タグ:Sexy Zoneの記事一覧

タグ:Sexy Zone

ジャニーズにNOの声多数!紅白歌合戦に出てほしくない歌手ランキング

週刊文春の「紅白に出てほしい歌手・出てほしくない歌手」ランキングで、「出てほしくない」部門にジャニーズタレントが多く選ばれたことがわかりました。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

 

[以下引用]

「出てほしくない歌手部門」では、AKB48が2位に。「ひと枠でいい。AKBとか欅坂とか乃木坂とかキリがない」(52・女)といった意見が目立った。また、3位に嵐、8位にTOKIO、13位にSexy Zone、18位に近藤真彦が入るなど、毎年多数出場するジャニーズ所属のタレントに対し、「ジャニーズだからといって、枠が多すぎて他の歌手が少なすぎる」(13・女)といった指摘も散見された。

[週刊文春]

 

 

ちなみに出てほしくない部門1位は和田アキ子さんです。

 

AKBが一枠でいいというのも、ジャニーズが多すぎるというのも、結局は同じ問題なんでしょうね。

 

AKB系はどこも人数が多いせいか、ジャニーズ以上にどのグループが出ても違いがない感じもしてしまいます。

 

最近は運営側がCMのオファーがあってもAKB48よりも乃木坂や欅坂をおすようで、本体であるはずのAKB48の需要も低迷しつつあると週刊新潮も報じています。

 

EXILE一族もEXILEが紅白を辞退していますし、思い切ってAKB48がまず紅白からいなくなる、というのはどうでしょう。

 

※もう過去になりつつある感じ[楽天市場]



 

ジャニーズで出てほしくないに選ばれたうち、嵐、TOKIOは意外です。

 

嵐はしょっちゅう司会をやって飽きられたんでしょうか。

 

TOKIOは確かにCDの売上はありませんが、毎年発表される歌手別視聴率では常に高い数字をキープしています。

 

これも『鉄腕ダッシュ』で全国的、全世代に知名度を広げ好感度を得た結果なのかなと思います。NHKとしても、視聴率が期待できるうちはTOKIOにオファーし続けるのではないでしょうか。

 

視聴率の点で言うと、毎年低いのがSexy Zoneです。

 

ただ、ジャニーズの正統派キラキラ系ですから、この枠はジャニーズが死守するんじゃないでしょうかね。

 

近藤真彦さんは1996年の出場を最後に紅白から遠ざかっていましたが、2015年に歌手デビュー35周年記念で久々に出場、不倫の噂もあった松田聖子さんと最後を飾りました。

 →NHKが松田聖子と近藤真彦の不倫疑惑を利用

 

その年は35周年祭りでカウコンも近藤さんのためのものみたいになり、ジャニーズファンからかなり不評だったことが思い出されます。

 

次はおそらく40周年となるときまで出ないんじゃないかと思いますが、新曲が出ているのが紅白へのアピールだったりして。

 

※ジャニー喜多川さんが曲名つけたとか[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軌跡 [ 近藤真彦 ]

価格:1500円(税込、送料無料) (2017/11/8時点)



 

それもこれも、「ジャニーズのトップは近藤真彦です」と言い切るメリー喜多川さんがいてこそのことですけどね。

 

反対に「出てほしい」部門1位は安室奈美恵さんで、5位にSMAPがランクインしていました。

 

SMAPに「いつの日か、また再結集して出てほしい」とコメントを寄せたのが53歳の男性で、SMAPが国民的アイドルだったことが実感されます。

 

「出てほしい」6位にランクインした北島三郎さん「昔の紅白は、まさに歌合戦でした。時代の流れとともに、今では“観せる”紅白になってきた気がします」とコメントしていましたが、たしかにそうですね。

 

そろそろ今年の出場者が発表されるころですが、「観せる」が「魅せる」になるような人選があるといいと思います。

 

◆なぜこの人が落ちて、あの人が出るの?

紅白出場者決定の謎→ ranking reading

紅白出場者決定の謎→ reading ranking

 

 

情報参照元:週刊文春

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※和田アキ子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

まさかの嵐敗北!ジャニーズ後継者争いでテレビ各局に究極の「踏み絵」が迫られる

昨年の後半頃からTBSと嵐の関係がギクシャクしていると、週刊文春が報じています。

現在嵐はジャニーズの中でも最も人気があるとして、テレビ各局は嵐を特別扱いしていたのに、このところTBSは嵐から距離を置いているんだとか。

これは、SMAPを代表とするI女史派閥と嵐を代表とするJ女史派閥の“ジャニーズ跡目争い”が原因となっているといいます。

ranking

※櫻井翔さんはTBSで有吉さんとの新番組『今、この顔がスゴい!』が始まります。

オレは絶対性格悪くない!
オレは絶対性格悪くない!


[関連商品]

この記事の続きを読む

中居正広が世代交代の切り札に!ジャニーズがキスマイや山下智久をSMAPとのバーターでゴリ押しする背景

少し前まで後輩との共演がほぼなかったSMAPが、このところ盛んに後輩たちと共演しています。

顕著なのがKis-My-Ft2(キスマイ)のメンバー、特に北山宏光さん、藤ヶ谷太輔さん、玉森裕太さんですが、今後はSexy Zone(セクゾン)を始めとする後輩たちがどんどん出てくるようなりそうです。

その背景には、ジャニーズ事務所の売り出し方や派閥争いの影響があるというのですが…

 → ranking

※これがラスト。未来を語ってます。

SMAP×SMAP COMPLETE BOOK 月刊スマスマ新聞 VOL.5
SMAP×SMAP COMPLETE BOOK 月刊スマスマ新聞 VOL.5


[関連商品]

この記事の続きを読む

得をするのはジャニーズだけ!バレーボール女子五輪決定の裏に過酷な労働強制と姑息な集客手段の実情

ロンドン五輪の出場権をかけて、連日激戦が繰り広げられている『バレーボール世界最終予選』。全日程を終えた女子が五輪出場を決め、男子もそれに続けと期待が高まっている中、日本バレーボール協会による過酷な労働強制の実態と、ジャニーズを客寄せパンダに使う姑息な集客手段を暴露する衝撃のタレコミが、未だに波紋を読んでいるようです。

 → ranking

※「多大なる犠牲」の上に成り立っていたとは驚きです。

がんばれ! 全日本女子バレーMagazine vol.9 (ブルーガイド・グラフィック) [大型本] / 実業之日本社 (編集); 実業之日本社 (刊)

がんばれ! 全日本女子バレーMagazine vol.9 (ブルーガイド・グラフィック) [大…


この記事の続きを読む