タグ:田中圭
ホームPage 1 / 3123

 

石原さとみさん主演ドラマ『アンサング・シンデレラ』の現場の雰囲気が悪いようです。

石原さんが共演の田中圭さんと険悪なようで…

 

 

※転売禁止がなくなるって、また品薄になりそう

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[完売したら、次は29日入荷予定]KAEI3層立体プリーツマスク普通サイズ(約1...

価格:1375円(税込、送料別) (2020/7/31時点)


楽天で購入


 

 

 田中圭、酒が残った状態で現場に来て怒られる

 

[以下引用]

4月初旬、現場に石原の高い声がひびきわたったという。

 

「集中してくださいよ…」

 

声の先にいたのは田中だ。

 

「田中さんは新型コロナの影響で、撮影スケジュールが変更になった2本のドラマにかけもち出演中で、とても忙しい。それでも大好きなお酒を控えることはなく、毎日だいぶお疲れのようで、出番を待つ間に寝ていることもよくあります。特に『アンサング~』では専門用語満載のせりふが多く『頭がパニック』と言っていますね。

そんな田中さんが目が開けられないほど顔がむくんだ状態の二日酔いで現場入りしたんです。ピリピリしている現場だけに、彼ののんきな雰囲気に“こんなんじゃメイクできないよ”とヘアメイクさんがいじったりして、和やかなムードだったのですが、石原さんがぴしゃりとたしなめたんです」(前出・別のテレビ局関係者)

 

普段の現場ではムードメーカーの石原も、今作では薄いメイクにマスク姿。私語も控えていただけに、急に放たれた一言に周囲は凍りついた。

 

「冗談めかしてはいましたが、険しい目つきで、あれはマジギレでしたね(笑い)。田中さんはそれ以降、撮影途中の居眠りはあるものの、二日酔いでの現場入りは全くなくなりましたね」(前出・別のテレビ局関係者)

[NEWSポストセブン]

 

 

記事には視聴者の「まぶたが腫れぼったくて全体的にむくんでいるし、メイクで隠せていないほど顔が真っ赤なシーンもありました…」というコメントがありました。ちょっと私は覚えがないのですが、ありましたかね?

 

確かにむくみがちな人だとは思いますが…

 

これがもし本当なら、田中さん、社会人としてどうかと思います。

 

 

元モー娘。の吉澤ひとみさんの交通事故を思い出しました。

 

「車が多く止まれなかった」←次の信号で止まっていた!吉澤ひとみ”容疑者”の飲酒ひき逃げ逮捕が「異例で悪質」と言われる理由

 

田中さんは自分で車を運転して現場入り、なんてことはないんでしょうけど、次の日の仕事にまで影響させるのは問題です。

 

もともと売れっ子の田中さんですが、今はコロナで撮影休止になった影響で、3つの現場を掛け持ちしているそう。

 

忙しくて逆に眠れなくてお酒を飲んでしまうのかもしれませんが、セリフを覚えて整理するだけでも大変でしょうに、翌日に残るまでお酒を飲んでいたのでは、セリフ、大丈夫でしょうか。

 

先日、石原さんがアドリブの多い共演者にピシッと言ったという話も報じられており、ネットでは相手は田中さんでは、という声がありました。

 

 

石原さとみがブチ切れ!共演者に対して言い放ったキツイ一言とは?

 

セリフをなんとなくでしか覚えていないから、アドリブを多用することになったのかも?

 

 

 田中圭は」ネガティブキャンペーン多め

 

[スポンサーリンク]

 

しかし普通人気の俳優と女優が共演すればどちらかといえば熱愛系の噂が出るのに、石原さんと田中さんの場合は仲悪エピソードばかり。まあ、田中さんは妻子持ちなので熱愛があれば不倫になってしまいますが、今後共演NGになっても不思議じゃないレベルです。

 

そもそも田中さんってネガティブな報道が多いんですよね。

 

田中さんが自分の結婚を語ったときに「僕は授かり婚だったのでいろんな選択肢があった」と暗に中絶も考えたことを話したことは、明らかにマイナスだったとは思います。

 

 

最低!田中圭の大失言でブレイクは一瞬で終了か

 

あと、賭け麻雀をしていたのもマイナスですね。

 

人気イケメン俳優Xは田中圭か。賭け麻雀発覚でアノ疑惑再燃!さらに内田理央と浮気疑惑も…

 

しかし、しょっちゅう薬物疑惑や天狗疑惑が出るのはどうなんでしょう?

 

 

また出た!田中圭の業界内評価大暴落報道。売れてメンドクサイ俳優に…

 

よほどマスコミに嫌われているのか、本当になにかまずい感じがあるのか…

 

安定して脇で仕事をしてきて、『おっさんずラブ』でブレイク後はワンランク上のところで仕事するようになって、うっとおしく感じる事務所でもあるんでしょうかねえ。

 

ブレイク直後、「去年、ブレークとかすごい言われるようになりまして。自分的には何も変わったつもりはないと仕事をやってきたつもりだったんですが…」とコメントもしていた田中さん。

 

※いろいろと消毒したいですね

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※田中圭さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー
タグ

 

7月16日から放送予定の石原さとみさん主演ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の撮影現場で、ちょっとしたトラブルが発生しているといいます。

 

コロナウイルスの影響によるロケ地の変更に続き、主要キャストで出演予定だった清原翔さんが脳出血による緊急手術で緊急降板。

 

そのため、現場は対応で大わらわになっており、石原さんもかなりピリピリしているようで…

 

※コロナウイルスはドラマ撮影現場にも大きな影響を与えています。

 

 

 共演者へ厳しい一言を言い放った石原さとみ

 

 

[以下引用]

「政府から外出自粛要請が出たことで、その病院でもロケができなくなったんです。もともとメインの薬剤部のシーンはセットでの撮影だったため、薬剤部のシーンを増やしたり、病院内のシーンも極力、テレビ局内の施設で対応することになりました。本来は病院の外観が映り込む屋外でのシーンもありましたが、そこは台本を書き直して、不自然にならないように対応しています」(フジテレビ関係者)

 

降板した清原の代わりを務めることになったのは、彼がモデルを務めるファッション誌『メンズノンノ』の同期で、友人でもある成田凌。

 

「清原さんは、石原さん演じる主人公が働く病院の近くにあるドラッグストアに勤務する薬剤師という役どころでした。すでに撮り終えていた部分には登場シーンが少なかったこともあり、清原さんのシーンはすべて成田さんで撮り直すことになりました」(前同)

 

そのため、7月上旬の段階では第1話も完成していないというバタバタなスケジュールの中、座長の石原は少しでもよい作品にしようと集中して撮影に臨んでいるという。

 

「石原さんは、明確な演技プランを持って撮影に臨むタイプ。また出演者の変更などもあり、スケジュールにも余裕がない状況です。そのため共演者がアドリブを入れてくると、“完璧に演じたいので、台本どおりにやっていただけると嬉しいです”とお願いをするほど、役に入り込んでいますよ」(前出・芸能プロ関係者)

 

[週刊女性プライム]

 

ということですが、石原さんも大変ですよね。

 

ロケ地変更、キャスト変更に伴って台本も大幅に書き換えられたわけですから、セリフや演技をイチから覚え直さなくてはならず、精神的にも余裕がなくなっていたのでしょう。

 

「こんな大変な時にカッコつけてアドリブなんていれてこないで!ホント、迷惑よ…」

 

こんな気持ちになるのも分かる気がします。

 

 アドリブ入れた犯人は誰?

 

[スポンサーリンク]

 

さて、こんな石原さんの行動に対し、ネットでは

 

「医療系で単語が難解だし、妙なアドリブ入れられたら覚えたセリフ飛びそう」

「ピリピリしてる時に佐藤二朗みたいなアドリブ入れらたらムカつくよね」

 

といった同情の声と

 

「役に入り込んでるならアドリブにも臨機応変に対応出来るはずですけど?」

「もともと下手だからアドリブに反応できないんでしょ」

 

といったイヤミの声が半々といったところですが、それよりも話題になっているのが「アドリブしそうな俳優って誰?」ということ。

 

大方の予想では田中圭さんの名前が挙がっていますけど、確かに空気の読めない、テンション高めのアドリブを入れてきそうな感じ。

 

まあ、彼も同時に3本ものドラマ撮影が立て込んでいて、セリフを忘れて仕方なく?アドリブで誤魔化そうとしただけなのかもしれません。

 

許してあげてくださいな、石原さん。。

 

◆監督からするとウザいだけの存在とも

 アドリブ俳優ランキング→ geinou reading geinou ranking

 アドリブ俳優ランキング→ geinou ranking geinou reading

 

※コレは画期的!いろいろ触りたくない方に…

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※石原さとみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

田中圭さんの人気が急落してると報じられています。

 

その兆候は主演を務める日テレの2クール連続ドラマ『あなたの番です』の視聴率が上がらないしていることにあらわれてるというのですが…

 

 

 

 

とっくに人気のピークは過ぎていた田中圭

 

[以下引用]

昨年『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で大ブレークした田中は、一時、ドラマだけでなくバラエティー番組にも引っ張りだこ。しかし、鳴り物入りで4月から始まったドラマ『あなたの番です』は視聴率が低く、期待通りの結果を残せていない。

 

「視聴率低迷の原因は、2クールにわたる大型ドラマのため、従来の1クールドラマに慣れてしまった視聴者が、なかなかチャンネルを合わせてくれないということがあります。ただ、それ以上に深刻なのは、田中の〝好感度〟が急落していること。田中といえば〝マイホームパパ〟のイメージが強く、視聴者ウケも上々だったのですが、最近は売れっ子になったこともあり、夜な夜な遊び歩くことが多くなっていて、女性ファンが急速に離れていっているのです」(芸能記者)

[まいじつ]

 

田中圭さんのイメージ、マイホームパパでしたかねえ。

 

『おっさんずラブ』のはるたん役で人気が出た、というか、『おっさんずラブ』自体がおもしろくてわっと来た部分もあると思うのですが、その人気自体は年末までには収束していました。

 

それは何度も報じられた闇カジノ疑惑も一因ですし、内田理央さんとの密会報道も同じく、です。

 

 

人気イケメン俳優Xは田中圭か。賭け麻雀発覚でアノ疑惑再燃!さらに内田理央と浮気疑惑も…

 

先日も女性自身がまた内田理央さんを含めた共演女優との食事を報じているものの、売れたから夜遊びが何度も報じられるようになっただけで、闇カジノと浮気報道を見る限り、田中さんはもともと品行方正タイプではなかったようですね。

 

さらに、本人が出演したバラエティ番組で、デキ婚したことについて「僕は授かり婚だったのでいろんな選択肢があった」と話したことで、世の女性の反感を買いました。

 

 

最低!田中圭の大失言でブレイクは一瞬で終了か

 

最終的に、「仕事もまだまだしていきたいし、人気も欲しいし、もっとモテたいし、もっと遊びたい。やりたいことがいっぱいありすぎて選べなかったから“自分が今失って一番嫌なものって何だろう?”って思ったときに、それが嫁だった」と話していましたが、「いろんな選択肢があった」の部分ですべてチャラ。

 

なんでも正直に言えばいいっていうものでもなかったかなと思います。

 

 

[スポンサーリンク]

 

『あなたの番です』の低迷と田中圭の人気の関係

 

さて、『あなたの番です』の低迷具合と田中さんの人気の関係についてです。

 

これまで放送された『あなたの番です』の視聴率はこちら。

 

<第一部>

第1話 8.3%、第2話 6.5%、第3話 6.4%、第4話 7.1%、第5話 6.5%、第6話 6.3%、第7話 6.4%、第8話 6.7%、第9話 8.0%、第10話 7.9%

 

<第二部>

第11話 9.2%、第12話 9.2%、第13話 10.9%、第14話 9.5%

 

第一部の全話平均視聴率が7%、第二部が現時点で9.8%。

 

徐々にあがってますよね。

 

であれば、田中さんのスキャンダルや人気低迷とドラマの視聴率はあまり関係ないのでは。

 

1月クールに放送された菅田将暉さん主演『3年A組』の全話平均視聴率が11.5%だったので、たしかにそれと比べれば明らかに低いです、

 

が、2015年4月からこの時間になって以来、最高は窪田正孝さんの『デスノート』11.6%で、ほかは9%台が3つ、あとは6%台も珍しくはなく、良くても8%台でしたからね。

 

2018年10月クールの賀来賢人さん主演『今日から俺は!』が9.9%台でドラマの内容も話題になり上向いたところで『3年A組』、で、人気急上昇中のはずの田中圭さん主演の2クール連続の『あなたの番です』ですから期待もあったんでしょうが、主演が誰かだけでドラマの視聴率が上がるものではないでしょうに。

 

当初上がらなかったのは異例2クール連続という点と、交換連続殺人という日曜の夜、家族で観るにはちょっとという内容、さらに秋元康さんが関わっていたからかと。

 

「要するにつまらない」大コケ『あなたの番です』低視聴率スタート最大の原因は秋元康で2クール託した日テレは自滅

 

秋元さんはこの枠での1作目である福士蒼汰さん主演ドラマ『愛してたって、秘密はある』で、途中までは面白かったけどオチが二重人格、さらに「続きはHuluで」をやってしまった前科があるのでね。

 

『あなたの番です』は、ここまで放送された結果、徐々に視聴率を上げており、ネットの実況でも盛り上がっていて、そこはさすがなのかなと思います。

 

実際、ちょっと我慢して観たら面白いドラマでした。

 

が、今回も最後がそんなオチだったらもう二度と秋元さんのドラマは観ないだろうなと思います。

 

◆人気はあるけど嫌われてもいる…

田中圭の現実→ geinou ranking geinou reading

田中圭の現実→ geinou reading geinou ranking

 

※歌ったのはマズイという話も

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※田中圭さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

[スポンサーリンク]

 

昨年『おっさんずラブ』で大ブレークを果たした田中圭さんに業界内で悪評が出ていると報じられています。

 

※秋元康アレルギーをちょっと我慢したら、おもしろかった

 

 

[以下引用]

「元々は若手俳優の中でのバイプレイヤー的ポジションだったこともあり、どんな役でも受けてくれる俳優さんというイメージで、だからこそ重宝されていた。でもブレークしてからは、主演クラスでの起用が増え、役どころもイケメン系が多くなってきた。それに伴って所属事務所も田中圭を“主演級俳優”として扱うことが増えてきて、制作サイドとしては気軽にオファーしにくくなっています」(テレビ局関係者)

 

実際に田中圭は主演クラスになったのだから、事務所がそっちにシフトしても問題ないはずなのだが……。

 

「脚本に文句を言うようなことはさすがにないのですが、メディアに対してはちょっと冷たい印象になってきましたね。雑誌の撮影なんかでも基本的に“キメキメ”なポーズを指定されることが多かったり、NG項目が増えていたりと、微妙に“面倒くさい俳優さん”になってきた印象です」(メディア関係者)

[サイゾー]

 

前半は仕方ないですよね。

 

田中さんは何年も脇役俳優で頑張ってきて、連ドラも何クールも連続で出演し、実績を積んだところで『おっさんずラブ』でブレークしました。

 

積み重ねたものがあってのことで、ある程度は仕方ないんじゃないかと思うのですが、似たような流れをたどっていたのが高橋一生さんだったとか。

 

高橋さんもバイプレーヤーとして数々の作品に出演していたところで突然大ブレークを果たしましたが、その後メディア露出を控えるようなこともあり掲載を断られた媒体からブーイングが出るようになり、業界内の評判が落ちてしまったそう。

 

◆高橋一生の世間の評判がガタ落ちになった原因は

こういうところ→ geinou ranking geinou reading

こういうところ→ geinou reading geinou ranking

 

※視聴率は低かったですがレビューはいいです。

[Amazon]

 

一方で、もう一つの細かい注文が増えてきたというあたり。

 

イケメン風ってこんな感じのポーズですかね。

 

[amazon]

 

まあ、こういう感じの記事が出たのは初めてではありませんし、出る杭は打たれる的なものもあるかとは思います。

 

田中圭、取材で悪態ついて現場評低下中!人気が出て天狗化の噂

 

自らのデキ婚について「選択肢はいろいろあった」なんて言ってバッシングを受けたこともありますし。

 

最低!田中圭の大失言でブレイクは一瞬で終了か

 

ただ一方で、こんな業界の話も。

 

[以下引用]

「とある撮影現場で田中さんと一緒だったんですが、カメラが向けられている時はちゃんとしていますが、一旦オフになると完全に笑顔もなく、疲れ切っている様子なんです。元々すごく明るいタイプで、現場のムードメイカーのような存在だったのに、今はその欠片も見られない。ちょっと過労気味なのではないかと心配されています」(制作会社スタッフ) 

[サイゾー]

 

昨年末あたり、田中さんは自分の天狗評を知っていて、「僕は何も変わっていませんので、上からガンガン言っていただけますと助かります」とコメントしていました。

 

まあどっちが正しいのかわかりませんが、なかなかこういうふうに言える人っていないかなと。

 

本当にいけ好かない感じなら自然と消えていくのでしょう。

 

◆田中圭に神童と呼ばれた過去

そこから一転したのは…→ geinou ranking geinou reading

そこから一転したのは…→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※田中圭さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 3123