人気漫画『鬼滅の刃』のアニメで主題歌を担当し一躍人気歌手となったLiSAさんのやんちゃすぎた過去が暴露されてしまいました。

 

 

 

目次

閉じる

不良少女だったLiSA

 

デイリー新潮によると、LiSAさんは岐阜県で小学2年で父親が出ていってからは母子家庭に育ち、小学5年で沖縄のアクターズスクールに合格し親戚の家に身を寄せるもデビューには至らず中学2年で岐阜に戻ってきて、そこからなかなかに荒れた生活をしたとのこと。

 

[以下引用]

“やんちゃ”なエピソードは枚挙にいとまがなく、

 

「あの頃彼女はしょっちゅうカラオケ店に行って酒を飲んで騒いだり、深夜に公園でたむろしていました。深夜徘徊で警察に補導されたこともあるし、自転車泥棒もやっていたとか。遊びに行って帰る時、勝手に乗ってきちゃう」  

 

と、地元の知人。

 

「可愛いから男が絶えることがなく、中学3年の時には4コ上の人と付き合っていた。その彼は当時、車高が低い改造車に乗っていて、中学校まで彼女を迎えにくることもありました」

[デイリー新潮]

 

未成年飲酒に自転車泥棒、深夜徘徊で補導。

 

学校に登校しても他の生徒に迷惑だからと、先生に保健室へ行くよう言われていたとか。

 

その上中学3年生、つまり15歳で19歳の人と付き合い中学に改造車で迎えに来るような、そんな漫画のような世界で生きていたんですね。

 

 

 

出る杭は打たれる、なのか、それとも・・・

 

[スポンサーリンク]

 

これは間違いなく非行です。自転車を盗まれたことのある人にとっては非常に腹立たしい話です。

 

これを、今になって武勇伝のように話していたとしたらとんでもないことです。

 

今回は新潮が「地元の知人」の証言を元にしているので、正直信じて良いものなのか、という気はします。

 

出る杭は打たれる、的なこともありえますからね。

 

ただ、ネットでの反応を見ると、それこそ「地元の知人」である当時を知る人のコメントがかなり具体的なお店や地名も交えて書かれていて、残念ながら本当なのかな、と。

 

家庭環境が複雑で、若くして一度挫折して、それで非行に走るかどうかは本人次第ですけど、離婚が8歳、アクターズスクール合格が11歳、デビューを諦めたのが14歳。それで道を間違わずに進めるかというと…本人だけの力では難しかったのでは。

 

今成功したということは、その後努力を続けた結果のはずです。

 

それができたということは、過去を反省して心を入れ替えたからだと思うのですが、これまた残念ながら、今現在の悪評もネットには書かれているんですよね。

 

それらが本当なら、もう間もなく表舞台からは姿を消してしまうような気がします。

 

そんなことがないと良いのですが…

 

しかし新潮もよく書きましたね。

 

兼近大樹さんの未成年時代の逮捕事件暴露は裁判沙汰になっていますが…

 

 

EXIT兼近大樹のウソ発覚!金庫強盗で逮捕の過去を否定も…しかしこれで干されることはない理由

 

◆自分の悪かった過去を武勇伝のように語った女性芸能人

いましたよね→ geinou ranking geinou reading

いましたよね→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※LiSAさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!
カテゴリー
タグ