タグ:福山雅治の記事一覧

タグ:福山雅治
頑張り虚しくギャラダウンに主演失格の烙印!福山雅治が悲しすぎる

[スポンサーリンク]

 

3年ぶりに連ドラに主演した福山雅治さんが、TBSの日曜劇場という優良枠にも関わらず全話平均視聴率10.5%という厳しい結果になり、今後はギャラ暴落、主演俳優からの離脱が噂されています。

 

 

 

 

 

福山雅治の輝かしい過去と転落

 

かつての福山さんというと、「恋人にしたい〇〇」「イケメンだと思う〇〇」系のランキングはトップレベルで、主演ドラマも『ガリレオ』シリーズやNHK大河ドラマ『龍馬伝』など高視聴率を記録し映画『そして父になる』も大ヒット、歌手としてもヒット曲が多く、福山さんを悪く言う人はいないのでは、というくらいの安定がありました。

 

…実際には、音楽業界ではいろいろあったようですが。

 

【検証】福山雅治がボコボコに!ネットに氾濫する中傷コピペ情報の真偽は?!

 

しかし結婚後は状況が一転。

 

主演ドラマ『ラヴソング』は平均8.5%と当時の月9ワースト記録にもなる大爆死を起こし、主演映画『SCOOP!』『マンハント』は惨敗、『三度目の殺人』は興行収入はまずまずでしたが日本アカデミー賞に福山さんだけノミネートされないという悲劇が。

 

これは辛い…福山雅治の公開処刑

 

結婚したのが悪かった、相手が悪い、みたいな話もありますが、正直福山さんに関しては結婚がどうのよりも、いつになっても、イケメンな福山がシモネタとか面白いでしょ?アラフィフでイケメンな福山が女にだらしない役とかかっこいいでしょ?みたいなキャラ作りが良くなかったと思うのですが。

 

それでも結婚して幸せそうであればまだ救われるのですが、吹石一恵さんは福山さんの濃いファンからはずっと「売名」「子供は別の男性の子供」みたいなことも言われ、本当に気の毒だと思います。

 

福山雅治の妻・吹石一恵の日常が窮屈すぎる!子供は他人の子とまで言われ…

 

 

背水の陣に破れギャラ暴落、主演俳優失格となった福山雅治

 

[スポンサーリンク]

 

それでも負けっぱなしはできないということなのか、今回の『集団左遷』はまた福山さんは頑張りました。が、結果は出せず…。

 

[以下引用]

「結婚して子どもも生まれ、50歳になった福山は、もはやカッコよさだけでは通用しません。福山自身、それを承知の上で、“演技派”への転換を図ったようですが、演技力の乏しさが浮き彫りになってしまいました。走り回ったり、顔芸をさせられたりというのは、演出上の問題なので、福山に非はありませんが、滑稽そのものでした。この作品を通して、福山が演技の幅を広げられたかというと甚だ疑問で、今後に課題を残したといっていいでしょうね」(テレビ誌編集者)

(中略)

「今回、『集団左遷!!』がなんとか平均視聴率2ケタを死守して、主演ドラマの2作連続爆死は回避しましたが、ギリギリの10%台。過去の福山のブランド力を考えると、物足りない数字で、今後各局が主演オファーを出すかどうかは微妙。出演料も、一般的な主役級より高いと言われていますから、大幅なギャラダウンという現実も受け止めなければならない。いずれにせよ、もう“福山”の名前だけでは数字が取れないとハッキリしたのは確かです」(同)

[サイゾー]

 

 

初回視聴率が13%超えたのは、福山さんの名前があったからこそだと思います。

 

個人的には、日曜劇場だったというのも初回は観てみようと思った理由ですが、2話目まではなんとか観て、3話目の途中で脱落しました。

 

福山さんが妙にテンション高かったり無駄に走ったりしてるのもなんだかなあと思いましたし、ストーリーも面白いと思えなかったんですよね。

 

福山さんに限らず、主演俳優の看板だけでは誰も時間を割かないんじゃないですかね。

 

なのに、特に『ラブソング』なんかは福山さんに頼りすぎておかしい話で、あの話でゴーを出した人の責任は問われてないんでしょうか。

 

『半沢直樹』『家政婦のミタ』レベルに大当たりすると制作サイドにいる人が注目されることもありますが、コケた場合は主演俳優の責任ばかり問われるのも変な話です。

 

でももう、福山さんに「面白い作品」のイメージはなくなりつつありますから、今後は確かに厳しいかも。

 

福山さんは11月1日に公開される映画『マチネの終わりに』で主演を務めます。

 

この福山さんは世界的なクラシックギタリスト役だということなので、いわゆるカッコいい福山さんとなりそう。

 

制作側にはあの『昼顔』の西谷弘監督と売れっ子脚本家である井上由美子さんがいるということで、実績はありますが、パリの通信社に勤務するジャーナリスト(石田ゆり子)とのラブストーリーということで…

 

さて、結果は出せるでしょうか。

 

◆福山雅治も人間なんだなあ…

という画像→ geinou ranking geinou reading

という画像→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※福山雅治さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

採算割れドラマNo.1の不名誉!福山雅治の高額ギャラがガタ落ちの危機

[スポンサーリンク]

 

4月クールのTBSの日曜劇場『集団左遷』の視聴率が低迷しており、主演の福山雅治さんの演技にも酷評が集まっていますが、加えて今クールの採算割れドラマNo.1という不名誉な評価もされているよう…

 

 

※原作です

 

 

採算割れドラマNo.1『集団左遷』

 

ドラマの成功は視聴率だけの問題ではなく、ギャラを含めた総制作費を考慮した上での結果が出ているかが求められます。

 

そんなドラマの成績表ともいえる資料を大手広告代理店がクライアント向けに作成したものを、今週発売のフラッシュが報じており、その結果負け組ドラマ1位となったのが福山雅治さん主演の『集団左遷』だったとか。

 

 

[以下引用]

最も採算が取れていると判断されたのが、天海祐希主演の「緊急取調室」(テレビ朝日系)。天海のギャラは1本あたり300万円と高額だが、平均視聴率は13%台と好調だ。2位は「特捜9 season2」、3位は「科捜研の女」とテレビ朝日がトップ3を独占した。

 

一方、不名誉にも採算割れで負け組ドラマの1位になってしまったのが、「集団左遷!!」。記事によると、ドラマで顔芸を連発する福山に対して“まるでコメディ”と評する広告代理店関係者が多数いるとか。

 

「同誌によると、福山のギャラも天海と同じく1本300万円。『半沢直樹』など大ヒット作を生み出している『日曜劇場』にしては数字は芳しくなく、5月19日放送の第5話の視聴率は9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低迷。シリーズ平均こそ10.5%と二桁を保っていますが、それも第1話の13.8%という“貯金”があるから。香川照之や神木隆之介ら共演陣も豪華なだけに、“予算に見合った数字を取ってくれよ”と心の中で叫ぶTBS関係者は少なくないはず」(テレビ誌ライター)

[アサ芸ビズ]

 

『集団左遷』は13.8%でスタートし、8.9%、10.1%、9.2%、9.0%という推移になっています。

 

ギャラが同じで結果がここまで違うとツライものがありますね。

 

ちなみにCMのほうのギャラは超破格の1本8000万円だとか。

 

そういった超破格のギャラ設定なのは、福山さんがこれまで結果をだしてきたからです。今回ドラマでは『ラヴソング』に続いての厳しい視聴率であり、映画を含めて低迷中、成功というと『ガリレオ』まで遡る感じですから、今後の評価は変わってくるかもしれません。

 

 

低迷は制作陣と演技が原因

 

ただ、第一話の視聴率は13.8%で日曜劇場の中でも高いグループに入る数字でした。

 

※前クールのこちら、初回は10.0%スタートでした。

[Amazon]

 

これは福山さんを含めたキャスト、ストーリーに期待があったからでしょうね。

 

それが2話で8.9%に下がったのは、10連休というGWの2日めだった影響も大きいでしょうが、その後10.1%、9.2%、9.0%と盛り上がらないことも考えると、内容がちょっと、だったからなのでは。

 

福山さんは顔芸にチャレンジしたり奇声を出してみたり河原をスーツでアセアセと走ってみたり、これまでにない演技を見せ役者として新境地を開拓しているとは思うのですが、そういうのが似合うキャラと似合わないキャラがあり、福山さんは間違いなく似合いません。

 

それはこれまで無表情でイケメン然としたあんまりに同じような役柄ばかりやってきたというのも大きいでしょうね。ネットでは、次クールで池井戸潤原作のドラマに主演する大泉洋さんと反対だったらよかったのに、という声もありましたが、福山さんだってそういう役をもう少し前からちょいちょいやってればよかったのに。せっかくのチャレンジがどうにも活かされていないのが残念です。

 

『ラヴソング』のときも、結婚前後の仕事の選び方でも思いましたが、結局福山さんの周囲の人のプロデュース能力がイマイチなんでしょうね。

 

今後さらに厳しくなっていくのでは。

 

◆一見の価値あり

福山雅治のお・な・か!→ geinou ranking geinou reading

福山雅治のお・な・か!→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※福山雅治さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

意外とマジだった福山雅治の離婚説。ドラマ撮影中一度も自宅へ帰らず

[スポンサーリンク]

 

断続的に報じられる福山雅治さんと吹石一恵さんの離婚話ですが、ネタ作りかと思えば意外と本当かもしれないという話も…

 

※ドラマ原作

 

 

 

「福山雅治離婚間近説」の本当のところ

 

福山さんの周辺でしきりに噂されるのが、別居と離婚間近説。このところ複数回、複数のメディアが報じています。

 

福山雅治が離婚へ。異常なまでの秘密主義と福山ファンの恐怖に疲れた吹石一恵が決意

しかし一方で、その別居ネタの流出元が福山さんサイドからであることが判明し、自ら話題作りと結婚で離れてしまったファンを戻そうと流したガセネタだという話も出てきました。

 

ピント外れ!福山雅治が自ら”ガセネタ”を流さざるを得ない切実な事情

 

実際のところはどうなのか、というと、ゲンダイネットによると、この1年半ほど自宅周辺で福山さんの送迎車が見かけられないのは事実とのこと。

 

それだけでは車が変わっただけの可能性もあるのですが、撮影現場からはこんな話も。

 

 

[以下引用]

「別の芸能関係者からも、福山は『集団左遷!!』のロケ現場から家族が待つ渋谷区のマンションに一度も帰らないと聞きました。これだけ聞くと、“別居説”や“離婚説”が浮上するのも仕方がない気もします。ただ、福山の子供はまだ2歳半で父親と遊びたい盛りのはず。福山クラスの大物俳優になれば、自宅とは別に“仕事部屋”があるのが当たり前です。脚本を覚えたり役作りに集中するために自宅に帰りたくても帰れないだけだと思いますよ」(芋澤貞雄氏)

[ゲンダイネット]

 

ちなみに舞台が蒲田支店なだけあって、ロケは基本的に多摩川河川敷や横浜、湘南首都圏ばかりのよう。

 

渋谷区にある自宅に帰れないというようなところでは仕事していないようではあります。

 

とはいえ、ロケ現場から一度も帰宅していないって、「お疲れ様でした!」と解散したあとのことをどこまで把握しているのかという気もしますが…

 

 

子どもの話をしなくなった福山雅治

 

[以下引用]

「今回のドラマで共演する香川照之と福山は、9年前のNHK大河ドラマ『龍馬伝』以来の仕事となります。『龍馬伝』で2人は、まるで実の兄弟のように意気投合したといいます。当時独身だった福山は、結婚や子育てについて香川に熱心に質問したそうです。何といっても香川は東大卒で、子供の教育にも独自の考え方を持っていますからね。ところが、父親となった今の福山は2歳半の子供がいるのに、楽屋では子供の話題がほとんど出ないといいます。“不自然じゃないか?”と現場では囁かれています」(テレビ関係者)

[ゲンダイネット]

 

教育熱心な父を演じた映画『そして父になる』のインタビューで、どんな父親になりたいかという質問に対し、「こんな仕事してますから、もしかするといい学校に入れるかも。選択肢はたくさん作ってあげたいですね」と答えていた福山さん。

 

その言葉通りというか、今年1月末には「福山雅治がお受験決意」と女性自身が報じているんですけどね。

 

香川さんと話をしてそのあたりの話が出てこなかったなら、確かに不自然かも。

 

まあたまたま周囲に聞こえてなかっただけかもしれませんが。

 

今回のドラマの前には映画の撮影でパリやニューヨークに滞在し3週間ほど自宅を空けていたとのこと。

 

いずれにしても、2歳半の可愛い盛りの子供がいてそんなに家を空けなければいけないのも仕事とはいえ気の毒だと思いますし、一人で子育てする吹石さんも大変です。

 

そこまでして撮影しているドラマも評判はイマイチですし。

 →福山雅治『集団左遷』一桁転落も話題にならず

 

不仲説ばかり流れるのも気の毒ですが、福山さんの場合、吹石さんを敵視するファンも実在するので、このくらいがちょうどいいのかも。

 

福山雅治の妻・吹石一恵の日常が窮屈すぎる!子供は他人の子とまで言われ…

 

◆一見の価値あり

福山雅治のお・な・か!→ geinou ranking geinou reading

福山雅治のお・な・か!→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※福山雅治さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

話題にもならない…福山雅治が主演ドラマまたも1桁で「過去の人」再認識

[スポンサーリンク]

 

福山雅治さん主演の日曜劇場ドラマ『集団左遷』の第二話が8.9%だったことがわかりました。第三話で二桁に戻ったものの、視聴者はすっかり離れてしまった感が…

 

 


BROS. [ 福山雅治 ]


楽天で購入

 

 

第二話で視聴率がガタ落ちした『集団左遷』

 

[以下引用]

歌手で俳優の福山雅治さんが、TBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演を務める連続ドラマ「集団左遷!!」の第2話(4月28日)と第3話(5月5日)が放送され、平均視聴率は2話が8.9%、3話は10.1%(共にビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが7日、分かった。

[まんたんウェブ]

 

第二話が放送されたのが4月28日で、10連休だった今年のGW2日目。第三話が5月5日でGWが終わる2日前。

 

まあ、ただでさえたいていのドラマの2話目というのは数字が落ちるものですし、また毎年たいていのドラマがGWにかかると下げるものです。

 

同クールの他局ドラマだと、吉高由里子さんの『わたし、定時で帰ります』もGWで全話より3.9%、窪田正孝さんの『ラジエーションハウス』は2.4%ほど落としています。

 

が、それにしても今回初回が13.8%だったのが第二話で8.9%というのはかなりの下げ幅ですね。

 

 

参考までに、過去3年分の4月期日曜劇場の視聴率推移です。初回からGW翌週まで調べてみました。

 

※赤字がGW

2018年二宮和也『ブラックペアン』13.7%、12.4%、12.1%

2017年長谷川博己『小さな巨人』13.7%、13.0%、11.7%、13.5%

2016年松本潤『99.9』15.5%、19.1%、16.2%、16.3%

 

例年にない超大型連休だったことを思うと単純に比較できませんが、意外と落ちてないような。『99.9』は下がっているほうではありますが、その前の回がずいぶん上がっていたからこその落ち方でもあるように思いますし。

 

 

※原作。レビューは…

[Amazon]

 

ドラマの演出と福山雅治の演技が難点

 

第三話で10.1%とギリギリ二桁に戻ってなによりですが、来週以降もちょっと厳しいのでは、と思わざるを得ない記事も出ています。

 

[以下引用]

ドラマ内で福山は終始「頑張りましょう」と連呼し、毎回スーツ姿で河川敷を駆け抜け、支店再建に向けて奮闘しているが、福山の〝熱演〟に視聴者は冷ややかな声を寄せている。

 

《リアリティーが全くなくてつまらん》

《日曜ドラマでこんなに内容のつまらないのは最近あったかな?》

《支店長と社員が友達感覚で、大手銀行って感じがしないし、話の内容もつまらない》

《頑張るだけでどうにかなる時代は昭和で終わったよ。。時代遅れも甚だしい》

など、銀行の描き方が「現実離れしている」と指摘。また、しきりに顔をゆがめながら奮闘している福山の演技にも、

《そのうち馴染むでしょと言い聞かせて見てたけど全く馴染まずストーリーに入り込めない》

《福山雅治が演じるキャラが頑張りましょうをただただ連呼するか、河原ダッシュしかしてなくて役に深みを感じない》

《つまらないし、福山の俳優生命にとどめを刺すのではないかと危惧する》

[週刊実話]

 

福山さんのこれまでの演技は無表情で卒のない感じで、それがかっこつけでもあったわけですが、今回のはアラフィフで支店長クラスの社会人がこんなにバタバタしてるか?というくらいかっこつけの「か」の字もない感じで真逆をいっています。

 

それが福山さんの新境地ではあるのですが、また合わなくて。

 

結局福山さんの演技とドラマ自体の演出がイマイチなのかもしれません。

 

7月期の日曜劇場は大泉洋さんの『ノーサイド』ですが、入れ替わっていたらもう少しよかったかもと思ったり。

 

まああちらはあちらで問題はありそうですが。

 →日曜劇場に池井戸潤で「もう飽きた」

 

もう一つ心配なのが、一桁に落ちてもそれほど話題になっていないこと。

 

日曜劇場が福山さん主演のクールで一桁を取るなんて、と驚いたのですが。

 

思い返せばあの福山さんの月9ドラマが不調のときは、福山さんで月9ワースト(当時)!?とかなり話題だったのに。

 

とりあえず三話目で10.1%とギリギリでも二桁に戻りましたし、なんとか盛り上がるといいですね。

 

◆大泉洋って

天才なの?→ geinou ranking geinou reading

天才なの?→ geinou reading geinou ranking

 

※福山さんの激しい顔芸も話題。こちらは顔芸手ぬぐい

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※福山雅治さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング