タグ:国分太一の記事一覧

タグ:国分太一
国分太一が遠回しにジャニーズ批判!日大アメフト部の危険タックル問題に絡めて遠回しに事務所上層部の対応をチクリ

アメフトの危険タックル問題が日本中から大きな批判を浴びる中、加害者である日大の選手が日本記者クラブで会見し、自らの口で真相を語りました。

 

それを受けて、TOKIOの国分太一さんが「ビビット」内で発言した内容が、遠まわしにジャニーズ事務所を批判しているとして話題になっています。

 

※日大出身ですが、アメフトをやっていたのは高校時代だそうで。



 

ブーメランだと言われた国分太一の発言

[以下引用]

「日大は一人の選手も守れないのか」と厳しい口調で日大サイドを糾弾した国分は、元同僚の山口達也が引き起こした強制わいせつ騒動に関して、TOKIOとして会見したことを引き合いに出し、「これだけ注目されているとカメラも相当あると思います」と述懐。

 

「会見する側から見る景色というのは本当に震えるようなものでした」と自分の経験も踏まえて、「それを大学生が一人で立たなければいけない」と日大選手の勇気ある決断を評価した。

 

その上で「これをやることが本当にいいのか」と疑問を呈し、「日大としては学生一人も守ることができないのか、ボクはどうしてもそう思ってしまいますね」と喝破したのである。

[アサ芸プラス]

 

この国分さんの発言に対し、ネットでは「ジャニーズが言える?」「ブーメラン発言」というコメントが多く出ていました。

 

というのも、元TOKIO・山口達也さんの事件では、山口さん単独とTOKIOメンバー4人と、会見が2回開かれましたが、いずれも責任者であるはずの会社側の人間は誰一人として姿を見せていませんし、責任を取って誰かが辞めたという話も出ていません。

 

一方の日大は、確かに宮川選手は1人で会見しましたが、内田前監督は内容はともかく会見しましたし既に辞意を表明、監督と選手の説明に食い違いがあるため会見後も批判は止まず翌23日に改めて会見した後に心労のため入院しました。

 

一応「オトナ」も顔を出している点がジャニーズと違うといえば違いますが、やっぱり宮川選手を1人で会見させるというのは質問が1人に集中するということですし、守る気はなかったのかなと思います。

 

 

国分発言、実は違う意味だった?

 

国分さんの発言をブーメラン発言と見る人がいる一方で、実はこの発言はジャニーズにも向けられていたのではないかという指摘がされています。

 

[以下引用]

「アメフト選手の選手記者会見を見て、TOKIOの記者会見を想起した人も少なくなかったはず。それゆえ国分が言及した『“これ”をやること』という部分を、TOKIOの会見になぞらえた人も少なくありませんでした。そして最後の言葉は一部の言葉を置き換えれば『ジャニーズとしてはメンバー一人も守ることができないのか』と読み替えることもできます。つまり国分はタックル問題を批判しつつ、自分が所属するジャニーズ事務所の閉鎖的な体質にも批判を加えたのではとファンは想像しているのです」(芸能ライター)

[アサ芸プラス]

 

山口さんの会見は、46歳という大の大人が犯した犯罪の後始末ですから、それを1人で片付けるのはある意味当然ではあります。

 

しかし、芸能事務所は人を商品として扱っているんですよね。

 

そう考えると、会社は商品をきちんと管理すべきで、それがうまくいかなかった場合、「大人ですから」「自己責任です」だけで突き放すのはどうかと思います。

 

今回ジャニーズ事務所からは山口さんの足を引っ張るような自己弁護臭の強いコメントが出されたのと、ジャニー喜多川さんが不起訴を受けてコメントを出した、それだけで、表に顔を出した幹部はいませんでした。

 

ジャニーさんが社長ですからそれで良いと言えばいいですが、草なぎ剛さんが公園で泥酔事件を起こしたときは会見に同席したという当時のマネージャー飯島さんと、TOKIOを育て上げたジュリーさんの器の違いが指摘されています。

 

ジュリーさんは2代目でお嬢様育ちですから、自分が矢面に立つような気概はないのかもしれませんね。

 

国分さんがそこまで考えて今回の発言をしていたかは不明ですが、ジャニーズの限界がまた思い出されました。

 

◆こんな大きなブーメラン発言ってあるのだろうか

いやない(多分)→ geinou reading geinou ranking

いやない(多分)→ geinou ranking geinou reading

 



◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※元ジャニタレのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

 

国分太一がダメ押し「不起訴でも山口達也の犯した罪はまぎれもない事実」

TOKIO山口達也さんの未成年に対する強制わいせつ罪が起訴猶予処分となったことについて、国分太一さんが辛口のコメントをしました。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クモ (初回限定盤 CD+DVD) [ TOKIO ]

価格:1512円(税込、送料無料) (2018/5/2時点)



 

山口達也をめった切りにする国分太一

 

[以下引用]

TOKIOの国分太一(43)が2日、MCを務めるTBS系情報番組「ビビット」(月~金曜・前8時)で、強制わいせつの疑いで書類送検されたメンバーの山口達也(46)が起訴猶予処分となったことについて「不起訴となりましたが、この不起訴には起訴猶予という言葉が付いています。検察は裁判をする必要はないが、犯罪はあったと認めているということです。山口が犯した罪はまぎれもない事実だということが分かりました」とコメントした。

 

さらに「これで捜査は終わりますが、山口が犯した事は絶対あってはいけないことだと思います。被害に遭われた方とそのご家族のみなさんにとても不安な思い、怖い思い、それをぬぐいきることは非常に難しいことだと思います。それでも、山口は自分が犯してしまった罪を何とか向き合って、何とか自分と向き合って、これからを過ごしてもらいたいなと思います」と明かした。

[スポーツ報知]

 

言っていることは「そのとおり!」なのですが、なかなか厳しいですね、国分さん。

 

起訴猶予処分とは、「被疑事実が明白な場合において、被疑者の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないときに検察官が行う不起訴処分」ですから、確かに山口さんのしたことはまぎれもない事実だったわけです。

 

山口さんのしたことって、お酒を飲んでキスをした、ということのはずで、確かに未成年相手に密室でそんなことはしてはいけないことなんですけど、国分さんの言いようだとなんだかもっと凄いことをしたかのような気になってきます…。実際、検察への書類送検にも「厳重処分」とあったということで、キス以上のことがあったのではと言われていますし。

 

事件翌日は「連帯責任」と言っていたはずが、なんだか突き放し過ぎてるような、山口さんを排除したいような。

 

まあでも国分さんは朝の帯番組のMCで、避けるわけにもいかず毎日大変ですよね。

 

◆あっさりスルーしたのは

この後輩→ geinou reading geinou ranking

この後輩→ geinou ranking geinou reading

 

 

国分太一の言動から感じるジャニーズ特別感

 

この件について、ジャニー喜多川さんは謝罪のコメントを出しています。

 

ジャニーズの長い歴史の中で、パッと思い出すだけでも、泥酔して公園で服を脱いでしまった草なぎ剛さん、駐車違反を指摘され逃げようとしてしまった稲垣吾郎さん、泥酔して女性に痴漢行為をしたと報じられた中島裕翔さんなど、不祥事はいくつもありましたが、ジャニー社長がコメントしたのは今回が初だとのこと。

 

それについて聞かれた国分さんは、「本当に申し訳ないという、その気持ちだけですけど」話ながら涙し、結成当初の話やジャニーさんについての感謝を語るなどしていました。

 

こういうあたりも、ジャニーズの特別感がありますよね。

 

ふつう、会社で不祥事があって社長が社外へコメントをして、社員が公開の場で泣きながら社長に申し訳なんて言うかなと。そういうのは社内で済ますことなんじゃないかなと。

 

それだけジャニー喜多川さんという人が芸能界全体でも独特の地位にいるのかなとは思いますが、国分さんにコメントを求めた人もどうなんだろうと。

 

国分さんは番組を任されたMCのはずなのに、なぜかお客さんのような感じがするのもやっぱりジャニーズだからなんでしょうね。

 

今日は午後14時からTOKIOの4人が会見するそうで、明日も連休ですが番組はあるでしょうし、またコメントするのが大変そうです。

 

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※草なぎ剛さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

国分太一「番組を続けたくない」と『ビビット』降板を希望で終了の流れ

[スポンサーリンク]

 

国分太一さんがMCを務める『ビビット』が今年上半期で打ち切られると週刊新潮が報じています。

 

『ビビット』の打ち切り説自体は珍しくないですが、本来であれば打ち切りを嫌がりそうなメインMC国分さん自身が「番組を続けたくない」と漏らしているということで、本当に終了しそうです。

 

 

※ほかのレギュラー番組『おさんぽジャパン』で紹介[楽天市場]



 

国分太一が『ビビット』を辞めたい理由

 

[以下引用]

「実は、ビビットは今年上半期にも打ち切りの方向で調整をすすめています」

 

と声を潜めて明かすのは、さるTBS幹部である。

 

「平均視聴率が2~3%台と低迷が続いていたのですが、1年前に起こった不祥事が引き金となって、国分さんは番組を続けたくないと漏らしているんです」

[週刊新潮]

 

1年前の不祥事とは、多摩川の河川敷に住むホームレスがたくさんの野良犬を飼育する様子を「犬男爵」「人間の皮を被った化け物」として紹介したのですが、取材中この男性が怒鳴りつけてきたのが事前に仕込んだヤラセだった件です。

 →『ビビット』でヤラセ発覚

 

これをBPOは放送倫理違反と判断、TBS社長が謝罪することになりました。

 

まあ、国分さんが怒る、というか、続けたくなくなるのもわかります。

 

MCは番組の顔ですから、イメージに関わりますしね。

 

ただ長く続けるにはいろんなことがあるはずで、この程度で一般的には貴重な帯番組のMCを辞めたいというのはどうなんでしょう。

 

『ビビット』がなくてもほかに仕事はあるし、というのんきさを感じますし、いつまでも視聴率が2~3%で、国分さんは元々ゲストとの会話をうまくふくらませるタイプでもないですから、もう重荷になってるのかなと思ったり。

 

 

国分太一とジャニーズの機嫌をとるTBS

 

週刊新潮によると、TBSはジャニーズのご機嫌取りで、昨年10月寄り国分さんと渡辺直美さんの番組『世界くらべてみたら』を深夜帯で開始、『ビビット』の終了に合わせてゴールデンに持っていく予定なんだとか。

 

しかしこの番組のトップである総合演出に就いたのが問題人物だとのこと。

 

[以下引用]

当時、この人物は番組制作会社の社長として、TBSの人気番組「人間観察バラエティ『モニタリング』」の総合演出を務めていたが、立場を悪用し架空の制作費をでっちあげ約7000万円を脱税。結果、2016年5月、東京地検特捜部に法人税法違反の罪で在宅起訴された過去を持つ。

[週刊新潮]

 

通常、世間を騒がせるような不祥事を起こしたテレビマンは地方局や通販番組の仕事しかやらせてもらえないそう。

 

2016年なんてつい最近ですが、そんな不祥事を起こした人に頼らないといけないくらい人材不足なのかなと思いきや、TBSの特定のプロデューサーとこの人物に何かワケがあるようです。

 

当時の報道によると、脱税報道が出てほぼクロだとされても、「総合演出」の記載はなくなったものの『モニタリング』には関わり続けたとのこと。

 

また、この問題人物は制作会社社長ですが、弟もその会社で仕事をしており、この弟が暴力沙汰を起こしてもTBS側はかばう姿勢を見せており、そういう方針でいるHプロデューサーには周囲が不信感を持っていたとありました。

 

『世界くらべてみたら』にも名前を連ねるHプロデューサー。

 

訳ありは訳ありなんでしょうけど、潔癖で知られるジャニーズのご機嫌取りが目的のこの番組で、なにもそんな訳あり人物を使わなくても。

 

でも自分の仕事に危機感がなさそうな国分さんにはちょうどいいのかも。

 

◆国分太一はTOKIOメンバーにも嫌われている!

本当?→ geinou reading geinou ranking

本当?→ geinou ranking geinou reading

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新ドラマ&映画情報はこちらからネタバレちゃんねる

※元カノaikoさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

国分太一の嵐批判、紅白司会に野心で「24回も出ていることに感謝して」の声

[スポンサーリンク]

 

 

紅白歌合戦のリハーサルが始まり、毎年恒例の出場者の会見が報じられていますが、今回24回めの出場となるTOKIOの国分太一さんが嵐を批判し司会に野心を見せたと報じられています。

 

 

国分太一が嵐批判、紅白司会に野心?

 

国分太一さんが嵐を批判し紅白司会に野心を見せたと言われるのが、取材陣に24回め出場を称えられたときのこと。

 

[以下引用]

国分太一は、同じジャニーズ事務所所属の嵐のメンバーが紅白の司会を長年やっていることに笑顔で不満を漏らし「「司会は、いつ回ってくるんだろう。嵐のところでくるくる回っている。皆さんの方から『いい人がいる』と言ってください。もう一生来ないのかな」と痛快なコメントを放つ。

[スポニチ]

 

これに対して長瀬智也さんが「一生回ってこないと思うよ」、山口さんが「(TOKIOは)ガヤタレントですから」と自虐的に話してまとめたというのノリでみんなで会見を盛り上げたという感じなのでしょう。

 

「皆様のおかげです、ありがとうございます」じゃ無難すぎますし、良かったんじゃないかと思います。

 

しかし、ネットを見ると何言っちゃってるの、24回も出ていることに感謝しなよ」という声がよく見られます。

 

TOKIOはヒット曲がないのになんで紅白に出るの?とよく言われており、今年の週刊文春の「紅白に出てほしくない歌手ランキング」でも8位にランクインしていますし、そんなTOKIOの国分さんがこんな発言なので反感も多いよう。

 

TOKIOはヒット曲はないですが、毎年発表される歌手別視聴率では常に高い数字をキープしています。

 

おそらく『鉄腕ダッシュ』で全国的、全世代に知名度を広げ好感度を得た結果なのでは。

 

しっかり視聴率を取るという意味ではNHKの期待に応えているわけですし、しばらく出続けるんじゃないでしょうかね。

 

 

※歌は今年は宙船ではないほうです[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宙船(そらふね)/do!do!do! [ TOKIO ]

価格:1131円(税込、送料無料) (2017/12/30時点)



 

城島茂と山口達也は自虐ネタ

 

ふつうのジャニーズらしくない応酬は他にもあり、山口達也さんは今後の活動について聞かれ、「養育費を払わないといけない。あと15年は現役で働かないといけない」と自らの離婚という自虐ネタを披露。

 

城島茂さんは今年年下女性との熱愛が報じられたこととから結婚について振られ、「おっかだビックリ」「(自分の)カミサンの話をしたかったけど、カミセンの方が先になった」と、V6・岡田准一さんと宮崎あおいさんの結婚と結婚したことを絡めて回答しました。

 

 

そして、そもそも岡田さんがジャニーズからデビューしたきっかけである、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」のオーディションで審査員を務めたのが山口さんと城島さんだったことから、松岡昌宏さんが「オーディションで受かった人が結婚して、選んだ人が養育費を払っている。凄いね」と、どこまでもジャニーズらしくない会見だったようです。

 

TOKIOは『鉄腕ダッシュ』での活躍ぶりといい、いろいろな「ジャニーズらしさ」というものを突き抜けた存在ですね。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※元SMAPさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング