タグ:宮迫博之の記事一覧

タグ:宮迫博之
芸能界の勢力図が激変か!入江&宮迫による反社会的勢力への闇営業問題で、吉本興業を始めとする大手芸能事務所が没落へ

入江慎也さんや宮迫博之さん、スリムクラブなど数多くの有名芸人が厳しい処分を受けることとなった闇営業問題が、芸能界の勢力図を激変させる可能性が出てきました。

 

反社会的勢力…というか、言ってしまえば犯罪者集団と密接に関係して利益を享受していたことが明らかになったわけで、”芸人”という存在がとてもダーティーなイメージに染まってしまったことが原因のようです。

 



 

[以下引用]

「一般の企業や自治体にしてみれば、何の気なしに呼んだ芸人が実は反社の闇営業もやっていた……なんていうリスクを負うこととなる。普通の企業も、気軽に芸人を呼べなくなってしまったわけです。少なくとも、絶対に反社との付き合いがない芸人だけしか呼べませんね」(お笑い関係者)

 

たとえば、カラテカ入江と仲がいい芸人などは、真っ先に警戒されることになるのだ。

 

「吉本もできるだけクリーンな芸人に営業仕事を回すようにしているようです。入江と仲がいい芸人はもちろん、レイザーラモンHGや天津木村、ムーディ勝山など“一発屋芸人”も多く闇営業に参加していたことが発覚しているので、一発屋系の芸人も敬遠されがちなようです。一発屋芸人は知名度も高いし、誰もが知っているネタを持っているし、営業では重宝されていたんですが、本当にもったいないです」(前同)

 

もはや、吉本芸人を使うことそのものがリスクだという声もある。

 

「用心深いスポンサーであれば、吉本は避けるようになるでしょう。またザブングルが謹慎になっているナベプロもしかりです。今回の騒動は芸人が謹慎するというだけでなく、事務所の監督責任も問われるもの。吉本やナベプロは大きな痛手を負うことになりましたね」(広告代理店関係者)

 

そんな中、その他の中堅事務所は仕事を増やすこととなりそうだ。

 

「たとえば、サンドウィッチマンが所属するグレープカンパニーなどは、サンドの好感度の高さもあって、かなりクリーンなイメージです。今まで吉本興業に営業を頼んでいた企業が、グレープカンパニーに鞍替えするということは十分にあり得るでしょう」(前同)

[日刊サイゾー]

 

これまでの報道を見る限り、入江さんとその仲間たちは氷山の一角に過ぎず、他にも反社会勢力と接点を持つ芸人がたくさんいるのは間違いないでしょう。

 

まあ、芸人さんたちの本音では「なにを今さら…」といった感じなのかもしれません。

 

かつて、島田紳助さんは暴力団関係者との交際で芸能界を引退しましたが、その時から何も変わっていなかったというのは、やはりイメージが悪いですよね。。

 

特に吉本興業は。

 

スポンサー企業としても、今後はアンダーグラウンドな方々とのしがらみを持つ老舗の大手事務所を避けて、クリーンな新興事務所に仕事のオファーを集中させていくのは自然な流れなのでは?

 

現在、ヨシモトとともに芸能界の頂点に君臨してきたジャニーズ事務所も大きな岐路に立たされています。

中居に続いて堂本、長瀬も退所へ。空中分解寸前のジャニーズ事務所

 

時代が平成から令和に変わり、業界のあり方が大きく変わりつつあるのかもしれません。

 

◆こういう意見もありますが…

 どう思いますか?→ geinou reading geinou ranking

 どう思いますか?→ geinou ranking geinou reading

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

吉本興業の正体 (草思社文庫) [ 増田晶文 ]

価格:1296円(税込、送料無料) (2019/6/29時点)


楽天で購入


 

吉本興業が宮迫博之ら11人の謹慎処分を発表!吉本は誤報と否定の謎

[スポンサーリンク]

 

吉本興業の芸人が振り込め詐欺グループの飲み会に参加しギャラを受け取っていた闇営業問題で、これまでは反社会的勢ャラを受け取ってい力だと知らずに参加した、ギャラは受け取ってないとしてきた態度を一転、ギた芸人の名前を公表し参加芸人を謹慎処分としたと発表したと報じられましたが、一時元記事削除、吉本も誤報と否定と謎の展開となりました。

 

 

※表の正体

 

 

まず沖田臥竜さんがこちらのツイートをしてネットは騒然としました。

 

 

沖田さんは元山口組直系二次団体幹部という経歴を持ち裏社会に詳しいことから最近いろんな件で裏事情をコメントするジャーナリストとして活躍しています。

 

それから間もなく、吉本興業は宮迫博之さんやロンブー亮さんら闇営業に参加した芸人たちの謹慎処分を発表したとスポニチが報じています。

 

 

[以下引用]

事務所を通さずに仕事をする“闇営業”を詐欺グループとの間で行った問題で、吉本興業が雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら所属芸人11人を謹慎処分としたことが24日、分かった。これまで受け取っていないとしていたギャラについて、受け取った事実があったと同社が判断した。 

 

ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら参加した芸人の今後のスケジュールはすべて白紙となる。吉本が契約を解消した仲介役のカラテカ入江慎也(42)に続き厳しい処分となった。 

 

対象は2014年12月に詐欺グループの忘年会に参加した宮迫、田村、HG、ガリットチュウ福島善成(41)の4人と、詐欺グループの別の誕生会に参加した、くまだまさし(45)ムーディ勝山(39)天津・木村卓寛(43)ら。数年前の出来事で記憶に曖昧な点も多く、事実関係を確認するため同社で複数回のヒアリングを行う中で金銭の授受が発覚した。 

[スポニチアネックス]

 

フライデー第一弾が出た当初はあくまでカラテカ入江さんを窓口にした闇営業で「詐欺グループであることは全く知らなかった」「ギャラはもらっていない」と話していたのですが、その後、振り込め詐欺グループの金庫番が入江さん宛に300万円のギャラを振り込んでいることを暴露。

 

そもそもこれだけの芸人がノーギャラで誰とも知らない集団の忘年会やら誕生会に出席し芸を披露するという不自然さから、誰もノーギャラだと信じるわけがなかったんですけどね。

 

謹慎処分を発表した今も芸人側の主張は変わらなかったようですが、NHKがロンブー亮さんやレイザーラモンHGさんの出演番組の放送中止を決め、宮迫博之さんの出演番組スポンサーがCMを控え始めている以上、吉本興業として対応しないと会社自体の信用問題にもなってきます。

 

だいたい、相手は振り込め詐欺グループであり、逮捕された犯罪者グループです。

 

本当は最初から参加した芸人たちも「知らなかった」「もらってない」「覚えてない」では済まない状況にだったはずです。

 

振り込め詐欺の被害者の多くは高齢者で、有名人がそんな詐欺グループの飲み会に参加するというのはそのグループに箔をつけるようなものです。エステだ健康食品だと表の仕事もしていたそのグループにとっては入江さんが表とつなぐ人物だったといいますし、そんな入江さんとつながっていた宮迫さんたちはどこで闇とつながっているか、正直わからないですよね。ギャラを認めたことで、脱税で摘発される可能性も出てきましたし。

 

気になるのが、これを報じたスポニチの記事が削除されていること。

 

ハフポストの取材によると吉本は誤報だと否定したいう話も。

 

本当なら今回11人の芸人が謹慎処分いうことで、中でも宮迫さんは『アメトーーク』をはじめ多くのレギュラー番組を持っていますし、テレビのみならずラジオ、場合によってはCMやイベントにも影響が出てくるでしょう。

 

まさかここまでスポンサーが拒絶して吉本もスルーはないと思うのですが…

 

 

※追記※

その後、スポニチの記事は復活、吉本興業も公式ホームページで謹慎を発表しました。なんともスッキリしませんが…。第三弾まで出たフライデーは、これでおしまいになるのでしょうか。

 

◆フジテレビの驚くべき報道姿勢

これでは真実は伝わらない→ geinou ranking geinou reading

これでは真実は伝わらない→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※長文基本の土屋太鳳さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

宮迫博之をカットした『炎の体育会TV』、『行列』はクレジットをカットか

[スポンサーリンク]

 

複数のよしもと芸人が闇営業で振り込め詐欺グループの忘年会兼婚約記念パーティ兼誕生会に出席していた件で、参加芸人の最年長・宮迫博之さんの出演番組『炎の体育会TV』『行列のできる法律相談所』もそれぞれ対策をしていると話題になっています。

 

 

※そういえば島田紳助さんの番組でした。

 

 

宮迫さんを含めた闇営業芸人たちは振り込め詐欺グループの忘年会に参加したことについて、反社会的勢力だと知らなかった、ギャラはもらってないと主張していました。

 

しかし、後に振り込め詐欺グループの会計係がギャラの振り込みを暴露したこと、少なくとも仲介したカラテカ・入江慎也さんは手首までのタトゥーの人物と飲んでおり、その際仕事は「モシモシ」だと話していたこと、当日は明らかに堅気の雰囲気ではなく、反社会的勢力だと気づかないほうがおかしいレベルだったことなどが明らかになり、どんどん風向きが悪くなっています。

 

そんな中、NHKが参加芸人であるロンブー亮さんとレイザーラモンHGさんが出演する番組の放送を見送り、テレ朝の『アメトーーク』はスポンサー4社分のCMがACに変更、うち1社は降板を決めたと報じられています。

 

 

スポンサーが宮迫博之追放へ!闇営業問題でアメトーーク打ち切りもあり得る事態へ

他の番組の対応が気になる中、週末は宮迫さんが出演する『炎の体育会TV』と『行列のできる法律相談所』が放送され、それぞれの対応が話題になっています。

 

まず、土曜7時から放送された『炎の体育会TV』は、宮迫さんの出演シーンやコメントがかなりカットされており、一説によれば2時間の放送中70分は宮迫さんが映っておらず、相当編集されたのではないかと指摘されています。

 

また、CMも数社ACに切り替わっていたと。

 

そして『行列』ですが、今週は宮迫さんがMCの週ということで、普通に放送。

 

CMに変化はないものの、通常流れる協賛企業のクレジットが流れていなかったという指摘がありました。

 

『炎の体育会TV』はTBS、『行列』は日テレということで、局により対応がマチマチのようですね。

 

◆『行列』と闇営業仲介入江慎也はズブズブ?

日テレやばい→ geinou ranking geinou reading

日テレやばい→ geinou reading geinou ranking

 

今回の件がマズイのは、闇営業相手が振り込め詐欺グループだったことです。

 

「反社会的勢力」と言われると逆にぼんやりしてしまう気もしますが、振り込め詐欺の被害者の多くは高齢者であり、芸人たちが飲み食いしたり手にしたギャラは、元は騙されたお年寄りのお金だということが、より一層視聴者の怒りを買っています。

 

入江さんなんて、はっきりと振り込め詐欺で稼いでると言われたときに「悪いことしないと稼げませんもんね」と答えた、なんて証言も出ています。

 

ギャラは入江さんにまとめて振り込んだということなので、宮迫さんなど参加芸人にも本当に支払われたのか証明することは難しいだろうと言われていますが、疑惑はせいぜいがグレーで、シロにはなりません。

 

宮迫さんは不倫を「オフホワイト」で逃げ切った分好感度が低下していたところに今回の件です。これがグレーってタレント生命にはダメージ大きいですね。

 

ネットでは宮迫さん出演番組のスポンサーがまとめられたものも出回っており、スポンサーへ苦情が出しやすいシステムができています。

 

吉本興業は、スポンサーのためにも、はっきりした対応を見せるべきでしょうね。

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮迫博之さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

スポンサーが宮迫博之追放へ!闇営業問題でアメトーーク打ち切りもあり得る事態へ

[スポンサーリンク]

 

よしもと芸人が反社会的勢力の忘年会で闇営業していた問題で、「知らなかった」「ギャラもらってない」で逃げ切りを図っていた宮迫博之さんですが、スポンサーはNOを突きつけ始めているようです。

 

 

※アメトーーク、昔は面白かったなあ。

 

 

NHKがロンブー亮さんやレイザーラモンHGさん出演番組の放送を控える一方で、宮迫さんがレギュラー出演しているテレ朝の『アメトーーク』は番組自体は通常通りの放送となりました。

 

 

しかし、実は舞台裏はかなりバタバタだったとか。

 

[以下引用]

「CM差し替えが殺到して、急きょフォーマット(CMに入るタイミングなどを含めた番組構成)を作り直すことになったんです」とテレビ局関係者は窮状を明かす。



「金融系のCMが2社、ゲーム関係のCMが1社がACジャパンの広告に差し替え。またもう1社がCMを降りることになり、計4本がACジャパンの広告に差し替えとなりました。あの闇営業問題と反社会的勢力とのつながりの疑惑が影響していることは間違いありません」(前出局関係者)と、スポンサー陣が“宮迫アレルギー”を強烈に示し始めていたというのだ。

[東スポ]

 

ACのCMは、本来のCMを流すことが不適切だとしてスポンサーがCM差し替えを申し出た時に放送されるケースがあります。東日本大震災時には多くの企業がCMを自粛し、テレビをつけるとACばかりだったのが思い出されます。

 

昨日放送の『アメトーーク』では、あまりACのCMが連続するとただならぬ感じになるため、4本中3本を番組終了のエンドロールの後で流し目立たなくするという工夫が見られたとか。

 

金融系のCM2社は先週もACで対応しており、今週は2社追加、そのうち1社はCMを降りる決断をしたということで、スポンサーは吉本や宮迫さんの対応では不足だと判断しているということですね。

 

フライデーの第一報後も、宮迫さんが『アメトーーク』の番組観覧に招待していたことや、入江さんがその振り込め詐欺グループと複数回接触する中で、手首までタトゥーしている人物と一緒に写った写真もあること、振り込め詐欺をやっているという話をされても「悪いことしないと稼げませんもんね」と返していたこと、ギャラは300万円振り込んだと振り込んだ本人が証言していることなど、新事実がどんどん出てきています。

 

特に最初の2つは動画と写真という形で客観的事実として確認できるため、スポンサーは見逃すわけにいかないのでしょう。

 

河本準一さんの生活保護不正受給のとき、よしもとはスポンサーに詳細を説明しないという愚を犯しましたが、今回はどうだったんでしょうね。

 

 

吉本興業がスポンサーをないがしろに!なぜここまで河本準一を守る?

 

まあ、たとえ丁寧な説明があったとしても、スポンサーにとっては芸能事務所よりもお客である一般消費者のほうが大事ですし、暴力団排除条例との兼ね合いもありますから、今回の件をなあなあで済ませるわけにはいかないでしょうけどね。

 

こうなってくると、当然『アメトーーク』打ち切りもあり得ることですし、東スポによると後継番組として『テレビ千鳥』や『霜降りバラエティ』という具体案も浮上しているんだとか。

 

「業界視聴率No.1」とまで言われた『アメトーーク』を終わらせることになったとしたらテレ朝にとっては大打撃でしょうが、宮迫さんにとってもまさかの事態でしょうね。

 

『アメトーーク』が終われば宮迫さんが出演している他の番組にももちろん影響が出てくるでしょうし、島田紳助さんのように引退宣言をせずとも実質的な引退状態になるのが目に見えています。

 

 

最初から変にごまかさなければもう少しいい展開があったかもしれませんが、もう遅いですね。

 

◆入江慎也の華麗な人脈とその作り方

これ怖い→ geinou ranking geinou reading

これ怖い→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※年内活動再開が噂されるピエール瀧さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング