今年の紅白歌合戦への出場が発表され、世間の度肝を抜いた篠原涼子さん。1994年以来28年ぶり2回目の出場となりますが、すでに女優に転向した彼女について、

 

「いったい何を歌うのか?」

 

と疑問の声が飛び交っていましたが、歌う曲はもちろんコレしかありません。

 

◆当時、200万枚の大ヒット。



 

 

しかし、どうして今さら紅白に出ることになったのか、その裏にはかなり自分勝手な事情が隠されているようです。

 

[以下引用]

「小室がリアレンジし、篠原がボーカルを新録した『恋しさと せつなさと 心強さと 2023』が配信リリースされたものの、ほとんど話題にならなかった。今年の紅白は中森明菜が出場するかもしれないと期待されましたが、蓋を開けてみれば篠原と工藤静香ですからね。明菜との落差がひどく、SNSでは『紅白見ない』がトレンド入りしたほどです」(スポーツ紙記者)

 

しかも篠原は、昨年7月に俳優の市村正親と離婚。2人の子どもを捨てて韓流アイドルグループ・SUPERNOVA(元・超新星)のグァンスと不倫に走っていたと『週刊文春』に報じられ、良妻賢母のイメージも崩壊した。

 

「以前は女性ファンからの圧倒的な支持があったのに、それもガタ落ち。CMもほとんど降板になったため、紅白に出場して、なんとか存在感をアピールしようという狙いのようです」(同・記者)

 

紅白決定前には、篠原の不倫相手とされたグァンスが突如、公式インスタグラムを削除。2.5万人のフォロワーを有し、2200以上の投稿をしていた大きな宣伝ツールだったというが、このインスタには篠原とおそろいのアンクレットの写真なども複数掲載されていた。

 

「篠原の事務所の社長は、芸能界最大の業界団体『日本音楽事業者協会』の会長をつとめる実力者で、同じ事務所の俳優・谷原章介もNHKの音楽番組『うたコン』の司会をつとめている。篠原を紅白にねじ込むぐらい朝飯前だったはず。ただ、あまりにも不倫のイメージが強くなった篠原を紅白に出す〝条件〟として、グァンスとの関係清算を突きつけられたのかもしれないね」(芸能プロ関係者)

 

〝本業〟の女優としては、自身のイメージと重なる不倫に溺れる人妻役をNetflixのオリジナルドラマ『金魚妻』で主演として演じたが、期待された濡れ場がほとんどなく、視聴者からの評価は低かった。主演映画『ウェディング・ハイ』も大コケ。それでも、若い世代で話題なっているドラマ『silent』(フジテレビ系)の母親役は好評で、復調の兆しも見せている。

 

紅白出場で、この迷走状態から抜け出せるのか。来年以降の篠原の動向が見ものだ。

[週刊実話]

 

『金魚妻』でも主題歌を担当し、「歌いたい思いはずっとあった」とインタビューで答えていたとか。

 

同じようなことを、自分の不倫で離婚し親権を夫に渡した先輩である中山美穂さんも言っていました。

 

中山さんはSNSで「とにかく本当は歌いたいのかな。誤魔化しきれない本音くらいの」と妙にポエムっぽい感じでしたが。

 

 

中山美穂に「えっ!?」の大合唱!「誤魔化しきれない本音」って…

 

さらに、「今更だけど、プロデューサーが必要です」なんてつぶやいていたのですが、それから8年ほど経過した先日、テレ東音楽祭に出ていたんですね。よいプロデューサーが見つかったのでしょうか。

 

◆なんだかいろんな意味でびっくり!

中山美穂の現在→ geinou ranking geinou reading

中山美穂の現在→ geinou reading geinou ranking

 

同じように不倫して親権を手放した二人が今また歌ってテレビに出ているとは。

 

ちなみに篠原さんの「恋しさと せつなさと 心強さと 2023」は来年発売のゲームのイメージソングに決まったそうで。

 

…ほかにいないんですかね。

 

篠原さんは今好評だという「silent」の母親役は増量して挑んでるそう。

 

そうやって捨て身で挑戦して結果を出すことができたのに、唐突に紅白に出てゴリ押し感でマイナスイメージを得ることもなかったのに。

 

篠原さんにもよいプロデューサーが見つかるといいですね。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※篠原涼子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!
カテゴリー