タグ:Cocomi
ホームPage 1 / 212

 

モデルデビューする木村拓哉さんと工藤静香さんの長女・Cocomiさんは、クリスチャンディオールのアンバサダーとしても活動することが発表されています。

 

きっかけはCocomiさんの演奏に目を留めたこととされており、本人も「音楽家」と名乗っていますが、コンクールで審査をしたことのある審査員がその実力に疑問を呈しています。

 

 

 

 

Cocomiの肩書は「音楽家」 

 

Cocomiさんがデビューを飾るVOGUE JAPANにはCocomiさんのプロフィールをこう紹介しています。

 

《ココミ/音楽家。芸術への愛を伝えるディオール ジャパン アンバサダーに就任。幼い頃から音楽に囲まれて育ち、3歳でヴァイオリンを、11歳でフルートを始める。N響・神田寛明氏に師事しており、ヴラディミール・アシュケナージ、エマニュエル・パユのマスタークラスを修了。2019年、日本奏楽コンクールで最高位受賞、管楽器部門1位、フランス近代音楽賞受賞などコンクール入賞歴多数。》

 

なんだかものすごい経歴ですね。

 

加えて地下にあるレッスン室で毎日練習をしていたといいますから、環境に加えて努力もあり、結果を出して来たんだろうなと思います。

 

しかしこの素晴らしい経歴にもケチが付くようで。

 

たとえば、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者である「エマニュエル・パユのマスタークラスを修了」したとありますが、彼が日本で行っているマスタークラスはたいてい1日で終了するものだそう。

 

1日でもなんでも「マスタークラス修了」には違いないですし、もしかしたら本場で講習を受けたのかもしれませんし、これはなんとも言えないのですが、文春は実際に審査した審査員に話を聞いています。

 

※在庫あり、複数購入可の布マスク

 

「マジかよ?」のコンクールの裏側は… 

 

[スポンサーリンク]

 

Cocomiさんが落選したとき、工藤さんとKoki,さんは「マジかよ?」「審査員が悪い!」と罵ったと報じられています。

 

 

「ママの英語わかんなーいクスクス」残した弁当は捨てる…工藤静香の娘Koki,とCocomiの仰天下品素顔!

 

Cocomiさんの実力はどうだったのか、文春が昨年の「全日本学生音楽コンクール」で実際にCocomiさんを審査したクラシック音楽関係者2名に話を聞いたところ、遠目でも芸能人子供だというオーラはあったよう。

 

審査員A氏によると、Cocomiさんの予選は素晴らしく、全国大会へ進む予感があるほどだったとか。しかし本選では調子が出ず、予選で期待していたところからは程遠い出来だったそう。

 

もうひとりのベテラン審査員B氏も、厳しい講評で…。

 

[以下引用]

「一言で言えば『普通』。何かミスがあったわけでもありませんが、あのくらい吹ける学生は、世界に限らず日本だけでもいくらでもいます。審査員として1日に何人もの演奏を聴くので、上手くなければ記憶に残らない。歌手に例えれば、技術よりも先に『あの人は生まれ持ったいい声をしている』という天賦の才みたいなものがあります。しかし彼女の演奏からはそういう『説得力』や『表現力』が聞こえてこなかった」

[文春オンライン]

 

審査員がこんなこと明かすなんてビックリ。これ、工藤さん見て激怒してないですかね。

 

しかし怒る前に振り返ってほしいのがこちら。

 

A氏によると、一人で演奏する予選はのびのびとして素晴らしいものの、本戦でピアノ伴走者と合わせるようになると良さがなかったと。

 

「他の演奏者と協調するには、個人のスキル以上に様々な経験や知識が必要なんです」と。

 

 

見た目に合わず気が強いCocomi は他人の演奏を聴くことなく…

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

Cocomiは生まれた直後から世間の注目を浴びた。そのため通っていたインターナショナルスクール「X」への行き帰りのほとんどを静香が車で送り迎えし、フルートの演奏会でも出演するほかの学友と時間差で入るなど“箱入り娘”として育てられた。“経験値”を積む機会に恵まれた、とは言い難い環境だ。

 

「高校では生徒会長や文化祭実行委員長をつとめ目立つ存在でしたが、自信家で気の強いところがありました。ご両親への配慮からかもしれませんが、レッスンや演奏会のとき他の子の演奏を聴くこともなく、自分の番を終えると帰ってしまう。ライバルの演奏を聞いたり指摘し合ったりすることで、他の生徒は自分の演奏と向き合っていたのですが……」(高校関係者)

[文春オンライン] 

 
本人の努力と師事した先生だけでは補うことのできない部分があるということなんですね。
 
小学生の頃は優れた成績を残していても、成長するにつれ結果が出せなかったのは練習以外の部分で育つものがなかったから、なのかもしれません。
 

そんなCocomiさんを審査したB氏はCocomiさんを「音楽家」として報じるメディアの姿勢に疑問を呈し、「彼女はまだ音楽家として大きな実績がありません。心美さんが昨年最高位をとられた『日本奏楽コンクール』というのは出来たばかりのコンクールです。審査員にもフルート専門の先生は少なく、フルート奏者として大きな実績とは言いがたい」と疑問を呈しています。

 

4月から大学生になり、これまで以上に自由になるでしょう。
 
昨年12月からは約50人のメンバーを抱える「JPCO」というプロのオーケストラグループの一員として、顔を出さないまでも活動し始めているといいますから、学ぶものもあり、いずれ「音楽家」と名乗っても恥ずかしくない状態になるのでは。
 

◆すでに工藤静香のSNSでも剥がれていたセレブの仮面

だってこれって…→ geinou ranking geinou reading

だってこれって…→ geinou reading geinou ranking

 

※メガネの人も曇らない、何度でも洗えるマスクです。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※CocomiさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー
タグ

 

木村拓哉さんと工藤静香さんの長女Cocomiさんがデビューし週刊文春がCocomiさんの学校の友人たちにSNSを通じ取材を申し込んでいたことが本人により暴露されていますが、その取材の結果とも言える内容が本日発売の週刊文春に掲載されています。

 

それには想像以上の自己中心的な姿が丸見えになっており…

 

 

 

 

自己中その1:自分のコンサートの話題作りのために娘がデビュー

 

Cocomiさんはデビューしたものの芸能活動は5月号のVOGUE JAPAN表紙とDiorのアンバサダーのみで、4月以降は音大に進み、学業と音楽活動に専念するとされています。

 

そのため業界では「記念デビュー」と言われているそうですが、それにしてもこのタイミングだったのには理由があるとか。

 

[以下引用]

なぜ、このタイミングでのデビューとなったのか。芸能記者が解説する。

 

「六月から始まる静香自身のコンサートの話題作りという面も否定できません。三月上旬からチケット販売が始まっており、娘たちが何らかの形で“サプライズ参加”するのではと見られています」

[週刊文春]

 

 

昨年の全国ツアーは閑古鳥が鳴いていたようで、工藤さん自身ツアー開始前日になっても《今現在行くか行かないか迷っている方8462人 何故に~迷うなら来て!! も~絶対いらして下さい! 迷わないで~ 1人でいらっしゃる方も多いし、夏のライブの服装は皆さまめっちゃラフです!》《たましんは当日チケットあります!! 今、連絡きました!!》とSNSで必死に宣伝していました。

 

工藤静香に閑古鳥!助けて!ライブ会場に半分しか客が入らないの…

 

本当に娘たちが参加するかはともかくとして、Koki,さんがデビューしたあとは、ツアーのたびKoki,さんが同行しているようなSNSの投稿も見られていましたし、「(娘たちが)参加するかも」「もしかしたら実物が見られるかも」と思わせることで動員が増えるかもしれませんしね。

 

なんとも自己中だとは思いますが、長女が大学生になり活動の幅が広がれば顔を隠すにも限界があるし、どうせなら自分にも都合のいいタイミングを選んだんでしょう。

 

ただ、6月からとはいえその頃コロナが終息しているとは限らないですけどね。

 

 

 

自己中その2:娘の流出を避けるためなら他人の不利益なんのその 

 

[スポンサーリンク]

 

大人気アイドル・キムタクとデキ婚した工藤さんは、生まれた娘を守るため、とにかく写真の流出には気を配っていたよう。

 

[以下引用]

「彼女の“姉妹管理”は当時から際立っていました。特に写真撮影には厳しくて、二人の写真を同級生が撮ろうものなら、駆け寄ってきて『削除、削除して』と言って回るんです。生徒の八割近くが英国籍ですし、日本人の生徒も親も芸能人に殆ど関心ないんですが……。普段の送迎も彼女がこなし、ピアノ、バイオリン、フルートを習わせるなど本当に教育熱心でした。実は、姉妹共に芸能界に入りたがっていると聞いていましたが、静香さんも最初からそのつもりだったんでしょう」(小学校関係者)


この“女系家族”では父親の影が薄いようだが……。

 

「小さい頃の送り迎えは木村さんも月一ペースで買って出ていました。食事の仕方や礼儀を正すことはありますが、基本的に優しい。一方、静香さんは娘二人を厳しく管理し、彼女たちも従っています」(同前)

[週刊文春]

 

食事の仕方を正していたお父さんが迎え舌だなんだと食事マナーで炎上したこと、娘たちは知っているのでしょうか…。

 

工藤さんに従っているとはいえ、裏では…

 

「ママの英語わかんなーいクスクス」残した弁当は捨てる…工藤静香の娘Koki,とCocomiの仰天下品素顔!

というのは、工藤さんちだけではないでしょうけどね。

 

この写真や子供のプライバシーに関しては相当で、二人が小学生の頃に山野楽器主催のコンクールで賞をとったことが週刊誌に報じられた翌年からは、会場来場者が事前登録制になったとか。

 →木村拓哉の子供がフルートのジュニアコンクールで最優秀賞

 

さらに、心美さんが高校に入るとそれはエスカレートし…

 

[以下引用]

Cocomiが開設していた非公開のSNS(現在は削除)には同級生や先輩・後輩による批判の声が集まっていた。そこには意外な理由があった。

 

「実は、彼女の入学以降、文化祭でそれまで可能だった写真撮影はおろか、携帯電話の使用まで一切NGになった。静香さんの意向がないとは思えません。もちろん他の生徒は猛反発しましたが、三年間、撮影許可は出ないままでした。三年生の時に彼女はミュージカルで主役を務めたのですが、SNSへの投稿はNG。晴れ舞台を記録に残せない不満が爆発し、文化祭の後は、いつも以上にSNSが荒れていました。実行委員長やミュージカルの主役を務める彼女に不満の矛先が向けられてしまったのです」(前出・学校関係者)

[週刊文春]

 

子供が大事なのは当然で、このくらい徹底しないとプライバシーなんて守れないのかもしれません。

 

が、他のお子さんの思い出は?

 

「普通の感覚を忘れてほしくない」と言っていたという工藤さんですが、工藤さんにとっての普通の感覚って、自分の子供のためなら他人に不都合を強いることなんでしょうか。

 

しかもそんなに守っていた子供ですが、心美さんはSNSでキムタクのドラマのポーズをとった自分の写真を投稿していたこともあったとか。

 

さらに、「お母さんとお父さんみたいな夫婦になりたい」「財布の中に入れたプリクラをお母さんに見られた。マジで死にたい」「山口達也さん可哀想」などなど両親のことやジャニーズ関連のツイートをすることもあったため、

 

〈いちいち親とか家族関係のツイート拡散しなくて良いから。だるいよ〉(学生)

〈好きだからしちゃいますよ、、、〉(Cocomi)

 

なんてやりとりもあったよう。

 

それらはデビューが決まった昨年末ころまでにはアカウントごと削除されたようですが、今、相当注目される存在としてインスタができてとても喜んでいるでしょうね。

 

 

◆工藤静香がファンにイエローカード

いやでも有名ですし…→ geinou ranking geinou reading

いやでも有名ですし…→ geinou reading geinou ranking

 

 

自己中その3:コンクールで落選すれば悪態をつく 

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

「ド派手なファッションに身を包んだ静香さんは遠くからでも一目で分かるほどでした。驚いたのは最優秀賞が発表された時のこと。二人とも選ばれないことが判った瞬間、静香さんの『マジかよ~!!』との声が会場に響き渡ったのです。さらに天を仰いだ静香さんは、『なんでだよ~っ! クッソ~! 信じらんね~っ!!』などと大声を出していました。それに釣られてか、Koki,ちゃんも『信じらんない! 下手くそ! 私の方が全然上手じゃん!』と激怒。大人しいCocomiちゃんも不服そうな表情を浮かべていました。当日は穏やかな父兄が多かったのですが、静香さんの周囲だけボクシング会場のようでした。それだけ母娘三人が怒り狂っている姿は心底、怖かった。Koki,ちゃんは入賞の賞状を『破り捨てた』と友達に嘯いていたそうです。翌年彼女たちは姿を見せませんでした」(コンクール関係者)

[週刊文春]

 

 

これが本当なら、周囲の人の迷惑を考えない自己中行為ですよね。

 

コンクールの観覧席が一部ボクシング会場のようになるって。それがたった母娘3人により起きたことだなんて。

 

これが事実かどうかはともかく、ディオールやシャネル、ブルガリなどハイブランドを身にまとってもなにか違うと言われてきましたが、そういうことなのかなと…。

 

◆Koki,の加工なし後ろ姿が悲しい

センスも問題→ geinou ranking geinou reading

センスも問題→ geinou reading geinou ranking

 

※妹さんのほうが美しい、というのが周知の事実だったよう

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※CocomiさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

先日木村拓哉・工藤静香夫婦の長女でありKoki,さんの姉であるCocomiさんがインスタで暴露したときから予測されていましたが、週刊文春は工藤家について記事にしています。

 

週刊文春が明かす「素顔の工藤静香と娘たち」とはなかなか強烈で…

 

 

※凛!


凛 [ 工藤静香 ]


楽天で購入

 

 「ママ下手すぎてわかんなーい」クスクス

 

幼少期からインターナショナルスクールに通い、フルートの英才教育を受けてきたと言われる工藤家の姉妹。

 

工藤さんはかなりの教育ママだったと言われていますが、そのウラには工藤さんも先日Cocomiさんのデビュー後にSNSで「一生懸命、でも楽しく子育てをしている中、いつもの様に様々な噂がありました」と明かした「様々な噂」に対する苛立ちがあったようです。

 

二人はかなりの英才教育を施され、語学に関してはネイティブと変わらぬ力を付けたものの、その上での学力というのはかなり苦労したようで、特に心美さんは東大生の家庭教師をつけて乗り越えたよう。

 

そんなに大事に育てた娘たちですが…

 

[以下引用]

学校の送り迎えはほとんど静香がこなしていたという。心美は、放課後に公園や友人の家で遊ぶことなどほとんどなかったようだ。多感な時期にストレスが積み重なったのだろう。

 

その捌け口は母親である静香だったという。木村家と交流のあった人物が当時を振り返る。

 

「彼女たちは姉妹仲がよく、内緒話をする時には英語で話をしていました。それを静香さんが英語で注意をしたことがあったんです。すると姉妹は『下手すぎて何言ってるかわかんなーい』と言って、クスクス笑っていました」(別の学校関係者)

 

2人の娘に手を焼きつつも、それでも静香は熱心に育児に向かっていた。

 

「学校の昼食はお弁当制だったので、毎日、静香さんはオーガニック志向の手作り弁当を2人に持たせていました。いつも2人は『今日も美味しかったよ。ありがとう』と言って空になったお弁当箱を静香さんに渡していたそうですが、少し残してしまうこともあった。妹さんは学校で残したおかずを捨てて空のお弁当箱を持って帰るのですが、心美さんは静香さんに残したことを正直に打ち明けてしまいます。怒られる心美さんを見て、光希(Kōki,の本名)さんは『ドンくせー』とからかうこともあったようです」(同前)

[文春オンライン]

 

かなり感じは悪いですが、ストレスというか、反抗期ですよね、ふつうに。

 

でもこの英語の話、前に父・木村拓哉さんについても似たようなことが流れていたような。

 

語学が苦手な父を母娘3人がのけものにする、的な…

 

やな感じ…木村拓哉、家庭内仲間はずれか。工藤静香と娘二人は英語で会話

 

もう一つのお弁当エピソードは、学校で捨ててくるKoki,さんの方がなんとなく嫌な感じですけど、そういうタイプのほうが芸能界では成功するのかもしれませんね。

 

やっぱり工藤さんの料理はあまり受けが良くないのかも?以前、子供の友達が泊まりに来たときに「誰も美味しいと言ってくれなかった」と愚痴っていたことがありましたが。

 

 

工藤静香の自虐が悲しい…おもてなし料理を「誰も美味しいと言ってくれなかった」

 

そしてお弁当。

 

かなり大胆だと思っていましたが、そういえば海外のお弁当ってジップロックにパンとジャム、みたいなのが多いんでしたっけ。その中でならあの大胆さも目立たなかったかも。

 

ギョッ!ゆで卵が丸々1つゴロッと…工藤静香の「ピンチのときのお弁当」がスゴイ

 

 

かなり豪快!工藤静香の焼肉弁当がドカベンすぎる

 

 

恐ろしい工藤静香節と娘Koki, 

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

静香さんは『何事も本気で、やり始めたら絶対辞めるな』『一番を目指せ』が口癖で、姉妹も負けじと頑張っていましたよ。妹さんは特に負けん気が強く、お稽古で下手な子がいると『もっと練習してこいよ』と睨みをきかせ、周囲を震え上がらせていたようです。そして心美ちゃんは勉強が得意でなかった分、静香さんはフルートにかけていた。娘たちに『ママは吹けないでしょ』って舐められないよう、自身もフルートを習っていた程です」(別の学校関係者)

[文春オンライン]

 

フルートまでがんばっていたとは。工藤さん、英語もかなりがんばってましたしね。娘に「何言ってるかわかんなーい」と言われようと、その負けん気の強さはさすがです。

 

ちなみに優秀だと言われた姉妹の使用していたフルートはそれぞれ約200万円程度の銀製のもので、自宅の地下にある防音のレッスン室で毎日のように練習をし、専属の先生にレッスンしてもらっていたようです。

 

本人の才能と努力ももちろんですが、そこまでできる財力はなかなか…

 

Koki,さんの「もっと練習してこいよ」も言葉はかなーり感じが悪く、その言葉遣いからして工藤さんのマネなのかなと思ったりもしますが、それだけ努力してるからこそ言いたくなったのかも。

 

そんなセレブな母娘ですが、ちょっとお下品なこともあったよう。

 

[以下引用]

「フルートの発表会では、真っ赤なバーキンに蛇柄のブーツ、アクセサリーをジャラジャラつけて後ろの席にドカッと座って、娘さんの演奏を聞くんです。『ウチの子だけですよね、上手に吹いているの。あとの子はろくに練習もしないで~』なんて言うこともあり、周囲は辟易していました。

 

コンクールだと1位の子の名前は最後に呼ばれるのですが、心美さんの名前がそれよりも前に呼ばれた時は、『マジかよ! 信じられねえ!!』と会場の後ろから静香さんの声が聞こえてきました。隣で妹さんも『何考えているんだよ、先生と審査員がみんな悪い!!』と同調していた。人の親としては気持ちもわかりますが、そこまで言わなくても……」(コンサート関係者)

[文春オンライン]

 

…こわっ!

 

いろいろとフォローを考えましたが、素がこれくらいじゃないと芸能人はムリなのかも、くらいしか…。

 

蛙の子は蛙、そりゃネットの悪言にも負けないわけだと。

 

週刊女性プライムにはお嬢さん二人が小さい頃のこんな写真がありました。

 

 

工藤さんの様子を見るに、ちょっと近寄りがたい感じ。

 

これにちょっとなにか羽織ったみたいな感じでバーキン持って「マジかよ!」ってやってたのかなあなんて想像したり。

 

でもある意味予想された工藤家の素顔ですが、なんと後編があるそうで。

 

Cocomiさんが謝罪していましたが、週刊文春の取材に応えた同級生、どのくらいいたんでしょうね。

 

木村拓哉の長女Cocomiが暴露!週刊文春の非常識な取材をインスタで謝罪

 

◆すでにSNSでも剥がれていたセレブの仮面

だってこれって…→ geinou ranking geinou reading

だってこれって…→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※CocomiさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

先日モデルデビューが発表された木村拓哉・工藤静香夫妻の長女Cocomiさんが週刊文春の洗礼を受け反撃しましたが、それが「母静香似だ」と報じられています。

 

 

※すっかり海外で活躍しています。

 

 週刊文春の洗礼に反応したCocomi

 

[以下引用]

父の木村はインスタを開設していないが、母で歌手の工藤静香とKoki,からフォローされ、仲の良さがうかがえる。

 

プロフィル欄では「笛吹き」と自己紹介している。

 

順風満帆の船出を切ったかに思われたCocomiだが、早くも「週刊文春デジタル」の“洗礼”を浴びたようだ。20日、インスタの24時間で投稿が消えるストーリーズ機能を使って、にじみ出る怒りを隠せない文面をアップした。

 

文春デジタルがCocomiの高校の同級生に送ったとみられる取材依頼を取り寄せ、掲載した上で「この様なメッセージが不特定多数の学生の方に届いているようです。この事は同級生の友人に教えて貰いました。きっと困惑なさっている生徒の方々もいると思います。大変申し訳ございません。ごめんなさい。この場をお借りしてご迷惑をおかけした皆様にお詫び申し上げます」とさらし上げ、謝罪した。

 

許せないことにはひと言言わないと気が済まない性格は、やはり母親の工藤譲り!?

[東スポ]

 

Cocomiさんとしては週刊文春のそういう姿勢に驚いて、誰に連絡が行ってるかわからないけど申し訳ないという気持ちを表すために今回SNSでコメントしたんでしょうね。

 

木村拓哉の長女Cocomiが暴露!週刊文春の非常識な取材をインスタで謝罪

 

今回の謝罪は丁寧で個人的には好感が持てたのですが、疑問なのは、なぜ24時間で消えてしまうストーリーでコメントしたんでしょう。

 

マスコミが取り上げる前提だったのかもしれませんが、それはどうなんだろうと思ったり。

 

もう一つ、「この場をお借りして」って、自分のインスタなのにと思ったり。

 

まあでも悪いのは週刊文春です。

 

Cocomiさんは桐朋学園に通っていることが公に明らかにされましたから、SNSで手軽に取材したんでしょうけど、週刊文春も気持ち悪いと言うか…。

 

応える人がいたとして、それは信用できるものなんでしょうかね。

 

 

 性格は工藤静香そっくり?

 

[スポンサーリンク]

 

しかし、今回東スポが言いたかったのは、プロフィールが「笛吹き」になっていることと「許せないことにはひと言言わないと気が済まない性格は、やはり母親の工藤譲り!?」というところなのかな、なんて思ったり。

 

見た目はどちらにも似ていないものの、優しそうな感じがありますよね。

 

 

 

 

それでも言うべきことは言うスタイルなのかも。

 

Koki,んも性格が工藤さんに似てるのではと言われていたのを思い出しました。

 

早速Koki,の勘違い行動が報じられた!性格は工藤静香似なのか

 

顔が世間に明らかになったことで、Cocomiさんが希望するフルート奏者としての評価にも疑問が出るという話もあります。

 

つまり、「キムタク・静香の娘」という部分が前に出すぎて、たとえなにかコンクールに入賞しても、それが実力なのか忖度なのかわかりにくいことになるのでは、と。

 

Koki,さんくらい木村さんにそっくりだと黙っていてもバレるというがありますが、Cocomiさんくらいだとフルート奏者として芽を出してから「実は…」ができたと思うんですけどね。

 

そういえばKoki,さんにも歌が激ウマでポスト安室が狙えるレベルとありましたが、自信があるなら顔を出さずに歌でデビューして実力があると知らしめていれば、今みたいにゴリ押し代表格みたいに言われなかったでしょうに。

 

衝撃!Koki,が秋元康プロデュースで歌手デビュー!狙うはポスト安室奈美恵

 

5年後、10年後、どんな活躍をしているのかによっては工藤さんもさすがのプロデュース力と言われることもあるのでしょうが…さて。

 

◆Koki,が想像以上にキムタクな画像

まんまキムタク!→ geinou ranking geinou reading

まんまキムタク!→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ホームPage 1 / 212