タグ:土屋太鳳の記事一覧

タグ:土屋太鳳
「顔が古臭くて笑顔が不自然」女が嫌いな若手女優ランキング!

「オンナが嫌いな若手女優TOP10」が発表されていました。

 

トップ3は納得の面々な一方で、意外な人たちもランクインする結果が話題になっています。

 

 

※不動の1位

 

 

[以下引用]

■オンナが嫌いな若手女優TOP10

(編集部が選んだ16人の20〜25歳の若手女優から1位3pt、2位2pt、3位1ptで算出)

1位 広瀬すず(20) 129pt

2位 土屋太鳳(23) 116pt

3位 吉岡里帆(25) 85pt

4位 桜井日奈子(21) 83pt

5位 二階堂ふみ(24) 75pt

6位 池田エライザ(22) 65pt

7位 森川 葵(23) 44pt

8位 有村架純(25) 43pt

9位 広瀬アリス(23) 38pt

10位 小松菜奈(22) 33pt

[週女プライム]

 

編集部が選んだ16人に投票、ということなので、もともと嫌われそうな人が選ばれている中でのランキングですからあまり意外性はないはずなのに、桜井日奈子さん、池田エライザさん、森川葵さん、小松菜奈さんあたりは知名度的になぜその16人に入ったのか不思議な感じもします。

 

ちなみにこの4人が嫌われた理由は…

 

[以下引用]

<桜井日奈子>

「ドラマでの役柄が苦手だったのか、苦手なイメージがついてしまっている」(21歳・兵庫県)

「顔が古くさくて笑顔が不自然だから」(31歳・静岡県)

「表情があまり自然に感じられないから」(34歳・滋賀県)

「おっとりとした喋り方が苦手」(24歳・埼玉県)

 

※21歳!?「岡山の奇跡」と呼ばれた美貌

[Amazon]

 

<池田エライザ>

「強気なイメージ、いばりそう」(31歳・神奈川県)

「ギャルっぽい感じが苦手なので」(38歳・愛知県)

「性格がきつそうだから」(36歳・大阪府)

 

※フィリピンとのハーフです

[Amazon]

 

<森川 葵>

「番組で俳優に対して好きだという告白をしていて、仕事中なのにアプローチをしているような印象を持ち、あまり好きではなくなりました」(28歳・大阪府)

「パッとしない。人気が出そうにない。華がない」(37歳・東京都)

「あまり自分が好きなタイプではないから」(28歳・宮城県)

 

※こちらで共演した高橋一生さんにアプローチしてました。

[Amazon]

 

<小松菜奈>

「男関係が派手そう」(39歳・神奈川県)

「性格がきつそうだから」(29歳・島根県)

 

[Amazon] [週女プライム]

 

今後も明らかに女性に嫌われそうなのは、高橋一生さんと共演しアピールし交際までこぎつけた森川葵さんでしょうか。

 

ただ今後どの程度知名度を伸ばしていくかも微妙な感じもします。

 

その他、トップ3はネットでも納得の声が多く、特に吉岡里帆さんは3位ですがもっと上位にランクインしそうな勢いを感じました。

 

が、父親がNHK勤務だとガセ情報で過去の貧乏エピソードがウソ扱いされたり、出演作品が次々とコケた原因とされたり、佐藤健さんに振られたと報じられたり、あまりに気の毒で同情から人気が出たり…はしないですかね。

 →吉岡里帆が踏んだり蹴ったり

 

ところで剛力彩芽さんはなぜこのランキングに登場しないのでしょうか。

 

26歳の剛力さんは編集部が選んだ16人にそもそも入っていないのか、入っていたけど10位に入らなかったのか。

 

たとえ「嫌われ」でも「無関心」よりはマシだと思うのですが。

 

参考までに世代を問わない週刊文春の「女が嫌いな女」ランキングでは、1位工藤静香 2位松居一代 3位伊藤綾子 4位和田アキ子 5位安倍昭恵 6位ベッキー 7位松井珠理奈 8位指原莉乃 9位上西小百合 10位稲田朋美となっていました。

 →女が嫌いな女2018

 

 

◆一周回って好きになった!

嫌いから好きになった女性芸能人→ geinou ranking geinou reading

嫌いから好きになった女性芸能人→ geinou reading geinou ranking

 

※吉岡里帆さんかと思った

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※剛力彩芽さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

年内熱愛発覚か。土屋太鳳が年上ベテラン芸人と交際中

業界でもモテモテの土屋太鳳さんが年上のベテラン芸人と熱愛関係だと報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

「土屋は業界内でもかなりモテ、年下の若手俳優から同世代のタレントまで、何人もの人が土屋にアピールしていたという話を聞きます。スタッフへの対応もかなり丁寧なことから、勘違いするスタッフもいます」(テレビ制作関係者)

[ビジネスジャーナル]

 

確かに共演する俳優はこぞって大絶賛でした。

 

例えば竹内涼真さんは「太鳳ちゃんは女神様、浄化される」、菅田将暉さんは「土屋さんはまっすぐですてきな方」、間宮祥太朗さんは「顔かたちとか造形美だけじゃなくてキレイな子」、等々。

 

唯一違ったのが佐藤健さん。

 

土屋さんは佐藤さんは『8年越しの花嫁』で共演した際、佐藤さんを「健先輩」と呼び、繰り返し尊敬の念を伝えながら「同じ時代に生きて、一緒にお芝居出来て良かったです」と大絶賛だったのですが、佐藤さんは「嬉しいんですけど、共演する相手ごとに言ってるんじゃないかなって(笑)。そんな目で見ています」といやに冷静に返しており、他の俳優さんの反応とは違ったため、土屋さんの一方通行の片思いのように言われていました。

 →土屋太鳳のあざとさに佐藤健ドン引き

 

土屋さんは実際手放しで相手を褒めますし、竹内さんや菅田さんのような反応が大人の対応なのかと思いますが、会見中に「〇〇さん、すごく好き」などと発言したり、視力が弱いために至近距離で話すため、福士蒼汰さんや山崎賢人さんなどは勘違いしちゃったという話もあります。

 →土屋太鳳は新・魔性の女

 

そんな土屋さんは、業界内ではある男性との熱愛が噂されているそう。

 

 

[以下引用]

「お相手は誰もが知るベテラン芸人で、少なくても半年ほどは交際しているようです。土屋のほうがゾッコンで、いくつか媒体の記者も証拠をつかむべく追っているようなので、もしかすると年内にも土屋の熱愛報道が世間を賑わせるなんてことも、あるかもしれませんね」(マスコミ関係者)

[ビジネスジャーナル]

 

土屋さんの知人によると、土屋さんは結構年上の男性が好みで、年齢の近い男性のキラキラよりも余裕のある博識なところにグッとくるタイプで、好きになると一直線、恋愛にはどっぷりハマるため、土屋さんの親しい知人は重い女になりがちだと心配する人もいるとのこと。

 

年の近い男性のキラキラ…山崎賢人さんとの焼肉デートを思い出しましたが。

 

お相手は誰もが知るベテラン芸人ってかなりの大物を想像してしまってなんかアレですが、結婚していないということなら限られるような気も?

 

土屋さんも23歳。

 

いい恋をしてるならそれはそれかもしれません。

 

◆真逆の意見も!「土屋太鳳の業界評は散々」

将来に不安しかない…→ geinou ranking geinou reading

将来に不安しかない…→ geinou reading geinou ranking

 

 

※ベテラン芸人ってこのレベル?皆既婚ですが…

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※土屋太鳳さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

「下町ロケット」期待外れな視聴率の戦犯にされそうな土屋太鳳。前作ありきの難解なストーリーに脱落する視聴者続出か!

阿部寛さん主演の日曜劇場「下町ロケット」の第2話平均視聴率が12.3%だったことが明らかになりました。

 

第1話の同13.9%から1.6ポイントのダウンとなりましたが、2015年に放送された前シリーズは最終回で平均視聴率22.3%をマークするなど大ヒットしただけに、TBS局内では落胆の声が広がっているといいます。

 

そんな中、戦犯として土屋太鳳さんの名前が上がっているそうで…

 

※池井戸効果もそろそろ終了気味?

 

土屋さんといえば、”あざとい女”としてあまり女性に好かれていないことで有名。

 

しかし、次々と映画やドラマに抜擢され、いつも似たような役柄を演じていることもあって、メディアによる「嫌いな女ランキング」にも常連になりつつあります。

 

[以下引用]

「土屋は自分がメディアの嫌いな女優ランキングに選ばれたときは、驚いていたそうですよ。『なんで自分が?』という気持ちだったんでしょうね。純粋だからこそ、落ち込んでしまったのかもしれません」(テレビ局関係者)

 

そんな土屋の存在は、意外にも今回の『下町ロケット』の命運を左右する要素のひとつだという。

 

「阿部寛演じる主人公の娘役だけに、必然的に出演の頻度も高くなるでしょうが、あまり画面に映る回数が増えると、土屋の演技に反感を感じる女性視聴者が離れてしまう懸念もあります。露出は最低限に抑えるのが得策ではないでしょうか。もっとも、本人の評判は業界でも悪くなく、本人にはなんの責任もないのですが…」(前同)

[ビジネスジャーナル]

 

ということですが、少なくとも2話まで放送されたところでは、土屋さんの出番はそれほどなく、今の低調さには影響ないんじゃないですかね。

 

今のところ土屋さんよりも断然イモトアヤコさんの出番が多いですし、その他、芸人さんや歌舞伎役者、アナウンサーなどどこかで見たような人がわんさか役者として登場しています。

 

本業じゃない”なんちゃって素人俳優”が出てくることにウンザリする声もありますし、前作よりも学芸会みたいな感じになっているという意見もチラホラ。

 

ですが、話題になっていることは間違いないので、低視聴率の原因をキャスト陣に求めるのは無理があるような気がします。

 

やはり、前作を観てないと理解できないというのが、一番大きい原因なんじゃないかと思いますが…どうでしょうか?

 

[以下引用]
ところどころ前シリーズの説明が入っている箇所もあるにはあるが、なにゆえ本編も「ギアゴーストのトランスミッション開発」と「帝国重工のロケット事業、バブル開発」が同時進行で展開されていっているため、今回から初めて『下町ロケット』を見始めた人にとっては情報量が多すぎて処理しきれないのだ。

 

実際、「下町ロケット、前のを見てなかったから話についていけない」「なんかジェットコースター並みの展開。早すぎる」「話が難しすぎてわからない」という声もあがり始めている。

 

それに加えて登場人物も非常に多いわけだが、こちらもすでに「視聴者は知っている」という前提で話が展開されていくため、もはや誰がどの会社に属していて、一体何をしている人なのかということすらわからないまま、第2話も終わってしまったという人も多くいることだろう。

 

やはり続編を意識し過ぎるあまり、初めて見る視聴者も大勢いることを忘れてしまった製作者側に責任があるのではないだろうか。現状では、新規視聴者の獲得に苦労しているように見受けられる。

[ビジネスジャーナル(原文ママ)]

 

こんなことになるんだったら、放送直前に全シリーズを一挙に再放送でもしておけば良かったかも?

 

このままだと「視聴率1桁もあり得る」とも言われ始めていますが、果たしてここから再浮上できるのか、注目です。

 

◆阿部寛の滑舌が世紀末的にヤバイ理由が判明!

 嘘だ!信じたくない!!→ geinou reading geinou ranking

 嘘だ!信じたくない!!→ geinou ranking geinou reading

 

※今からでもまだ間に合いますよ、皆さん。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

下町ロケット -ディレクターズカット版ー DVD-BOX [ 阿部寛 ]

価格:19106円(税込、送料無料) (2018/10/23時点)

楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※土屋太鳳さんのインスタはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

土屋太鳳はブス!?超顔面至上主義・佐藤健の態度からわかる好み

映画『億男』で主演する佐藤健さんは超顔面至上主義で、沢尻エリカさんは大絶賛、土屋太鳳さんは対象外だったと報じられています。

 

※借金返済に追われる中宝くじで3億当たったら…という話

 

 

[以下引用]

「リップサービスが上手な佐藤ですが、実際はかなり引いてしまうほどの顔面至上主義。合コンでお相手女性のルックスが気に入らなかった際、一緒にいた三浦翔平にアイコンタクトをして、『ブース、帰れ! ブース、帰れ!』とコールさせたことはあまりにも有名です。今回、共演した沢尻エリカには、『その顔に生まれたことがラッキーだね』と褒めたたえていました」(芸能ライター)

 

※美しいです。

[Amazon]

 

この言葉にネット上では

《タケルはやっぱり顔面偏差値ばっか気にするんだな》

《佐藤健は顔だけで女を判断するタイプ》

《佐藤健って、典型的なカースト上位層しか相手にしないタイプだな》

などといった声が上がっている。

 

「佐藤は昨年12月公開の映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で共演した土屋太鳳には、まさに“塩対応”の連続。土屋から猛烈アプローチされても、めんどくさそうにしてましたよ。心の中では、『ブース、帰れ! ブース、帰れ!』とコールしていたのでしょう…」(芸能記者)

[まいじつ]

 

まあ、沢尻さんと土屋さんはタイプが違うので好みの問題もあるかもしれませんね。

 

ちなみに沢尻さんの件は、先月行われた完成披露試写会の際、借金返済に困窮する中宝くじで3億円当たったのに親友に持ち逃げされた、というストーリーに基づき、これまでラッキーだったこと、アンラッキーだったことを出演者全員が答える中、沢尻さんが詰まったために、「その顔に生まれてきたことって言えばいいんじゃない?」と佐藤さんが助け舟を出したことだと思われます。

 

なので、場をもたせるための発言だったのでは…。

 

また、土屋さんに対しては、塩対応というか予防線を張っていた感じがありました。

 

土屋さんは「健先輩健先輩!」と連呼し「同じ時代に生きて、一緒にお芝居出来て良かったです!」とか「唯一無二の存在です!」とグイグイ行っていましたが、佐藤さんは「嬉しいんですけど、共演する相手ごとに言ってるんじゃないかなって(笑)。そんな目で見ています」といった感じで。

 

土屋さんはいわゆる共演者キラーで、男性俳優とも距離が近く、相手に大絶賛されるのが常でしたが、佐藤さんの人脈でそういう話を聞いていたか、グイグイ押されると引きたくなるタイプだったのかも。

 

とはいえ、あの週刊文春の「ブス帰れ」コール記事は強烈で、今後もそのイメージはついてまわるんでしょうね。

 

◆佐藤健に公開ラブレターを書いた

あの人気女優→ geinou reading geinou ranking

あの人気女優→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※土屋太鳳さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング