堀北真希さんや桐谷美玲さん、黒木メイサさんなどを排出したスウィートパワーの女性社長にセクハラ報道です。

 

もともと女版ジャニーズと言われたこの事務所ですが、トップのスキャンダル内容まで女版ジャニーズだったようで…

 

※花粉の季節ですし。

 

目次

閉じる

スウィートパワー社長に所属タレントにセクハラしていた疑惑浮上

 

スウィートパワーのトップである岡田社長は、以前から”オンナ好き”というウワサが絶えない人物で、その美少女を見つけるスカウト力はまさに”女版・ジャニー喜多川”という異名に相応しいものでした。

 

[以下引用]

被害者の鈴木友花さん(仮名)も、事務所のスカウトによって芸能界入り。女優として活動している。

 

「岡田社長の自宅は都内の高級住宅街の一角にある豪邸。3階が岡田さんの部屋なのですが、実は鈴木もそこに住まわせているのです」(事務所関係者)

 

岡田氏の寝室にはダブルベッドが置かれている。そこに、鈴木を呼び寄せ、体を触るなどのセクハラ行為を続けてきたという。実際、鈴木自身も親しい知人にこう訴えている。

 

「岡田さんの部屋にダブルベッドがあって、1年半くらい一緒に寝ていました。ベッドの中で、手を繋がれたり、すごく嫌だった」

[文春オンライン]

 

あらら…

 

記事によると、元KARAのジヨンさんとも同居をしていたそうですが、ジヨンさんはその生活に不満をもって2019年7月に韓国へ帰国し、今月スウィートパワーとの業務提供を解消しているとのこと。

 

文春の直撃を受けて、岡田社長は「一緒のベッドで寝たことはない」と否定し、「自宅は寮である、みんなのベッドがダブルベッドである」と弁明しています。

 

そして、「所属タレントは弱い立場にありますよね?」と質問した記者に対し、

 

「弱い立場? それはやる気のある子(の話)です。うちは違う。やる気のない子をスカウトして説得して頭下げて仕事をしてもらっている。だから、いつでも辞められる。もし、そんなことあったらとっくに実家に帰ってるでしょう」

 

と、なんだか良く分からない理屈をこねていますが、被害者がセクハラと感じている以上、ちょっと苦しい言い訳にしか聞こえませんが…

 

 

どこまでも女版ジャニーズだったスウィートパワー

 

1996年に設立されたスウィートパワーは比較的新しい事務所にも関わらず、堀北真希さんや黒木メイサさん、桐谷美玲さん、桜庭ななみさんなど錚々たる女優を排出しています。

 

このことは、岡田社長がいかにやり手であるかを表していると言えるでしょう。

 

[以下引用]

「スウィートパワーの特色は岡田氏のスカウト力。社員を地方に住みこませ、美少女を探し出すのです。長年マネジメント業界を渡り歩いてきた岡田氏の“審美眼”は天才的で、これまで彼女が見初めた女優はほとんど売れています」(スポーツ紙記者)

[文春オンライン]

 

 

岡田社長の言う「やる気のない子をスカウトして説得して頭下げて仕事をしてもらっている」というのはこういうことですよね。

 

だから、堀北さんや桐谷さんみたいに芸能界に執着しない人がいるんでしょう。

 

でも、全員が全員、やる気のない子とも限りません。なんせ元から美少女ですから芸能界に憧れがあって、スカウト待ってました!という人もいたかもしれませんし、そうでなくてもやってみたら楽しくて芸能界に執着して、という人もいるはず。

 

今回被害者である鈴木さんは今も事務所にいるようですし、文春の直撃にも答えられないようですから、つまり”芸能界にいたい人”なんでしょう、彼女は。

 

それでセクハラ系のスキャンダルとは、本当にまるでジャニーズです。

 

スウィートパワーは女性ばかりの事務所であったため、長きに渡り「女版ジャニーズ」と言われていました。

 

しかし、当時小学6年生の高杉真宙さんを美少女と間違えスカウトしたことをきっかけに男性部門であるスパイスパワーを設立。今は岡田健史さんが押されています。

 

その高杉さんはというと、今年4月に退社することを発表しています。

 

その理由がまた複雑で、NHK朝ドラ『おかえりモネ』のオファーがあったときに、「アイドル的な役者と僕は違います。やはり共演したくないです」と拒絶したことがきっかけだったといいます。

 

 

高杉真宙が永瀬廉との共演拒否で朝ドラオファー断り退社!背景にはマネージャートラブルか

それに加えて、高杉さんに異様に執着するマネージャートラブルもあったとか。

 

岡田健史さんにも同様に執着系のマネージャーがついていたそうで、スウィートパワー、なんだか怖い事務所です。

 

とりあえず、トップの岡田社長が自らの審美眼と粘着系のスカウト力でここまで大きくしてきたことを考えると、彼女に降り掛かった”セクハラスキャンダル”というのはあまりにも影響が大きすぎます。

 

今後、若い女の子はスウィートパワーと聞いただけで拒否反応を示すでしょうし、そんなアブナイ場所に大事な娘を預ける親もいないでしょう。

 

そうなると、”オンナだらけ”から”オトコだらけ”の事務所に転換を余儀なくされる可能性も捨て切れず、今は友好関係にあるジャニーズと敵対関係に変わってしまう恐れも…

 

今後の成り行きに注目です。

 

◆これはモテただろうな、の画像集

岡田健史さんトップです→ geinou ranking geinou reading

岡田健史さんトップです→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※岡田健史さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!