タグ:青山祐子の記事一覧

タグ:青山祐子
神田うのの援護で再度非難の的に!元NHK青山祐子の税金泥棒問題が再燃

[スポンサーリンク]

 

神田うのさんが友人である青山祐子さんの産休・育休問題について言及し話題になっています。

 

 

※神田さんの人脈ってなかなかグレー

 

青山祐子を援護した神田うの

 

青山さんは2011年3月に結婚し。2012年1月20日から産前産後休暇に入り同年3月に長男、2013年6月に長女、2015年7月に次男、2017年2月頃に次女を出産した後、今年3月にNHKを退職しました。本来産休・育休というのは復職を前提にした制度ですが、青山さんの場合、約7年、産休と育休を繰り返した末に退職ということで、非難の声があがっていました。

 

税金泥棒の声!NHKアナ青山祐子が7年の産休育休の末退職で「女性の立場が悪くなる」

 

これについて友人である神田うのさんが、青山さんの近影と共に反論を綴ったものをまとめたのがこちら。

 

[以下引用]

「1人生んで2人生んで3人生んでってその間はずっと産休をとっていました。産休中はずっとNHKからお給料や産休手当などは一切頂いておらず無給で在籍だけしていました」と青山さんの経緯を説明し、「それなのにいつまで産休を取り続けるんだ!?とか産休中にバースデーパーティーを開いて何!?とか色々言われてしまって何故彼女がそんな事を言われなければいけないの!?(産休中にお給料を頂いていたりしているなら言われても仕方がないのかも知れませが)と凄く厭わしい思いでした」と吐露した。

 

その上で「今この国にとって1番必要な『子供』を産み育て頑張っている彼女に私は本当に尊敬しかありません。自分の事は後回しに(しかも誰にも迷惑はかけていない)日本の未来の為に子育てして頑張っている女性を応援するではなく批判する社会が本当におかしいととても残念に思います。これだけ能力が高い女性が4人も子供を生み育てている事はむしろ社会にとって大変有難い存在だと褒め讃えるべきだと思うのです」と強調。

[スポーツ報知]

 

産休中はNHKからもらえる可能性もありますが、育休中は雇用保険からと、お金の出本が違います。

 

もしもNHKからはもらってないんだとしても、雇用保険はどうなんでしょうね。そのあたり、うのさんの説明では産休しかないような感じですしざっくりとしすぎていていまいちわかりません。

 

 

青山祐子がもらった可能性のあるお金

 

[スポンサーリンク]

 

参考までにNHKの給与等の支給基準には次のような規定があります。

 

<育児休職社会保険手当>

社会保険料本人負担相当額とし、育児休職する者に対し、休職開始の翌月から復職当月まで(ただし、社会保険料本人負担分が免除される期間を除く)、支給する。

 

ふつうに考えれば、産休中は給与と賞与が出て育休中は手当が出て、の繰り返しになったはず。

 

でもまあ、申請ありきなところもあるので、もしかしたら本当にもらっていない、ということもあるのでしょうか。

 

そうだとしてももう一つは退職金に影響する可能性があります。

 

つまり、勤務実態がないのに約7年分在籍期間が伸びて退職金が上乗せされたかも、ということです。

 

青山さんのNHK在籍期間は1995年から2019年。一般企業でも勤続20年を超えればそれなりになります。

 

まとめると、青山さんがもらったかどうかは別にして、制度としては、育休中は給与の一部が国から支払われ、申請すれば社会保険の免除も可能です。それが7年分に、退職金。

 

ちなみにNHKは平均年収1780万円と言われています。

 

青山祐子が非難される理由

 

[スポンサーリンク]

 

多少なりとも手当が出て、休んでも元の職場に戻ることができる安心感は女性にとってありがたいものですし、NHKという高給の会社に務めることができた青山さんは言ってみれば「勝ち組」です。

 

それをどう利用してもそこは青山さんと雇用主であるNHKの間の話でしかないといえばそのとおりです。

 

が、NHKは受信料で成り立っているんですよね。

 

あの、見る見ないに関わらずテレビが映る環境であればホテル1室1室からでも、ワンセグやパソコンからでも受信料をとろうとしているNHKです。

 

そして雇用保険は国民の税金で成り立っています。

 

この2つとの関係に加え、青山さんの件は女性の出産と社会復帰という非常にデリケートな問題にも関わっています。

 

復帰ありきの制度である産休・育休制度を活用しながら一度も社会復帰しなかった人が身近にいた場合、その後その職場で産休・育休制度を利用しようとする女性は肩身の狭い思いをするケースがあります。

 

ここまで条件が揃ってしまったら、青山さんがはっきり「一切手当はもらってません」とか宣言しない限り非難するなというほうが難しいかも。

 

せめて4人目の妊娠がわかったときにでも退職していればまた別だったんでしょうけどね…。

 

神田さんの今回の発言は、過去のものになりつつあった青山さんへの非難をまた再燃させただけだったかも。

 

◆[閲覧注意]芸能人逆奇跡の一枚

神田うのも…→ geinou ranking geinou reading

神田うのも…→ geinou reading geinou ranking

 

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※神田うのさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

税金泥棒の声!NHKアナ青山祐子が7年の産休育休の末退職で「女性の立場が悪くなる」

[スポンサーリンク]

 

NHKのアナウンサー青山祐子さんが7年間の休職の末退職すると報じられています。

現在は夫の仕事に伴い海外在住であること、子供が4人いることから復職は難しいのはわかりますが…

 

※NHKは国民の受信料で成り立っています

 

 

[以下引用]

青山アナは11年1月に会社役員の男性と結婚し、翌12年3月に第1子となる男児を出産した。13年6月に第2子となる女児を出産し、さらに15年7月に第3子の次男を出産。その後、17年2月ごろに第4子の次女を出産し、12年の第1子出産から約5年間で、4人を出産した。

 

青山アナは第1子の長男出産のため、司会を務めていた「スタジオパークからこんにちは」の12年1月20日放送を最後に、これまで産前産後休暇などをとっていた。

 

育児休暇の取得可能な期限も迫っている中で発表された新年度の番組に青山アナの担当番組はなかった。また、関係者によると、青山アナの夫は生活の拠点を海外に置いて仕事をしているとされる。4人の幼い子供を抱え、7年のブランクがあるなど復帰には難しい状況がそろっていたようだ。

[日刊スポーツ]

 

青山さんは38歳で結婚し、2012年3月に第一子、2017年2月に第四子を出産、46歳の今は四児の母です。

 

この間ずっと休み続けていることについて、フィフィさんが2017年12月に疑問を呈したことがありました。きっかけは、神田うのさんのクリスマスパーティーでコスプレし育休を満喫している様子をSNSにあげたことでした。

 →フィフィがNHK青山祐子アナに苦言

 

それが、結局復帰することなく退職ですからね。

 

産休育休を取るだけ取って辞めるというのは、職場復帰するという前提のもと、給料の一部に該当する金額を「雇用保険=国民の税金」からもらいつつ休んだのに、一度も戻らず辞めるということで、普通の神経であればなかなかできることではありません。

 

そういう人はどこの会社にもいる可能性はありますが、それをNHKの人がやるというのは大きく報じられる分、ダメな前例として女性全体へ影響しかねません。

 

とはいえ命は授かりものですから、戻るつもりだったんだけど戻れなかった、仕方ないの、という話なのかもしれません。

 

そうだとしても、いくら労働者の権利とは言え7年です。現場へ復帰するにも自分なりにできそうかできなそうかもう少し早く判断できたのでは。これが、立て続けに3人目が生まれたときか、遅くとも4人目が生まれた2017年には辞める決断をしていたなら世間も納得でしょうが、4人目が生まれたのはもう2年前で、復帰期限が切れる間際での退職というのは、「もらえるものはきっちりもらおう」と思ってたんだろうな、と思うと複雑。

 

ちなみにセレブ婚と言われていますが、旦那さんは一度失職していたようですが、今は海外なんですね。

 

青山祐子アナがセレブから転落!夫が医療法人をクビになり、高級マンションから追い出されるハメに!!

海外に行ったのもいつなんでしょう。

 

復帰できるかどうかの見極め時期は、今より前に何度もあったんじゃないでしょうか。

 

いろいろ疑問ではありますが、そもそも青山さんは子どものいない人に「なんで作らないの?」と聞いてしまうくらい周囲に気を遣わない人のよう。

 

もらっている手当がどこから出ているものなのか考えることなく、思うがまま子供を作り、移住し、あ、そういえばそろそろ退職しないとね、退職金ももらえるし、くらいなものなのでしょう。

 

育休中は基本的に給与の50%が国から支払われていました。そして申請すれば社会保険の免除も可能です。それが7年に、退職金。NHKは平均年収1780万円と言われていますが…青山さんが「お得」だったのはいくらなんでしょうね。

 

◆[閲覧注意]芸能人逆奇跡の一枚

神田うのも…→ geinou ranking geinou reading

神田うのも…→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※神田うのさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

フィフィがNHK青山祐子アナの6年産休に苦言!セレブ婚し現在第四子育休中

今春に第4子を出産したNHKの青山祐子アナが約6年間産休を取っていることについて、フィフィさんがTwitterで疑問を呈して話題になっています。

 

 



 

フィフィの問題提起

 

[以下引用] 

青山アナは11年に一般男性と結婚。12年1月20日放送の「スタジオパークからこんにちは」出演を最後に産休に入り、今春には第4子を出産。現在も休暇中となっている。

 

フィフィは青山アナに関連するニュースをツイッターに貼り付けた上で、「批判覚悟で言うが、これが民間ならご自由に。でも受信料を徴収するNHKで、こんな長期産休中に一部給与が支払われ続けてるとすれば、それって報酬としてなの?」とツイート。そして「まさか子育て支援?って、その目的によっては頭を傾げたくなる」と続けた。

 

この投稿に対し、フォロワーからは「民間じゃありえない」「民間なら6年間も産休とれませんね」「公務員でこんな感じの人いる」「不正受給じゃない限り、別にいいのでは?」「産休中だからといって有給とは限らない」など様々な意見が寄せられている。

[スポーツ報知]

 

 

NHKの給与等の支給基準には次のような規定があります。

 

<育児休職社会保険手当>

社会保険料本人負担相当額とし、育児休職する者に対し、休職開始の翌月から復職当月まで(ただし、社会保険料本人負担分が免除される期間を除く)、支給する。

 

青山アナはほぼ年子で4人出産しているので、おそらく、産休中は給与と賞与が出て、育休中は手当が出て、の繰り返しとなっているのでは。

 

金額がまったくピンと来ませんが、多少なりとも手当が出て、休んでも元に戻れるという安心感は女性にとってありがたいものですし、そういう会社に務めることができた青山アナが、言ってみれば「勝ち組」、頑張ったもの勝ち、他人がどうこう言ってもね、というものなのかなと思います。

 

ただやっぱりNHKは受信料で成り立っていると思うと、モヤモヤするのも仕方ないというか。

 

この記事の続きを読む

青山祐子アナがセレブから転落!夫が医療法人をクビになり、高級マンションから追い出されるハメに!!

昨年3月に男の子を出産、続けて第二子を妊娠して産休・育休中のNHK青山祐子アナですが、順風満帆に見えた結婚生活に暗雲が垂れ込み始めているといいます。

ranking

※早く仕事復帰しないとヤバイ?

[楽天市場]

この記事の続きを読む