奇跡のアラフィフとして再ブレイクしていた斉藤由貴さんが、地元で開業する50代医師と長年に渡り不倫をしていたことが発覚、キス写真などごまかしようのない証拠が流出し、謝罪の上、次々と仕事を降板しています。

 

幾島として出演予定だった2018年の大河ドラマ『西郷どん』も降板したのですが、島津斉彬役で出演する渡辺謙さんが「降板はやめてよ~」と頭を抱えていると女性セブンが報じています。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

 

渡辺謙さんは今年春、元ホステスのジュエリーデザイナーとの不倫が報じられ、妻・南果歩さんとは会話もなく別居状態だと言われています。

 

渡辺さんの女癖は以前も話題になったことがあり、杏さんの母である前妻との離婚訴訟の際には斉藤由貴さんとの不倫関係を指摘された過去があります。

 渡辺謙と杏の壮絶な過去

 

そんな二人の共演が話題にもなっていましたが、斉藤さんの降板で共演は実現しないことに。

 

この状況に、渡辺さんは「降板はやめてよ~」と頭を抱えているそうです。

 


[以下引用]
「“NHKは斉藤を切って渡辺を選んだ”といわれていますが、それは違います。スポンサーの顔色をうかがわなくてもいいので、NHKは民放テレビ局に比べてスキャンダルに寛容だといわれています。もちろん犯罪は言語道断ですが、不倫騒動ではNHK側から降板を要求することはないといわれています。つまり、斉藤さんの降板は、彼女が自発的に決断したということなんです。



そうなると、“斉藤由貴は責任を取ったのに、のうのうと出演しようとしている渡辺謙はどうなんだ”という批判の声が集まりかねません。斉藤さんの降板によって、“悪目立ち”する渡辺さんはさらなる『針のむしろ』状態に追い込まれたんですよ」(芸能関係者)

[女性セブン]

 

 

斉藤さんが降板したのは、流出した不倫相手の男性の様子が『西郷どん』主演の鈴木亮平さんが過去に主演した映画『変態仮面』を連想させることを考慮したのではないかと言われています。

 

さらに、島津斉彬役の渡辺さんと幾島役の斉藤さん、二人も不倫報道があったとなると、不倫大河と言われそうだという考慮もあったとも報じられていました。

 

しかし、斉藤さんが降板した結果、ネットでは渡辺さんの不倫に再度注目が集まり、「斉藤さんがNGで渡辺さんがOKなのはなぜ?」「事務所のパワーの違いか」といった声があがっています。

 

※世界のワタナベだから?[楽天市場]

 

 

 

実際には、女性セブンが正しいなら不倫レベルではNHKは降板を要求しないようですし、斉藤さんの場合、会見で嘘をついていたのが問題だったという話もあります。

 

ベッキーさんも嘘をついた結果、川谷絵音さんとのLINEのやりとりが公開され、ダメージを大きくしました。

 

やっぱり嘘はいけないですね。