タグ:辻希美

 

長く飽和状態が続いていたママタレですが、このところ様々な理由から次々と傷がつき表舞台から姿を消しています。

 

週刊女性プライムが「ママタレバトルロワイヤル」と名付けたこの戦いを生き抜く人物として、とても意外な人の名を挙げています。

 

※もらい事故。でも夫婦は運命共同体…

 

 

 次々と姿を消すママタレ

 

週刊女性プライムによると、ママであり芸能人であるというスタンスの先駆けは松田聖子さんとのこと。

 

ただし、聖子さんはアイドルであることを前面に出しており、ママであることがウリになっている昨今のママタレ事情とはちょっと違うものだったよう。

 

SNSが発達し、芸能人が日々のことを発信するようになる中で辻希美さんがママタレとして頭角を現し、多くの女性芸能人が次々とそれに乗っかりずいぶん前から飽和状態、生き残りを賭けた戦国時代なんて言われてきました。

 

それが昨年あたりからの芸能ニュースを思い出すと…

 

 

ついに本当に裁判に!木下優樹菜、タピオカ店恫喝で営業妨害で法廷へ

 

杏が激怒した東出昌大の嘘発覚!ついに離婚を決意した裏事情

 

 

小倉優子の夫が激怒した一言「人間が小さい」←これで弁護士立てて離婚するか?

 

 

佐々木希の言葉が強くて深い。渡部建の超絶ゲス不倫報道を「感謝すべき」

 

いろいろありましたね。

 

中には杏さんや佐々木さんなど本人の責じゃないスキャンダルもありますが、これらの方々が、「戦場」から姿を消すであろうと見られています。

 

[以下引用]

というのも、ママタレの評価というのは減点法であって、加点法ではない。そもそも、その好感度は仕事の実績プラス結婚出産のご祝儀によるものなのだ。芸能界でそこそこ成功して、プライベートも幸せそう、というところが憧れをかきたてるわけで、不幸があれば好感度は目減りしてしまう。

 

その不幸には、夫に不倫されるとか、自分が病気を患うといったものも含まれる。その場合も、同情はされるものの、憧れの存在からは一段降りなくてはならない。杏も佐々木希も、あるいは堀ちえみも気の毒だが仕方ないことだ。

[週刊女性プライム]

 

杏さんはまだ好感度という意味では失っていませんが、うん、たしかに厳しいのかも…。

 

ちなみに以下が2019年のオリコン好きなママタレランキングです。

 

*1位(*7):杏

*2位(*1):小倉優子

*3位(*2):木村佳乃

*4位(*4):森高千里

*5位(10):辻希美

*6位(*6):乙葉

*7位(*3):北斗晶

*8位(ーー):里田まい

*9位(*9):ギャル曽根

10位(ーー):上戸彩

 

これは昨年11月に発表されたもので、木下優樹菜さんは2018年は5位、その前は2位でしたがすっかり姿を消しています。というのも、投票期間が2019年10月15~25日ということで、ちょうどタピオカ騒動の後だったんですね。2019年も10代、20代、30代ではランクインしていましたが、総合ランキングに入るほど票を集めることはできなかったのでしょう。

 

まあ、木下さんなので「事務所総出」で好きなようにできている部分もあるような気も…

 

 

 

ママタレはいなくなるのか?最後に生き残るのは… 

 

[スポンサーリンク]

 

とはいえ、まさか1年前には木下優樹菜さんがタピオカ店に恫喝DMを送り芸能活動自粛、さらに離婚して不倫疑惑まで出るなんて思ってもいませんでした。

 

杏さん、小倉優子さん、佐々木さんも同様です。

 

誰に何が起きても不思議はないのですが…

 

[以下引用]

そんななか、ママタレブームは完全に終焉して「そして誰もいなくなった」ということになるのだろうか。いや、好きなママタレランキングの上位にはランクされなくても、存在感を発揮し続ける人がいる。

 

 工藤静香だ。

 

アンチも多いとはいえ、夫・キムタクが復調し、娘のCocomi&Koki,姉妹が注目を浴びる今、なんだかんだ言ってリスペクトしている人もいる。ママの輝きは、夫や子供の出来にも左右されるものなのだ。ママタレバトルロワイアル、最後に生き残るのは結局この人だったりして──!?

[週刊女性プライム]

 

生き残る…たしかに。

 

なんせ夫はキムタク、娘二人もデビューしてますし。今後家族に足を引っ張られる可能性もなくはないですが、なにかあっても総力を上げて握りつぶしそう。

 

娘たちはもともとテレビ出演はしない方針であり、今の時代のものさしであるSNSのフォロワー数はKoki,さんが300万人超、Cocomiさんが150万人超ですから、人気がないとは言わせないですよねえ。

 

静香さん本人にも一応根強いファンもいますし。

 

 

ということで、生き残るだけならずっといるでしょうね。それは他の人も同じか。

 

週刊女性プライムには「ママタレとしての好感度を維持し続けることはなかなか難しい。まして、マイナスイメージだった人がママタレとなることで再浮上することなど不可能だろう。矢口真里やベッキーが出産しても憧れをかきたてる存在になれないのはそういうことだ。」とありましたが、工藤さんに関しては、独身時代の男性遍歴と最盛期のキムタクとデキ婚したという時点で好感度がないので、矢口さんやベッキーさんと同列なんじゃないかなと。

 

 

※工藤さん主演ドラマ

[Amazon]

 

なんだかんだ言って、辻希美さんが最強な気がします。

 

なんせひたすら誤字やら自転車3人乗りやら料理やらなにやらで炎上し続けて、もう何年になるんでしょう。長女がもう中学生ですからね。

 

なんだかんだ夫婦仲もよく子沢山で、今もアンチ掲示板で重箱の隅をつつくようなネット小姑はいますけど、一周回って好きになったという人もちらほら。

 

辻さんの場合、炎上が収入に直結する部分もあると思うので、あまり好感度に転じられるとそれはそれで困っちゃうのかもしれませんが。

 

◆割とガチ目の芸能人すっぴん画像週

うん、ガチ→ geinou ranking geinou reading

うん、ガチ→ geinou reading geinou ranking

 

※日本製。マスクの除菌に

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

辻希美さんが第四子を連れて自転車移動する際、交通ルール違反をしていると話題になっています。

 

 

 

 

辻希美、自ら交通違反で自爆

 

辻さんが、「今日の私は自転車移動 この時期の自転車は最高に気持ちぃぃ〜ね では…今月も残りわずか!!!!頑張ろう」と公開したのがこちらの写真。

 

 

 

 

辻さんが第4子を前に抱えているのがはっきりわかりますが、これは明らかな交通違反です。

 

ということで、次のような批判が。

 

[以下引用]

そのためネット上では「この自転車の乗り方普通に交通違反でしょ」「抱っこして自転車は違反だよ!ブログでしれっとこういう写真を公開するのは危険だよ」「おんぶならいいけど抱っこはダメだよ」「交通ルール違反以前に危ないとか思わないの?」などの批判の声が殺到している。

 

警視庁の交通ルールサイトによると、抱っこ紐等で背負っての運転はセーフのようだが抱っこはアウトとのこと。ルール違反以前に、万が一こけてしまった時などに抱っこをしていると子供を守れない態勢になることが考えられるのでとても危険だと考えられる。次からはおんぶで自転車に乗ってほしい。

[デイリーニュースオンライン]

 

自分は大丈夫、と思っていても、何があるかわかりませんからね。

 

実際、前抱っこと子供の乗せで3人乗りしていて転倒、抱っこしていた子が亡くなるという痛ましい事故もありました。

 

第4子である幸空くんは昨年12月生まれですからもう大きくなって、そろそろ前に抱っこしていては目の前が見えにくいのでは。

 

おんぶもできるはずですから、おんぶで乗るべきでしょうね。

 

 

実は前抱っこで非難されるのは3度目だった

 

[スポンサーリンク]

 

実は辻さん、この前抱っこで自転車に乗って非難されるのはこれで3度目です。

 

第3子昊空くんも前抱っこして3人乗りしていて炎上したことがありますし、その前の第2子青空くんのときも…

 

 

これは批判されても仕方ない…辻希美が前抱っこで自転車3人乗りで危険運転の疑い

 

その度写真を自分で公開しているということは、危険なことをしている認識がまるでないということですよね。

 

いくら炎上はお金の元、気にしない!としても、こと子供の安全に関しては気にすべき。

 

これまで何もなかったからと言って、今後も何もないとは言えません。

 

何かあったときに、これまで何度も改めるチャンスがあったのに、なんてことにならないよう、今後は改めてほしいものです。

 

◆辻希美の自宅のお風呂が汚い

そして顔に違和感→ geinou ranking geinou reading

そして顔に違和感→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※辻希美さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

 

カテゴリー
タグ

[スポンサーリンク]

 

辻希美さんが新学期のたびに学用品を買い替えているとして、バッシングが起きています。

 

 

 

 

上履きは新学期のたび新調する辻希美

 

[以下引用]

そんな辻はこの日、「新学期」というタイトルでブログを更新。「準備!!!!!!上履きや3人分のお道具箱の中身の足りない物を買い足して~名前書いて~!!後1週間ちょいの夏休み!!!ラストスパート頑張ろぉ~」とつづり、新品と思われる上履きや色鉛筆などの文房具を披露。新学期を前に、子どもたちの学校用具を新調したようだ。

 

しかし、この投稿に対して一部ネット上では議論が巻き起こっている。

 

「新学年、新学期のたびに上履き買いかえてるー。道具箱やハサミ消しゴム 色鉛筆も直ぐかえるー」

「ぞうきんに書いてある、学年とクラス、かくさなくていいのかな?」

「学期ごとに買い換えてるの?サイズアウトしなければ洗って使うのでしょう」

「なんでも新品を下ろして……」

「上履きって学期ごとに買いかえするものなんですか?」

[デイリーニュースオンライン]

 

 

こちらが公開された画像ですが、これを見る限り確かに色々と新品ですね。

 

 

 

 

長男の上履きって7月に「なぜかなくなり」、新しく買ったばかりだと辻さんがSNSで報告していたのに、え、もう新調?7月は1ヶ月も学校行っていないと思うのですが。

 

小さいことだし他所の家庭だしお金があるなら好きにすればいい、という問題でもないような。

 

使えるものはきれいに洗って使うとか、なんだったらお下がり用にとっておくとか、ちょっと壊れたものは直して使う、足りない色鉛筆は足りない色だけ買い足す、なども子どもに教えるべきことです。

 

それがごみ問題や環境問題への関心だったり心構えに繋がります。

 

環境分野で初めてノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイさんが来日した際「もったいない」という言葉を知り感銘を受け、この意思と概念を世界中に広めるため他の言語で該当するような言葉を探したそうですが、同じように自然や物に対する敬意、愛などの意思が込められているような言葉が他に見つからなかったそうです。いわゆる3Rである、消費削減(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル)、尊敬(リスペクト)の概念を一語で表せる言葉も見つからなかったため、そのまま『MOTTAINAI』を世界共通の言葉として広めているという話も有名です。

 

せっかく「もったいない」という言葉がある日本に生まれ育つのに、概念が身につかないのでは非常に残念です。

 

[amazon]

 

芸能人の子育ての難しさ

 

[スポンサーリンク]

 

そんな辻さんは月収700万、You Tubeも始めたことで億超え間近と言われています。

 

 

辻希美の現在の月収!!業界関係者も高く評価するその炎上術

 

お金があれば上履きを洗わずポイ捨てしてもお財布は痛まないでしょうが、ほんと、そういう問題じゃないですよね。

 

以前、まだ島田紳助さんがテレビに出ていた頃に、子どもを連れてお寿司を食べるときは回転寿司しか行かない、親の経済力を自分の経済力と間違えてはいけないから、と話していたのを聞いて感心した記憶があります。

 

お子さんたちが将来同じ経済力を持てるとは限らないですから、独り立ちした後のことも考えたらしっかりした経済観念を育てるのは子供本人のために必要なことです。

 

でないといつまでもパラサイトです。

 

思い出したのは竹下景子さんの息子ですが、二世芸能人は総じて話すネタが甘やかされネタ、多額の小遣いネタで、パッと出ていなくなるイメージです。

 

恐怖を感じるほどの過保護…28才の息子の洋服を買い20万の小遣いを渡す竹下景子

 

 

もっとダメなパターンになると、三田佳子さんの次男みたいになると思うのですが…

 

貢いだ金額1000万円以上!薬物逮捕は愛人元乃木坂メンバーとの口論がきっかけ。三田佳子次男高橋祐也のカネの流れ

 

辻さんはせっかく公立の学校に通わせているんですし、最近は「食べ残しゼロ運動」もありますし、「もったいない」にふれる機会は多いですから、まずはそこから、頑張って!

 

◆辻希美の自宅のお風呂が汚い

そして顔に違和感→ geinou ranking geinou reading

そして顔に違和感→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※辻希美さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

カテゴリー
タグ

[スポンサーリンク]

 

炎上ママタレの元祖である辻希美さん。

 

SNSのステマ広告全盛期から活躍していましたが、最近は炎上する回数も減りさぞ収入も減ったかと思いきや、なんと今でも月何百万と稼いでいるんだとか。

 

 

※モーニング娘。でアイドルとして活躍した過去も

 

 

辻希美、ブログでの月収は600万円

 

 

[以下引用]

「仕事を休業していた2009年からアメブロをはじめた辻は、現在も頻繁に更新を続け、芸能人で5人しかいない“殿堂入り”扱い。ブログがたびたび炎上し、そのたびに話題になってアクセス数が増えるため、“炎上芸”や、“炎上マーケティング”とも揶揄されていました。ブログだけでも月600万円ほどは稼いでいるはず」(広告代理店関係者)

[デイリー新潮]

 

 

今でもブログだけで600万円!

 

2013年時点では500万円ほどと報じられていましたが、まだ伸びていたんですね。

 

ボロ儲け!辻希美に美奈子、木下優樹菜、辺見えみり…芸能人のブログ収入があり得ない金額に!!

 

粘着質なアンチも継続して存在するものの、世間の興味を失いつつあり、たまの炎上すら「もしかして誰かに火付けを依頼してるんじゃ」と言われるくらい小ネタで、もう下火かと思いきや、今でもこれだけ稼いでいるとは…

 

 

[スポンサーリンク]

 

始めたばかりのYou Tubeは…

 

辻さんは今年5月、遅ればせながらYou Tubeに参入。

 

すでに何度か炎上しているものの、内容がしょうもないとか、「見たら辻ちゃんにお金入るんでしょ?だから見ない」というネットの声もあるものの、実は順調な滑り出しを見せているよう。

 

[以下引用]

「いや、むしろユーチューブの業界ではかなり評価が高いんですよ」

とは、IT業界関係者。

 

「ママタレを意識した動画だけかと思っていたら、『踊ってみた』というダンス企画から、高性能マイクを使って、咀嚼音などを聞かせる今流行りの『ASMR』という動画までとにかく幅広い。自身の他のSNSアカウントをさりげなく宣伝するのもさすが。やりたい事ではなく、ウケる事を考えて発信する才能は他者と一線を画しています」

 

気になるのは高評価の結果の収益だが、

 

「登録者数が20万人を超えていて、公開頻度も高い。企業とのタイアップをしなくても月100万は入ってくるのでは」(同)

[デイリー新潮]

 

 

いやすごい。合計月700万円ですか。その2つだけでも、ざっと計算して年収8400万円です。

 

それならもっと広い家に住んでそうな気もしますけど、税金は半分近くいくでしょうし、いつまで続くかわからないですし、現時点で子どもが4人いて、なんとなくこの先まだ子どもが生まれそうな雰囲気もありますからね。

 

この東大生たちがお勉強のできるバカなんだとしたら、辻さんはもしかするとその対極にいる人なのかも。

 

『東大王』など番組打ち切りか。相次ぐ妊娠中絶で東大生ブーム強制終了へ

 

夫の杉浦太陽さんは交際前辻さんからのアプローチを断っていたそうですが、結果結婚してものすごい良い選択をしたのかも。

 

でなかったら今頃どうしていたのやら。

 

 

◆すいません十分豪邸でした

杉浦・辻邸→ geinou ranking geinou reading

杉浦・辻邸→ geinou reading geinou ranking

 

※そうなんですね!!

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※神田うのさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー
タグ