木村拓哉さんが『モニタリング』に出演し、「後輩・勝地涼に『俳優を辞めたい』と人生相談されたら?」というドッキリをかけられたときの対応が話題になっています。

 

 

 

 

[以下引用]

俳優の木村拓哉が2日放送のTBS系『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』新春3時間スペシャルに出演。「後輩・勝地涼に『俳優を辞めたい』と人生相談されたら?」というドッキリに対する反応が注目を集めた。勝地が相談を持ちかけると、まずはパートナーに相談すべきと諭した木村。それでも、勝地が俳優としての壁にぶち当たり、これ以上続けられないことを「しんどい」と相談すると「みんな、しんどいでしょ。(自分も)しょっちゅうだよ。やることなすこと、いろいろ叩かれるから。それに対して『ああそういう意見もあるのか』とは思うけど事実だしね」と話した。

 

さらに「自分はどの役をやっても普通になってしまう」と言う勝地に「自分だって言われてるもん。『何やったってキムタクだ』って言われる。しょうがないよね。人がそう言うんだから」「辛いのはみんな辛いって。涼君の中の辛さと他の人の辛さを比べる必要はないけど、辛くない人なんていないよ、絶対」と自身の話をさらけ出し、励ました。

[モデルプレス]

 

この後、2人が共通にお世話になったという故・蜷川幸雄さんについて言及し、「同じあの方に背中と言うかスイッチを押してもらえた者同士。あの方の元を通らせてもらった自分たちは責任、義務ではないけど…。なんか嫌じゃない?逃げるの」などと触れると、仕掛け人・勝地さんも涙する展開に。

 

木村さん、知ってたんですね、「何やってもキムタク」。

 

意外だし、それをこうやって口に出すということに驚きました。

 

『モニタリング』ということで、ネットではやらせを疑う声もでています。

 

確かに勝地さんの「自分はどの役をやっても普通になってしまう」という振りは、木村さんに何を答えさせたかったのかとちょっと考えてしまうかも。

 

ただ、「自分だって言われてるもん。『何やったってキムタクだ』って言われる。しょうがないよね。人がそう言うんだから」

と言ったときの表情。

 

 

 

これを見ると、本気に見えるような。

 

そもそも木村さんが、いくら映画の宣伝とはいえこういうバラエティ番組に出るとは新鮮でした。

 

しかし相談を受けてすぐパートナーに相談すべきって、木村さんもなにかあれば工藤静香さんに相談してきたんでしょうね。

 

その工藤さんは今年最初のインスタで「好き勝手な想像で、私も知らない作り話をまた見かけるかもしれませんね。もうかれこれ18年 笑」とゴシップの対象になっていることに触れていました。

 

「もうかれこれ18年」でそういう好き勝手な想像で記事を作られているのは結婚が理由だと表すあたり、さすがです。

 

◆そういえばこんな報道最近ない…

木村拓哉のプライベート→ geinou ranking geinou reading

木村拓哉のプライベート→ geinou reading geinou ranking 

 

※映画原作

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング