背中を押している

 

《40歳なってもお互い結婚してなかったら結婚しようね、が可愛すぎた…》

《藤森さんと吉田さおりんお似合いだよ! めっちゃ良い!》

《藤森の結婚相手、吉田沙保里?でも、ここまで言われたら逆にしづらいやん笑》

[まいじつ]

 

うーむ、驚きました。

 

 

桑田佳祐&原由子と同じパターンじゃないですか・・これは。

 

 

二人とも40歳までまだまだ長い年月があるならいざ知らず、吉田沙保里さんは10月5日、藤森慎吾さんは来年3月17日で40歳になりますからね。

 

 

つまり、この約束は後1年後に”成立する”ことになります。

 

 

そんな直近の未来を、全国放送のテレビ番組で自ら明かしたわけですから、これはもはや「覚悟が決まっている」と考えて間違いありません。

 

 

なぜって、もしその約束が履行されなければどんなことになるのか、藤森さんはよーく分かっているはずですから・・

 

 

ということで、ちょっと気が早いですけどおめでとうございます!

 

 

幸せな家庭を築いて下さいね。

 

 

◆今年結婚しそうな芸能人はコイツラだ!

 マジ?→ geinou ranking geinou reading

 マジ?→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆受け入れる、それが正解です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PRIDELESS 受け入れるが正解 [ 藤森慎吾 ]

価格:1430円(税込、送料無料) (2022/3/10時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※藤森慎吾さん、吉田沙保里さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

1月21日に配信された「藤森慎吾のYoutubeチャンネル」で、加護亜依さんが「W(ダブルユー)」時代のゴシップを明かし、ネットが騒然としています。

 

※20年近く前のお話になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 2005年 辻希美・加護亜衣(W)主演ミュージカル ふしぎ少女探偵 キ...

価格:300円(税込、送料別) (2022/1/23時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

ともに「サウナ好き」という2人は、サウナの中でトークを展開。恋愛についての〝ぶっちゃけトーク〟を期待された加護は「で、本当に話はほんとに名前は伏せないといけないと思うんですけど…え、ほんとに言っていいんですか!?」と前振りし「若い時、すごく芸人さんに口説かれた時があったんですよ」と切り出した。

 

さらに「16歳とか17歳のときに、ちょうど(モー娘を)辞めて辻(希美)ちゃんと『W』してるぐらいに、ある芸人さんのお家に行ったんですよ。○○○の」と話し始め「行ったときに○○○が、『加護ちゃん大好き』って言ってくださって、ずっとメールアドレスを聞かれたっていうエピソードがありました」と実名入りで暴露した。

 

「○○○」の部分はピー音が入り、名前は分からなかったが、藤森は「いやでけぇでけぇ! 名前がでけぇから。俺にはリアクションとれないから」「ごめんなさい、とりあえず今の話は俺は聞かなかったことにしとくわ。なぜなら、怖ぇから」とひたすら狼狽。かなりの〝大物〟であることをうかがわせた。

[東スポ]

 

ということで、エピソード自体は大したことないですが、〇〇〇の部分の名前に対する藤森さんのビビりようが凄かったために、皆さんいろいろと想像してしまったようで。

 

 

TOKIO山口達也 未成年アイドル喰い疑惑 衝撃の舞台裏 (実話ナックルズ) - ナックルズ編集部

TOKIO山口達也 未成年アイドル喰い疑惑 衝撃の舞台裏

[Amazon]

 

 

まあ、ここまでの大物となると限られてきますし、ネットではまずこの人の名前が。

 

 

とんねるず - とんねるず, 石橋貴明, 秋元康, 見岳章, 水谷公生, 高田弘

とんねるず - とんねるず

[Amazon]

 

 

ただ、石橋さんは工藤静香さんやみちょぱさんなどヤンキー系が一番の好みで、ハロプロ系だと後藤真希さん推しだったので違うような。

 

 

変なおじさん【完全版】(新潮文庫) - 志村けん

変なおじさん【完全版】

 

 

志村けんさんと予想する声もありましたが、藤森さんのリアクションはすでに亡くなられている方に対するものではないような気がします。そもそも加護さんも亡くなられた方を、ここで名前出さないですよね。おそらく。

 

ということで、ネットで最も有力視されているのはこの人。

 

 

松紳 - 島田 紳助, 松本 人志

松紳 - 島田 紳助, 松本 人志

 

 

島田紳助さんも名前は出ていました。

 

しかし彼が現役時代に作っていた”喜び組”のメンツをを見れば、好みじゃないことは一目瞭然ですからね。

 

一方、松本人志さんはというと・・

 

まず、ネットでは過去本人がしたと言われる危うい発言が、事実として根強く残ってるんですよね。

 

それに、過去熱愛が報じられた島袋寛子さんも20歳差。加護さんとも24,5歳差で、あれ、顔の系統が似てる、ような・・

 

って、こえー!

 

別の意味でも怖すぎるので、この辺で止めときます。。

 

以上、ネットの声をご紹介しました。

 

※えーっと、加護亜依さん?

かなり別人なのですが…→ geinou ranking geinou reading

かなり別人なのですが…→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆現在の基準だと、「松本!アウトーーー!!」ですよ!

対談後編 - 庵野秀明, 松本人志, 品川ヒロシ, 嶋和也, 金山竜介

対談後編

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※加護亜依さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

オリエンタルラジオ・藤森慎吾さんがツイッターにアップした”週刊誌撃退法”によって、マスコミ業界が騒然としているといいます。

 

※こ、これは・・



 

 

[以下引用]

藤森は10月28日、Twitterに「最近立て続けに家の前に週刊誌記者がいて、突然写真を撮ってきたので、こちらも動画を回したら想像以上に動揺」などと投稿。「嘘記事書かれたら動画も出そうっと」と、目線入りの記者とカメラを構えて顔が見えないカメラマンの静止画像をアップした。

 

「具体的な媒体名は書かれていませんが、有名女性週刊誌が直撃を行ったようだとマスコミの間で噂されています。藤森は24日に出演した『サンデー・ジャポン』で、かねてより交際していたブラジル人ハーフの一般女性との破局を明かし、元交際相手の田中みな実との“復縁説”がネット上で盛り上がりを見せている。このあたりの実情を、週刊誌サイドは本人に聞こうとしたとみられています」(スポーツ紙記者)

 

藤森の投稿からは、相当な怒りが感じられるものの、当初メディア関係者の間では「自作自演説」もささやかれていたとか。しかし、今回の騒動は“仕込み”などではなく、週刊誌サイドが藤森を本気で怒らせてしまったために勃発したようだ。

 

「藤森の言い分を見る限り、記者との会話もほぼ成立していないし、記事化したところで週刊誌サイドが世間から批判されるのは目に見えています。しかし、もう吉本から注意を受けるという心配はないため、記事化を強行する可能性もゼロではない。今回の“撃退法”はプライバシー侵害の観点も含めて、芸能マスコミの在り方に一石を投じるものになり得るだけに、今後、同誌が藤森の記事を出すのかどうか、関係者は固唾をのんで見守っています」(情報番組スタッフ)

[日刊サイゾー]

 

ということで、問題のツイートはこちら。

 

Array

 

どうやら藤森さん、相当オカンムリのようで。

 

ただ、週刊誌側が藤森さんに対して無遠慮に突撃取材を繰り返したのは、昨年にオリラジの2人が吉本興業を退所したことが原因のようです。

 

つまり、芸能界に大きな影響力を持つヨシモトの庇護から離れたことで、マスコミからも守られなくなったということ。

 

藤森さんは温厚な人物として知られているものの、そういった現状を目の当たりにして

 

「今後は自分の身は自分で守らなくては!」

 

と、覚悟を決めて“強硬手段”に出たみたいですね。

 

ネット民に窮状を訴えれば、必ず自分の見方になってくれる・・との読みもあったでしょうけど、実際、SNSでは藤森さんの行動を支持する意見が圧倒的。

 

一方、トラブルを引き起こした週刊誌を非難する声もありますが、それ以上に芸能人のプライバシーを平気で踏みにじるマスコミ全体の取材姿勢に対する批判の声が多い印象。

 

こうなってくると、マスコミ業界が騒然とするのも無理はありません。

 

彼らがどこまで自分たちの”仕事”に誇りを持ってやっているのかは分かりませんが、少なくとも世論を敵に回せば圧倒的不利になるのは明白ですからね。

 

「週刊誌側の今後の出方が焦点になってくる」(情報番組スタッフ)との証言もありましたが、成り行きによっては芸能人のスクープやスキャンダルを巡る状況が一気に変わってしまう可能性もあるだけに、注目です。

 

◆クズにはクズなりの論理も倫理もある!

 元フライデー編集長の言い分→ geinou ranking geinou reading

 元フライデー編集長の言い分→ geinou reading geinou ranking

 

◆復縁のためなら何でもする!みたいですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロフェッショナル 仕事の流儀 田中みな実 ~求められて、私は輝く~ [ (ドキ...

価格:3478円(税込、送料無料) (2021/11/1時点)


楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※藤森慎吾さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング