タグ:新垣結衣の記事一覧

タグ:新垣結衣
新垣結衣さえも潰された!人気女優を次々と潰す日テレドラマ 

新垣結衣さんと松田龍平さんのW主演ドラマ『獣になれない私たち』の最終回視聴率が8.3%、全話平均視聴率が8.8%と爆死し、日テレのドラマ制作能力に疑問の声が上がっています。

 

 

 

 

『獣になれない私たち』は2016年に話題になり視聴率も右肩上がりだったTBSのドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子さんと主演・新垣結衣さんの再タッグということで注目を集めました。

 

さらに、共演者に今年『おっさんずラブ』で大ブレイクした田中圭さんの他、菊地凛子さんや黒木華さん、松田龍平さんなど豪華で、今クールのドラマで上位に入ること間違いなしと見られていました。

 

しかし始まってみれば全くの大外れで、初回こそ11.5%とそこそこでしたが、それ以降は第6話の10.0%以外は一桁の連続。その後2ケタ視聴率なし。6.7%で最低視聴率を記録した第4話はプロ野球の延長の影響があると思われるものの、最終回も8.3%止まりという寂しさでした。

 

[以下引用]

「暗い脚本の問題が根本にあると思いますが、そのせいでガッキーも疲れ切り、暗い雰囲気で魅力がありません。『ガッキーの持ち腐れ』ということではないでしょうか」(記者)

 

視聴者からは「ドラマが非現実なのにパワハラだけリアルでいやだ」と内容への拒否反応も見られる。

 

前クールの石原さとみ主演『高嶺の花』も評判は低いまま終了している。日テレドラマが最近不調とはよく聞く話ではあるが……。

 

石原さとみ、新垣結衣と2人の超人気女優の「汚点」を作ってしまった日テレ。今後はドラマ製作の能力が問われそうだ。

[エンタメガ]

 

そもそも、新垣さんと野木さんの再タッグと言っても、『逃げるは恥だが役に立つ』はTBSのドラマでした。

 

『逃げ恥』はマンガ原作で『けもなれ』は野木さんのオリジナルというところが勝負しているとは言えるものの、他局でヒットした組み合わせを持ってきて成功を目論むなんて、なんだかなあという印象です。

 

そしてそのオリジナルの内容は、「獣になれない人」、つまり、感情のままに生きられない人、はっきりと物事を言えない人、空気を読み過ぎる人などを描いており、人物像的には割とリアルではありますが、主要登場人物がほぼ皆そんな人ばかりでは見る方はスッキリしないどころかイライラが募り、最終話、最後の最後でやっとそれぞれが少し成長を見せスッキリする、という話を全10話掛けて放送することにするのは、ちょっとセンスなかったかなあと。

 

TBSの日曜劇場で定番になりつつある『半沢直樹』的勧善懲悪展開も、全10話を5話ずつに分け、さらにちょこちょこと「ざまあみろ」みたいな展開を仕込んでいるからまだ見続けることができるんであって、10話全部ゴニョゴニョしていたら誰も観たくないですよね。

 

ドラマがコケるとまず主演が責められますが、今回新垣さんや松田さんを責める声があまりないのは、やはりこの内容があまりにひどかったからなのでしょう。

 

特に連ドラは、第一話はキャストの魅力で視聴者を集め、第二話以降は内容で視聴者を集めると言われており、第一話は11%を超えていますし、キャストは責任を果たしていると言えるのでは。

 

フジテレビも、三冠続きの後、韓流ブーム捏造でバッシングされていた頃は、何が面白くて何が良いものかわからず、上層部も保守的で新しいことができず転落していったと言われています。

 

フジテレビの次にトップに立った日テレも、同じ道を歩んでいるような気がします。

 

◆え!新垣結衣の顔が…!!!

ガッキーに囁かれる疑惑→ geinou ranking geinou reading

ガッキーに囁かれる疑惑→ geinou reading geinou ranking

 

※こっちのほうがやっぱり面白い

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※星野源さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

新垣結衣&星野源『逃げ恥』続編が決定的に!?原作漫画の連載再開でラブコール多数も「困難」な理由

2016年に放送され大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の原作漫画が来年1月から連載再開されることが発表され、ドラマも続編が放送されるのではないかと話題になっています。

 

※初回視聴率10.2%→最終話は20.8%。恋ダンスも流行りました。

 

 

ドラマは「職ナシ・彼氏ナシ・居場所ナシ」の主人公・みくりが、恋愛経験ナシのサラリーマン・津崎平匡と「仕事」として契約結婚し、一緒に暮らすうちに恋愛感情が芽生えて…というところで終わりましたが、続編では正式に結婚した2人のその後が描かれるということで、すでに原作ファンからは歓喜の声が続出しています。

 

大人気ドラマの宿命というのか、放送直後から続編の噂が絶えなかった『逃げ恥』ですが、ドラマオリジナルの続編ではなく、原作漫画自体が連載を再開したととなれば続編も現実味が帯びてくるというものですが…

 

[以下引用]

現状、超えるべきハードルは少なくない。新垣も星野も、今や芸能界でも最上位クラスの売れっ子で、2人のスケジュールを押さえるのは困難に違いない。

 

「最近まで、最終的に『デマ』であることがわかりましたが、2人には『交際・同棲説』が出ていました。再度の共演で今度こそ交際……となれば別ですが、基本的にあらぬウワサがまた立つのも避けたいという気持ちもあるかもしれません。続編はそうそう簡単ではなさそうですよ」(同)

 

多くの視聴者が求める続編だが、そういえば『半沢直樹』もいつまで経っても続編をやらない。大ブレイクしたドラマの「予定されていない続き」をやるのは、並大抵ではないということか。

[ギャンブルジャーナル]

 

もしも続編をするとしても相当先でしょうね。

 

原作漫画の終了は必須条件ではないにしても、連載再開が来年1月ならある程度まとまった内容になるにはそれなりの期間が必要でしょうし。

 

新垣さんレベルの多忙な女優さんだと、連ドラの打診はぼんやりした形でも2年くらい前から持ち込まれると、先日出演した『ナカイの窓』でも明かしていました。

 

なので、あるとしてせいぜいスペシャルドラマくらいなのでは。

 

もし、新垣さんや星野さんのスケジュールが無理となれば、その他の出演者のスピンオフのような形で話題を引っ張るというのもアリかもしれません。

 

いずれにせよ、テレビ局にとって高視聴率ドラマはドル箱のような存在だとしても、主演級の俳優陣にとってはギャラがいきなり高額になるわけでもないですし、コケた場合のリスクや役のイメージが付き過ぎることによるマイナス面の方が大きいとも。

 

「半沢直樹」も「逃げ恥」も、実現するのは難しいような気がします。

 

◆続編が見たいドラマランキング!

 意外なあのドラマも…→ geinou ranking geinou reading

 意外なあのドラマも…→ geinou reading geinou ranking

 

※そんなに続編を作りたいなら、最初からシリーズ物として作りなさい。

ope.1

ope.1

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※新垣結衣さん、星野源さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

新垣結衣に不倫疑惑!それを追ったマスコミが棚ぼたでスクープしたのが…

先日田中圭さんの賭け麻雀と内田理央さんとの密会がスクープされましたが、これは田中さんと新垣結衣さんの不倫情報のウラを取るために取材していた女性セブンの棚ぼた写真だったんだとか。

 

 

 

 

新垣結衣と田中圭に不倫疑惑?

 

[以下引用]

「田中は既婚者だが、過去には合コンでグラドルを口説いていたことや、先日放送されたバラエティ番組でも、妻の妊娠が判明した際に『もっとモテたいし、もっと遊びたいし』との葛藤があったことを明かし、女性視聴者から“クズ認定”されています。実は『女性セブン』の記者は、放送中のドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)で共演中の新垣結衣との不倫情報を得て張り込みをしていた。すると、思いがけず、賭け麻雀&内田との密会現場に至ったようです」(週刊誌記者)

[サイゾー]

 

いやーどうなんでしょうね。

 

どちらかというと、もともと違法賭博疑惑のある田中さんを追っていたら棚ぼた的に内田理央さんとの密会が撮れたんじゃないかと思ったのですが。

 

今年夏頃から最近ブレイクした人気イケメン俳優Xが違法賭博で警察の捜査対象になっているという記事が出ていましたが、その特徴が田中さんにピッタリ合致していると噂が出ていたところでした。

 →人気イケメン俳優Xは田中圭か

 

田中さんは『おっさんずラブ』でブレイクし日経トレンディの「今年の顔」に選ばれるくら注目されていますし、新垣さんがどうの関係なく、疑惑の真相を含めてマスコミのチェック対象になっていてもおかしくなかったと思います。

 

ただ、新垣さんは年上の人気俳優Xとの交際が噂されており、いくつか週刊誌が追っているというネット記事もありました。

 

それが田中さんのことだったとしたらびっくりです。

 

錦戸亮さんと交際していたことがあることを思うと、相手の男性にはそれほど多くを求めないタイプなのかなとは思いますが、わざわざ既婚者へいくのかなと。

 

ちなみに新垣さんはずっと星野源さんと交際疑惑がありましたが、最近は同じ『獣になれない私たち』で共演する松田龍平さんとの噂もあり、『獣になれない私たち』の不調をスキャンダルで盛り上げようとしていたのかなという気も。

 

 

田中圭のスキャンダルで消えたもの

 

田中さんの今回のスキャンダルにより『おっさんずラブ』の続編は流れる可能性が高くなったとか。

 

[以下引用]

「テレビ朝日の社長も定例会見で続編を示唆していましたが、賭け麻雀は違法行為に当たるため、俳優業は当面謹慎となる可能性も。内田は報道について『ご近所会で、仲間であり、良い先輩』と釈明していますが、世間には“アヤシイ関係”だとインプットされてしまったため、共演させづらくなった」(芸能記者)

[サイゾー]

 

『おっさんずラブ』は一応完結してたので、続編と言われてもピンと来ませんが、スペシャルドラマくらいはできたかもしれませんね。

 

田中さんは2011年から2018年に放送された32クール中28クールのドラマに出演しているほどの人気俳優ですが、違法賭博疑惑が浮上し決まりかけていた映画の主演が流れたという話もありました。

 

ここで本当に違法賭博で捕まったりしたらせっかくの人気俳優の座から転落間違いなしです。

 

親友が未成年スキャンダルで芸能界を引退した小出恵介さんだとも報じられており、ダメな方へ転がりそうな要素がチラチラとありますが、なんとか踏ん張ってほしいものです。

 

◆人気はあるけど嫌われてもいる…

田中圭の現実→ geinou ranking geinou reading

田中圭の現実→ geinou reading geinou ranking

 

※星野源さんとは本当に付き合っていたの?

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※田中圭さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

こんなに変わってた!新垣結衣の整形疑惑が再燃中。そしてそれを批判されない不思議

芸能界には整形を噂され、それを揶揄されている人が数多くいますが、中には明らかに顔が変わったのにまるで批判されない稀有な人がいます。

 

それが新垣結衣さんだとか。

 

※これもガッキー。

 

[以下引用]

新垣結衣は以前『爆! 爆! 爆笑問題』(TBS 系)という番組で幼少期の写真を公開したことがあるが、子供時代から可愛らしいものの、歯並びが悪くしたアゴが前に出た受け口状態だったため、歯列矯正は10代で完了したのだろう。口を横に大きく開いて綺麗な歯並びが覗く“ガッキースマイル”は彼女のチャームポイントだが、その笑顔が完璧なのは、噛み合わせの良い口腔環境があればこそ。歯列矯正の重要性がよく分かる。

 

しかしそれだけではなく、10代でデビューした当時とブレイクしたハイティーン時代とでは雰囲気の違いも歴然。小中学生向け雑誌「nicola」(新潮社)でモデル(ニコモ)をしていた頃も確かに可愛らしく、女児読者の支持を集める人気モデルだった新垣結衣だが、中学時代まではまだあどけなさが強く、垢抜けなかった。「今のガッキー」になったのは高校進学後で、特に腫れぼったかった奥二重がすっきりして末広がりの平行二重になったことは小さいけれど印象を大きく変える変化だっただろう。

 

最近では“鼻”にも手を入れているのでは? という疑惑がネット上で議論にもなっていた。今年は出演映画『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』が公開されたが、これに伴いテレビではドラマ版を再放送、2008年のシーズン1と現在とを比較すると鼻筋がだいぶ違う、と指摘されたのだ。2008年の時点では“団子鼻”に見えるが、今の新垣結衣は鼻筋が通っておりシュッとしている。しかしネット世論は基本的に親ガッキー派であり、「大人になって顔が少し変わっただけ」「化粧の差でしょ」とガッキーを肯定する声がほとんどだ。

[メッシー]

 

これが爆笑問題の番組で公開した幼少期。

 

 

 

これがモデル時代です。

 

 

 

そして鼻の比較画像です。

 

 

歯列矯正は審美的な意味合いだけでなくかみ合わせが悪いと咀嚼や発音にも影響しますし、治療は必要なことだったのでしょう。

 

眉をナチュラルな形に整えるようにしたのは大正解です。眉が大事なのを再認識しました。

 

[Amazon]

 

しかしやっぱり、顔、違いますね。

 

目はアイパッチでクセをつけていたら変わる、大人になって肉が落ちると変わるという話もありますし、メイクの影響も大きい部分ですが、鼻はどうでしょう。幼少時代からの変化であれば「成長」もあると思うのですが、『コード・ブルー』の画像比較ではちょっと厳しいですね。

 

批判の声が上がらないのは、新垣さん自身の好感度の高さもあるでしょうが、ブレークする前に変えていること、そしてその変化がわずかでわざとらしくないために、整形自体に気づかないというのもあるかもしれません。

 

芸能人の中にはあまりに顔が変わっていて他人事ながらその後が大丈夫か心配になるレベルになる人もいますし。

 

◆整形失敗・成功だと思う芸能人まとめ

え、この人も!?→ geinou reading geinou ranking

え、この人も!?→ geinou ranking geinou reading

 

あとは、「かわいいは正義」という話も…。

 

 

そもそもベースが整っていないと少々手を加えても、という話もあります。

 

韓国では芸能人としてデビューする必須条件が手足が長く骨格が整っていることだという話を聞いたことがあります。

 

骨以外は全部直せると、そういうことなのでしょうが、あんまり人工的だといろんな意味で不安になるのも事実。

 

新垣さんはこれ以上変化することなく、歳を重ねていってほしいものです。

 

◆天然美人と整形美人の違い

いろいろ納得→ geinou reading geinou ranking

いろいろ納得→ geinou ranking geinou reading

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※浜崎あゆみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング