[スポンサーリンク]

 

昨年末にジャニーズ事務所を退所し、10月9日にファーストアルバム「二歳」をリリースした元関ジャニの渋谷すばるさん。

 

デビューアルバムは7万枚近くを売り上げるという、昨今のCD不況の中では考えられないほどの大成功を収めたことで、「後に続こう」とする後輩ジャニーズが続出する可能性が高まってきたといいます。

 

 

 

 

 

 

渋谷すばるの大成功

 

[以下引用]

「このCDが売れないといわれている時代に、この数字はちょっとビックリです。人気や話題性を考えて4~5万枚くらいではと見ていたのですが、予想以上。ソロ歌手として大成功でしょう」(音楽関係者)

 

来年1月からは全国8カ所11公演のツアーもスタートさせる。

 

「会場規模は渋谷の人気を考えればむしろ小さいくらいです。全会場が即完売になるでしょう。ジャニーズを辞めてソロ歌手になった赤西仁もそうですが、3~4万枚CDが売れて、1000人規模のコンサートなどをやっていければ、金銭面的には十分すぎるくらいと言われています。そういう意味でも渋谷のソロ歌手は成功ですよ」(前出・音楽関係者)

 

だからこそ、次の“渋谷”が現れてもおかしくないという。

 

「元関ジャニの錦戸亮も赤西らの成功を見て、ジャニーズの退社を決意したとも言われていますが、今回の渋谷の成功で、音楽面で力があればジャニーズを辞めても十分やっていけるということが証明された。ジャニーズのタレントだって、全員が売り出されるわけじゃないですから、第2、第3の渋谷が出てきてもおかしくないでしょうし、予備軍はかなりいるんじゃないかとも囁かれていますよ」(芸能プロ関係者)

[アサジョ]

 

渋谷さんの「二歳」は初日で5万枚を超える売上があり、スピッツやofficial髭男dismも抑えてオリコンデイリーチャート1位を獲得し話題になっていました。

 渋谷すばるがスピッツ・髭男超えの快挙

 

※髭男超え

[Amazon]

 

渋谷さんの場合、アルバムの爆発的な売り上げもそうですが、約5000円のファンクラブ年会費だけで1億5千万円以上の収益があるといいます。

 

さらに、10月1日からソロ活動をスタートさせた錦戸さんに至っては、渋谷さんよりも入会者数が多いと言われ、両者とも音楽活動の成功以前に「成功している」と言っても過言ではありません。

 

もちろんその成功のベースには「ジャニーズでアイドルをしていた」という過去があります。本人たちにとってはもしかすると辛い思い出でもあるのかもしれませんが。

 

 

独立を煽られる一方で抑止力も

 

[スポンサーリンク]

 

ジャニーズを辞めたら干されるという暗黙のルールも公取委の注意によりないも同然になった今、「独立」は以前より現実的になっています。

 

ジャニーズ内には堂本剛さんや長瀬智也さんなど、本気で音楽に取り組みたいと考えているタレントも多くいると言われていますから、そういった”辞めジャニ”たちの成功にはさぞかし触発されていることでしょう。

 

もちろん、そうなってはジャニーズ事務所としては困るので、キムタクをソロデビューさせたという事情はあるかと。

 

年明けの8日にソロデビューアルバムをリリースするとのことですが、キムタクが成功すれば「ジャニーズにいても、ソロで音楽活動ができる」という事例になり、退所希望者に対する抑止力にはなるかと。

 

特に音楽と役者の両立ができるというのは、ジャニーズにとどまることの最大のメリットです。

 

赤西さんや渋谷さんを見ても分かる通り、独立すれば俳優活動は厳しいですからね。

 

そう考えると、キムタクの音楽活動の成否が、今後のジャニーズの命運を握っているのかも…

 

◆錦戸亮の今の彼女は

この人 → geinou ranking geinou reading

この人 → geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※錦戸亮さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング