嵐の松本潤さんがいろいろと気の毒になる記事が乱立しています。

 

 

※いい役でした

 

 

気の毒その1:オンラインを覗かれる 

 

松本潤さんというと、井上真央さんとの結婚がもう半分以上ネタになっています。

 

二人はツーショットを撮られたことがないために交際自体を怪しむ人も多いですが、個人的には、井上さんが何度も直撃されていい加減迷惑だろうに交際を否定したことがない、ということから、少なくとも過去付き合っていたのは事実だと思っています。

 

井上さんの返答は、正確には「答えてしまうとみなさんにご迷惑をおかけしてしまうので。お答えしたい部分もあるのですが、申し訳ありません」でしたが、答えると迷惑がかかるような答えって、この場合肯定ですよね。もし誤報なら、交際や結婚予定を否定したら逆に喜ばれるんじゃ?

 

それが、葵さんとの二股発覚後に女性自身が松本さんとの結婚について直撃した際は、初めて「いやいや、全然全然!」と否定的な回答をしたので、さすがに別れたんだなと。

 

その後も度々復縁→結婚が噂されていますが、今回もそんな感じの噂が。

 

 

[以下引用]

「今年に入ってから、松本と井上がまたしても急接近しているようです。外出自粛中は週刊誌の目もあるため、お互いの家を行き来するようなことはなかったみたいですが、その分、オンラインで近況を“密”に報告し合っていたとか。というのも、実は二人とも、同時期に仕事上の悩みを抱えるようになり、相談し合っているようなんです」(民放関係者)

[サイゾー]

 

サイゾーによると、松本さんは嵐活動休止後のソロ活動について、井上さんは7月クール放送予定の日テレドラマの撮影がコロナ禍で予定が立たず、10月クールの柴咲コウさん主演ドラマを優先する流れになっていることに女優としての格の差を見せつけられたように感じ悩み自信を失いかけていたところだったそうで。

 

 

[以下引用]

「『花より男子』で二人と共演している小栗が一肌脱ぎ、松本も参加するオンライン飲み会に井上を誘ったようです。色々あったカップルなので初めは気まずかったようですが、お酒が進むにつれ昔話に花が咲き、今では互いに仕事の相談をし合ったりと、かなりいい関係になっているようですよ」(同)

 

松本も、小栗や生田ら親友たちの幸せに続いて、井上と“復縁”——どころか、“電撃結婚”する可能性もあるかも知れない。

[サイゾー]

 

これがもし本当なら、オンラインなのになぜ漏れたと、誰が話したんだと友情にヒビが入りかねない事態ですよね。または、ハッキング疑惑でセキュリティをチェックか。

 

しかも、悩み事まで勝手にバラされて…。

 

とはいえ、ここまできたら松本さんの結婚相手は井上さん以外ピンと来ないです。

 

裏切り報道があったため、井上さんのファンはお相手が松本さんだと複雑かもしれませんが…。

 

 

気の毒その2:勝手にソロ活動が不安なことにされる

 

サイゾーにもありましたが、嵐の活動休止後のソロ活動が一番心配されるのはどうやら松本さんのようです。

 

[以下引用]

「最近は家で過ごすことが多いため、自宅でパソコンの画面越しに友達とお酒を飲む“リモート飲み会”をすることが多いそうです。小栗旬さんや生田斗真さんなど、仲のいい友達と飲んでいるといいます」(松本の知人)  

 

気心知れた仲間とたわいのない話で盛り上がっている……だけではなかった。

 

「彼らに“俺は来年以降どうすればいいかな…”“嵐の看板がなくなったら、何も残らないかもしれない”と漏らしているそうです。来年以降のことに不安を感じているみたいですよ」(同・松本の知人)

[週刊女性プライム]

 

大野智さんは、一旦芸能界から離れると見られているので別にして、二宮和也さんは来年TBSの日曜劇場で『ブラックペアン』続編の話が進んでる、相葉雅紀さんは3月に亡くなった志村けんさんに代わって『天才!志村どうぶつ園』のMCを引き継ぐ、櫻井翔さんは『news zerо』と、来年以降もそれぞれの道が拓けているけど、「松本さんは自分にはそうした強みがないと感じているようです」とのこと。

 

以前の話では、松本さんは裏方として活動希望があるということだったと思うのですが。しかもこちらもオンラインで相談しいてる内容を「松本の知人」がばらしてしまって。

 

気の毒です…

 

 

気の毒その3:「『嵐の松本潤』になってしまった」と言われる 

 

[スポンサーリンク]

 

嵐がブレイクしたのは、松本さんが『ごくせん』と『花より男子』で存在感を発揮し、所属するグループ「嵐」に注目されるようになったから、と言われています。

 

それが松本さんにとって足かせになってるという指摘がこちら。

 

[以下引用]

ところがこの嵐のブレイクは、ソロとして活躍する実力が十分にあった松本を、良くも悪くも“嵐の松本潤”という存在に変えてしまった。彼はその後も『ラッキーセブン』(2012年/フジテレビ系)、『失恋ショコラティエ』(2014年/フジテレビ系)、そして現在放送中の『99.9-刑事専門弁護士-』など多数の主演作を世に送り出す。

 

しかもどの作品も視聴率が怪物級で、『ラッキーセブン』は15.5%、『失恋ショコラティエ』は14.4%。『99.9』に至っては17.1%という高数字を叩き出し、2018年にSEASONⅡが製作されただけでなく、視聴率も17.6%。そのクールの民放連続ドラマ1位という、文句なしの結果も残してみせている。

 

しかし気の毒なことに、どれだけ好演を見せても、彼は俳優としてではなく「嵐の松本潤」というアイドル枠にはめられてしまう。高視聴率も、嵐という付加価値があるから出せた数字、と捉えていた人も少なくなかっただろう。

[フライデー]

 

うーんどうなんでしょう。確かに言われてみれば…という気もしますが、でもジャニーズでソロで売れる人って、そうそういないような。

 

SMAPのブレイクも木村拓哉さんが牽引したと言われていますし、他のジャニーズのグループも、グループで売り出すにはまず誰か一人が結果を、ということで、一般的にも受けそうなタイプ、例えばキスマイだったら前の3人、Hey!Say!JUMPだったら山田涼介さんが、先にグイグイ押されていたんだと思います。そうやって突破口を作ってからグループ自体の認知度をあげていったんでしょうね。

 

じゃあ、木村さんや松本さんがグループ活動がなくても売れたかというと、やっぱりグループで歌を歌ったりバラエティに出たり、他のメンバーも合わせて活動してなかったら、こうも長く最前線にいるほどのタレントにはならなかったんじゃ、という気が。

 

まあでも、たらればは意味がありません。

 

もしも松本さんが嵐の活動休止後に俳優業に邁進したいなら、今の再放送の嵐は松本さんの俳優としての力量をいろんな方向にいろんな意味で再認識させられるチャンスでしょう。思わぬところで2021年からの活動への不安が解消されたのでは?

 

復縁やら不安なことやら焦りやら、何かと勝手に心配されたり予想されたり大変ですが、そんな窮屈さも人気があるから。

 

ソロ活動後はどんな立ち位置になっているでしょうね。

 

◆嵐のブレイクに貢献したのは松本潤。

でも人気は?→ geinou ranking geinou reading

でも人気は?→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※嵐のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング