タグ:神田うのの記事一覧

タグ:神田うの
ズレすぎデヴィ夫人と神田うの。女性に暴行した新井浩文に「2000万円でも円満解決すればよかった」「見せしめみたい」

デヴィ夫人が新井浩文さんの女性への暴行事件について言及、迷惑をかけるくらいならお金で解決すればよかったのにと発言し批判を集めています。

 

 

 

 

[以下引用]

強制性交の疑いで逮捕された新井浩文容疑者について、デヴィ夫人は「相手の女性とお話をして被害届を取り下げてもらわなかったのか。たくさんの方に迷惑をかけるなら、1、2000万円でも差し上げて円満解決すればよかったのに」と持論を展開。うのは「(警察の対応が)見せしめみたいな感じ」と語っていた。

[サンスポ]

 

新井さんは示談にできなかったようですけどね。

 

天井知らずにお金を積んだとして、それでもみ消せれば確かに新井さんが出演していた作品を守るためにはなったかもしれません。

 

しかし、まず相手女性はどうなるんでしょう。

 

味わった恐怖をお金で黙ることにしたら、新井さんが今後も活躍する姿を見ることになります。

 

また、お金で解決できたら新井さんは今後も同様のことを続けて悲しむ女性が増えていた可能性もあります。

 

デヴィ夫人の発言は、被害者と同じ女性としてどうかと思います。

 

 

 

また、神田うのさんの「見せしめみたい」というのは、まさに見せしめでいいんじゃないでしょうか。

 

薬物だってなんだって、有名人が犯罪を起こせば大々的に報じられ、その結果犯罪の抑止力になるなら大いに利用すればいいと思います。

 

それが芸能人ですよね。世間に顔を知られるというのはそういうことです。

 

不祥事が起きると出演作に影響する点については賛否両論ありますが、今の流れでは役者と作品が切り離せないのは、過去事件があるたび作品に影響してきたのを見てわかってたはずです。

 

新井さんの倫理感だけでなく作品に携わった人への配慮もなく、ホント情けないです。

 

ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんもトンチンカンなことを言っていましたが、なぜ被害者第一で考えないんでしょうね。

 →ウーマン村本が新井浩文の韓国籍公表で人種差別と発言

 

 

◆そういえば前もおかしなことを言っていた

デヴィ夫人→ geinou ranking geinou reading

デヴィ夫人→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※デヴィ夫人さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

神田うのの顔がまた激変!汚い顔はエチケット違反だったはずが…

たびたび様子が変わり話題になる神田うのさんの顔がまたも激変だと話題になっています。

 

 

「別人かと思った」「こんな顔だったっけ」と言われるその顔は…

 

 

※こちらは最高級のキメ顔と思われます。2016年。

 

 

話題になっているのは、『有吉ゼミ』に出演したときのこちら。

 

 

 

 

 

 

 

「似てる人いるな、誰だっけ」というくらい、神田うのさんからビミョーに離れた感じになっているような。

 

よく見るのがSNSで投稿されている静止画なので、もしかするとそちらは加工してあって動画とは様子が違うのでしょうか。

 

年末あたりから「太った」『ダイエットしないと」とよく言っていましたが、少し太ったのかもしれませんね。

 

「老け込んだ汚いお顔は失礼なので、 今後も40歳過ぎてからのエチケットであるヒアルロン酸とベビーコラーゲンと上手に付き合いながら歳を重ねていきます」宣言していた件が、ついてしまった肉との関係で今はうまく効果を発揮できていないのか。

 →神田うのが整形疑惑に猛反論

 

前回顔の異変が猛烈に話題になったのは昨年10月のイベント出演時、同席していた松居一代さんが倒れたときの無表情さでした。

 →神田うのが、緊急事態なのに無表情

 

それからまだ3ヶ月ほどですが、もうメンテナンスが必要なんだとしたら、アンチエイジングの手段にヒアルロン酸とベビーコラーゲンを選ぶのは悪手なのかも。

 

というか、神田さんがヒアルロン酸とベビーコラーゲンの使用を公言して以降、その効果のビミョーさに、もしかすると人気が廃れているかもしれませんね。

 

 

◆「神田うのの顔が本当にヤバイ」と言われた頃

…確かに→ geinou ranking geinou reading

…確かに→ geinou reading geinou ranking

 

 

※30歳になった頃の本

[Amazon]

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※神田うのさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

神田うの「子育てばかりしてもしょうがない」発言に批判の声!そもそもシッター4人も雇ってたし

神田うのさんがプロデュースするウエディングドレスブランド「シェーナ・ドゥーノ」の新作ドレスファッションショー後の囲み取材で、長女が7歳になり子育て一段落、来年はタレント活動にも意欲を見せていることが話題になっています。

 

 

 

 

神田うのさんのウェディングドレスのブランドは今年で17周年を迎えるそう。

 

神田さんは長く続けられたことに対する感謝の言葉を述べるとともに、お子さんについても言及し、「結婚する時に『ママのドレスを着たい』って言ってもらえるようなドレス作りをしていきたい」とも語っていました。

 

[以下引用]

神田の長女は現在7歳。インターナショナルスクールに通い、バイオリンの英才教育を受けさせていると話題になったが、「ステージママではないので、そういう道を選びたくないですね。主人の子でもあって、それぞれの両親の孫でもあるので、私一人の権限では決めることはしたくはない」とキッパリ。「それに怖いじゃないですか! (表舞台に)出すのはリスクもあるので、大人になって自分で決めればいい」と、自らの教育方針を語った。また、お受験については、考えていないと明かし「その子に合う学校に行くんですよね。その子とその過程が向いている方向へ行くことになっています」とのびのびと厳しく子どもを育てていきたいと話した。

 

来年の目標については「ちゃんとタレントとしてのお仕事もやっていく、と社長と話していました。子育てだけをやっていてもしようがないので。よろしくお願いします」と笑みを浮かべながら、報道陣に頭を下げた。

[リアルライブ]

 

娘さんが表に出ることについて、そして受験についてとても良いことを言ってると思います。

 

もっと神田さんが振り回す感じかと思っていたので意外でした。

 

ただ、確かに神田さんは一貫してお子さんのことを「こうの」と呼び顔は出しておらず、そのあたりしっかりしている人なんですね。

 

この引用記事にはないですが、娘さんがドレスのモデルを務める可能性について聞かれると、「まだそんな表に出られないです。ステージママでもないし、本人が『こういう道に行きたい』って言うならいいけど、親が出したりするっていうのは…私のやり方ではない」と語っていました。

 

もしかすると耳の痛い人もいるかもしれませんね。

 

しかし、「子育てだけをやっていてもしようがないので。」というのはちょっと余計だったのでは。

 

神田さんは以前ベビーシッターに高級バッグを盗まれたことがありますが、そのときに4人のベビーシッターを雇っていることが判明しているので、「ベビーシッター任せだったのに」という声が多く見られます。

 →神田うの、被害者なのに罵られる

 

他にも、「子育てだけをやっていてもしようがない」なんて母親に言われた子供の気持ちは…?というコメントも。

 

実際お子さんが小学校に入ったタイミングで芸能活動を活発化させる人も多く、そういうタイミングなんだとは思いますし、程々に距離があったほうが子供とうまくやっていける人もいます。

 

なので、タレント活動を活発にする事自体は好きにしたら良いと思いますが、その心情として「子育てだけをやっていても」なんてわざわざ言わなくても良かったでしょうね。

 

そもそも神田さんはお子さんがもっと小さかった頃に活発にタレント活動をしていて、たびたび的はずれなコメントをしてはバッシング対象になっていました。

 →神田うのの発言が世間ずれしすぎて炎上

 

タレント活動をしなくなったのも、正直子育て優先というよりは干された印象だったんですけどね。

 

タレント再開を宣言して、需要があるんでしょうかね。

 

◆整形している女性芸能人ランキングが

ガチすぎる→ geinou reading geinou ranking

ガチすぎる→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※神田うのさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

友人たちも巻き添えに…神田うのが他人のSNSで整形疑惑に反論し話題

整形疑惑の絶えない神田うのさんが自身の疑惑を晴らすべく、1500文字を超える長文で反論したと話題になっています。

 

しかもその反論の場は他人のインスタグラムという…

 

 

※2005年

 

 

ことの発端は、フィットネストレーナーの女性が自身のインスタグラムにうのさんの姿を公開したこと。

 

この写真にうのさんの顔が変わった、いじった、老けた、等々、ありがちなコメントが並び、これに対しうのさんが「神田うの」という署名付きで反論しました。

 

要点は、

・整形疑惑ではなく整形していることになっていることにビックリしている。整形は一切していない

・やっているのはヒアルロン酸とベビーコラーゲン注射。40歳を過ぎた周りの友人達は皆さんエチケットとしてやっている。これは整形ではなくいわゆる若返り。

・ヒアルロン酸はほうれい線や目の下のシワに入れて膨らますもの

・ヒアルロン酸やベビーコラーゲンは自然に吸収されていく。切ったり縫ったりしていないから顔面崩壊はしない。

・自分では昔の顔に近づいた気がしているけど、老けたと言われるなら違ったかも(笑)

・おでこのデコッパチは昔から。二重の幅が一定しないのも昔から

・おでこ、眉間は一度もヒアルロン酸は打ってない

・老けたというのは、自分でも時々朝鏡を見てそう思う。43歳だから老けて当然。

・老け込んだ汚いお顔は失礼なので、 今後も40歳過ぎてからのエチケットであるヒアルロン酸とベビーコラーゲンと上手に付き合いながら歳を重ねていきます

 

こんな感じでしょうか。

 

周りの友人のことも言っていますが、うのさんの友人である伊東美咲さんやNHKアナウンサーの青山祐子さん、角田ともみさん、などもやってると思っていいということなんでしょうかね。

 

また、自然な老化・シワをエチケット違反と言っているように聞こえます。

 

美容整形に通ってそういった高価な施術をすることは一般人には難しいですが…。議論を呼びそうです。

 

※2009年

 

誰でも写真うつりの良いとき、悪いときはあるもので、ライトの加減で写りは変わります。プライベートをよく公開しているうのさんなんかはいろんな顔のときがあるんでしょうし、誰でも自分の顔が老けたなんて言われたら傷つきます。

 

自分の容姿に自信があったならなおさらでしょう。

 

だから今回も耐えられなかったのでしょうが、他人のインスタで1500文字超の反論は驚きました。ところどころ(笑)を入れているのがまたなんとも。

 

◆「本当にヤバイ」と言われた4年前…振り返ればこのあたり?

神田うのの分岐点→ geinou reading geinou ranking

神田うのの分岐点→ geinou ranking geinou reading

 

ただ、ヒアルロン酸は入れる場所によっては顔全体が膨れ上がって見えたり、「入れすぎていくと不自然な顔になっていく」という欠点があるんだとか。

 

つい先日、うのさんは共演者が体調不良になるという非常事態なのにまったく表情が動かず話題になりましたが、またネットニュースで老けただなんだと言われるのが嫌で、ちょっとやりすぎてしまったのかもしれません。

 →神田うのの顔がまるで能面のような無表情に

 

※2016年

[Amazon]

 

切ったり縫ったりを整形というなら、うのさんのシワ対策で打ってるヒアルロン酸は整形ではないのかなと思いますが、どうなんでしょうね。

 

ヒアルロン酸で鼻や唇に入れて形を変えるというのは整形だと思いますが。

 

今年9月に高須院長がヒアルロン酸について語っていた記事のよると、少し前は唇をアヒル口にしたり涙袋をつくるための「プチ整形」としてのヒアルロン酸が流行っていたけれど、最近はほうれい線を消すためにに頬とセットで入れるなど、老化対策として使うことが流行ってきたとありました。

 

木村拓哉さんもそういう流行に乗ってるのかも。

 →木村拓哉が美容整形通い。アドバイザーは最新の施術に詳しい工藤静香

 

高須院長によると、腕の悪い人や儲かってないところでヒアルロン酸を打つと、たくさん打って稼ごうと入れ過ぎて顔がブルドッグのようになってしまったり凸凹になったりするんだとか。

 

ヒアルロン酸で膨らませた後は前よりもシワシワになってしまい、エンドレスになる、かつ、量が増えるという話もあります。

 

誰にも平等に時は流れ、みんな老けていきますが、お金のある人はそれに抗えるんですね。

 

◆逆奇跡の一枚

工藤静香もいます→ geinou reading geinou ranking

工藤静香もいます→ geinou ranking geinou reading

 

※1998年

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※神田うのさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング