タグ:福山雅治の記事一覧

タグ:福山雅治
福山雅治の笑うに笑えないトイレ問題

福山雅治さんが意外な理由で同業者から非難されていると報じられています。

 

 

※ある意味聖域?

 

 

[以下引用]

だが、そんな福山が実は陰で非難されているという。ある音楽関係者が、事情を明かす。

 

「実は最近、ある番組収録に参加した際、本人がお手洗いに行ったのですが、その間、お付きのスタッフが入り口を警護、中に誰も入れないようにしていたんです。お手洗いはスタジオに近いところはひとつしかなく、本来は他の出演者や関係者も使いたいところなのに、それができなかったようです」

 

だが、相手が超大物の福山ともなれば、本人やマネジャーにクレームを入れるわけにもいかず、その結果「『いったい何様のつもりなんだ』というブーイングが広がり始めた」というのだ。

 

ただ、見方によっては福山自身ではなく、彼を過剰にガードしようとした周囲に責任があるともいえる。だとすれば、本人にとっては飛んだとばっちりとなってしまうのだが、果たして……。

[サイゾー]

 

トイレ…見張られたら逆に落ち着かないなんてことはないんですかね。時間がかかってはいけないというプレッシャーとか。

 

しかもそんなお付きスタッフがスタジオの最寄りトイレの前にいたら、多くの人に「ただいま福山雅治はトイレ中」と言ってるようなものですし。

 

 

他の人も、近くのトイレが使えないって困りますよね。

 

福山さんは極端に自分を偶像という意味でのアイドル化をしているという話は以前から報じられていました。

 

結婚前の話だと、交際することになった相手女性には、会うのは家限定、口外禁止を申し渡し、とにかく交際を内密にするが、もしも交際が報じられたら即破局。場合によっては黙って引っ越しまでするとか。

 

結婚後も、決して家庭の匂いをさせない姿勢に「自意識過剰すぎ」と言われたことも。

 →吹石一恵との結婚生活をひた隠す福山雅治

 

全部が本当なのかわかりませんが、コンサートのMCにも台本を作りそのとおりこなすなど、福山さんは案外小さい男だという話は以前からあります。

 

福山さんに熱狂的なファンがいて家にまで押し入られたことがある以上、小さい子供がいますから用心も必要だとは思いますけど、ある程度家庭の匂いをさせて「イケメンなのにシモネタもいける」以外の個性も発揮したら幅が広がるかもしれないですね。

 

◆悲報!キムタク、福山雅治以降

誰もが認めるイケメンが現れない→ geinou ranking geinou reading

誰もが認めるイケメンが現れない→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※福山雅治さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

福山雅治が日曜劇場に頼った!二枚目路線を捨て左遷、リストラ、土下座なんでも挑戦!

福山雅治さんが2019年4月クールのTBS日曜劇場に主演すると女性自身が報じています。

 

吹石一恵さんとの結婚後低迷するばかりの人気に良い刺激となるのでしょうか。

 

 

※6%台を記録した回も

 

 

[以下引用]

「記事によると、福山は来年、『半沢直樹』(TBS系)チームのスタッフと手を組み、ドラマをスタートさせるようです。テーマは左遷やリストラで、彼は哀愁漂うサラリーマンを演じ、取引相手に土下座するシーンなどもあるとのこと。また共演には、福山の希望で香川照之が起用されるそうです」(テレビ誌記者)

[アサ芸プラス]

 

結婚前の福山さんは天才科学者に弁護士など華やかな職業の役ばかりを演じ、ある意味木村拓哉さんのようでした。

 

それが結婚を機に妙に男くさくだらしないけどかっこいいみたいな役を立て続けにドラマと映画で演じ、まったくウケなかったために福山さんは過去の人と分類されつつあります。

 

そいのため今回は視聴者の共感を得られるような庶民的なサラリーマンを演じ、新境地を、ということのようですが…。

 

『半沢直樹』のチームというと、福澤克雄さんや伊與田英徳さんなどが関わるということだと思いますが、このパターンはそろそろ厳しいような気もします。

 

池井戸潤さんの原作で初めて放送された『半沢直樹』はこれぞ右肩上がりという視聴率で、最終話は42%超えと歴史的視聴率を記録しましたが、今放送中の『下町ロケット2』は現時点の平均視聴率が約12.9%と、数字としては「ほどほど」でしかありません。

 

勧善懲悪、水戸黄門的展開は面白いんですけど、歌舞伎や落語はともかくとしても、芸人、アナウンサーなど違うジャンルの人が必ず出てくるのとか、何か冷めたりもして。

 

特に冷めたのは『小さな巨人』に出演した和田アキ子さんでしたが。

 

『半沢直樹』に出演し、それまで注目されていなかった人がブレイクした例がいくつかありましたが、和田さんも紅白落選など勢いが落ちているのを日曜劇場出演で盛り返したかったのかなと。

 

福山さんも割と同じニオイがしますが…二枚目にこだわらないのは良いと思いますし、日曜劇場ですし、楽しみですね。

 

◆半沢直樹ヒットの理由

視聴者目線ではコレ→ geinou ranking geinou reading

視聴者目線ではコレ→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※福山雅治さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

竹野内豊ピンチ!倉科カナとの破局で好感度低下。結婚による人気凋落を恐れて別れたのにすでに新恋人の存在が…

2014年11月に交際が発覚し、双方が熱愛を認めて以来、何度となく「結婚間近」報道が流れていた竹野内豊さんと倉科カナさんが破局していたことが報じられました。

 

双方ともに事務所が破局を認めた背景には、すでに新恋人がいる可能性があり、実際そういう噂があるというのですが…

 

 

 

 

[以下引用]

今回、意外にも両者の事務所ともに破局を認めているというが、その点について女性誌記者はこう指摘する。

 

「事務所がすんなり破局を認める場合の定番パターンとして、どちらかにすでに新しい相手がいるというケースが多くあります。破局報道のないまま新恋人の存在がキャッチされれば“二股疑惑”が浮上してしまうため、それを避ける意味であらかじめ破局を公表する。実はすでに、竹野内のほうに新恋人がいるとの情報が流れていますからね」

 

今度は竹野内の熱愛が表沙汰になりそうだ。

[アサジョ]

 

どうなんでしょうね。

 

倉科さんと破局した理由は、30歳までに結婚したかった倉科さんとそれに応えられなかった竹野内さん、ということでした。

 

ちなみに、竹野内さんが結婚をためらう背景には、福山雅治さんの結婚後の人気下落が影響しているのではないか、と憶測する声も少なくありません。

 

[以下引用]

「福山が15年9月、吹石一恵との結婚を発表したのは46歳の時で、これはちょうど、昨夏に破局した時の竹野内と同じ年齢にあたります。結婚後も一線級の俳優として活躍する福山ですが、16年に放送された月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)の全話平均視聴率は8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と振るわず、明らかに全盛期よりも人気に陰りが見えてきたため、その様子を見た竹野内、あるいは所属事務所が結婚に対して及び腰になった可能性はあり得るかもしれませんね」(同)

[エンタメガ]

 

福山さんの場合は、結婚にまつわる戦略がよくなかったと思うんですけどね。

 

下がるであろう女性人気を補うべく、前もって男性限定ライブなんて行ってみたり、結婚後は妙にダメな男っぽい役をやってみたり。

 

特に『ラヴソング』に関しては、アラフィフなのに自分の家がなく交際相手の家を転々としてるとか、福山さんが登場するだけでかっこよすぎてザワザワするとか、さらに熱愛相手が20歳以上年下とか、いろいろツッコミどころが多かったことも失敗の原因だったのでは。

 

そのへんうまくやればどうにかなったような気もしますが、福山さんの凋落ぶりを見ると二の足を踏むのもわからないではないです。

 

ただ、2014年から約4年交際し、最終的に結婚を選ばなかったのが性格の不一致とか気持ちが離れたとかではなく、本当にただ単に人気凋落を恐れてのことなのであれば、結婚しなくてもちょっとイメージが悪いかも。

 

そもそもいつまで「その位置」にいようと思っているんだろうという気もしないでもないですしね。

 

ここで竹野内さんが結婚したとしたら、確かにネットは大荒れになったかもしれませんが、それ以上に31歳になろうとしている倉科さんと4年も交際し別れている方がひどいという声もチラホラ見られます。

 

それでもう新恋人までいるというのが本当なら、一部女性の間ではちょっと評価が下がりそうですね。

 

◆結婚の噂は根も葉もない話ではなかった!

こんなところで2人の目撃談が…→ geinou ranking geinou reading

こんなところで2人の目撃談が…→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※倉科カナさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

業界人が暴露!いつ摘発されてもおかしくない芸能人はこの5人

酒気帯び運転で事故を起こし芸能界を引退することになった吉澤ひとみさんは、知人によると運転が荒いことで有名で、運転中は“我先に”という性格であり、首都高や高速道路でも車線変更を繰り返すタイプだったとのこと。

 

事故当時の様子を知るとその知人の証言も誇張とは言い切れず、「運転には性格が出る」ということが思い出されますが、吉澤さん同様に芸能人の中には運転が荒いことで知られている人が数人いるとか。

 

 

 

実名が挙げられた「ルールは守る」2人

 

トカナで実名が挙げられたのは、有吉弘行さん、小柳ルミ子さん、ベッキーさんの3人でした。

 

有吉さんは「スピードを出すタイプではありませんが、追跡するマスコミを“ハメてやろう”という性根の腐った運転をします。例えば、赤信号に変わる直前に急加速して追跡の車を巻こうとしたり、車線変更しまくって行方をくらまそうとしたり。ウィンカーを出したので、左車線に来るかと思ったら土壇場でやめてみたり。後続車両の危険を顧みない運転はほめられたものではありません」とのこと。

 

小柳さんは一言で言うとスピード狂で、とにかく速いが事故らないタイプで「どこかのレーシングチームに入っていたんじゃないか」と推察したくなるくらいの腕前だそうで。

 

この二人は正直マスコミが追わなければそんな姿を見せなかったんじゃないかという気もします。

 

しかしそんな状況でもルールは守っているというが立派です。

 

 

別格ベッキー

 

[以下引用]

イメージが沸かないかもしれないが、ベッキーは運転技術よりも運転態度に問題アリとの情報がある。数年前から業界内でまことしやかに流れているのが、以下のような話だ。

 

「神奈川県警がベッキーに怒っている。路上駐車していたので切符を切ろうとしたら、逆ギレして食ってかかってきたそうだ。しかも今回が初めてではなく、同じようなケースで何度もブツブツ文句を言っていた。神奈川県警の間でベッキーは“感じの悪いドライバー”としてブラックリストに載っているらしい」

[トカナ]

 

ベッキーさんがブラックリストに入っているというのは以前から噂になっていました。

 →ベッキーが警察のブラックリスト入り

 

当時の記事によると、ベッキーさんはとにかく車の運転が荒く、スピード違反や駐車違反で反則切符を切られたことは2度、3度のことではなかったとか。そして切符を切られると警官に対し「何で私なのよ! 他にもいるじゃない!」「ちゃんと仕事しなさいよ!」「Shit!(クソったれ)」と罵詈雑言を浴びせていたそうで。

 

これがゲス不倫報道以前、まだ優等生で通っていた2014年頃の話であまりにイメージと乖離していましたが、情報の出所を辿ると警察関係者に行きつくといいますから、少なくと今現在どうかはともかくそういう時期はあったんでしょうね。

 

 

法律違反であるため匿名になる二人

 

[以下引用]

・ プレイボーイ俳優X

完全に道路交通法に抵触するのでイニシャルで。芸能界を代表する名うてのプレイボーイで、歳を重ねてもフェロモンは衰え知らず。彼を追跡した女性記者が驚愕のドライブを暴露する。「激混みの高速道路で普通に160キロ出して、ごぼう抜きしていったので驚きました。しかもオービス(自動速度違反取締装置)の場所もわかっているので、そこだけ減速するんです。あれはヤバイ。いつ速度超過で摘発されてもおかしくありません」。聞けば東京から関西の主要都市まで、途中のパーキングエリアにも寄らず、片道500キロを4時間切るスピードで激走したという。

 

・ コワモテ俳優M

顔面凶器のコワモテ俳優Mは自ら運転しないが、後部座席での態度が極悪。高速道路で他の車に追い越された際には、マネージャーに「おい、抜き返せ!(抜いた相手の)顔を拝ませろ!」と指示。仕方なくマネージャーが急スピードで追い返すと、Mは窓ごしにドライバーの顔を確認したあと、後部座席から前方に手の伸ばし「プップー!」とクラクションを鳴らすのだという。「勝利宣言みたいなもんですよ。頭がおかしいんですよね」とは事情をよく知る人物。そのMはあまりの横暴ぶりに、その後しばらく仕事を干された時期がある。

[トカナ]

 

顔面凶器俳優Mはただ単に性格が悪い感じがしますし、ベッキーさんも同様ですが、有吉さんに小柳さん、俳優Xに関してはマスコミが追ったから逃げてそんな事になったんじゃ、という気が。

 

俳優Xに至っては時速160キロでオービスではスピードを落とし、パーキングエリアもすっ飛ばし関西まで5時間かからなったなんて、マスコミが追わない限りわからないと思うんですが。

 

結局追われるからそんな法律違反もせざるを得なかったわけで、そんなときに事故が起こらなくて何よりでした。

 

今後も事故が起きないよう、マスコミも気をつけてほしいものです。

 

ところで、俳優Xと似たような感じの話で宮崎あおいさんと福山雅治さんを思い出しました。

 

マスコミに追われたとき、宮崎さんはスポーツカーでもないのにスイスイと車線変更をして運転テクだけで逃げるタイプ。一方で福山さんは影武者を用意し同じ車を5台でかく乱する頭脳プレイタイプだったとか。

 →宮崎あおいの事故は自信過剰が原因

 

今は二人とも家庭を持ちマスコミに追われることも減ったと思いますが、今後も安全運転で頑張ってほしいものです。

 死亡事故の可能性も!吉澤ひとみの事故当時の動画

 

◆吉澤ひとみの事故で評価を落とした芸能人

辛口のはずがこの体たらく…→ geinou ranking geinou reading

辛口のはずがこの体たらく…→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※吉澤ひとみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング