[スポンサーリンク]

 

「海猿」の原作者である佐藤秀峰氏が10日の深夜にnoteを更新し、先日投稿した「海猿」実写化当時のトラブルや見解などを記した記事への反響をつづる一方で、伊藤英明さんの反応に疑念を呈したと話題になっています。

 

 

 

佐藤秀峰が明かした主演俳優の非礼と伊藤英明の対応

 

実写化を巡りトラブルがあった「セクシー田中さん」の原作者・芦原妃名子さんの訃報が伝えられたことを受け、2月2日、佐藤さんはnoteを更新しました。

 

 

そこで語られたのは、2002年にドラマ化された伊藤英明さん主演の「海猿」がいかに原作者軽視で作られたものか、といった内容でした。

 

 

その原作者軽視は主演俳優も同じで、原作者である佐藤さんが撮影現場を訪れたときには、「原作者?しゃべらなきゃだめ?」と、吐き捨てように言っており、佐藤さん的に主演俳優の印象は「イヤな奴でした」とのこと。

 

 

主演俳優、と濁したものの、「海猿」といえば伊藤英明さんの代表作です。

 

 

そのため伊藤さんは、このように反応しました。

 

 

 

 

 

 

なぜ謝罪なくこれなの、とか、おもしろいって言ってたくせにという嫌味なのか、などなどこの時も物議を醸しました。

 

 

 

伊藤英明は性格が悪いのか?原作者佐藤秀峰氏の暴露で代表作「海猿」にケチがついた

 

しかし佐藤さん本人の反応は想像の上をいくものでした。

 

[スポンサーリンク]

佐藤秀峰氏は伊藤英明に2005年には会っていない

 

[以下引用]

佐藤氏は「伊藤さんの大人な対応に、自分の未熟さを恥じ入るばかりです」と反省の弁をつづりつつ、「ところで、イラストに書かれた日付を見ると2005年となっています」と指摘。「僕が撮影現場を訪れたのは2012年(もしくは2011年?)の一度きりです。2005年に伊藤さんが会ったという『佐藤先生』とは、一体誰だったのでしょうか」と、伊藤の投稿内容を訝った。

[デイリースポーツ]

 

 

「海猿」が伊藤さん主演で最初に映画化されたのは2004年。

 

 

2005年7月にフジで連ドラとなり、2006年、2010年、2012年にも映画化されています。

 

 

なので2005年であることはおかしくないし伊藤さんが「約20年前」と言ってるからには伊藤さんは2005年に佐藤さんと会ったと思っているのでしょう。

 

 

一方の佐藤さんは、伊藤さんが見せた原画やサインがニセモノだとは言ってないので、2005年にこれを描いたのは確かなのでしょう。

 

 

ただ、当時は会ってないですよと。

 

 

会ったのは2011年か2012年で、態度は最悪でしたと。

 

 

考えてみたら、これから会う人に渡すのに、名前や日付のみならずコメントを書くってないのかも?

 

 

そういえば映画化されたとき脚本は見てないし映像関係者に会ってないし試写会も呼ばれてないと、先のnoteで明かしていますもんね。

 

 

そう考えると、伊藤さんは人伝いに原画をもらったんでしょうね。

 

 

[スポンサーリンク]

伊藤英明の優等っぷりに佐藤秀峰氏が嫌味?

 

そのあたりの時系列がごっちゃになるのは珍しい話ではないですが、伊藤さんが良い子的なコメントをするもので、チクリと言いたくなったのかも。

 

 

「伊藤さんの大人な対応に、自分の未熟さを恥じ入るばかりです」

 

 

も、なんというか嫌味交じり?

 

 

「2005年に伊藤さんが会ったという『佐藤先生』とは、一体誰だったのでしょうか」

 

 

は、記憶があやふやな伊藤さんへの嫌味か、佐藤さんが前回のnoteで明らかにした、ある日突然現れた「原作者」も含めた嫌味なんでしょうね。。

 

[以下引用]

さて、「海猿」のテレビドラマ放映が終わり、映画第2弾が公開になった頃でしょうか。

 

「海猿」の原作者が現れました。

「海猿」の原作者は僕なので、どういうことか分からないかもしれません。

とにかく海猿の原作者を名乗る人物が現れ、「映画次回作の脚本はオレが書く」と言い出したのです。

漫画を描いたことがない人には、漫画家の苦労は想像できません。

取材に協力したり、語ったエピソードが漫画にちょっとでも登場すると自分が原作者だと思い込んでしまうようです。

そんな感じで「海猿」の原作者を名乗る人物は何人かいました。

この場合、その人物が実際に漫画の関係者ではあったので話がややこしくなりました。

[佐藤さんの2月2日note]

 

 

「海猿」については原案者もいますし、また複雑だったのでしょうか。

 

 

いずれにしても伊藤さんは大失態です。

 

 

「海猿」は伊藤さんの代表作です。

 

 

その原作者にもらった原画を大切にしていたはずなのに、原作者本人が訪れたときに「しゃべんなきゃダメ?」とやってしまっていたとは。

 

 

そして今回SNSで反応したことで、昔のことだから、で済ませられないことになってしまいましたね。

 

 

佐藤さんは同じnoteで、「海猿」での辛い経験を糧に「電書バト」という、漫画家が出版社に頼らず作品を世に出せる仕組みを作り上げていることを明かしています。

 

 

今回のトラブルを機に、出版社もなくなるかもしれませんね。

 

 

◆「セクシー田中さん」のプロデューサーが沈黙する理由が判明

そーゆーこと→ geinou ranking geinou reading

そーゆーこと→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※佐藤秀峰さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング