[スポンサーリンク]

 

次女・光希さんはKoki,としてモデルデビューし、長女・心美さんはフルートで実質的に高校生No.1に輝いたと報じられ、才色兼備の娘に囲まれ幸せそうな木村拓哉さん・工藤静香さん夫婦ですが、実は工藤さんが毒母だったというママ友の証言が報じられています。

 

 

 

 

 

キムタク長女・心美がフルート高校生No.1へ

 

女性セブンによると、木村拓哉さんと工藤静香さんの長女・心美さんが、第73回全日本学生音楽コンクール東京大会予選に出場しフルート部門の高校の部を勝ち抜き東京大会本選への出場を決めたとか。

 

このコンクールより前に行われた『日本奏楽コンクール』の管楽器部門高校の部で1位、全部門全年齢から選出されるグランプリは該当なしだったものの、心美さんは準グランプリに輝き、実質的に1位だったとも報じられています。

 

心美さんは将来はフルート奏者を目指していると言われていますが、来年春には通学する音大付属の高校も卒業予定ですし、その後どうしていくのか気になりますね。

 

 

◆キムタク家で作ったこの画像、じわじわくる…

吹き出し注意!→ geinou ranking geinou reading

吹き出し注意!→ geinou reading geinou ranking

 

工藤静香が毒母であるという証言

 

[スポンサーリンク]

 

そんな明るい未来しか見えないキムタク家ですが、近所に住む同年代の子を持つ母が次のような証言をしています。

 

[以下引用]

「工藤さんは子供の頃から下のお嬢さん(コウキ)に付きっきりでしたね。公園の砂場は子供の聖域というか、ママたちは外で見守るのが暗黙のルールなんですけど、ツバの広い女優帽に股上の浅いローライズのデニム姿で、砂場でお嬢さんと遊んでいたのを覚えています。上のお嬢さんはどちらかというと、ひとりで黙々と遊ぶタイプで、姉妹で遊んでいた記憶はないですね。ママ同士で会話をしたくないから、工藤さんはわざと子供の中に入っていったのかなと思っていましたが、最近もお変わりない様子なので、お嬢さんに対してご自分の分身という気持ちが強いのかもしれませんね」

 

工藤は娘を有名にさせたい“ステージママ”というよりも、子供に依存しがちな母子密着タイプなのかも。いい加減に子離れしないと、このまま「毒母」一直線だが。

[ゲンダイネット]

 

股上の浅いローライズで砂場って、なんか砂場向きじゃないような…

 

この証言をそのまま受け止めると、工藤さんは昔から次女ばかり気にかけ長女は放置していたかのようです。

 

が、ここにあるように、長女はひとりで黙々と遊ぶタイプだったということなのでなんとも…自立心旺盛なタイプもいますから。

 

 

工藤静香と長女の関係は?

 

[スポンサーリンク]

 

こちらは今回の長女のコンクールの記事の写真で、左が工藤さん、右が心美さんですけど、ふつうに仲良さそうです。

 

 

 

 

ちなみに木村さん似だと言われるKoki,さんに対し、心美さんは工藤さん似だとのこと。

 

昔流出していた心美さんの幼少期の写真は、確かに工藤さん似でした。

 

二人の娘への愛情に偏りがあるかはわからないまでも、相当可愛がってる印象はありますし、依存はしてるんじゃないかとは思います。

 

ただでさえ自分の子どもはかわいいでしょうに、もともとアイドルで自己顕示欲は人一倍あるのにキムタクの妻ということでずっと目立たないことを強要されてきた中で、夫・キムタクは多忙だったでしょうから、気持ちは娘たちに向かうかなと。

 

で、目の上のたんこぶだった飯島マネージャーが退社し押さえつけられることもなくなり、娘たちが大きくなり、また注目を集めるチャンスですからね。

 

SNSを始めてなにか投稿すればすぐ話題になりますし、工藤さんは今、楽しいだろうなと思います。

 

◆あれ?koki,の顔が違う…?

まあ、2015年ですが。→ geinou ranking geinou reading

まあ、2015年ですが。→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング