タグ:土屋太鳳の記事一覧

タグ:土屋太鳳

チャラい女子高生役パターンばかり演じる土屋太鳳が患う「映画病」

土屋太鳳さんが映画病に罹っていると週刊新潮が報じています。患ってしまったものは仕方ないのですが、ビョーキになるほど熱中している映画の方がイマイチであるため、限界がきてしまうのではないかと。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

土屋さんは先日雪見だいふくの新CM発表会に出席したのですが、その時に記者が顔を見合わせるようなシーンがあったといいます。

 

[以下引用]

「チョコパイの上に雪見だいふくを載せ、カスタードクリームをかけた土屋オリジナルのレシピを紹介する際、“雪見だいふく……あーっ、えっと、違う、えっと、雪見、もう1回行きます。私がアレンジさせていただいた新メニューは、雪見エッグベネディクトです”と、まさかの“テイク2”を要求してきたんです」

 

と、居合わせた芸能記者は語るが、続いてさらに唖然とさせられたという。

 

「最後に司会者からメッセージを求められ、“ぜひぜひぜひ雪見だいふく、〆雪見だいふく……(司会のほうを見て)合ってますよね? 〆雪見だいふくで、違う。〆雪見で……あの(うつむいて笑いながら)混ざっちゃう、〆雪見で素敵な時間をすごしてください”と、何度も新CMのコンセプト“〆雪見”を間違えては、言い直したんです」

[週刊新潮]

 

 

「映画病」の一つの症状は、「同じシーンを何度も撮り直す映画の感覚に引っ張られる」ことだとか。

 

本来、CMの発表会なんて一発勝負でしょうから、間違ったり何度も言い直すようなことって珍しいんでしょうね。

 

プロの人が映画病というならそうなんでしょうけど、それよりも、ちょっとあざとさを感じてしまいましたが…。

 

 

 

 

とはいえ、土屋さんは今年だけでも4つ主演映画がありますし、来年も既に2つ公開予定があります。

 

それだけ映画漬けであれば、何度も撮り直すことが前提になる映画病にも罹りそうではあります。

 

そこまで映画にハマっても、結果が出せたのは『まれ』と同年の2015年12月から公開された、山崎賢人さんとの共演映画『orange』の32.5億円だけという。

 

このままでは遠くない将来潰れてしまう可能性が指摘されています。

 

 

[以下引用]

「『まれ』ではまじめな女優という印象でしたが、最近はマンガや小説など人気原作ありきの、チャラい女子高生などの役ばかり。どれも目と口を大きく開けてきょとんとした顔で大騒ぎで。うんざりですね」(映画評論家・北川れい子氏)

 

と、手厳しい。

 

「こうして悪意がなく、憎めないけど浮世離れしていて、人騒がせなチャラガールばかり演じていたら、観客も土屋に飽きてしまうと思う。実際、最新の『トリガール!』は週間観客動員数でトップテンに一度も入っていません。これでは若い才能が消耗してしまう危険性があります」

[週刊新潮]

 

 

あざとさでは竹内涼真さんと並んで称されますが、この実写版が多すぎて飽きられそうなパターンは山崎賢人さんに近いですかね。

 

女性受けの悪い原因であるあざとさも、この目と口を大きく開けてきょとんとした顔で大騒ぎする女子高生役が多いことが原因なのかもしれません。

 

ドラマよりも映画に主軸を置くにしても、作品が似たり寄ったりでは厳しいです。

 

最近オダギリジョーさんや妻夫木聡さんが、原作ありきの映画ばかりである現状を憂いていたように、映画全般が怠けているというか、原作モノに頼り過ぎてるんでしょうね。

 

土屋さんは現在22歳ですが、事務所は敢えて大人っぽい役ではなく女子高生の役を求めているといいます。

 

それが童顔というわけではないのに大人っぽくもない土屋さんの今を活かす策だったのかもしれませんが、そろそろ女子高生という感じでもないですし、今後どうなっていくのでしょう。

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※あざといが写真たくさんの土屋太鳳さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

土屋太鳳は新・魔性の女!至近距離で見つめ話しかけ「好き」連発

ドラマや映画、CMで活躍中の土屋太鳳さんというと清純なイメージですが、実は業界では「新・魔性の女」と言われているんだとか。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

■福士蒼汰ら共演者は“俺のことが好きなのか”  一説によれば、彼女は視力が弱いため、とにかく相手との距離が近いのだとか。楽屋でも共演男優のすぐ近くに寄ってきて、至近距離で相手の顔を見つめながら話すという。さらには、記者会見の場であっても、臆面もなく「○○さん、すごく好き」などと口にしてしまうのだ。「山崎賢人や福士蒼汰など同年代の共演者は“太鳳は俺のことが好きなのか”と素直に思い込んでしまう」(芸能記者)

 

■“歌舞伎界のプリンス”尾上松也は本気で口説くも…  若手俳優だけではない。舞台『狸御殿』で共演した“歌舞伎界のプリンス”こと尾上松也(32)は、「一時、本気で口説きにかかったそうですが、土屋は気を持たせるそぶりを見せながら、身持ちは堅く、最終的に落とせなかったらしい」(舞台関係者)

 

 

スタッフも一緒に仕事すれば好きになるそうで、先日出演した『ダウンタウンなう』では松本人志さんも絶賛し、昨年の紅白歌合戦で郷ひろみさんのバッグで踊ったのは郷さんの指名だったという話もあるそう。

 

土屋さんの視力はちょっとわからなかったのですが、ブログには高校時代勉強して少し視力が落ちメガネを持っているということ、舞台挨拶でしっかり観客の顔を見ようとメガネをかけたらものすごく緊張したというエピソードがありました。

 

つまりそこそこ見えないんでしょう。

 

しかし、顔を近づけて話すほど目が悪い人が、ふだんコンタクトもメガネもしないってあるのでしょうか。

 

共演者に人気がある一方で、土屋さんは同性ウケは非常に悪いようで、『おしゃれイズム』に出演した時に、30分かけてサラダを作った様子などがわざとらしくあざといと話題になったこともありました。

 土屋太鳳、業界評も散々

 

そんな土屋さんも、主演映画が次々と寂しい結果に終わり、女優として難しい側面にきているという話もあります。

 『トリガール』大コケ

 

共演者キラーぶりが一般視聴者にも有効になるといいですね。

 

※あざとい男女コンビ

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新ドラマ&映画情報はこちらからネタバレちゃんねる

※土屋太鳳さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

記録的大コケ!土屋太鳳が『トリガール』大爆死で主演女優の座から退く?

2017年9月1日から公開開始の土屋太鳳さん主演映画『トリガール』が記録的な大コケだったと報じられています。

 

[スポンサーリンク]

 

 

『トリガール』は鳥人間コンテストに挑む大学生たちを描いたもので、土屋さんを始めとして、間宮祥太郎さん、高杉真宙さん、池田エライザさんら注目の若手俳優たちが多く出演することでも話題でした。

 

※原作

 

 

 

[以下引用]

「全国約240館での上映だった『トリガール!』ですが、初登場トップ10圏外は予想外の大コケ。この大爆死ぶりに映画ファンからは、『ここまで伸びないのは、さすがに予想できなかった』『滑走路からそのまま湖に墜落してしまったな』『8~10位くらいには入るだろうと思ってたよ』『客を選ぶタイプの映画でもないのに、なんでこんなに大コケしたんだ』といった驚きの声が続出しています。実際に劇場を訪れた人からは、『公開したばかりの日曜なのに、映画館がガラガラ』『閑古鳥が鳴いてた……』といった報告も。また、爆死の原因を『土屋太鳳が映画に出すぎて飽きられたんだろう』『土屋太鳳が同じような映画に出まくったせいで、すっかり“土屋の映画は安い”ってイメージがついたんじゃない』と捉える声も上がりました。今後、土屋は、12月に『8年越しの花嫁』、来年に『となりの怪物くん』『累 -かさね-』の公開を予定しているのですが、不安の残る結果になってしまいましたね」(芸能ライター)

[サイゾーウーマン]

 

土屋さん、ちょっと好感度が低いんですよね。

 土屋太鳳はあざとい女の代表格

 

先日は「なぜ売れているかわからない女優」ランキングで2位になっていましたし。

 

PRのためにバラエティに多く出ており、『ダウンタウンなう』に出ていた時は松本人志さんが「かわいいねえ」とメロメロの様子でしたが、一方で同じ場にいた青山テルマさんは土屋さんをガン無視したあたり、男ウケはするけど同性ウケはあまり、ということなのかも。

 

『トリガール』の原作はそこそこ評判が良かったようですが、映画館まで観に行くかというと微妙なのか。

 

もしかすると日テレが「鳥人間コンテスト」を盛り上げたいから作っちゃった映画ですかね。

 

観た方の評価はなかなか良いようですが、初登場で10位圏外というのはあんまりに厳しく、今年公開された2つの映画もいまいちでしたから、ちょっと今後は主演女優は厳しいかも。

 

『8年越しの恋人』(12月16日公開予定)は佐藤健さんとの共演で難病の花嫁、『となりの怪物くん』(2018年公開予定)は菅田将暉さんとの共演で頭脳明晰な優等生、『累』(2018年公開予定)では芳根京子さんとW主演で、卓越した演技力を持ちながら醜い顔の主人公を演じます。

 

いずれも原作ありきのもので、最近の映画やドラマはそれがパターンではありますが、原作モノって原作のファンはあまり観たくないでしょうから難しいですよね。

 

それにしても…静止画の土屋さんと動画の土屋さんのギャップはなんなんでしょう。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新ドラマ&映画情報はこちらからネタバレちゃんねる

※土屋太鳳さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

共演女優も「嫌い」でアンチ急増中!竹内涼真が男版・土屋太鳳と言われる理由

現在放送中の連ドラ『過保護のカホコ』に麦野初役で出演中の竹内涼真さんについて、朝ドラで共演した女優・佐藤仁美さんが「あまり好きじゃなかった」と発言し、共感する声があがっています。

 

[スポンサーリンク]

 

『ダウンタウンDX』に出演した佐藤さんは、朝ドラ『ひよっこ』で共演した際の印象を、「あんまり竹内くんのこと好きじゃなくて」「ちょっと調子乗ってんなとか思ってた」と暴露。

 

朝ドラ『ひよっこ』に続いて連ドラ『過保護のカホコ』に出演し、人気が出てきたところなので「出る杭は打たれる」的な話かと思ったら共演女優が、というのがなんとも。

 

竹内さん、ふつうにしていれば爽やかなんですけどね。

 

※2016年の作品です。

 

 

 

SNSを見るとこんな感じの上目遣いが目立ちます。

 

 

かと思えば、この顔とはギャップのある肉体派アピールもちょいちょい。

 

調子に乗っているというのもあながちウソじゃないような気がするのが、土屋太鳳さんとの関係です。

 

ぶりっ子は嫌いと言っていたはずなのに、あざといと言われる女優の代表格である土屋さんを絶賛し、共演映画『青空エール』での舞台挨拶で、思わず涙ぐむ土屋さんの涙を拭ったり手を握り合ったりというのがありました。

 

土屋太鳳に女の敵認定!あざとくてイベントに出るたび女性ファンが減少

 

男性でこういういうあざとさが指摘されるのってめずらしいですよね。

 

そんな竹内さんは1993年4月生まれの24才。

 

2014年に仮面ライダードライブで主演し割ととんとん来ている印象なのは、ホリプロだからでしょうか。

 

昨年の『青空エール』の舞台挨拶であざとさが指摘されたのは土屋さんだったことを思うと、単独で話題になるのも知名度と注目度があがったからこそ。

 

割と順調に来ていますが、今この波を逃したらぱっとしない俳優になってしまいますし、今ががんばりどころですね。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新ドラマ&映画情報はこちらからどうぞ

※竹内涼真さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング