[スポンサーリンク]

 

唐田えりかさんとの不倫が原因で妻・杏さんと別居、離婚危機となった東出昌大さんにテレ朝激怒の大ピンチだと報じられています。

 

一方、唐田さんも出演予定の不倫ドラマに「東出」の名前がありこちらはお蔵入りのピンチだとか。

 

 

※二人の共演映画、動画配信されています

 

 東出昌大のドラマの問題は視聴率じゃなかった

 

東出さんは現在テレ朝の木曜21時に放送されている『ケイジとケンジ』で桐谷健太さんとW主演中。

 

第一話は12.0%と好スタートを切り、ドラマの評判も良かったため、テレ朝のお得意のシリーズ化があるかと思われたところで東出さんの不倫が発覚。週刊文春が発売された当日放送された第二話の視聴率は初回から2.3%下がり9.7%と一桁に転落しました。

 

 

視聴率大幅ダウン!東出昌大『ケイジとケンジ』不倫の煽りを受ける。一方唐田えりかは「淡々と」仕事

 

しかし最大の問題は視聴率低下よりもCMスポンサーの信頼を損なってしまいかねないことなんだとか。

 

 

[以下引用]

「不倫相手の唐田はTBSドラマ『病室で念仏を唱えないでください』の第2話(24日)から出演を自粛しました。同局では、唐田の登場シ-ンを編集でカットして対応しましたが、これはチョイ役だからできたこと。『ケイジとケンジ』で東出は主演ですから、編集でカットなどできない。番組タイトルにあるように、東出と桐谷はセットなので、ストーリー上、未収録分でも、東出抜きで構成することは難しく、このまま最終回まで進むしかないでしょう。そうなると、事態を重く見たCMスポンサーの多くが撤退して、降板する可能性も出てきます。その結果、スポンサー収入が大幅減となり、テレ朝は大赤字となります。当然早期打ち切りも視野に入れなければなりませんし、最終回では企業のCMがゼロになって、“ノーCM”になる恐れだってありますよ」(テレビ制作関係者)

 

同局の“木9”ドラマ枠は、17年4月期『緊急取調室』シーズン2(天海祐希主演)以降、昨年10月期まで11クール連続で視聴率2ケタをキープしている超優良枠で、CMスポンサーの信頼も厚かっただけに、東出の不倫問題は、同局に多大な影響を及ぼすのは必至。東出は、なんとも罪なことをしでかしてくれたものだ。

[日刊サイゾー]

 

確かに、『ケイジとケンジ』の放送枠はドラマの視聴率は一桁が当たり前となっている昨今でも二桁以上を獲得し続けている枠です。

 

しかも、CMスポンサーが好む購買力のあるF3・M3と呼ばれる50歳以上の層に観てもらう番組作りをして成功していると言われ、おそらくテレ朝の持つ放送枠の中でも良く稼ぐ枠でしょうね。

 

※どことなく昔の土曜ワイド劇場っぽさがある作りなのは、そんな理由なんですね

 

そんな良枠ですが、ズバリ狙った視聴者層である50代は既婚者が多いでしょうし、不倫に嫌悪を感じる人は多いでしょう。

 

既にドラマの公式ツイッターには非難の声が殺到していますし、ネットの発達でスポンサーへの凸撃がしやすいように対象スポンサーがリスト化されたものが出回っているので、頭を痛めている企業もあるのでは。

 

 

テレ朝にとっては、東出さんはW主演でバディものなので出番を減らすわけにもいかないけど減らさざるを得ない、その上スポンサーにも降りられたら…「東出昌大は出禁!」となりそう。

 

ただまあ、その枠は長年培ってきた信用があるでしょうし、4月には木村拓哉さん主演の『BG』続編が放送されるという話もありますし、今クールが終わればまたスポンサーは戻るでしょうけれど。

 

 

究極の匂わせをしていた唐田えりか 

 

[スポンサーリンク]

 

一方の唐田えりかさんには、もっととんでもない話があります。

 

唐田さんは不倫発覚後も出演予定のテレ東のドラマ『100文字アイデアをドラマにした!』の撮影に参加していたと報じられていました。

 

このドラマはオムニバスで、唐田さんは5、6話(2月3、10日放送予定)の主演だったのですが…

 

[以下引用]

放送は極めて難しい状況に陥った。不倫騒動に加え、その役柄に理由がある。唐田は本人役で、売れかけの女優という設定。劇中には、その女優が不倫をする姿が描かれていた。同作の関係者は「物語はフィクションですが、今となっては私生活とリンクしてしまう内容」と苦しい胸の内を明かした。

 

さらになんと、セリフの中に「東出」の名前が。テレ東関係者は「本人役のため、唐田さんと打ち合わせをして脚本をつくっています。当初の台本には、唐田さんのセリフの中に交友関係のある東出さんの名前も入っていたそうです」と話した。

[スポニチ]

 

本人と打ち合わせして脚本を作り、不倫ドラマで、東出さんの名前を出すって…究極の匂わせですね。確信犯と言っても差し支えないのでは。

 

ネットにはそんなドラマ逆に観てみたいという声もありますが、テレ東はさすがに放送できない、しかし代役を立てるのも難しいとお蔵入りを検討しているとのこと。

 

昨日は唐田さんは不倫交際に罪悪感があり、東出さんと距離を取ろうと別の俳優と交際するも東出さんからの連絡が途絶えず復縁してしまった、なんて記事がありましたが、やっぱり自分の不倫に後ろめたさなんてまるでなかったのでは。

 

唐田えりかが責任転嫁するも逆効果!東出昌大以外の別彼って誰?「#唐田現場記録」で捜索始まる

それどころか、自分とイチャイチャしてる写真をプリントアウトして配り、SNSでも東出さんの写真を発信し、「でっくんと不倫してる私」をアピールし、とにかく不倫をバラしたかったとしか思えません。

 

今回の報道は離婚を決意した杏さんのリークという話もあります。

 

確かに文春と言えども裏取りもしなきゃいけないのに別居後10日ほどでここまでの情報を集めるのは容易ではなかったと思います。別居一つとっても、仕事用に別に部屋を借りているだけなのか、完全に別居なのかを見極めるのにも時間がかかるはずですし。

 

が、唐田さんが材料をそこここに転がしていたために文春が記事にしており、その裏取りで杏さんに直撃したら、杏さんサイドが渡りに船とばかりにいろいろと情報提供してくれた、と考えれば、別居から10日での不倫・離婚報道もありえます。

 

つまり、唐田さんが自分で自分の首を締めたと。

 

ご本人の言葉に「自身の弱さ、愚かさ、甘さを深く受け止め、 向き合いたいと思っています」というものがありましたが、いくら20歳そこそこでもここまで甘く愚かというのは酷いものです。

 

過去不倫をした芸能人は多くいますが、唐田えりかさんは、確実にその名を歴史に刻みました。

 

 

◆唐田えりかのSNS

不倫しておいてよくまあ…→ geinou ranking geinou reading

不倫しておいてよくまあ…→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※不倫を忘れられそうな木下優樹菜さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング