タグ:小室哲哉の記事一覧

タグ:小室哲哉
泥沼必至!小室哲哉は介護していないと親族が暴露!嘘で不倫を正当化した会見後KEIKOとも会っていないとか

今年1月週刊文春にシングルマザーの看護師と不倫が報じられ謝罪会見を開き引退を宣言した小室哲哉さんに対し、KEIKOさんの親族が激怒していると週刊文春が報じています。

 

 

 

 

小室さんが不倫を報じられ会見を開いたのは1月19日のことでした。

 →小室哲哉がKEIKOを裏切り不倫

 

会見の中で小室さんは、2011年にKEIKOさんがくも膜下出血で倒れて以降、「女性というよりは女の子になった」「4年生のドリルをやっている」「大人の女性に対してのコミュニケーションが日に日にできなくなっている」という状況の中、介護のストレスがありA子さんが精神的な支えにはなったものの男女関係はないと不倫を否定。しかし「私の罪の償い」として自発的な音楽活動からの引退を表明していました。

 

そしてKEIKOさんとの話し合いも宣言していた小室さんですが、実際には小室さんはKEIKOさんと一度も会っておらずKEIKOさんは故郷の大分で家族と暮らし事実上の別居状態だといいます。

 

[以下引用]

KEIKOの親族が怒りを込めて口を開いた。

 

「会見には唖然としました。少なくとも、桂子(KEIKOの本名)に関する彼(小室)の話はほとんど嘘。桂子のサポートに疲れたと言っていますが、彼は介護らしいことは何もしていませんし、そもそも今の彼女は要介護者ではない。なぜあそこまで、自分の妻のプライバシーや名誉にかかわることを、あしざまに言わなくてはならないのでしょうか」

 

KEIKOと親しい地元の知人がいう。

 

「小室さんは、会見で桂子は『今は小学4年生くらいの漢字のドリルとかが楽しいみたいです』『コミュニケーションが日に日にできなくなっている』などと言っていましたが、桂子が漢字ドリルをやったのは5年以上前の話です。なぜ小室さんは、昔の桂子の姿ばかり語るのでしょうか」

[週刊文春]

 

その他、KEIKOさんが「音楽に興味がない人」になってしまったとも語っていましたが、実際には周囲に「私、歌が好き。歌っているときはいつだって楽しい」と、音楽に興味がないとは程遠い様子です。

 

小室さんはあの会見で「ちょっと疲れ果ててしまった」「音楽に向かわなきゃいけない時間が増え、ずっとKEIKOのサポートすることは不可能になり、スタッフ、ご家族の方々たちの支援がないと不可能になってきた」とも話し、世間には同情の声が生まれました。

 

また、エハラマサヒロさんは「雑誌がまた一人の天才を殺しました」、ダルビッシュ選手も「週刊誌がやっていることの8割は『人のアラを探してみんなに伝える』ことだと思う」など芸能人も発言し、週刊文春に対する批判は大きくなっていました。

 

その批判は、介護という現実があったからこそだったと思うのですが、介護らしい介護はしていないと否定され…。

 

どちらが真実かなんて到底わからないものではありますが、「なぜあそこまで、自分の妻のプライバシーや名誉にかかわることを、あしざまに言わなくてはならないのでしょうか」という親族の言葉は響きます。

 

ちなみに引退はいつなんでしょうね。

 

借金もありエイベックスは認めないなんて話もありますが、今回の暴露記事でそのあたりもはっきりすることになるのかも。

 

 

◆これはツワモノ…元ジャニタレが不倫継続を宣言!

何があったかは存じませんが…→ geinou reading geinou ranking

何があったかは存じませんが…→ geinou ranking geinou reading

 

 

※一応まとめに入ってる?

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※KEIKOさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

あびる優「私って心が広い」夫の不倫を許したことを自画自賛!

[スポンサーリンク] 『アッコにおまかせ!』に出演したあびる優さんが小室哲哉さんの不倫報道、そして引退宣言について言及、自らの経験から不倫についての考えを述べ「私は心が広い」と話しました。

 

※あびるさん?[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】コレクションカード(女性)/Oha-girl Grape トレーディング…

価格:180円(税込、送料別) (2018/1/22時点)



 

[以下引用]

あびるが「(小室は)心が疲れてたんじゃないですか?癒やされたいな、という」と見解を話すと、ミッツ・マングローブは「体の関係がなければ(不倫を)許せちゃうんですか?」と質問。あびるは「(体の関係が)あっても、それはそれで知らなくてもいい情報だったら、旦那さんのプライベートだからいいかなと思っています」と答えた。



自身の場合は、夫で格闘家・才賀紀左衛門の不倫疑惑を一部週刊誌の報道により“知ってしまった”が、「まあまあ。私って結構、心広いですよ」とコメント。あびるの言葉に共演者はざわつき、司会の和田アキ子からは「初めて聞いた!ひょっとしたら広いというよりメンタル強いと思う」と驚きの声が上がった。

[モデルプレス]

 

あびるさんは小室さんの不倫について寄り添う写真はあったものの決定的とは言えず、単に支えてほしかったのかもしれないとし、「私は心が広いので(笑)心が強いので、この1回で小室さんが不倫なんじゃないかなと決めつけるのは、どうなのかなと思った。小室さんの曲って私たちの青春じゃないですか。それで引退になっちゃうのは寂しいなっていうのはありますね。ですから心身ともに癒やしを求めていたんじゃないですか。1つ言えるのは自宅はやめてほしかった」とも述べていました。

 

まあ、自宅はやめてほしいですよね。

 

あびるさんの場合も、才賀さんは自宅へ連れ込んでいた疑惑がありましたが。

 →才賀紀左衛門はあびる優の留守に不倫相手を娘に会わせていた

 

あびるさんの「小室さんは心身ともに疲れていた」は同感ですが、でも不倫を許すことを心が広いというのもどうなでしょうね?

 

許せない人は心が狭い?心が弱い?何か違うような。

 

『アッコにおまかせ!』では和田アキ子さんが「だから介護だと思うんだけどね。私はズルいから、いいことをしたら褒めてほしいし悪いことをしたら見ないでほしい。もう小学校4年生くらいの子供として付き合うとかね。子供を一人授かったというような気持ちで見てたらね。」と、まるで他人事の発言をして批判を集めていました。

 

不倫は否定しても報道の責任をとって芸能界を引退すると表明した小室さんですが、一連の小室さんの発言を見ていると、そもそもが不倫報道がなくても近々引退するつもりだったようで、時期が少し早まっただけのように思います。

 

60歳を定年としてゆったり過ごすのは決して悪いことではないですし、これ以上加熱するのもどうかと思うのですが…

 

◆作曲つんく、編曲小室哲哉、作詞秋元康…

え、小室さんはこんなこと考えていたの?→ ranking reading

え、小室さんはこんなこと考えていたの?→ reading ranking

 

※人それぞれ、なんですね[Amazon]

http://amzn.to/2DA6Urq

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新ドラマ&映画情報はこちらからネタバレちゃんねる

※あびる優さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

小室哲哉が引退を表明!「けじめ」を強調も「逃げ」という指摘も

先日週刊文春に「ニンニク注射不倫」が報じられた小室哲哉さんが、本日会見を開き引退を宣言しました。

 

※若いー[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TK BEST SELECTION IN EPIC DAYS(CD+DVD) […

価格:3177円(税込、送料無料) (2018/1/19時点)



 

[以下引用]

音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が19日、不倫報道を受けて都内で会見を開き、引退を発表した

 

小室は「報道により、KEIKOや家族、ファンにご心配をかけ、相手にもご迷惑をかけました。お詫びをすると同時に、僕なりの騒動のけじめとして、引退を決意しました」と語った。

[シネマトゥデイ]

 

小室さんが不倫を報じられた週刊文春で直撃を受けた際、仕事について「もっと稼働率のいい作曲家の方たちもいるわけで、まあほんとにそろそろ歳なのかなと思ってますので、引き……時なのかなと思い始めています」と、すでに引退を匂わせていました。

 

実際もう実力的にしんどいと思ってたのかもしれませんね。

 

ほかには、翌年KEIKOさんがくも膜下出血で倒れてからは「女性というよりは女の子になった」「4年生のドリルをやっている」「大人の女性に対してのコミュニケーションが日に日にできなくなっている」と話していました。週刊文春でも「父性愛、肉親としての愛というのは間違いなくある。ニコニコ笑顔で出迎えてくれたら、かわいいなって思うのは当然」と話していました。

 

さらに、「ちょっと疲れ果ててしまった。3年ぐらい前にあった。僕自身は恵まれた環境で、当たり前だと思っていた仕事が当たり前じゃなくなり、日々仕事が入ってきて幸せな日々が続きました。音楽に向かわなきゃいけない時間が増え、ずっとKEIKOのサポートすることは不可能になり、スタッフ、ご家族の方々たちの支援がないと不可能になってきた」とも話していましたが、この流れだと、引退じゃなくてKEIKOさんとの離婚会見のような。

 

※今放送中の仮面ライダーにも関わっています[Amazon]

http://amzn.to/2rlVCCv

 

結局そうではなくて、騒動の責任をとって仕事を引退、ということは今後は介護に専念ということで、介護は一筋縄ではいかないということなんでしょうけど、それにしても。

 

不倫自体は否定してもこうやって引退を決めた時点で認めたようなものです。

 

ネットでは、どうせすぐ復活する、もっとなにかスゴイこと隠してるんじゃないの、けじめという名の逃げだ、といった声もあります。

 

詐欺事件で逮捕されたときにお金がすっからかんだったような気もしますし、引退してお金はどうするんだと心配にもなりますが、一般人になったと宣言すればこれ以上何か言われることもないですしね。

 

今後何か事件で名前が出ないことを祈ります。

 

◆小室哲哉ってこんな人

過去の恋愛もいろいろ→ geinou ranking geinou reading

過去の恋愛もいろいろ→ geinou reading geinou ranking

 

※追記※

小室さんはいずれにせよ年内に引退するつもりだったことも明かしています。60才で定年というのは一般的ですし、残りの人生の過ごし方を考えたときにそれを選んでいたというなら、過去が過去なだけに色々言われますが、小室さんは小室さんでKEIKOさんに真摯に向かっていたのかなと。人は変われる、ということを見せてくれているのかもしれません。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※小室哲哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

小室哲哉がKEIKOを裏切り不倫!柴咲コウ似のシングルマザーを自宅へ連れ込んでいた

小室哲哉さんが病床にいるKEIKOさんを裏切り看護師と不倫していると週刊文春が報じています。

 

※現在59才。[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小室哲哉/TETSUYA KOMURO EDM TOKYO(CD)

価格:2569円(税込、送料別) (2018/1/17時点)



 

[以下引用]
2002年にはglobeのボーカル、KEIKO(45)と結婚。だが11年、KEIKOをクモ膜下出血が襲った。以来6年、リハビリに取り組むKEIKOを小室は傍らで支え、メディアの取材にも「僕にはこの人しかいない」「彼女に寄り添いたい」と献身を語ってきた。

 

しかし、昨年末から今月にかけ、小誌は小室の“背信”現場を目撃した。

 

12月中旬にある女性宅に泊まり、1月上旬には都内の高級ホテルで密会。ふたりは夕方、腕を組み部屋を後にした。そして1月13日、KEIKOを大分の実家に帰したその日、同じ女性を自宅に入れ、一夜を共にしたのだ。

[週刊文春]

 

A子さんはシングルマザーで、柴咲コウ似の美女だとか。

 

出会いは数年前彼女が看護師として勤めていたクリニックでビタミンB1を主成分とする“ニンニク注射”を受けたときに遡り、そのうち自宅やスタジオで個別に接種を受けるようになり急接近し、いつしか男女の仲へ、とのこと。

 

A子さんの存在に、KEIKOの母親は「ショックです……」と言葉少なに語るのみで、小室さんは一緒の部屋で寝たことは認めたものの、不倫は否定したそう。

 

一緒に寝ていて不倫は否定…けっこう無理があるような。

 

小室さんは詐欺事件に関わって逮捕されたり、華原朋美さんとのいろいろでイメージダウンしていましたが、KEIKOさんが倒れて6年、真摯に支える姿勢でやっとイメージが上向きになってきたところです。

 

引退が決まっている安室奈美恵さんの新曲にも関わり、ついに再浮上かと思われたんですけどね。

 

[Amazon]

 

実際、1人でKEIKOさんを支え続けるのは難しい状況もあるかとは思いますけど、不倫相手を自宅へ連れ込むというのは、KEIKOさんへの配慮が感じられません。

 

そして「ニンニク注射」って、どうしても胡散臭さが…。

 

薬物で逮捕されたASKAさんの元主治医がニンニク注射で有名な平石氏で、今回の看護師さんとは違うクリニックで会ったようですが、小室さんも平石氏の顧客だったとは報じられています。

 

そしてこの平石氏は、ASKAさんに「アンナカ」なんていう一般的には馬に使う薬を処方したと自ら明かしたような人物で。

 →ASKA「使用したのは覚醒剤ではなくアンナカ」

 →ASKAの元主治医が自己破産

 

小室さん、大丈夫ですかね。

 

明日発売の文春には独占インタビューもあるといいますが、イメージをあげるのは難しそうです。

 

◆小室哲哉だけじゃない

昔はすごかった芸能人たち→ ranking reading

昔はすごかった芸能人たち→ reading ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※小室哲哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング