[スポンサーリンク]

 

坂井真紀さんが今年の夏からカメラマンの夫・鈴木心さんと別居しており、背後には19歳の愛人がいるとフラッシュが報じています。

 

※「JR SKISKI」「サントリー『角ハイボール』」なども手掛ける有名カメラマンです

 

 鈴木心の浮気相手は未成年

 

坂井真紀さんの夫・鈴木心さんは39歳と若手ながらもトップカメラマンの1人で、結婚したのは2009年、2011年には娘が生まれています。

 

フラッシュによると、今年の夏に突然鈴木さんが家を飛び出したそうで、今月中旬、 写真館スタッフのAさんと取引先企業の忘年会へ向かった後、彼女と同じ家に帰って行ったところが確認されています。

 

途中の電車ではお互いを撮りあったりイチャイチャしたりとただの同僚とは思えない様子だったとか。

 

驚くべきは、彼女はなんと鈴木さんの20歳も年下の19歳の女子大生とのこと。

 

不倫すれば配偶者である坂井さんは慰謝料を請求することができますが、この19歳はわかってるんでしょうかね。

 

未成年だと支払うのは親ということになりそうですし、今回の記事で周囲の人には不倫関係が知られるでしょうし、この女子大生、今後厳しいことになりそう。

 

※ちなみに坂井真紀さんは49歳。

[Amazon]

 

 鬼畜としか思えない鈴木心

 

[スポンサーリンク]

 

子供もいながら突然家を出て19歳の女子大学生と同棲を始めるというのも驚きですが、それ以前に鈴木さんの人となりには疑問があったよう。

 

[以下引用]

「鈴木さんは、子育てや家事を坂井さんにまかせきりの一方で、周囲には彼女を悪者呼ばわり。以前から、女性関係の噂が絶えなかった。

温もりを感じる彼の作品にファンは多いが、冷酷な一面もある。過去には撮影の裏で、スタッフを激しく罵倒していることがあった」(前出・広告業界関係者)

[フラッシュ]

 

詳細がわからないですが、これが事実なら最低の男ですね。

 

実は鈴木さん、真木よう子さん凋落の一因であるコミケ騒動にも絡んでおり、発起人の1人だったとか。

 

真木さんのコミケ騒動はこちらの記事にありますが、

 

真木よう子が撮影をドタキャン!背景にクラウドファンディング「CampFire」運営者か

 

基本自費出版で参加するコミケにクラウドファンディングを利用しフォトブックを販売、つまり人のお金で参加しようとして非難されたという内容で、プロの投資家である山本一郎さんは「コミケでオタク向けの商売をやればボロいと考えた人が真木よう子を担ぎ上げただけですよ」とコメントしています。

 

真木さんはその前から炎上しがちだったTwitterをこの件でついに閉鎖しましたが、その前にアカウント名を「真木よう子」から「騙された?」に変更していました。

 

その「担ぎ上げた方」「騙した方」にいた1人が鈴木さんということですね。

 

 

 めんどくさそうな男・鈴木心

 

フラッシュが別居と愛人について鈴木さんに取材したところノーコメントだったそうですが、翌日電話がかかってきてこんな話が。

 

[以下引用]

「(言いたいことが)あるとしたら、SNSでお伝えします。(僕たちは)僕らの話を聞きたい人たちとは、直接繫がってるんで。その人たちに向けたメッセージっていうのは、僕が直接発信したほうが(いい)」

 

鈴木氏は続けて、《取材に対応したこと自体、記事に書かなくてよい》と述べ、こう告げて電話を切った。

 

「(書いた場合)いま録音しているもの(取材電話)を、僕のSNSで公開することになると思う」

[フラッシュ]

 

最後まで妻と娘に対する謝罪や後悔の言葉はなかったとのこと。

 

記事が出て、鈴木さんのSNSになにか出てるかと思いましたが現時点では沈黙してますね。

 

自分の言い分は直接SNSで、というのは、カメラマンとして成功し、メソッドを公開し自分を信奉するファンは少なくないという自負があってこそなんでしょう。

 

実際、記者が一方的に言い分を編集し印象操作ができてしまうという側面はありますから、鈴木さんもなにか言いたいことがあるならぜひSNSで発信してほしいものです。

 

でないと鈴木さんのイメージは落ちたままになりそう。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※坂井真紀さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング