タグ:赤西仁

 

昨年9月末にジャニーズ事務所を退所し、翌日から速攻でソロ活動を開始した錦戸亮さん。当初は順風満帆に仕事が舞い込んでいたものの、コロナショックによって現在は”無職”状態になってしまい、このままでは芸能界引退の可能性も出てきているといいます。

 

※これからの季節は洗える涼しいマスクをどうぞ。

 

 

 錦戸亮は強きを助け弱きを挫く最悪の野郎だった…

 

先日、錦戸さんと赤西仁さんの共同プロジェクト「N/A」の一環でスタートしたYouTubeチャンネル「NO GOOD TV」が新たな動画を公開しました。

 

2人がそれぞれ自宅からテレビ電話で出演し、普段聞くことはできないジャニーズ時代の関係やプライベートの話を披露するというもの。

 

ファンもさぞかし喜んでくれたと思いきや、それ以上に自身のSNSで“仕事ゼロ”を公表した錦戸さんを心配する声が多く上がっていたそうで…

 

[以下引用]

「『NO GOOD TV』もほとんど赤西さんが考えたプロジェクトだと聞いています。赤西さんはジャニーズを退社した後、現在の錦戸さんのようにかなり苦労していましたよ。どこからもオファーがないんですから。ただ、その空白の時間でスキルを身につけて、今や曲作りやプロデュースなどを行えるようになりました。錦戸さんは赤西さんにおんぶに抱っこで仕事をされているようで、ジャニーズ時代のファンたちは離れていっています。錦戸さんのYouTubeチャンネル登録者数は18万人。この数字を見れば一目瞭然です」(音楽業界関係者)

 

『NO GOOD TV』Vol.4では赤西と親交のある山田孝之と小栗旬も登場。このメンツを見ると赤西の人望の厚さを感じさせるが――。

 

「錦戸には芸能界に友達がほぼいない。遊ぶとしてもジャニーズ時代の仲間ばかり。年下の俳優に対してすごい傲慢な態度を取るときがあって、それをその俳優さんが他の人に話して、良くない評判がどんどん広がっていったんです。先輩とか尊敬している俳優に対してはペコペコするので、人によって結構態度変えるタイプです」(テレビ局関係者)

[ビジネスジャーナル]

 

まあ、もともとそんなに性格の良いタイプだとは思っていませんでしたが、後輩に厳しく先輩に媚びへつらうって、典型的な”嫌なヤツ”のような。

 

そういえば、2014年に起きた”六本木スマホ強奪事件”の時も、一般人相手に最初にけんかを売ったのは錦戸さんでした。

錦戸亮はまるでチンピラ!被害者がトラブルの一部始終を語った

 

また、2018年には瑛太さんを挑発した錦戸さんがボコボコに殴られるというショッキングな事件もありました。

瑛太、逮捕か!錦戸亮をボコボコタコ殴り!暴行事件でNHK大河『西郷どん』降板も

 

女性スキャンダルだけではなく、暴力事件もたびたび起こしてきた背景には、「酒が入ると粗暴な男に豹変する」という錦戸さんの性格も関係しているのでしょうけど…

 

こういうのって、臆病で内向的な男性にありがちなパターンのような気がします。

 

※このドラマの役、近い部分もあった…?

[Amazon]

 

※ラストフレンズ続編小説

[Amazon]

 

 ジリ貧錦戸の暗い未来

 

[スポンサーリンク]

 

さて、いろいろと好き勝手に書かせて頂きましたが、実際に業界での錦戸評はあまり芳しくないようです。

 

[以下引用]

「錦戸は松田龍平と共演した映画『羊の木』で、自分が主演なのはジャニーズにいるからで、松田にすべて持っていかれたと感じたようで、そうしたこともジャニーズを退所した理由としてはあるようです。さらに同世代の山田孝之が『全裸監督』に主演し、演技が高い評価を得たことも影響している。ただ。今のままでは“錦戸を起用したい”“錦戸と演技をしたい”という人は出てこなさそうです。

 

錦戸はもともと超人見知りで、スタッフとも喋らないし、映画などの長い撮影期間中でもまったく会話をしない共演者もいる。こういう人はフリーには向いていない。特に準備もせずに事務所を飛び出してしまったため、今では後悔しているという声も聞こえてきます。今後の活動は絶望的のようにみえます」(業界関係者)

[ビジネスジャーナル]

 

錦戸さんのツイッターを見ると、彼が”かまってちゃん”の気質を持ってることがよく分かりますが、こうなると本当に芸能界引退も冗談じゃなくなってくるかも?

 

ただ、一方では来年スタート予定のNHK大河ドラマ「青天を衝け」への出演が内定したとの話もあります。

 

錦戸さん本人の性格は置いといて、役者としての演技力は高く評価されているとの報道もあるので、禁酒さえできれば予想以上に早くテレビ復帰できるかもしれません。

 

いずれにせよ、この先どんな風に活躍できるかは本人次第。

 

諦めるにはまだ早いし若いです。たまたまジャニーズが公取委に注意され退所者への圧力らしきものが見られなくなっていますが、もともとそれなりに長期戦になる覚悟をしていたはずですからね。

 

いつまでも赤西さんに頼ってばかりだと、そのうち「重い。ウザい。もうお前とは縁を切る」なんて言われちゃうかもしれませんし、頑張って欲しいところです。

 

◆ボコボコ現場の写真

 瑛太さん、まるでチンピラ…→ geinou ranking geinou reading

 瑛太さん、まるでチンピラ…→ geinou reading geinou ranking

 

※マスクもお洒落アイテムになりつつあります。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※錦戸さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

 

12月6日、元ジャニーズの赤西仁さんと錦戸亮さんが共同プロジェクトを進行していく契約を結んだと発表しました。

 

その内容はプロジェクトの公式HPに掲載されていますが、

 

「陰口3回バレたら契約解除出来る」

「週刊誌に撮られたら10万円の罰金。ただし2回目以降は倍の額とする」

「見ず知らずの女性にうつつを抜かし、軽率に付いていくような行動はなるべく慎む」

「明確に意思疎通出来るよう、なるべく英語や関西弁を使わない事とする」

「双方モチベーションを保つため月一度互いの銀行の残高を開示する」

 

などのユニークな内容とともに、

 

「芸能界の悪しき習慣や、理解に苦しむ忖度を受けたとしても決して諦めず進み続ける」

「どんなに辛いことがあってもなるべく芸能界にこびを売らない」

 

といった”決意表明”を紛れ込ませていて、なかなか話題づくりが上手な印象。

 

しかし、それがなぜか芸能マスコミを刺激してしまったようで、早くも契約不履行の恐れが出てきてしまったといいます。

 

※本人にとって関ジャニ時代は汚点のようで。



 

[以下引用]

「通常、契約書に『なるべく』といったあいまいな表現が入ることはありえないため、おふざけで作った可能性が高い。しかし、芸能界への不満が垣間見える部分もあることから、もうメディアに出る気はないという覚悟もうかがえる。ネット上でも『これは面白すぎる』『約書内容もめちゃくちゃ可愛い』と好意的な意見がある一方で、『内容サブ過ぎてお遊びとわかってても引く』『言動が稚拙すぎて悲しくなる』といった辛らつな声が上がるなど、賛否が飛び交っています」(女性誌記者)

 

そんな中、業界では2つの条項に不安を覚える声もあるようだ。

 

「錦戸は酒癖が悪いことで知られ、たびたび酒場でのトラブル報じられています。特に、18年には瑛太を怒らせて馬乗りでボコボコに殴られた事件も起こしている。仲がいい赤西とはいえ、当事者間では収まらない大ゲンカが起きる可能性はありそうです。また、錦戸は暴走下半身も有名。18年には8月、9月と立て続けに『FRIDAY』でベッド写真が流出。しかも9月のほうの相手は人妻でした。錦戸はこれまではジャニーズに守られていた部分が大きく、今後はさらなる流出写真が持ち込まれてもおかしくない。“罰金”が盛り込まれたことで週刊誌的にもおいしい状況となりましたから、すぐに写真誌などが張り込みを開始させるはずです」(芸能記者)

[日刊サイゾー]

 

[スポンサーリンク]

 

 

あらら、そうですか。

 

確かに、このタイミングで週刊誌が二人のスキャンダルをスッパ抜けば、かなり注目を集めることでしょう。

 

ただ、二人の立場からすれば、それだけ「撮られない自信がある」ということなのでは?

 

また、独身時代はともかく、現在は妻子ある立場で落ち着いた赤西さんが、”暴走下半身”を持つ錦戸さんを牽制する意味で”罰金”というネタを入れた可能性もあります。

 

ああ見えて赤西さんはなかなかの戦略家で、ジャニーズ時代からマスコミを「利用してやろう」と自作自演のトラップを仕掛けたりしてましたから。

 

※ただのイケメンじゃねえんだよ、オレは。



 

それよりも気になったのは、”芸能界の悪しき慣習”だとか”理解に苦しむ忖度”だとか、テレビ出演や俳優としてのキャリアを完全に捨てていることが明らかになったこと。

 

錦戸さんはジャニーズ時代から演技力には定評があり、映画として最後の作品となった「羊の木」では「役者としての新境地を開いた」とまで言われていました。

 

ジャニーズを辞めてからも、他の大手芸能事務所に移籍、もしくは業務提携して映画やドラマの仕事を続けるものだと思っていただけに、意外ではあります。

 

まあ、一部報道によると、現在の赤西さんは年収3億円以上も稼いでいるようですし、同じくらいの人気を誇る錦戸さんとしても、音楽活動だけでガッポリ稼げるなら縛りの多い俳優業なんて「やってらんねーよ!」ってな感じ?

 

ファンにとっては少し残念かもしれませんが、本人たちはとても幸せそうですし、これからも応援してあげてして欲しいところです。

 

ということで、ヤル気マンマンの週刊誌に撮られないよう、お酒やらオンナやらその他アブナイことも早く卒業してくださいね、錦戸さん。

 

◆神奈川県警がマークするアラサーの元アイドル二人とは…?

 大人気!→ geinou reading geinou ranking

 大人気!→ geinou ranking geinou reading

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※赤西さんと錦戸さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

先日大麻取締法違反で逮捕された元KAT-TUNの田口淳之介さんですが、同じKAT-TUNにコカイン疑惑で逮捕目前だったメンバーがいると報じられています。

 

 

※逮捕された人、逮捕を逃れた人、逮捕されたけど不起訴だった人、がいます。

 

 

逮捕情報が錯綜した元KAT-TUN赤西仁

 

今回逮捕された田口淳之介さんといえば元KAT-TUNメンバー。元KAT-TUNメンバーといえば、退所後の2017年に大麻取締法違反で逮捕された田中聖さんがいます。

 

この事件は当時話題になりましたが、KAT-TUNの元メンバーにはもう一つ薬物関係の事件がありました。

 

[以下引用]

「数年前、田口の元“同僚”だった人物が、警視庁にマークされ、逮捕寸前の状況にまで至ったことがあったのです。容疑はコカイン使用 。実際に捜査員がそのメンバーの自宅マンション に出向き、任意での聴取や家宅捜索も行いましたが、何も物証が出てこなかったため、逮捕は取りやめになりました。その際、『まもなく逮捕』の一報が警視庁の番記者らに流れ、マンション前に多数の報道陣が集まって、 大騒ぎになったのです」(同)

 

結局、この件は事件化する見込みがなかったため、マスコミが報じることもなかった。ただ、あくまで疑惑だとはいえ、こう何度も同じようなスキャンダルに見舞われると、グループ全体に及ぶ悪影響は計り知れないものがあるだろう。

[サイゾー]

 

これもう名前を言っているも同様ですが、赤西仁さんのことですね。

 

2009年、まだ赤西さんがKAT-TUN在籍の頃のことで、マスコミが報じることもなかったとありますが、このサイゾーも報じていますし、大手ということなら週刊新潮も詳細を報じています。

 

「次に逮捕される芸能人」は元アイドルのA!過去に薬物逮捕情報が飛び交ったあの人物か

 

ただし、具体的に「コカイン」という薬物名はなかったと思います。

 

とにかく流れたのは赤西さんが逮捕されたという話で、容疑も定かでないまま、警視庁の捜査幹部に確認しても濁されるのが薬物逮捕の事例のときと重なること、赤西さんが当時のレギュラー番組を欠席したこと、などが逮捕を裏付けるものとしてマスコミを慌てさせたんだとか。

 

赤西さんは当時「赤西軍団」と呼ばれ派手に夜遊びしており、その仲間だった元プロテニス選手宮尾祥慈が薬物で逮捕されていたために、これはホンモノと思われたのもあるのでしょう。

 

 

大麻で逮捕されたけど不起訴になった田中聖

 

ちなみに宮尾さんが逮捕されたときに一緒にいた女性が倖田梨紗さんで、倖田さんは田中聖さんとも2006年ころに交際歴があります。

 

そして田中聖さんも2017年に大麻で逮捕されましたが、使用は陽性だったものの所持が証明できず不起訴になっています。

 

この「使用だけでは逮捕されない」という件について、土田晃之さんが田口・小嶺両容疑者が所持者に関する供述に食い違いがあることと絡めて疑問を呈しました。

 

[以下引用]

両容疑者について土田は「とにかく薬ダメってことでね。これはもうダメ」と断罪。続けて「今回の件で改めてやっぱりさ、前も大麻でって事件があった時、所持していないと(逮捕されない)ってことでしょ。これが一番よく分からなくないですか?」と疑問点を挙げた。

 

「だから最初『私のものです』とか『2人のものです』っていうのが問題になってたんですもんね、今回の事件で。でもこのルールで言うと、使ったらいいわけ?ってことですもんね。でも検査して、使ってたとしても、その時に持ってなかったら捕まらないの?意味わかんないですよね」とまくし立てた。

[スポニチ]

 

使用について処罰規定がない理由についてはこちらに説明があります。

 

若手男性芸能人Xは周囲に大麻を斡旋か。薬物疑惑が浮上した音楽グループメンバーとは

要するに、麻はふつうに使われているものであり、麻農家が揮発したものを吸ってしまったりうっかり自生している大麻を燃やして吸ってしまったり、騙されて吸わされたといったようなケースを考慮しているための規定です。

 

が、今回の田口・小嶺両容疑者のケースのように、明らかに二人で使用しているのに、部屋にあった大麻が小嶺容疑者のものだという主張が通れば田口容疑者は罰せられず、田口容疑者の主張が通ればふたりとも罰せられるというのは意味がわからない、というのはそのとおりだと思います。

 

とはいえ、二人の部屋で二人で使用していた以上、二人のものだと判断されるとは思いますけどね。

 

 

大麻使用を報じられたけれども逮捕されない大野智

 

嵐の大野智さんは2008年に週刊現代が大麻使用を報じられ、今も「大麻くんは大野なんてしない」と揶揄されていますが、たとえあの報道通り使用していたとしても逮捕されないのもこの使用は逮捕されないという規定によるものです。

 

ジャニーズが週刊現代の報道に対して、記事内で否定するも徹底抗戦しなかったのも、あの写真自体数年前のものであり、いま時点で所持・使用していなければどうせ逮捕されることもないし、大ごとにするよりはスルーで、という選択だったのかもしれません。

 

まあその結果、いつまでも薬物のイメージが付いて回っているわけですが。

 

◆うわ~これ何やってるの…大野智大麻疑惑写真

閲覧注意!→ geinou reading geinou ranking

閲覧注意!→ geinou ranking geinou reading

 

今のジャニーズは不祥事が続き乱れてると言われていますが、よくよく考えると、薬物逮捕された倖田梨紗さんと田中聖さんが交際していたのが2006年、度々報じられる中居正広さんの薬物疑惑が2007年頃から、大野さんの大麻報道が2008年、赤西さんの逮捕情報錯綜が2009年、田口・小嶺両容疑者が交際歴12年で小嶺容疑者が10年ほど前からマークされていた、さらにとなると、その頃のジャニーズも相当荒れていたんでしょうか。

 

東京五輪が終わったら現役アイドルが逮捕される、なんて噂もありますし、それがもしジャニーズなら…まだまだ荒れた時代が続きそうですね。

 

現役アイドルが薬物逮捕か。仕事が一区切りついたら、という謎の気遣い

※このことも嵐休業の遠因だったのかも…

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※赤西仁さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

今年の夏に公開予定の映画「銀魂2」のキャスティングを巡り、とんでもないスッタモンダが起きていたといいます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

映画 銀魂 SILVER MEMORIES ビジュアルブック (愛蔵版コミックス...

価格:1890円(税込、送料無料) (2018/4/5時点)



 

同作は「週刊少年ジャンプ」で現在も連載中の人気漫画が原作で、昨年7月には実写映画が公開されて興行収入38億円を超える大ヒットになりました。

 

そんな話題作の続編だけに、映画関係者からの注目度も非常に高かったのですが…

 

[以下引用]

長州藩士・高杉晋作をモデルにした高杉晋助役の堂本剛さんが突然、“降板する”と申し出たそうなんです。根強いファンもいる高杉役を前作でも見事に演じきった堂本さんの出演辞退に、製作陣はかなり焦っていました」(映画製作会社関係者)

[週刊女性PRIME]

 

堂本剛さんに関しては、昨年6月に突発性難聴と診断され、一時的に芸能活動を休止した経緯があります。

 

現在、日常生活に支障はないようですが、歌手としてステージに上がる際には左耳に綿を詰め、さらに耳栓をし、その上からヘッドホンをするなどの対策をとっているとのこと。

 

もしかすると、そういった体調面での不安から降板を申し出たのかもしれませんが、彼の代役として白羽の矢が立った人物が「問題あり」だったため、事態は思わぬ方向に動き出したそうで…

 

[以下引用]

元KAT‐TUNの赤西仁さんが代役候補に上がったそうです。彼も出演を前向きに考えていて、話が進んでいたとか。しかし、“異例”なキャスティングに現場はどよめいていましたね」(テレビ局関係者)

 

'14年2月にジャニーズ事務所を退社し、その後はソロアーティストとして海外でも活動している赤西。映画出演は'13年の『47RONIN』以来であり、しかも元ジャニーズが代役を務めるなど、周囲がざわつかないわけがない。

 

「同じ事務所内のタレントを代役に立てるということは、よくあることだと言えるでしょうが、退社したタレントがキャスティングされるというのは業界上のルールとしてはあり得ません。しかもジャニーズのタレントとなると、そのハードルはさらに上がるでしょうからね」(ワイドショー関係者)

[週刊女性PRIME]

 

なるほど、そうですか…

 

確かにブラック事務所として知られるあのジャニーズが、裏切り者ともいえる赤西さんを自社タレントの代役として認めるなんて考えられません。

 

というか、赤西さんの名前を出しただけでメリー氏に激怒されそうですけど、担当者は大丈夫だったのでしょうか?

 

※オレは裏切り者なの?

Blessèd(通常盤) - 赤西仁

Blessèd(通常盤) - 赤西仁

[関連商品]

 

というのはさておき、赤西さんが有力候補に上がったことでジャニーズはかなり慌てたようで、結局のところ、堂本さんの降板は「なかったこと」になったそう。

 

なんだかコワモテのジャニーズらしくないような感じもしますが、どうせなら現役ジャニと辞めジャニの共演が見たかったです。

 

そうなれば大きな話題になったことでしょうし、制作陣としてはそれが狙いだったりとか…?

 

いずれにせよ、映画が再び大ヒットすると良いですね。

 

※堂本剛のホンネが出てしまった?

 こりゃ、ヒドイ…→ ranking reading

 こりゃ、ヒドイ…→ reading ranking

 

※降板しなくて正解だったと思いますよ。

KinKi Kids 公式 生写真 堂本剛 KK0034 -

KinKi Kids 公式生写真 堂本剛

[関連商品]

 

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※紗栄子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング