タグ:藤原紀香の記事一覧

タグ:藤原紀香
藤原紀香がまたやった!「災害御見舞ブログ」の気遣いのなさに批判の声

関西地方の台風被害に続いて北海道の大地震について藤原紀香さんがコメントし、また炎上しています。

 

※陣内智則さんの浮気相手についても触れてます

 

 

紀香さんは9月5日に更新した「台風のあと、、、」という記事で台風21号と北海道の地震について触れています。

 

台風21号については兵庫県にある実家が停電と断水の被害を受けたこと、関空の被害について触れたのちに、阪神淡路大震災当日に関空にいた自分の経験にふれ、「藤原主義にも記しているので、1.17のことは、ここに詳しくは書きませんが、災害の恐ろしさ、あらためて感じました」としているのが「結局、自分語りがしたいだけか」と。

 

北海道の地震については、今日になって追記したんでしょうね。「そして、一夜明け、ニュースを見たら北海道が…(絵文字)台風が勢力を保ったまま通過した直後に震度6強なんて、、、どうか一人でも多くの方が助かりますよう、、、」と、多くは触れていません。

 

文章の破壊力という意味では今回はこれまでと比べれば大したことはありません。

 

紀香さんは2016年、熊本地震のときの長々と書かれた文章全体が上からだった上に「火の国の神様、どうかどうか もうやめてください」と言ったり、同年11月に福島県沖地震でお見舞いを述べると同時に片岡愛之助さんの仙台公演告知ともとれる文章を加えたことがありますから、それと比べれば…

 →藤原紀香「火の国の神様」もう削除

 

今回は文章とそれ以上に批判を集めたのが仕事で小田原にいるとして公開した画像です。

 

[以下引用]

「紀香が公開した写真は相模湾を見下ろす高台から撮ったものです。高級ホテル『ヒルトン小田原リゾート&スパ』の客室から撮影したものでしょう。なぜ、この写真をわざわざお見舞いのメッセージに添える必要があったのか。ネットには『結局、自慢か。こんな所にいる人に心配されてもね』などと厳しい声があがっています」(前出・芸能ライター)

[アサジョ]

 

こちらがその画像です。

 

 

仕事なので単に贅沢しているわけではないですが、台風被害や最大震度7という大きな被害を受けた人へのお見舞いで、自分がかなり穏やかな日常にいることを示すようなこういう画像をつけなくても…。

 

本当に心配だったら、こういう画像はつけないかなと思います。

 

特に北海道は大部分で停電しネット環境も不安定だといいますから、限られる電気と通信を紀香さんのブログに使う人がどのくらいいるかはわかりませんし、この画像で嫌な思いをするかもわかりませんが、被災地の方へ宛てている以上、お見舞いした相手の気持ちが少しでも波立つことなく穏やかになるよう気遣うべきではないでしょうか。

 

紀香さんは以前関西の情報番組に出演したときに、「情報発信すればするほど、批判とか…」という質問を受け、「あるある!全然ありますよ。そんなん。でもそんなんいちいち見いひんくなったし。昔は見てた見てた見てた。たぶんみんなに好かれたいと思ってたからだと思う」と話していました。

 

全員に好かれるのはムリなのも、気にしすぎて潰れるのもおかしいのもわかりますが、せっかくお見舞いするんですし、人の意見を参考にするのもいいのでは。

 

◆芸能人カップルの黒歴史!

紀香もいるよ→ geinou reading geinou ranking

紀香もいるよ→ geinou ranking geinou reading

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※藤原紀香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

片岡愛之助、梨園から排除の動き!藤原紀香の炎上体質も拍車をかける

片岡愛之助さんが歌舞伎界で浮いた存在となっていたところで、藤原紀香さんと結婚したことで、さらに浮いた存在になり、片岡さんを排除しようという動きが見られると報じられています。

 

 

※一般家庭出身で苦労人。好感度高かったのですが…

 

 

[以下引用]

「そもそも、梨園の出身ではなく養子である片岡が『愛之助』の名を継いだことを、よく思っていない歌舞伎界の重鎮も少なくなかったんです。そんななか、『半沢直樹』でのブレイクによって、舞台よりもテレビの仕事に忙しくしている彼の姿がさらなる反感を買ってしまった。その上、周囲の反対を押し切って藤原紀香と結婚したことで、一気に味方が減ってしまったようです」(テレビ局関係者)

 

同関係者によれば、かねてからマスコミに報じられていたとおり、藤原紀香の傍若無人な振る舞いが梨園内で相変わらず問題視されているのだという。

 

「梨園の妻になったからといって、彼女の女優然とした態度は変わらなかったんです。公演に現れても悪目立ちする彼女の存在は、もはや片岡の評判を下げる要因になってしまった。映画やドラマのために本業をおろそかにしている彼の存在をよく思っていなかった人たちからすれば、藤原の出現によって“攻撃のネタ”ができたんですよ。結果、片岡を排除しようとする動きが活発化しつつあるというわけです」(同)

[ビジネスジャーナル]

 

愛之助さんの立場が悪くなっているというのは、チケットがさばけないという話題で先月も報じられていました。

 →愛之助、チケットが売れ残り紀香ピンチ

 

「出る杭は打たれる」的なものも感じますが、藤原さんの言動が嫌われやすいというのも大きいのでしょう。重箱の隅を突くような批判もありますがそればかりでもないですし。

 →紀香、地震お見舞いのブログで営業し批判殺到

 →藤原紀香、愛犬の遺体写真をブログに…

 

でも、伝統を大事にするのもいいですが、愛之助さんがもともと一般家庭出身であることも排除される大きな原因だというなら、今どきそういう排他的すぎる梨園はいずれ衰退しそう。

 

一方で紀香さんは、あんまりに突っ込まれやすいSNSをどうにかしたほうがいいのかも。

 

風水好きも度が過ぎていると指摘されていますし、美容法、健康法もいろいろと手を出しては紹介していますが、数が多すぎて一体何が本当にオススメなのか、効いているのかがわからないという声もあります。

 

タレントとしては炎上も芸ですが、それが夫を害する一因になるなら、改めたほうがいいのでしょうね。

 

◆「ダサすぎる」芸能人の酷評結婚式まとめ

あらまあ。→ geinou ranking geinou reading

あらまあ。→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※藤原紀香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

藤原紀香ピンチ!片岡愛之助が崖っぷち!歌舞伎舞台チケットが売れ残る…

藤原紀香さんの夫・片岡愛之助さんは歌舞伎俳優としてだけでなく、ドラマや舞台でも活躍していますが、最近は本業である歌舞伎のチケットが売れず、歌舞伎界から批判の声が上がっているんだとか。

 

※伝説のドラマでもキーマンでした

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

半沢直樹 -ディレクターズカット版ー DVD-BOX [ 堺雅人 ]

価格:22223円(税込、送料無料) (2018/4/7時点)



 

[以下引用]

「“片岡愛之助の名前を返せ!”という声が、当主の片岡仁左衛門さん(74才)や片岡秀太郎さん(76才)を中心とする松嶋屋の内部から噴出しているというのです。一部の先達たちは“こんなに歌舞伎をないがしろにし続けるならもう辞めたほうがいい”とかなりご立腹だとか。愛之助さんからすれば、歌舞伎の発展もみすえて、舞台やドラマに出演しているのであって、決してないがしろにしているつもりではないのかもしれませんが…」(歌舞伎関係者)

[NEWSポストセブン]

 

片岡愛之助さんは2013年当時は歌舞伎公演を年間10本こなしていたのに、昨年は半分の5本まで減っているそう。

 

2013年は堺雅人さん主演の日曜劇場ドラマ『半沢直樹』での金融庁検査官の黒崎役で愛之助さんがブレイクした年で、その後歌舞伎の舞台が減っていることから、歌舞伎に時間を割かなくなっているのかと心配されているそう。

 

[以下引用]

「それでも愛之助人気が高かったうちはまだ怒りは小さかったんだと思います。松嶋屋の中でもお客を呼べるのは確かに人気役者の仁左衛門さんと愛之助さんしかいませんでしたから。でも、その肝心のチケットの売り上げがガクッと落ちているんです。それも、歌舞伎をないがしろにしていることが贔屓筋に伝わった結果なのではないかというのが先達たちの言い分でしょう。最近は後援会を通じて買った客に千社札や手拭いなどをつけるなどして売っているそうですよ」(前出・歌舞伎関係者)

[NEWSポストセブン]

 

チケットを捌くのは梨園の妻の役目で、愛之助さんの妻は藤原紀香さん。

 

紀香さんは華やかな美人ですし、紀香さん見たさに劇場に来る人も増えたといいますが、それでも結婚から時間が経ち紀香さんが珍しくなくなってきたのか、以前はブログにも

『満員御礼』『激売れで完売』と書き込んでいたのが、最近は最近は当日の公演に『遊びにいらして下さい』と席が余っていることを隠さないように。

 

最近紀香さんはテレビ出演でちょっと刺激的なことを言ったり、ブログでも話題になりそうなことを発信していますが、それもこれも愛之助さんのチケット問題の解決が目標だったのでしょうかね。

 

◆ドヤ顔炸裂!やっぱり紀香はこうでなきゃ!

でも囁かれる整形説→ ranking reading

でも囁かれる整形説→ reading ranking

 

※バーニングは今?

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※藤原紀香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

藤原紀香が炎上について語る。「人のために動いたときに…心歪んでんなって」

藤原紀香さんが関西の情報番組に出演し、ブログがたびたび炎上することについて「心歪んでんな」「匿名やからって人の悪口言ったり書いたりすると、絶対自分(書いた人間)に返ってくる」という考え方を披露しました。

 

特に傷ついたのは「人のために動いたとき」の批判ということで、思い出されるのは熊本地震のときの「火の国の神様」

 

 

※パンダのシュシュ



 

[以下引用]

公式ブログが人気の紀香だが、中谷しのぶアナウンサーの「情報発信すればするほど、批判とか…」という質問に「あるある!全然ありますよ。そんなん。でもそんなんいちいち見いひんくなったし。昔は見てた見てた見てた。たぶんみんなに好かれたいと思ってたからだと思う」と、考え方を変えることで批判が気にならなくなったと明かした。

 

最も傷ついたことを聞かれても「人のために動いたことによって、色んなことを言われたりした時に、あ、面白い、人ってこうとるんや、心ゆがんでんなって…また言ったらアカンやつや」と、結局は笑い飛ばした紀香。

 

「そういうのいちいちブログで書いちゃうとまたわーって言われるから。それはそれで、そんなに悪くとらん方がええねんでって思うし。私いつも思うのは、匿名やからやって人の悪口言ったり書いたりすると、絶対自分に返ってくると思うし、逆にその人に運あげてんねんでって考えるんですよ」と、いたずらっぽい笑顔で考え方を打ち明けていた。

[デイリースポーツ]

 

炎上に対する前向きな姿勢はそれはそれで良いと思います。

 

気になったのは、2つ。

 

まず、藤原さんはこの番組に出演することについてブログで告知しているのですが、「私生活のこと、幼少時代のことなどキャスターの中山しのぶさんと語りましたよ」と書いているんですよね。

 

デイリースポーツは中谷しのぶさん。調べたら、中谷さんが正解でした。

 

名前間違えるのは、失礼ですよね…

 

※こちらは中山美穂さんの妹の中山忍さん

[Amazon]

 

もう1つ気になったのは、「人のために動いたことによって」ということ。

 

思い出されたのは2016年の熊本地震で「火の国の神様、どうかどうかもうやめてください」とブログに書いたとき。

 

地震のお見舞いコメントを書いた記事の最後に夫・愛之助さんの舞台のPR文章を入れて炎上したこともありました。

 →藤原紀香のブログがまたまた炎上

 

紀香さんは関西出身で阪神淡路大震災を経験し後悔のない生き方をしようと決心したということもあるのか、震災があるとかなり献身的な活動をされますが、有名人の役割って難しいですよね。

 

または、水素水をオススメしていたときですかね。

 →藤原紀香が懲りずに水素水を売り込む

 

自分が良いと思い、人にすすめているのに銭ゲバと言われていました。

 

国民生活センターがその健康効果を否定している水素水を、個人で愛用するのみならず他人にすすめ、さらにブログでも商品へのリンクを貼る、さらに引き出物にするという…

 

しかし、すべての人に自分の意図をわかってもらうのは難しいことですからね。

 

もう気にしないどころか、「逆にその人に運あげてんねんで」と思うくらい前向きな紀香さんは凄いです。

 

「好き」の反対は「嫌い」ではなく「無関心」で、「無関心」になられると話題にすらならなくなります。

 

今あるものを大事にすれば良いということでしょうか。

 

◆あれ!?紀香さん…

写真とテレビで顔が違う…→ geinou reading geinou ranking

写真とテレビで顔が違う…→ geinou ranking geinou reading

 

※うわっわかい!

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※藤原紀香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング