タグ:宮迫博之

[スポンサーリンク]

 

反社会的勢力に対する闇営業問題で芸能界引退と言われた雨上がり決死隊・宮迫博之さんとロンドンブーツ1号2号の田村亮さんが2時間半に及ぶ会見を開き、自らの口で状況説明をしたことで、すっかり風向きが変わっています。

 

 

 

 

会見で発覚した問題

 

2時間半という長時間、さらに会見が終わったあとも、2人は記者に真摯に対応したとのこと。

 

内容は多くの媒体でまとめてありますが、注目すべき内容はこちら。

 

吉本の情報隠蔽

吉本興業側は、宮迫さんたちがお金をもらっていた事実を6月8日には把握していたのに、6月24日まで発表していなかったこと。

 

フライデーの第一報は6月7日発売号です。

 

宮迫博之が芸能界引退へ!カラテカ・入江慎也の振り込め詐欺集団闇営業でギャラ100万!テレビ局が出演禁止へ

宮迫さんや吉本興業ががフライデーの取材を受けたのは当然それより前で、当初は自己保身と勝手な思い込みでギャラはもらってない方向で話すよう、宮迫さんが入江さんに指示したと会見で明かしています。

 

しかし亮さんの説得もあり、6月8日の時点では会社に報告し、会見を開いて説明したいと訴えていたのに吉本は「静観で」と、それをしなかった、ということでした。

 

ちなみに6月8日というと、宮迫さんがツイッターで雑な謝罪をしたと話題になった日でした。

 

宮迫博之逆ギレか。雑な「謝罪」が波紋。闇営業ギャラゼロ主張は脱税疑惑逃れか

 

 

 吉本興業の脅し

 

6月24日になり、関係者が集められ謹慎処分が伝えられたときに、亮さんが会見の必要性を訴えたところ以下のような実質的な脅しがあったとか。

 

「吉本興業の岡本昭彦社長が、そこにいた弁護士と社員に『全て(外へ)出ろ』と。僕たちと岡本社長と5人だけになりました。岡本社長がおっしゃったのは『お前ら、テープ回してないやろな』と。そんなことするわけありません。『亮、ええよ。おまえ、辞めて、一人会見したらええわ。やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにするからな』と言われました。『それでもええんやったら記者会見やれ』と。『俺にはお前ら全員クビにする力があるんだ』とそう言われて、全員、何も言えなくなりました」(宮迫さん)

 

そもそもは、最初から宮迫さんがギャラを貰っていたことを認めればよかったわけですけどね。だからこそ、吉本も対応に苦慮した部分もあるんでしょうから。

 

一方で、5年前のことを急に言われても思い出せなかったとか、自己保身が先に立ったというのも、正直なところなのでしょう。

 

これに対し亮さんは、「ファミリーというなら、僕は“子供”だと思ってます。子供が本当に謝ろうとしてるのを止めるのは親ではないと思う。不信感しかなくなってしまいました。背中を押してほしい。どうしたら謝れるか手伝ってほしかった」と号泣していましたが…

 

 

詐欺会社は吉本興業も関わるところだった

 

ギャラの話をしていたときに、亮さんがそんな大金払う会社は大丈夫なのかと心配したところ、入江さんは「僕のイベントのスポンサーについてくれている。吉本の会社を通したイベントについてくれているスポンサーなので安心です」と答えたとのこと。

 

さらに、「入江君主催ですが、吉本の社員もいて一緒にやっているイベントのスポンサーが、僕らの行ったのと同じスポンサー」だったこともあり、安心してしまったという説明も。

 

ここは、「吉本という大きな会社ですら気づけなかったというのは、一個人で判断するのは難しいと思う」と、反社会的勢力を見分ける難しさを語って自分たちを含めて会社もフォローしていましたが、可能性としては、吉本も宮迫さんたちも反社会的勢力だと分っていたけど繋がっていた、ということもありえます。

 

これは吉本にとってなかなかの爆弾でしたし、宮迫さんたちにとっても反社会的勢力との自覚ある繋がりをグレーにするための勝負となる暴露だったかなと思います。

 

 

在阪在京5局は吉本の株主だから大丈夫

 

 

「僕がすごく不信に思ったのが、『在京5社、在阪5社は吉本の株主だから、大丈夫やから』と言われました。何が大丈夫か分からないですが、(中略)もともと好きだった会社がこんな風に変わってしまったんだという思いが募っていった」(亮さん)

 

これは会見するなら生放送で、ネット配信もと訴えたときの吉本側の答えだったそう。

 

「何が大丈夫か分からない」と言っていますが、まあ、忖度してくれると、そういうことですよね。

 

事実、テレ朝は今日のこの二人の会見を配信する際、「ノーカット版」としながら「在阪在京5局は吉本の株主」の部分がカットされているのでは、と話題になっています。

 

また、TBSも「在阪在京…」の部分はカットし、安住紳一郎さんが「編集についての意見はあると思いますが…」とコメントする場面も

 

こうやって不都合なところは表に出ないようになっているんですね。特にテレビでは。

 

[スポンサーリンク]

 

変わった風向き

 

非常に中身の濃い会見でしたから、その他もいろいろと気になるところはありましたが、今風向きは変わり、吉本興業の対応はおかしい、会見すべきは吉本興業、という流れになっています。

 

この謝罪会見に関するYahooでの簡易アンケートでも、現時点では「納得いく内容だった」が78%、「どちらとも言えない・わからない」「納得いかない内容だった」がそれぞれ11%でした。

 

宮迫さんは元の印象と演技っぽい感じが感じられたり、たびたび亮さんの発言にかぶせるようなところがあったためにマイナスな印象を持ってる人も多いようですが、亮さんの様子は、これでもしも嘘を言っているならどうしたらいいのか、というくらいの「素」でした。

 

相方の田村淳さんも、「正直者で真っ直ぐな亮が戻ってきて安心しました」とツイートしていましたしね。

 

ダウンタウンの松本さんは「後輩芸人達は不安よな。松本 動きます。」とツイートし、TBS『新・情報7Days』がこれについて直撃したところ、松本は「ちょっと会社と話しようかなぁって思ってます」と回答。「記者会見を見て思ったことは?」との質問には、「ちょっと心痛いですね」と胸中を語っています。

 

また、ビートたけしさんはその『新・情報7Days』で、「涙を流して記者会見した人の芸を見て、これから誰が笑うの。それをやってしまわなきゃいけないようにした事務所、おかしいって。(略)家族がいて食えないようにした事務所は何だ。最低保障くらいしろよ」怒っていました。

 

スタートとなった宮迫さんの嘘がしょうもないのは当然なのですが、人は間違うものだとすれば、ギャラを貰ったことを明かした8日の時点で、正直にその辺りの弱さも含めて釈明し早く謹慎させていれば、時間はかかっても復帰はあったでしょうし、まだ救われたのでは。

 

本当に相手企業が反社会的勢力と知らなかった、ということが前提ですが、吉本興業は生活保護を不正受給していた次長課長河本準一さんとキングコング梶原雄太さんをクビにしなかったのに、ちょっと対応を間違えた芸人の将来を奪ったことになります。

 

その辺りの判断を誤ったために、芸人が表舞台から消え、『アメトーーク』の継続は困難な状態になっています。

 

ただ、最初にギャラを貰ってないと主張したことが信用を失わせた大きな原因であることも事実。

 

ここまできたら、宮迫さんや田村亮さんが吉本で復活することはないでしょうね。それぞれの相方と、松本人志さんの動向が気になります。

 

特に松本さんの動き方によっては、吉本が傾くかどうかくらいになるのでは。

 

◆宮迫博之、イケメン俳優に数十万たかる!?

確かにもう全く笑えないわ…→ geinou ranking geinou reading

確かにもう全く笑えないわ…→ geinou reading geinou ranking

 

※きっとさようなら

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのインスタはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]

 

昨日から騒がしくなっている雨上がり決死隊・宮迫博之さんの進退問題ですが、その原因となっているフライデーの記事内容が、ジャニーズタレントの手越祐也さんにも飛び火しそうだと話題になっています。

 

 

 

 

金塊強奪犯とのギャラ飲み疑惑

 

本日発売のフライデーが、宮迫博之さんと金塊強奪犯・野口和樹被告の親密写真を公開しました。

 

野口被告は3年前福岡で起きた金塊強奪犯の主犯として2017年5月に逮捕されており、一審では懲役9年の判決が出ているものの、事件は盗まれたと見せかけるためのヤラセで金塊のオーナーとは合意があったとして控訴中です。

 

そのためこの金塊強奪事件については刑は確定していませんが、この事件の実行犯の一人である実兄・直樹被告とともに指定暴力団六代目山口組弘道会を後ろ盾にした自動車窃盗団のリーダー格で前科3犯、地元名古屋では有名な半グレとのこと。

 

フライデーによると、そんな人物と宮迫さんは、金塊強奪事件から3週間ほど後の2016年7月27日、大阪北新地のキャバクラでそれぞれが飲んでいたところ、知人がいたようで合流、シャンパンで乾杯し談笑したあとに記念写真を撮影していたとのこと。

 

問題は、野口被告は上半身に和柄の入れ墨があり、半袖着用だったため隠せておらず、さらにもうひとり、同様の人物がいたこと。

 

さらに、宮迫さんが帰るときには同席者の一人が謝礼を渡しており、その際札を数えていた様子から金額は5~10万円ほどだったのではないかという目撃談があります。

 

お金を受け取っていたのが本当なら、偶然会ってちょっと飲んだというのではなく、いわゆる「ギャラ飲み」だった疑惑が浮上します。

 

そもそもお互いの同席者に知り合いがいたようだ、というのがまた大丈夫なのかなあという感じが。

 

 

 

NEWS手越祐也にも浮上する「ギャラ飲み」疑惑

 

フライデーは野口被告、吉本興業双方に事実確認をしていますが、野口被告の弁護士は写真が本人であることは認めつつも取材には応えられないと回答、吉本興業は無回答だったとのこと。

 

 

そのため証言が一方的な印象はありますが、それでも宮迫さんは黒に近いグレーです。

 

そしてこの金塊強奪犯というと、実行犯の一人とみなされた人のフェイスブックに手越祐也さんとの同席写真があったことが思い出されます。

 

 

ジャニーズ解雇&NEWS脱退の可能性も!手越祐也が福岡金塊強奪犯・小松崎太郎容疑者と親しく交際していた証拠写真がフェイスブックで発見されるも、事務所はノーコメント

 

実行犯の一人として逮捕され、その後嫌疑不十分で釈放されたものの、人脈黒いですからね。

 

さすがに手越さんは交友関係を否定していますが、もし今後、当時のことを証言する人が出てきたら、それが客観的なものでなくてもダメージはあります。

 

そんな手越さんは、同じフライデーに赤坂で夜遊びする姿が報じられています。

 

ジャニー喜多川さんが亡くなる前日だったということですが、問題はそれではなく、そこでも記念写真をバチバチ撮っていたとのこと。

 

ジャニーズは基本、プライベートでの写真撮影はNGのはず。

 

それを適当にしていたために金塊強奪犯との写真も残り疑惑のもとになっているのに、さらに、芸人の闇営業問題が浮上してから手越さんの金塊強奪犯との写真もちょいちょい話題になっていたのに、まるで警戒のない感じがダメですね。

 

さらに、フライデーによると、手越さんは飲んでる途中に張り込まれていることに気づいていたにも関わらず、「メディアに顔が利くから大丈夫、俺は撮られない」と豪語していたよう。

 

いや、撮られてますし、世に出てますけど。

 

そんな甘さを後悔する日が来ないといいのですが。

 

◆毎度ですが、ジャニーズ事務所のもみ消し疑惑

手越祐也はあの事件の…→ geinou ranking geinou reading

手越祐也はあの事件の…→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

芸人と反社会的勢力の距離の近さ、宮迫博之の引退

 

同じフライデーには千葉の海岸で撮影されたという入江慎也さんとザ・パンチのパンチ佐藤さんが入れ墨を見せびらかすようにポーズをとった人物たちとの記念写真も掲載されています。

 

どうやら二人は海の家で入れ墨の人たちと会い、ふつうに2時間ほど飲み食いしてから写真を撮ったよう。

 

芸能人は目立ちます。

 

どこかに遊びに行って、そこに反社会的勢力っぽい人がいて気安く声をかけられたときに、断ることでキレられて起きるかもしれないトラブルと、とりあえず軽く受け入れてしまえば今すぐなにか起きることはない、という甘い選択肢があった場合、どちらを選ぶのか、というのはあるだろうなとは思います。

 

そんな感じでラクな方を選び続けた結果が今回の反社会的勢力への闇営業問題にも繋がっているのかなと。

 

そんな宮迫さんについて昨日から引退が噂されています。

 

フライデーによる金塊強奪犯との親密写真流出が原因の強制引退かと思いきや、今朝スポニチが報じたところによると、「後輩たちをどうにか復帰させてほしい。僕は責任を取って引退します」という申し出なんだそう。

 

田村亮さんも現在引退を含めた進退について話し合いを進めているそうです。

 

フライデーには次々と闇社会と芸人の関わりについてタレコミがあるようですし、もともとフライデーの出版元である講談社と吉本は関係が良くないそうで、一切手を緩める感じもありません。

 

実際ここまで来ると、今後宮迫さんにスポンサーがつくとは思えませんし、それなら少しでも救える芸人を、という方向なのかも。

 

結局のところ、宮迫さんを含めた芸人たちはラクな方に流され続けた結果の後始末を今しなきゃいけなくなってるのかもしれませんね。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

振り込み詐欺グループへの闇営業が問題になり、芸能活動を自粛中の宮迫博之さんが芸能界を引退すると報じられています。どうやら明日発売のフライデーが宮迫博之さんと金塊強奪犯とのギャラのみ証拠写真を報じるようで…

 

 

 

 

 

当初、宮迫さんは相手が反社会的勢力であることを知らなかった、ギャラももらっていないとしていたものの、後にギャラを貰っていたことを認め吉本興業も無期限謹慎の処分を下しました。

 

完全終了!宮迫博之闇営業の嘘バレた!ギャラを振り込んだ金庫番が証言!

 

さらにその後、吉本は「修正申告及び寄付の実行に関するご報告」として、各タレントがもらっていたギャラの額を明かすと共に修正申告し、もらったギャラについては寄付するとしており、着々と復帰へ向けて進んでいると思われたところに今日の引退報道です。

 

NEWSポストセブンは「宮迫博之、闇営業問題で新展開 重大発表へ」というタイトルで、「今回の重大発表では、宮迫本人が一連の問題について何らかの責任を取ることになると見られる」と報じています。

 

さらに、この件について裏情報を多く出していた元暴力団幹部の現作家沖田臥竜さんは「宮迫さんが引退。」「夕方に引退会見。」「明日発売のFRIDAYが決定打です。」とツイートしています。

 

で、フライデーは「宮迫 半グレ金塊強奪犯と『ギャラ飲み』証拠写真 」という内容を報じるよう。しかも日付が事件の3週間後で、お小遣いをもらっていたという内容のよう。

 

宮迫さんを始めとした反社会的勢力への闇営業が発覚した芸人たちは、そのこと自体もそうですが、「ギャラを貰ってない」と嘘をついたことで相当イメージダウンしており、特に『アメトーーク』についていた金融系のスポンサーは一斉に拒絶反応を示しました。

 

スポンサーが宮迫博之追放へ!闇営業問題でアメトーーク打ち切りもあり得る事態へ

 

その状態で、たとえ今後芸能活動を再開したとしてこれまでのように活躍できるのかという疑問はありましたが、まさか引退することになるとは。

 

確かに今回仲介したとして処分されたカラテカの入江慎也さんは、金塊強奪犯との写真が流出しています。

 

事務所解雇!カラテカ入江慎也が振り込め詐欺グループと繋がっていた!あの金塊強奪犯とも…

 

それで言うと、はんにゃの川島章良さん、フルーツポンチの村上健志さんも同様ですし、何よりNEWSの手越祐也さんも…

 

 

ジャニーズ解雇&NEWS脱退の可能性も!手越祐也が福岡金塊強奪犯・小松崎太郎容疑者と親しく交際していた証拠写真がフェイスブックで発見されるも、事務所はノーコメント

 

どこまで広がりを見せるのでしょうか。

 

◆毎度ですが、ジャニーズ事務所のもみ消し疑惑

手越祐也はあの事件の…→ geinou ranking geinou reading

手越祐也はあの事件の…→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

入江慎也さんや宮迫博之さん、スリムクラブなど数多くの有名芸人が厳しい処分を受けることとなった闇営業問題が、芸能界の勢力図を激変させる可能性が出てきました。

 

反社会的勢力…というか、言ってしまえば犯罪者集団と密接に関係して利益を享受していたことが明らかになったわけで、”芸人”という存在がとてもダーティーなイメージに染まってしまったことが原因のようです。

 



 

[以下引用]

「一般の企業や自治体にしてみれば、何の気なしに呼んだ芸人が実は反社の闇営業もやっていた……なんていうリスクを負うこととなる。普通の企業も、気軽に芸人を呼べなくなってしまったわけです。少なくとも、絶対に反社との付き合いがない芸人だけしか呼べませんね」(お笑い関係者)

 

たとえば、カラテカ入江と仲がいい芸人などは、真っ先に警戒されることになるのだ。

 

「吉本もできるだけクリーンな芸人に営業仕事を回すようにしているようです。入江と仲がいい芸人はもちろん、レイザーラモンHGや天津木村、ムーディ勝山など“一発屋芸人”も多く闇営業に参加していたことが発覚しているので、一発屋系の芸人も敬遠されがちなようです。一発屋芸人は知名度も高いし、誰もが知っているネタを持っているし、営業では重宝されていたんですが、本当にもったいないです」(前同)

 

もはや、吉本芸人を使うことそのものがリスクだという声もある。

 

「用心深いスポンサーであれば、吉本は避けるようになるでしょう。またザブングルが謹慎になっているナベプロもしかりです。今回の騒動は芸人が謹慎するというだけでなく、事務所の監督責任も問われるもの。吉本やナベプロは大きな痛手を負うことになりましたね」(広告代理店関係者)

 

そんな中、その他の中堅事務所は仕事を増やすこととなりそうだ。

 

「たとえば、サンドウィッチマンが所属するグレープカンパニーなどは、サンドの好感度の高さもあって、かなりクリーンなイメージです。今まで吉本興業に営業を頼んでいた企業が、グレープカンパニーに鞍替えするということは十分にあり得るでしょう」(前同)

[日刊サイゾー]

 

これまでの報道を見る限り、入江さんとその仲間たちは氷山の一角に過ぎず、他にも反社会勢力と接点を持つ芸人がたくさんいるのは間違いないでしょう。

 

まあ、芸人さんたちの本音では「なにを今さら…」といった感じなのかもしれません。

 

かつて、島田紳助さんは暴力団関係者との交際で芸能界を引退しましたが、その時から何も変わっていなかったというのは、やはりイメージが悪いですよね。。

 

特に吉本興業は。

 

スポンサー企業としても、今後はアンダーグラウンドな方々とのしがらみを持つ老舗の大手事務所を避けて、クリーンな新興事務所に仕事のオファーを集中させていくのは自然な流れなのでは?

 

現在、ヨシモトとともに芸能界の頂点に君臨してきたジャニーズ事務所も大きな岐路に立たされています。

中居に続いて堂本、長瀬も退所へ。空中分解寸前のジャニーズ事務所

 

時代が平成から令和に変わり、業界のあり方が大きく変わりつつあるのかもしれません。

 

◆こういう意見もありますが…

 どう思いますか?→ geinou reading geinou ranking

 どう思いますか?→ geinou ranking geinou reading

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

吉本興業の正体 (草思社文庫) [ 増田晶文 ]

価格:1296円(税込、送料無料) (2019/6/29時点)


楽天で購入