タグ:花田優一の記事一覧

タグ:花田優一
暴露本出版で株急落!河野景子が元貴乃花親方との離婚を語るも同情引けず

昨年10月に元貴乃花親方と離婚した元フジテレビアナウンサー河野景子さんが暴露本を出版しました。

 

結婚から離婚までの23年間の真実を語ったということですが、ネットでは「やめておけばよかったのに」の声が多数出ています。

 

※3月5日発売

[Amazon]

 

河野景子さんは「こころの真実 23年のすべて」の中で、これまで双方が語ることがなかった離婚について語っています。

 

たとえば、離婚は景子さんから切り出したこと。離婚の予兆は2012年頃、ストレスで円形脱毛症になったことだったこと。離婚の引き金は元貴乃花親方が協会に引退届を提出したことではあるけれど、お互い「いつか離婚する」と思う中での生活を続けており、届を出さなかったとしても、「離婚したかもしれない」「何もかもが限界でした」と、赤裸々に語っています。

 

[以下引用]

多くの人が知る貴乃花氏の波瀾(はらん)万丈な人生。勝負師としての生きざまや大きなケガ、さらには花田家の騒動など結婚生活は平穏な時間の方が少なかった。景子さんは、ここ数年、ぎっくり腰になっても夫を迎えに行くため「はうようにして運転席に座った」とし、インフルエンザ明けでも「“大丈夫だ。もう熱ないんだろ”と彼に押し切られてフラフラするのをこらえて知人のお祝いに出かけた」とつづっている。一方で、貴乃花氏は師匠としての顔、協会と向き合う「貴乃花光司」の時間が増え、次第に「花田光司」ではなくなっていったという。

 

弱音を吐けない妻と、家族としての顔を見せなくなっていった夫。景子さんが明かした「お互いの中で“いつか離婚するだろう”という思いは生まれていた」。同書に描かれた、積み重なる夫婦のすれ違いによる離婚劇の内幕は、世間で大きな反響を呼びそうだ。

[スポニチ]

 

インフルエンザ明けって、発症後5~7日頃までは感染の可能性があると言われていますが、そこは当然守ってるんですよね。

 

それを守ってないんだとしたらはた迷惑な話です。インフルエンザを意図的に他人にうつした場合は傷害罪が成立するという判例もありますし。

 

ぎっくり腰の話にしても、なんて酷い…と思います。

 

思いますが、こういう一方的な暴露ってどうなんでしょうね。

 

いかにも難しそうな元貴乃花親方との結婚生活が大変だったであろうことは、黙っていてもわかるのに、それを敢えて「こんなことがあった、あんなこともあった」って暴露するのは、3人いる子供にとってもどうなんだろうと思います。

 

景子さん自身、「これまでの23年間のいろんな出来事に対して、私が抱いた“私の心の中にある真実”を書きました」と言ってるように、元貴乃花親方にも元貴乃花親方が抱いた心の中にある真実があるんでしょうに。

 

例えば、ふつうは同一敷地にある相撲部屋と自宅が貴乃花部屋の場合かなり距離があり、景子さんはテレビの取材があるときくらいしか顔を出さなかったなんて話もありましたが、そのあたりの真実とか。

 

もう少し賢い人なのかと思っていました。

 

一時期キャスターに復帰するのでは、と言われていましたが、なさそうですね。

 

やっぱり、長男優一さんの金銭的なお世話がたいへんなのでしょうか。

 →母におんぶにだっこの花田優一。ニートよりタチが悪い

 

今回の暴露本出版で、ネットでは「何も言わないほうが良かった」「賢いイメージが崩れた」「元旦那の愚痴でお金を稼ぐの?」「この人が何を言おうと、息子がだらしない限り説得力がない」といったコメントが見られました。

 

二人は1994年11月に出会い、婚約会見が1995年2月、第一子優一さんの出産が同年9月と、出会いから第一子誕生までが一年もない状態で結婚生活を始めており、お互いをどこまで知って結婚したのか怪しいところです。

 →「この夫婦はもうダメだ」元貴乃花親方が倒れたときの花田景子の対応が冷たい

 

それなのに23年ももったのはお互いの努力があってこそだったんでしょうね。

 

ちなみに、離婚が発表されたときの元貴乃花親方のコメントは、「もう自由にさせてあげようと思って。今まで十分頑張ってくれたから」。

 

別れてよかったんでしょうね。

 

◆花田優一がクズであるということについて

議論→ geinou ranking geinou reading

議論→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※花田優一さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ニートよりもタチが悪い!花田優一、高級車を与えればぶつけて発生した修理代、銀座の夜遊び代、すべて母・花田景子持ちという恐怖

[スポンサーリンク]

 

元貴乃花親方と花田景子さんが離婚し、現在2人の娘は留学中であるため、長男花田優一さんと景子さんが同居中ですが、優一さんは車代から飲み代まですべて景子さんにおんぶにだっこだと女性自身が報じています。

 

 

※本は売れてないですか?

 

 

[以下引用]

優一といえば、昨年11月に700万円以上という新車を購入したばかり。だが花田家といまも親交がある元後援会関係者は言う。

 

「その新車もすでに何度かぶつけてしまったそうで、いま(※2月上旬)は修理に出しており、優一くんはレンタカーやタクシーで移動しています。彼は強気な性格でかなりスピードも出しますし、昔からよく車をぶつけていました。お母さんの景子さんもハラハラしているでしょうね」

 

本誌も1月上旬に、自慢の愛車のナンバープレートが曲がってしまっている状態だったのを目撃している。高級車だけに修理費用もかなり高額かと思われるが、前出の元後援会関係者は苦笑する。

 

「う~ん、優一くんの靴職人としての収入は、それほど多くはありませんし、今回の修理代も景子さんに負担してもらうようです。若いのに銀座で飲み歩いたりもしていますが、請求書は自宅に送られてきて、支払っているのは景子さんなんですよ」

[女性自身]

 

これ恐ろしいですね。ニートよりもお金がかかります。

 

それもわざわざ海外へ出し手に職をつけ一度は結婚し独立したはずの息子です。

 

だいたい、11月に買ったばかりの車をもう既に何度もぶつけてるって、運転に適正があるんでしょうか。大事故を起こす前に運転を辞めたほうがいいのでは。

 

実績のない「靴職人」である優一さんに靴の受注が殺到したのは、親の七光りとテレビ出演が理由です。

 

そのチャンスを活かせればよかったのですが、優一さんはタレント活動と夜遊びに夢中で、靴を制作しないまま、受け取っていた靴代も遊び代へ消えたとか。

 

 

そういえば過去、銀座のホステスとのデート報道もありましたし、23歳の若者にしては遊び方が年寄りくさいですね。相撲取りだったら後援の人に遊びに連れて行ってもらう、なんてこともありそうですが、優一さんは一般人なのに。

 

どうしても、なんでそんなふうに育ったかと言いたくなります。

 

景子さんの過保護エピソードとしてあげられるのが、優一さんが青学に通っていたころ、禁止されていた自動車での送迎をしていたと報じられてたことです。

 →井川遥が黒木瞳、森高千里、花田景子に差をつけた

 

景子さん自身は否定していますが、複数のメディアで複数の人が証言しているので、どうでしょうね。

 

その他、父・元貴乃花親方と対立すれば常に「お母さんはあなたの味方よ」と優一さんを常にかばっていたとも。

 

 

そんな母・景子さんはおかみさん時代から講演会や事業で稼ぎ、今は「話題の人」としてバラエティにもよく出ていて、それなりに収入はあるのでしょう。

 

しかしそれがいつまで続くのかというとまた疑問。

 

優一さん、いつか恩返しできるのでしょうか。

 

◆あまりに自分が美しかったのでTシャツも作りました

え、貴乃花?→ geinou ranking geinou reading

え、貴乃花?→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※花田優一さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

花田優一に経歴詐称疑惑。師匠に師弟関係を否定される!靴の制作期間も胡散臭すぎて…

本業であるはずの靴職人の仕事でトラブルを報じられて久しい花田優一さんに、経歴詐称疑惑が浮上しています。

 

 

 

 

花田優一に経歴詐称疑惑

 

花田優一さんは、テレビに登場した当初は10代から靴職人として修行し堅実だと高評価だったものの、言動のおかしさや女性関係のだらしなさ、さらには本業であるはずの靴職人としての仕事でも納期の遅れから発生したトラブルが報じられるようになりました。

 

そんな状況を靴作りの師はどう思うのか、女性自身が現地取材を試みたところ、驚くべき事実が明らかになっています。

 

 

[以下引用]

「ユウイチのことはもちろん知っているよ。彼は2年ほど私のクラスに通って、授業を受けていたからね」

 

実は、これまで優一は修業時代を振り返るたびに「工房で師匠に学んだ」と語っていた。17年3月放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系)でも、

 

「日本に帰ったけど、今でも自分はアンジェロの弟子です」

 

と師弟関係を強調していた。だが、話を聞く限り、優一は工房ではなく専門学校でアンジェロさんの授業を受けただけのようだ。師弟関係について確認すると、“師匠”の口から次の言葉が。

 

ユウイチは私の弟子とはいえない。教師と生徒の関係だよ

 

恩師の証言で暴露された“デタラメな履歴書”。先生と生徒というアンジェロさんとの関係を、優一は“師匠と弟子”と偽っていたのだ。

[女性自身]

 

アンジェロさんは優一さんの勤勉さについては認めていたものの、「2年や3年の修業だけで一人前になれると思うか? それは個人次第だから一概に何年修業が必要とはいえないよ。ユウイチは熱心に勉強していたが、まあ裁縫の技術に関してはもっと経験を積んだほうがいいと思う」と厳しい言葉を述べていたとのこと。

 

まあ、大学で例えるなら、ある有名教授の授業を受けたからといって師弟関係とはちょっと言わないですよね。少なくともゼミに所属し個人的な交流もないと。

 

何より“師匠”が師弟関係を否定しているわけですから反論のしようもないと思いますが。

 

 

 

花田優一の靴職人関係の嘘まとめ

 

優一さんは、これまで報じられた靴のトラブル報道に対し、1月20日放送の『行列ができる法律相談所』に出演し語気を強めて次のように否定しました。

 

[以下引用]

オーダーシューズの納品を巡るトラブルが週刊誌で報道されている花田氏に、司会の東野幸治が「靴ってオーダーしたら1~2カ月で届くイメージなんだけど、もっと時間かかるんでしょ?」と話を振ると、「報道されている方とか、世界中の有名ブランドのオーダーシューズを調べていただきたい!」と言葉遣いは丁寧ながらも語気を強めた。

 

「怒ってるね?」と東野が煽ると「怒ってます!」と花田氏はキッパリ。「どのくらいかかるの?」の質問には「2年以上」と答え、共演者たちを驚かせた。

[ザテレビジョン]

 

優一さんのテレビ初登場である『明石家さんまの転職DE天職』で語っていたのは、

・18歳からフィレンツェで靴職人の修行に3年間励んだ

・靴の制作にかかる時間はおよそ2週間

・そのお値段は15万円ほど

 

ということでした。

 

これらの主張をまとめると、

 

<優一さんと“師匠”の食い違う点>

・修行の場は工房ではなく専門学校

・修行期間は “師匠”は2年ほどだといい、優一さんは3年と言っている

・優一さんは師弟関係を主張、“師匠”は師弟関係を否定

 

<優一さん自身の話で食い違う点>

・靴の制作時間について、2016年10月は2週間と語り、2019年1月には2年と語る

 

工房で修行したか専門学校卒かって、経歴詐称になると思うんですけどどうでしょう。

 

また、靴の納期が2年以上って…有名ブランドのはもしかすると人気が殺到していて注文が立て込んでいて順番待ちも入れての2年なんじゃないでしょうか。

 

接着剤が乾くまでとか多少寝かせる工程がありそこで複数の靴を作れるんだとしても、どのくらいの数同時進行で作れるんでしょう。

 

いずれにせよ1足2年で20万なら、いくらオーダーだ、職人だと言ったって、そこまで回転が悪いと仕事にならないのでは。

 

そもそもトラブルとして報じられているのは、当初3週間で納品と言われたものが1年経っても連絡が来ず、やっと会えたと思ったらさらなる納期の延長を言ってきた、ということなんですけどね。

 →花田優一の金銭トラブルが酷い

 

 

涼しい顔で堂々とおかしなことを言う優一さんが胡散臭すぎて…

 

◆美人です

元奥さん画像→ geinou reading geinou ranking

元奥さん画像→ geinou ranking geinou reading

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※花田優一さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

吉岡里帆がトラブル続き!実弟が花田優一に弟子入りもクレーム処理で「私も共犯になってしまう」

テレビで共演して以来仲がよいと言われる花田優一さんと吉岡里帆さんに亀裂が入ったと女性自身が報じています。

 

吉岡さんが溺愛する弟を花田優一さんの弟子にしたところ、パワハラが原因で3ヶ月ほどで辞めてしまったんだとか。

 

 

※使命ってなんですか

 

 

花田優一さんの本業である靴「職人」の仕事は、昨年から顧客とのトラブルが度々報じられています。

 

注文から商品の受け渡しまで時間がかかりすぎる、または渡されない、サイズが合わない、しかしお金だけはしっかり受け取っている、などなど。

 →花田優一に金銭トラブル

 

そんな報道が出る1ヶ月ほど前の2018年9月に、花田さんは周囲に「吉岡里帆ちゃんの弟Tさんも、俺の弟子になったからね」と自慢していたとか。

 

弟子のTさんは吉岡里帆さんの実弟で、地元である京都のフレンチレストランで修行しており、吉岡さんも応援の意味を込めて店を訪れたときには写真をインスタに上げるなどしていたのですが、吉岡さんの成功を見てTさんも東京で力を試したいと思うようになり、吉岡さんが紹介した花田さんに弟子入りすることになったそう。

 

※なぜ紹介

[Amazon]

 

[以下引用]

大きな希望を胸に抱いて上京したTさん。だが彼を待っていたのは悪夢の日々だった。

 

「優一氏は顧客たちからのクレームの処理をTさんにやらせていたのです」(前出・優一の知人)

 

前出のAさんは言う。

 

「靴も完成せず、返金を求めると花田氏と連絡がとれなくなりました。困っていた私に代わりに電話をくれるようになったのがTさんでした」

 

奇妙な話だが、返金を求めるAさんと、真面目に対応を続けるTさんは連絡を取り合っているうちに、少しずつ信頼関係を築いていったという。

 

「次第にTさんは花田氏に弟子入りしたことを後悔するようになっていました。私にも『師匠が靴を作っている姿をほとんど見たことがない』『お客さんからのクレームを報告しても、まともに取り合ってもらえない』などと話すようになったのです。飲み歩いていて工房に帰ってこない花田氏を深夜まで待っていなくてはいけないこともあったそうです」

 

Aさんは弟子を辞めるように勧めたという。するとTさんは苦しげにこう語ったのだ。

 

「師匠がやっていることは、詐欺と言われても仕方がない。でもここで逃げたら、私も“共犯”になってしまうから、頑張ってお客さんの対応を続けたい」

[女性自身]

 

しかし結局のところは、弟子入りから3ヶ月ほどで靴職人の道を断念したとのこと。

 

ちなみにTさんは23歳。

 

花田さんと同い年です。

 

フレンチレストランで修行しており、吉岡さんもそちらを応援していて靴職人への方向転換には反対していたといいますが、Tさんはなぜそこから花田さんに弟子入りしたのか…。

 

本気で靴職人になろうとしたなら、23歳という年齢を考えたら、たった3年修行して結果を出していない同い年の人の元につくよりももっと確実な道があったと思うんですが。

 

女性自身にあるようなTさんの逃げない姿勢は立派だと思うのですが、ちょっと23歳にしては甘かったような…。

 

女性自身がTさんへの指導について花田さんを直撃取材したところ、微笑みが一転、とたんにムッとした表情になり、「あ~、もう辞めているしね。理由? まぁ彼にもいろいろと考えがあったのでしょう」と答えたそう。

 

一方で、弟の苦悩の日々を知った吉岡さんは号泣したといいます。少し前には「父親がNHK勤務」というガセを週刊新潮に報じられて大変でしたし、苦労が絶えませんね。

 

花田さんと吉岡さんが仲良くなったのは、それぞれ実妹や実弟を溺愛するというその性質がきっかけだったといいます。

 

それだけ溺愛する弟がこういう辞め方をしたなら、今後の付き合いはなくなりそうですね。

 

父である元貴乃花親方は優一さんのことを職人としても中途半端で「花田の姓にふさわしくない」とまでかなり厳しく糾弾していましたが、もうそのとおり、としか言えません。

 

Tさんサイドの話しか出ておらず優一さんにもなにか言い分があるのかもしれませんが、靴の仕事でクレームの出ていることは事実です。

 

本業は靴「職人」であるはずの花田優一さんがタレント業に勤しんだ年末年始でしたが、もしかすると最後の稼ぎ時だったかも。

 

◆吉岡里帆の弟

似てるかも→ geinou ranking geinou reading

似てるかも→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※花田優一さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング