タグ:ベッキー

 

最近女優としての活躍が目立ち始めたベッキーさんが演技の幅が広がった理由について触れ、川谷絵音さんとの不倫を美談化していると非難の声が上がっているとかいないとか。

 

 

※有吉弘行がベッキーに付けたあだ名

 

不倫を糧にしているベッキーに批判の声 

 

[以下引用]

28日に公開が予定される映画「初恋」では、ヤクザの構成員である彼氏を殺され復讐の鬼と化した女性・ジュリを演じる。暴力的に敵を追い詰める熱演は、今までの明るく元気なベッキーとはまるで違う姿を見せる。

 

そんな役の幅が広くなったことに対しベッキーは「お芝居って人生のすべてが助走になるんだと感じます。過去の悲しい出来事やつらいことが学びになるし、人生経験の厚みにもなることで、それがお芝居に活かせるんだと感じます」と語り、「だからこそ、うれしいこと悲しいこと、失敗したこと…どんなことでも感謝できる。すごく人生に寄り添えるお仕事だなと思います」と、笑顔を見せたとのこと。このコメントは、あの“ゲス不倫”を彷彿とさせる内容だろう。

[エンタメガ]

 

これに対しネットでは「いや、何勝手に美談に変えてんの?」「全然反省してないじゃん」「わざわざ口に出さなくても黙々と頑張ればいいのに」と、辛辣な意見が多く上がっているということですが…

 

他にも「物は言いよう」「元奥さんのことを思うと…」「他人の家庭を壊したのが『人生経験の厚み』?」といった声も。

 

これからも人生を生きていくベッキーさんからすれば、どうにかプラスに転じようと自分にそうやって言い聞かせてきたのかもしれません。

 

まあ確かにわざわざ…とも思いますが、ベッキーさんは今は結婚し子供も生まれることを思うと、いつまでもあのときにとどまっているわけにもいかないのでしょう。

 

が、川谷さんとの将来を思い描いていたであろう元奥さんが、ベッキーさんがニッコリと幸せそうにしているのを見たとすれば、複雑な気持ちになっているかも…

 

元奥さん、今幸せだといいのですが。

 

 

 ベッキーのお花畑時代を振り返る

 

[スポンサーリンク]

 

それにしてもザ・ベッキー節というか、ベッキーさんってそういえばこんな感じの人でしたね。

 

いつでも前向き!良いこと探しみたいな。

 

そのキャラがそのまま、川谷さんとの不倫のときにも発揮されていたことを懐かしく思い出しました。

 

改めて読み直すとやっぱりすごいなと…

 

不倫熱愛ベッキー「ヒルズ族に教えたい 本当の幸せはお金かからないよ」川谷絵音との赤面LINE流出でも妻は離婚を拒否!

 

致命的LINE流出!ベッキー全然懲りてない!会見前日川谷絵音に「友達で押し通す予定!笑」「ありがとう文春!」

当時流出したLINEのやり取りを一部抜粋すると、

 

 

[以下引用]

川谷〈何もない時にエリちゃんと出会えてたら良かったのになとか考えちゃう たらればだけど 神様は割と試練を与えたがる〉

ベッキー〈私は何もない時にけんちゃんと出会えてラッキーくらいに思えてるけど…(※編集部註 川谷の本名は「川谷健太」)〉

川谷〈うん〉

ベッキー〈逆にいいタイミングで出会えた感、ある気が〉

川谷〈エリちゃんがそう思うのなら良かった〉

[週刊文春]

 

「私は何もない時にけんちゃんと出会えてラッキーくらいに思えてるけど…」「逆にいいタイミングで出会えた感、ある気が」いやいや何もない時じゃないし、奥さんいるのに何がいいタイミングなのか、ですよね。

 

そんな前向きベッキー節が乗り移ったのか川谷さんも文春報道を前向きにこんなことを。

 

[以下引用]

川谷〈逆に堂々とできるキッカケになるかも〉

ベッキー〈私はそう思ってるよ!〉

川谷〈ありがとう文春!〉

ベッキー〈ありがとう文春!〉

川谷〈感謝しよう〉

[週刊文春]

 

いやー…お花畑。

 

この過去をいつまで引きずればいいのかという意見もあると思いますけど、ベッキーさんにとっては逆に良いことなのでは。

 

好きの反対は無関心で、無関心になるとベッキーさんが何をしてもしなくてもスルーですからね。

 

あの不倫騒動がなかったら、ベッキーさんのインタビューがこうやって世間の話題になっていたか微妙かも。

 

すべてに感謝ですね!

 

◆不倫したからバレちゃったこの悪事

今この人どうしてる?→ geinou ranking geinou reading

今この人どうしてる?→ geinou reading geinou ranking

 

※正直この外観では役を選びますね…

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ベッキーさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

今年2月、巨人の二軍コーチ片岡治大さんとの結婚を発表したベッキーさんが第一子を授かり来春出産予定だと公式発表されました。

 

とてもおめでたい話なのですが、これがまた無計画すぎるという批判が…

 

 

※絶好調だったころ

 

 

 ベッキーは連ドラヒロインだった!

 

妊娠自体は大変おめでたい話なのですが、なんとベッキーさんは12月7日から放送される要潤さん主演連続ドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 -贖罪の奏鳴曲-』のヒロインに起用されていたとか。

 

[以下引用]

仕事が激減したベッキーにとって、連ドラにフルでレギュラー出演するのは、2013年7月期『ショムニ2013』(フジテレビ系)以来6年ぶりで、今回はヒロインという久々のビッグチャンスでした。幸い、『悪魔の弁護人』の撮影は放送前の今月中にクランクアップする予定ですが、この撮影がオンエアとほぼ同時進行になっていたとしたら、お腹も大きくなって、役作りの上で支障が出る可能性がありました。妊娠が判明してから、撮影していたのですから、つわりなど体調面での問題も少なからずあったでしょうし、現場スタッフや共演者は、かなり気を使ったはず。ベッキーが計画的に子づくりしていたら、こんなタイミングでの妊娠はあり得ないでしょう」(テレビ制作関係者)

 [サイゾー]

 

来春出産、今安定期ということは、初産でもおなかがいくらか大きくなってるはず。

 

先日イベントで姿を見せたときでこんな感じでした。

 

 

 

まだクランクアップしてないのであれば、撮影もちょっと大変では…

 

武井咲さんがTAKAHIROさんとデキ婚したときもドラマの撮影中で、妊婦に無理はさせられないと、ヒロインであるにも関わらず入院した設定になり登場回数は少なく、出てきても倒れてるか病院のベッドかで寝っぱなし、さらに途中から新キャラ投入と、なんだかカオスだったのが思い出されます。

 

妊娠中の武井咲は寝っぱなし!妊婦対策が新しい『今からあなたを脅迫します』に新キャラ連続投入

 

ベッキーさんの場合フジテレビの「オトナの土ドラ」枠ということで注目度は少ないでしょうが、それでも関わる人の多さ、金額を思うと、周囲の人はなかなか心から「おめでとう」とは言えなかったかもしれないですね。

 

※ヒロインがあまり登場しない珍しいドラマに。

[amazon]

 

 事務所もついにお手上げか

 

[スポンサーリンク]

 

ただ、ベッキーさんは現在35歳。来年3月には36歳になります。

 

子供は望めば授かるというものでもなく計画通りにいきませんから、人としてはおめでたい限りです。

 

しかし事務所は困ったでしょう。

 

なんと言っても、不倫報道から3年経ってもバラエティに出れば拒絶、SNSで不用意なことをコメントすれば炎上、で、女優業へシフトし、7月期に多部未華子さん主演NHKドラマ『これは経費で落ちません!』の後半パートに出演、そして今回の『悪魔の弁護人 御子柴礼司』と、やっと波が見えてきたところでしたからね。

 

ベッキーさんは結婚発表も無断で突っ走ってしまったと言います。

 

ベッキー、無断で結婚発表していた!夫・片岡治大にも知らせず、関係各所へ挨拶終わらぬうちの暴走に困惑

 

お子さんが生まれても、川谷絵音さんとの不倫はついてまわり、ママタレは難しいでしょう。

 

実際ネットでは「来春出産。スプリング生まれか」と、ベッキーさんの迷言「センテンススプリング」を思い出すコメントも。

 

ベッキーさんにとってまずかったのは、元が男性に対して潔癖キャラだったのに不倫、しかしポジティブキャラはそのままに、不倫を報じられたおかげで離婚が進む、二人の仲が公にできると「ありがとう文春!」だの「ヒルズ族に教えたい 本当の幸せはお金かからないよ」だの、LINEが流出したことでちょっとイタイ素がバレちゃったことでしょうね。

 

その上、「友だちで通す予定笑」として開いた不倫じゃない会見でウェディングシューズを履いていたという図太さもありました。

 

さすがに事務所ももうイヤだ!ってなっているのでは…

 

◆芸能人の黒歴史

覚えてる?→ geinou ranking geinou reading

覚えてる?→ geinou reading geinou ranking

 

※ベッキーさんの演技に衝撃を受けました

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ベッキーさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

12月2日からパークホテル東京でベッキーさの個展が開かれます。

 

出展作品はすべて売約済みということですが、事前に公表された作品はどれも「・・・」

 

 

 

 

幼心満点のベッキー作品

 

[以下引用]

題して「富士山プリン」。12月2日からパークホテル東京で開催されるベッキーの個展で展示予定の作品の一つだ。プリンの形をした富士山なのか、富士山の形をしたプリンなのか。純真無垢で稚気に富んだ心をお持ちなのだろう。もう1点開催に先立って公開された作品は、「MOCHI!」という鏡餅を描いたもの。これもまた幼心満点の作品だ。

 

「ベッキーは以前からドレスやTシャツのデザイン、絵本の制作など、タレント以外の創作活動もしていました。画家としての本格的な活動は、放送作家の高須光聖氏が発起人のアートプロジェクトに参加した一昨年から。今回の個展は2度目の開催となります」(芸能事務所関係者)

[デイリー新潮]

 

前から「富士山プリン」は話題でしたが、「MOCHI!」は初めて見ました。

 

こちらが「富士山プリン」

 

 

 

プリンと不倫をかけたのねと言われています。

 

そしてこちらが「MOCHI!」

 

 

 

 

・・・

 

幼心満点、ですね。

 

 

思い出してみれば、ベッキーさんがデザインしていたスタジオアリスの着物もパステルカラーのイメージで、こういうのが好きなんでしょうね。

 

ベッキーさんの画家としての個人サイトに掲載されている作品はすべて売約済みとのこと。

 

いずれも10万円以上ということで見てみたのですが、ちょっと衝撃…

 Becky art

 

4色横に塗ってあるだけで10万円、幅の違う3色が横に塗ってあるのも10万円、雨のような点が描いてある絵が13万円、それがちょっとカラフルになると、なぜか10万…

 

それでも売れてるということは、応援する人がいるということなんですね。

 

◆見たことありますか?花田優一画伯の絵

これが売れるなら自信出るかも→ geinou ranking geinou reading

これが売れるなら自信出るかも→ geinou reading geinou ranking

 

未だ許されないベッキー

 

[スポンサーリンク]

 

しかし本業のほうは未だ不調のようで

 

[以下引用]

「ベッキーをキャスティングするたびに“まだダメなのか”と痛感する。というのも、バラエティに出してもドラマに出しても必ず炎上してしまう。作品性を損なうリスクもあり、起用が難しい」(民放編成局幹部)

[デイリー新潮]

 

 

正直、難しいかなと思います。

 

ベッキーさんの場合、不倫発覚だけでなく、そのときのタレントイメージだった誠実さ、真面目さを逆転させる裏の顔もバレてしまいました。

 

つまり、シラッと嘘をつくところ、不倫否定の会見をしながらウエディングシューズを履いていたこと、グイグイ離婚を迫っていたところ、等々ですが。

 

今年結婚し、違う立場でテレビに出ても、その内容がまったく共感されていませんでしたが、それも不倫がどうこうじゃなくてなにかズレていて、タレントとしてもなにか違うのかなと思いました。

 

夫への不満が共感されない…求めるだけで反省のないベッキーは確かに離婚予備軍

 

それでも表に出るのは、ベッキーさんの希望なのか、事務所の都合なのか…

 

正直同情してしまいます。

 

◆「あれを考えたのはベッキー」

元不倫相手が暴露→ geinou ranking geinou reading

元不倫相手が暴露→ geinou reading geinou ranking

 

 

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ベッキーさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

闇営業問題で宮迫博之さんが芸能活動を自粛し、冠番組である『アメトーーク』では蛍原徹さんが他の芸人さんと組んで番組が継続しています。

 

概ね好評で来ていましたが、今週の『アメトーーク』のゲストがベッキーさんだったため、ネットでは「テレ朝なめてる」と怒りの声があがっています。

 

 

※しかもテーマはこち亀。

 

 

 宮迫博之の代わりにベッキーが…

 

この日のテーマは「こち亀芸人」。

 

正式名称は「こちら葛飾区亀有公園前派出所」で、1976年から2016年まで連載された人気漫画で、コミックが全巻で200巻というのは当時の日本記録でした。

 

そんな「こち亀」の魅力を語りに語るために集まったのがケンドーコバヤシさんやバカリズムさん、『麒麟』の川島明さんたちで、ベッキーさんがゲストとして出演したのですが…

 

[以下引用]

しかし、ベッキーの出演には批判的な声も。

《ベッキーさっきからへぇすごーいすごーいしか言ってない》

《映ってもないのにベッキーが手をたたく音がうるさい》

《もう優等生キャラじゃ無理なのになんで前と同じノリなんだよ》

《ベッキーしゃべりすぎ! そっち側の人はうなずくくらいにしてほしい!》


などと、ベッキーのリアクションの〝薄さ〟を指摘する声が出た。また、過去に不倫報道で謹慎生活を送っていたベッキーを出演させた番組サイドの人選に、疑問を呈する声も続出。

 

《アメトークに宮迫いなくてベッキーいるのなんかブラックジョークみたいで笑ってしまう》

《宮迫と一緒でテレビに出たらダメな奴じゃん。不倫女キモいわぁー》

《宮迫といいベッキーといい他人の人生ぶっ壊した人間出す縛りでもしてんのかアメトークは》

《ベッキー出すなら宮迫さんも出ていいと思う》

《宮迫はダメだけどベッキーはいいみたいな? よくわからん》

[まいじつ]

 

 

ベッキーさんはもともと嫌われていますが、それ以前にこち亀に興味がないのがバレバレの反応なのが嫌だったという声も。

 

ベッキーさんは2016年に、宮迫さんは2011年と2017年に不倫報道がありました。

 

宮迫さんは自分も後ろ暗いからか、ベッキーさんを擁護するような発言をしていました。

 

 

 

宮迫博之の圧力が酷い!中田敦彦のベッキー批判に激怒し公共の電波で恫喝

 

その擁護も「なんで?」という感じでしたし、2017年に二度目の不倫報道があったときには誘ったけど断られたから「オフホワイトです」なんてやって、その後も仕事に影響なく過ごしていたのも、「不倫したのはベッキーと同じなのになんで」と宮迫さんが嫌われた理由でしょうね。

 

そして闇営業問題でテレビに出られなくなったわけですが、そこへベッキーさんをはめるというのはさすがに悪ふざけだったかも。

 

 

 

 ベッキーが嫌われる理由

 

[スポンサーリンク]

 

ベッキーさんの転落は2016年のゲスの極み乙女・川谷絵音さんとの不倫がきっかけではありますが、通常以上にダメージがあったのは、ベッキーさんが誠実な優等生キャラでやってきたことも一因です。

 

以前からそこに胡散臭さを感じる人もおり、本当に好感度があるのか疑問が出ている中での不倫報道でした。

 

 

業界人が暴露!低視聴率の原因はベッキー!空気を読まないと共演者からもブーイング

 

そこで判明したのは、「やっぱりな」というべきか、不倫報道を否定する会見前に「友達で押し通す予定!笑」とか、離婚届を「卒論」と言い換えたりする「良い子」にはありえない罪悪感ゼロの態度。

 

 

致命的LINE流出!ベッキー全然懲りてない!会見前日川谷絵音に「友達で押し通す予定!笑」「ありがとう文春!」

 

さらには、その会見でウエディングシューズを履いていた異常さなど、様々な黒さです。

 

 

ベッキーの衣装に批判噴出!不倫否定の謝罪会見なのにウェディングシューズを履いてるって…

 

元が「まじめ」「いい子」なキャラだっただけに、そんな素が出ては嫌われ具合は半端ないですよね。

 

あそこまで人の汚い部分を見せてもまた芸能界に戻るというのも、相当恥ずかしかったと思います。

 

今では結婚もし、最近はドラマにまで出ていますし、どうにか普通に芸能活動をしたいんでしょうけど、出るたび共感が得られないのによく出る機会があるなと。

 

 

夫への不満が共感されない…求めるだけで反省のないベッキーは確かに離婚予備軍

 

テレ朝も知らないわけじゃないでしょうに、宮迫さんの番組に出すというのは、やっぱりちょっとなにか狙ったんでしょうかね。

 

 

◆ベッキー以上の不倫といえばこれかも…

もはやレベルが違う→ geinou ranking geinou reading

もはやレベルが違う→ geinou reading geinou ranking

 

※もはや懐かしい存在

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ベッキーさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング