25歳年下の女性と5年越しの不倫が発覚したことをきっかけに、ジャニーズ事務所を電撃退所した近藤真彦さんに、とんでもない重大疑惑が浮上しています。

 

※これは、美味しそう!



 

 

目次

閉じる

まさか、そんな副業をしていたなんて・・

 

6月9日、都内で行われた大手アミューズメント会社の新規事業発表会にスペシャルゲストとして登場した近藤さん。

 

退所後、初の公の場だったこともあり、多くの報道陣が集まっていたものの、その中にジャニーズの番記者は皆無だったそう。

 

どうやら、ジャニーズから「取材するな」との圧力が掛かっていたようで、近藤さんも

 

「お騒がせしました」

「東山とは話していない」

 

など無難なコメントに終止するだけで、特に見どころもなかったとのこと。

 

まあ、いまさら何も言うことはないでしょうから当然ですが、実はそんな近藤さんには禁断の副業疑惑が浮上しているそうで…

 

[以下引用]

「ジャニーズネタを売って、小遣い稼ぎをしていたというのです。かつて中居正広はSMAPの解散情報や木村拓哉の悪口を週刊誌Aに流していたのは知る人ぞ知る話。それなのに、A誌は『中居こそ裏切り者』『カメレオン中居』と書いた。その情報を流したというのが近藤だともっぱらなのです。近藤はA誌の版元S社と前からつながっているのです」(芸能ライター)

 

版元S社は、車雑誌も出版している。

 

「近藤は車雑誌を通して週刊誌Aに接近。中居やジャニーズのヤバい情報も流していたというのです。また、ジャニーズとは不仲の女性誌J誌も、近藤は昔から懇意。事務所は不仲でも、週刊誌Aと女性誌Jとは水面下で蜜月だった。ジャニーズネタはギャラもいいし、近藤はA誌とJ誌のタレコミ屋として、これからも暗躍するという話ですよ」(前同)

 

愚か者、ここに極まれり。

[週刊実話]

 

タレント自らが週刊誌にネタを売るって、あるんでしょうか?

 

一般人じゃないんですから、そんなことをして小遣い稼ぎをしても意味がないでしょう。

 

ライバルや気に喰わないヤツの足を引っ張る目的でやる人がいるとすれば、あまりにも情けないというか。

 

って、実話誌の噂を真に受けちゃダメですね、ハイ。。

 

ただ、もし近藤さんが中居さんを週刊誌に売ったのが本当だったとしても、中居さんもキムタクを売ったわけですから、因果応報で同情の余地はないですけどね。

 

もちろん、近藤さんの不倫発覚も自業自得。

 

あくまでも、書かれていることが真実だったら、という前提ですが。

 

 

田原俊彦が近藤真彦に言及

 

とことで、本日放送の「サンデー・ジャポン」には、かつて”たのきんトリオ”として近藤さんとともに活動していた田原俊彦さんが出演していました。

 

これまでは近藤さんの退所にほとんどコメントを出していなかったのですが、今回は

 

「(退所が)ちょっと遅かったのかなって思いましたけど、いい決断になれば。明るくて元気そうでよかった」

 

「(近藤とは)全く連絡を取っていない。僕は27年前に卒業させてもらった」

 

「マッチはマッチで、大組織のてっぺんだって言われるから、後輩たちにお手本を示さなきゃいけないところなんでしょうけど…。彼はレースの方が好きでしたから」

 

「マッチにはあれだけヒット曲もあって財産がある。レースもいいけど歌もしっかりやってほしい」

 

など、本音に近い部分まで吐露していました。

 

ただ、共演の可能性を問われると

 

「それはないと思う」

 

と完全否定していたので、夢の?辞めジャニ集結はなさそうな感じ。

 

いずれにせよ、もうジャニーズ、芸能界には関わらず、大好きなレースに専念したほうが良さそうです、マッチさんは。

 

◆これは衝撃!衝撃過ぎる!!

 マッチの重大秘密→ geinou ranking geinou reading

 マッチの重大秘密→ geinou reading geinou ranking

 

◆今年の卒論テーマにいかが?



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※近藤真彦さん、田原俊彦さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!
タグ