パンくずリスト
  • ホーム
  • 紅白歌合戦
タグ:紅白歌合戦

 

 

大晦日の風物詩・NHK紅白歌合戦が、その長い歴史にピリオドを打ちそうな雰囲気になりつつあるといいます。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

紅白歌合戦ウラ話 [ 合田道人 ]

価格:1760円(税込、送料無料) (2021/12/30時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

「正直、今年の出場歌手のラインナップでは意外性がなく視聴率も危ういと言われている。日本テレビ系の『絶対に笑ってはいけないシリーズ』が放送中止という“追い風”はありますが、東京五輪もあったのにイマイチ盛り上がりに欠けています。大トリがMISIAというのも順当すぎて意外性はありませんでした。嵐の櫻井翔と相葉雅紀、そして先日、結婚を発表した香取慎吾もいる『新しい地図』とは、出演に向けて最終調整を続けているようです」(民放関係者)

 

『紅白歌合戦』は、他の音楽番組のように放送作家など外部の人間を入れることなく、局内のスタッフだけで出場歌手を選考している。

 

「制作サイドには若いスタッフもいますが、発言権はほとんどなく、結果として無難でいつも通りのラインナップになってしまう。こういった古臭い体質に、NHKの前田晃伸会長が問題提起をしています。前田氏は元みずほフィナンシャルグループ会長で、合理主義的でありながらも新しいことが好きな性格。“生まれ変わったNHK”を自分の代で作り出したいと話していて、長寿番組『ガッテン!』と『バラエティー生活笑百科』を2022年3月末で打ち切りにするとの報道もある。紅白も総リニューアルや“打ち切り”さえあり得るとしていて、今年はリハーサルから視察をするのだとか。現場のNHK社員は、かなりピリついています」(前同)

 

そんな前田氏の大号令のもと、『紅白』でもさまざまなサプライズを実現させる必要があるという。

 

「視聴率は『紅白』のイメージやプライド的にも大事ですが、指標にはならない。逆に、若年層の視聴者を取り込むこと、つまり民放で言うところのコア視聴率をNHKも意識するようになっている。今年は若者に人気のまふまふや藤井風を出演させるなど努力はしていますが、そもそも若者には『紅白』に“古臭い”というイメージを持つ人も多い。そこをどう変えていけるかにかかっています。今でも圧倒的な視聴率を誇る『紅白歌合戦』ですが、状況は厳しいようです」(前同)

[日刊サイゾー]

 

今年の紅白では、ピアニストYoutuberとして有名になったハラミちゃんが、大物ミュージシャンとのコラボ予定をキャンセルされ、出場取り消しとなるトラブルがありました。

 

 

ハラミちゃんが紅白出場取り消しとなった理由とは?

 

また、神田沙也加さんを亡くした松田聖子さんが急遽、出演を取り止めることが決まり、内部的にはかなりギリギリの調整が続けられているといいます。

 

紅白はタイムスケジュールが細かく決められ、かなりキッチリとした進行で生放送されるといいますから、二人の欠場はかなり大きな問題となっているはず。

 

かといって、今さら大物有名人のスケジュールを抑えるのは至難の業でしょうし、果たしてどんなカタチで穴埋めするのか・・

 

◆5人揃って出場したら、NHKにとてつもなくデッカイ貸し作れますけど?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 SMAP ・【特集本】 ・SMAP×SMAP COMPLETE BOOK 月間スマスマ

価格:2000円(税込、送料別) (2021/12/30時点)


楽天で購入


 

 

というのはさておき、紅白は今でも視聴率40%以上も狙える”国民的番組”であることは確かですが、若者世代にとってはすでに”オワコン”となりつつあるのも事実。

 

最近は民放各局も大型の音楽番組を年末に放送していて、そちらは若者を意識したラインナップで好評を得ています。

 

そう考えると、紅白に分かれて順番に歌い、最後に得点を付けて勝ち負けを競う・・なんていうスタイルは”古い”のかもしれません。

 

今年はBPOの難癖で中止となってしまった「笑ってはいけない」が、ここ数年は多くの視聴者を獲得していたことを考えると、紅白も”歌合戦”から”笑いありの音楽バラエティ”に

リニューアルする可能性は十分あるのでは?

 

現会長さんは「新しく生まれ変わったNHKを自分の代で作りたい」そうですし、もし紅白に大きなメスを入れることができれば、自身の功績として大きくアピールできます。

 

ここ最近のNHK会長は、ほぼ1期3年でお役御免となるのが通例となっています。

 

現在の前田会長は2020年1月に就任しましたが、このままいくと任期は残り1年ほど。

 

つまり、紅白を変えるとすれば来年しかチャンスはないわけです。

 

70年以上の歴史を持つ紅白ですが、果たして来年はどうなっているんでしょうか・・?

 

◆何度見ても面白い

紅白を辞退する理由→ geinou ranking geinou reading

紅白を辞退する理由→ geinou reading geinou ranking

 

◆今ならまだ間に合います!



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※芸能人のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

ピアニストユーチューバー・ハラミちゃんの『第72回NHK紅白歌合戦』出演が取り消しになったと、大手スポーツ誌スポニチが報じ、ネットを中心に大きな話題になっています。

 

記事によると、もともとハラミちゃんはゲスト出演という形で”大物ミュージシャン”と共演する予定だったものの、企画そのものが立ち消えになってしまったそうで・・

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハラミ定食 DX ~Streetpiano Collection~「おかわり!」...

価格:3379円(税込、送料無料) (2021/12/26時点)


楽天で購入


 

[以下引用]

「ハラミちゃんは公共施設に置かれたピアノで即興演奏するYouTube動画で人気に火が点き、現在のチャンネル登録者数は191万人を超えています。紅白では大物ミュージシャンとの共演だけでなく、視聴者からのリクエスト曲の即興演奏などが予定されていて、NHK局内でも『ステージを盛り上げてくれる』と期待されていたそう。出演が取り止めになった理由については明かされていませんが、ネット上では、共演予定だった大物ミュージシャンについての憶測の声が広がっています」(芸能記者)

 

ネット上では、共演予定だった〝大物ミュージシャン〟が松田聖子だったのではないかと予想されており、

 

《コラボ相手に断られたか、まさか松田聖子と共演予定だったとか?》

《大物ミュージシャン…。松田聖子だったのかな? だとしたら、仕方ないよね》

《ハラミちゃん見たかったのにー! 察するに松田聖子とのコラボだったのかしら?》

《確かにあんなにニコニコで楽しく演奏されたら…とは思う》

 

などといった憶測の声が広がっているが、その一方ではそもそも彼女が紅白に選ばれたこと自体に疑問を投げかける声も多く上がっている。

 

《この方のピアノは正直好きではない。アレンジがガチャガチャしていて、原曲の良さが失くなっている。大物ミュージシャンの方も、そう感じたのかもしれない》

《この子のピアノは、芸術というよりは曲芸のような感じ。なぜ紅白に? と思っていたので、個人的にはよかったと思う》

《お上手だとは思うのですが、やはりピアニストとは違う。清塚さんがどんなに変な事言って笑いを取っていても、ピアノを弾けば納得させるだけの才能と技術がある》

 

など、ハラミちゃんの演奏スタイルやキャラクターを批判する声が上がった。

 

「松田聖子に関しては、披露する曲目が発表されておらず、出場するかどうかは微妙なところ。しかし、出場に前向きだという情報もあります。だとしたら、ハラミちゃんの出場が取り止めになったのは、国民的ゲーム『ドラゴンクエスト』が関係しているのかもしれません。ハラミちゃんは今年10月、著作権違反が取り沙汰されて炎上。ドラクエの編曲を無断で演奏し、動画をアップしたため、著作権侵害に当たるのではないかと話題になりました。23日にNHKは『カラフル特別企画 ~明日への勇気をくれる歌~』という特別企画で、東京都交響楽団による『ドラクエ』音楽の生演奏パフォーマンスをすると発表。ハラミちゃんは『ドラクエ』の演奏動画を削除して逃亡していたため、出場取り消しになったのかもしれません」(同記者)

[まいじつ]

 

この方のピアノは「自分の気持ちよさ」を第一に原曲を改変し、自由自在にアレンジして弾いているのが特徴でしょう。

 

歌手の後ろで引き立て役として演奏させるのは向いていないと思います。

 

もちろん、それも演出次第で面白いものになるのかもしれませんが、好き嫌いがハッキリ分かれるタイプの演奏家なので、いろんな意見が出るのは仕方ないでしょうね。

 

ただ、紅白出場が直前になって取り止めになるというのは、かなり異例のこと。

 

紅白は分刻みでスケジュールがキッチリ決まっているといいますし、コーナー自体が消滅してしまうというのはかなりの事件が起きたと考えるのが当たり前。

 

ドラクエの件もなくなはないと思いますが、その件はもっと前から分かっていたことですし、紅白とは別の番組で特集をするから出演NGにしたというのなら、もっと早くから対応できたはず。

 

となると、やはり相手が松田聖子さんで、彼女が紅白を辞退したのか・・

 

それとも、先日の沙也加さんの件で演出自体が大幅に変更となったのか・・

 

とにかく、彼女の出演を楽しみにしていたファンにとっては、とても残念な結果になってしまいました。

 

ハラミちゃん本人も、来年1月4日には日本武道館という大舞台でライブを開催する予定で、その前に紅白で勢いをつけたいと思っていたでしょうに・・

 

今回の悔しい気持ちを、ライブで素晴らしいパフォーマンスをすることによって晴らして欲しいところです。

 

◆「出る意味ないから出ない!」紅白を断る芸能人の理由と

称賛されたYoshikiの答え→ geinou ranking geinou reading

称賛されたYoshikiの答え→ geinou reading geinou ranking

 

◆年越し焼き肉なんてのはいかが?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【数量限定】「阿波牛の藤原」黒毛和牛 特上ハラミ 厚切り焼肉用 900g 黒毛和...

価格:16800円(税込、送料別) (2021/12/26時点)


楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ハラミちゃんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

大晦日の紅白歌合戦が11月19日に発表されたましたが、今年は全世代共通の国民的ヒットソングと呼べる曲もなく、NHKによる不明瞭な選考基準に疑問の声も多く出ています。

 

そんな中、広告代理店からは衝撃の調査結果も出てきたようで・・

 

 



 

[以下引用]

「NHKは『今年の活躍』『世論の支持』『番組の企画・演出』の3つを中心に『総合的に判断』したと説明。令和初の紅白となった2019年からは、定額制聴き放題の音楽ストリーミングサービスでの人気を独自に調査し、判断材料としているといいます。

 

しかし、ストリーミングの総再生回数が日本人最速で4億回を突破するなど『ドライフラワー』が大ヒットした優里、流行語大賞にノミネートされるなど『うっせぇわ』が一大旋風を巻き起こしたAdoを始め、『YONA YONA DANCE』がTikTokで話題となっている和田アキ子、ストリーミングでのヒットを連発しているOfficial髭男dismらの名前はなく、辞退あるいは落選となった。

 

それでいて、今年はリリースのなかった鈴木雅之が2年連続、近年はめぼしいヒット曲のないPerfumeは14年連続で選ばれている。また、ここにきてKAT-TUNが初出場になるとは、ジャニーズファンですら目が点です。亀梨和也がNHKドラマ『正義の天秤』で主演した“貢献度”が評価されたのかもしれませんが、たったの5話。KAT-TUNはデビュー15周年という節目ですが、それならKis-My-Ft2やSexy Zoneは10周年ですし…」(テレビ誌ライター)

 

一方、小粒感が否めない紅白出場メンバーを知って、小躍りしたのが日本テレビだ。今年は恒例の『笑ってはいけない』シリーズが休止となり、6時間の生放送特番『絶対笑って年越したい!笑う大晦日(仮)』で勝負をかけることが発表されている。

 

「このほど内容が固まったようですが、どうやら芸人が東西に分かれてネタを披露。審査員が勝敗を決めるという、簡単に言えば“お笑い版紅白”になるようです。本家『紅白』のキャスティングを見て、関係者は『これならイケる!』と鼻息が荒くなっています」(テレビ関係者)

 

そんな折、あるデータがテレビマンたちに衝撃を与えたと言う。民放プロデューサーが声をひそめて言う。

 

「さる大手広告代理店が、各局のラインナップを並べた大みそかの番組表を13~49歳のコア層に見せ、選挙の事前リサーチと同じ方法で『どの番組が見たいか』とアンケート調査を行ったんです。結果は、大多数の人が『地上波は見ない』と答え、NetflixやAmazon Prime Videoを見て過ごすという人が急増していることがわかった。つまり、『紅白』を見ないからといって視聴者が民放に流れるわけではなく、テレビのパイが小さくなっただけ。となれば、来年以降はますますスポンサー離れが加速していくと予想され、NHKだけの問題ではなくなりそうです」

[日刊サイゾー]

 

あらら、そうですか。

 

まあ、こたつに入ってみかんを食べながら、おじいちゃん、おばあちゃんから孫まで勢揃いして紅白を観ていたなんて、平成初期の頃まで・・というのが本当のところなのでは?

 

近年は、例えば家族が5人いれば、リアル空間では一緒にいても、実際にはそれぞれ好きな”スクリーンタイム”を楽しんでいるというのが実情なんじゃないかと。

 

紅白のような歌番組はとりあえず録画だけしておいて、自分の気になる歌手が出場するときだけスポット的に見るというのは、今ではごく普通のことだと思いますけどね。

 

で、地上波以外のネトフリやアマプラのような配信系コンテンツを観る人がいる一方で、Youtubeを始めとする動画プラットフォームやツイッター、インスタなどのSNSにかじりつく人もたくさんいるでしょう。

 

「テレビしかなかった」平成初期までの常識と、「多様なコンテンツを楽しむのが当たり前」となった現在の常識を比べるのはナンセンス。

 

テレビ離れを今さら「大変な事態」みたいに騒ぐのもどうかと思いますが・・

 

とはいえ、今年の紅白は確かに、ちょっとマズイんじゃないの?と心配になるレベルではあります。

 

演歌枠は激減して高齢者は観ない。

 

若者向けにYoutube系出身のアーティストをチラホラと選抜したものの、中途半端過ぎて若年層からもそれほど支持は得られず。

 

かといって、大ヒットを飛ばした歌手を出さず、芸能界の事情で??なアーティストを抜擢したことで、国民の大多数から疑問の声が出てるわけですからね。

 

これがきっかけで、番組の長い歴史に幕を閉じることになったとしても、それは自業自得なんじゃないかと。

 

日テレに関しても、「笑ってはいけない」から「思いっきり笑おう」にコンセプトを変えざるを得なかった事情は理解できます。

 

ですが、国民の大多数は、BPOという老害的組織による「痛みを伴う笑いはNG」という、まったくもって意味不明な”正義”によって番組が潰されたことを、かなり冷めた目で見ているというのが現実なのでは?

 

紅白の自滅と「笑ってはいけない」の代替番組がともに爆死すれば、テレビ業界に引導を渡すことになるような気がしてなりません。

 

って、そもそも”視聴率”なんていう、たかだか数千世帯の数字を日本全体に当てはめ、

 

「統計学的に国民の〇〇%が視聴していることになる」

 

などと言ってることが、すでにオワコンだとは思いますが。

 

今の時代、やろうと思えばいくらでも旧態依然とした視聴率調査よりも実態に即した調査をできるはず。

 

それをやらず、いつまでも怪しげな数字に振り回されている時点で、テレビは”時代の遺物”になっているような気がします。

 

◆ヒゲダンも…アーティストが紅白に出ない理由

コメント一つ目まで見てほしい!→ geinou ranking geinou reading

コメント一つ目まで見てほしい!→ geinou reading geinou ranking

 

※クリスマスケーキ予約できます

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

今年デビューし紅白歌合戦出場を決めたSnow Manが大ピンチです。

 

2年ほど前にメンバーの佐久間大介さんが原爆Tシャツを着ていたことが問題視され、NHKに抗議が向かってるんだとか。

 

 

 

 

 Snow Man佐久間大介の原爆Tシャツ騒動

 

11月21日頃からジャニーズファンの間で話題になっているのが、2年ほど前からジャニーズのYou Tubeチャンネルに公開されていた動画が数本削除されていることです。

 

それらの動画には以前からネットで問題視されていた原爆Tシャツを着用した佐久間大介さんが映っていたために、それが削除理由ではないかと言われています。

 

それがこちらのTシャツです。

 

 

 

 

きのこ雲に見えますね。

 

これは2018年7月頃、ナガシマスパーランド行われたロケの動画の一部ですが、これが公開されたときから一部ネットユーザーの間で「原爆のプリントではないか」と話題になり、何かというと出てきてはいたのですが、今回、このTシャツを着た佐久間さんが映っている動画の多数が削除されたことから一気に反感を買っています。

 

原爆Tシャツというと思い出されるのが、同じ2018年8月15日、つまり第二次世界大戦が終戦した日にBTSのジミンさんが着ていたTシャツが原爆を揶揄するような内容であり反感が高まっていたところでMステに2曲披露というVIP待遇での出演が発表され不満爆発、最終的にMステ出演が取り消され、BTSの日本版公式ページに謝罪が発表された騒動です。

 

 

テレビ朝日に抗議集中!反日原爆Tシャツの防弾少年団を特別扱いで第二のフジテレビデモの危機

 

この年BTSはアジア圏出身者として初めてビルボードで首位を獲得したことから紅白歌合戦出場まで噂されていましたが、当然出演することはありませんでした。

 

 

 

驚くべきTシャツの販売元 

 

[スポンサーリンク]

 

この佐久間さんのTシャツについて、ネットでは当然のごとく様々な意見が飛び交っています。

 

例えば、

「佐久間さん、日本人だよね?日本人としてショック」

「ジャニーズの方が着てるTシャツは日本の原爆だと断定はできないから、一概に決めつけないようにしたい」

「原爆じゃなくて水爆実験のだって」

「それが原爆じゃないとしても、多くの日本人はキノコ雲で原爆を連想する。アイドルが着るのはダメなんじゃない?」

「本人は『知りませんでした』で済むかもしれないけど、事務所のマネジメント問題にもなり得る」

「本人も迂闊だけど、見逃してたスタッフや事務所の責任でもある」

「ジミンは炎上したのに、なんでジャニーズは炎上しないの? 日本人なら着ていいの?」

「誤解を招くデザインは避けるべき」

といったものです。

 

個人的には、水爆実験だろうが映画のワンシーンだろうがなんだろうが佐久間さんが知っていようが知らなかろうが、唯一の被爆国に生まれた日本人として、このデザインの服で許せるケースがあるとしたら「NO MORE HIROSHIMA」「NO MORE NAGASAKI」と書いてある場合くらいかなと思いました。

 

それで驚いたのが、Tシャツの販売元と文字です。

 

 

[以下引用]

「ちなみに、一部通販サイトに同じTシャツと思しきものが掲載されていて、これはどうやら韓国のブランド・Decorative(デコラティブ)の商品のよう。Tシャツには赤い文字で『WHO IS GOD!!! WHO IS GOD!!!』との文字もプリントされているそうで、商品説明欄には『ぼやけたようなモノクロ写真のボックスプリントTシャツ。ダークな雰囲気を放つ一枚になっています』と書かれていました」(ジャニーズに詳しい記者)

[サイゾーウーマン] 

 

韓国のブランドですか。そして「WHO IS GOD!!! WHO IS GOD!!!」とは。

 

販売ページを見ると、この文字は向かって左側に入っており、佐久間さんの腕で隠れています。

 

さらに分かりづらいですが、向かって右下の赤い絵は軍隊のように見えますが、さて。

 

 

NHKに抗議殺到、紅白出場が危機に!?

 

[以下引用]

「実は『紅白』出場が明らかになってから、Snow Manアンチとみられる一部ネットユーザーが、『紅白』Twitterアカウントに向けて、原爆疑惑のTシャツを持ち出しつつ『そのようなメンバーがいるグループを出場させていいの?』と“突撃”していたんです。それを知ってか知らずか、ジャニーズサイドも動画を非公開にしたのかもしれませんね。一方で、Snow Man以外のメンバーが出ている動画も閲覧できなくなっているだけに、ファンは『ほかのグループも巻き込んでるじゃん』『横断企画まで消えるとか迷惑すぎる』と嘆いています」(同)

[サイゾーウーマン]

 

 

NHKは無視するような気がします。

 

この抗議が相当大きくなれば外面もあって対応しないといけなくなるかもしれませんけど、紅白出場決定を発表前ならともかく、既に発表してしまった今となって取り消すのは大事になりすぎますし、NHK自体…なんせNHKですから。

 

ただ、万が一でも出場取り消しになったら、いかに滝沢秀明さんのお気に入りとはいえ、Snow Manの今後はかなり辛いことになりそうです。

 

問題をもっと早く把握してその時点できちんと対応するか、動画を消すにしてももう少しマシな消し方があったでしょうに。

 

◆実は大人気だったのに…

いろんな佐久間大介画像集→ geinou ranking geinou reading

いろんな佐久間大介画像集→ geinou reading geinou ranking

 

※そろそろクリスマスですね

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング