パンくずリスト
  • ホーム
  • 藤原紀香
タグ:藤原紀香

 

好評のうちに終わった『半沢直樹』の続編ですが、その御礼として黒崎役の片岡愛之助さんの妻・藤原紀香さんが、半沢役の堺雅人・菅野美穂夫婦に贈ったプレゼントが物議を醸したと週刊新潮が報じています。

 

※こちらは皇室御用品江戸切子のダルマ。良いお値段です

 

スピリチュアル過ぎてドン引きされた藤原紀香

 

[以下引用]

実は、この愛之助の妻である藤原紀香(49)から堺に贈られたあるモノが関係者の間で話題となっている。

 

「ガラスで作られた“ダルマ”のような物体が送られてきたというのです」

 

とTBS関係者が囁く。

 

「堺さんと奥さんの菅野美穂さんは、気味悪がって家に置かず、結局、堺さんが事務所に持っていき、そこに置いているんだそうです」

 

紀香といえば、かねてより“宝石水”などスピリチュアルにはまりがちな女性。江戸時代に縁起物として飾られるようになった「ダルマ」も、赤色に魔除けの力があるとされる。しからば、ガラスのダルマとはこれ如何に。落として割ったりしたらと思うと、菅野の困惑もむべなるかな。

[デイリー新潮]

 

 

ダルマのような物体って、ダルマじゃないんでしょうか。

 

確かにダルマを落として割ってしまったら、と思うと縁起が悪いというのもわかります。

 

が、ガラスのダルマってそんなに珍しいものでもないようで、探せばいろいろありました。その中で一番不気味と言えそうなのが江戸切子のダルマでしたが、それはそれは高級で。

 

何にしろ、贈ったものが「気味悪い」と喜ばれなかったなんてことがこうやって記事になるなんて、贈った方にすれば心が痛い話です。

 

それなのに新潮の記者は紀香さんに直撃しています。

 

「撮影終了の際、お疲れ様の御品を賜りましたので、お礼状を片岡愛之助内として書かせていただき、夫からのお返しの品を送らせていただきました。(中身は)ダルマではありません。何を賜り、何を贈ったかなどはお答えできません」

 

と回答していますが、もうこれは共演NGレベルの話では。

 

 

ところで藤原紀香の贈り物センスは?

 

[スポンサーリンク]

 

紀香さんというと思い出されるのが、水素水にハマっていた過去です。

 

なんと、披露宴の引き出物も水素の発生機器でした。

 

非常識さに驚愕!藤原紀香・片岡愛之助の披露宴の引き出物がアレだった

 

もともと「水素水が地球を救う」というほどに水素水にハマり、共演者に関連商品を配ったり自身のサイトでも販売したりしていましたが、披露宴当時はすでに、国民生活センターに水素水の健康効果は否定されていたんですよね。

 

それなのに、引き出物に水素発生機器を選んだことで、非常識と非難されたこともありました。

 

それに代表されるように、紀香さんは自分がハマったものを積極的に周囲にすすめる傾向があるんですよね。

 

過去にも水晶クラスタや置物、アクセサリーなどのオカルト的なものや、美顔器のような美容に関係するものなどいろいろありましたが、少し前には宝石水とやらにハマって典型的なニセ科学と言われたことも。

 

 

典型的なニセ科学!藤原紀香がハマる宝石水に梨園関係者「あれはマズイ」

 

今回の贈り物がそういう系だったなら拒否するのもわからないではないですが、それがこうやって漏れちゃったのは、残念ですね。

 

◆芸能人の贈り物のセンスってどうなの?

引き出物で考える→ geinou ranking geinou reading

引き出物で考える→ geinou reading geinou ranking

 

※Kindle版

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※藤原紀香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

画像加工が当然の昨今、SNSと実物がかけ離れるというのは当たり前で、整形なのか加工なのかもわかりにくくなっている中、動画の加工は手間もお金も桁違いにかかるため、基本的に動画は加工していないと思っていたのですが、実はそうでもないんだとか。

 

 

※加工がいらなかった頃…

 

 

第一人者は浜崎あゆみ

 

[以下引用]

「まだCG加工が高額だった時代から映像のCG修正依頼が多かったのは浜崎あゆみさんです。撮影された顔のラインが気に食わないとライブ映像などを冒頭から最後まで修正することもあり、昔はそのために数千万円が費やされたこともあります。今は費用こそそこまで高額ではありませんが、同じように顔のラインを削ってほしいという要請が多いです」(映像会社プロデューサー)

 

さすがは歌姫と言われるだけのことはある。しかし、毎回依頼をするくらいならば、そもそも自分自身を削ってしまえばいいように思うがその発想はないのかもしれない。

[トカナ]

 

今回参考にした記事には3人の名前が出ている中で、浜崎さんだけは実名で書いてありました。

 

今も昔も有名ですからね。

 

それでも生の歌番組に出たときはさすがに編集ができないため、あれ、いつものあゆはどこへ行った!となっていましたが、最近は生で出る機会も少なくなり、本当の姿がまたわからなくなっています。

 

が、最近は一時期より痩せたように思います。

 

フライデーが20歳年下の彼氏との手つなぎデートを報じていた写真も、頭身バランスはいつもと違うものの、体はそれほど大きくありませんでした。

 

まさかフライデーが浜崎さんのために修正をするとも思えませんから、痩せたのでしょう。

 

ただ、ボディラインはどうにかなっても顔ですよね。

 

たまにありえないくらい童顔に加工していて話題になっていますが、ほどほどに…

 

◆怖いくらいの笑顔ですがはちきれそう、え、これが浜崎あゆみ?

これがピークだったのかも…→ geinou ranking geinou reading

これがピークだったのかも…→ geinou reading geinou ranking

 

もはや判別するのも難しい…浜崎あゆみのSNSの現在写真がいろいろと悲しい

 

 

意外なところで女優F

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

「前々からCMやドラマで修正依頼が多いのは大物の夫をもつ大物女優で風水好きのFさんですね。CMはスポンサーが言い出すならわかりますが、スポンサーがOKを出していても自分の映像上のスタイルが気に入らないようで修正させられることがあります。ボディバランスにかなりこだわりがあるようで足や首、場合によっては肩などのCG修正がおこなわれることもあるんです」(広告代理店関係者)

[トカナ]

 

 

風水好きの女優Fというと藤原紀香さんしか思い浮かばないのですが。

 

紀香さんのスタイルはホンモノだと思っていたのでちょっとショックです。

 

顔についてはSNSでよく加工していましたし、以前、週刊文春の隠し撮りがあまりにリアルで驚いたことがありましたが、それも40代で不意打ちの写真ならこれもアリだと思えるくらいだったんですけどね。

 

 

藤原紀香が嘲笑の的に!画像の加工がスゴすぎて誰だかわからない!!確かに週刊文春が報じた真実の姿とは全く違う…

 

きれいな人は美しかった時代を忘れられないんでしょうね。

 

それでも紀香さんはスタイルを含めて48歳とは思えない美しさをキープしていると思うので、整形など不自然な方向へ走らないといいのですが。

 

◆40代、不意打ちでも美しかったのは

この女優→ geinou ranking geinou reading

この女優→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

もっと意外なところで大物俳優O

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

最後は意外なことに大物男性俳優だった。

 

「90年代に外科医役や警官役で人気を博し、スポーツにも造詣が深いOさんです。CM出演時に修正依頼が多いという噂が。主に顔が気になるようで、シワや表情筋の見え方に注文が入ったとか。正直、見ている側からすると加工しなくても十分渋カッコイイ状態だったそうなのですが、事務所や本人サイドは気に入らないことがあるみたいですね」(同)

[トカナ]

 

これは、織田裕二さんしか思い浮かびません。

 

確かに、どちらかというとシワっぽいタイプかもしれませんが、気にするんですね…

 

現在51歳で、2010年に結婚し2014年に第一子が誕生しています。

 

お父さんとして若くいたいのでしょうか。

 

9月27日からは世界陸上が始まります。

 

織田さんが高いテンションだと楽しいのですが、最近はあまり熱くならないように、と言われているといいますね。

 

さて、今年の織田さんはどうでしょうか。

 

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※今日も何かがおもしろい?浜崎あゆみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

 

[スポンサーリンク]

 

藤原紀香さんの愛猫が亡くなったことをSNSで報告したところ、遺体の写真が載っているとして非難の声があがっているとか。

 

※紀香さんの愛猫もベンガルでした。

 

 

[以下引用]

紀香は「18歳の誕生日を迎えたばかりの0時51分、貴方は虹の橋を渡って、アイシャ兄ちゃんたちの待つ天国へ旅立ちました」と、棺桶で眠るマーシャくんの足の写真を投稿。

 

「虹の橋を渡るときに寂しくないよう、ハートの便箋にいれた手紙を入れておいたので 読んでね 母は、お気に入りの高野山で買った御守りをマーシャに、と手につけていました」などと綴っている。

 

このブログに、「安らかに……」「合掌」「目から涙が」といった声が寄せられる一方で、「また動物の遺体載せてる。これは引くわ」「なんでこういう写真アップするかな? 別に見たくない」「生きてた頃の写真だけでいいよ」といった声が相次いでいる。

[エンタメガ]

 

小さい頃からのものも含めて何枚も写真がある中、「ハートの便箋にいれた手紙」と一緒に、マーシャくんの足が。

 

足だけなので、以前の愛犬のときの衝撃と比べれば数倍マシですが、以前相当炎上したのに。

 

批判殺到!藤原紀香、愛犬の遺体写真をブログに掲載で「非常識すぎる!」

 

しかし当時の記事はそのまま残っています。

 

熊本地震の炎上では記事を削除していますし、一度出した記事は消さない!という主義のわけでもないようです。

 

 

藤原紀香のコメントに批判殺到!問題の「火の国の神様、どうかどうか もうやめてください」はすでに削除

 

これが紀香さんの送り出し方なんでしょうね。

 

今回は足だけ、というところに、紀香さんの成長を感じるものの、エンタメガによると今回のような写真は「一般的に他の会員や利用者が不快に感じる、又はその恐れのある表現・内容の送信等」というアメーバブログの禁止事項に抵触する恐れがあるよう。

 

本当に大切だったなら亡くなってすぐSNSで発信なんてできないはず、という声もありますが、それはもう人によるというか、気持ちの整理の仕方は人それぞれでいいと思うのですが、遺体の写真はやっぱり…

 

◆すっかり被害者のようですが…

藤原紀香の離婚は必然だった説→ geinou ranking geinou reading

藤原紀香の離婚は必然だった説→ geinou reading geinou ranking

 

※藤原紀香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

藤原紀香さんといえば、かつて出演番組で「水素水は地球を救う」と話し、結婚式の引出物に水素発生器を選び芸能界の語り草になるほどに水素水にハマっていた過去が有名です。

 

国民生活センターが「水素水はただの水」と注意喚起してもしばらくは使い続けていた様子ですが、その後しばらくしてから次は酸素水にハマり、今度は新たに宝石水にハマっているものの、専門家いわく「まるで意味がない」とのこと。

 

梨園関係者も「あの怪しい水の紹介は、さすがにまずいでしょう」と語るその詳細は。

 

 

※見てなんとなく癒やされる、という気持ちの問題とはまた違う

 

 

藤原紀香がハマった最新の水

 

紀香さんは5月のブログで、「最近いただいたもので感動したもの!」として鉱石が入った美しいガラス瓶の画像を紹介しています。

 

[以下引用]

〈この中にお水を入れると、ますます甘くてまろやか、美味しくなりました〉

〈水が変わるとカラダは中から作り変わる…古くて新しい健康と心と美の方程式〉

 

と、すっかり心酔した様子だ。販売会社のホームページによれば、この容器に水道水を入れると中の鉱石の波動で水が変質し、水道水に含まれる有害な物質が中和されたり、pH値や酸素量が向上するらしい。

[デイリー新潮]

 

まさにこちらですね。

 

※安いもので1万5000円、高いものだと5万円!

[Amazon]

 

中に入れる宝石は選べるそう。見た目も美しいですし、こういうのが好きな人にはたまらないでしょう。

 

◆藤原紀香は水素生成器でした。

芸能人の引き出物いろいろ→ geinou ranking geinou reading

芸能人の引き出物いろいろ→ geinou reading geinou ranking

 

気になる宝石(鉱石)水の効果は…ナシ

 

紀香さんは水素水はもちろん風水や水晶クラスタがどうのと話題になったこともありますし、健康法・美容法にも興味があるのは見てればわかります。

 

紀香さんに紹介した人も、紀香さんが喜ぶと思って紹介したんでしょうね。

 

で、紀香さんはいつものように素晴らしいと思ったから紹介したと。

 

しかしちょっとこれは紀香さんのような発信力のある人が触れないほうがいいモノだったよう。

 

 

[以下引用]

だが、法政大学元教授で『暮らしのなかのニセ科学』の著者・左巻(さまき)健男氏は、

 

「紀香さんの感じたことは気のせいでしょうね」

とばっさり斬る。

 

「衛生上の理由でしょうが、瓶の中の鉱石はガラスで覆われています。だから、中に水を入れても、ごく微量のガラスが溶け出すだけで、鉱石からの影響はまったく受けません。得体の知れないエネルギーとか波動などの言葉で説明しようとする典型的なニセ科学です」

 

山形大学理学部物質生命化学科の天羽(あもう)優子准教授もこう継ぐ。

 

「綺麗なガラス容器に入った、ただの水を飲んでいるだけです。気分が高まるというプラシーボ効果はあるかもしれませんが。水素水、酸素水ともに、紀香さんが信じる効能は科学的にエビデンスがないものであり、また彼女のオカルトが始まったと思いました」

[デイリー新潮]

 

なんせ前夫陣内智則さんとの結婚・離婚のときには風水の先生がいろいろと表に出てきていましたし、霊感商法まがいの噂もありました。

 藤原紀香に霊感商法疑惑!周囲にアクセサリーを販売したり置物を薦めたり…

 風水に傾倒するもどんどん仕事がなくなる藤原紀香の悲哀

 

またか、と言われても仕方ないですし意外性もありませんが、なぜこんなになにかにすがろうとするんでしょうね。そしてそれをすぐ広めようとするのか。

 

今年47歳といいますが、好みの問題はあるでしょうが紀香さんは相変わらず美しいです。整形やヒアルロン酸のような人工的な手を加えるとなんとなく不自然な感じになるものの、今のところそういった印象はありません。

 

いくら美しくても、年齢を重ねていけばいつかは抗えない老いがくるのは時間の問題で、それが怖くていろんなものにすがるのかもしれませんが、あまりに疑うことを知らないというか、え、それ信じるの?というようなこともあり、いつか悪い人に騙されるんじゃないかと心配です。

 

紀香さんならミネラルウォーターや美味しい天然水はもちろん、もしかしたら浄水器を通した水道水でも「これは特別な石の上に一晩おいてウンタラカンタラ」と説明すれば目をキラキラさせてくれそう…。

 

※その強い暗示力があれば、いくつまででも若くいられるかも?

[Amazon]

 

藤原紀香と販売会社の関係は。

 

ただこういうのを信じるだけなら個人の自由なのですが、紀香さんは今回もブログで紹介し販売会社へのリンクも張っています。

 

そうなると気になるのが「仕事」になっているのかどうなのか。

 

結論としえは、販売会社は「藤原紀香様はお知り合いの方から弊社商品をプレゼントされたそうで、弊社との金銭のやり取りは一切ございません」と関係を否定しています。

 

しかし「ブログを見て、ショールームにお越しくださる方は増えています」ということで、販売会社が潤ったことは確かのよう。

 

デイリー新潮には歌舞伎関係者の「あの怪しい水の紹介は、さすがにまずいでしょう」というコメントがありました。

 

紀香さんには常に厳しい目が光っています。

 

楽屋でスマホいじってばかりの藤原紀香に何も言えない片岡愛之助…離婚間近説再び

今回専門家がその効果を否定したオカルトチックな水を宣伝した結果になりましが、それが紀香さんの立場を悪くするようなことにならなければよいのですが。

 

◆女磨きは見た目のみ、じゃないですよ

藤原紀香の直筆→ geinou ranking geinou reading

藤原紀香の直筆→ geinou reading geinou ranking

 

※こういうのもまだ継続中?

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※藤原紀香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング