パンくずリスト
  • ホーム
  • 芦田愛菜
タグ:芦田愛菜

 

 

かつて芦田愛菜さんとともに”天才子役’としてその名をテレビ界に知らしめた鈴木福くん。

 

そんな彼が現在、快進撃中でヤバいことになっているといいます。

 

 

 



 

[以下引用]

一時期は芦田よりも明らかに格下扱いでしたが、最近は違う。完全に立場が逆転したといっても過言ではない。鈴木の仕事ぶりを見れば明らかですよ」(民放プロデューサー)

 

現在、鈴木は『ZIP!』(日テレ)を筆頭に、『キャッチ!』(中京テレビ)や『鈴木福のミミヨリ!ひろしま』(RCCテレビ)、『ガチャムク』(BSフジ)など計4本のレギュラー番組を抱えている。

 

さらに準レギュラー番組となれば『ヒルナンデス!』(日テレ系)、『真相報道 バンキシャ!』(同)、『ウェークアップ!』(読売テレビ)など、ひっぱりだこなのだ。

 

「芦田は、露出を抑えているとはいえレギュラー番組は『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(テレビ朝日系)のみ」(同)

 

鈴木が一発逆転をした理由は実に単純なものだった。自己推薦制度を使い慶應義塾大学環境情報学部(SFC)に受かってから、人生が一気に花開いたという。

 

「SFCに受かった段階で慶應の法学部に受かった芦田と同格になったわけです。福くんが優れていたのは、適応力です。芦田が露出を出し惜しみする中、福くんは基本、依頼された仕事はすべて受ける主義。

 

しかも、バラエティー番組で培った経験でディレクターやプロデューサーが求めるリアクションやコメントを繰り出してくれます。結果、福くんに仕事が殺到するようになったわけです」(事情通)

 

そんな鈴木の気になるギャラだが―。

 

「子役のときはバラエティー番組で1本あたり5~10万円だった。しかし、今では50~100万円と爆上がり。CMも依頼が殺到し、1本2000万円という金額が定着しています」(同)

[週刊実話]

 

ドラマではなくバラエティー番組や情報番組でひっぱりだこというのは、彼なりの作戦なんでしょうか?

 

できたら俳優として活躍して欲しい気もするのですが・・

 

テレビ業界は斜陽産業ですし、いずれネット配信プラットフォームにその座を取って代わられるのは時間の問題。

 

そうなった場合、役者であれば活躍の場は広がりますが、バラエティタレントは居場所を失くしてしまう恐れもありますからね。

 

そういう意味でいうと、7月期の再注目ドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」に出演する愛菜さんとは考え方が違うのかな?

 

同ドラマは、設定を見る限り面白そうですし、「3年A組」の時みたいに一世を風靡しちゃうかもしれません。

 

[以下引用]

鳳来高校3年D組の担任教師・九条里奈は淡々と卒業式を迎えていた。ちょっとした言動がハラスメントに問われる時代なので、言動に極力注意し、生徒とも慎重に距離を置いていた。だから、教え子の旅立ちに感動はなく、つつがなく役目を果たした安堵感のほうが大きかった。

 

九条は卒業する生徒たちを校舎の上階から見つめた。その時、D組生徒の誰かに背中を押され、突き落とされた。落下する九条が「生徒に殺された」と思った瞬間、彼女はD組の教壇の前にいた。黒板には「令和5年4月6日」と書かれていた。卒業式から1年前の始業式だ。タイムリープしたのである。

 

その時、九条の目の前には談笑する30人の生徒たちがいた。しかし、九条は笑えない。生徒たちは1年後に自分を殺す容疑者たちなのだから。それからの九条は死が待つ自分の未来を変えるため、生徒との関係をあらためようとする。

[デイリー新潮]

 

すみません、これは愛菜さんではなく福くんの記事でした。。

 

芦田愛菜と鈴木福、共演NGに!その意外過ぎる理由とは?

 

まあ、彼もドラマや映画にまったく出なくなったわけではないですからね。

 

「最高の教師」が大フィーバーとなれば、福くんも俳優業に力をいれるかも?

 

ただ、仕事に夢中になるあまり勉学が疎かになって、留年や退学のピンチを招かないよう注意して欲しいところです。

 

KAPPEI カッペイ - 伊藤英明, 上白石萌歌, 西畑大吾(なにわ男子), 大貫勇輔, 古田新太, 平野隆

KAPPEI カッペイ

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※鈴木福さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

今年、慶應義塾大学法学部に入学したばかりの芦田愛菜さんに、医学部再受験説が浮上しているといいます。

 

なんでも、彼女のライバルたちが今春から順調に芸能活動を再開させていることに、大きな焦りを感じているんだそうで・・

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まなの本棚 [ 芦田 愛菜 ]

価格:1,540円(税込、送料無料) (2023/6/14時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

「彼女は慶應義塾女子高等学校の出身で、報道当時は3年生になったばかり。内部進学で医学部に決まったというのはあり得ない話です。3年生になってみんな猛勉強するはずなのに、彼女だけが勉強の必要がないというのは、不公平そのもの。だいたい会社じゃあるまいし、大学で内定なんて言葉があるのか不思議。普通は〝合格〟でしょう」(教育ライター)

 

医学部は、慶應大学では最難関。彼女は中学時代に医師になりたいということを語っているが、最終的には無難な法学部に入学した。

 

「芸能活動をするのにも緩い学部を希望したのかもしれません。法学部政治学科ですし、弁護士を目指す様子はない。内部進学ですからごくごく普通の持ち上がりです。

しかし、いざ大学に進学してみると思わぬ話が続々と発覚した。同い年で子役からの仲間である俳優・鈴木福が慶應の環境情報学部に入学。また同じ年で人気フィギュアスケーターの本田望結が早稲田の社会科学部に入学しています。なにより驚いたのは『乃木坂46』の池田瑛紗が2浪で東京芸大に合格したこと。池田は芦田も合格したという超名門の中高一貫女子校のJ学院出身。芦田はJ学院に入学を希望したものの、芸能活動を認められないため断念したようです」(前同)

 

もちろん、彼女が慶應の法学部に入ったからといって才女の評価が変わるものではない。とはいえ、鈴木は最近、コメンテーターとして多数の番組に出演。岸田政権を語るなど、その向学ぶりは高く評価されている。

 

本田は子役から芸能界でいることもあり女優、コメンテーターとしても活躍。英語が堪能で多才。2人を前にして芦田も霞み気味だという。そこにダメを押したのが、一部サイトの心ない記事だ。

 

「一般入試で早稲田に合格したモデルの谷まりあや、慶應出身の女優・二階堂ふみと芦田の比較記事を書いたりするのです。二階堂はAO入試で入って、2020年時点で在籍は7年間とされていたので、卒業できたかも怪しいですが…。そこで、急激に浮上してきたのが再受験。慶應をはじめ私立大の医学部を再受験するという話もあります。国立の医学部は厳しいかもしれませんが、東大の文系よりも私立大医学部のほうが上といわれます。学費は数千万円とメチャクチャ高いのですが、彼女の経済力ならイケるはず」(同)

 

来年は医学部生の可能性大だ。

[まいじつ]

 

なんだか良く分からないのですが、とりあえず記事が”事実”と仮定して話を進めます。

 

芦田愛菜さんは医者になりたいんでしょうか?

 

それとも、医学部合格という”学力証明”が欲しいだけ?

 

それを武器にインテリ路線で芸能活動をやっていくと??

 

それだったら、せっかく法学部に入ったんだから、弁護士でも目指した方が手っ取り早いでしょうに。

 

今の時代、法科大学院にさえ行ければ、合格率4%前後という超難関の予備試験をパスして、合格率50%近い司法試験だけで弁護士資格を取得することも可能。

 

実際に弁護士として業務するわけでもないなら、とりあえずソッチ方面でインテリアピールしていく方が現実的だと思います。

 

ただ、弁護士になるにせよ、医者になるにせよ、最短でも6,7年は掛かってしまいますが。

 

 

芦田愛菜と鈴木福、共演NGに!その意外過ぎる理由とは?

 

って、女優兼タレントとして芸能界で行きていく上で、単なる”泊付け”のためにだけ学歴や国家資格を取ろうとするなんて、なんだか不純ですよね・・

 

ライバルに負けたくないなら、今すぐにでも得意のインテリパワーを最大限開放して、テレビ業界に殴り込みを掛けていくのが一番良いかと。

 

とりあえず、7月期には再注目ドラマ「最高の教師」が始まりますし、そこでしっかり存在感を出せるように頑張ってくださいな。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【オリコン加盟店】薫と友樹、たまにムック。 CD【マル・マル・モリ・モリ!】11...

価格:1,047円(税込、送料別) (2023/6/14時点)


楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※芦田愛菜さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

かつて”天才子役”ともてはやされた芦田愛菜さんと鈴木福さんが「今後、共演NGになるだろう」と一部ネットメディアが報じています。

 

二人はこの4月から仲良く?慶應義塾大学に入学したのですが、実はなかなか複雑な事情が絡んでいるようで・・

 

◆父の日にどうぞ。



 

 

[以下引用]

芦田と鈴木は2011年に放送されたドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)で初共演。撮影当時は6歳という年齢ながら、大人顔負けの演技力と表現力で視聴者を魅了。2人がコンビを組んでリリースした主題歌『マル・マル・モリ・モリ!』は50万枚を超える大ヒットを記録している。

 

2人は大学進学後もそれぞれがタレント活動と学生の二足の草鞋を履くことを公表しているが、芸能界において共演する可能性は限りなくゼロに近い。

 

「実際、2年前の10月に放送された『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(テレビ朝日系)の共演以来、なぜか実現していないんです」(事情通)

 

気になる理由は、芸能人にとってタブーとされる〝キャラ被り〟だ。

 

「子役という出自に加え、私学の名門である慶應義塾大学入学という経歴が2つも被っている。おそらく面白くないのは芦田サイドです。芦田は芸能活動の傍らで勉学に勤しみ、慶應義塾中等部から慶應義塾女子高等学校に進学。その中でも数名しか進学できない法学部に入った。偏差値で言ったら70超え。現在は女優兼タレントとして活躍しているが、いずれは報道番組のキャスターを目指しているんです」(放送作家)

 

一方、鈴木だが…。

 

「偏差値約40の堀越高校からAO入試という裏技で、慶應大学に合格した。すでに報道番組『真相報道バンキシャ!』や『ZIP!』でコメンテーターを務め、Z世代の代弁者として評価されている。鈴木もいずれはキャスターを狙っている。まさに方向性がもろ被りなんです」(同)

[週刊実話]

 

なるほど、キャラ被りですか・・

 

確かに天才子役出身、慶応大学に入学したインテリぶり、真面目な性格、今でも変わらぬ可愛らしいルックスなど、共通点は数多くあります。

 

ただ、芸能人ながらキャスターを目指すというのは、第一人者であるジャニーズ・櫻井翔さんの”大失態”によって、完全に道を閉ざされてしまったと思います。

 

やはり、本人自身が事件やスキャンダルの当事者として報道される可能性の高い有名人がキャスターをやるのは、あまりにもリスクが高過ぎますからね。

 

 

櫻井翔の株が大暴落!元カノ・小川彩佳に大逆転され、ジャニーズ報道キャスター路線も完全閉鎖へ

 

そもそも、テレビ局や新聞社で報道をやるような人間は高学歴な人ばかりですし、有名大学出身だからといって、わざわざ芸能人を起用する意味もありません。

 

2人ともせいぜいコメンテーター止まりだと思いますし、キャラ被りなど意識しなくてもいいような。

 

それよりも、本職である”役者”として頑張って欲しいところ。

 

期待しております!

 

◆当時6歳。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※鈴木福さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

2019年1月期に放送され、数多くの賞も獲得して社会現象にまでなった伝説ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質ですー」が、今年の夏に再び帰ってくるといいます。

 

 

◆ある意味、菅田さんの代表作。



 

 

[以下引用]

「7月クールに『3年A組』を作った当時のスタッフが再集結して、『3年D組』と題した、『3年A組』に似たテイストの新作ドラマが制作されるといいます。1月クールで櫻井翔さん主演の『大病院占拠』が放送された枠です」(制作会社関係者)

 

脚本も『3年A組』と同じく、武藤将吾氏が担当するという。

 

「『3年A組』は武藤さんのオリジナル作品。数々のヒットドラマや映画、特撮の『仮面ライダービルド』も担当し、抜群の評価を得ている武藤さん。そんなトップ脚本家が再び、超話題作を世に出すということです。そして、今回は柴咲コウさんが主演で教師役を演じるといいます」(前同)

 

『3年A組』は、ジャニーズキャストを1人も起用せず、平均視聴率11.5%の好成績を記録。ドラマ関係の賞を総なめしたり、『日曜ドラマ』枠で最終回の視聴率で過去最高の15.4%を飾ったのは、当時、業界内でもとても話題になった。

 

「何よりも『3年A組』で注目されたのは、出演した役者陣です。生徒役の俳優は同作での演技で存在感が爆増したのが幸いして、いまや超売れっ子ばかり。これと同じスタッフが手掛ける似たテイストの作品が制作されるわけですから、各芸能プロダクションはこぞって若手俳優を出したがっていると言います」(前同)

 

当時の生徒役は、男性陣では萩原利久(24)、片寄涼太(28)、神尾楓珠(24)などがいたが、注目すべきは女性陣。生徒側の主人公を演じた永野芽郁(23)を筆頭に、川栄李奈(28)、森七菜(21)、福原遥(24)、今田美桜(26)、堀田真由(24)、富田望生(23)、本編前に死亡したキーパーソンの上白石萌歌(23)などなど、いまや主演やヒロイン役の常連がズラリと並んでいるのだ。

 

「今年から名門大学の法学部政治学科に進学すると報じられた芦田愛菜さん(18)は、制作サイドからの“出て欲しい!”という熱烈オファーがあって、出演が濃厚視されています」(前同)

[ピンズバ]

 

確かにこうして名前を並べられると、今さらながらそのメンツの凄さに驚きます。

 

やはり、ジャニタレのゴリ押しに負けなかったのが勝因?

 

ジャニーズは自分のところのタレントを無理やりキャスティングするだけではなく、台詞や演出、役どころにも口うるさく横やりを入れてきて、作品を台無しにしてしまうことも多々あるといいます。

 

もし、「3年D組」でもジャニタレが一人も起用されないようだと、そういった噂が事実だったと認めることにもなるでしょう。

 

そして、「3年D組」が再び成功すれば、テレビドラマからジャニーズが消えていくかも・・

 

◆そこまで媚びますか、成馬さん?

TVドラマは、ジャニーズものだけ見ろ! (宝島社新書315) - 成馬 零一

TVドラマは、ジャニーズものだけ見ろ!

[Amazon]

 

ちなみに、日テレは「3年D組」と同時進行で、スピンオフドラマ「3年C組」も撮影するといいます。

 

こちらには芦田愛菜さんのような有名どころではなく、各芸能プロダクションが推す「まだ知名度は弱いけど将来有望な子」たちに出てもらうんだそう。

 

日テレは、朝の情報番組「スッキリ」で「NiziU」や「BE:FIRST」を誕生させたオーディション企画をHuluと協力して成功させた実績があります。

 

なので、「スッキリ」の後番組「DayDay」を中心に、日テレの情報系番組の総力を上げて「3年C組」及び「3年D組」を宣伝しまくり、相乗効果で盛り上げていく計画なんだとか。

 

まあ、どこまで上手くいくか、お手並み拝見といったところ?

 

ということで、「3年A組」に負けないくらい面白い作品を期待してます!

 



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※菅田将暉さん、芦田愛菜さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング