タグ:紅白歌合戦の記事一覧

タグ:紅白歌合戦
米津玄師の生歌絶賛!紅白歌合戦歌手別視聴率トップは確実か。ダンサー菅原小春が不要の声も

米津玄師さんが初めてテレビで生歌を披露した紅白歌合戦が話題になっています。

歌は絶賛の声が多いのですが、演出のダンサーが邪魔だったという声も…

 

 

※『アンナチュラル』のヒットにも一躍買ったと言われています

 

 

[以下引用]

26日に初出場が発表されたばかりの米津玄師が、故郷・徳島から生中継で2018年を代表するヒット曲となった「Lemon」を披露した。米津はテレビにコメント出演したことはあるものの、歌唱は初となり、SNSをにぎわせた。

 

配信シングル(179.7万DL=オリコン年間1位)、カラオケ(同年間1位)、YouTube(2.4億回超)、CDシングル(38.2万枚)と全方位で大ヒットとなった同曲は、1月期の連続ドラマ『アンナチュナル』の主題歌。人の死をテーマにしたドラマの主題歌を制作中の昨年12月に祖父が他界し、楽曲の成り立ちに大きな影響を与えたことから「祖父が暮らした故郷で歌唱することに何か大きな意味があるような気がして」と、徳島県鳴門市の大塚国際美術館内のシスティーナ・ホールから中継で登場した。

 

米津は無数のキャンドルが灯る幻想的な世界観でエモーショナルに熱唱。白組司会の櫻井翔は「ありがとうございました。引き込まれる歌声と演出でした」と惚れ惚れした。米津が「この場を用意していただいたすべての方に感謝を述べたいと思います。本当にありがとうございます」とあいさつすると、総合司会の内村光良は「米津さんがしゃべってる!」と大興奮。米津は思わず照れ笑いした。

[オリコンニュース]

 

CD音源とは明らかに違うので生歌なのですが、やっぱり生歌っていいなと思えるあの感じはどう表現したらいいんでしょうね。

 

ずっと目を瞑り歌う様子もステージとなった大塚国際美術館の雰囲気もぴったりで、聴くことができてよかったと思います。

 

ネットの実況は大盛り上がりでしたし、米津さんの次のMISIAさんも圧巻で、歌手別の視聴率はこのあたりがトップなのではないでしょうか。

 

そういえば徳島新聞は早速ステージとなった大塚国際美術館を紹介しています。

[Amazon]

 

ここまで注目された歌手というのも珍しいですね。

 

全般に評判の良い米津さんの紅白ですが、一つ言われているのが、踊っていた菅原小春さんがすごすぎて歌に集中できなかったということです。

 

米津さんも踊る人ですし、菅原さんとは交流があるという話もありますが、ちょっとホラーっぽい感じもあり、聴きながら「怖怖怖っ」となってしまい、確かに踊るにしてももう少し違う感じはできなかったのかなとは思いました。

 

※絵も描ける、才能豊かな人です

[Amazon]

 

米津さんはあまり露出がなくミステリアスと言われることや出し惜しみを嫌味のように言われることもありますが、それについて、12月3日にツイートしたのがこちら。

 

『ミステリアスと言われることが多いが、ミステリアスと言われるたびに、そんなつもりで生きてない!と腹踊りをするような気持ちでここ最近生活してる』

『大いなる誤解に対してどこまで距離を置くべきなのか測りかねてるうちに、毎日は何となく過ぎてって、自分にとってそれが重要な問題ではなくなってしまう。次第に腹踊りが上手くなり、腹筋がくっきりと六つに割れ出す。この調子で歌も上手くなるかしら』

 

テレビに出ないことについても、『テレビ側が呼んでくれたら、あと自分が必要だと感じたら出るよ。出ないと決めてるわけじゃない』と答えていました。

 

年末の特番シーズンは終わってしまいましたが、おそらく今後も何かとテレビのオファーはあるでしょうね。

 

紅白後、米津さんがツイッターで「紅白歌合戦ありがとうございました。来年もよろしくお願いします」とレモンの絵文字つきで更新したツイートにはあっという間にツイート後4分で10万件を超えるいいねがついたといい、今は50万件を超えています。

 

今後一層注目されそうですね。

 

◆米津玄師とかいう天才って

なんなの?→ geinou ranking geinou reading

なんなの?→ geinou reading geinou ranking

 

 

※本年もよろしくお願いいたします。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※米津玄師さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

米津玄師の紅白出場に桑田佳祐が激怒!サザンオールスターズ以上の大物扱いに古い体質の芸能界が一斉に拒否反応

本番一週間前になってようやく、紅白歌合戦への出場を”承諾”した米津玄師さん。

 

これまで必死に交渉を続けてきたNHK関係者だけではなく、ファンからも喜びの声が多く飛び交っていますが、音楽業界からは大ブーイングが起きているといいます。

 

※亡くなったお祖父さんを想って作った曲だそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Lemon (初回限定映像盤 CD+DVD) [ 米津玄師 ]

価格:1764円(税込、送料無料) (2018/12/28時点)


楽天で購入

 

[以下引用]

今年もっとも紅白出場が期待されていたと言っても過言ではない米津が、直前になってNHKの熱心なオファーに首を縦に振った。

 

故郷・徳島からの中継になるとはいえ、テレビの生放送で生歌唱するのは初めてとあって、期待と注目は高まっている。まさに真打登場といった形での出場となったが、「主役は自分だ!」と言わんばかりのこのやり方に音楽業界は怒っている。

 

「特に怒り心頭なのが、芸能界の最有力者の一人です。当然、NHKからオファーがあったことは知っており、これまで何度も米津サイドに『本当に出ないの?』と問い合わせを入れていました。そのたびに『絶対に出ません』という答えが返ってきましたが、結果的に出ることになった。ウソをつかれた形となった最有力者は激怒しています」(レーベル関係者)

 

大トリの嵐の後に、平成最後の紅白を締めくくるグループとして「勝手にシンドバッド」「希望の轍」の2曲を歌うサザンの関係者も、米津のことを面白く思っていない。



「サザンのスタッフは、サザンが一番でないと気が済まない面がある。昨年、桑田圭祐がソロで出た時も、とっくに決まっていたにもかかわらず、安室奈美恵の出場が決まった後に発表した。安室よりも桑田の方が格上だからという理屈だ。今年も出場する代わりに特別枠で最後に2曲歌唱という条件をNHKに認めさせた。主役になるはずだったが、話題を後出しの米津にかっさらわれてしまったことに、不満を持っている」(NHK関係者)

[TOCANA]

 

要するに、まだまだキャリアが浅い”駆け出しアーティスト”のくせに、まるで大ベテラン歌手のような態度を取っているとして反感を買っているということみたいですね。

 

まあ、米津さん本人にはまったくそのような奢りはないと思いますけど、古い体質の芸能界が拒否反応を起こしてしまっているんでしょう。

 

これまでただでさえマスコミには出ない姿勢を貫いてきた米津さんですが、今回の出演が遺恨として残ってしまえば、さらに頑なにメディアを避けるようになってしまうかも知れません。

 

とりあえず米津さん陣営としては、芸能界の大物さんには”プロモーション協力費”という形で感謝の意を表した方が良いかも?

 

もちろん、領収書は忘れずに。

 

桑田さんについては、そもそも大トリの後に「2曲歌わせろ!」と言ったのかわかりませんが、大トリの後に歌うことを納得したのがどうかと思いますし、音楽業界の超大物としてもう少し余裕を見せてもいいんじゃないかと。

 

あまりファンをガッカリさせないで欲しいところです。

 

※デビュー当時の桑田佳祐が超生意気なクソガキな件

 誰かに似ているような…[動画]→ geinou ranking geinou reading

 誰かに似ているような…[動画]→ geinou reading geinou ranking

 

※昔の自分を思い出して下さい。

勝手にシンドバッド - サザンオールスターズ

勝手にシンドバッド – サザンオールスターズ

[関連商品]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※米津玄師さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

稲垣吾郎が朝ドラ「なつぞら」に出演か!?宿敵・週刊文春に魂を売った新しい地図にSMAPファンから批判の声も

大晦日に放送される「紅白歌合戦」の隠し玉として、ジャニーズから追放された「新しい地図」の3人が出場するのではないかと噂されています。

 

その裏には「新しい地図」に対する期待や不安、羨望などが入り混じったフクザツな感情が渦巻いているようで…

 

 

[以下引用]

「濃い“ブラック”のジャニーズ色で染まりかねない国民的番組を少しでも薄めたいという思惑が、一部の紅白関係者の間で渦巻いているのです。何しろ今年は山口達也の強制ワイセツ事件や小山慶一郎の未成年飲酒強要など、芸能事務所にあるまじき不祥事が続きましたからね」(ジャニーズライター)



ジャニーズ事務所には、連日のように悪い話しか聞こえて来ない。



「今、どの局がジャニーズを降ろしにかかるか、注目されています。『TOKIO』は完全に下り坂だし、『嵐』も旬が過ぎた。各テレビ局もジャニーズに勢いがない方が、かえって使いやすいでしょう」(同)

 

そんな中、ジャニーズの“対極”として何かと話題になるのが元『SMAP』の稲垣ら3人だ。



今年の紅白には“スペシャルゲスト”として、別撮りで稲垣、草彅、香取が出るという話はあります。ただNHKがそこまで露骨に出るかは疑問。やれば『アッパレ!』ですけど」(芸能関係者)



紅白は微妙だが、来年、稲垣には明るい話題がある。NHKのドラマに出るのではないかというのだ。



「伏線はあるんです。稲垣は8月にNHKの夕方生放送『ニュース シブ5時』のインタビューに答えて『3人でうまくいっている』という話をしています。草彅はナレーションとはいえ、同局の人気番組『ブラタモリ』に出続けている。稲垣は3人の中でジャニーズからの制裁が最も弱く、ドラマなら出る可能性は大きいでしょう。広瀬すず主演の連続テレビ小説『なつぞら』の話も出ていますよ」(NHK関係者)

[まいじつ]

 

稲垣さん、草彅さん、香取さんが紅白サプライズゲストとして出演するという噂は、何ヶ月も前から浮上しては消えて…を繰り返しています。

「新しい地図」がノーギャラのボランティアで人気爆発中の「チコちゃん」と共演へ

 

民放各局がジャニーズに忖度して3人の起用を控える中、NHKは草彅さんをSPドラマ「赤報隊事件」の主演に抜擢したり、香取さんをパラリンピック特番「カルパラ」に出演させるなど、積極的に「元SMAP」の3人を起用し続けています。

 

それを考えると、紅白の目玉として出場させることは十分あり得るのでは?

 

ましてや、来年の朝ドラに稲垣さんを抜擢したというのが本当なら、3人が登場するのはほぼ間違いないと思われますが…果たしてどうなることやら。

 

SMAP スマップ 2014 Mr.S 公式グッズ ジャンボうちわ(香取慎吾)

SMAP 2014 Mr.S 公式グッズ ジャンボうちわ(香取慎吾)

 

ところで、「新しい地図」はNHKだけではなく、もう一つの”反ジャニーズメディア”とも良好な関係を築きつつあります。

 

それは、SMAP時代には”天敵”とも言われた週刊文春。

 

先日、新雑誌「週刊文春WOMAN」創刊号の表紙画を香取さんが描き下ろしたことと、草彅さんと笑福亭鶴瓶さんの対談記事が約15ページにも渡って掲載されることが明らかになりました。

 

しかし、週刊文春といえばSMAP解散の引き金となった「メリー喜多川ロングインタビュー」を掲載した張本人だけに、ファンにはかなりの衝撃を与えたようです。

 

[以下引用]
記念すべき創刊号の表紙を手掛けるという“歴史的和解”にファンの反応は真っ二つで、ネット上には、賛否両論がはっきり分かれる状態になっている。

 

《文春のせいで解散したのに協力してどうすんの…》

《かつての敵も味方につけるとは、Iさんさすがだな》

《慎吾にとってSMAPはその程度の存在だったの?》

《これで文春からネガキャンされなくなると思えば懸命な判断》

《Iさん、なんて仕事取ってきたんだ。節操なさ過ぎ》


「結局、3人やI氏は一緒に仕事ができればいいのであって、『SMAP』という形を守りたかったわけではないということでしょう。そもそも、I氏が追放されたときに独立へなびいた時点で、3人の優先度が「I氏>SMAP」になっていたことは明白ですから。でないと、大切なグループを解散に追い込んだ『文春』と手を結ぶなんて考えられませんよ」(ジャニーズライター)

[まいじつ]

ということですが、SMAPを解散に追い込んだのはあくまでもメリー喜多川さんと藤島ジュリー景子さん。

 

そもそも、週刊文春は別件でメリーさんに呼びつけられてジャニーズ事務所に出向いたところ、誰もが予想すらしなかった驚愕の展開に巻き込まれて、それを記事にしただけですからね。

 

SMAP解散の”元凶”だなどとは、メンバーたちも飯島さんも全く思っていないのでは?

これは必読!週刊文春の前で繰り広げられたメリー恫喝インタビュー詳細

 

それよりも、今後は文春砲の標的から外れるというメリットの方が大きいという判断で、今回の仕事を受けたんだと思います。

 

まあ、賢いやり方ですよね。

 

ただ、NHKにしろ週刊文春にしろ、ジャニーズに忖度しないメディアはごく限られていますから、そういった貴重な存在と手を組んで生き残りを図らざるを得ないという切実な事情もあるでしょう。

 

正直、こういう状況のほうが異常だと思いますが、いったいいつになったら日本の腰抜けメディアは目を覚ますのか…

 

こうなったら、NHKも「新しい地図」をバーンと紅白に出場させたら、日本中から拍手喝采を浴びて受信料もタンマリ払ってもらえるかも?

 

今後、「新しい地図」がNHK&週刊文春とどのようなサプライズを起こしていくのか、ちょっと楽しみになってきました。

 

歴代紅白視聴率を見てみると…

 昭和のスゴさがよーく分かります→ geinou ranking geinou reading

 昭和のスゴさがよーく分かります→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※こういうのもあります→ジャニーズタレント人気投票2018

※稲垣さん、草彅さん、香取さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

紅白決定!元SMAPの稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛が強力な後ろ盾で存在感をアピール

ジャニーズから退所した稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人が2018年の紅白歌合戦に出場することが決まったと報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

「今年のテーマはズバリ、2020年の東京五輪・パラリンピック。NHKは、局を挙げて平成最後の紅白を東京五輪一色に染め上げるつもり」(NHK関係者)

 

それにしてもなぜ、元SMAPの3人の名前が取り沙汰されるのか?

 

「3人はパラリンピックの広報大使なんです。また、配信限定でしたが、パラスポーツ応援チャリティーソング『雨あがりのステップ』は12万ダウンロード超えを記録し、大ヒットとなりました。しかも3人は、この売り上げを全額パラスポーツ支援のために寄付したんです。1億円近い金額になったはずですよ」(音楽プロダクション幹部)

 

NHKとしては、こうした社会的な貢献度から、元SMAPの3人を無視できないという。

 

さらに――、


「彼らの後ろには日本財団が付いている。NHKもスルーはできないでしょう」(テレビ関係者)

[週刊実話]

 

制作事情通によると、3人は常に二桁の視聴率を誇ると言われる人気番組『チコちゃんに叱られる!』とのコラボ企画で出演予定とのこと。

 

ちなみに3人はボランティア枠であるためノーギャラ出演、ジャニーズも「天下の御旗に近いパラリンピックを前面に出されると、何も言えない。しかも、ノーギャラ。黙るしかありません」というのが芸能関係者のコメントでした。

 

週刊実話なので正直どうなのかわかりませんが、ない話ではないですよね。

 

※歌も売れましたが、歌で出ると言われるより納得

[Amazon]

 

何しろ平成最後の紅白歌合戦だというのに目玉不足なのは明らかです。

 

ドリカムや桑田佳祐さんがサプライズで登場するのではとか、米津玄師さんをギリギリまで口説くとか言われていますが、ドリカムや桑田さんはもはや特別感がないですし、米津さんも出るとは思えません。

 

元SMAPの3人が出れば、盛り上がるかはちょっとよくわかりませんが、NHKのジャニーズに対する姿勢が話題になりそうですし、元SMAPの3人にとってもボランティア枠だろうがノーギャラだろうが、紅白に出れば健在アピールになります。

 

ただ東京五輪は再来年です。

 

今年の年末からそこまで盛り上げてたら息切れしそうですが…それだけの一大イベントということでしょうか。

 

◆1985年の紅白歌合戦出場者が

凄いと話題→ geinou ranking geinou reading

凄いと話題→ geinou reading geinou ranking

 

 

※順調です

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※稲垣吾郎さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング