You Tubeの番組「街録ch~あなたの人生、教えて下さい~」に”一般人”の木下優樹菜さんが出演し、前編では芸能人時代の「やらせ」や「枕営業」的なことを暴露。後編では自らの芸能界引退理由を明かすも嘘で固められており、その結果、当時話題になっていた不倫相手がまた話題になっています。

 

 

 

 

木下さんは2019年秋にタピオカ騒動を受け芸能活動を自粛。2020年7月に活動再開を発表したものの、わずか5日後に引退を発表しています。

 

木下さんはその理由を、「思ってた以上に、いろんなメディアとかいろんな人が『早い』とか『なんで?』ってなってたから、なるほどねって。これ以上やっぱり、事務所にも、ほかにも頑張ってるタレントの子たちもいるし、もう迷惑かけたくないなと思って」引退を決心、事務所には慰留されたものの振り切ったときれいにまとめていたのですが…

 

 

[以下引用]

「しかし当時、プラチナムは、木下との専属マネジメント契約解除、および彼女の芸能界引退を発表するにあたって、『今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断』したとコメントを出しています。一応、『また本人からの申し出を受けたため』と付け加えられていましたが、事務所として木下の活動再開を発表した直後に『信頼関係を維持することが著しく困難』との認識を持ったということで、業界内では“タピオカ騒動”以外の問題が生じて“事実上のクビ”を決めたのだろう……とみられていました」(前出・スポーツ紙記者)

 

木下は活動休止中だった20年1月頃に、サッカー選手との不倫疑惑が浮上していた。さらに、同年7月8日付の「サンケイスポーツ」が、木下と「音楽活動もしている30代の俳優」との不倫疑惑を報道。同日付の「スポーツニッポン」も、そのお相手について「男性グループメンバー」であると伝えた。

 

「実は、木下は活動再開時、プラチナムから異性交際についてヒアリングを受けた際、『もうこれ(サッカー選手)以上は何も出てこない』と答えていたとか。にもかかわらず、活動休止が明けたわずか5日の間に、別の男性の存在が発覚したため、事務所側からさじを投げられたといわれています。『街録ch』で木下は、そのような経緯や不倫疑惑についてスルーしていますが、やはり本人にとっては不都合すぎる内容なので、無理もないでしょう」(同)

[サイゾーウーマン]

 

 

木下さんの引退発表は、事務所が「信頼関係を維持することが著しく困難であると判断した」とコメントし、珍しいほどにはっきりとさじを投げられていたことは明らかでした。

 

なのによくまあ「とめられた」なんてストーリーを語ったものです。

 

嘘つきすぎて何が真実かわからなくなってしまったんでしょうか。

 

当時の週刊誌の報道によると、不倫相手はサッカー選手のみという話だったのに他の名前も浮上し、事務所が問い詰めたところ、最終的に「もう辞めたい」と逆ギレして引退が決まったそうですから、もしかすると脳内では「これは周りが『早すぎる」って言ってるってことね」と変換されていたんでしょうか。

 

しかし不倫相手探しが白熱したのは確かです。

 

週刊誌はもちろんのこと、基本的にはお行儀よく事務所のリークを報じることの多いスポーツ紙までも、木下さんの不倫相手を報じていましたからね。

 

木下優樹菜、同時多発W不倫!相手は妻子あるアスリート&ミュージシャン。電撃芸能界引退の原因が明らかに

 

報じられた特徴からLDHのメンバーが疑われ、ワイドショーで使われたシルエット写真ではピッタリ一致する人も特定され、ネットは大混乱でした。

 

◆まったくもってイメージは一致しない。でも条件とシルエットは一致する…

不倫相手→ geinou ranking geinou reading

不倫相手→ geinou reading geinou ranking

 

あれを収めるには、たしかに「引退」しかなかったのかも。

 

でもそうやって引退することで抑え込んだからには、まあ芸能人には戻れないですよね。

 

しかも、相手は相当ヤバいのでしょうから。

 

元文春記者が木下優樹菜の不倫相手を明かすも…シルエットがT→Sに変わってる

 

 

「書いたら生涯出禁」!木下優樹菜の不倫相手がヤバい。ただしEXILE系ではない

 

とはいえどんどん存在感もなくなっていますから、木下さんが再度注目されるには、そのヤバい相手を暴露するしかないような気もしますけどね。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木下優樹菜さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー