パンくずリスト
  • ホーム
  • 伊勢谷友介
タグ:伊勢谷友介
  • 未分類

 

 

先日、「翔んで埼玉Ⅱ(仮題)」の製作が発表され、ネットでは喜びの声が溢れかえっていますが、それとともにアノ人の芸能界復帰が取り沙汰されています。

 

 

※改めて原作を読んでみることを強くオススメします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

翔んで埼玉 (このマンガがすごい!comics) [ 魔夜峰央 ]

価格:770円(税込、送料無料) (2021/8/14時点)


楽天で購入


 

 

 

2019年に公開された「翔んで埼玉」は、興行収入37億6000万円を記録したヒット作。

 

埼玉県民が迫害を受ける架空の世界を舞台に、GACKTさん演じる麻実麗と二階堂ふみさん演じる壇ノ浦百美が自由を求めて戦う様がコミカルに描かれ、日本アカデミー賞では最優秀監督賞を含む12部門を受賞するなど大きな話題となりました。

 

続編となる今作でもGACKTさんと二階堂さんの続投は決まっており、二人とも独特の表現で意欲を見せていましたが、それ以上にネット民が気になっているのはアノ人が出演するかどうかのようで・・

 

 

続編発表を受けて、ツイッターでは『翔んで埼玉』トレンドランキングに入るなど大盛り上がり。匿名掲示板では、

 

《楽しみですが前作が凄すぎて、これを超えるのはかなり難しいハードルです。頑張って面白いのを作って下さい》

《前作はとても面白く何度も見ました。が、埼玉あるあるを出し尽くした感が強い中、まだネタがあるのかと思ってしまいます》

《2作目ってことで不安はあるけどテルマエ・ロマエみたいにいい意味で予想を裏切ってほしい。「そうきたか!」みたいなのを楽しみにしています》

 

などなど、期待と不安、双方の声が投稿された。しかし、一部の人たちからは

 

《伊勢谷友介どうすんの? 千葉どうすんの?》

《伊勢谷氏は出られないだろうなぁ…怪演最高だったのに残念》

《伊勢谷友介さんはアウトだろうな。あの怪演を再び見たかった。。。》

 

といった声も。

 

前作で東京都知事・壇ノ浦建造の執事という仮面を被っているも、実は千葉解放戦線のリーダーとして千葉県に対する差別を撤廃するために活動している阿久津翔を怪演した伊勢谷友介の出演についての声が上がった。

 

「伊勢谷は昨年9月、大麻所持の現行犯として大麻取締法違反の容疑で警視庁に逮捕されました。裁判で懲役1年、執行猶予3年の判決を受け、現在は活動を休止中です。伊勢谷が逮捕されたときに公開予定だった映画『いのちの停車場』と『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は、伊勢谷の出番が削られることなく無事に公開されています」(芸能ライター)

[週刊実話]

 

この映画、公開時期は2022年としか発表されていませんが、もしかしたら伊勢谷さんの出演が可能かどうか、その辺りの調整も含めて・・ということなのでは?

 

まあ、前作で伊勢谷さんはかなり重要な役柄でしたし、今さら代役を立てるわけにもいかないので、制作側としてはもちろん起用したいところでしょう。

 

原作にどこまで忠実に作るのかは不明ですが、出演OKかNGかによってストーリーに大きな違いが出てくるのは間違いありませんから。

 

そういう意味では、続編成功を願う前作ファンにとっても、伊勢谷さんの出演はぜひ実現してもらいたいんじゃないかと。

 

こちらの唐田えりかさんの記事でも書きましたが、映画はテレビドラマとは違い「観たい人がお金を払って観るもの」なので、制作陣と作品ファンが双方とも希望しているのであれば、伊勢谷さんの出演は「ほぼ決まった」も同然だと思いますが・・

 

 

◆ちなみにピエール瀧さんはこちらの続編には呼ばれませんでした。重要な役でしたが。

孤狼の血 - 役所広司, 松坂桃李, 真木よう子, 音尾琢真, 駿河太郎, 中村倫也, 阿部純子, 中村獅童, 竹野内豊, 滝藤賢一, 矢島健一, 田口トモロヲ, ピエール瀧, 石橋蓮司, 江口洋介, 白石和彌, 天野和人, 池上純哉

孤狼の血

 

 

ところで、続編制作が決まったことで、地元埼玉は早くも盛り上がっているようです。

 

[以下引用]

前作ではさまざまなコラボレーション商品やタイアップ企画が登場した。十万石ふくさや(行田市)の「十万石まんじゅう」、安楽亭(さいたま市)の「豚で菜玉セット」、赤城乳業(深谷市)が映画公開の劇場と連携した「口にするだけで口が埼玉になるわ!ソーダ」…。県内外の人が映画を取り巻くさまざまなムーブメントを楽しんだ。

 

春日部市の「みどりスーパー」では、映画に登場する「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ」という衝撃的なセリフにちなんで「そこらへんの草天ぷら」を発売。今年4月には「そこらへんの草天丼」を発売し、評判になった。考案者の河内みどりさんは、続編の決定を歓迎し「そこらへんの草で改めて映画を盛り上げたい」と話した。

 

もちろん、県ももろ手を挙げての歓迎ムード。県観光課は「今はコロナ禍で旅行自粛ですが、続編で『世界埼玉化計画』による埼玉愛が世界に広がり、海外からも翔んで埼玉に来ていただけることを期待します」とコメントした。映画の公式ホームページでは「埼玉の皆様 続編作ってゴメンなさい。」のキャッチコピーが躍るが、県や県民としては「続編作ってくれてアリガトウ」といったところのようだ。

[産経新聞]

 

埼玉県の方々、ノリが良くて楽しくなっちゃいますね。

 

ここまで期待されたんじゃ、伊勢谷さんも出演を拒否できないでしょう。

 

今年4月の文春インタビューでは、

 

「許されるなら、もう一度、俳優として活動したい」

 

と語っていましたが、ここまでの話題作で復帰となれば、逮捕によって背負うことになったネガティブなイメージを払拭できる可能性もあるだけに、今後の展開に注目です。

 

 

◆翔んで埼玉の名言ランキング!

 爆笑注意→ geinou ranking geinou reading

 爆笑注意→ geinou reading geinou ranking

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

映画『翔んで埼玉』公式ガイドブック [ 魔夜峰央 ]

価格:1628円(税込、送料無料) (2021/8/14時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※伊勢谷さん、GACKTさん、二階堂さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

今月8日に大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された伊勢谷友介さんですが、当初に見込まれていた損害賠償金はかなり減額される見込みだといいます。さらには、ある理由から超早期復帰も約束されているんだとか…

 

 違約金減額はピエール瀧のおかげ

 

伊勢谷さんは来年公開予定の映画「いのちの停車場」に出演しているのですが、配給元である東映の手塚治社長は先日、彼の出演シーンをカットせずに公開することを発表。

 

※原作者の南さんは出版社勤務を経験してから医者になった珍しい経歴の方です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いのちの停車場 [ 南 杏子 ]

価格:1760円(税込、送料無料) (2020/9/20時点)


楽天で購入


 

これを受けて、他の出演作についても同様の措置が取られることは、ほぼ確実と見られています。

 

[以下引用]

世間に浸透し始めている『作品に罪はない』という意識が高まり、特にわざわざ観客がチケット代を支払う映画に関しては、観客の判断に任せようという流れになって来た。映画の製作・配給元にしても、代役を立てての撮り直しや再編集には余計な費用がかかるので、願ってもない流れです」(映画業界関係者)

 

もともと、この流れを作ったのは昨年3月に薬物事件で逮捕された電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧。出演作の『麻雀放浪記2020』は翌月に公開予定だったが、製作・配給元である東映は瀧のシーンをカットせずに公開することを決定。これによって、映画については「逮捕=お蔵入り」という図式が崩れることになった。

[日刊サイゾー]

 

まあ、出演者が逮捕されるたびに出演シーンのカットや作品自体のお蔵入りが避けられないのでは、制作元だけでなく他の出演者にも大迷惑が掛かりますからね。

 

時代的にも「作品に罪はない」という流れになってきてますし、今後は有料会員のみが視聴できるAmazonプライムやNetflixなどのネットテレビにも波及していくと思われます。

 

ただ、地上波テレビに関しては、クレームを付けてくる視聴者も多いでしょうから、なかなか難しい部分はあります。

 

もし、違法薬物逮捕時の対応が映画と地上波ドラマで違うとなると、

 

「映画にしか出ない俳優・女優は怪しい」

 

なんて憶測を持たれてしまうかもしれません。

 

映画や舞台を好んで出演する俳優・女優もいるんですけどね…

 

 

異例の早期復帰も約束済み! 

 

[スポンサーリンク]

 

さて、伊勢谷さんの違約金減額に大きな役割を果たした?ピエール瀧さんですが、昨年6月には懲役1年6ヵ月、執行猶予3年の有罪判決を受けました。

 

しかし、逮捕から1年も立たない今年2月には映画撮影で仕事復帰を果たし、世間からブーイングを浴びたのは記憶に新しいところ。

 

しかし、伊勢谷さんはこれよりもっと早く仕事復帰を果たす可能性が高いそうで…

 

[以下引用]

「伊勢谷容疑者の強力なタニマチとして知られているのが、ある企業のトップをつとめる映画界の実力者として知られる人物。伊勢谷容疑者よりもひと回りほど年上だが、彼をかわいがっており、その人物が所有する都内にある豪邸で“秘密パーティー”が行われいたことでも業界で有名。伊勢谷容疑者はそのパーティーに歴代の彼女を連れて行ったこともあるが、そこまで関係が深かっただけに、判決確定後、時間が経たないうちに“救いの手”が差し伸べられることになりそうだ」(芸能記者)

[日刊サイゾー]

 

伊勢谷さんのプライベートはともかく、役者としての存在感を高く評価する業界関係者は多いといいます。

 

この辺りはピエール瀧さんに通じるものがありますし、伊勢谷さんの場合も強力なタニマチの力だけでなく、映画の制作現場からも声が掛かる可能性は高いでしょう。

 

金欠も報じられている伊勢谷さんとしては願ったり叶ったり?

 

ですが、もし判決直後に復帰したら、世間から大ブーイングを浴びることは必至。

 

ドSで知られる伊勢谷さんが、そんな状況に耐えられるのかどうか…

 

◆15年前、沢尻エリカと薬物にふけった人気男性アイドル

って誰→ geinou ranking geinou reading

って誰→ geinou reading geinou ranking

 

◆こちらも当初予定通りに発売されるそうで。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【先着特典】未満警察 ミッドナイトランナー DVD-BOX(オリジナルA5クリア...

価格:16720円(税込、送料無料) (2020/9/20時点)


楽天で購入

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※伊勢谷さん、ピエール瀧さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

大麻取締法違反容疑で逮捕された伊勢谷友介さんが、大麻を止めるように懇願した交際女性の顔面を蹴るなど”フルボッコ”にしていたと、東スポが報じています。

 

※かっぱ級のゴシップです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東スポリサーチサークル カッパ編 [DVD]

価格:1375円(税込、送料別) (2020/9/14時点)


楽天で購入

 

大麻を止める彼女をフルボッコ 

 

警視庁の発表によると、伊勢谷さんの自宅から押収された大麻は20.3g約40回分)ほどだったとのこと。

 

これは個人が使うには多すぎるものの、売人レベルと比べると少ないことから、「かなり常習性が高かったのだろう」とのこと。

 

実際にどれだけ長く常用していたのかは不明なものの、芸能界からはいつも通り、関係ない”なんちゃってご意見番”たちが上から目線で苦言を呈しています。

 

[以下引用]

歌手の和田アキ子は13日のTBS系「アッコにおまかせ!」で、伊勢谷容疑者に言及。以前から薬物の噂があったとされることに触れ「一緒にいた人が感じてたなら、注意しない? 普通」「周りが言うべきやけどな」と不思議がった。

 

また、同日のTBS系「サンデー・ジャポン」では、長渕剛の長男でシンガーソングライターのWATARUが「誰か『ダメだろ!』って殴ってでも止めてくれるような、熱い友情がある身内関係者がいなかったのか」と首をひねった。

 

伊勢谷容疑者の自宅に出入りするような親密な関係の人なら、確かに違法薬物使用を知らなかったとは考えにくい。その中にはやめるように説得しようとしていた交際女性もいたという。

 

「交際当時、モデルとして活動し、きちんと事務所にも所属していたA子さんです。伊勢谷は仕事先の仲間にも彼女を紹介するほどで、仲の良さは知られていた。感情の起伏があまりに激しく、DVを繰り返す伊勢谷の原因が〝薬物使用〟と知り、彼女はやめるように懇願していました」(A子さんを知る芸能関係者)

 

しかし、伊勢谷容疑者は恋人の懇願を〝拒否〟。それどころか、日ごろから受けていた殴るなどのDVが過激になり、絶対服従の支配下に置くように。さらに〝ある部分〟を執拗に狙うようにもなっていったという。

 

「モデル出身の伊勢谷でなくても、絶対にダメだと分かるはずなんですが、〝顔〟を狙うんです。しかも、手じゃなくて足で。何度も顔に蹴りを入れるんです。顔面が陥没骨折したこともあるほど激しかった。しかし、別れそうになると、泣きながら謝罪し、結婚まで匂わせる。ストーカー気質でした」(前同)

[東スポ]

 

 

この記事のDV内容自体は7年ほど前に文春が報じたDV疑惑を脚色したもののように思います。

 

 

浮気を激怒して罵倒、逃げ惑う彼女を的にエアガン、別れた彼女にストーカー!伊勢谷友介のサディスティックな裏の顔

 

この記事には2人のDV被害者の話がありますが、一人は顔を腫らしていたために周囲にも気づかれた人もいたよう。

 

当時は大麻のたの字もない記事でしたが、20年前から大麻を使っていたなら確かにあり得る話ではあります。

 

DVでも別れず、大麻を止めさせようとした恋人がいたのに、伊勢谷容疑者はそれさえも暴力で振り切っていたんだとしたら、なんともひどい話です。

 

 

 伊勢谷友介の金欠は慰謝料地獄の結果?

 

[スポンサーリンク]

 

さて、東スポ情報によると、元交際女性のA子さんはDV後遺症で事務所を退所し、今ではモデルの仕事からも足を洗っているとのこと。

 

当時、娘が順調に芸能活動をしていたと思っていたご両親は、そのあまりにも変わり果てた姿に大激怒し裁判一歩手前までいったものの、最終的には数百万円規模の慰謝料をもらって交際関係を清算したといいます。

 

 

で、伊勢谷さんの手際の良さから、業界では

 

「他にも同じような被害者が多くいるのでは?」

 

と囁かれているそうで…

 

本紙をはじめ、多くの媒体で報じられているように、伊勢谷容疑者は交際女性を的に見立て、エアガンを発射するといったDVを繰り返していたことも判明している。

 

「交際女性へのDVが、違法薬物によるものなのかは分かりません。ただ、結婚を匂わせながらDVを繰り返すのは最低の行為。ましてや伊勢谷容疑者のことを思って、ドラッグ断ちを懇願した恋人に卑劣な行為で服従させるなんて…許せない」(モデル仲間)

 

パーティーやクラブなどで異様なテンションで騒ぐ姿が目撃され、以前から薬物疑惑を噂されていた伊勢谷容疑者。A子さんが止めた時がやめる最大のチャンスだったが、それもキックで吹き飛ばしてしまった。

[東スポ]

 

 

そういえば、DVで彼女を大麻を吸うよう洗脳していたとい話もありました。

 

伊勢谷友介はDVで彼女を大麻を吸うように洗脳していた!元カノ長澤まさみ、広末涼子は…?

 

あれだけ売れっ子だった伊勢谷容疑者が意外にも金欠で、財産と言えるのは自宅と凝りに凝ったハイエースのみ。大麻も1円でも安いものを求めていた、なんて報道もありましたが、もしかすると、こういう慰謝料を支払わないといけなくなるようなことが多かったからなのかもしれません。なんせ女性が途切れたことはなく、S気質は昔から、ということですからね。

 

まあでも、マスコミもよく伊勢谷容疑者のひどい素顔を報じるものですよね。

 

相手が反撃できないほど弱っていると見るや、愉快犯的に徹底的に叩きまくる。

 

「強きに媚びへつらい、弱きを挫く」

 

の典型を見ている気分です。

 

◆15年前、沢尻エリカと薬物にふけった人気男性アイドル

って誰→ geinou ranking geinou reading

って誰→ geinou reading geinou ranking

 

※まさにどこかの国と同じ気質。

日本を取り巻く無法国家のあしらい方【電子限定特典付き】 (扶桑社BOOKS) - グレンコ・アンドリー

日本を取り巻く無法国家のあしらい方【電子限定特典付き】

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※長澤まさみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

伊勢谷友介容疑者が逮捕されたとき、業界では「え、他の人なはずじゃ」と騒然となったんだとか。

 

伊勢谷容疑者よりも先に逮捕されるはずだったハーフタレントとは…

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LOUIS VUITTON トート 予約送料込! ルイヴィトン 美術館 トートバ...

価格:14300円(税込、送料別) (2020/9/13時点)


楽天で購入

 

 

 

[以下引用]

俳優の伊勢谷友介容疑者(44)が8日、大麻取締法違反の疑いで警視庁に現行犯逮捕された。「彼は捜査当局にずっとマークされていたので“今さら感”が強い」というコメンテーターの解説もあったが、伊勢谷の逮捕直後、別の意味で驚きが広がったという。

 

「クスリなど警察周辺を取材する担当記者の間では、少し前まで別の女性タレントの薬物疑惑が囁かれていました」(捜査事情通)

[ゲンダイネット]

 

きっかけは8月28日発売の月刊誌「実話ナックルズ」の「ハーフタレントX ガサ入れされていた」という記事だったとか。

 

 

[以下引用]

さて今回、ナックルズが報じた女性タレントは誰なのか。同誌は〈20代のハーフ〉〈モデル出身でデビュー直後からグラビアを席巻し、バラエティーにも出演〉〈語学堪能の才女というイメージ〉〈マジメ〉など、いくつかヒントを書いている。

 

「女性のハーフタレントは何人もいますが、これだけヒントを並べられると、ある程度は候補が絞られます。スキャンダルどころか熱愛報道すら出たことがないマジメなタレントですから、驚く人は多いでしょう。しかし、女性タレントの所属事務所の関係者が完全に否定している。そもそも、ナックルズ自体が捜査は空振りに終わったと報じているため、週刊誌も沈黙しています」(前出の捜査事情通)

[ゲンダイネット]

 

 

真面目で語学堪能な才女、熱愛すら報じられたことがないハーフタレント、と言ったら、たしかに思い浮かぶ人はいます。

 

7月にもハーフタレントがガサ入れされたという話がありましたが、その他条件がまるで違うので別人だと思われます。

 

ハーフタレントXに薬物疑惑浮上!グラビアで絶大な人気だとか

 

一応、ダレノガレ明美さんは、熱愛が報じられたこともありますし英語力に自信がないためハリウッドも後回しになっていますし、なにより薬物に関して全力で否定しているので絶対にあり得ないことは確かでしょう。

 

今回のハーフタレントも、捜査が空振りに終わったならそれはもうシロということですからね。

 

クスリの使用が疑われたというのは不名誉なことでしょうが、シロだったことが証明されたなら、今後は疑われるような交友関係や言動を控えるよう注意しつつ、それでも根拠のない疑惑記事が出たら、ダレノガレ明美さんのように全力で否定すべきかも。

 

ナックルズは「これホント?」と思うような記事も多いですが、新井浩文被告や元TOKIOの山口達也さんの事件を事前に報じていたこともあり、こういう薬物関係はガチな印象ですが、最近はちょいちょい外しているような…というか、薬物は逮捕という結果になるまでが長いのかもしれませんが。

 

 

 伊勢谷友介のヤバさ

 

[スポンサーリンク]

 

それよりも気になったのが、伊勢谷容疑者について「彼は捜査当局にずっとマークされていたので“今さら感”が強い」というコメンテーターの解説があったという件。

 

これは『バイキング』での元週刊文春記者の中村竜太郎さんや放送作家の山田美保子さんのコメントかと思われますが、ネットでは、それならなぜ通報しなかったのか、そしてなぜ制作サイドは起用し続けたのか、という疑問の声があります。

 

中村さんはこれについて文春オンラインで触れています。

 

きっかけは1999年に広末涼子さんとの交際が報じられた頃、藝大在学中の伊勢谷容疑者が西麻布のクスリの巣窟のような店に出入りしているという噂を聞きつけ取材した結果、大麻疑惑が浮上したとのこと。

 

かなり確度のある話だと感じたものの、「私たちはあくまで記者に過ぎず、警察のような捜査ができるわけではないので、結局は売人や周辺人物の証言以上の証拠が手に入らず、この話は“疑惑”のままで立ち消えになってしまったのです。」と中村さんは話しています。

 

その後も伊勢谷容疑者についてクスリの噂は浮かんでは消えていたが、NHKの大作ドラマにいくつか出演するようになったために、「もうやめたんだろう」と解釈していたと。

 

今はピエール瀧さん、沢尻エリカさんと大河出演中、または撮影中の俳優が次に逮捕されすっかりそんなイメージはないですが、昔のNHKは出演者に対する身体検査がきっちりしてると言われ、NHKに出てるなら大丈夫、みたいな感じがありましたからね。

 

しかし、驚いたのが中村さんとNHK関係者の会話です。

 

[以下引用]

その頃、とある飲みの席で、私は冗談交じりに「伊勢谷を使って大丈夫なんですか? 薬物疑惑もあるのに」とNHKのドラマ関係者に聞いたことがあるのですが、そのとき相手は「そんなのただの噂でしょ」と答えたんです。そんなやり取りもあって、彼の薬物疑惑は時間とともに薄れてきた……というのが私の実感でした。

[文春オンライン]

 

 

「そんなのただの噂でしょ」

 

その噂をしっかり確認しているのかと思っていました…。国民から受信料としてお金を回収して番組を作ってるのに、その程度なんですね。

 

まあ、記者同様、NHKも警察ではないので…ということなのかもしれませんが。いろいろクリーンでもないようですし。

 

モーニング娘。の枕営業告発!NHK八重の桜プロデューサー内藤慎介とバーニングの黒い仲

 

 

伊勢谷容疑者も沢尻さんもピエール瀧さんも皆役者として評価されていましたし、NHKに限らず、噂レベルで排除するのは損失、または、噂レベルで排除していたら起用できる人がいなくなってしまう、みたいな感じだったのでしょうか。

 

その結果、出演作がお蔵入りという、制作に関わった人、作品を楽しみにしていた人、誰も望まないことにもなるわけです。

 

大麻に関しては解禁を主張する人も多くいて、伊勢谷容疑者も根本のところはそうだったんじゃないかと言われていますが、今後の展開はわからないにしても、今は法律で禁止されているんだから、それを遵守するのが義務なはず。

 

加えて、自分の立ち位置が理解できていれば、違法なことなんてできないと思うんですけどね…。

 

◆嫌いなハーフタレントランキング

ふむふむ→ geinou ranking geinou reading

ふむふむ→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※潔白ダレノガレ明美さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング