タグ:市川海老蔵の記事一覧

タグ:市川海老蔵
トラブルの予感…小林麻耶の結婚相手があまりに謎すぎて飛び交う不穏な噂

小林麻耶さんの結婚はマスコミも寝耳に水のまさに電撃婚であり、結婚発表後どんなに探っても相手の人物像が出てこないため、トラブルが潜んでいるんじゃないかと噂が出ています。

 

※元アナウンサーだと忘れそう

 

 

[以下引用]

こうなると、世間の祝福の声とは裏腹に不審感を持つのがマスコミの宿命。事実、麻耶取材を続けてきた某週刊誌の記者は「彼女はヨガや自己啓発にハマっていたので、そっち系で知り合った人なんじゃないか。所属事務所も市川家もこの件について頑なに口を閉ざしているのは『相手がバレたら、のちのち騒ぎになる』から。交際期間も年単位ではなく、超スピード婚である可能性が高い」と推測する。とはいえ、あくまでも推測、核心的な情報は出てきていない。

 

海老蔵も麻耶の結婚報道当日はコメントせず、二日後にようやくブログで「麻耶さんの結婚は当然おめでたいしうれしいことです」と簡潔に述べた。その理由について「あまり私から発信する事でもないかなと、少し控えていました」としているが、一部では海老蔵も母の希実子さんも面食らっているという情報もある。おめでたい話には違いないが、今後、結婚の舞台裏がわかるにつれ、騒ぎになりそうな雲行きだ。

[トカナ]

 

麻耶さんは麻央さんのこともあり日々マスコミの監視対象だったようですから、それで相手がまったく浮上しなかったということは、確かに交際単位は年単位ではなさそうです。

 

しかし本日発売の女性自身は、海老蔵さんの母希実子さんが知らなかったどころか希実子さんが率先してお見合いをセッティングしていたと報じてます。お見合いをしていたのは昨年12月から今年2月、交際期間は半年未満だとありました。

 

希実子さんは麻耶さんに対して感謝の気持ちが大きい一方で麻耶さんの幸せも望んでおり、また、たびたび出る再婚報道に困る麻耶さんと海老蔵さんのことも心配していたそう。

 

[以下引用]

「海老蔵さんの團十郎襲名は東京五輪前の19年に予定されているそうです。そうした大事な時期に麻耶さんとの関係を面白おかしく報道されることに対して、成田屋の後援者たちは当然快く思っていませんでした。海老蔵さんも麻耶さんも“再婚説”が報じられるたびに困っていて……。それを案じた希実子さんが『これ以上麻耶ちゃんを振り回すのは良くない!』と奮起したのだと思います」(梨園関係者)

 

希実子さんの努力の甲斐あって実った、麻耶のゴールイン。彼女を射止めた男性とはどのような人物なのだろうか。

 

「希実子さんは麻耶さんに“とっておきの男性”を紹介していたそうです。成田屋の後援者の子息が多く、どの男性もお金持ちで将来有望な好青年だったとか。その中から最終的に麻耶さんが選んだ人なので、最高の結婚相手だったのは言うまでもありません」(前出・市川家の知人)

[女性自身]

 

ということで、お相手は優良企業に勤める真面目な会社員だとのこと。トカナが報じた不穏の欠片もないですね。

 

麻耶さんが結婚したと発表したときにまず頭に浮かんだのが噂回避かなということでした。

 

マスコミからすれば、海老蔵さんは立場上いつかは再婚しないといけないんだから、確実に子供が懐き気心も知れている麻耶さんというのはイイじゃないか!となるのもわからないでもないですが、人には心がありますからね。

 

麻耶さんが無理矢理結婚させられたというわけでもなく、本人も隅田川花火大会の中継を二人で見たり早朝散歩を楽しみ、日常の幸せを噛み締めているとブログに書いています。良い人と出会え幸せを感じる日々を送り、噂に翻弄されることもなくなり、今後も自然に麻央さんの忘れ形見に接することができるようになるなら良かったです。

 

次は海老蔵さんの再婚報道の過熱でしょうか。

 

昨年から海老蔵さんの再婚は團十郎襲名前の必須事項だとも報じられていましたし。

 →市川海老蔵の再婚問題

 

なんとも言えません。

 

◆そういえば海老蔵ボコボコ事件の加害者の今がすごかった

うぇーこわー→ geinou reading geinou ranking

うぇーこわー→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※小林麻耶さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

早ッ!市川海老蔵が実質不倫告白か。妻の死後2ヶ月で再婚迫る梨園関係者に「付き合っている人います」…そういえば噂あった

市川海老蔵さんが梨園関係者に現在交際している相手がいると話したと女性自身が報じています。

 

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

 

[以下引用]

「8月中旬の夜10時ごろだったでしょうか。大阪市内の高級ラウンジで海老蔵さんたちをお見かけしました。『座頭市』公演で訪れたそうで役所の偉い方や後援者の方と来店。当初は女性が席についてみんなで談笑していましたが、後援者としては気になっていたのでしょう。次第に再婚話へとシフトしていきました。後援者たちは『團十郎襲名するなら奥さんがいたほうがいい』と切り出し、『麻央さんのお姉さんはどうか。子どもたちとも仲がいいみたいだし、問題ないだろう』と猛プッシュ。すると海老蔵さんは言うべきか困ったような表情をした後、『実は付き合っている人がいます』と話したんです」(目撃者 )

 

突然の告白にみな仰天して、それ以上何も言えなくなってしまったという。

[女性自身]

 

 

海老蔵さんは市川宗家当主であり、2020年の東京五輪開会式では「市川團十郎」を襲名した海老蔵さんが目玉になることは決定事項で、松竹にはその準備室もあるといいます。

 

歌舞伎は日本を代表する文化であり、海老蔵さんの成田屋はその中心ですから、それは当然の流れだと思います。

 

[楽天市場]
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

市川海老蔵 成田屋の粋と艶 (和樂ムック)

価格:2365円(税込、送料無料) (2017/10/31時点)



 

ただ、闘病の末麻央さんが亡くなったのは6月22日です。

 

それから2ヶ月経つかどうかという8月中旬に、個室ではなく一般人にも話が聞こえるような場所で再婚を勧める後援者って…と思いきや、市川家は神道式で、8月11日が五十日祭という“忌明け”だったとのこと。

 

ただし、海老蔵さんは1年喪に服すことを宣言しておりますが。

 

また、20年に團十郎を襲名するのであれば、1年前にはそれを発表し、発表の半年から1年前には襲名の是非を話し合う必要があり、襲名には妻の助けが必要である、という前提があってのことのよう。

 

それでも、せめて個室で話すべきだったと思いますが。

 

海老蔵さんの「実は付き合っている人がいます」は、本当のことなのか、それとも後援者を落ち着かせるための嘘だったのかはわかりません。

 

事実だったとしても、隠し子当たり前、女遊びは芸の肥やしの梨園ですから、もしかすると「さすが」と褒められることはあっても非難されるようなことではないのかもしれません。

 

実際、麻央さんの闘病中にも亡くなった直後にもそういう噂はありましたし。

 →週刊文春が狙っていた「不倫している歌舞伎役者」は海老蔵だった

 →市川海老蔵にもう女性の影

 

一般人の感覚としてはあり得ないですし、月命日に限らず、たびたびブログに麻央さんへの愛を綴る海老蔵さんの姿とも合いませんが、梨園の感覚的には不倫というか、側室的な存在がいて当たり前なのかもしれません。

 

いくら麻央さんが唯一無二の存在だったとしても、海老蔵さんの背負うものを思うと、麻央さん一筋というわけにいかない事情もあるのでしょう。

 

とはいえ、二人のお子さんや麻央さんの家族、そして梨園とは違う一般人の感情を思うと、海老蔵さんや歌舞伎の世界は今後厳しいかもしれません。

 

 

※麻央さん…[Amazon]

http://amzn.to/2zRUdmF

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※市川海老蔵さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

市川海老蔵が東京オリンピック開会式の主役に!小林麻央のブログが世界的に共感を呼んだことで筆頭候補に急浮上!

2020年の東京オリンピック開会式に向けて、芸能界ではジャニーズやバーニング、EXILEなどオイシイポジションをゲットしようという動きが活発化していると言われていますが、その中で一歩抜け出したのが市川海老蔵さんだといいます。

※いまだに開催反対の声は根強いです。



この記事の続きを読む

市川海老蔵、小林麻央の闘病中に密会していた疑惑が浮上!メディア側と松竹・成田屋が報道時期について折衝中

今年6月に妻・小林麻央さん(享年34)と死別した市川海老蔵さんの周辺で、キナ臭い噂が囁かれているといいます。これがもし本当なら、世間の海老蔵さんに対する見る目は一変し、非常に苦しい立場に追い込まれるのは必至と見られています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

そして、海老蔵 [ 村松友視 ]
価格:2571円(税込、送料無料) (2017/7/21時点)



この記事の続きを読む