タグ:新井浩文の記事一覧

タグ:新井浩文
新井浩文、自ら犯罪を証明していた!事後の5万円手渡し、破格の示談金は合意のなかった証拠

[スポンサーリンク]

 

今年始めに派遣型マッサージの女性に対する暴力事件で逮捕されていた元俳優の新井浩文(本名・朴慶培)被告の公判が始まり、新井被告は合意を主張していますが、原告側が事後5万円手渡しされていたこと、2000万円の示談金を拒否したことが明らかになり、ネットの声は「合意なんてないじゃないか」となっています。

 

 

 

 

 

「悪いことしちゃったね、これお詫び」と5万円渡した新井浩文

 

[以下引用]

派遣マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われた元俳優の新井浩文(本名・朴慶培)被告(40)は2日、東京地裁(滝岡俊文裁判長)の初公判で「暴力は一切やっていません。同意があったと思っています」と無罪を主張した。一方で新井被告は“丸裸”にされた。

 

被害女性の証人尋問では生々しい行為が明らかになり、直後に5万円を手渡し、示談金2000万円を提示したことも判明。示談金を拒否した被害女性は「合意はしていません。刑務所に入って反省してほしい」と語った。新井被告は黒のスーツに黒のネクタイで現れた。「本当にすみませんでした」と女性に謝罪し、頭を下げた。ただ、罪状認否では無罪を主張。弁護側も暴行と脅迫はなく、合意があると誤解して行為に及んだとして「強制性交罪は成立しない」とした。

[中日スポーツ]

 

 

裁判の詳報を見ると、新井被告は事後「悪いことしちゃったね。これ、おわび」と言ってお財布を渡してきて、女性は拒んだものの押し問答になり、気づいたらかばんにお金が入っていたそう。返すとまた押し問答が始まる、とにかくこの場から離れたいと思い、そのまま帰宅したんだとか。

 

そしてお金を渡してきたことについて「お金で解決しようとしている。お金で何もかも解決できると思っているとすごく悔しかったです」と話しています。

 

新井被告にしたって、お金を渡したということは、合意の認識はなかったか、お金で相手してもらったことにしたかったか。

 

もしかすると、ここでお金を渡せたから「合意があった」と考えることにしたのかも。

 

女性は当初警察に届け出ることに迷いがあったものの、「何もなかったことにしたくなかった」と、被害届を出しています。

 

裁判の詳報を見ると、本当に細かくて、女性が答えられない質問もあり、それでも必死だったらこうなるんじゃないかと、そういう状況がリアルに伝わりました。

 

 

 

示談金は当初1000万円。断ると2000万円を提示された

 

[スポンサーリンク]

 

5万円を「悪いことしちゃったね、これ、おわび」とお金を渡されたのは新井被告にも罪悪感があったからだと思われますが、2人しかいない密室での出来事ですから、それを証明するのは非常に難しいことです。

 

実際、弁護士は被害者の供述調書と裁判のときの供述の違いや、「記憶があいまい」という点を何度も突いていますし、新井被告は終始声が小さく拒絶されているとは思わなかったとも述べています。

 

当時お酒を飲んでいた加害者新井被告と、辛い当時のことを思い出したくないのが当たり前の被害者と、どっちの言葉が信じられるかということですが、2000万円の示談金を拒否されたということからも、女性側の相当な怒りを感じます。

 

この示談金、当初は1000万円、断ると次に2000万円が提示されたんだとか。

 

通常は200万〜300万円が相場だというのに最初から1000万円とは、相当ヤバいと思ったから、なんじゃないでしょうかね。

 

つまりここでも自分のやったことが同意じゃないと認めているようなものです。

 

2000万円というと、偶然でしょうがデヴィ夫人と神田うのさんというセレブなお二人が、示談金をケチらずに(意訳)2000万円くらい出していれば、こんなにオオゴトにならなかったのに、といった意味のコメントをしていたことが思い出されます。

 

 

ズレすぎデヴィ夫人と神田うの。女性に暴行した新井浩文に「2000万円でも円満解決すればよかった」「見せしめみたい」

 

2000万円というのは、セレブなお二人でもそのくらい貰えれば口をつぐんだと思えるような十分な金額ということ。

 

法律サイトによると、示談成立による被害者側の利点は、改めて損害賠償請求のために民事裁判を起こす必要がなくなるので、請求手続きにかかる費用と手間を省くことが可能になることだそう。

 

つまり、示談を拒否してもその後民事裁判すればいくらかは手にすることができますが、刑事裁判で本当にプライバシーが守られるのか不安な中、当時の詳細を掘り返すのも辛いでしょうし、民事裁判にかかる費用と手間を考えれば2000万円まで手にすることはできない、それなら示談で終わらせてしまったほうが…と流れても仕方ないのに、それを拒否したんです。

 

その意味をしっかり受け止めてほしいものですね。

 

◆そういえば前もおかしなことを言っていた

デヴィ夫人→ geinou ranking geinou reading

デヴィ夫人→ geinou reading geinou ranking

 

 

新井浩文の弁護人は無罪請負人・趙誠峰氏

 

[スポンサーリンク]

 

今回新井被告には4人も弁護士がついており、そのうちの一人の趙誠峰氏は無罪請負人と呼ばれているんだそう。

 

「刑事裁判は99.9%有罪になる」がテーマだった松本潤さん主演のドラマ『99.9』がありましたが、そんな話もなんのその、この趙氏は無罪判決7件の実績があり、その7件のうち、控訴審での逆転無罪が3件という粘り腰が特徴だとか。

 

ちなみに名前からもわかる通り在日コリアン弁護士協会会員だとのこと。

 

新井被告は在日朝鮮人三世でしたが2005年に韓国籍に変更しています。

 

もう芸能人ではなく今後の復帰の芽もないのにこんな有能そうな弁護士が新井被告につくとは、なにか繋がりがあってのことなんでしょうが、正直やめてほしい…

 

◆似た犯罪で芸能界を引退した小出恵介の共演者の行く末にドン引き

ゲスノートばりの壮絶さ→ geinou ranking geinou reading

ゲスノートばりの壮絶さ→ geinou reading geinou ranking

 

※映画の公開、決まりました

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ムロツヨシさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

懲役5年以上の実刑判決確定か。新井浩文示談交渉難航で「自業自得」の声

[スポンサーリンク]

 

昨年7月に自宅へ派遣されたマッサージ店店員女性に対して起こしていた暴行事件で逮捕・起訴された新井浩文被告の初公判が9月2日に東京地裁で開かれることになりました。

 

初公判が2月の逮捕から7ヶ月後という異例の遅さは、相手女性との示談交渉が難航しているためだといいます。

 

 

※これ以外言葉はないけど

 

 

新井被告の示談交渉が未だ難航している理由

 

[以下引用]

新井被告は今年2月1日に逮捕されていたが、記事によると、初公判まで7ヵ月かかった理由は被害者との示談交渉が難航したため。現在も、示談は成立しておらず、今後も交渉を継続する意向だという。

 

また、新井被告が事件の数日後に、賃貸の自宅マンションを引き払ったそうで、現在は、都内のホテルを点々としながら、迷惑をかけた俳優仲間・監督・関係者らに謝罪行脚をしているという。

 

「かなりの高級マンションだったが、相手側が示談金をかなりふっかけているようで、また損害賠償で支払う金を捻出するために自宅を売り払ってしまったようだ」(映画業界関係者)

[週刊実話]

 

示談交渉が難航していると初公判が遅れる?

 

仕組みがよくわからないのですが。

 

例えば交通事故での示談交渉であれば、車の修理などどうしても費用が発生するものがあり、それに対する過失割合の交渉がうまくいってないと裁判も進まないし、みたいなことがあるのかなと、一応想像できます。

 

が、今回問われているのは強制性交等罪です。

 

司法の手に委ねることもできますが、示談という手段もありますよ、くらいのものじゃないんですかね。

 

で、今回は相手方が司法の手に委ねることを希望していると。

 

それが相手側が示談金を釣り上げようとしてるためになかなか成立しない、みたいなこの言いっぷりは、正直不快です。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

新井被告の事件が美人局じゃないと思われる理由

 

こういった事件はすぐに美人局が疑われ、新井被告の件もそうでした。

 

 

「新井浩文は恐喝されていた」という疑惑。示談交渉を断っているのに…?

 

実際、芸能人はそういうのに引っかかるケースが多いんでしょうし、新井被告の場合は逮捕の数ヶ月前から実話誌に「アウトレイジ出演俳優が女性への暴行で逮捕間近」という記事が、かなり具体的な特徴を示して報じられていました。

 

 

新井浩文に逮捕状!女性への暴行容疑のアウトレイジ出演中堅俳優Zはやっぱり…

 

その情報源がどこなのか、と考えると、確かに怪しい部分はあります。

 

が、被害女性は「お金の問題ではない」と裁判での厳正な裁きを望んでいると、新井被告の逮捕当時に報じられていました。

 

この事件の場合、示談金の相場は50万から300万ほどです。芸能人相手にそれを釣り上げようと思えば可能なんでしょうけど、それだって期間に限界はあります。

 

法律サイトによると、示談成立による被害者側の利点は、改めて損害賠償請求のために民事裁判を起こす必要がなくなるので、請求手続きにかかる費用と手間を省くことが可能になることだそう。

 

お金が目的の美人局なのであれば、少しでも簡単にお金が手に入る示談で解決しようとするんじゃないでしょうか。

 

そもそもこういった事件の原告になるのは女性にとってかなりのストレスだといい、そういう意味でも示談で終わらせたほうが被害者にとってもラクなのに、あえて厳しい方法をとっているのに、未だに「示談金を釣り上げてる」なんて言われるなんて。

 

ちなみに新井被告の問われている強制性交等罪は刑法上最も重い性犯罪に位置付けられているため、このままだと、新井被告はかなり重い判決が下されると見られています。

 

週刊実話には司法担当記者の「準強姦容疑で逮捕・起訴された柔道の五輪金メダリスト・内柴正人は懲役5年の実刑判決を言い渡され収監されましたが、内柴よりも重い刑を下されてもおかしくないでしょう」というコメントがありました。

 

新井被告はこの件が初犯というわけでもないとも報じられています。

 

このまま不起訴になってしまったらまた同じことが繰り返されないとも限りませんし、その辺りの真相究明もしっかりしてほしいものです。

 

◆新井被告の迷惑発言「歴代彼女全員と週刊誌に撮られた」と明言

 歴代彼女はこの人達→ geinou ranking geinou reading

 歴代彼女はこの人達→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※小出恵介さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

これはヤバイ…!「次の新井浩文は田中圭」と業界で噂。その理由と影響

[スポンサーリンク]

 

新井浩文容疑者が起訴され、刑事事件であることからまず有罪判決が出ると見られていますが、そんな中「第二の新井浩文」として田中圭さんの名前が上がっています。

 

 

※やっとブレークしたのに。

 

大器晩成俳優Tについて

 

[以下引用]

2018年の春に放送した連続ドラマで一躍時の人となり、今や雑誌にテレビと大活躍しています。人知れず、そして真面目に数多くの役をこなしてきた俳優が評価されるというのは端から見ていても嬉しいことではありますが、しかし残念なことに彼にまつわる噂話は褒められたものではありません。彼のプライベートをよく知るという業界関係者に話を伺いました。

 

「彼は番組での共演がきっかけで、2011年に女優Sと結婚しました。当時聞いた話では、いわゆるデキ婚だったそうです。現在は二児のパパですが、仕事が忙しすぎて家事と子育ては奥さんに任せっきりとか。で、結構見た目は実直でしっかり者な印象がありますけど、実は酒も好きだし女も大好き。忙しい合間を縫って、合コンしまくってるという話です」(芸能関係者)

[TABLO]

 

引用元によると、Tは20年近くのキャリアがあるとのこと。

 

また、2015年にグラドルと合コンしお持ち帰りしようとしたものの失敗に終わったという記事がフライデーに載ったことがあり、それを機に妻が子連れで家出したそう。その後次女が誕生し関係は修復されたものの、浮気未遂報道以来妻は疑心暗鬼でブレークした今もモヤモヤしてるそう。

 

ということで、俳優Tは田中圭さんでしょうね。

 

長年脇役で活躍してきましたし、2011年に女優のさくらさんとデキ婚し、2016年に次女が誕生しています。

 

デキ婚は当時から報じられていましたが、昨年出演したバラエティで「デキ婚だったのでいろんな選択肢があった」と暗に中絶や妊娠したさくらさんとの別れの可能性も示唆しバッシングされていました。

 →田中圭の最低発言でブレーク終了か

 

そんな俳優Tこと田中さんには業界で「第二の新井浩文」と噂されているんだとか。

 

◆別の俳優Tの人気急落は熱愛発覚が原因?

いいえ、その服です→ geinou ranking geinou reading

いいえ、その服です→ geinou reading geinou ranking

 

※さくらさんと田中圭さんの出会いとなったドラマ

[Amazon]

 

「第二の新井浩文」が心配される理由

 

[以下引用]

「火遊びで済めばいいんですけどね」と笑うのは、ドラマ関係者。

 

「新井浩文の一件があってから、業界全体がナーバスになってます。問題を起こされでもしたら作品自体が飛んでしまうし、違約金の問題なども出てきますからね。まして、今の世の中は女性問題や不倫にとても厳しい。一度そういった問題で評判が落ちてしまうと、なかなか再浮上するのは難しい現実もあります。俳優Tは人懐っこいし気配りのできる男ですが、一言で言えば根っからの遊び人なんですよ。だから我々の業界では〝第二の新井になるのではないか〟と懸念されています。

一気に売れっ子になると、過去の女性問題をほじくり返されたり、または元カノが思い出を週刊誌に売ったりなど、何かとターゲットになりやすい。そこが一番怖いところですよね。あともう一つ、彼は酒癖も良い方ではないので、僕はちょっとそっちの方でも心配してます」(ドラマ制作関係者)

[TABLO]

 

田中さんは確かに大ブレークは昨年の『おっさんずラブ』ですが、その前から出ずっぱりで出演作の多さは相当なものです。出世作『おっさんずラブ』の続編や映画も控えており、何かあったら損害賠償の額は小出恵介さんや新井浩文さんの比ではなさそう。

 

田中さんにはもう一つ「違法カジノ」というアキレス腱があります。

 

昨年夏ごろから何度となく「違法カジノ通いの人気俳優X」「逮捕が怖くて主演映画ボツに」という記事が出ていました。

 →闇カジノ疑惑の人気俳優Xは現在3つのドラマに出演中

 

匿名記事でしたが示された条件から「田中圭?」と疑惑が浮上していたところに、安いレートではありますが実際に賭けマージャンをしているところが報じられました。同時に女優と密会報道もあったので、一気に「カジノ疑惑」「不倫疑惑」が浮上したことに。

 →闇カジノの人気俳優Xは田中圭だった?

 

 

このままでは終わらなそうな田中圭

 

田中さんには加えてブレークした俳優の洗礼とも言える「天狗報道」も複数出ており、なんとも厳しい風が吹いているのは事実です。

 →田中圭、取材で悪態づいて現場評急落

 

けれども田中さんはそんな自分に厳しい風を放置せず、先日参加した授賞式で「1つだけ言っておきたいことありまして…」と珍しい「釈明」をしました。

 

[以下引用]

「去年、ブレークとかすごい言われるようになりまして。自分的には何も変わったつもりはないと仕事をやってきたつもりだったんですが…」と切り出し、自身にかけられた“誤解”を解こうと試みる姿が見られた。

 

田中は年始に携帯電話のデータが消えてしまったことを説明。その後、仲の良いプロデューサーの連絡先を人づてに聞き、そのプロデューサーに連絡してみたところ、「売れたら態度変わるんだな」と言われてしまったとのこと。

 

その言葉を受けて、田中は「俺もやっぱそういう風に見られているんだな」と大分落ち込んだことを明かしている。

 

そのうえで「僕は何も変わっていませんので、上からガンガン言っていただけますと助かります」と報道陣に向けてアピール。思いもしない田中からの言葉に一瞬会場の空気は静まりかえり、田中も「若干、スベッたみたいになってますけど」と困惑する一幕が見られた。

[アサジョ]

 

今回のように「次は田中圭が危ない」という記事が出るのは初めてではなく、加えて天狗報道まで出ては仕事に影響が出そうですし、田中さんも必死かもしれません。

 

どうも品行方正タイプではないのは事実なようですが、本人がこうやって自覚し軌道修正をしようとしているなら大丈夫じゃないでしょうか。

 

 

過去は変えられないので、もしも浮気相手を手酷く切り捨てた過去なんかあったりしたら売られてしまうかもしれませんが、少なくとも今後は違法カジノや浮気に走ることなく、真面目になるのでは。

 

田中さん以外の遊び人系芸能人も、万が一の場合の損害の大きさを考えれば、常識的な遊び方に変わっていくのかもしれません。

 

◆人気はあるけど嫌われてもいる…

田中圭の現実→ geinou ranking geinou reading

田中圭の現実→ geinou reading geinou ranking

 

※夏帆さんと新井浩文さんの共演作

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※田中圭さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

「新井浩文は恐喝されていた」という疑惑。示談交渉を断っているのに…?

スポニチアネックスの「覆面座談会」で新井浩文容疑者の女性への暴行事件は半グレが絡む美人局疑惑が囁かれていたことが話題になっています。

 

 

 

 

新井浩文は美人局の被害者!?

 

[以下引用]

『スポニチアネックス』が強制性交で逮捕された新井浩文容疑者についての「裏情報」を2月11日に配信し、話題を呼んでいる。

 

「記事は芸能関係者らによる『覆面座談会』で構成されているのですが、その中で登場するワイドデスクが、『今回の事件に“半グレ”が絡んでいるとの情報もある』と言及。このデスクは『事件の根は深い』とし、まだ表沙汰になっていない“何か”があることを匂わせていました」(芸能記者)

 

確かに、今回の事件は昨年7月に事件が起きて、女性が被害届を提出したのが翌8月。そして逮捕まで半年も時間がかかっている。また昨年10月には、一部アウトロー雑誌が「アウトレイジ出演俳優が逮捕か」と一早くスクープしていたのも興味深い。週刊誌デスクが語る。

 

「半グレの存在は、以前から芸能関係者の間で噂されていました。なんでも、被害者女性の“彼氏”と名乗る人物が新井容疑者に被害届を提出しないことを条件に高額の慰謝料を請求したというもの。しかし、新井容疑者が拒否したことで、その人物は女性に被害届を提出させてビビらせてから改めて示談交渉を進めようとした。ところが、17年の法改正で強制性交が親告罪ではなくなったことをこの人物は知らなかったようで、結果、示談金を取りっぱぐれてしまった。そして、その腹いせに雑誌にタレ込んだというのです。もっとも真偽は定かではなく、だからといいって新井容疑者の罪が消えるわけでもありませんが…」

[エンタメガ]

 

複数のメディアが報じているところによると、新井容疑者は過去何度も似たようなことをしていたといいます。

 

つまり、その界隈では新井容疑者は派遣マッサージの女性にそういうことをする人だと知られていた可能性があります。

 

また、今回の件について新井容疑者は事務所に「合意があった」と伝えていたという話もありますから、「美人局」という言葉が出てくるのも不思議はありません。

 

早い時期から雑誌に情報が漏れていたのも不思議といえば不思議。

 

※そういえば小出恵介さんのときにも美人局疑惑が

 

 

示談交渉難航中の報道あり

 

しかし、2月6日にサンスポが新井容疑者と被害者の間で示談が難航していることを報じているように、この犯罪は確かに2017年から非親告罪にはなりましたが、逮捕後も示談は可能なんですよね。

 

逮捕前に示談できれば「何もなかったこと」にできましたが、逮捕後でも、起訴が確定するまでの最大23日の間に示談交渉が成立すれば不起訴になる可能性が高まります。

 

この事件の場合、示談金の相場は50万から300万ほど。起訴されればほぼ有罪となる刑事事件ですから、不起訴になる可能性は最後まで捨てたくないでしょうし、加害者である新井容疑者サイドは必死で示談交渉しているのではないでしょうか。

 

しかし被害女性は「お金の問題ではない」と裁判での厳正な裁きを望んでいるといいます。

 

法律サイトによると、示談成立による被害者側の利点は、改めて損害賠償請求のために民事裁判を起こす必要がなくなるので、請求手続きにかかる費用と手間を省くことが可能になることだそう。

 

お金が目的の美人局なのであれば、少しでも簡単にお金が手に入る示談で解決しようとするんじゃないでしょうか。

 

ということで、個人的には今回の新井容疑者の事件は美人局は関係ないように思います。

 

目的が「お金と新井浩文の没落」という美人局なのであれば、アリかもしれませんけどね。

 

ただ、高畑裕太さんの事件は、被害女性が暴力団関係者と縁があると報じる週刊誌もありましたし、小出恵介さんの件もなかなかでした。

 →高畑裕太、被害女性に暴力団関係者の影

 →小出恵介「すべてあの女のせい」

 

これまでの事件がどうだったかはともかくとして、これらの事件をヒントに良からぬことを企む人が増えることもありえます。

 

過去数人、マッサージの女性に対する不適切な行為を報じられた芸能人がいますが、そういう行為は美人局のスキになりやすいということをしっかり理解して、今後は行動を自制したほうがいいでしょうね。

 

◆あれ、これ正常?

小出恵介の卒アル→ geinou ranking geinou reading

小出恵介の卒アル→ geinou reading geinou ranking

 

 

※高畑裕太さんも遺品整理のバイトをしてるとか

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※新井浩文さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング