タグ:米津玄師の記事一覧

タグ:米津玄師
米津玄師に彼女発覚で好感度UP!週刊文春が報じた熱愛相手は…

2018年の紅白歌合戦に出場、生歌を初披露し話題だった米津玄師さんに10歳年上の彼女がいると週刊文春が報じています。

 

 

※最新シングル

 

 

週刊文春によると、米津玄師さんが交際しているのは10歳年上のKさん。

 

Kさんは菅野美穂さんに似た美女で、元レコード会社のスタッフであり、米津さんをスカウトしたうちの1人とのこと。

 

現在は米津さんの個人事務所の社長を務めており、サザンオールスターズの桑田佳祐さんが以前ラジオで流したという『Flowerwall』のジャケットのモデルだといわれているそう。

 

※確かに菅野美穂さんっぽい。

[Amazon]

 

このKさんについては、女性自身も「米津玄師変えた献身5年女性社長 深夜問わずかけつけることも」という記事で触れています。

 

米津さんは小学生高学年で音楽に目覚め、中高はバンド活動をするも人と関わるのが苦手でひとりで楽曲を制作するようになり、18歳でニコニコ動画に投稿。

 

当初は自分で書いた詩と曲を架空の歌い手の声で歌わせる“ボーカロイド・プロデューサー”として注目されていました。

 

そこをスカウトされてメジャーデビューの道を歩くことになったのですが、そのきっかけが、大手レコード会社の宣伝担当をしていた、まだ20代のKさんだったとのこと。

 

 

[以下引用]

米津の才能をいち早く見抜いたAさんは5年前の春、彼の事務所を設立し、代表取締役に就任。

 

「そこでまず提案したのは、“ハチ”名義で活動していた彼に本名・米津玄師でのアルバムを制作すること。つまり、彼自らが表舞台に立つことだったそうです。ライブが苦手だった米津さんに生のライブの重要性を訴えたのも彼女だったとか。米津さんも彼女の仕事ぶりに信頼と絆を強めていき、いまでは家族のような存在になったそうです」(前出・音楽関係者)

 

米津は3年前の7月、《鬱を煩っていたことがあって、その間は最低な生活を送ることが多かった》とブログで告白している。

 

「精神的に不安定になりがちな彼の心身のバランスをとるのも、彼女の重要な役割だと聞いています」(前出・音楽関係者)

[女性自身]

 

深夜も米津さんの自宅を出入りしていたため、女性自身が恋愛関係なのかKさんに直撃したところ、Kさんはきっちり否定。

 

同じ女性自身では米津さんが20代女性とデートする様子も報じられていたため、本命はそちらと思われていたのですが、週刊文春はKさんが彼女であると判断したようです。

 

そのあたりの詳細は明日発売の週刊文春ですね。

 

メディアに露出のないけれど昨年一番売れた歌手である米津玄師さんが紅白歌合戦に出場したところ、歌手別視聴率44.6%を獲得。これは番組の最後を飾ったサザンオールスターズの次に良い視聴率で、生歌が想像以上に良かったとして人気が再加熱した感があります。

 

そんなところで熱愛発覚となり、ダメージがあるかと思いきや、ネットの声は「10歳年下じゃなくて好感度アップ」「彼女が羨ましい」と比較的好感が持たれています。

 

独身ですから誠実であれば特に問題ないと思うのですが、女性自身が撮っていた20代女性とのデートが気になります。

 

万が一二股なんてことだったらがっかりする人が多そうですね。

 

◆気になりませんか?

米津玄師の目→ geinou ranking geinou reading

米津玄師の目→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※米津玄師さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

米津玄師の生歌絶賛!紅白歌合戦歌手別視聴率トップは確実か。ダンサー菅原小春が不要の声も

米津玄師さんが初めてテレビで生歌を披露した紅白歌合戦が話題になっています。

歌は絶賛の声が多いのですが、演出のダンサーが邪魔だったという声も…

 

 

※『アンナチュラル』のヒットにも一躍買ったと言われています

 

 

[以下引用]

26日に初出場が発表されたばかりの米津玄師が、故郷・徳島から生中継で2018年を代表するヒット曲となった「Lemon」を披露した。米津はテレビにコメント出演したことはあるものの、歌唱は初となり、SNSをにぎわせた。

 

配信シングル(179.7万DL=オリコン年間1位)、カラオケ(同年間1位)、YouTube(2.4億回超)、CDシングル(38.2万枚)と全方位で大ヒットとなった同曲は、1月期の連続ドラマ『アンナチュナル』の主題歌。人の死をテーマにしたドラマの主題歌を制作中の昨年12月に祖父が他界し、楽曲の成り立ちに大きな影響を与えたことから「祖父が暮らした故郷で歌唱することに何か大きな意味があるような気がして」と、徳島県鳴門市の大塚国際美術館内のシスティーナ・ホールから中継で登場した。

 

米津は無数のキャンドルが灯る幻想的な世界観でエモーショナルに熱唱。白組司会の櫻井翔は「ありがとうございました。引き込まれる歌声と演出でした」と惚れ惚れした。米津が「この場を用意していただいたすべての方に感謝を述べたいと思います。本当にありがとうございます」とあいさつすると、総合司会の内村光良は「米津さんがしゃべってる!」と大興奮。米津は思わず照れ笑いした。

[オリコンニュース]

 

CD音源とは明らかに違うので生歌なのですが、やっぱり生歌っていいなと思えるあの感じはどう表現したらいいんでしょうね。

 

ずっと目を瞑り歌う様子もステージとなった大塚国際美術館の雰囲気もぴったりで、聴くことができてよかったと思います。

 

ネットの実況は大盛り上がりでしたし、米津さんの次のMISIAさんも圧巻で、歌手別の視聴率はこのあたりがトップなのではないでしょうか。

 

そういえば徳島新聞は早速ステージとなった大塚国際美術館を紹介しています。

[Amazon]

 

ここまで注目された歌手というのも珍しいですね。

 

全般に評判の良い米津さんの紅白ですが、一つ言われているのが、踊っていた菅原小春さんがすごすぎて歌に集中できなかったということです。

 

米津さんも踊る人ですし、菅原さんとは交流があるという話もありますが、ちょっとホラーっぽい感じもあり、聴きながら「怖怖怖っ」となってしまい、確かに踊るにしてももう少し違う感じはできなかったのかなとは思いました。

 

※絵も描ける、才能豊かな人です

[Amazon]

 

米津さんはあまり露出がなくミステリアスと言われることや出し惜しみを嫌味のように言われることもありますが、それについて、12月3日にツイートしたのがこちら。

 

『ミステリアスと言われることが多いが、ミステリアスと言われるたびに、そんなつもりで生きてない!と腹踊りをするような気持ちでここ最近生活してる』

『大いなる誤解に対してどこまで距離を置くべきなのか測りかねてるうちに、毎日は何となく過ぎてって、自分にとってそれが重要な問題ではなくなってしまう。次第に腹踊りが上手くなり、腹筋がくっきりと六つに割れ出す。この調子で歌も上手くなるかしら』

 

テレビに出ないことについても、『テレビ側が呼んでくれたら、あと自分が必要だと感じたら出るよ。出ないと決めてるわけじゃない』と答えていました。

 

年末の特番シーズンは終わってしまいましたが、おそらく今後も何かとテレビのオファーはあるでしょうね。

 

紅白後、米津さんがツイッターで「紅白歌合戦ありがとうございました。来年もよろしくお願いします」とレモンの絵文字つきで更新したツイートにはあっという間にツイート後4分で10万件を超えるいいねがついたといい、今は50万件を超えています。

 

今後一層注目されそうですね。

 

◆米津玄師とかいう天才って

なんなの?→ geinou ranking geinou reading

なんなの?→ geinou reading geinou ranking

 

 

※本年もよろしくお願いいたします。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※米津玄師さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

米津玄師の紅白出場に桑田佳祐が激怒!サザンオールスターズ以上の大物扱いに古い体質の芸能界が一斉に拒否反応

本番一週間前になってようやく、紅白歌合戦への出場を”承諾”した米津玄師さん。

 

これまで必死に交渉を続けてきたNHK関係者だけではなく、ファンからも喜びの声が多く飛び交っていますが、音楽業界からは大ブーイングが起きているといいます。

 

※亡くなったお祖父さんを想って作った曲だそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Lemon (初回限定映像盤 CD+DVD) [ 米津玄師 ]

価格:1764円(税込、送料無料) (2018/12/28時点)


楽天で購入

 

[以下引用]

今年もっとも紅白出場が期待されていたと言っても過言ではない米津が、直前になってNHKの熱心なオファーに首を縦に振った。

 

故郷・徳島からの中継になるとはいえ、テレビの生放送で生歌唱するのは初めてとあって、期待と注目は高まっている。まさに真打登場といった形での出場となったが、「主役は自分だ!」と言わんばかりのこのやり方に音楽業界は怒っている。

 

「特に怒り心頭なのが、芸能界の最有力者の一人です。当然、NHKからオファーがあったことは知っており、これまで何度も米津サイドに『本当に出ないの?』と問い合わせを入れていました。そのたびに『絶対に出ません』という答えが返ってきましたが、結果的に出ることになった。ウソをつかれた形となった最有力者は激怒しています」(レーベル関係者)

 

大トリの嵐の後に、平成最後の紅白を締めくくるグループとして「勝手にシンドバッド」「希望の轍」の2曲を歌うサザンの関係者も、米津のことを面白く思っていない。



「サザンのスタッフは、サザンが一番でないと気が済まない面がある。昨年、桑田圭祐がソロで出た時も、とっくに決まっていたにもかかわらず、安室奈美恵の出場が決まった後に発表した。安室よりも桑田の方が格上だからという理屈だ。今年も出場する代わりに特別枠で最後に2曲歌唱という条件をNHKに認めさせた。主役になるはずだったが、話題を後出しの米津にかっさらわれてしまったことに、不満を持っている」(NHK関係者)

[TOCANA]

 

要するに、まだまだキャリアが浅い”駆け出しアーティスト”のくせに、まるで大ベテラン歌手のような態度を取っているとして反感を買っているということみたいですね。

 

まあ、米津さん本人にはまったくそのような奢りはないと思いますけど、古い体質の芸能界が拒否反応を起こしてしまっているんでしょう。

 

これまでただでさえマスコミには出ない姿勢を貫いてきた米津さんですが、今回の出演が遺恨として残ってしまえば、さらに頑なにメディアを避けるようになってしまうかも知れません。

 

とりあえず米津さん陣営としては、芸能界の大物さんには”プロモーション協力費”という形で感謝の意を表した方が良いかも?

 

もちろん、領収書は忘れずに。

 

桑田さんについては、そもそも大トリの後に「2曲歌わせろ!」と言ったのかわかりませんが、大トリの後に歌うことを納得したのがどうかと思いますし、音楽業界の超大物としてもう少し余裕を見せてもいいんじゃないかと。

 

あまりファンをガッカリさせないで欲しいところです。

 

※デビュー当時の桑田佳祐が超生意気なクソガキな件

 誰かに似ているような…[動画]→ geinou ranking geinou reading

 誰かに似ているような…[動画]→ geinou reading geinou ranking

 

※昔の自分を思い出して下さい。

勝手にシンドバッド - サザンオールスターズ

勝手にシンドバッド – サザンオールスターズ

[関連商品]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※米津玄師さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

米津玄師が絶対にレコード大賞を獲得できない理由とは?一方、NHKが紅白出場に向けて必死にラブコールを送る切実な事情

今年、最もブレークした歌手といえる米津玄師さんが、日本レコード大賞とNHK紅白歌合戦にどのように絡んでくるのか、大きな注目を集めています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Lemon (初回限定映像盤 CD+DVD) [ 米津玄師 ]

価格:1866円(税込、送料無料) (2018/9/26時点)

楽天で購入


 

米津さんが3月にリリースしたシングル「Lemon」は、1月期放送の石原さとみさん主演ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として注目を集め、瞬く間に大ヒット。

 

あっという間にYouTubeのMV動画再生回数が1億回を突破するなど数々の記録を更新しましたが、他の楽曲もそれに伴ってMV再生回数を1億回を超えており、もはや社会現象と言っても過言ではないほどのフィーバーぶり。

 

そのため、年末に控える音楽界最大のイベント「日本レコード大賞」の候補にも当然名前が挙がるはずなのですが、現状で米津さんがレコ大を受賞する可能性はゼロなんだとか。

 

いったい、それはナゼなのかというと…

 

[以下引用]

「すでに一部週刊誌の報道で世間の知るところとなっているが、レコ大はある大手芸能プロが私物化している。曲がヒットしても、米津はその芸能プロに何らかの“上納”をしているわけでもない。おまけに、ここ最近のレコ大は大賞受賞歌手の生歌が絶対条件。テレビに出ない方針の米津が受賞できるはずがない。レコ大を取ろうが取るまいが今後の活動にまったく影響がないので、米津としては何の興味もないでしょう」(音楽業界関係者)

[週刊実話]

 

今どき、レコ大なんてものに権威を認めている人なんているんでしょうか?

 

何十年も前から「怪しい」と言われ続け、一昨年にはあの事務所による1億円買収事件が”領収書”という決定的証拠とともに週刊文春に報じられた以上、もはやなんの価値もないどころか、受賞したら「怪しい歌手」というレッテルを貼られてしまうことは必至。

 

万が一、米津さんに声が掛かったとしても、間違いなく「丁重にお断り」されることは間違いないでしょう。

 

◆1億円買収計画の詳細

 事務所は痕跡を消したいようですが…→ ranking reading

 事務所は痕跡を消したいようですが…→ reading ranking

 

さて、それよりも気になるのは大晦日の紅白歌合戦。

 

NHK広報局は「今年の活躍、世論の支持、番組の企画・演出の3つの要素を中心に総合的に選考しています」と、米津さんの出演要請を否定はしていません。

 

現状、活躍と世論の支持については文句のつけようがなく、さらには重要な基準とされる「NHKに対する貢献度」についてもクリアしています。

 

なぜかというと、米津さんは「東京五輪に向けて頑張っている全ての人たちを応援する」という趣旨でスタートしたNHKのプロジェクトで使用される楽曲を制作し、小学生ユニットのプロデュースを手がけることが決まっているから。

 

これによって、もはや米津さんが首を縦に振りさえすれば出場は当確になることは間違いないと思われますが、その裏にはいろいろと大人の事情も絡んでいるため、そうすんなりとは行かないようで…

 

[以下引用]

「米津は10代、20代からの支持が非常に高く影響力があります。今や星野源に次ぐレベル。NHKとしては若い視聴者を獲得するために是が非でも出場してもらいたいので、むしろラブコールを送っています。あとは、米津サイドが出るか、出ないか決めるだけです。カリスマ性、アーティストとしてのイメージを大切にしているのでテレビではあまり見かけませんが、ラジオやCMに出るなどファンとの接点を大切にしています。米津にとっても国民的スターになるチャンスなので、演出方法によっては出演する可能性は十分あると思います」(米津に近しい音楽メディア編集者)

 

一方、NHKにも米津をどうしても出演させたい思惑がある。

 

「NHKは番組とインターネットの同時配信を来年から行います。狙いは、若者からの受信料の徴収です。10代後半~20代の若者はテレビよりネット利用時間のほうが長く、6人に1人の割合でテレビを視聴しません。将来の受信料収入の減少に危機感をもったNHKが、ネットで影響力がある米津に白羽の矢を立てたのでしょう」(紅白に詳しい芸能研究家の岡野誠氏)

[日刊ゲンダイ]

 

ということですが、米津さんはテレビを始めとしたメディアには積極的に出てこないことでも有名ですからね。

 

本人は「歌がヘタだから、生歌はムリ」なんてことも言ってますが、ミステリアスな部分が若い世代から支持を得ている理由でもありますし、生放送のテレビで素の部分が明らかにされることはどうなんでしょう?

 

まあ、今のスタイルでも十分やっていけることが証明されているわけですから、今さらノコノコと出てくるのはイメージ戦略的にもメリットはないと思います。

 

 

しかも、日本中から大反対を受けている受信料徴収強化の広告塔として使われたのでは、イメージ崩落どころか”裏切り者”的な扱いを受ける恐れもあるかと。

 

やはり、紅白に出ることは米津さんにとっては危険なことだと思いますが…

 

果たしてどのような決断をするのか、注目です。

 

 

パプリカ(初回生産限定盤)(DVD付き) - Foorin

パプリカ(初回生産限定盤)(DVD付き) – Foorin

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※のんさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング