パンくずリスト
  • ホーム
  • 指原莉乃
タグ:指原莉乃
[スポンサーリンク]

 

自身の性加害問題を巡り文藝春秋を訴えた松本人志さんが裁判を前にXでコメントを発表し賛否両論飛び交いましたが、その結果、Xで指原莉乃さんのフォローを外していたことが話題になっています。

 

 

※指原莉乃さん、ですか?

 

 

指原莉乃のフォローを外した松本人志

 

 

[以下引用]

「松本は自身についての記事だけでなく、Xの投稿も逐一チェックしているようです。松本は76人をフォローしていますが、久保田などの後輩芸人をはじめ、ミュージシャンのASKAやセクシー女優の霜月るな、村西とおる氏、高須克弥氏などの松本を応援している著名人たちをフォローする一方で、指原莉乃をフォローから外していることが話題になっています」(芸能ライター)

[ゲンダイネット]

 

 

松本さんは指原さんを気に入っていたと思うんですけどね。

 

 

指原さんの卒業コンサートに内田裕也さんに扮して駆けつけています。

 

 

 

 

 

内田さんが亡くなったのは3月でこの卒コンは5月だったので、ネタにするにも早すぎるという声もありましたけど、話題にはなりました。

 

 

なんせ、松本さんはそういうキャラではありませんでしたからね。

 

 

それだけ指原さんが特別だったんだろうに今回フォローを外したウラには、当然「ワイドナショー」での指原さんの発言があったからだと思われます。

 

 

 

指原莉乃は「松本人志を擁護」で終わらせなかった理由

 

 

松本さんに性加害問題が報じられた直後、「ワイドナショー」では避けずにこの話題を取り上げました。

 

 

そこでコメンテーターとして参加した人たちの発言内容がこちら。

 

 

ロンブー淳さん

 

「今の段階で何か僕たちがコメントすることは実はなにもない」

 

「どうなのか分からないじゃないですか、真実が」

 

「ネットを見るとすごいひどい言葉も飛び交っている」

 

「今の段階では耳を傾けることしか僕たちにはできないんじゃないかな」

 

 

今田耕司さん

 

「僕が知ってる松本さん、小沢(一敬)くんがとても言うとは思えないですし、僕は聞いたことがないです、松本さんから、記事に書かれているようなコメントを。合コンとかしたこと、何度もありますから。そこで何度もそういう発言をしているのを、生で見て、聞いたことがないです」

 

 

ヒロミさん

 

「今の段階で何を言うのは違うのかな」

 

 

指原さん

 

「じゃあ女性がついていったのが悪いんじゃないかっていう話をネットが今してるじゃないですか。それがそもそも一種のセカンドレイプなんじゃないかって私は思うので。そういうのが早くなくなればいいなというか、裁判するかもしれないってことなのでその辺は、やったやってないはそこでお話しするべき」

 

 

「8年前のことっていうニュアンスも私はすごくよくない風に感じていますね。時間が経っても同じように扱うように思うので。被害者とされる方に常に寄り添ってもらえるような雰囲気になったらいいのになって思います」

 

 

 

前半だけで終わってれば虹色でしたが、後半が松本さんにとっては厳しいですよね。

 

 

ただこれは、ジャニー喜多川氏の性加害問題で被害者たちが被害を口に出せるようになるまで非常に時間がかかった、ということを明かし、周知されていたことです。

 

 

これをスルーしては、それはそれでダメだったと思います。

 

 

なにより、指原さん自身がやっと口に出せたんじゃないかという指摘もあります。

 

 

 


指原莉乃自身へ向けられていた松本人志の「蔑視」「名誉毀損」

 

 

指原さんが松本さんへ寄り添い切らなかったのには理由があるのでは、というのがこちらです。

 

 

[以下引用]

2019年1月13日の『ワイドナショー』。この日番組ではNGT48山口真帆暴行事件について取り上げていました。

 

この事件の背後には運営の脆弱さがあると力説していた指原に、社会学者の古市憲寿が「(運営を)指原さんがやればいいのでは」と提案。

 

それに対し「トップに立つのは……現状おじさんたちっていうかそのえらい人たちが仕切っても何もできない状況じゃないですか。ただ私が(トップに)立っても何もできないとは思うんです。あんだけの大人数で少ない運営なので」と返した指原に当時番組に出演中だった松本人志が言ったあの一言。

 

 

「それはそのお得意のカラダを使ってなんかするとかさ」

 

 

一瞬自分が何を言われたのかよくわからないといった、戸惑いの表情を見せた指原。ようやく見つけた「何……何言ってるんですか? やば」という言葉に、ただただ笑う松本人志。

[文春オンライン]

 

 

当時大炎上しましたよね。

 

 

指原さんは番組で無難にまとめましたが、後に当時のツイッターでこのようにツイート。

 

 

 

 

 

松本さんは「指原様~」とリツイートしていました。

 

 

指原さんは、最後までうまくまとめたなという感じです。

 

 

しかしこれが、指原さんにあとからじわじわときていたのではないかと。

 

 

 

[以下引用]

あの時の指原はどんなことを思っていたのでしょうか。番組中にダイレクトにぶつけられた、自分を毀損するような発言。そしてエンタメとして笑いとしてどう終わらせるか、試されなくてもいいテストを世間が自分に仕掛けているような圧。バラエティに特化すること、世間の空気を読み当てることに尋常ならざる才能を見せつけ、大人数アイドルグループから独自のスタンスを築き上げてきた指原莉乃。5年前につきつけられた刃に動揺し、しっかりと受け止める前に「大人な対応」をしてしまったこと。5年経った今も、きっとあの時の感情は今しがた起きた出来事のように己を苛むのではないかと思います。その後悔のようなものを、29日の放送の指原発言に感じるのです。

 

性被害だけでない、あらゆるハラスメントの被害者たちは、すぐにそれを受け止めることはできない。なんなら加害者におもねったり、自責の念に取りつかれたり、「自分は被害者ではない」と思い込もうとしたり、自らの心を守るために一見矛盾があるような行動をとることは既に広く知られています。「自分は悪くなかった」ことに気づくまで、信じられない時間を費やすことがあることも。彼女がMCの声を遮ってまで「8年前とか関係ない」と私見を述べたことの意味は重いと思うのです。

[週刊文春オンライン]

 

 

悔しくて後から思い出しても悔しくて、ということ、ありますよね。

 

 

自分は対応を間違えたんじゃないか、次に何かあったらちゃんとする、と心に決めるような、そんなことです。

 

 

そんな指原さんは指原さんで、この「8年前~」の発言を機に、10年前のHKT総監督時代にメンバーにしていた過剰なスキンシップである「サシハラスメント」が再注目され、厳しい立場にいます。

 

 

松本さんの怒りを買ったことが明らかになった今、松本さんが復活したら、と思うと、また引退が現実味を帯びてきたように思います。

 

 

 

◆関連情報

[サシハラスメント]指原莉乃にセクハラ・児童虐待疑惑!松本人志批判がきっかけか

 

松本人志のA子が文春手記で語る内容でスピードワゴン小沢が震撼か。裁判への影響は

 

「とうとう出たね。。」と矛盾!松本人志が裁判でA子B子の特定を求めたのは脅迫か

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※指原莉乃さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

指原莉乃さんが何度目かの引退の危機にさらされてると報じられています。

 

 

 

 

サシハラスメント、ひろゆき氏に蒸し返され未だ収まらず

 

そもそも「サシハラスメント」とは、指原さんがAKBに所属していた時にメンバーに対しスキンシップが激しかったことからファンが命名したものです。

 

 

それが、指原さんが文春砲で元カレの存在を暴かれHKTの劇場支配人となり後輩を指導する立場になった後、2014年にある番組でメンバーへの唇キスやほっぺたを吸ったり甘嚙みしたりということをしている事実が明らかにされました。

 

 

そのコーナーの名前が「告発!サシハラスメント」。

 

 

当時放送された、「サシハラスメント」動画が今流れると、もう目を覆いたくなるものでした。

 

 

ちなみにこれはまだソフトな方です。

 

 

 

 

10年も前のことですが、指原さん自身が松本さん問題で

 

 

「8年前というニュアンスもよくない。時間が経っても同じように扱うべき」

 

 

と発言していたこともあり、「今」の問題として炎上。

 

 

一度沈静化したかと思われるも、ひろゆき氏が

 

 

「"ピザ屋の店長が女子高校生のバイトの唇にキスをするPR動画をTikTokにあげてたら問題でしょ?業務上であれ、バラエティ番組であれ未成年の唇に上司がキスするのは問題。未成年は本人が了承してても周囲の大人がダメなものはダメと言うべきです。」

 

 

とポストし再燃する事態になりました。

 

 

その結果、指原さんが表舞台から姿を消す展開が予想されています。

 


指原莉乃が電撃引退へ

 

[以下引用]

指原は最近、失速が指摘されていた。昨年9月をもって『推しといつまでも』(TBS系)、『ゼロイチ』(日本テレビ系)、『ヒロミ・指原の〝恋のお世話始めました〟』(テレビ朝日系)の3番組が終了したのだ。

 

そのうえ、過去のハラスメント行為には沈黙を続けている。

 

自身がプロデュースを手掛けるアイドルグループについてXに綴ると《未だにダンマリですか?》《サシハラスメントについてはどうお考えですか? これだけ話題になって反応がないのはおかしい》《サシハラスメントには何も言わないくせに何呑気にツイートしてんの?》といったリプライが散見される。

 

「昨年3月の『さしフワご相談ナイト』(フジテレビ系)で指原は、『ゼロイチ』MC就任に『女のタレントってこれが最後だなというか』『女のタレントとしての限界はすごく感じてる』『私には無理だなと思ったから、もうすでに違うお金の稼ぎ方を考えてる』と口にしています。コスメやアイドルのプロデュース業もありますし、YouTubeの登録者数は123万人。タレント業から一歩退いても十分に食べていけます」(同)

[週刊実話]

 

 

サシハラスメントは単なるネタである可能性もありますが、ひろゆき氏が言うように、そういうネタを考えた時点でちょっとなーなのも確かです。

 

 

その辺、指原さんもわかってるから何もコメントができないのでしょう。

 

 

箕輪厚介さんが文春砲に遭ったとき、箕輪さんを守るべく特別チームが組まれ、とにかく72時間沈黙を守ってくださいと言われたそう。

 

 

でも我慢できず半分経過したときにつぶやいたら大炎上したと。

 

 

指原さんは見事にスルーしていますが、松本さん問題で大きく注目されるようになったサシハラスメントはもう2か月以上話題です。

 

 

これはスルーで終わる問題なのかムズカシイところです。

 

 

指原さんが既に芸能界での活躍に見切りをつけているのであれば、もうすっきりさっぱり引退したほうが良いように思います。

 

 

もしも指原さんが「女のタレント」から退いたとしても、SNSなど表舞台で活躍するなら変わらないかもしれませんから。

 

◆指原さん、この目頭は何ですか?

画像→ geinou ranking geinou reading

画像→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]

 

指原莉乃さんにセクハラ・児童虐待=サシハラスメント疑惑が取り沙汰されています。

 

 

※売れてるんですよねー

 

 

指原莉乃のサシハラスメント

 

問題になっているのは、2014年12月24日深夜に放送された『HKT48おでかけ!』の一部を切り取ったショート動画で、その日は指原さんが特別に目を掛けているというメンバーの矢吹奈子さん、田中美久さん、研究生の荒巻美咲さんの3人が出演しました。

 

 

で、出てくるテロップが「告発!サシハラスメント」。

 

 

指原さんがメンバーへの唇キスやほっぺたを吸ったり甘嚙みしたりということをしている事実が明らかにされました。

 

 

[以下引用]
「実際の放送では、指原が田中に無理矢理キスをしようとしてツバを吹きかけられ、田中が『しつこくて…』とその理由を語るシーンも映っています。また、研究生の荒巻はまだ中学1年生でした。指原は『キスをしたあと、無言だから罪悪感がある』などと語っていましたが、荒巻は明らかに不満顔で『恥ずかしい』とつぶやいていました。当時は指原のメンバーへの愛情として、むしろ微笑ましいことかのごとく紹介されていましたが、やっていることは完全なセクハラですね」(テレビ誌ライター)

[週刊実話]

 

 

指原莉乃のサシハラスメントはセクハラ・児童虐待か

 

HKT所属だったということは、指原さんがAKB加入後交際した元カレにいろいろ暴露された文春砲を受けたあとの話ですよね。

 

 

指原さんは文春砲を逆に糧にしてアイドルとしては一風変わった芸風で人気を得て、2014年当時の指原さんは『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』で2位となるなどまさにアイドルとして全盛期を迎えていました。

 

 

加えてHKT48劇場支配人を兼任。

 

 

若いメンバーにとって絶対的な存在だったであろうことから、ネットでは亡くなったジャニー喜多川氏の姿を重ね見たネットユーザーも少なくないようです。

 

 

1992年11月生まれの指原さんは2014年は21歳。

 

 

若いオネエサンではありますが、中1からすれば正直オネエサンもオバサンもないでしょう。

 

 

そもそも女性だろうが男性だろうが関係なく、同意なくほっぺたを甘嚙みもキスもそりゃ嫌ですよね。

 

 

 

 

 


サシハラスメントは松本人志批判で再注目された?

 

そもそもの「サシハラスメント」は渡辺麻友さんや多田愛佳さんに向かって抱きついたりハスハスしたり、という様子からファンがつけた名称で、ずいぶん前から存在します。

 

 

それがなぜ今、というと、やはり昨今の性加害問題発覚につながるんでしょうね。

 

 

特に、指原さんが松本人志さんの性加害問題発覚時に「ワイドナショー」でした以下のコメント後に、この動画やスクショの拡散が広まったようです。

 

 

「本人たち以外がやったやってないという話をしたり、女性がついて行ったのが悪いんじゃないか、という話をネットがしているじゃないですか。それがそもそもセカンドレイプなんじゃないかと思う」

「8年前というニュアンスもよくない。時間が経っても同じように扱うべき」

 

 

まあ虹色ですが至極まっとうなことを言っていると思います。

 

 

真実がわからないうちに何も知らない第三者が口を出すのはよくない←松本さん擁護だけど一般的

告発した女性を責めるのもセカンドレイプ←女性擁護だけど一般的

「〇年も前のことをなぜ今?」というのもやめるべき←女性擁護だけど一般的

 

 

まあでもそりゃ指原さんが過去にあんなことをやっていれば、中には「あんなことをやってた指原さんには何も言えないでしょうに」となるのもわかります。

 

 

…実際、なんであんなことしてたんでしょうね。

 

 

指原さんは元アイドルオタクなのでやりたい放題は天国だったでしょうけど、ツバ吐かれてもやるって。。

 

 

それで今こうやって芸能生活に影が差すって、もったいないですね。

 

 

真木よう子、火消しが逆効果!宮川大輔との2ショット画像&「重度の精神疾患」を削除

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]

 

松本人志さんの性加害問題について「ワイドナショー」が取り上げ、常識的だという声が出ています。

 

 

 

 

当たり障りがなさすぎる「ワイドナショー」

 

[以下引用]

双方の認識が全く異なるなか、ロンドンブーツ1号2号・田村淳は「今の段階で何か僕たちがコメントすることは実はなにもない」としつつ、「『ワイドナショー』って松本さんが出ていた番組だし」と、同番組で扱う必要があるとした。

 

さらに「どうなのか分からないじゃないですか、真実が」と重ね、「ネットを見るとすごいひどい言葉も飛び交っている」と危惧し、「今の段階では耳を傾けることしか僕たちにはできないんじゃないかな」と語った。

 

今田耕司は「僕が知ってる松本さん、小沢くんがとても言うとは思えないし、僕は聞いたことがない」と語った。ヒロミは「今の段階で何を言うのは違うのかな」とした。指原莉乃は「8年前のことというニュアンスは私はよくないと思う」などとコメントした。

 

東野幸治は松本らのコメントが出れば、「『ワイドナショー』で扱っていきたい」とした。

[オリコンニュース]

 

 

今番組がスルーしなかったのは評価できるのでは。

 

これまでなら「何もハッキリできない段階で週刊誌の報道をテレビで流すことはできない」とかそんな感じでスルーしていたのではないでしょうか。

 

皆さん言える範囲でどちらも否定せず、面白いか面白くないかで言ったら面白くありませんが、大人として至って常識的なコメントだったのでは。

 

その中でも指原さんははっきりしていました。

 

番組で女性芸能レポーターが 「2015年ですから、もう8年”も”前の話」 と言ったのですが、指原さんは「〝8年前のこと〟っていうニュアンスもすごくよくないふうに感じます。時間が経っても同じように扱うべきだと思うので、被害者とされる方に常に寄り添ってもらえるようになったらいいなと思います」とコメントしていました。

 

他にも、

 

「本人たち以外がやった、やってないという話をしたり。女性が付いて行ったのが悪いんじゃないかという話をネットでしてるじゃないですか。それがそもそも一種のセカンドレイプじゃないかと思う。そういうのが早くなくなればいいと思う。裁判するかもしれないということなので、やった、やってないはそこでお話するべき」

 

とも。

 

一方で援護よりだと感じたのは今田耕司さんです。

 

「僕が知ってる松本さん、小沢(一敬)くんがとても言うとは思えないですし、僕は聞いたことがないです、松本さんから、記事に書かれているようなコメントを。合コンとかしたこと、何度もありますから。そこで何度もそういう発言をしているのを、生で見て、聞いたことがないです」

 

まあでもこれも、今田さんの感想なんでしょうね。

 

 

擁護全開ほんこん

 

指原さんが指摘していた、付いて行った女性が悪い、というのと同じく、なぜその時言わなかった、というのがあります。

 

そういう感じのことを言って擁護したのがほんこんさんです。

 

[以下引用]

ほんこんに対しては、この件を語るようSNSで多くの声が届いた様子。ほんこんは松本の名前は伏せたが「ある方がホテルで女性を、同意なきわいせつ行為ということはこれ事件でしょ? 事件やったらその女性も週刊誌の方に行かんと、法的措置を取った方がええと思うよ。その方が早いし」と私見を述べた。  

 

また、松本の性格を踏まえ「これまずね、知ってる限りですよ。『俺の子を産め』とか言うかな?とか思うんですよ。まあ、ノリで言うたかもわからへんけども…」と首をかしげた。  

 

さらに松本が「X」(旧ツイッター)に「いつ辞めても良いと思ってたんやけど…やる気が出てきたなぁ~」と投稿した事に関しても、「俺は相当、自信があるのではないかなと思いますけどね。この一文で」ときっぱり。  

 

続けて「それなのに、引用投稿で『デリケートな問題なのに』とか一般の方書いてるけど、普通自分に落ち度がなかったらそうやって書くよ。週刊誌の一の矢、二の矢いうのはご存じやと思うんで、それでこういうふうに言うねんから、俺は相当な自信があると見てます」と推測した。  

 

約8年前の出来事が大きく報じられたかたちだが、ほんこんは「『その時何で言えへんねん』って思うじゃないですか。あとでこうやって出てきたと。『ある事務所のことで勇気をもらった』と。『世の中が変わったから私も訴えようとなった』。だったら言うとこが違うでしょ?と俺は思うのよね。しっかり裁判したらええと思うんですけど。徹底的にお互いがやったらええと思いますわ」と問題解決には司法の手に委ねるべきと訴えた。

[東スポ]

 

 

どんなに誘われても絶対に付いて行かないとか、被害に遭ったときにすぐに警察に行ける、そんな人ばかりでないことを想像できないのは、ほんこんさんは断るし被害に遭えば警察に行く、そういう人だから、なんでしょうね。

 

でも多分、そういう人はそもそも誘われないのかなと思ったり。

 

小沢さんは被害者A子さんをその場に呼ぶために何十通とメッセージを送ってきたそうですし、被害者B子さんは部屋飲みに抵抗があり断ってもしつこくしつこく誘ってきたといいます。

 

それでほだされたんだから自業自得と言われるんだとしたら、あまりに辛い話です。

 

性被害に遭ったらすぐ警察へ、というのも、想像力がないと思います。

 

女性たちは芸能関係の仕事をしており、小沢さんに「粗相をしたら歩けなくなる」なんて言われていたようですし。

 

そんなに簡単に訴えられるものではない、でも傷は深い。そういうものなのでは。

 

警察ではなく週刊誌に言った理由は、客観的な証拠がないからなのかなと思います。

 

すべて後輩を通じてのやり取りだったようですし。

 

被害女性A子さんは、隣に弁護士を携えて文春の取材に答えています。

 

このまま黙っていることもできたのに、それをしなかったのは、ジャニー喜多川氏の性加害問題があったからだと言っていました。

 

ジャニー喜多川氏からの被害を告発した人の中には、自分が被害を親に伝えていればそのあとの被害者は生まれなかったのかもしれないと後悔している人もいました。

 

8歳当時に自宅で被害に遭われた服部良次さんです。

 

確かにお父さんである服部良一さんに本気で訴えていれば、その時点でジャニー喜多川氏は前科がついたかもしれません。

 

A子さんたちもそういう気持ちなのでは。

 

警察に行って被害届を出してもそれが世間へ周知される可能性はほぼありませんが、週刊誌に訴えれば違います。

 

A子さんたちをきっかけにMetooで広がるかもしれないと期待したのでは。

 

文春は記事に自信を持っているということですが、裁判で勝てるかはまた別です。

 

それでも、この件が広まれば広まるほど、同じようなことはなくなっていくのでは。

 

 

◆自分のことしか考えてない…

松本人志の「親心」→ geinou ranking geinou reading

松本人志の「親心」→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング