タグ:加藤綾子の記事一覧

タグ:加藤綾子
「news zero」加藤綾子と桐谷美玲の起用で視聴率回復を目指す!?若手美人女子アナの起用も検討中とか

視聴率低迷に苦しむ日テレ系ニュース番組「news zero」が、起死回生策として加藤綾子さんと出演交渉に入ったとの噂が流れています。

 

さらに、桐谷美玲さんの”再起用”やサブキャスターとして若手美人女子アナを置くことも検討しているそうで、日テレ内部は相当な危機感を持っているようです。

 

※はあ、やっぱりワタシが必要になっちゃうわけだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あさえがお 心のハンドルをぎゅっとにぎる33の言葉 [ 加藤 綾子 ]

価格:1296円(税込、送料無料) (2018/10/26時点)

楽天で購入


 

[以下引用]

フリーアナの“カトパン”こと加藤綾子の、業界内での評価が急速に上がっている。

 

「今、司会では古巣のフジテレビのバラエティー『ホンマでっか!?TV』1本しかありませんが、他局もしっかりチェックしています。そんな中、すぐにでも加藤をキャスターにしたいという局が1社、すでに交渉に入っているというウワサです」(テレビ誌ライター)

 

果たして、どこの局で番組名が何か――。ウワサをたどると、日本テレビ『NEWS ZERO』が浮かび上がってきた。

 

「ZEROは初日10.0%、翌日10.4%と大健闘を見せたものの、すぐさま暴落。以降、一桁を続け、5%以下にまで落ち込む日も出てくる始末。有働はともかく、サブやコメンテーターが悪過ぎ。以前から最悪の評判ながら、唯一レギュラーとして残った櫻井翔がマトモに見えるほどです」(テレビ雑誌編集者)

 

救世主として加藤にすがりたいというのも、実に現実味のある話。確かに加藤が加われば、番組の注目度もあらためて仕切り直しできる。

 

「ZEROは、よく分からないコメンテーターが想像以上の悪評ですから、できれば完全リセットしたい。カトパンが来ればチャラになります」(前同)

[まいじつ]

 

ということですが、カトパンに報道番組は無理でしょう。

 

さすがに信憑性の低いハナシだと思います。

 

それよりも、まだこっちの方が説得力はあります。

 

[以下引用]
「日テレは最も視聴率分析に長けている局なのに、なぜ有働さんを夜帯に起用したのかは解せません。これまで担当していた『あさイチ』の視聴者は主婦層などほとんど女性でした。逆に、夜のニュース番組の視聴者は主に男性です。男性視聴者はどうしても若い女性キャスターを好む傾向がある。数字上はそういう傾向が顕著です。正直、49歳の有働さんには荷が重いですよ。これまで夜のニュースで高視聴率を取っていた番組の女性キャスターを振り返れば、わかると思います」(テレビ局関係者)

 

 

『ZERO』が同時間帯で1位を獲得できたのも、2006年のスタート時からサブキャスターに抜擢された小林麻央さんの功績が大きいと言われ、女優の桐谷美玲も2012年から今年9月までの6年半にわたって毎週火曜日に顔を見せていた。

 

「有働さんひとりがフォーカスされるような体制を取ったことも不振の要因かもしれません。諸事情があってそうならざるを得なかったのかもしれませんが……。今まではメインに村尾信尚キャスターがいて、サブには小林麻央さんをはじめ、山岸舞彩さん、小正裕佳子アナなどの美人女性キャスターがいる体制だった。今はサブを置いていないから、視聴率が下がるとどうしても有働さんだけが注目されてしまう。ちょっとかわいそうだと思います」

[女性セブン]

 

なるほど…

 

1980年代後半から1990年代にかけては「ニュースステーション」の小宮悦子アナ、2000年代には「ニュースJAPAN」の滝川クリステルアナがいましたもんね。

 

それぞれ美脚や上目遣いのカメラ目線など、持ち前の”オンナの武器”を駆使して男性視聴者からの支持を獲得していました。

 

※だそうです。

やっぱり滝川クリステルは斜め45度がいいのだ!

やっぱり滝川クリステルは斜め45度がいいのだ!

 

そう考えると、有働アナのサブとして若手の美人女子アナを置くというのは、視聴率アップに有効な気もしてきますが…

 

そもそも、有働さんが敢えてサブキャスターを置かなかったのは、ジャーナリストとして「自分ひとりの力でやっていく」という決意の表れだったのでは?

 

現在の低視聴率については、本人も「なんとかしなくては…」と焦っていると思いますが、だからといって若くて綺麗な女子アナを起用するなんて、絶対にあり得ないかと。

 

たとえ、それで視聴率がアップするとしても、彼女のプライドが許すはずありません。

 

ただ、日テレは10月第3週の週間視聴率で全日、ゴールデン、プライムの全部門でテレビ朝日に首位を譲ってしまったんですよね。

 

「news zero」は月曜から金曜まで放送される帯番組ですし、そこでの不調はモロに全日視聴率に影響してきます。

 

視聴率三冠王を狙っている日テレが、有働アナのプライドと自分たちの生命線である視聴率のどちらを優先するのか、それは火を見るよりも明らかなこと。

 

なので、落としどころとして次のような噂が出てくるわけで…

 

[以下引用]

「村尾のときに火曜日キャスターで出演していた桐谷美玲は、リニューアル後も残るとみられていた。本人もそう思っていたらしく、不満だった彼女は当てつけに“降板会見”まで開いたほどだ。

 

「桐谷も最初、インタビューなど満足にできず『しょせん客寄せ』といわれた。でも6年半も続けてだいぶうまくなった。正直、櫻井よりも全然マシだったし、有働も桐谷を『残してもいい』と言っていたのです」(テレビ雑誌編集者)

 

しかし、イザ新体制でスタートしてみると、この惨状。再び桐谷出演のメも出てきたという。

 

「桐谷は女優の仕事が嫌いで、将来的には雑誌モデルとキャスター業でやりたいんです。新たな出演陣を見る限り桐谷の方が全然マトモだし、視聴率も期待できますよ」(前同)

[まいじつ]

 

10月24日、NHKの定例会見が行われ、木田幸紀放送総局長が有働アナに言及するという珍しい光景が繰り広げられたそうです。

 

「他局のことなので、僕があれこれ言うと、日テレさんに怒られちゃう(苦笑)。ですが、長くやってきた同僚・後輩なので言うと、彼女は素晴らしいセンスの持ち主なので、いずれ、そう遠くない日に見たことも聞いたこともない新しい有働節を開発すると思っています」

 

このようにエールを送ったということですが、これって良く読み返してみるとかなり意味深なことを言ってるような。

 

そもそも、有働アナの報道キャスター、あるいはジャーナリストとしての能力を認めていれば「そう遠くない日に本来の実力を発揮してくれる」と答えるでしょう。

 

ですが、「そう遠くない日に見たことも聞いたこともない新しい有働節を開発すると思っている」ですからね。

 

エールに見せかけて、実は「お前にできんのかよ。できるものなら俺たちに見せてみろよ」と挑発してるように感じたのですが…考えすぎ?

 

いずれにせよ、有働アナが早くも正念場に立たされていることは間違いありません。

 

この難局をどのように乗り越えていくのか、注目したいと思います。

 

 ※実は虎視眈々とメインキャスターの座を狙っている…

 あのおぼっちゃまgeinou reading geinou ranking

 あのおぼっちゃまgeinou ranking geinou reading

 

※坊主頭にして気合を入れてみますか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウドウロク (新潮文庫) [ 有働 由美子 ]

価格:561円(税込、送料無料) (2018/10/26時点)

楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※有働アナのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

加藤綾子の主演ドラマが決定か!視聴者からの棒演技評価とは裏腹に、業界では女優として最高評価なんだとか

マスコミによる「好きな女子アナ」「嫌いな女子アナ」アンケートの両方でベスト3入りするなど、女子アナ界の”キムタク”といっても過言ではないほどの注目を集めるカトパンこと加藤綾子アナ。

 

そんな彼女に主演ドラマの話が舞い込んでいるといいます。

 

今年4月期に放送されたTBSドラマ「ブラックペアン」で女優デビューしたものの、ネットではその演技力が酷評されていたのですが…

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あさえがお 心のハンドルをぎゅっとにぎる33の言葉 [ 加藤 綾子 ]

価格:1296円(税込、送料無料) (2018/10/10時点)

楽天で購入


 

[以下引用]

民放のA局ですが、カトパンを本格的に女優として売り出したい意向のようで、医療ドラマでの主演を考えているといいます。女医といえば、何と言ってもテレビ朝日、米倉涼子の『ドクターX』ですね。でもカトパンが出演した『ブラックペアン』も医学モノ。近作ではフジテレビの『グッド・ドクター』もヒットしているし、医療ドラマは当たるんです。だからA局としても“医師・加藤”で当てたいのです」(芸能記者)

 

加藤の『ブラックペアン』での演技は、賛否両論あったのは事実。

 

「演劇など満足に見たことのない芸能ライターが、とりあえず“棒演技”とでも書いときゃいいのノリで評しただけ。実際には流暢なセリフ回しとクールな表情は『想像以上にうまい』というのが専門家筋の見方です。女優として大成するとの声もあるほど」(ドラマライター)

 

加藤がどんな医師を演じるのか、イメージもできているというのだ。

 

「『ドクターX』は“私、失敗しないので”という天才外科医ですが、加藤はその逆。“みんな私のせい”と医学の限界に悩む人情外科医です。自分が決断できず、死に至ってしまったこともある。確かに加藤に似合っている感じ。局のドラマ担当の間では、早くも『ドクターA(綾子)』と呼ばれています」(前同)

 

[まいじつ]

 

さすが実話系のゴシップメディア。

 

最後の「ドクターA」というオチにつなげるために、長々と作文して「ご苦労さま」といったところ?

 

まあ、演技力とか存在感とか、いろんな意味で現在の加藤さんに主演は難しいでしょう。

 

深夜枠でゆる~い学芸会ドラマをやるというのなら、話は別ですけど。

 

本人が女優志向を持っているのなら、あと数年は脇役としていろんなドラマに出演して経験値を蓄える必要があるんじゃないかと。

 

 

ちなみに、加藤さんは今年3月にフジのスポーツ番組「スポーツLIFE HERO’S」が低視聴率で打ち切りになっています。

 

恐らく、本人としてもかなり悔しかったはずで、周辺には「今後も司会者として頑張りたい」とリベンジを宣言していたとも。

 

今さら報道寄りのインテリ路線を進むには無理がありますし、かといってスポーツ番組やバラエティ番組で先頭に立って仕切っていくスキルもありません。

 

そんな状態で女優へ挑戦したとしても、全てが中途半端に終わってしまう恐れもあると思いますが…どうなんでしょう?

 

正直、加藤さんの冠番組も主演ドラマも全くイメージが湧きませんし、やはりメインではなく脇役として存在感を発揮するのが一番向いていると思います。

 

◆加藤綾子の高校時代

 閲覧注意![画像]→ geinou reading geinou ranking

 閲覧注意![画像]→ geinou ranking geinou reading

 

※アナウンサー風タレントであることを自覚したほうが良いのでは?

あさえがお 心のハンドルをぎゅっとにぎる33の言葉

あさえがお 心のハンドルをぎゅっとにぎる33の言葉

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※加藤綾子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

「本当の嫌われタレント」になった明石家さんま。ネタ話でも笑いが取れず芸人として致命的か

明石家さんまさんの人気がどんどん下がっているといいます。

大きなきっかけはSMAP騒動に口を出したことですが、ラジオで加藤綾子さんを「罵ってやった」と明かすなどちょっとヒドイ発言が多いようで…

ranking

※島田紳助さんのあとをいkぅ?[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自己プロデュース力 [ 島田紳助 ]
価格:905円(税込、送料無料) (2016/10/31時点)



この記事の続きを読む

史上最強の女子アナ総合ランキング!1位は当然…?

テレビ放送が開始して60年超の間にテレビを彩った女子アナについて、週刊ポストが「アナウンス力」「美貌」「知性」「親しみやすさ」「不倫(浮気)したいのは」という5項目でアンケートをとりました。その結果「史上最強の女子アナ」に選ばれたのは…



 → ranking



※一時代を築きました。

[楽天市場]


この記事の続きを読む