タグ:ベッキーの記事一覧

タグ:ベッキー
ベッキーの読み間違えが甚だしい!出演番組が高視聴率→今が結婚発表のチャンス♪…実際には抗議電話が殺到していた

ベッキーさんが片岡治大さんとの結婚を独断で発表した件の背景をデイリー新潮が報じています。

 

なんでもベッキーさんが出演した番組の視聴率が軒並み上がったことから「いまだ!」と発表したということなのですが…

 

 

 

ベッキーさんが片岡さんと入籍したのは片岡さんのキャンプイン前の1月。それを発表したのがキャンプ中の2月で、キャンプ中にプライベートの発表はしないものなのにこのタイミングで発表したために、スポーツ記者はよほどの事があったのか、もしやデキ婚?と騒然としたそう。

 

今回珍しかったのが、ベッキーさんがSNSで自分で発表したということ。

 

SNSが発達した今でも事務所の発表が基本で、夫婦連名のFAXも普通のことなのに、ベッキーさんはSNSということで、事務所も夫・片岡さんも「寝耳に水」だったと複数のメディアが報じています。

 →ベッキーが無断で結婚発表していた!

 

この背景にはベッキーさんの「大勝負」があったとか。

 

2016年のゲスの極み乙女。川谷絵音さんとの不倫報道以降、 ベッキーさんは常に“完全復活”を目標に『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』で赤裸々に語ったり『絶対に笑ってはいけない アメリカンポリス24時!』では思い切り蹴られることで笑いに変え禊終了を狙ったりしてきました。

 

その度番組には抗議が殺到しましたが、地道な活動の結果、最近は徐々にテレビ出演が増えてきており、ベッキーさんが最大のチャンスと捉えたのが、1月30日と2月6日の『ヒルナンデス!』と、2月10日の『行列のできる法律相談所』出演だったといいます。

 

[以下引用]

蓋を開けてみると、3番組はいずれも視聴率が好評だった。ビデオリサーチが調べた関東地区の視聴率は、1月30日の「ヒルナンデス!」が6.0%、2月6日の「ヒルナンデス!」が7.2%。「行列のできる法律相談所」に至っては17.0%を記録した。

 

「キー局の地上波番組、それも人気の高い『ヒルナンデス』や『行列のできる法律相談所』にゲスト出演を果たし、なおかつ視聴率も好調でした。ベッキーさんは、今こそが結婚を発表すべきタイミングと見たのでしょう。ご存知の通り、女性芸能人にとって結婚は、新しい仕事を切り開く、重要なターニングポイントの1つですからね」(同・関係者)

 

芸能界は浮き沈みが激しい。たとえスキャンダルが皆無でも、グラビアアイドルや女性芸人が一過性のブームで消えていくことは珍しくない。だが、結婚が報道されると再び脚光を浴びるケースも非常に多い。“良妻”というイメージが、仕事の後押しになるわけだ。ベッキーが狙うのも、その戦略だという。

 

※良妻…

[Amazon]

 


「日テレで視聴率の“実績”を出したわけです。ベッキーさんは『これなら他局からも出演オファーは来る』と判断したに違いありません。その上での結婚発表、というわけです」(同・関係者)

 

2月13日の水曜に発表したのも、視聴率と関係があるそうだ。

 

「2月9日の土曜から、11日月曜までは3連休でした。そのため12日の火曜に『行列のできる法律相談所』の視聴率が発表されたのです。ベッキーさんは17.0%の数字をしっかり把握して、結婚の発表に踏み切った可能性があります」(同・関係者)

 

これほど冷静でなければ、芸能界では生き残れないのだろう。しかしながら、まさかの“策士策に溺れる”という結果だったようだ。日テレ側は、ベッキーが稼いだ視聴率を評価していないという。

 

「実は、ベッキーが日テレに出演すると、相当な抗議電話が殺到したそうです。件数は数百件レベルと聞いています。大半が『なぜベッキーを出演させるんですか!? もう日テレは見ません!』という苦情でした。報告を受けた日テレ上層部は『まだしばらくは、ベッキーを出演させないほうがいい』と判断したようですよ」(同・関係者)

[デイリー新潮]

 

◆ベッキーはホクホクの『ヒルナンデス』出演ですが

空回りがイタイと評判でした→ geinou ranking geinou reading

空回りがイタイと評判でした→ geinou reading geinou ranking

 

ネットには「よく他人の家庭をぶっ壊しといて幸せですとか言えるな」「不倫された側の気持ちを考えて」という声がよくあり、今回「ベッキーの結婚を祝えないなんて」と非難する声もありましたが、絵音さんの奥さんと同じ不倫された方の立場に立てば、とにかく出てこないで、というところかもしれません。

 

『ヒルナンデス』は特に主婦が視聴者層でしょうから、余計に反発もあったかもしれませんね。

 

ベッキーさんの場合、他人の家庭を壊したことに加え、離婚届を「卒論提出」とか、「友だちで押し通す予定!笑」とか、不倫報道すら「離婚を後押しする」と超前向きにとらえ「ありがとう文春」とまでやり取りしていたのが既にバレてしまっています。

 →ベッキーと川谷絵音の致命的LINE流出

 

 

 

今後もベッキーさんが多くの人に受け入れられるようになるのはかなり難しいことだと思います。

 

ママタレ路線なんかもホントムリだと思うので、まずは片岡さんをしっかり支える裏方としてひっそりと過ごし、顔を出すならまた10年後くらいにまたちょっと様子見する、くらいのほうがいいかもしれません。

 

◆忘れてないよ!

芸能人の黒歴史→ geinou ranking geinou reading

芸能人の黒歴史→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ベッキーさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ベッキー、無断で結婚発表していた!夫・片岡治大にも知らせず、関係各所へ挨拶終わらぬうちの暴走に困惑

ベッキーさんが巨人の片岡治大コーチとの結婚を発表しましたが、これはベッキーさんの独断で行われたもので、所属事務所サンミュージックどころか夫の片岡さんにすら断らずに発表したと報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

「実際に結婚したのは1月だといい、このタイミングでの発表には、どうやらウラがあるようです。実は、一部メディアが、発表前日の時点で結婚情報をつかんでおり、サンミュージックに取材していたとか。しかし、ベッキーは不倫騒動以降、事務所と意思の疎通が取れない状況に陥っていたため、片岡側の関係者が、発表の段取りを考え、各所に連絡を入れることになったそうです」(週刊誌記者)

 

おめでたいニュースとはいえ、まだまだ“ゲス不倫”のイメージがつきまとうベッキー。そこで、片岡側の関係者は、よからぬ批判を呼ばぬよう、また各マスコミにも不義理がないような形で発表すべく、奔走していたという。

 

「それなのに、ベッキーはその最中に、独断で発表を行ってしまったんです。当然サンミュージックや巨人関係者も大混乱、当の片岡でさえ『自分も何も知らされていない』と困惑していたとか。あの発表の仕方は、明らかにルール違反でしょう」(同)

[サイゾーウーマン]

 

今回の結婚発表は連名のFAXではなく、ベッキーさんのインスタで行われているのが、こういう疑惑が生じる一因でしょうか。

 

一応、事務所は「1月に入籍していましたが、双方の関係各所に挨拶をし終えたので、やっとファンの皆さまにご報告させていただきました」としています。

 

ただ一方で、片岡さんは只今キャンプ中です。野球関係者がキャンプ中に私的な発表は異例であるため、野球担当の報道陣が「なぜこのタイミングなのか」「妊娠など特別な理由があるのか」とザワついたと日刊ゲンダイでも報じています。

 

そのため、デキ婚が疑われたものの、事務所に問い合わせると「それはありません」と否定されたとか。

 

同居は片岡さんのキャンプ終了後ということなので、マスコミに嗅ぎつけられることもなかったと思うんですけどね。

 

もしかしてキャンプ先での浮気防止でベッキーが先走り発表したとか?

 

遠野なぎこさんも指摘していましたが、ベッキーさんは以前は既婚者であるゲスの極み乙女。の川谷絵音さんと不倫しましたが、今度は不倫される側になったわけです。野球選手のキャンプなど遠征先での浮気・現地妻というのは珍しいはないじゃないようですしね。

 

ただ、ベッキーさんは、「週刊文春」に不倫が報じられた際、自らの意思で開いた釈明会見での発言が嘘だったことが同誌の続報で判明し、結果、大炎上を招き活動休止に追い込まれています。

 

そのときにも所属事務所には相当の損害を与えているのに、今回も独断での結婚発表というのが本当なら当時を反省していないということで、事務所との仲もうまくいかなくなるのでは。

 

◆ベッキーが被害者ヅラ?!

こういうのが…→ geinou ranking geinou reading

こういうのが…→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ベッキーさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ベッキーの「#加工なし」画像がネタにしても反応に困る

ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんとの不倫騒動から復活後も微妙な立ち位置にいるベッキーさんが、最近SNSで「#加工なし」として公開している写真が反応に困ると話題です。

 

 

 

 

[以下引用]

ベッキーは1月23日に「今から収録! たのしみ!」というコメントとともに「#加工なし」のハッシュタグをつけて自撮りを投稿。しかし写真のベッキーは、目が明らかに大きすぎるうえに、顎先もかなりシャープになっている。

 

さらに翌日の24日にも「#加工なし」のハッシュタグをつけて「今からロケ! たのしみ!」と自撮りをアップ。今度はアイメイクが不自然に濃く、鼻先が長く伸びている。

本当に「加工なし」かはかなり疑わしいが、ベッキーのおちゃめな2件の投稿は合わせて6千件以上のリツイートを記録。

 

ファンからは「こわ!!」「うそつけ笑」「だから怖いってー!」とツッコミが殺到している。

[女性自身]

 

ということで、その一枚目の写真がこちら。

 

 

…酒酔い運転で事故を起こす前の吉澤ひとみさんも、このくらいすごい加工写真を公開していたなと思い出しました。

 →吉澤ひとみの顔が閲覧注意

 

このくらいの加工をしても加工じゃないと思っているタレントさんは多そうなので、ベッキーさんのこの写真もビミョーで反応に困るところ。

 

こちらの2枚めの「#加工なし」を投稿してくれて、やっと「あ、冗談だったんだ」とわかりました。

 

 

 

 

非常にささやかなニュースではありますが、ベッキーさん元気でいらっしゃるようでなによりです。

 

 

◆自分しか見えず加工した結果時空が歪み…

恐怖画像ができてしまった!→ geinou ranking geinou reading

恐怖画像ができてしまった!→ geinou reading geinou ranking

 

※インスタ映え。今も?

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ベッキーさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

業界人が暴露!いつ摘発されてもおかしくない芸能人はこの5人

酒気帯び運転で事故を起こし芸能界を引退することになった吉澤ひとみさんは、知人によると運転が荒いことで有名で、運転中は“我先に”という性格であり、首都高や高速道路でも車線変更を繰り返すタイプだったとのこと。

 

事故当時の様子を知るとその知人の証言も誇張とは言い切れず、「運転には性格が出る」ということが思い出されますが、吉澤さん同様に芸能人の中には運転が荒いことで知られている人が数人いるとか。

 

 

 

実名が挙げられた「ルールは守る」2人

 

トカナで実名が挙げられたのは、有吉弘行さん、小柳ルミ子さん、ベッキーさんの3人でした。

 

有吉さんは「スピードを出すタイプではありませんが、追跡するマスコミを“ハメてやろう”という性根の腐った運転をします。例えば、赤信号に変わる直前に急加速して追跡の車を巻こうとしたり、車線変更しまくって行方をくらまそうとしたり。ウィンカーを出したので、左車線に来るかと思ったら土壇場でやめてみたり。後続車両の危険を顧みない運転はほめられたものではありません」とのこと。

 

小柳さんは一言で言うとスピード狂で、とにかく速いが事故らないタイプで「どこかのレーシングチームに入っていたんじゃないか」と推察したくなるくらいの腕前だそうで。

 

この二人は正直マスコミが追わなければそんな姿を見せなかったんじゃないかという気もします。

 

しかしそんな状況でもルールは守っているというが立派です。

 

 

別格ベッキー

 

[以下引用]

イメージが沸かないかもしれないが、ベッキーは運転技術よりも運転態度に問題アリとの情報がある。数年前から業界内でまことしやかに流れているのが、以下のような話だ。

 

「神奈川県警がベッキーに怒っている。路上駐車していたので切符を切ろうとしたら、逆ギレして食ってかかってきたそうだ。しかも今回が初めてではなく、同じようなケースで何度もブツブツ文句を言っていた。神奈川県警の間でベッキーは“感じの悪いドライバー”としてブラックリストに載っているらしい」

[トカナ]

 

ベッキーさんがブラックリストに入っているというのは以前から噂になっていました。

 →ベッキーが警察のブラックリスト入り

 

当時の記事によると、ベッキーさんはとにかく車の運転が荒く、スピード違反や駐車違反で反則切符を切られたことは2度、3度のことではなかったとか。そして切符を切られると警官に対し「何で私なのよ! 他にもいるじゃない!」「ちゃんと仕事しなさいよ!」「Shit!(クソったれ)」と罵詈雑言を浴びせていたそうで。

 

これがゲス不倫報道以前、まだ優等生で通っていた2014年頃の話であまりにイメージと乖離していましたが、情報の出所を辿ると警察関係者に行きつくといいますから、少なくと今現在どうかはともかくそういう時期はあったんでしょうね。

 

 

法律違反であるため匿名になる二人

 

[以下引用]

・ プレイボーイ俳優X

完全に道路交通法に抵触するのでイニシャルで。芸能界を代表する名うてのプレイボーイで、歳を重ねてもフェロモンは衰え知らず。彼を追跡した女性記者が驚愕のドライブを暴露する。「激混みの高速道路で普通に160キロ出して、ごぼう抜きしていったので驚きました。しかもオービス(自動速度違反取締装置)の場所もわかっているので、そこだけ減速するんです。あれはヤバイ。いつ速度超過で摘発されてもおかしくありません」。聞けば東京から関西の主要都市まで、途中のパーキングエリアにも寄らず、片道500キロを4時間切るスピードで激走したという。

 

・ コワモテ俳優M

顔面凶器のコワモテ俳優Mは自ら運転しないが、後部座席での態度が極悪。高速道路で他の車に追い越された際には、マネージャーに「おい、抜き返せ!(抜いた相手の)顔を拝ませろ!」と指示。仕方なくマネージャーが急スピードで追い返すと、Mは窓ごしにドライバーの顔を確認したあと、後部座席から前方に手の伸ばし「プップー!」とクラクションを鳴らすのだという。「勝利宣言みたいなもんですよ。頭がおかしいんですよね」とは事情をよく知る人物。そのMはあまりの横暴ぶりに、その後しばらく仕事を干された時期がある。

[トカナ]

 

顔面凶器俳優Mはただ単に性格が悪い感じがしますし、ベッキーさんも同様ですが、有吉さんに小柳さん、俳優Xに関してはマスコミが追ったから逃げてそんな事になったんじゃ、という気が。

 

俳優Xに至っては時速160キロでオービスではスピードを落とし、パーキングエリアもすっ飛ばし関西まで5時間かからなったなんて、マスコミが追わない限りわからないと思うんですが。

 

結局追われるからそんな法律違反もせざるを得なかったわけで、そんなときに事故が起こらなくて何よりでした。

 

今後も事故が起きないよう、マスコミも気をつけてほしいものです。

 

ところで、俳優Xと似たような感じの話で宮崎あおいさんと福山雅治さんを思い出しました。

 

マスコミに追われたとき、宮崎さんはスポーツカーでもないのにスイスイと車線変更をして運転テクだけで逃げるタイプ。一方で福山さんは影武者を用意し同じ車を5台でかく乱する頭脳プレイタイプだったとか。

 →宮崎あおいの事故は自信過剰が原因

 

今は二人とも家庭を持ちマスコミに追われることも減ったと思いますが、今後も安全運転で頑張ってほしいものです。

 死亡事故の可能性も!吉澤ひとみの事故当時の動画

 

◆吉澤ひとみの事故で評価を落とした芸能人

辛口のはずがこの体たらく…→ geinou ranking geinou reading

辛口のはずがこの体たらく…→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※吉澤ひとみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング