元TOKIO・山口達也さんの芸能界復帰が近いのではないかと、業界で囁かれ始めているといいます。

 

が女子高生に対する強制わいせつ事件からちょうど一年が経ち、最近はメンバーによる”匂わせ発言”も増えてきていますが、それらがグループ復帰の伏線だというのですが…

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】邦楽CD TOKIO / 17[DVD付初回限定盤]

価格:1500円(税込、送料別) (2019/5/3時点)


楽天で購入

 

[以下引用]

「山口さんと懇意にしている一部のテレビ局スタッフは、事件から1年経った今、復帰の道を探せないかと話しています。ファンからも山口さんの復帰を期待する声が多数届いています。新しい時代の到来に合わせて、彼に“もう一度チャンスを”という考えが、彼の支援者の中で広がりつつあります」(芸能関係者)

 

昨夏、山口は事件現場となったマンションを解約。2016年に離婚した元妻と子供たちと過ごした、都内高級住宅街にある豪邸も売却した。その元妻と子供はハワイで生活しているといい、山口がそこに合流するという説もあった。

 

「そんなことはなく、実際は両親やお兄さんがサポートしているそうです。当初、山口さんは精神的に落ち着かず、体重の増減もありましたが、年明けからはだいぶ落ち着いています。現在は、都内でお兄さんと一緒に暮らしているそうです。外食をすることもあり、先日は弟さんと一緒に北京ダックを食べたと聞きました。周囲からは福島にボランティアに行くことをすすめられたり、気分転換にTOKIOでやっていたベースを弾いてみてはどうかと提案され、本人も少しずつ行動範囲を広げているようです」(山口の知人)

 

TOKIOは今年デビュー25周年を迎えた。アニバーサリーイヤーだが、ライブツアーの予定もアルバム発表の予定もない。4月17日の『TOKIOカケル』でグループ結成秘話を明かしたが、山口に言及されることは一度もなかった。

 

「確かに山口さんの騒動の余波はまだ消えていない。25周年の関連イベントも一切なし。メンバーはここ1年、一度も山口さんの名前を出していません。でもそれは彼のためを思ってのこと。メンバーは自省を続けていますし、山口さんのことを気にかけながらも、そう簡単には許してはいけないという毅然とした態度をとり続けている。でも、解散はしていないというのが1つの答え。そんな彼らを見て“もう一度5人で”と後押しする声が周囲からあがり始めたようです」(テレビ局関係者)

[女性セブン]

 

「女性セブン」はジャニーズ御用達と言われる週刊誌ですから、そこがこのような論調の記事を出してきたということは、ジャニーズ事務所が山口さんの復帰を考えていることは確かなことでしょう。

 

恐らく、こうやって世間の反応を見定めているのではないでしょうか?

 

ただ、TOKIOメンバーが山口さんの名前を一度も出していないとはいえ、明らかに匂わせている発言は最近多くなってきています。

 

たとえば、3月17日放送の「鉄腕ダッシュ」では、八丈島を訪問した松岡昌宏さんが「ジャニーズのムロアジって呼ばれた時代がありましたよ。俺も昔これぐらいとんがってたんだけどな。10年前の僕は、まだこの状態(塩抜き前の魚)でしたから。僕らは塩抜きを終わりましたよ。人生の塩抜きを。これが更生ですよ。これが更生です」と発言。

 

画面のテロップには「更生」とは「精神的・社会的に立ち直ること」との解説も付けられ、ネットでは「これは明らかに、山口メンバーへのエールだろ」と話題になりました。

 

また、4月17日放送の「TOKIOカケル」ではA.B.C-Zの橋本良亮さんをゲストに迎え、ジャニタレの入所&デビュー年表を元にトークが繰り広げられたのですが、そこで再び松岡さんが匂わせ発言。

 

なんでも、TOKIO加入前の松岡さんは井ノ原快彦さんらと仲が良く、合宿所で暇そうにしていた城島リーダーや国分さんのことを「もう売れない人たちだ」として避けていたんだとか。

 

そんなある日、ジャニーさんから「YOU、あっちへちょっと行って」とTOKIO加入を命じられてしまい、松岡さんは心の底から泣いたといいます。

 

一方、迎え入れる城島&国分さんからは「ようこそ」と大歓迎され、松岡さんは「みんな、この3人が“ウェルカム”ってなって、それが2年続いたんですよ」嘆き口調で笑いを誘っていました。

 

トークの流れ上、松岡さんがTOKIOに加入した時点で長瀬さんがまだいなかったことは視聴者にも分かっていましたし、「この3人」が「城島、国分、山口を指している」として話題になったわけです。

 

まあ、ちょっと深読みし過ぎな感じもしますが、とにかく松岡さんの発言をきっかけにネットでは山口さんのことが思い出されているわけで、まだまだ彼の存在感が視聴者の間でも健在であることは間違いなさそうです。

 

 

しかしながら、山口さんの復帰可能性を報じる記事が出ると、そこには必ず否定的なコメントがたくさん付くのも事実。

 

実際、引用記事のネット版には復帰に否定的な意見が多数寄せられていました。

 

  • 城島が涙ながらに語ったあの重い言葉をたった1年で覆そうとしてるの?

  • 「芸能人だから最終的に復帰が叶うなんて 一般社会ならそこで終わりですから 周囲も甘いから業界が笑われるんです」

  • 「苦しんでるの見て、頑張ってメンタル治してるのを近くで見て、戻りたそうだな、頑張って治療してるし戻してあげたいなーと感情移入してる記事にしか見えない」

  • 「 可哀想とも見えるが自業自得。 戻したら本人、その子供の為にならない」

  • 一般人なら職も失い、信頼も失い、場合によっては家族も失うくらいの重い罪です。絶対にテレビに出てほしくないです」

  • 「ちょっと難しいんじゃないか。散々いい思いしてきたんだから、もういいでしょ」

 

まあ、山口さんの犯した罪の種類が種類ですから、特に女性からは嫌悪感が向けられるのは仕方ないですよね。

 

ただ、老若男女全体で見れば、復帰に賛成する人も強硬に反対する人も、どちらも少数派なのではないでしょうか?

 

恐らく、ほとんどの人が”無関心”というのが実情のような気がします。

 

そうなると、こういっちゃ失礼ですが強行反対派の方々が”ノイジーマイノリティー”となってネットで目立つようになるのは、ある意味当然かと。

 

その辺りを事務所がどう見極めるのかが、復帰のポイントになってくると思います。

 

個人的には「そんな簡単な話ではない。公の場に出なくても日の当たるところはある。新たな人生を歩んだほうが利口」というコメントに共感を感じましたが…

 

ジャニーズに限らず、芸能事務所にとって所属タレントは”商品”であり、それが売れっ子なら大事な”金の成る木”ですからね。

 

山口さんがいなければ、人気番組として長年に渡り日曜夜のゴールデンタイムに君臨してきた「鉄腕DASH」が「ジリ貧→打ち切り」コースとなる可能性は高いです。

 

しかも、TOKIOが音楽活動を再開することもできず、このままグループ解散となることは避けられないような。

 

ジャニーズにとって”山口達也”という商品が重要であればあるほど、多少の反発は覚悟の上で「復帰を強行する価値はある」と判断するのでは?

 

「鉄腕DASH」ファンの間では山口さん復帰待望論があるのも事実ですし、アイドルという肩書を捨て去り、女性ファンを諦めて男性ファンだけにターゲットを絞るという”営業戦略”もあるでしょう。

 

もともとTOKIOはアイドル臭の少ないロックバンドスタイルなので、これを機会にグループ自体をガラッとイメチェンしてしまうとか。

 

TOKIOは今年9月21日にデビュー25周年を迎えますが、いったいどんな形でその日を迎えるのか注目です。

 

◆長瀬智也がT社長に超絶激怒!ジャニーズを辞めて…

 まさかのあのバンドで再デビューか!→ geinou ranking geinou reading

 まさかのあのバンドで再デビューか!→ geinou reading geinou ranking

 

TOKIO INITIAL―TOKIOファースト写真集

TOKIO INITIAL―TOKIOファースト写真集

[関連商品]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※辞めジャニのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング