テレビ業界を牛耳る吉本興業に、異変が起き始めているといいます。

 

 

きっかけはもちろん、松本人志さんの女性スキャンダル。

 

 

この騒動が勃発して以降、吉本興業は「鎖国」とも取れる方針を採用するなど迷走中で、業界では「危なくて使えない」との声が多数上がり始めているといいます。

 

◆ミナミマグロ中トロでこの価格はあり得ない!

 

 

[以下引用]

「吉本興業の直営劇場において開催するお笑いイベントに、他事務所の芸人やタレントを出演させない方針になったと吉本芸人がSNSで明かした。『吉本鎖国』がXのトレンドにも出るほど注目され、中川家も自身のラジオで事態を説明。吉本はこの騒動に沈黙を貫いていますが、お笑いファンはSNSで反感の声を多数上げ、大炎上しています」(民放関係者)

 

何かと問題が続出している印象の吉本興業。テレビ各局では、吉本の動きを注視しつつ、松本の代役探しに奔走しているという。

 

「松本の代役は、吉本から人気芸人を格安のギャラで派遣するという話が出ている。とはいえ、ここ最近の吉本の迷走ぶりを見て、なるべく他事務所の芸人を起用したほうがいいというプロデューサーも出ている。徐々にではありますが、現場では吉本離れが起き始めている」(前同)

 

そんな中で注目を集めている芸人が、サンドウィッチマンと有吉弘行だ。

 

「昨年は旧ジャニーズ、今年は松本と立て続けにテレビ業界では大波乱が起きている。民放テレビ局の幹部は、とにかく安牌な人選で番組を作れと号令を出している。そうなると、自ずと好感度が高いサンドウィッチマンや有吉の取り合いになります。とはいえ、どちらもすでにスケジュールがパンパンですし、なかなか調整ができず、現場は頭を抱えている状態です」(スポーツ紙記者)

 

さらに、非吉本の芸人としては、松本と同世代のウッチャンナンチャンなどが代役として期待されているが、そちらもスケジュールは取れない状態だという。

 

「松本さんに変わるレベルの芸人となると、忙しくスケジュールが取れるはずがない。かと言って、吉本からの代役をそのまま起用して良いのかという問題もある。現状、吉本では社内で芸人の身体検査を行っているが、多くが派手な飲み会などに参加した過去があり収拾がついていない。時限爆弾を抱えているようなもので、大混乱が続いています。テレビ局でも、このまま吉本芸人を番組で起用して良いのか議論が行われているようです」(同・記者)

 

松本の性加害疑惑をきっかけに、雪崩状態でトラブルが続く吉本興業。昨年の旧ジャニーズのように、騒動はどんどん広がっていくのだろうか。

[週刊実話]

 

 

松本さんの件は、すでに個人の問題という”枠”を通り越しています。

 

 

芸能事務所のトップに君臨する人物の不祥事が、会社の存続にまで関わってくるというのは、ジャニーズ事務所のケースとソックリ。

 

 

ジャニーズの場合、最初に当時のジュリー社長が「性加害なんて知らなかった」と嘘をついたことが、会社消滅の大きな原因となりました。

 

 

ヨシモトも一番最初に「文春報道は事実無根だ」と言い切ってしまったことが、ここまでの大問題に発展した最大の要因と言われています。

 

 

うーむ、学びがないというか・・

 

 

この調子だと吉本興業は今年中に消滅して、分裂してしまうんじゃないでしょうか?

 

 

ヨシモトの文化は、”縦の関係”が強いという意味でもジャニーズと似ていました。

 

 

そのジャニーズは新会社STARTOに移行するに当たり、基本的にデビュー組はエージェント契約を結ぶこととなり、タレントの多くは個人事務所を設立するなど”半独立”に動きつつあります。

 

 

ヨシモト所属芸人も、分裂してできた新会社とエージェント契約を結ぶことになるような気がするのですが・・どうでしょうか?

 

 

エージェント契約がメインの会社なら、今後は先輩後輩の序列もどんどん薄くなっていくはずですからね。

 

 

松本さんに対する”女性上納システム”がやり玉に挙げられていることを考えると、十分あり得る展開だと思います。

 

 

2023年には、あのジャニーズ帝国があっという間に崩壊、消滅。

 

 

2024年には、あのヨシモト帝国もあっけなく分裂、消滅。

 

 

うーむ、なんだかマジでそうなりそうな予感・・

 

 

そうなると「二度あることは三度ある」ともいいますし、2025年はまさかのアレが消滅してしまうかも・・?

 

 

文春砲 スクープはいかにして生まれるのか? (角川新書) - 週刊文春編集部

文春砲 スクープはいかにして生まれるのか?

 

 

ちなみに、新潮砲を喰らった伊東純也選手は被害者を自称する女性二人に対し、虚偽告訴に加えて民事でも数億円規模の損害賠償請求訴訟を行うと発表しました。

 

 

伊東純也、無実か!弁護士が潔癖証拠の動画とLINEを公表。性被害女性を虚偽告訴の意味

 

優勝候補筆頭だったサッカーアジア杯では、新潮の悪意ある報道によって日本代表があっさりと敗退してしまい、サッカーファンからの恨みも最高潮に達しています。

 

 

もし、スキャンダルが全くのデタラメ捏造だったことが明らかになれば、流れは一気に変わるでしょう。

 

 

そうなると、週刊誌によるスキャンダル報道自体が”悪”とされる可能性は大。

 

 

すでにホリエモンなど一部の有名インフルエンサーは、文春を筆頭としたマスメディアによる行き過ぎた”有名人叩き”を猛烈批判するなど動き始めています。

 

 

また、元週刊文春のエース記者と知られる中村竜太郎さんは、2月3日放送の読売テレビ「今田耕司のネタバレMTG」にて、次のように苦言を呈していました。

 

 

「ただ、一方で文春のOBなんかは『今のやりすぎじゃないか。叩きすぎなんじゃないか』っていう風な声も一部ではあって。これは時間の流れだからどうしようもないんですけど、昔は文春は意外とおおらかで、『あんまり芸能人を叩きすぎるのはどうかね』とか『逃げ道は用意しておきなさいよ』とか、そういうことを言われてたんです。あとは『過激にして愛嬌あり』っていうモットーもあったので。今の感じだと愛嬌ないよね、なんかすべてがガチになってる感じがしますね

 

 

誰もが予想しないことが現実に起こり得るのが、ここ最近の流れでもあります。

 

 

因果応報。盛者必衰。驕れる者は久しからず。

 

 

この言葉通りにジャニーズとヨシモトが潰れたとしたら、次に因果が巡ってくるのはどこになるのか、注目です。

 

 

◆バイデンさん、どうやって収集するのかお手並み拝見

 テキサスの件→ geinou ranking geinou reading

 テキサスの件→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆文春より先にコッチ?

 

 

◆あるいは、コッチかも・・

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ヨシモト芸人たちのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング