タグ:藤原紀香の記事一覧

タグ:藤原紀香
典型的なニセ科学!藤原紀香がハマる宝石水に梨園関係者「あれはマズイ」

[スポンサーリンク]

 

藤原紀香さんといえば、かつて出演番組で「水素水は地球を救う」と話し、結婚式の引出物に水素発生器を選び芸能界の語り草になるほどに水素水にハマっていた過去が有名です。

 

国民生活センターが「水素水はただの水」と注意喚起してもしばらくは使い続けていた様子ですが、その後しばらくしてから次は酸素水にハマり、今度は新たに宝石水にハマっているものの、専門家いわく「まるで意味がない」とのこと。

 

梨園関係者も「あの怪しい水の紹介は、さすがにまずいでしょう」と語るその詳細は。

 

 

※見てなんとなく癒やされる、という気持ちの問題とはまた違う

 

 

藤原紀香がハマった最新の水

 

紀香さんは5月のブログで、「最近いただいたもので感動したもの!」として鉱石が入った美しいガラス瓶の画像を紹介しています。

 

[以下引用]

〈この中にお水を入れると、ますます甘くてまろやか、美味しくなりました〉

〈水が変わるとカラダは中から作り変わる…古くて新しい健康と心と美の方程式〉

 

と、すっかり心酔した様子だ。販売会社のホームページによれば、この容器に水道水を入れると中の鉱石の波動で水が変質し、水道水に含まれる有害な物質が中和されたり、pH値や酸素量が向上するらしい。

[デイリー新潮]

 

まさにこちらですね。

 

※安いもので1万5000円、高いものだと5万円!

[Amazon]

 

中に入れる宝石は選べるそう。見た目も美しいですし、こういうのが好きな人にはたまらないでしょう。

 

◆藤原紀香は水素生成器でした。

芸能人の引き出物いろいろ→ geinou ranking geinou reading

芸能人の引き出物いろいろ→ geinou reading geinou ranking

 

気になる宝石(鉱石)水の効果は…ナシ

 

紀香さんは水素水はもちろん風水や水晶クラスタがどうのと話題になったこともありますし、健康法・美容法にも興味があるのは見てればわかります。

 

紀香さんに紹介した人も、紀香さんが喜ぶと思って紹介したんでしょうね。

 

で、紀香さんはいつものように素晴らしいと思ったから紹介したと。

 

しかしちょっとこれは紀香さんのような発信力のある人が触れないほうがいいモノだったよう。

 

 

[以下引用]

だが、法政大学元教授で『暮らしのなかのニセ科学』の著者・左巻(さまき)健男氏は、

 

「紀香さんの感じたことは気のせいでしょうね」

とばっさり斬る。

 

「衛生上の理由でしょうが、瓶の中の鉱石はガラスで覆われています。だから、中に水を入れても、ごく微量のガラスが溶け出すだけで、鉱石からの影響はまったく受けません。得体の知れないエネルギーとか波動などの言葉で説明しようとする典型的なニセ科学です」

 

山形大学理学部物質生命化学科の天羽(あもう)優子准教授もこう継ぐ。

 

「綺麗なガラス容器に入った、ただの水を飲んでいるだけです。気分が高まるというプラシーボ効果はあるかもしれませんが。水素水、酸素水ともに、紀香さんが信じる効能は科学的にエビデンスがないものであり、また彼女のオカルトが始まったと思いました」

[デイリー新潮]

 

なんせ前夫陣内智則さんとの結婚・離婚のときには風水の先生がいろいろと表に出てきていましたし、霊感商法まがいの噂もありました。

 藤原紀香に霊感商法疑惑!周囲にアクセサリーを販売したり置物を薦めたり…

 風水に傾倒するもどんどん仕事がなくなる藤原紀香の悲哀

 

またか、と言われても仕方ないですし意外性もありませんが、なぜこんなになにかにすがろうとするんでしょうね。そしてそれをすぐ広めようとするのか。

 

今年47歳といいますが、好みの問題はあるでしょうが紀香さんは相変わらず美しいです。整形やヒアルロン酸のような人工的な手を加えるとなんとなく不自然な感じになるものの、今のところそういった印象はありません。

 

いくら美しくても、年齢を重ねていけばいつかは抗えない老いがくるのは時間の問題で、それが怖くていろんなものにすがるのかもしれませんが、あまりに疑うことを知らないというか、え、それ信じるの?というようなこともあり、いつか悪い人に騙されるんじゃないかと心配です。

 

紀香さんならミネラルウォーターや美味しい天然水はもちろん、もしかしたら浄水器を通した水道水でも「これは特別な石の上に一晩おいてウンタラカンタラ」と説明すれば目をキラキラさせてくれそう…。

 

※その強い暗示力があれば、いくつまででも若くいられるかも?

[Amazon]

 

藤原紀香と販売会社の関係は。

 

ただこういうのを信じるだけなら個人の自由なのですが、紀香さんは今回もブログで紹介し販売会社へのリンクも張っています。

 

そうなると気になるのが「仕事」になっているのかどうなのか。

 

結論としえは、販売会社は「藤原紀香様はお知り合いの方から弊社商品をプレゼントされたそうで、弊社との金銭のやり取りは一切ございません」と関係を否定しています。

 

しかし「ブログを見て、ショールームにお越しくださる方は増えています」ということで、販売会社が潤ったことは確かのよう。

 

デイリー新潮には歌舞伎関係者の「あの怪しい水の紹介は、さすがにまずいでしょう」というコメントがありました。

 

紀香さんには常に厳しい目が光っています。

 

楽屋でスマホいじってばかりの藤原紀香に何も言えない片岡愛之助…離婚間近説再び

今回専門家がその効果を否定したオカルトチックな水を宣伝した結果になりましが、それが紀香さんの立場を悪くするようなことにならなければよいのですが。

 

◆女磨きは見た目のみ、じゃないですよ

藤原紀香の直筆→ geinou ranking geinou reading

藤原紀香の直筆→ geinou reading geinou ranking

 

※こういうのもまだ継続中?

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※藤原紀香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

原田龍二降板に元不倫サレ妻藤原紀香が「ホッ」…舞台『サザエさん』の共演を愚痴ってた

[スポンサーリンク]

 

今週上演予定の舞台版『サザエさん』でフグ田マスオを演じる予定だった原田龍二さんが降板、葛山信吾さんが代役を務めることが発表されました。

 

これには原田さんの不倫を嘆いていたサザエさん役・藤原紀香さんもホッとしているのでは…

 

 

 

 

 

原田龍二がフグ田マスオ役降板

 

舞台版『サザエさん』はアニメ版『サザエさん』が1949年10月に放送を開始し50周年となる記念に上演されることになったものです。

 

サザエさん役に藤原紀香さん、磯野波平に松平健さん、磯野フネに高橋恵子さん、そしてマスオ役は原田龍二さんと発表されていましたが、先週週刊文春に報じられた車中不倫の影響で原田さんが降板、代わりに葛山慎吾さんが抜擢されました。

 

 

アパ不倫以下!原田龍二が複数の女性ファンとの最低行為で終了か

 

舞台『サザエさん』公式は、「この度の原田龍二さんの報道を受け、主催者として作品と役柄の持つイメージにそぐわないと判断し、所属事務所と協議の上、原田龍二さんの降板を決定致しました。ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます」と、濁すことなくはっきりとコメントしています。

 

原田さんは真面目なんだかよくわからないですが正直な会見でセーフと思われていましたが、やはりマスオさんはムリですよね。

 

このまま『相棒』も「異動になってた」みたいな感じでフェードアウトしそう。

 

 

藤原紀香の嘆き

 

キャスティングの変更が発表されたのは昨日ですが、本日発売の週刊文春には次のようにありました。

 

[以下引用]

「まだ舞台稽古も始まっていませんし、チケットの先行発売もこれからのタイミング。結局、原田さん本人が“上手く”会見をこなしてくれたのでキャスト降板などの事態にはならずにすみましたが、実は妻役の紀香さんがショックを受けているのです」(舞台関係者)


紀香は2007年5月、お笑い芸人・陣内智則(45)と盛大に結婚披露宴を行ったものの、2009年3月に離婚。

 

「陣内の度重なる浮気がバレたのが原因です。“格差”を受け入れていた紀香には許せない事態だったし、真面目に見えた夫の浮気を、『トラウマになった。過去をなかったことにしたい』とよく言っていました。今回、原田さんの不倫騒動を受けて『どんな風に彼の顔を見たらいいかわからない。無理かもしれない。ただただ悲しい……』と親しい人に愚痴っていた」(知人)

[週刊文春]

 

舞台関係者が一度は降板にならずにすんだと言っているのに結局降板になったのは、紀香さんの嘆きが届いたんでしょうかね。

 

◆え、あの離婚は陣内智則だけが悪かったの?

当時報じられた「真相」→ geinou ranking geinou reading

当時報じられた「真相」→ geinou reading geinou ranking

 

まあマスオさんに不倫のイメージはそぐわないので、紀香さんが何も言わなくても降板で正解だとは思いますが。

 

ちなみに公式サイトのキービジュアルはもう変わっています。

 

※旧キャスティング

 

 

※新キャスティング

 

うまく画像処理するものです。

 

葛山さんは細川直美さんと結婚し二児の父です。

 

原田さんのようなギラギラ感はまるでないですが、一応気をつけて…

 

◆娘が高校・中学に入学で44歳の母・細川直美の美しさに

再注目→ geinou ranking geinou reading

再注目→ geinou reading geinou ranking

 

※20年前の紀香さん。まさかサザエさんを演じるとは…

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※藤原紀香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

指原莉乃が藤原紀香を「ヤバイ女」扱い!さすがにマズイかも

指原莉乃さんが出演番組で口にした「ヤバい女」の特徴が藤原紀香さんを指しているのでは、と話題になっています。

 

 

※だって水素といえば、ね

 

 

[以下引用]

問題の発言があったのは、2月27日に放送された『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)。この日の番組は「美にかける女」をテーマに、さまざまな業界から集めた〝美魔女〟とトークを繰り広げていった。

美肌を追求するため、皮膚科を中心に28枚もの診察券を持つというモデル・若尾綾香は、恵比寿のクリニックで「ハイドロダイエット」なるものを受けていると告白。効果としては肌のキメが引き締まるとのことで、グラビアの撮影前には欠かせないのだという。

一同から詳細を尋ねられた若尾は、「水素を吸引した後にヒートマップに包んでいただいて汗を流す」とハイドロダイエットの手法を説明。すると、指原はすかさず「『水素』って言う女、一番ヤバいんですよ」「水素はダメですよ」とツッコミを入れ、スタジオは笑いに包まれていった。

[まいじつ]

 

水素って言ったらやっぱり藤原紀香さんですよね。

 →藤原紀香、懲りずに水素水を売り込む

 

ある時期メーカーが広告に力を入れていたんでしょうね、芸能人のブログでは水素水を扱うものが増えた時期がありました。

 

中でも藤原紀香さんの水素水へのハマり具合は凄まじく、SNSでその効果に触れるのはもちろん、自身の通販サイトで水素水関連商品を扱い、楽屋でも関連商品を配布、テレビでも「水素水は地球を救う」と話をしていました。

 

さらに、国民生活センターがその健康効果を否定したあとでもSNSで宣伝するのみならず、片岡愛之助さんとの披露宴では引き出物に使用するなど、自分だけで楽しむならともかく他人も巻き込んでいたあたり、確かに指原さんがいうように「ヤバイ」女です。

 →藤原紀香・片岡愛之助の披露宴が非常識

 

しかしそれを指原さんが番組で言ってテレビで放送するって、指原さん、大丈夫でしょうか。

 

指原さんは太田プロ所属、紀香さんはバーニング系。

 

紀香さんが全盛期だったら、指原さんはあっという間に干されていたかも?

 

 

◆芸能人の引き出物いろいろ

センスって何のこと→ geinou ranking geinou reading

センスって何のこと→ geinou reading geinou ranking

 

※顔…変わりましたね

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※指原莉乃さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

楽屋でスマホいじってばかりの藤原紀香に何も言えない片岡愛之助…離婚間近説再び

藤原紀香さんがブログで就寝直前の「すっぴん顔」を披露し化粧品へのリンクを貼っていることについて微妙な声が上がっているんだとか。

 

 

 

紀香さんは就寝直前のすっぴん顔とは思えない美しい顔を載せていますが、それについて「加工しまくってるのに、肌のこと言われても…」「いくつまで自撮りで私良いでしょアピールする気なのか」といった声があがっているそう。

 

結局それもどうやら仕事のようですが、それも梨園では不評なんだとか。

 

 

[以下引用]

ブログ記事では後半、イメージキャラクターを務める化粧品のリンク先がしっかり貼ってあることから、“仕事の一環”とも取れるが、2年前に片岡愛之助と再婚して以降、その仕事も、やればやるほど批判が噴出する状態が続いている。

 

「紀香は16年の結婚会見で“仕事と夫のサポートを両立させる”と話し、当時から歌舞伎界関係者から猛反発を食らっている。梨園の妻はそう甘くはないというわけです。愛之助も尻に敷かれっぱなしとされ、舞台に付き添ってもスマホばかりいじっている紀香に何も言えないという話。そんな関係から、離婚するのではとの見方がいまだに絶えないんです」(芸能記者)

[アサジョ]

 

該当記事を見ましたが、商品へのリンクがあっても宣伝記事マークがついてないのに驚きました。

 

紹介している2つの商品がともに紀香さんが広告塔になっているものだから、なのでしょうか。

 

こういうステマ的な記事って、梨園の妻としてどうなんだろうとは思いますね。

 

さらに、舞台に付き添ってもスマホいじりばかりって。

 

本当ならかなりおかしなことです。

 

ただ、紀香さんがスマホでゲームしているとも思えませんし、ブログもそんなにマメなわけでもないですし、そこまでアラフィフの女性がスマホをいじる理由もないような気はしますが…。

 

と思っていたら、週刊文春が紀香さんが土足厳禁のところをブーツで闊歩するなど傍若無人だと報じた際、「愛之助さんがそばにいるときには『おはようございまーす』と誰にでも笑顔なのですが、彼の舞台中は、脚を組んでスマホをいじっていて、挨拶しても無視です」という証言も掲載していました。

 →藤原紀香の行儀が悪すぎると梨園関係者が暴露

 

本当にスマホをいじってばかりなら、いくらアラフィフであれだけ美しくてもドン引きですが…。

 

◆あれ、若い自慢はどうした?

藤原紀香の自爆→ geinou ranking geinou reading

藤原紀香の自爆→ geinou reading geinou ranking

 

※紀香さんの美の秘訣

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※藤原紀香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング