タグ:竹内涼真

 

3年交際した恋人・吉谷彩子さんを同棲していた家からぽいっと追い出し、新たな恋人・三吉彩花さんとのワクワク半同棲生活をフライデーされた竹内涼真さんが、再度フライデーにやられています。

 

 

※国民の彼氏…

 

 

 吉谷彩子→竹内涼真、竹内涼真→吉谷彩子の攻撃

 

先週のフライデーが報じたのは、竹内涼真さんと吉谷彩子さんの破局と竹内さんの新しい彼女・三吉彩花さんの存在です。

 

二人は2017年に半同棲が報じられ、その後もひっそりと熱愛を続け、双方の両親にも紹介の上同棲、周囲は結婚目前と見ていたと言うのに、コロナ禍に一方的に追い出して、生活費約100万円の借金をウヤムヤにしたまま破局、新彼女・三吉さんを連れ回し、住宅街を大音響を響かせながらオラオラ運転で走るという、それまでの竹内さんのイメージを覆す内容は竹内さんに対し相当なバッシングを生みました。

 

 

「人としてどうかしてる」竹内涼真の鬼畜さを不動産屋が指摘

 

しかも吉谷さんと交際期間中も浮気しまくりだったということで、あまりのイメージダウンに今後の仕事にも影響するのでは、と言われるように。

 

これではたまらんということなのか、竹内さんサイドから出たと思われるのが吉谷さんのヒステリックな素顔です。

 

 

竹内涼真が本当に反撃!元カノ吉谷彩子と別れを決意したベッド事件を暴露

 

なんでも吉谷さんは束縛が厳しく、竹内さんが多忙で相手をしてもらえないときに、ベッドカバーをハサミで切っていたこともあったとか。そんな吉谷さんに疲れ竹内さんの気持ちが冷め…というのが竹内さんサイドの情報です。

 

 

吉谷彩子→竹内涼真、またも「人としてどうかと思う」

 

[スポンサーリンク]

 

そんな竹内さんに対し、再度吉谷さんサイドから攻撃が仕掛けられています。

 

今週発売のフライデーでは吉谷さんに直撃していますが、吉谷さん自身は何も答えていません。

 

が、千葉に住むというご両親がなかなかの爆弾を放っています。

 

[以下引用]

「竹内くんは気さくないい子で、家族ぐるみで仲良くしていました。以前、『いい年ですし、いい加減なお付き合いは困ります』と伝えたことがあったんです。そしたら、『それはしっかりやっていく』と答えてくれて、今年の正月に遊びに来たときも仲が良さそうだったので、安心していたのですけどね…」(吉谷の母親)

 

吉谷が立て替えた生活費などの返済を竹内が渋っていたというトラブルについては何か聞いているのだろうか。

 

「お金の貸し借りで揉めて、事務所が間に入ってくれたとは聞いています。竹内君と何があったのかは二人の問題です。ただ、一つだけ言いたい。娘の荷物を返してほしいんです。同棲する際に、彼の家に荷物を全部運んで住民票も移したんですが、関係が解消したあとも娘は荷物を取りに部屋に入らせてもらえないそうなんです。中には娘が大切にしている亡くなった祖父からの手紙もある。そういうのを返して初めて一段落つくんじゃないかな」(吉谷の父親)

[フライデー]

 

竹内さんはたびたび吉谷さんの実家を訪れていた、同棲のときに祖父からの手紙まで含めて荷物を全部運び込んでいたというのが、結婚前提を物語っています。

 

日刊ゲンダイによると、100万円の借金というのも同棲するにあたり必要な寝具や生活用品を吉谷さんが購入した金額ということで、吉谷さんはお金を返してもらうつもりはなかったとか。

 

じゃあなんで100万円の借金、マネージャー同士で話し合い解決したという情報になったんでしょうね。

 

吉谷さんの両親に正月も含めてたびたび会いに行き、生活用品を新たに用意し…そこまでの関係を解消するというのも一体何が会ったのか気になりますが、同棲を解消しても荷物があるならそれをどうするか、と相談するくらい連絡をとってもいいようなものです。

 

ここまで吉谷さんの実家と親密であれば、全部持ち込んだことは知ってるでしょうから、それを返そうとしないって…。またも「人としてどうかと思う」事態です。

 

吉谷さんの父親によると、吉谷さんは5月の初めになって着の身着のまま現れて、同棲していた家を追い出されたからペットを預かってほしいと飼っていた犬を2匹連れて帰ってきたそう。今も家を探しながら1泊1万円以下のふつうのビジネスホテルに寝泊まりしているとか。

 

吉谷さんは4歳の子役時代から活躍し、今年9月に29歳になりますが、『陸王』に続き、『グランメゾン東京』にも出演するなど、やっと芽が出てきた印象です。

 

ここでくじけず頑張って欲しいものです。

 

◆竹内涼真の待ち受け画面にネット騒然!

マジで!?→ geinou ranking geinou reading

マジで!?→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

あるよあるよと言われていた「竹内涼真の反撃」が本当にありました。

本日発売の週刊女性には、竹内さんが元カノ・吉谷彩子さんと破局を決意した裏には吉谷さんがしでかしたとんでもないことがあったとか。

 

 

 

 

元カノポイ捨てですっかりイメージが地に落ちた竹内涼真 

 

先日フライデーが報じたのは、2018年12月にフライデーが報じた熱愛相手・吉谷彩子さんを家族に紹介し、周囲にも結婚秒読みと見られながら新しく三吉彩花さんと交際を開始、コロナ禍に同棲中の家から追い出した、その際生活費で100万円も借金をしていたのを踏み倒した、というもの。

 

竹内涼真の裏の顔。両家挨拶済みの吉谷彩子をポイ捨て、100万踏み倒しで事務所も出てくるトラブルに

 

その後、文春が報じたところでは、金銭トラブルは同棲中に生活費の負担に差があったことによるもので大した金額ではなく、吉谷さんには帰れろうと思えば実家があったが、帰るのがみっともないため知人の家を転々としただけ、一方的に捨てられたように報じられ吉谷さんは怒り心頭だと、フライデーの角を取るような内容に。

 

しかし、竹内さんの度重なる浮気で吉谷さんとも度々ケンカしていたこと、運転が見ていて心配になるほど荒いことも報じており、結局は竹内さんの爽やかなイメージを覆すもので、オラオラ運転ぶりなどはCM降板にもつながるのでは、と言われていました。

 

そこで、そろそろ竹内さんの反撃がある、と言われていたのですが…

 

竹内涼真が反撃!ポイ捨て・金銭トラブル放置ではCM降板待ったなし、芸能生命の危機か

 

 

元カノのマイナス面を晒してイメージ回復を狙う竹内涼真 

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

記事によると、そもそもふたりには“金銭トラブル”というものは存在せず、立て替えた金額も100万円以下だったそう。竹内が破局を決意した原因のひとつに、吉谷のヒステリックな部分を挙げ、多忙な竹内に相手をしてもらえないストレスからベッドカバーをハサミで切っていたこともあったとか。そんな吉谷の行動に竹内は次第に耐えられなくなり、別れざるを得なかったそうだ。

 

竹内の冷酷な一面が明るみに出た矢先に、吉谷の“ベッド切り裂き事件”が発覚。果たしてどっちを信じていいのか、ファンは戸惑いを隠せない様子だ。

[エンタメガ]

 

これが本当なら、借金は大げさ、「吉谷さんこわっ」となって、竹内さんのマイナスポイントである、

・一方的なポイ捨て破局

・コロナ禍に家を追い出す

・交際期間をかぶせての新彼女への乗り換え

・元カノへの借金

・共演者食い、浮気グセ

・オラオラ運転

のうち、

・一方的なポイ捨て破局

・元カノへの借金

はクリア、ということでしょうか。

 

しかし、以下の疑惑は残ります。

・コロナ禍に家を追い出す

・交際期間をかぶせての新彼女への乗り換え

・共演者食い、浮気グセ

・オラオラ運転

 

金銭トラブルについては文春もボタンの掛け違い程度のことと言っており、一方的に捨てられたように報じられたことについては吉谷さんも憤っているようでしたから、それなりにいろいろあって双方が冷めていったところでの破局だったのかもしれません。

 

が、それでもフライデーの強烈な先制パンチは印象深く、実際女性関係がだらしないのはこれまでの交際女性の期間がかぶりがちなことからも明らかですし、オラオラ運転については起こしてしまった事故があるのでね…。

 

 

もし違う、自分は誠実なんだと言うならば、今後は不誠実な熱愛報道がなされることがないよう、そして事故を起こすことがないよう、くれぐれも気をつけて。

 

◆竹内涼真の待ち受け画面にネット騒然!

マジで!?→ geinou ranking geinou reading

マジで!?→ geinou reading geinou ranking

 

※51枚780円

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※竹内涼真さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

先日フライデーに三吉彩花さんとの熱愛が報じられた竹内涼真さんが、付随して報じられた元カノ吉谷彩子さんポイ捨て追い出しや借金、オラオラ運転など多くのマイナスイメージについて、そろそろ反撃計画中だとか。

 

※どうせなら涼しくて洗えるマスク

 

 

 「竹内涼真」のイメージダダ下がりの熱愛報道

 

当初、フライデーが三吉彩花さんとの交際を報じたときは、単に新しい彼女ができたんだ、くらいのことかと思いましたが、記事を見るととんでもない。

 

竹内涼真、二股、金銭トラブル疑惑!同棲中の彼女・吉谷彩子を追い出し三吉彩花を家族に紹介

 

2017年から交際しており双方の両親に挨拶済み、周囲には結婚秒読みと見られていた吉谷彩子さんと同棲していたものの、三吉さんを自分の家族に彼女として紹介し、吉谷さんに一方的に同棲中の家から追い出し破局、生活費の立て替えなどで100万円ほどの金銭トラブルが発生するも竹内さんは踏み倒そうとしたため双方のマネージャーが出てきて解決させたとか。

 

コロナ禍で家が探しにくい時に家を追い出すなんて人としてどうかしてる、なんていう指摘もありましたね。

 

「人としてどうかしてる」竹内涼真の鬼畜さを不動産屋が指摘

 

その後、週刊文春が報じたところでは、金銭トラブルは同棲生活中に生活費の負担に差があったことによるボタンの掛け違い程度のことであり、家を追い出したのも、吉谷さんには実家があるからだったよう。ただ家に帰るのがみっともないため知人の家を転々としただけ、一方的に捨てられたように報じられ吉谷さんは怒り心頭だということで、ずいぶんマイルドに。

 

これが竹内さんサイドの反論かと思いましたが、共演者食いによる浮気で吉谷さんとも度々ケンカしていたこと、運転が見ていて心配になるほど荒いことも報じており、ある意味一層イメージダウンにつながる記事でした。

 

三吉彩花にもダメ男認定、ばっさり切り捨てられた竹内涼真!車のCM降板まったなしか

 

 

※爽やかな笑顔ですが…

 

 

 

竹内涼真、ついに反撃か 

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

芸能評論家の佐々木博之氏がこう言う。

 

「当初、竹内さん側は“乗り換え愛報道”に静観の構えでしたが、あらぬ方向に話が進みそうなので、軌道修正を図ろうとしていると聞きます。“ポイ捨て”“金銭トラブル”などを一人歩きしている話を否定しつつ、三吉さんとのデート時のドライブを“オラオラ運転”などと書かれたことについても説明した方がいいと判断したのでしょう。彼は三菱自動車『ekシリーズ』のCMに出演していますからね」  

 

三菱自動車からはフライデーの報道について「弊社としてコメントは特にありません」(広報部)と回答があったが、竹内は昨年10月にタクシーと接触事故を起こしたことも報じられている。しかも、撮られた時に運転していのは白いベンツのAMG。“火消し”をするなら早めがいいと判断したのだろう。

[ゲンダイネット]

 

乗っていたのがベンツだった、という点は、CMしているekシリーズは軽ですから、竹内さんが軽に乗っててもびっくりというか。ベンツなら三菱と縁がありますし、そこは問題ないかと思うのですが、「見ていて心配になるほど運転が荒い」というのはマズイですよね。

 

それ以上に女性関係にゆるいところはマイナスですし、いくら後で文春がマイルドにしても、コロナ禍で家を追い出した、100万円の金銭トラブル、と報じられた点は、かなりマイナスかなと。

 

しかし反撃というと、オラオラ運転なんてウソ、超模範的な運転です!とゴールド免許でも公開するか、吉谷さんとの破局の原因は吉谷さんにある、とするとか、現場で評判が良いという記事を書かせるか、でしょうかね。

 

実際、最近竹内さんが爽やかな役で出ているのを見ても、なんだかにやけた奴にしか見えなくなっているので、するなら早いほうが良いかもしれませんが、それでイメージが一新できるかは微妙。

 

ここは、自分のマイナス面を早めに気付けたとプラスに捉えて、演技・役の幅を広げるチャンスとして、爽やかな役をやめて、腹黒い役でもやったらいいのでは。

 

◆竹内涼真の待ち受け画面にネット騒然!

マジで!?→ geinou ranking geinou reading

マジで!?→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※竹内涼真さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

竹内涼真さんと三吉彩花さんの熱愛がフライデーされたところ、熱愛よりも竹内さんの元カノ吉谷彩子さんの捨てっぷり、借金疑惑にフォーカスされていましたが、文春によると

 

 

 

 

竹内涼真のオラオラ運転ぶりがヤバい

 

[以下引用]

「白いベンツAMGは、見た目もさることながら、運転がオラオラ系でかなり目立っていました。危ないなと思って運転席を見たら驚きました」(目撃した通行人)

そこにいたのは女優の三吉彩花(23)への「乗り換え愛」を『フライデー』に報じられた俳優の竹内涼真(27)だった。

[週刊文春]

 

 

実はフライデーでもこんな記述が。

 

 

[以下引用]

竹内は三吉と仲睦まじげに買い物を楽しんだあと、自慢の白い高級外車に乗り込んだ。車内には二人の他に、友人らしき男が2人と女が1人の計5人。誰ひとりとしてマスクをしていない一行は、夜8時頃に中目黒の住宅街に立ち寄ったあと、周囲に漏れ聞こえるほどの大音量で音楽を流しながら夜のドライブを楽しんだ。特に竹内は、サングラスをかけたまま激しく首を振り、ノリノリの様子だった。

[フライデー]

 

 

 

誰ひとりマスクしてないのも、夜8時頃に中目黒の住宅街を大音量で音楽を流しながらドライブが大迷惑なのも気になりますが、「竹内は、サングラスをかけたまま激しく首を振り、ノリノリ」って、誰が運転してるの?って感じですよね。

 

フライデーはこのあと竹内さんが友人たちを降ろして深夜0時過ぎに三吉さんと自宅へ帰るまでついて回っています。だから首を振る様子もわかったんでしょうが…

 

思い出されるのが昨年10月のタクシーとの接触事故。

 

竹内涼真、事故で車のCM降板、損害賠償に発展か。伸び悩みに拍車の可能性も

 

[以下引用]

「昨年十月にタクシーと接触事故を起こしたことが報じられましたが、これも竹内の不注意。その後、今のベンツに買い替えていますが、そもそも運転が見ていて心配になるほど荒っぽい。かなり飛ばすし、ウインカーの出し方なども雑なんです」(事務所関係者)

[週刊文春]

 

見ていて心配になるほど荒っぽいって。

 

運転って性格が出るといいますし、見た目と違ってやっぱり荒っぽいんでしょうね。

 

これじゃ車のCMは終わるかも。

 

※いやイメージが。

[amazon]

 

 三吉彩花に切り捨てられた竹内涼真、元カノにも?

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

一方で、三吉も恋愛に奔放なタイプだとか。

 

「三吉は昔からダメ男とばかり付き合っては『尽くしちゃうんだよね』と言っていました。今回の報道を受けて、周囲には『付き合っていない』と説明しているそうです」(三吉の知人)

[週刊文春]

 

この発言は、なかなか意味深。

 

三吉さんが竹内さんの前に交際報道されたのは三浦春馬さんですが、ダメ男だったということでしょうか。そして竹内さんも。

 

周囲に「付き合っていない」と説明してるというのも無理がありますよね。なんせフライデーは深夜に竹内さんの自宅へ帰宅する様子を何度も確認しているわけですから。

 

今回のフライデーで元カノをポイ捨てし借金踏み倒し疑惑まで出た竹内さんに価値なしと判断した結果、もう切り捨てちゃったのかななんて。

 

ちなみにフライデーが報じた元カノ・吉谷彩子さんとの金銭トラブルですが、実態はそんな深刻なものではなかったとか。

 

[以下引用]
「同棲生活で、生活費の負担に差があったことによるボタンの掛け違い程度のことで、大したトラブルではなかったようです。吉谷は破局後、実家に帰るのがみっともないという理由で知人の家を転々としていました。『これから仕事を頑張ろう』と事務所と話していた矢先に、まるで一方的に捨てられたかのように報じられ、本人は怒り心頭だそうです」(吉谷の知人)

[週刊文春]

 

 

不動産を探すのも大変なコロナ禍で家を追い出すなんて「人としてどうかしてる」まで言われた竹内さんですが、この通りなら、吉谷さんも一応帰る実家はあったけど帰らなかっただけだと。

 

 

「人としてどうかしてる」竹内涼真の鬼畜さを不動産屋が指摘

 

なんだか不倫した東出昌大さん並みに評価が下がったと言われる竹内さんを擁護する記事かと思いましたが、一方で女性関係のだらしなさも言及しているのでそうでもないんでしょうか。

 

両親に紹介し結婚秒読みと見られていた吉谷さんとの破局は、度重なる竹内さんの共演者食いも一因で、今年に入ってからは関係は冷え切っていたそうです。

 

と言われても、もはや見た目どおりの爽やかさ、誠実さはないことが判明してしまいましたし、竹内さんの今後は厳しそうです。

 

◆あの超有名二世芸能人とも!

三吉彩花の意外な元カレ→ geinou ranking geinou reading

三吉彩花の意外な元カレ→ geinou reading geinou ranking

 

※少しでも涼しげに

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※竹内涼真さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング