タグ:Sexy Zoneの記事一覧

タグ:Sexy Zone
嵐になれなかったSexy Zoneが行き着く先

[スポンサーリンク]

 

「ポスト嵐」として正統派キラキラ路線を進んできたSexy Zoneの不協和音が語られることが多くなってきました。

 

すでに昨年デビューしたばかりの後輩King & Prince(キンプリ)にファンクラブ会員数も売上も抜かれ、目指していた「ポスト嵐」の可能性が薄くなってきた今、Sexy Zoneにささやかれる「ゴール」とは。

 

 

 

 

Sexy Zone限界説

 

紅白歌合戦に毎年出場し、音楽系の特番にはまず顔を出し、メンバーの中島健人さんがドラマやバラエティで活躍しているものの、曲には馴染みがなく、どの層に人気なんだろうと思っていたら小学生向けの雑誌の表紙を飾っていて、ああ小学生に人気なのか、と納得していたら、このところ急激に「落ち目」「解散危機」が報じられるようになってきたSexy Zone。

 

先週はついに週刊文春がメンバー自身が不満をため込んでいると報じました。

 

泣いて「ジャニーズ辞めたい」…Sexy Zoneメンバーが限界を訴える

これも昨年デビューしたキンプリが好調だからなんだと思われます。

 

実際、2011年11月にデビューしたSexy Zoneのファンクラブ会員数は29万人、昨年デビューしたしたキンプリは37万人、CDの売上も、Sexy Zoneが1週間で売り上げる数字をキンプリは初日で超えるんだとか。

 

ジャニーズWESTももちろんキンプリに抜かされていますが、この差を自虐に持って行けるキャラがあります。

 

しかしSexy Zoneはそういう路線ではないですし、ジャニーズWESTと違い十分機会を与えられての今ですから、なかなか厳しいものが。

 

 

 

SMAP解散後もSexy Zoneが推された理由

 

Sexy Zoneは主流であるジュリーさん管轄ではなく、SMAP独立騒動でジャニーズを退社した飯島女史管轄でした。

 

そのため、Sexy Zoneがずっと機会を与えられ続けていたのは実は不思議なことだったのですが、それにはワケがあったよう。

 

[以下引用]

「『SMAP』を担当していたIマネジャーのイメージが強い『セクゾ』ですが、実はデビュー時だけは『嵐』を担当していた藤島ジュリー景子氏が売り出しを担っていました。その証拠に、デビュー曲を引っ提げて初登場した『ミュージックステーション』には『嵐』も出演しており、VTRコーナーやトークの絡みで弟分であることを強調しています。5人組であること、ワールドカップバレーでのデビュー、デビュー曲とグループ名が同一、レコード会社がポニーキャニオンなどの共通点を挙げ、一部メディアに〝ネクスト嵐〟と無理やり呼ばせていたのも、『嵐』の存在を強烈に意識していたためでしょう」(同・ライター)

[まいじつ]

 

SMAP独立騒動後のドタバタ中、同じ飯島さん管轄のキスマイがイベント中止になったりファンクラブ関係の手続きが滞ったりと明らかな異変があったのに、Sexy Zoneは通常運転でした。

 

そこが不思議で、貴重な正統派ジャニーズとして捨てられなかったのかと思っていたのですが、デビュー当時はジュリーさんだったから、というのもあるのかもしれませんね。

 

同情すべきは、正統派であるために出演番組も「正統派」が多くキャラを出す間がなかったこと、そしてその結果、品行方正で面白みのない感じが定着した点でしょうか。

 

その分、スキャンダルらしいスキャンダルもないというのはアイドルとして評価されていいと思うのですが。

 

NEWSにしてもHey!Say!JUMPにしても、若くしてデビューしたグループは変なスキャンダルが多かったりするんですけどね。

 

そのあたりゆるゆるのほうが話題になるというのもおかしなものです。

 

 

Sexy Zoneの行き着く先

 

[以下引用]

だが、国民的人気を誇る「嵐」には到底なれそうもなく…。

 

「しかし、実際に『セクゾ』が落ち着きそうなのは『NEWS』のポジションです。『NEWS』は人気が拡大することも楽曲がヒットすることもなく、上昇気流に乗らず固定ファンだけを相手にしているグループ。ファン以外の一般層には人気も需要も低く、『セクゾ』の将来像としては最も近い存在と言えます。中島健人が『ぐるぐるナインティナイン』等のバラエティー出演でグループ唯一の勝ち組になっている状況も、手越祐也が『世界の果てまでイッテQ!』等のバラエティー出演で1人だけ知名度が高い状況に似ていますしね。上昇志向を捨てて割り切りさえすれば、固定ファンを相手に細々ながら息の長い活動ができるでしょう」(同)

[まいじつ]

 

キャラを出す機会がない中、中島健人さんは「セクシーなんたら」とかラブホリ先輩とかデビュー当初から一人邁進していました。

 

菊池風磨さんはちょっと悪っぽく、佐藤勝利さんが超キラキラ系と、まあ頑張ってはいましたが、それだけじゃ人気は出ないんですよね。

 

まあ誰もが嵐にはなれないかなーとは思います。

 

ジャニーズの諸先輩がたも、SMAPや嵐のような「国民的アイドル」を目指して頑張り、その結果がそれぞれああいう感じなわけで。

 

今後Sexy ZoneはSexy Zoneの居場所を作っていくわけですね。

 

最近は深夜ですが昔だったらやらなかったであろう過酷なバラエティに挑戦し、キャラを出すチャンスにも恵まれてきました。

 

これが5年早かったら、今とは違う結果だったかも。

 

◆吹き出し注意

ジャニーズおもしろ画像→ geinou ranking geinou reading

ジャニーズおもしろ画像→ geinou reading geinou ranking

 

※幼い…

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※コメントが怖め?山下智久さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

泣いて「ジャニーズ辞めたい」…Sexy Zoneメンバーが限界を訴える

[スポンサーリンク]

 

Sexy Zoneのメンバーが後輩グループのKing & Princeに追い上げられた結果不満爆発、泣いて「ジャニーズを辞めたい」と訴えるメンバーも出ていると週刊文春が報じています。

 

 

※今は4人です

 

 

Sexy Zoneは2011年末にデビュー。

 

同年夏にデビューしたKis-My-Ft2が「ジャニーズらしからぬブサイクさ」で話題になったのと反対で、イケメンぞろいだと話題でした。

 

その後、正統派ジャニーズとして順調に押され続け、デビューから2年たった2013年からは紅白歌合戦にも出場し続けていますし、昨年は日テレの夏の風物詩『24時間テレビ』のメインパーソナリティも務めました。

 

至って順調に見える一方で、5人いるメンバーのうちマリウス葉さんと松島聡さんが外され3人で活動する時期があったり、なぜ紅白に毎年出るのかわからないジャニーズの代表格だと言われ続けたり、昨年の『24時間テレビ』もゴリ押しの結果だと揶揄されていました。

 

そんな中、同じく正統派ジャニーズを継承するキンプリがデビュー。

 

センターを務める平野紫耀さん主演のドラマ『花のち晴れ』は視聴率としてはイマイチでしたがバラエティで見せる天然キャラも話題になり一気に勢いが加速。

 

その他メンバーもそれぞれキャラ立ちしており、ファンクラブの会員数もあっという間に抜かれ、新曲のプロモーションをしてもファンの反応がまるで違うとか。

 

業界評でもその差は明らかです。

 

[以下引用]

「キンプリとセクゾはグループの平均年齢も近く、メンバーの雰囲気も似ているんです。ただ、キンプリのほうが個々のポテンシャルが高いと言わざるを得ない。セクゾでは唯一、中島健人が『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)のレギュラー出演で“王子様キャラ”が浸透しましたが、それ以外のメンバーの印象は薄い」

[文春オンライン]

 

キンプリは確かにしっかりキャラ分けがされている印象です。

 

ただそれが正解だったかは微妙なのが、今休業中の岩橋玄樹さん。

 

今年嫌いなジャニーズランキングにランクインしており、その理由がJr.時代は男らしい感じだったのに、と、今の女性的なキャラが受け入れられていない印象です。

 

◆嫌いなジャニーズランキング2019。

キンプリでランクインしたのは3人→ geinou ranking geinou reading

キンプリでランクインしたのは3人→ geinou reading geinou ranking

 

そんな状況でもキンプリの勢いがあるのは間違いありません。

 

事務所の押し具合もすっかりキンプリに移っているようで、1年ほど前は佐藤勝利さんを使ってほしいと言われていたのにいざオファーすると「Sexy Zoneではなく、King & Princeを使ってほしい」と言われるとテレビ局関係者が証言していました。

 

まさにこの通りだったわけですね。

 →Sexy Zoneついに終了!オファーしてもキンプリお願いと言われる

 

そしてSexy Zoneのメンバーは限界が来ているようで…

 

[以下引用]

「マリウスもそろそろ限界です。アイドルをやっている自分は本当の自分ではないと、彼はずっと悩んでいます。昨年の『24時間テレビ』が終わった後、『ジャニーズを辞めたい』と泣きながら関係者に訴えたのは、事務所の中でも話題になりました。

 

菊池、中島、佐藤も苛立ちを抑えられないようで、昨年末から今年にかけて、自分のポジションをハッキリさせてほしい、と事務所の人間に不満をぶつけていた。本人たちは必死なのでしょうが、菊池と中島などは態度が悪いと幹部から怒られたこともある。特に、菊池はかなり不機嫌でした」(ジャニーズ事務所関係者)

[文春オンライン]

 

『24時間テレビ』のあとに泣いたのは、キンプリがどうのではなくて単純にマリウス葉さんがもう限界なのでは。

 

Sexy Zoneは最近こういう感じの話題がよくありますね。

 

そんなSexy Zoneに与えられた最後のチャンスが先日放送された超絶バラエティ番組だったという話も。

 →Sexy Zoneにラストチャンス

 

正統派ジャニーズとして歌番組への出演や個別に俳優としての露出はありましたが、バラエティは数が少なく、キャラ立ちもなにもそれを見せるチャンスが少なかったとも言えるのがSexy Zoneです。

 

その点リードできたのがブサイクをウリにできたキスマイでしたが、SMAP独立騒動のゴタゴタで勝機を逸した感じがありますよね。

 

バラエティに出てキャラを出し、それでも売れなければ…

 

まだ若い彼らの今後はどうなるんでしょうね。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山下智久さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

オワコンと言われるSexy Zone最大の失敗とは。紅白出場も今年が最後に…?

2011年にデビューしジャニーズ事務所内ではすっかり中堅的存在になりつつあるSexy Zoneが、業界で「これ以上売れるのは厳しい」「もはや上がり目はない」という評価になっていると報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

12月5日、この日発売された同グループのニューシングル『カラクリだらけのテンダネス/すっぴんKISS』が、同日付オリコンデイリーランキングで2位を獲得。1位が当たり前のジャニーズアイドルにとって、発売日のデイリー2位発進という非常事態を起こしている。

 

さらにマズイことに、同ランキングでSexy Zoneを抑えて首位に立ったのは、名古屋発の男性アイドルグループ『祭nine.』の新曲。仮にも紅白出場の全国区グループが、同じ男性グループ、しかもローカルアイドルに敗北するという赤っ恥をかいてしまったのだ。

 

しかもSexy Zoneの新曲は、両A面シングルでダブルタイアップ付きという盤石の体制。『カラクリだらけのテンダネス』はメンバーの中島健人が主演する日本テレビ系ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』の主題歌で、『すっぴんKISS』はメンバー全員で出演する化粧品CMのCMソングになっているのだ。

[まいじつ]

 

今どきCDは売り方いろいろで単純に比べるのも難しいですが、これは確かに厳しいですね。

 

『祭nine.』とは昨年デビューしたBOYS AND MENの弟分で、今回のシングルは3枚目です。

 

※こんな人たちです

[Amazon]

 

ジャニーズは所属グループのリリースしたCDが常に1位を獲得すべくリリース日も調整するなんていいますが、その上でこの結果だと思うとなかなかつらいものがあります。

 

やっぱり祭nine.はローカルアイドルでありこの新曲だって特にタイアップしているわけでもないわけですからね。

 

一方でSexy Zoneの方は、ドラマ主題歌でありCMソングであり…。そしてさらに、Sexy Zoneはこの夏の日テレ『24時間テレビ』のMCでした。

 

ちなみに祭nine.のセカンドシングルはオリコン週間ランキングで1位だったそう。

 

ジャニーズとボイメンチームが拮抗したのは今回が初めてではなく、2016年にもキスマイがデイリーランキングで2位となったときの1位がボイメンでした。

 

そのときはキスマイファンが奮起しツイッターなどSNSを利用し追加購入を呼びかけ、オリコンの週間ランキングでは見事1位を獲得しました。 

 →キスマイがボイメンに競り勝ち

 

Sexy Zoneにも同様のアツいファンがついており現在追加購入を呼びかけ中ですが、さて結果はどうなることでしょう。

 

参考までに、ファンの数を推測する基準の一つとなるファンクラブ会員数では、Sexy Zoneは約24万人で、キスマイは約44万人とのこと。

 

さらに、ファンの購買意欲または購買力の一つのものさしとしてのカレンダーは…

 

[以下引用]

「今年度、最も売れたカレンダーは小学館が発行したHey! Say! JUMPの十万部以上。定価は二千四百円でした。予約の段階で九割以上が捌け、三億円近くを売り上げたといいます」(芸能評論家・三杉武氏)


次点はKis−My−Ft2の推定六万部、ジャニーズWESTも五万部超とされる。Sexy Zoneは「WESTをやや下回る」(芸能関係者)という

[週刊文春]

 

紅白にも出ているSexy Zoneのカレンダーの売上がジャニーズWESTを下回るとは。

 

Sexy Zoneはかなりその名前で損していると思うんですよね。

 

ある意味これが最大の失敗だったかも。

 

中島健人さんが「 SexyZoneの解釈は人それぞれです」なんて言っていましたが、なんだかちょっと…と言いたくなるグループ名ですよね。

 

今度Jr.にSexy美少年というグループができたと話題になっていましが、これもどうかと思うもののSexy Zoneよりは良いんじゃないかと。

 

あとは優等生タイプが集まったメンバーなのが厳しいのでしょうか。

 

ただまあ、嵐の例を見てもブレイクのきっかけはどこにあるかわかりませんし、ジャニーズ王道のグループとして頑張ってほしいですね。

 

◆ボイメンメンバーの発言に視聴者ドン引き!

勘違いがひどすぎる→ geinou ranking geinou reading

勘違いがひどすぎる→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ボイメンメンバーさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

Sexy Zoneが募金総額ワースト更新確実か。『24時間テレビ』大抜擢も不安は募る

[スポンサーリンク]

 

2018年の日テレ『24時間テレビ』のメインパーソナリティがSexy Zoneであることが発表されました。

 

通常より早い時期の発表のウラには知名度への心配があり、知名度の低さは募金額減少への心配につながっていると報じられています。

 

※デビューは2011年[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

XYZ=repainting (初回限定盤B CD+DVD) [ Sexy Zo…

価格:3011円(税込、送料無料) (2018/1/29時点)



 

 

[以下引用]

「今月、同局『ぐるぐるナインティナイン』の人気企画『ゴチになります!』の新メンバーに、TOKIO・国分太一と入れ替わりで中島を加入させたのも、『24時間テレビ』へ向けて知名度を上げるための策略と見られています。また、例年、メインパーソナリティは4月頃に発表されることが多い中、1月という早い段階で発表したのも、時間をかけて注目度を上げるための戦略でしょう」(芸能記者)

 

視聴率と同じく、毎年注目されるのが募金額だが、昨年の総額は6億9,915万3,512円。7億円を下回ったのは、35年ぶりの出来事だった。

 

「嵐がメインパーソナリティを務めた4年前には、募金総額が15億円を超えていた。激減した最たる要因は、多くの視聴者が同番組の“エセチャリティぶり”に気付き始めたことでしょう。ただ、パーソナリティの人気度も募金額に影響すると言われるだけに、Sexy Zoneでは厳しそう」(同)

[サイゾー]

 

Sexy Zoneは2011年11月にデビューし、2013年からは紅白歌合戦に毎年出場と、ジャニーズの中ではエリートコースを歩んでいるはずなのですが、毎年「なんで出てるの?」と言われる歌手でもあります。

 

2017年の紅白の歌手別視聴率を見ると36.2%で、直前の演歌歌手・丘みどりさんの36.9%から下がってはいるものの、3つ後の三代目JSBは36.0%ですから良い勝負です。

 

小学生向きの雑誌の表紙になっていますし、ターゲットは小中学生なんでしょうね。

 

そんな中、佐藤勝利さんは現在放送中のドラマ『99.9』で木村文乃さんの過去に関わる「謎の男」を演じ、4月からも日テレの土曜ドラマ出演が決まっており、中島健人さんは「ゴチになります!」で国分太一さんに代わってレギュラーになり、グイグイ押してる感じがします。

 

※ドラマは誰が主演するんでしょう。[Amazon]

http://amzn.to/2GtfwyH

 

Hey!Say!JUMPはデビュー10年でとりあえず押せるだけ押して今レベルで、もう押しようがないですから、今度はもっと若手を押し上げたいところなんでしょう。

 

小中学生はお小遣いにも限界がありコンサートをしてもCDを出しても限界がありますが、大人も目にするドラマやバラエティ、そして『24時間テレビ』のメインパーソナリティで化けることができるでしょうか。

 

ただ、Sexy Zoneはデビュー当時は近年ないくらい美形揃いと言われましたが、勢い的には同年デビューした「ジャニーズらしからぬブサイク」キスマイのほうが上だったのも事実。

 

もっと上手にキスマイを盛り上げれば、今頃はHey!Say!JUMPを超え関ジャニ∞よりももしかしたら人気のあるグループだったんじゃないかと思いますけどね。

 

SMAP解散騒動でゴタゴタする中、「飯島派」と言われたのはSexy Zoneもキスマイも同じですが、正統派好きなジュリーさんの好みではないであろうキスマイには酷な流れだったかも。

 

ちなみに、現在の募金総額ワーストは1982年の605,736,459円。4年前は15億を超えたものの、翌年は約9億、そして2年続けて8億台での昨年の7億切りなので、今年ワーストを更新する可能性もあると思われます。

 

それでもジャニーズに頼るしかないのが日テレなのでしょうね。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※元SMAPさんたちのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング